お知らせ

 

ブログを引越ししました。

こちらをご覧ください。 http://akiyosinews.blog17.fc2.com/

今後ともよろしくお願いします。

5月度豊中市議会定例会が開催

豊中市5月度定例市議会が始まる! 

5月22日(月)午後1時より、5月度豊中市議会定例会が召集され、5月29日(月)までの8日間の会期で、議長、副議長、監査、各常任委員長、各特別委員長等の役員が人選されます。

 

克明社会福祉協議会定期総会が開催

克明社会福祉協議会定期総会が開催

 5月20日(土)午前10時より、克明社会福祉協議会の定期総会が、克明小学校かがやき校舎で開催されました。平成17年度の活動報告と決算報告があり、続いて平成18年度活動計画と予算報告がありました。

その後、「介護保険制度の改正」と「地域包括支援センター」についての説明が、豊中市高齢介護課の職員からありました。

 

防犯セミナーを開催1

2ff23f66.JPG5月13日(土)午後1時30分から、福祉会館3F集会所で、ボランティアグループの豊中ロマン会主催による「防犯セミナー」が開催されました。当日は雨にも拘わらず約140名の方が参加して頂きました。式次第は、「開会の挨拶」、「ビデオ上映」、「講演」、「体操」、「市議会報告」の内容でした。豊中警察署生活安全課の村下和弘係長からは、住宅やマンションを狙った空き巣の侵入盗が多発しており、鍵を簡単に開けられるなど侵入盗の様々な事例を引いての詳しい説明がありました。「犯罪防止4原則」として、仝(明るく照らされている)∋間(侵入に時間がかかる)L棔粉蕕篁僂魎道襪気譴襦豊げ察雰拱鷁擦覆匹梁腓な音を出す)の説明があり、参加者から「侵入盗に対する防御など、大変、参考になりました。また、この様なセミナーを開催してほしい。」との感想を述べておられました。体操をはさみ、最後に平田市議より市議会報告があり、市長選挙の御礼と市立豊中病院が、「地域がん診療拠点病院」と「さい帯血採取施設の認定」を指定されたことの報告がありました。

防犯セミナー

新市長誕生!

新市長誕生!

 豊中市長選挙は4月23日投開票され、前豊中市教育長の浅利敬一郎さん(60)(自民・公明・社民推薦、民主支持)が初当選されました。投票率は30.73%で前回(26.61%)を4.12%上回りました。浅利新市長は、『市長選挙に臨み、一色市長の市政を継承し、5つの基本政策と70の施設の政策大綱を発表しましたが、豊中市の特長である「教育・文化都市」を最大に活かし、赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが安心して住み続けられるまち・豊中」の構築に行政・議会・市民の皆様の協力を得て、全力で公約実現に頑張って参ります!』と、力強く抱負を語っていました。

当 浅利敬一郎 55,204

   熊野 以素 37、860

皆様の絶大なるご支援に心より厚く御礼申し上げます。

 

ダルニー奨学金へ協力活動

ボランティアグループの豊中ロマン会(代表者:月本好子)は、ダルニー奨学金への協力活動として、書き損じハガキの提供を広く呼びかけて集まった、ハガキ・1440枚とテレフォンカード17枚を切手に換金し、64,000円分を2月1日に東京新宿の日本民際交流センターへ送付しました。

豊中ロマン会はこの活動を昨年1月からやり始め、今回が2回目で、前回は40,000円分を民際センターへ送付し、タイのチャチャワン・キッドゥワン君という中学生が3年間中学校へ通学する事が可能となりました。

「これからも、恵まれない子ども達の教育支援に少しでもお役に立っていきたい」と月本代表は強く決意を語っていました。

 

清掃活動

1月29日(日)午前8時30分より、旭丘地区の党員有志の皆さんは、公団・旭丘団地内の清掃活動を行いました。当日は朝から晴天で寒さも緩み、皆さん溌剌と行っておられました。「自分たちの地域の美化は、自分たちで責任を持つ」との思いで、清掃活動に参加されていました。

旭丘地区の党員の皆様! 大変にご苦労様でした。

ご無沙汰しております

大変にご無沙汰しています。昨年8月から休止状態となっていましたブログを、本日より再開致します。ライブドアの堀江社長が逮捕されるという事件や、昨年の耐震偽装事件など、企業倫理が問われる諸問題が社会問題となっています。公明党は、昨日の衆議院本会議で神崎代表が、ライブドア事件に言及し、不正行為防止に向けたルールづくりを今国会で対応するよう強調し、耐震設計偽造問題への対応については、ヾ躙韻淵泪鵐轡腑鵑竜鐔纂圓琉汰干諒檗↓建築基準法の見直しなど再発防止のための法整備、事件の真相究明と法令違反者に対する厳正な処分、の重要性を指摘しました。

今国会では、公明党が一貫して主張してきた少子化対策の柱となる児童手当制度の拡充(対象者:小学校3年生修了から小学校6年生修了まで)を、4月より実施することが昨年に閣議決定されています。

 

豊能町議会選挙について

昨日(8月4日)、豊能町選管は、豊能町議会選挙(9月20日告示、9月25日投開票)の立候補予定者説明会を開き、現職15陣営、新人11陣営の計26陣営が出席しました。定数は18名。

練習試合

野球イラスト8月3日(水)午後7時から、曽根南町の豊中市立ローズ球場で、大阪府議会議員団野球チームと豊中市議会議員団野球チームで練習試合を行いました。結果は、17対10で、府議会議員団野球チームが勝ちました。

真夏の夜、両チームとも、汗まみれになりながら、必死のプレーを展開しました。

札幌市役所・小樽市役所を視察

小樽市役所札幌市役所8月1日(月)・2日(火)で札幌市役所(右)と小樽市役所(左)を会派視察しました。

札幌市では、「指定管理者制度」について調査し、小樽市では、「小樽市サンモール一番街の活性化と屋台村」について調査しました。

北桜塚3・4丁目交差点に安全標識を設置

7月28日(木)夕方、北桜塚3・4丁目交差点に交通安全標識が設置されました。

去る6月17日(金)に地元自治会北桜塚3・4丁目交差点に安全標識を設置有志が、土木部維持課の椋本課長に要望書を提出し、さらに同日、豊中警察署の南口交通課長に要望書を提出していました。

党支部会を開催

党支部会B党支部会A7月27日(水)午後7時から、平田Gの7月度党支部会が福祉会館で開催されました。最初に、佐江木藍子さんより、「自転車の正しい運転のルールについて」の講演があり、参加者は改めて自転車の正しいルールを身に付ける事の大切さを学びました。また、支部長の平田市会議員からは、郵政民営化について、分かり易く説明がありました。最後に、弘田議長からは、先日の環境セミナーの模様が報告され、感銘を受けた旨、報告がありました。

今回の支部会は東京都議選大勝利を全員で喜び合い、次の豊能町議会選挙の大勝利へ向けて、出発の会合となりました。

 

環境セミナー

 7月23日(土)午後1時より、豊中市立リサイクル交流センターで、ボラティアグループ・豊中ロマン会(代表・月本好子)主催の環境セミナーを開催しました。

当日は年間で最も暑い「大暑の日」に当たり、参加者も汗をかきながらの参加でした。

しかし、63名の方が参加して頂きました。池田ゴミ減量化推進課長補佐のユーモアあふれる講演を聞き、参加者は、「ゴミの正しい出し方が良く分かりました」と大変好評でした。環境セミナーB環境セミナーA参加された皆様、大変ご苦労様でした。

 

盆踊り大会・夜店大会

夜店大会盆踊り7月23日・24日に恒例の盆踊り大会と岡町商店街の夜店大会が盛大に開催されました。

克明社会福祉協議会主催の盆踊り大会は、轟公園で23日午後6時から行われました。岡町商店街の夜店大会は、23日・24日の両日、盛大に行われました。

 

市民ロビーゆうゆうコンサート

今日は、正午より12時40分まで、豊中市役所第2庁舎のロビーで、「市民ロビーゆうゆうコンサート」が行われました。
同コンサートは2か月に1度、実施されていますが、今日の内容は、サクソフォンの5重奏でした。
大阪音楽大学器楽学科卒業の男性3人、女性2人の5人が、「サクソフォンタイムズ」という名前のグループを結成して、「誰もが楽しめる音楽」をモットーにジャンルを問わない数々のレパートリーを演奏しています。

豊中の学校図書館司書について

 子ども7月13日付、毎日新聞朝刊の北摂版に、一色貞輝豊中市長と浅利敬一郎豊中市教育長が、今年4月から、市内の市立全小中学校に学校司書を配置した取組みについてのインタビュー記事が掲載されました。
その中で、市長は「行政として何を優先するかの問題です。司書配置は途中でやめるわけにはいきません。厳しい財政事情ですが、市の宝である子どもたちに、‘投資’する意義は大きい。」と述べられています。
 また、教育長は「学校図書館の充実は、点数化できる教科授業のように成果は簡単に見えません。しかし、豊かな心や興味、関心を育てる取組みは、10年、20年先に生きてくる極めて意義のあるものだと考えている。」と述べられていました。

古布贈呈

 7月13日(水)午後1時30分より、市立豊中病院へ古布の贈呈を行いました。これは、ボランティアグループの豊中ロマン会(代表者・月本好子)が、毎年2回、同病院へ古布を贈呈しているもので、今回で15回目を数えました。

同病院が新築された平成9年12月から、本格的に取り組み、毎年1回、贈呈をしていたのですが、慢性的に古布が不足していると聞き、平成12年からは年2回に回数を増やしました。

古布贈呈贈呈式に同席された深谷看護部次長は、「毎回、真心の古布の贈呈を頂きまして誠に有難うございます。今後もご支援の程、宜しくお願いします。」と、大変、喜んでおられました。

尚、次回の贈呈は、本年12月上旬に行う予定です。多くの皆様のご協力を宜しくお願いします。

市内施設の視察

電子掲示板・リサイクル交流センター電子掲示板・リサイクル交流センター7月13日(水)午前10時30分より、豊中市役所本庁1階のロビーに設置された電子掲示板(左)と、阪急電車高架下に新設された豊中市リサイクル交流センター(右)を視察しました。電子掲示板は住民票等の交付に際し、掲示板に自分の番号が掲示される仕組みで、従来のような放送アナウンスは無くなり、市民からは好評であります。

リサイクル交流センターは、岡町駅・曽根駅間の高架下に4月にオープンし、循環型社会に向け市民・事業者の3R活動(発生抑制・再使用・再生利用)を推進するため、実践と交流・支援、情報発信の活動を行う場としての、地域拠点施設です。

3つに区分できる会議室や、展示コーナー、図書・資料室などがあり、環境に関する学習や講演会、セミナーを行う場合は、施設の貸出しは無料です。市民の皆様、大いにこの施設を活用してください。 

私道道路助成

 かたつむり   昨日7月7日(木)夕刻から本町3丁目のT宅へ市民相談に行きました。相談内容は、私道の道路補装の相談でした。

建売住宅を購入されたTさんは、住宅販売の業者から、建売住宅4戸が全部完売したら、自宅前の私道の道路も舗装されるだろうと聞いていたのですが、実際、完売しても舗装されていません。

市の道路管理課の職員も現場に行き、Tさんに会って状況を聞いたのですが、土地所有者の同意がなければ私道助成は出来ないとのことでありました。

私はTさんに建売業者に連絡し、業者が責任を持って土地所有者と交渉するよう要請しなさいと、言いました。    

コメント
トラックバック
創価大学 (大学情報局)
プロフィール
  • ライブドアブログ