【朝日新聞デジタル】PC・iPad・スマートフォンで、本格ニュースを24時間配信!

akiyama_kenichirou

あきやまけんいちろう

フリーランス・ライター 秋山謙一郎オフィシャルブログ

15 Mar

西成、山谷といった地域の取材が最近増えております

ダイヤモンド・オンライン 本年1月15日付記事

西成は好況、山谷は不況!? 現場取材で見えた景気の現実
http://diamond.jp/articles/-/84622


大阪・西成、東京・山谷といった地域の取材が最近増えております。

好景気といわれる光が強ければ強いほど、その陰もまた濃いものです。

そうした光と陰を伝えていければと考えております。 
5 Jan

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年に引き続き、今年は金融経済を軸としつつも、社会に関する諸々について関心を持ち取材、執筆を続けてまいりたいと存じます。

読者の皆様からのご声援、情報提供は有り難いです。


引き続きよろしくお願い申し上げます。 
29 Nov

ダイヤモンド・オンラインでの拙稿「“妊活離婚”の悲劇も── 高齢化する不妊治療の厳しい現実」

“妊活離婚”の悲劇も── 高齢化する不妊治療の厳しい現実 (ダイヤモンド・オンライン 2015年11月6日付)


拙稿です。妊活の現状についてお伝えいたしました。

このジャンルにもこれからは関心を持って参りたいと思っております。 
29 Nov

護衛艦「みねゆき」艦長SNS事案後のFacebook「海上自衛隊・生徒」秘密会の様子を入手致しましたのでご報告いたします。

拙稿「自衛官語る『SNSで防衛機密垂れ流すトンデモ艦長が野放し』(2012.06.27付ビジネスジャーナル)」に関して、海上自衛隊関係者の一部から、さまざまな嫌がらせを受けておりましたが、最近、以下のようなFacebook内のやり取りを入手致しましたのでご報告いたします。

これは旧海上自衛隊生徒(少年術科学校、第1術科学校生徒部)のOBたちによるものですが、自衛隊内部では、「生徒出身」と呼ばれる海自の高校的存在である同校の出身でもあった当時の護衛艦「みねゆき」艦長を、“身内可愛さ”からか、当時の第13護衛隊司令による厳重注意処分もどこ吹く風と庇い建てしている様子がよくわかります。



続きを読む »

13 Aug

過去記事、継続取材中の案件についてお知らせ

元自衛官経営のチェーン、取引先に「自衛隊」と掲載、防衛省は「取引なし」と否定

(2014.09.12付ビジネス・ジャーナル記事から)


本事案に関しましては、防衛省情報公開室並びに海上幕僚監部から明確に「ケイフローリスト社と防衛省・海上自衛隊とは取引関係にない」との回答、及び情報公開結果を入手しております。


そのためケイフローリスト社・栗原社長が所属するロータリークラブにも本事案について照会し、「取引関係にない官公庁、企業があたかも取引があるように消費者に見せている行為」について、錯誤なのかそれとも故意なのか、またそれをロータリークラブは認めるのかという観点から回答を求めるため、目下、準備に入っております。



なお、本事案報道前、同社・栗原社長と海幕広報室所属だった元准尉が、どういうわけが旧拙宅に「ガタイのいい男」と共にあらわれ、私の家族に面会を強要するという行為もありました。


これは元とはいえ、「創価大学出身の記者の取材は受けない」と発言したと伝えられ、過去にも問題行動により厳重指導処分を受けた元自衛官と企業経営者の関係を含めて、徹底追及していくつもりです。



なお栗原社長が所属する海上自衛隊生徒関東OB会メンバーからは以下のようなご意見を寄せられました。


「自衛隊OBであることを喧伝し、明確に防衛省と海上自衛隊から取引関係にないといわれた企業経営者をOB会に迎え入れることには強い違和感を覚える」


海上自衛隊生徒OBで、第2代海上幕僚監部先任伍長を勤めた方からも、私の報道姿勢は応援頂き、


「徹底的に膿を出し切れ」


との言葉を頂いております。



この当該企業のみならず、いくつか資質に問題のあった元海幕広報室所属の准尉に関しても、第3代海幕先任伍長人事や、護衛艦隊先任伍長人事を巡る猟官運動など、その実態を詳らかにお伝えしたいと思います。


今しばらくお時間下さい。 
13 Aug

以前に受けましたネットでの嫌がらせにつきまして。再度、物証をUPしておきます。

PB060277
PB060276
PB060279
PB060278

1 Aug

【共著書発刊のお知らせ】宝島ムックから共著書を発刊いたしました




別冊宝島からのムック。

企画、構成、執筆を担当いたしました。


一応、教育学部で修士を取ったので、一度、教育関連の書籍はきちんと書きたかったので、
いい機会を頂きました。 
フリーライター・秋山謙一郎
e-mail;
akiyama_kenichirou@yahoo.co.jp
twitter
Archives
著書(単著)
著作(共著)
文庫
署名記事提供
  • ライブドアブログ