社労士試験&行政書士試験に合格するであります

日々の勉強の記録と日常の記憶。

現状

行政書士は、今の私には必要なくなりました。
平成22年度社会保険労務士試験に合格しました。

今後は、
☆平成23年3月 年金アドバイザー2級、3級。
☆平成23年度 社会福祉士試験
合格目標です。


そろそろこのブログのタイトルを変えるか、ブログを閉鎖するか、どうにかしなきゃですのぅ。

占い

3年ぶりによくあたる占い師のもとへ行ってきた。


こちらがなにもいわないうちから、

「あんた今年から夜型やな。
 ん?夜間学校にでも行くんか?」

ってズバリ。
あーこわっ。


「社会福祉の仕事(学校も含め)は、悪くない。
 でもしんどいとでてる。
 覚悟があるならやりなさい」
、と。

…少しホッとした。
ちからいっぱい前進しよう。


ちなみに今年はあまりよくない年だそうで。

他人のゴタゴタに巻き込まれるそうです。
ま、、いますでに巻き込まれてますけども。。


あとはちゃんと先祖供養すること。。


…少し心が軽くなった。

こんな土曜の過ごし方

今日は朝から
勉強して
リアルタイムでケロロ見て
掃除して
買い物に行って。

こんな土曜の過ごし方をしたのはどのくらいぶりだろぉ??
3連休のなせる技です。
嗚呼、充実。嗚呼、満足。

買い物は、一目惚れしたバッグと一目惚れしたジャケットを購入。
それもこれも明後日、尚ちゃんに会いに行くため
どきどきわくわく。

・・・
最近やたらと本を買いまくっていて、
既に読めてない本がいま軽く数えただけで
なんと6冊!

そして今日もまた買った…。
自制して1冊だけにしたけど。


いまはとにかく知りたいこととか勉強したいことが、なんだかたくさんある。


自分の考えや自分の生き方を否定されたとき、
自分に自信がないから、傷つく。落ち込む。
おいらを否定した人を恨む。憎いと思う。

でもそれは多分間違っていて、
おいらを否定する人を放っておけるくらいの“確信”が自分にないから、落ち込むし憎いのであって、
自分の考えや生き方に自信や確信があれば、何を言われても平気なはず。
で、その自信や確信を得るために、
いま本を読みたいんだとおもう。
いろんなひととと話して、いろんな意見をもらうことも大事だと分かってるけど、
否定された傷が癒えるまでは、本がトモダチ。(*^o^)/\(^-^*)


あとは、ツイッター。
ツイッターで、おいらの世界は確実に広がったもんね。


…そんなことを考えてた33歳11か月。

続・療養ちう?

昨日、朝やっぱり微熱があったので病院へ。

結局、診断はつかず。
んー。
しばらく様子をみるしかないようです。

病院のあと、しんどいけど家に帰る気になれず、
本屋をブラブラしてみたり、お茶してみたりしたけど、
夕方まで時間を潰せそうになかったので、

「そうだ映画、行こう

と思い立ち、検索。

が、しかし。
観たい映画が…ひとつしかない。

その唯一の映画が
『ゴールデンスランバー』

ん…。
これ、観たよ。
つい1ヶ月ほど前に。

でも…堺雅人…観たい…!!!

てなわけで、ゴールデンスランバー2回目。
まあ…
堺雅人がステキだったので、よし!



・・・
途中まで書きかけて、送れずに残していたブログの記事やメールを、
ばっさりと消してみた。
恐らく、その時の気持ちや考えは二度と戻ってこない。
誰にも届くことがないその言葉たちは、
私のなかに留めておくには苦しすぎるので。
だからって誰かに押し付けるのも間違ってるし。
記事やメールを消しても、傷は消えないんだけど、それでも。

『問題社員の取扱説明書』

18c67c6c.jpgPHPビジネス新書
『問題社員の取扱説明書』
田北百樹子


今日買った本のうちの一冊。

私の勤める会社にも問題社員(事務の娘)がいるので。
それと、自分が問題社員にならないためと、もしかして自分は問題社員なんじゃないかという不安を払拭するため。

※その昔、知り合いの気難しい師が、“気難しい人との付き合い方”みたいな本を読んでると聞いて、軽く大爆笑したのだけど、
その真意は、自分自身が気難しい人間だということを認識した上で、
自分の周囲の人間が、自分に対してどういう気遣いをしながら接しているのかを知るためだということを知って、
ナルホドと思ったことがある。

話を戻して。

「こんな社員、おらんって!」
と以前の私なら言ってたかもしれないけど、
いやぁ…これは“あるある”です。
すごく身近にいる。
身近すぎて笑える。

ちなみにうちの問題社員ちゃんは
「なぜ挨拶をしない?」
とうい社長の問いに
「挨拶しても誰も返事してくれないので」
と平然と答えました。
(ってそれ以前に、朝、すれ違っても、むこうから挨拶してきたことないし。。
それに、誰よりも出社するの遅いから、問題ちゃんが出社する頃にはみんなもう席に着いてるしねぇ……
とツッコミどころ満載なんだけど。)


というわけで、楽しくあっさり読めた本。

問題社員ちゃんに期待してはいけないということと、
それなりの対処(フォロー)をしてあげないといけないということがわかりました。
あ、それと、トラブらないための就業規則等の定め方も。

療養ちう

ここ2日、ほぼ寝てる。
今日(あ、もう昨日)は、昼に1時間くらい読書したのと、夜に少し勉強したの以外は、ご飯食べるか寝てるかの生活。
こんなに寝てもまだ寝れるのは、やっぱり体がしんどいからなんやろなーと思う。


ただ、平熱35度台のおいらにとって、36度台後半の微熱って、もしかして体的にはいいんじゃないかと思ったりしてます。


今回のこの頭痛の件、実は家族に話していない。
先週の金曜からずっと会社を休んでることも、髄膜炎の疑いがあることも、家族は知らない。
要らん心配をかけたくないし、騒ぎ立てるような問題でもないし、
心配されること自体がストレスに感じてしまうので。

嗚呼、早く治らんかなあ。。
明日の朝、熱があったら病院に行かなきゃだ。。

『日本をダメにした10の裁判』

7a580a14.jpg少し前に買って、なかなか読めずにいた本を読んでます。


日経プレミアシリーズ
『日本をダメにした10の裁判』
チームJ

まだ途中だけど、面白い。

判例の要旨、結論は知ってても、実際にその事件がどんなで、その判決の結果、どういう人がどんな影響を受けたかとか、その判例が社会にどういう影響を与えたか、逆にいまこんな社会になっているのはこの判例の基準があるからだとか、
私にとっては面白い切り口で書かれている本。

最高裁の判決が絶対正しいと思ってたわけではないけど、
特に向井亜紀さんの代理母の件については、この本に共感。
きっとおいらなんかには分からない“オトナの事情”が裁判所にはあったのだろうけど、
それでもやっぱり、
当事者以外は誰も傷ついてないだろうし、
当事者は深く傷ついてる、
という現実。
この事案を許すことで、他の事案や法制への影響があるにせよ、そんなのホントに“オトナの事情”。
テレビやマスコミで取り上げられて注目されていたから、“慎重な”判断をせざるを得なかったのかもしれないけど、そんなことで揺らいで欲しくないよね。最高裁だもん。


・・・
嗚呼なんだかよく分からないことを書いてるのは、
熱のせい。
頭痛のせい。
夜のせい。

ちなみに昨日病院で無理を言って鎮痛剤を貰ったのだけど、
医者的にはあんまり飲んで欲しくないみたいなので、飲んでない。
というのも、解熱作用もあるので、お薬で熱を下げてしまうと、頭痛&熱&吐き気の原因が分からなくなっちゃうし、
ウイルス性髄膜炎だとして、それが治ったかどうかもわかんないから。(だとおもう。)

ちなみに細菌性髄膜炎の可能性も僅かながら捨てきれないので、
意識障害やおかしな行動が出たら、すぐに病院に来るように言われています。

頭痛

10日ほど前から頭痛が毎日数回、各2〜3時間。
プラス吐き気、めまい。

主治医の紹介で今日、大きな病院へ行ってきました。

昨日までなかった(はずの)熱。
※37度5分くらいじゃおいら、気付かないよ。熱があるってことに。

診察を待ってる間に頭痛が始まったので、
一度、片頭痛の注射を打ってみることになりました。

皮下注射って痛いねぇ。。(涙)
以前腰にホルモン注射打ったときも痛かったけど、今日はちょっと油断してたし、余計に痛かったデス。。


で、その注射。
片頭痛にはよく効くけど、片頭痛以外には効かない上にちょっとしんどくなるかも、という代物。

結果。
注射打ったあと15分くらい、
びっくりするくらい
しんどかった…。


というわけで、NOT片頭痛。


つづいてCT。

以前腰のMRI撮った時に、あまりの爆音と閉所に気が狂いそうだったので、ビクビクしてたけど、
CTはうるさくないし閉じ込められないのね
しかも頭だけなので3分くらいで終わったし。

結果。
異常の所見なし。

ん〜…。

診断出ず。

発熱があるので、髄膜炎の可能性あり。
熱が続くようなら再度受診を、とのこと。


いまいち煮えきらない診断だけど、仕方ないので、「報告書」とやらを持って主治医のもとへ行きました。


他の医者にかかると、主治医がどれだけ安心、信頼できる医者かというのがよくわかる。

現段階での診断は難しいということ、
以前に同じような患者を診たこと、
最悪のケース(今回の場合、ウイルス性髄膜炎)を想定しておく必要があること、
動き回らなければ熱は出ないこと(=朝熱がなくても油断できない)、
等を丁寧に説明してくれました。


とりあえず1週間は休養が必要だそうです。


…さて、、、
仕事はどうする?
そして今度の日曜は健康保険法の定例試験。

2月27日

記念日、特別な日、忘れられない日・・・。

人にはそれぞれ年に何度かあると思います。
そういう日が。

2月27日は、私にとっていちばん大切な日。

再開予告編

ぼちぼち再開してみようかと思ったりして、過去記事の整理をしてたりします。(3年半分くらい。結構ある。)
過去記事を読み返してると、自分が考えていたことにハッとさせられることも多々あります。
記録って大事。
livedoor プロフィール
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ