2014年01月01日

ようこそ!
山形の空家管理人のブログへお越し頂きありがとうございます。
このサイトは山形県の
さくらんぼの里、寒河江から発信しております。

このサイトは
あなたの快適な生活を応援する、
住環境整備と住宅管理の情報発信ブログです。
山形県の宮城県の空家住宅管理と住環境の困りごと
解決します!あなたの別荘管理も任せて安心!

空き家の相談受付中

詳しくは山匠エコシステムのサイトをごらんください。続きを読む

akiyakanrinin at 01:01 
運営者情報
当サイトの運営者と管理サービス会社情報
山形県寒河江市元町3-18-15
山匠エコシステム
山匠エコシステム二級建築設計事務所
(山形住宅管理サービス/空き家管理 住宅管理)
詳しくはこちらのサイトをご覧ください
山匠エコシステムのサイト
続きを読む

akiyakanrinin at 01:01コメント(0)トラックバック(0) 
初めての方へ 

2013年01月29日

家が長持ちするか否かは建物の構造がしっかりしているかどうかが大切です。空家住宅の管理や使われている住宅の管理をする時にも、壁、柱、梁、屋根、階段、基礎、土台、外壁、とった部分に対してもチェックが肝要

築後年数も30年を過ぎる頃から、こうした構造部分の定期的な点検も念入りに行い、点検の結果を元にメンテナンスをしましょう。

空家住宅管理や住宅管理をする場合は、不動産屋やハウスメーカー等の住宅営業をメインにしている会社からアドバイスを受けるより、専門性に特化した専門業者に相談したほうがよいのではないでしょうか。

長持ちするか否かは構造に関わっていますが、その構造体の強さを十分に生かせるかどうかは断熱の施行状況や屋根と外壁の取り合い部分や劣化等など深く関連します。

例えば、空家にしていた建物を貸す売る、にしても売った後貸した後に冬場の暖房による結露や横雨で壁体内が塗れたりする事は構造体を腐らせる原因です。空家に限らず住宅管理においても重要なところです。

このあたりをしっかり説明できる信頼できる専門業者に相談したほうがあなたのためになるでしょう。築30年以上経過した住宅は建て替え候補として営業目標にもされやすいので、アドバイスより建替の話に偏ってしまいまいがち。ご注意ください。

あと、寒さ対策や結露防止ということでサッシだけ変えれば良いという話を聞きます。単板ガラスからペアグラスやアルゴンガス入等そして真空ガラスもありますが、ただ単に開口部だけ見ていては問題がありますね。確かに開口部に対して効果は望めるでしょう。しかし、厳密に言えば壁体内に結露の問題が発生しやすくなるので注意が必要。もしやるなら費用対効果を考えるべきですね。そしてその建物の問題点を調べてからです。開口部の性能に関してだけで解決できそうですが実は違います。このブログでも後に記事として取り上げますが、この話は構造体の劣化に関連します。

ランキング挑戦中


banner2


にほんブログ村 地域生活(都道府県)全国地域情報へ
ご協力お願いします。


山形の空家管理人topへ

akiyakanrinin at 00:33コメント(0)トラックバック(0) 
空家住宅・マイホームのメンテナンスや維持管理 
山形の空家管理人

akiyakanrinin
山匠エコシステムのサイト


初めての方へ・運営者情報



地震保険・火災保険
地震保険
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
  • seo


  • SEO
  • loading
  • 空家管理