2008年08月28日



akky_asc at 16:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月19日

受験の思い出1

大学受験中のとき、制服を着てきている人間=現役=原液という謎の妄想が頭から離れず、集中することに失敗。ポケモンのベトベターみたいな生物が俺の頭の中を支配していた。もちろん、そのまま入試も失敗。

同じく大学受験、本命の試験のとき。前に座ったおねえ系の女がコートを脱いだら、ブラ紐が完全に見えているキャミソールだったため、集中できず完全に沈没。ウェーブの掛かったきれいな髪から何かいいにおいがしてきた。発情。もちろんいろいろ我慢していた時期だったために、もう気が狂いそうになり、我慢汁も出てたはず。3分でもトイレに行っておけば、よかったとあとで後悔。

横浜駅で日能研のバックを背負った子が泣きながら走ってきて、日能研のバックをゴミ捨て場に叩き捨てて走り去ったところを目撃。一同、唖然。親に無理やり通わされていたのか、勉強がうまくいかないのか、何か同情的な雰囲気にその場は支配される。数日後、ホームレスが日能研のバックを背負っていたのも同時に目撃。

弟の大学入試。すでに低脳といわれる大学は全入時代らしく、家で書いた小論文だけで自己推薦入学おっけぃという、あまりにぬるいイベント。なのに弟は、小論文が書けず直前になって俺の元へ。何でも、テーマはネットで「興味あるものの数字やグラフのデータを探し、それをもとに2000字程度書け」という内容。しょうがないので、「スポーツのスタジアムと環境経済学」をテーマに横浜国際競技場のごみ収集率とリサイクルカップをテーマに数時間で草案を書き上げる。入学してから、突っ込まれないか今から楽しみ。

akky_asc at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バミューダトライアングル(戯言) 

2006年02月18日

P150届いたー4

0669552e.jpgウェブでリリースを見たときに一発でほれたAntecの静音ケース『P150』が届いたー。これでむき出しのまま、1年近く使っていた新マシンをケースに収めることができます。

もうなにがいいかって、俺的最大のポイントはサイドに穴が一切ないこと。わざわざサイドダクトの穴を防音シート2重に使ってふさぐ俺にはとっても重要。もちろんサイドにダクトだって最初からないよ。これからは増えそうなトレンドのひとつだけど。

もうひとつ注目ポイント、宙に浮くHDDサスペンションマウント。3.5インチベイに2本のゴムのワッカが付いていて、それで挟むようにHDDを宙に固定する。初体験なのでよくわからず、かなりてこずる。まだ長く使用していないので効果のほどはわかりません。まあむき出し使用と比較してもしょうがないので。少しは気になりそうなくらいかな。HDDはケースに入れて、5インチベイにぶち込む男の意見なのであまり気にせずに。

これであとは前面の吸気ファンが9センチ×2じゃなくて、12センチが使えたら完璧だったんだけどなー。でも、初めから防塵フィルターとケースで2重に覆われているから、ファンの動作音はほとんど感じられず。やべえいじってるだけで楽しい。自分で追加するところがあまり見当たらないくらい、正に俺の望んでいたケースそのもの。たまんねー。うひょー。

http://www.antec.com/world/jp/productDetails.php?ProdID=81500
http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2005/11/12/659043-000.html

次の獲物は、低電圧版の新4400+なり。

akky_asc at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ぽちょむきん(デジタルネタ) 

2006年02月15日

掘ったり、埋めたり

最近、家の外の道路をひと晩中、工事してやがる。眠れないので、連日深夜にお勉強。

『Movable Type』なんていう、ブログツールをHPを見ながら勉強してます。月アスとか読みながら、ぐりぐりと妄想を繰り広げております。今までHTMLしか知らなかったので、同時にスタイルシートもお勉強。いろいろと目からうろこ。HTMLのタグで装飾するのはマナー違反なんですね。イマドキ。高校生以来、プログラムから離れてはいましたが、わたくしwebの世界じゃ、完全におっさんになっておりました。女子高生を見て、エロいと感じ始めたときくらいの衝撃があります。適当にレイアウトのよさげなサイトのタグをチェックしながら、自分で改造してみたり、久々にやると発見がある。JAVA使わなくてもできることありすぎ。この発言じたいが痛めな気も。後年はずっとソフトに頼りきりだったので、久々に手打ちでHTMLをいじりを楽しんでいます。あーなんかCSSやってると自分がクリエイターみたいに感じるね。変な気分だ。『Movable Type』はサーバー借りないとできないので、まだ実際にはいじってませんが、この勢いだとやるよ、やるよ、やっちゃうよ。

ってか、マジ半端ねー。うるせーよ。外。

akky_asc at 04:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バミューダトライアングル(戯言) 

2006年02月11日

山口旅行

あと5時間半後に羽田から出発する飛行機に乗って、山口県に行ってきます。そして、12日の夜に広島から帰ってきます。今回はサッカーを見に行くのではありません。んが、やはり今回も超強行日程です。
今、一番気がかりなのは辻ちゃんです。さよなら、地球。

日本時間13時キックオフ
日本VSアメリカ

見れないよ。

akky_asc at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バミューダトライアングル(戯言) 

2006年01月31日

山口旅行決定4

以前から悩んでいた2月の旅行先が山口県に決定。
福岡と悩んでいたんだけど、山口はサッカーだと行く機会ないので、こっちにしました^^;

もう航空券だけは手配して、11日6時出発12日20時到着という長崎に続いてまたもや強行日程です。

山口宇部空港
 ↓
秋芳洞
 ↓

 ↓
湯田温泉泊まり
 ↓
山口市内
 ↓
新岩国
 ↓
広島空港

という予定になっております。ここ行っとけあれば教えてくださいw

akky_asc at 23:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) バミューダトライアングル(戯言) 

2006年01月18日

巨乳3

のギャルサポが着たら、胸スポンサーのNISSANが隠れるともっぱらの噂。本日、発表されたマリノスの今年のホームユニフォーム。ハァハァ、今年はスタジアム観戦の楽しみが増えます。あー赤と紺の円の縁取りがめちゃださい。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/photo/200601/im00030165.html

akky_asc at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 横浜F・マリノス 

2006年01月15日

さて、どーすんべ?3

強化費 23億円

【IN】
田ノ上信也(柏)
マイク・ハーフナー(ユース)
秋元陽太(ユース)


吉田考行(大分)
マルケス(元名古屋)→難航中
玉田圭司(柏)→名古屋り入りか?
イアルレイ(インテルナシオナル)→×残留
平山智規(柏)→×残留
相馬崇(東京V)→×浦和
ゼ・ロベルト?(バイエルン・ミュンヘン)

【OUT】
原信生
尾本敬
大橋正博
北野翔

レンタル組
阿部(山形)
山崎(大分)

akky_asc at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 横浜F・マリノス 

2006年01月09日

田崎信也トークショー4

今日、ソムリエ田崎信也のトークショーに行ってきた。もちろんオススメワインの試飲会付き!!

自身の生い立ちから、ソムリエになろうとしたきっかけ、日本の食卓にあうワインなどなど盛りだくさんの内容であっという間の1時間半。なんていうとか就活控えた大学生でにでも聞かせてやりたい内容。最後は一緒に記念写真まで撮ってもらいました。頭悪いなぁ、俺。あ、ちなみにうpはしません。

ソムリエというとワインを中心にレストランで飲み物を提供する人だと思われがちだが、それにプラスして、食事という楽しい空間を作り上げるのが仕事だという。この時期にはということで鍋の囲みかたから食事の楽しさを学び、その話はまさに目からうろこ。そして和食に合うお酒は、やっぱり日本酒と焼酎だとよ。うむ納得。

誰か、鍋やりません?

akky_asc at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バミューダトライアングル(戯言) 

2006年01月01日

もし、フリーザが攻めてきても5

きっとヒョードルが倒してくれる

akky_asc at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バミューダトライアングル(戯言) 

2005年12月19日

クオリティ1

とある友人とお好み焼きを食べに行った。彼はカップの中でかき混ぜると、具がこぼれるという理由でお好み焼きの具を混ぜずに、いきなり鉄板の上に落としました。そして、鉄板の上でかき混ぜはじめました。ひっくり返すときに案の定、へらの部分から崩れ落ちました。そして、もんじゃ焼きもびっくりな平べったいお好みや焼きが完成しました。挙句の果てに、青海苔を掛けようとしましたが、1ヵ所に塊で落としまいました。

そして、彼はいつものようにいろいろと言い訳を言い始めました。平べったい方が、よく焼けて美味しいらしいです。しかし、中はまだ半熟でした。おまけに、豚玉の豚が彼の側にしか入っておりませんでした。

akky_asc at 03:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ギガデイン(怒) 

2005年12月12日

長崎だったりするんだよね5

98f54a9d.jpgミーハーなもので、やっぱり幕末関係は好きだったりします。亀山社中は坂本竜馬を中心に結成された日本で初めてのカンパニーと言われる商社です。亀山社中では、一室だけ当時のままの姿がそのまま残されており、実際にその部屋にも入ることが出来る。竜馬がいつも寄りかかっていたという柱に、自分も記念に寄りかかったり。あとは長崎港が一望できる場所にある竜馬の像を見てきました。うーん京都も巡ったし、あとは土佐だけだなー。

ここでもう市街を離れるのは無理と思い、何かとアクセスの悪い島原を避けて、一日長崎の街を歩いて探索することにした。長崎はほんとに坂が多い。市街地からほんの少し離れるだけ、どこへ行くにも坂を登ったり降りたりと大変だった。グラマー園やオランダ坂、坂の街並みを歩きながら、どこか見たことあるようなところが多いな。とか思ったら、映画『解夏』の撮影で使われたところが多いことを思い出した。ぶらぶら歩きながら、頭の中にぶらぶら節が流れたり、こういうところは一緒に映画を見たあの子と来たかったとか思ってしまったり。もう昔の話だけどね。俺らしくねえな。

んで、食べ物はくじらの赤身の刺身とか、からすみとか蕎麦を食べながら、地酒の日本酒や芋焼酎に舌鼓を打ちました。やっぱ地元の料理には地元の酒が合うということで、あんまり得意じゃないけれど、呑んでみました。意外といけるかもしれない。

やっぱ旅はリフレッシュになる。これで試合に勝っていたら最高だったのにとか言わない。

akky_asc at 03:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) にゃんにゃん日記 

2005年10月25日

阪神4

ffbdf750.jpgいや、勝てないからってこれはダメだろw

akky_asc at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月23日

il||li_| ̄|○ il||li1

まさに↑のような感じ。
この負け方は痛すぎる、、、

俊タソと上戸彩も痛すぎる、、、

akky_asc at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 横浜F・マリノス 

2005年10月20日

二重の極み4

口の中で飴を2度連続で噛んだら、粉々になった。

akky_asc at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バミューダトライアングル(戯言) 

2005年07月30日

幸せ

このまま時間が止まってしまえばいいのに……。
愛するマリノスと愛するバルセロナが再び試合。
やっぱり、内容や結果なんてどうでもいいんだ。
この幸せの時間がいつまでも続けばいいのに。
でも引き分けってことは、きっとまた再試合だよねw

不確定分子の勇蔵のゴール。やっぱり親善試合はこいつがいるとおもしろい。

マツとプジョル……。俺が両チームで一番好きな選手同士のマッチアップ(;´Д`)
これを見るために俺は今まで生きてきたんだと思った。

ロナウジーニョ、やっぱり役者が違うね。ピッチに降りただけで、サッカーが楽しいと思える。けど、同点ゴールはロナウジーニョ出場後。

前回はバルサがベストメンバーじゃなかったけれど、今回はうちがベストメンバーではない……。次があるとしたら、次こそはベストメンバー同士の戦いが見たいね。それもタイトルをかけて、世界クラブ選手権という舞台で。

でも、今日の主役はもちろん。遠藤……。不覚にもスタンドで泣いてしまいました。一番思い出すのは、やっぱり浦和戦のロスタイム逆転ゴールかな。今まで本当にありがとう。これからしばらくは敵だけれど、引退後はまた戻ってきて一緒にサッカーできると信じています。

akky_asc at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 横浜F・マリノス 

2005年07月18日

負けたにゃん!

■2005年 7月17日(日)



2005 Jリーグ第17節

VSFC東京 味の素スタジアム


 リーグ戦を再開して、3勝1分。決して順調とはいえなかった前半戦だが、ジェフ戦で見せた勝負強さは2連覇を見せた過去の2シーズンを通して、俺らに見せてくれた強さだった。それだけに勝ち点9の差はもう無いようにも思えた。それがマリノスの強さなはずだから。しかし、そんな矢先に大きな落とし穴が待っていた。リズムの悪さから失点を重ねる。あまりにどうしようもない失点。防げたような、決して防げないものなのか、見ているほうもわからなくなるような失点シーンの連続。今日、ひとり奮闘したGKを責めることはできないだろう。事実、試合後ゴール裏から浴びせられた大ブーイング。その中でひとりだけ声援を受けたのは普通なら戦犯とされてしまう4失点したGKだったのだから。



 スタメンは、バルセロナ戦の途中から再びゴールマウスを任された榎本哲也。達也は今日もベンチ。リーグ中断中、ユーベ、アメリカ遠征、バルサと豪華すぎる実験をした4バック。ドゥトラ、松田、中澤、田中隼磨。岡田監督が就任してから理想としていた4バックによる攻撃サッカーは、理想に向かうのだろうか。中盤は完全にパフォーマンスを取り戻した那須。十分に代表を狙える位置にいると思う。しかし、それよりも代表の中盤の底に相応しいと思える選手が敵の6番にいる。今日はすべて彼ひとりにやられた感がある。前節攻守の要として活躍した上野。同じく前節2アシストの活躍のトップ下の10番山瀬。いまやなくてはならない大橋。FWにはスタメンのチャンスを活かせるか山崎と得点ランキング上位の大島。



 中盤からボールを繋いで、前線へと送るパス。しかし、そこにいつも待ち構えているかのように今野が立ちふさがる。ボールの落ち着きどころでことごとく奪われる。ポストにボールを預けようにも大島はジャーンに競り勝てないでいる。山瀬の突破も、那須、上野のシュートも防がれてしまう。リズムの悪さから、相手に攻められるもギリギリのところでGKの榎本哲也が防ぐ。しかし、そのファインセーブ後のコーナーキック。鋭いボールに体ごと突っ込んできたのは、今日トリコロールの攻撃を跳ね返し続ける今野だった。先制点を取られる。疲れからか裏をとられることの多い中澤。それをミスと思わせない松田のカバーリングの動き。今日は秀逸に冴えていた。このコンビを代表でも見てみたくなる。中澤のカバーができるDFの選手なんて、日本中探しても松田以外はありえない。その後は哲也に何点助けられただろうか。スーパーセーブの連続で前半を終える。前半のハイライトはほとんど、哲也のスーパープレイ集になるのでは、と思えるような前半戦の内容だった。



 ほんとに前節と同じチームなのかと疑いたくなるような内容。まったく機能していなかった山崎に代え、坂田を後半開始から投入。おそらく連戦の中、こんな早い時間から坂田を使いたくなかったのが本音だろう。相手の守備の意識の高さに攻めあぐねている。決してプレッシャーを感じる事の無い攻撃に、逆にこちらの攻撃の意識が高くなる。しかし、そこを付かれる。後半開始直後に鈴木にFKを直接決められてしまう。確かに鋭いシュートだったが見ている人間はなぜ決まったのかわからないコースだった。あとでテレビで見返してみると、壁が逃げていた……。そのコースに飛び込んだのだから、GKを責めることはできないだろう。今日好調の那須に代え、久保を投入。前の復帰時よりは競り合いに行く回数の多い久保。モーションのはやいシュートも放つが、まだまだ怪物ぶりは見せられず。3トップの超攻撃的布陣をひき2点のビハインド、もちろんあの男が前に出て行くのはわかりきっている。なのに、なぜカバーリングできる選手を代えるのか。大島が競り合いの中、目の辺りを負傷してしまい、熊林と交代。前半にも山瀬の顔面に相手のクリアボールが試験距離で直撃して倒れるというアクシデントもあった。フル出場したものの怪我の多い選手なだけに心配が残る。攻めあぐねている中、フリーになった坂田、しかしシュートは相手のGKに防がれる。その後は裏を取られ、わけのわからないうちに追撃、逆転の望みを絶つかのように終了間際の失点を続ける。完全に内容で負けていた。1クールが終わるまであと1節。前半前最後のホームは俺たちの三ツ沢。声援はどこのスタジアムより、選手に届く。あの素晴らしいピッチで素晴らしいトリコロールの戦いを見せてもらいたい。

akky_asc at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 横浜F・マリノス 

2005年07月05日

いらっしゃい

http://www.so-net.ne.jp/f-marinos/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=2299

選手名:MARCIO RODRIGUES(マルシオ ロドリゲス)
     (登録名:マグロン/MAGRAO)

ポジション:MF
国   籍:ブラジル(サンパウロ)
生年月日:1978年12月20日
身長/体重:186cm/73kg

漏れ、大正解。漏れは神。ブラジル代表クラスの大型ボランチ獲得だよ。わしょーい。さて、ドゥトラの話相手以上の活躍を期待したいですな。

以下6月1日の日記抜粋。
>正直、一番の補強ポイントは後MF。それもJでなら、大型ボランチなんかがいたら、うちは点が取られないと思う。ので、大型ボランチが欲しいです。って、このポジションは世界でも引っ張りだこなんだよね。

akky_asc at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 横浜F・マリノス 

2005年07月04日

藻前ら、注目

廊下を歩いていると突然目の前にやつが出現。今まで幾度の死闘を繰り広げてきたやつとも、今季は初遭遇。苦杯を舐めさせられることもあった。しかし、こちらには新たな兵器がある。発射口を確認して、一吹き。人間の力では限界のあるやつのすばやい動きも、噴射された泡の速度ははるかに勝っている。わずかにかかった泡なのにやつの動きはにぶく、泡の仲でうごめいている。2発目を発射、やつは白い泡に包まれて完全に身動きが取れなくなり沈黙。まさに完勝。すげえ。すげえよ。


ゴキ(包)パオ
http://www.hakugen.co.jp/products/info/022.html

akky_asc at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バミューダトライアングル(戯言) 

2005年06月20日

さようなら2

アン様

あなたのことは忘れません。幾度も窮地を救ってくれたゴール。Jのレベルでは見られない目の覚めるようなスーパーゴールの数々。勝利に、そして優勝に直結するゴール。それがなによりストライカーの証だと思う。周りがなんと言おうと、現時点でアジアナンバーワンのストライカーは間違いなくあなたです。今までありがとうございました。運の悪いあなたの事です。また欧州では苦労なさることでしょう。それでも、どこの国になるかわかりませんが、あなたの活躍を祈っております。

今月でさよならになることは分かっていたけれど、あまりにも突然サポーターの前でのお別れが見れないのはとても残念です。もう一度、あなたのコールをしたいです。けれど、今度あなたのプレーを見ることがあれば、そのとき、あなたは赤いユニフォームを着ていることでしょう。こちらは青いユニフォームを着ています。なので応援することはできません。俺たちは青い9番の左足に夢を託している事でしょう。夢を見させてもらったアジア最強2トップの戦いをW杯という場で実現してほしいとせつに願っております。

akky_asc at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 横浜F・マリノス