June 19, 2024

サブミッションスモウレスラー談

次回出る予定の
コンバットレスリングのルールを確認してたら、
「関節技につながる投げ」が反則、
「立ち技関節」が反則、
と書いてある。

なぬ?
自由なルールだと聞いたから楽しみにしてたのに?
サンボの技は使えんのか?
どうやって戦えと言うのか?

<関節投げについて>

ワカランので、大会側や
サンボの長谷川先生に確認したら、
要するに・・・
「極めてから投げるのは反則」
「投げてから極めるならOK」
ということらしい。
それは、サンボも同じらしい。

要するに、転がしてから(寝業になってから)、
寝た後で関節を極める一連の技は使えるということ。

なのでサンボの技は使える。
昭和柔道の技も
七大柔道(高専柔道)の技も使える。
いつもどおりで問題ない。
じゃぁ、ルール説明に
紛らわしい言葉は使わんでいただきたい。

しかし、
これでわかったのは
「極めて投げる」は、
なんの競技でも全部反則だということである。

<相撲の立ち関節技>

しかし立ったまま極めていい競技がある。
相撲である。
とったり、逆とったり、小手投げ、かんぬきなどの腕(ヒジ)極めと投げ、
さらには五輪砕き、サバ折りなどの脊椎、頸椎極めの
立ち技関節、関節投げもOKなのである。

さらには手首を極めて投げる
小手返しだろうが、
四方投げだろうがOKなのである。
(反則と書いてないし、
以前、琴錦は実践しとった)

<相撲の打撃>

もちろん素手、素面だが、
顔面打撃、
顔面頭突きまでOKである。
そんなの相撲だけである。

なら相撲こそ総合格闘技じゃん!

ということなら・・・
サブミッションスモウレスラーとしては、
こだわりなく、
MMAにもふらっと出なければいけない。

総合とかいっても、
そのまま相撲の立ち技やればいいだけである。
昭和柔道(七大柔道・高専柔道)や
サンボの捨て身技まで使える。
倒したらサブミッションである。
いつも通りである。

サブミッションスモウレスラーとしては、
あんまりゲンコツで殴りたくはないが
掌底なら特に問題はない。

<掌底・突っ張り・張り手>

ということで、
いちおうMMAで
「オープンブロー(掌底)」がOKかどうか確認した。
すると・・・

オープンブロー(掌底)は、
素手で、固くて、指が出てて、
「危険だから」禁止・反則だと書いてある。

なぬ?

まぁ確かに、
大相撲では、
眼窩底骨折とか、
頬骨骨折して眼玉飛び出たとか、
鼻が折れたら割り箸突っ込んで治すとか、
奥歯折れたとか、
長年の稽古(張り手、突き)で全部折れてるとか、
そういう話も聞くが、
そんならゲンコツで殴るのはいいのか?
安全なのか?

よくわからない。

(サブミッションスモウレスラー談)

おしまい。

<あこう堂>
あこう堂ホームページあこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
<最新スケジュールは、ブログ情報やホームページのカレンダーでご確認ください> 

<保険>

スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)
(※加入お勧めします)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:00〜21:30)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

June 17, 2024

グラップリング<2>試合の話(オクタゴン・ケージマッチ)

試合があるのは東京(新宿というか新大久保)で、
当日は、早朝(7:25)に集合して受付、
第1試合開始は8:30とのことなので、
もちろん東京入りは前日である。

<試合前日>
今回の階級(65.8kg)は、今の私には楽勝の体重なのだが、
次回(8月)の62kg級での計量のシミュレーションもあるし、
重たい道着は持参しないでいいので、
代わりに?購入した小型体重計を持参してみる。

朝は全裸で62kg台。
それから、しっかり食って試合着で64kgくらい。
移動して、夜は、ほぐす程度に軽く泳いで(500m)、
軽くサウナに入って、ケア。
身体を休めてほぐしさえすればいい。

この日は意識的にしっかり食ってみたが、
夜にホテルで体重を計ったら63kg強。
これだと翌朝は62kg強であろう。
何の問題もない。

体重制限の方は楽勝なのだが、
実は仕事の締め切りの方がギリギリである。
新幹線の中もずっとファイルで仕事。
ホテルでもずっと仕事。

しかし、おかげで割と進んだ。
翌朝は早いので21時過ぎには寝てみた。

<試合当日>

結構、寝た気がして、
起きたら2:00である。

そらそうなる。
最近はたいてい連続5時間くらいしか寝てないから、
21時に寝て5時間後はAM2時である。

もう一度、無理に横になって起きたら今度は6時。
いちおう9時間近く横になっていたから、
これで万全のはずである。

それからちょい仕事してみたが、
それどころではない。
試合の開始時間から逆算すると
6:30くらいには朝食を開始し、
7時前には朝飯済ませといた方がいい。

(私は8:30開始のグラップリングで
14試合中、第10試合と後の方ではあるが、
はやければ9時くらいの試合かもしれない)

持参の小型体重計で全裸体重62.5kgを確認した後、
買っておいたコンビニの野菜やヨーグルトを食う。
さらにホテルを出たところの24時間営業の牛丼屋で、
エネルギー源として親子丼を頼む。
時間的にはすぐ食いたい。
しかし、店員全員が外国人のせいか?何のせいか?
長く待たされた。
しかも塩辛いし、卵のプルプル感もない。
(※他には、単なるカレーの人も10分くらい待たされていた)

ちなみに新宿歌舞伎町の日曜早朝である。
この時間に飯食ってる客は朝帰り、徹夜か?
ホスト風とか、水商売風とか、
客層もなんか違うが、
全員あわてずゆっくり待っている
・・・

そこから1.3km歩いて、会場入り。
「7:25分集合」となっていたが7時過ぎには着いた。
運営の段取りがスムーズとは言えず、そこからだいぶ待たされる。
(もちろん待つ間もファイルで仕事)
しかし、8:30開始っていうのに、大丈夫か?
やっと会場入りして、
計量は、試合コスチュームで63.6kgでクリア。

<オクタゴン>
2024-06-16
(※試合前準備中)

初のケージマッチ。
オクタゴンである。
中に入らせてもらったら、
下はキャンバス生地みたいな感じかな?

金網の感触も確かめる。

自分の試合は打撃ナシのグラップリングなので、
金網に突っ込んだり、つっかえたりはないんじゃなかろうか?
めんどうなので、真ん中で決着つけたいものである。

<ルール>
実は、ヒールホールドがアリなのか、ナシなのかが、
サイトから入手したルール表のPDFでは文字も小さいし、薄いし、
ずっとわからなかった。
大事なポイントなんて、ある意味そこだけ。
そこの説明だけが詳しく欲しいのだが、
どうなってるのか?

現場にいるスタッフに聞いたら、
最初の人は「よくワカラン」と言う。

そのうち、ルール説明がマイクで始まったが、
ラジカセみたいな小さいスピーカーを机の上に置いてあるだけで、
声が割れて聞き取れない。

仕方ないので、本部席にいる
その場の責任者らしき人に直接聞いたら、
「足関節のことなら、全部アリです」と。
そらそうか。
グラップリング勝負で、ナシの方がおかしいか。
(※アキレス腱固めだけなのは、
初心者クラスのことらしい)。
しかし、昔OKだった競技でも
最近はヒールがダメになってたりするから・・・

ギリギリに確認するのもどうかと思うが、
アリ・ナシ両方のシミュレーションはしてきた。
普段の練習でも相手次第で、
たいていスパー前に急に取り決める。

ジュージュツみたいに、
どこからどんな形が反則か?わかりにくいより、
全部アリならその方がいい。

足関節については、態勢だけなら全部アリだけど、
極めるのは全部ナシの七大柔道とおなじくらいわかりやすい。
気持ちも盛り上がってきた。

<間に合った>
セコンド役を頼んだ某七大柔道部OBが
なかなか来ないで気をもむ。
七帝柔道記IIにもポイントの試合で登場する
いつもの?TH大OB、K水君である)

七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり (角川書店単行本)
アップしながらスマホのWhatsAppと
ガラケーのショートメールで「さっさと来い」と連絡をとる。
Lineは使いたくないとか、
アプリが入らんとか言うから
さらに面倒なんである。

それでもなんとか間に合った。
動画撮影も、
もう一人身内が来てくれて任せられた。
貴重品預けられて、動画撮影もしてもらえれば
それで十分である。
試合はどうせ一人だもの。

アップは、会場横の板の間だが、
予測通りで、小型のマットも持参していたので、
ブリッジとかもやった。
あとは四股とか腕立てとかいつもの感じで、
息もあげておく。

試合
相手は若手だが、
自分と同程度の体重の相手なんて、
普段はほとんどいないから、
小さく感じる。
なんか申し訳ない。

マッチメイクは私ではない。
将来ある若者をジジイにあてたのは
運営側である。

実は、最近は、終活の一環として(?)
七大の後輩用にいい教習動画を残せないか?
常に考えてるので、
いくつか今回使う候補の投げや
立ちから関節技への移行技がある。
とにかく立ってきて欲しい。

しかし・・・引き込まれた・・・
寝業しか使えず・・・
しょうがないので、上から圧かけて、抑え込んで
最後は相手が防御に使う足をとって、
(※オリジナル技術も使ってるが、
まだ次回のコンバットレスリングもあるので、
解説はしない)

1分50秒くらいかかってました。
思ったより下からの攻めも守りもしつこかった。
(ジジイと遊んでくれて感謝します。
試合後に挨拶に来てくれたけど、
さわやかな好青年でした)。

というか、フィニッシュは、まだ相手の膝を伸ばしてないのに、
レフェリーが私に飛びかかって阻止しにくる。
なんなの???

あとで動画みたら、
相手は膝を伸ばされる前にタップしてて、
それを見たレフェリーがストップしたらしい。
こっちは、まさかまだ決まってないのにタップするとは思ってない。
わからんから、
何を怒られてるのか?と思ったら、
一本勝でした。

手ごたえはなかったけど、
手ごたえあったときは、相手がケガしてるかもしらんから、
それでエエか。

<コスパ>
コスパは悪いな。
東京在住の人ならよかろうが、
こっちは神戸から1泊2日である。
参加費、旅費だけで5万くらい。
食費その他諸経費も合わせたら6万くらい。
(※LCCの方がもう少し安いが、
不測の乱れがイヤなので新幹線を選択)

勝利者賞のメダル1個頂いたのはありがたいことだが、
教習動画?としては、膝十字1つしか撮れなかった。
(しかも技自体は七大ルールでは使えない)。

その点、サンボだと、立って投げ合いから始まって、
寝業のマテがはやい分、何度か繰り返すことになり、
技動画が何個かまとめて撮れる可能性も高いかも・・・

その代わり、サンボでは、
赤・青2つのサンボ着とシューズ運ぶのが重いという
デメリットもあるけど・・・

8月のコンバットレスリングに期待しよう・・・

<試合後/新大久保の韓国焼肉>
試合済んで、その辺で記念撮影も済ませた後に
時間みたらまだ9:30である。
なぬ?
早すぎる・・・
「前座の前座」なんで、そらそうなるか。

それから現場で仕事ファイル持ち出して、
昼前まで、試合を「ながら見」しながら仕事。

ちなみに朝はアマチュアの
MMA、キック、グラップリングをやってるが、
夜のプロ興行は同会場で
「足関十段」今成正和Vs.「レッグハンター」須藤拓真の
究極の新旧・足関節業師対決「足関節王決定戦」
があるとのこと(グラップリングマッチ)。
2024-06-16_Level-G 6.16 今成正和Vs.須藤拓真
面白そうなんだけど、
もちろん夜まで滞在する余裕はない。
昼めし食って帰る。

せっかくなので、最寄り駅の
新大久保付近の韓国焼肉の店にした。

店員は全員が韓国人(たぶん)。
そして客は他の全員がアジア系外国人でした。
(どこの国かと思うくらい、日本人がいない)

イイダコと豚バラ(三枚肉)の鉄板焼きセット
(チュクミ・サムギョプサルというのか?)を頼んだら、
なかなか出てこない。

やっと来たら、
なんとカチカチに凍結されたままのブタ肉が
鉄板にのせられており、そのまま焼かれ始めた。
ご想像通り、肉が固くてうまくはなかった。

周囲のアジア系外国人はもっとうまそうな肉を食ってたが、
店員の韓国人(たぶん)とのやり取りは片言の日本語なので、
注文も確認もそれが限界だった・・・
KIMG1240-1

<裸の大将放浪記>
私は上半身裸で試合したが、
他のグラップリングの人は全員ラッシュガード着てた。

「なんで裸で出たのか?」と
観戦してた身内に聞かれたが、
それは私がサブミッションスモウレスラーだからである。

力士は土俵でシャツなど着ない。
レスラーがリングでTシャツで戦うとしたら、
引退後のエキシビジョンマッチだろう。
プロは裸である。
ターザンも裸である。

だから私も裸である。
(※サブミッションスモウレスラー談)

いちおう運営側に確認はした。
「裸でいいですか?」と聞いたら「いいです」と言うとった。
KIMG1233-1
(※ケージを背景に撮影すると、
MMAにでも勝ったかのようだが、
単なるグラップリングなので、
ある意味コスプレである・・・)
KIMG1232-1
(※メダルは、
単にワンマッチに対する勝利者賞である。
念のため)

実は、「昭和柔道Tシャツ」で入場してから
シャツを脱ぐパターンも
考えてはいたが、
アマチュアに入場セレモニーなどないので、
使う機会はなかった。

Tシャツ前後のみ

※表裏が「昭和柔道」&「古流柔道」のシャツは、
フリースタイルの昭和柔道・七大柔道(高専柔道)さえやっとけば、
オールラウンドであり、
総合にでも何にでも通用するというあこう堂の主張である。
わかるね。

今の「Judo」や「ジュージュツ」のことは知らん。
(きっと役に立つだろう)

<ヒクソン・コスプレバージョン・・・>
それとは別に「ヒクソン・コスプレ」のパターンで、
白パンツまでわざわざ購入して持参していたのだが、
空気を読んでやめといたことの方を褒めていただきたい。
KIMG1241
(※、白パンツ(海外製の水着)、黒の膝サポーター、
使わないけど!オープンフィンガーグローブとマウスピース)

水着やショートスパッツの白パンツがなかなかなくて、
今回急に思いついて、海外のサイトから取り寄せた。

直前だったので、送料も余計に払って
ギリギリ間に合わせたにも関わらず使わなかった。
しかも翌日になってもっといいのも届いた。
どのサイトも到着がギリギリだったので、
結局(ショボイのも込みで)3着も購入してしまったのである・・・
(※入手しないと着用感がわからないから、
しょうがないのもある)

しかし、このままではもったいない。
何の時に使おうか?

イメージ画像・・・
takadaVsricson_1
(このオーラで勝つ?!
しかしこの衣装を装着するには、
各方面に対し、種々の覚悟がいる。
ウケるより、袋叩きにされるか?!)

組み技はいろいろ出たから、
今後はMMAでもやろうかと思ったが、
他の人のMMAの試合みてたら
打撃アリはヤバそうでした。

若者の速さについていけない気がするかも・・・

それでもやるなら手はあるが、
試合はともかく、
「練習」ではやりにくい手段なんよね・・・

実は、このグラップリングの試合(Level-G)は、
4月に名古屋で七大(OB)対柔術の対抗戦があった時、
柔術側から出てて、試合後の練習ではスパーもしてもらった
グラップリングのチャンピオン
「高橋サブミッション雄己」の企画、プロモートらしい。
高橋サブミッション雄己

自分が出たい試合を検索してて、
そういうグラップリングの(アマチュアの)試合があることは知ってた。
年齢制限ナシとも書いてある。
しかし、ホントに60歳になる人でも出ていいのか?
出してくれるのか?
試合後の懇親会の時、主催者本人に確認したら、
「問題ない」というから申し込んだだけである。
私は悪くない。

貴重な機会を設けてくれて、
私にも与えてくれたことに感謝したい。

そして、今回の試合出場のキッカケも、
上から抑え込みの圧をかける試合内容も、
全て七大柔道(高専柔道)のおかげであり、
お導きなのである。

あなたも入信しなさい。
拝んでおきなさい。
知らんけど。

<格闘技の殿堂/格闘技の祭典>
この会場(GENスポーツパレス)には、
オクタゴンもリングも常設されてて興行もうてるらしい。
KIMG1239
素晴らしい。さすが花のお江戸、大東京。

今回の会場の4階のオクタゴン(ケージ)でも
朝のアマチュアから始まって、
いろんなレベル、年齢の格闘家が、
初心者もプロも、男も女も、大人も子供も、
キック、MMA、グラップリングと次々に登場する。
朝から関係者も大勢集合して大盛り上がりでした。

前座の前座である私たちから、夜のプロ興行まで
おそらくずっとなんだろう。

(常設プロレス会場の他に、
レスリング、ボクシングのジムや
レジャー施設も各種あったという
「リキスポーツパレス」を彷彿とさせる。
っていうか知らんけど・・・)
KIMG1237

KIMG1235

これはいいことだね。
草の根の格闘技文化が根付いているんだね。
プロと同じ場所でアマも気楽にできることがいいし、
それはモチベーションにもなる。

格闘技はいろいろあるんだから、
ついでに相撲や柔道やレスリングみたいのも全部やればいいんである。
武器術もやってもいい。
一つの場所であれば、お互いに刺激し合い、好影響だと思う。
本来、格闘技にも武術にもルールの垣根なんてないはずである。

あんまり幼い?子供にMMAやキックはどうか?と思うが、
相撲(ごっこ)くらいは子供は全員やるのが基本だと思うぞ・・・
まずは取っ組み合え。

<怒られそうなコスプレ>




実は、このぐっさんのヒクソンの記憶があったんで、
ヒクソンコスプレを思いついたんですけど・・・
やっぱり、格闘技界では、いろんな方面にヒンシュクな気がする・・・
装着するには、度胸が足りんかったわ・・・

それか、もう若い人にはわからんのかな?
ぐっさんの
「ヒクソン!ヒクソン!ヒクソン、ギターを弾くソン!・・・」
「ヒクソン!ヒクソン!ヒクソン、ドラムを叩くソン!・・・」
を入場曲に使えば一部にはわかるか?

しかし、果たして、ヒクソンに見えるか、見えないか?
意図が通じるか?、気づかれないか?
スベるか、ウケるか?
失笑されるか?
相手や周囲が怒るか?
ヒンシュクかうか?
・・・さすがに読めませんって!

ちなみに、自分の試合動画を見直したら、私の意図に反して、
裸のおじいちゃんの銭湯入浴シーンか風呂上りにしか見えんかった・・・
不本意である。

サンボの時の方がジジイ感がなかった気がする。
シューズがなくて裸足なのが、「風呂上り感」を出すのかな?

<追記:ルールの話>
試合後になって、やっと
鮮明に読み取れるルールのPDFファイルがあるサイトがわかった。
これが正規のサイトらしい。
いろんなリンクがあったが、他のサイトではどうしても読みとれなかった。
このサイトからだとちゃんと読み取れる。
わかってりゃ、ヒールホールドがアリかナシかなんて、
当日まで気をもまずに済んだのに・・・
(※他には当日まで知らずに、現場で確認する人なんておらんだろう。
というかノーギとかサンボとかコンバットレスリングとか
いろいろ出るし、グラップリングもいろんなグレードがあるから、
もうワケわからんのである・・・)

<追記:全体の感想>
初のケージ(オクタゴン)のグラップリングでしたが、
気に入ったかも。

●ロープのリングよりも柔道場よりも、
場外だなんだでモメる余地がない。
●何面もある畳の柔道場の試合会場より、
1試合場の方が集中できていい。
●帯がほどけたとか、最初から緩くて自分でほどくとか、
着衣を脱がす技とか、それを審判が直すタイミングとかで、
不公平、不公正が生じることもなく、
イラっと、モヤっとすることがない。
(※柔術の選手が帯をゆるゆるで解いて捨てるのと、
古流柔道大会の相手がユル帯で解けて抑え込めなかったのと、
モンゴル相撲の2回戦の相手のモンゴル人が、
パンツなしで握るところがなくて負けたのと、
相撲ごっこで柔道の帯をユルユルに締めて投げ切れないのと、
若島津がユルフンで千代の富士に勝った相撲はいまだに腹が立つ)
(※柔術がユル帯じゃなかったら、
ウチも柔術道場にしてやってもいいくらいの大問題なのである。)
(※不公正がないから裸の方がいい)。
●ラッシュガードなしでいい(裸でいい)のがいい。
プロは裸でしょ(私はプロじゃないけど)。
●「足関節全部アリ」もわかりやすくていい。
他の競技みたいに態勢だけで反則だとか、
なんとか言われたり分かりにくいことがない。
(※柔術の若造に「TKシザースは、外掛けで反則だからやめろ」と
言われた時、柔術はやる気をなくした)
(※だからウチは七大柔道・高専柔道なのである)
●勝った時のゴングが気持ちいい。

関係者の皆様、ありがとうございました。

<あこう堂>
あこう堂ホームページあこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
<最新スケジュールは、ブログ情報やホームページのカレンダーでご確認ください> 

<保険>

スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)
(※加入お勧めします)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:00〜21:30)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

June 15, 2024

グラップリング<1>試合前準備

どうも。

さて、週末の試合(グラップリング)に向けての
準備ですが、やったのは・・・

<1>体の治療
<2>仕事(本業)

あと、なんかあったっけ?

<3>体調管理(毎日のノルマ)
<4>体重管理

くらいか?

今回は当日計量だが、65.8kg(フェザー級)なので、
今の体重からしたら余裕である。

ここんところ、体調も良くなってきました。

<体調管理>
●食い物は、意識して食物繊維を増やしている。
野菜、オートミール(オーツ麦)とかも。
(面倒で手抜きになっていた気がするが、
それはイカン。腸内細菌にもエサがいる)
酢やショウガも意識してとっている。

●晩飯は、だいたい17時以降は(ほぼ)固形物はとってない。
夜はプロテイン&きな粉(アーモンド&ゴマ入り)&ココアとか。
(これで体重は朝だと62kgそこそこ。
一番重い状態でも64kgくらい。

2週間前は、サンボの当日計量「64kg」に苦労したが、
その時より減量が進んだ。
8月のコンバットレスリングは
前日計量だが62kgにする予定なので)

●毎日のノルマ:
腕立てや四股はフォームを意識して正確にするようにして
回数や頻度は減らした。回数のノルマを重視すると
いい加減になったり、消耗したりするだけである。
そもそも目的は何なのか?体調をよくするためであろう。
体調と相談した方がいい。

今は、週2回くらい。
(それで大丈夫な気がする。
以前毎日やってた時は、時々、背中がパンクしていた)

というか、もう「老人」なんだから・・・

泳ぐのは週に数日。
1日の最後にほぐす程度。
500m〜1200mくらいか。
多くても1500mまで。
たいていはその後にサウナでストレッチも。

●治療:
中国鍼でやってもらった、
「吸い玉&瘀血吸引除去療法」に続いて、
スポーツクラブの
「吸引カップ&ローラー」による「筋膜リリース」が
てきめんに効いたので、もう一回やってもらった。
(まだ何度かやってもらおうと思う。
問題はお値段が高いことくらい)

左の肩甲骨あたりはどうしても固いコリの箇所があったが、
おそらく筋膜が固着していたのだろう。
そこが楽になった。
クロールの時は、右の息継ぎ(左腕を上に伸ばす)が、
以前はつらかったが、楽になってきた。

●練習:
別に練習なんてしない。
要するに乱取り・スパーはもういい。
試し切りばっかりやっても、切れ味が鈍る。
ヘタしたら刃こぼれである。
身体も消耗するし、モチベーションもなくなる。
刀を研いでおくだけの方がいい。
若者と高齢者は違う。

ということで、
水曜夜練の高専柔道(七帝柔道)の時に
皆が立ち技(投げ)の打ち込みをしてる時、
グラップリング用の
「関節技へ移行する打ち込み」
だけさせてもらった。

(※今回の試合は済んだが、
次にコンバットレスリングでも使うので
内容は言わない)

これで準備完了。
あとはYouTube動画をいくつか見てイメージしたくらい。

グラップリングの乱取り、スパーなんて一本もやってない。
以前いつやったかの覚えもない。

それで十分である。

脳内イメージはできている。

身体は治療の方が大事である・・・

<あこう堂>
あこう堂ホームページあこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
<最新スケジュールは、ブログ情報やホームページのカレンダーでご確認ください> 

<保険>

スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)
(※加入お勧めします)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:00〜21:30)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

akoudou2008 at 19:44|この記事のURL健康情報一般 

June 07, 2024

恐るべし「筋膜リリース」吸引カップ&ローラーマッサージ

先日、待望のサンボの試合での金メダル
(※まぁ、内輪の大会ですが・・)
の祝勝報告?をしたら、
「(金とか、勝ち負けとかより)
健康で好きなことできる状況であること自体が幸せですよ」
みたいな返信をくれた人がいました。

<健康で幸せな終活>
・・・そのとおりです。
私と同世代の人なんかは、たいていそうでしょうが、
子供が手を離れて自由にできる状況になってきたかと思えば、
今度は、自分自身の身体が無理になるか、
そうでなければ周囲で親世代とかの
不具合が始まり、
そっちの対応の方が大変なはずである。

むろん、私もそうである。
だからこそ、スキがあればできることやっとく。
これも終活の一環である。
やらずに死ぬと後悔する。

先日の試合ではちょうど、
巻投げ※の動画を撮影できた
(※袖返し、腕返し、
ぶら下がり一本背負い、アームホイップ・・・
重力・位置エネルギー系、
横捨て身系の投げは、私の中では
組手は違っても全部一緒)

死ぬまでに後進に技を伝えようと思うが、
試合動画もいくつかないと説得力がないから、
こういうのも大事である。
ちょうど動画編集してて
何か物足りないと思ってたところ、
いいのが撮れた。
あはは。

動けるうちにいろいろ撮っておいて、
老後は動画編集したり
興味のある人には
講習くらいして暮らそうと思う・・・
(※今はまだ公開する気はないが、もし投稿しても
細かい組手や体感などは直接でないと伝えられない)

誰も興味も需要もなければ、
それまでの話。

今は別の動画を編集中である。
七大前には後輩に提供したい
(※需要はないかも知らん)
作製しても「公開」はしない。
今のところ「限定」である。
(あしからず)。

今編集中なのは、
発展させたら、今度出る予定の
グラップリングの試合にも使える技である。
なので今は、技名も言えない。

<試合準備>

というワケで、
今は次の試合に向けて?
「練習」なんてしないが、
動画編集と治療はやっている。

正直な話、
「練習」なんかもう40〜50年やっとる。
いまさら同じである。
「鍛錬」は、減らした方が体調がいい。
「練習」さえしなければ体調もよくなり、
モチベーションもあがる。
まちがいない。

あとは動画で脳内イメージつくって、
治療で体調整えればいいんである。
それと食事に気を使うとか、
要するにコンディション。

若い頃は試合前に追い込んで、
結局、怪我したり、体調崩してた。
体調整えるのが一番である。

<筋膜リリース吸引カップ療法>
昨日、初めての「筋膜リリース吸引カップ療法」
というのを受けてみたのですが、
かなり良かった。

吸引カップ療法(吸い玉)というのは、
体表にあてたカップで真空吸引することで
指圧などよりも深部まで圧力(この場合は陰圧)を届かせて、
老廃物の除去促進、
血行の改善などの効果があるのだと思うが、
今まで知ってたのは・・・

●体表から吸引するタイプ:
(力士やレスラーが背中に瘢痕つけてるやつ)
王鵬−貴景勝
(※王鵬を押し出す貴景勝の背中)

(レスラーや力士は肉が分厚過ぎて、
吸い玉でないと、指の指圧などでは届かないらしい)

●皮膚に穿刺してから吸引するタイプ:
(鍼医者でやってくれる。
瘀血(おけつ)の直接的な除去もできる。
血液浄化、血行改善)
1712832480252(1)
(※私が鍼医者でやってもらった時の写真)

●今回のは、違うタイプ・・・
吸引カップで吸引しながら
内蔵のローラーがマッサージしてくれるという。

<今回の筋膜リリース吸引カップマッサージ>
専用のオイルを体表に塗って
ローラー内蔵吸引カップを滑らしながらマッサージする。

これが効いた。
ゴルフやる人が、この施術で可動域が広がり過ぎて
スイングが変わって、かえってスコア落としたと聞いたが、
ホントかもしれない。

自分でコリを感じている個所を施術される時は、
相当痛いが、同じ場所を繰り返しているうちに
少し楽になってくる。

おそらくですが、
真空吸引すると深いところまで圧力(陰圧)が届いて、
筋膜と筋肉にゆがみ、たわみみたいなものが生じてる。
さらに、その状態でローラーで揉みしだくこと、
さらに、もみしだきながら、
そのまま体表にそってスライドさせることで、
筋膜全体がはがれやすい・・・
というようなことらしい。
吸引ローラー

なにより体感で背中が楽になった。
右は首、肩、背中あたりがつらかったが、少し楽になった。
左は、ワキ、背中、肩甲骨あたりはずっと伸びにくい箇所があり、
左手を上に挙げる「涅槃像のポーズ」は、右側よりつらく、
クロールで左手を上に挙げる右の息継ぎもつらかったが、
少し改善された。

鍼医者の鍼治療より、
ストレッチ専門店のストレッチより、
温泉&指圧マッサージより、
整体、整骨の手技より、
低周波治療より、
自重指圧ボールより、効いた。

おそらく、私のいまの状態は、
長年の筋膜の癒着(筋の拘縮?)があり、
筋膜リリースが効果的なのだろう。
(※また治療の選択肢が1つ増えた)

鍼治療だと、
1つ1つの筋肉や腱にはピンポイントで効果を発揮するが、
筋膜全体という「面」には、
筋膜リリースの方が効果的なのかもしれない。
(鍼医者でも筋膜リリースするにはと、自分の指で掴んで
手技的にほぐす方法を教えてくれるくらい)
ストレッチや指圧もそれなりの効果はあるが、
筋肉を伸ばすだけ、押すだけよりも
「吸引カップ&ローラー筋膜リリース」の方が、
筋膜を直接的にゆがませながらもみほぐすので効果的で、
おそらく人間の手技では難しいことができるのだと思う。

いろいろ試してみるもんである・・・

<デメリット>
宣伝してあげたみたいになったが、
問題はある。

●まず、高い!
今回は初回限定で格安だったので受けてみたが、
「正規料金」なら、
1回の治療が鍼治療3〜4回分の値段である!

鍼治療2回分程度まで単価を下げる方法もあるが、
それには20万円分くらいを先払い(プリペイド)しなければならない!

いっそのこと、専用装置が市販されてないか探したが、
特殊な医療用しか見当たらないし、かなり高額らしい。
それに自宅でやるとしたら背中はヨメにでも依頼しないとできない。
これもネックである。

一般向けのものは10万円程度でも見つけたが、
業務用ほどの効果ではないんだろう(たぶん)。
【スーパーセール期間中10%OFF➕20%OFFクーポン➕P10倍】筋膜リリース 筋膜はがし 吸引 ローラー EMS マッサージ エステサロン 特許 日本製 [レセルボディ+ビロードジェル200g付き]ウエスト 太もも 二の腕 お腹 むくみ こり 身体のゆがみ 腱鞘 足底筋膜
【スーパーセール期間中10%OFF➕20%OFFクーポン➕P10倍】筋膜リリース 筋膜はがし 吸引 ローラー EMS マッサージ エステサロン 特許 日本製 [レセルボディ+ビロードジェル200g付き]ウエスト 太もも 二の腕 お腹 むくみ こり 身体のゆがみ 腱鞘 足底筋膜

(※気軽に買う値段ではない・・・)

●痕が残る。
数日間、背中が真っ赤になる人がいると言う。
私の場合はそうでもなかったけど・・・

⇩翌朝の背中
KIMG1208-1
KIMG1209-1
(※僧帽筋あたりの痕は、
自分で電動マッサージャーで擦りむいた痕。
左の肩甲骨あたりのハチの巣状のデコボコは、
直前に自重の指圧ボールでついた痕。
その上の赤みがかった箇所が、
前夜の吸引ローラーの痕だが、
ほとんど気にならない。)

あとマッサージや指圧で感じた「もみ返し」
もほぼ感じなかった。

以前より状態がよくなったおかげかもしれないが。

<あこう堂>
あこう堂ホームページあこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
<最新スケジュールは、ブログ情報やホームページのカレンダーでご確認ください> 

<保険>

スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)
(※加入お勧めします)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:00〜21:30)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

akoudou2008 at 11:02|この記事のURL健康情報一般 

June 05, 2024

猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実

書評です。

というか、
ちょっと前に読んでそのままになってたんで、
一言コメント書いておきます。


だいたいは知ってた話ですが・・・

<意外だったこと>
「猪木はすぐ人に騙されてた」
「騙されやすかった」
みたいなことを藤原が言ってる。

私のイメージでは、猪木は、
いろいろやり散らかして
(アントンハイセルとか、永久機関とか)
会社や回りの人には迷惑かけてたけど、
エネルギーはすごいし、
その分、人にはできない業績もある
(モハメド・アリ戦とか、
ソ連やパキスタン、
北朝鮮外交とプロレスとか、
イラク人質解放とか)
って感じ。

どっちかいうと
自分発信で、
自分のエネルギーに人を巻き込んで
回りを大変な目に合わせてたイメージですが、
藤原に言わせると、
「永久発電」とか、周りを信じてしまって、
だまされやすかったんですって。

<そりゃそうだろうと思ったこと>
プロレスについて。
佐山聡(初代タイガー)との対談で
2人とも、「プロレスの動きの中でも
格闘技・武術の道理に外れた動きはしないよう、
プロがみても『オッと思って、感心するような』
動きになるよう意識してた」という話。

本人がそう意識してたのか・・・
道理で・・・
納得しました。

確かに、佐山タイガーと藤原の動きは、
私も何か使えるところがあるんじゃないか?
という観点で、ずっと参考にしていた。
当時、七大柔道の現役部員として
その意図は受け止めてましたよ。

「藤原喜明のスーパーテクニック」は
隅々まで読み込んで取り込んだ。
(当時の七大の柔道部員には、
結構そういうのがいたと思う)

今でもあこう堂に置いてある。
(※しかも第2あこう堂用にも、追加で古本を買い足した)

特に脇固めなんて藤原のプロレスの動きが一番参考になった。
(私ができるようになったのは、TVでみた藤原の動きからである。
それまでは週刊プロレス、週刊ゴング、(ビッグレスラーというのもあった)
などの静止画しかみておらず、
TVのプロレス中継の動画で初めてコツがわかった。
もちろん、今のように教材DVDもYouTubeもない時代である)。

今のプロレスはもう見る気がしない。
たまにちらっと見かけるが、
ヒーローショーかアクロバットみたいなことしてて、
何にも使える動きがない。

昔のプロレスはよかったな〜。
ネチネチしたキャッチレスリングとか
今のレスラーは、ほぼできる人いないんじゃ?

知らんけど。

昔のプロレスが一番楽しいわ。
競技化したら、今だとグラップリングか。
競技なんで、マジ過ぎて遊びも余裕もないけど、
総合ほどは危なくもなくて、見る側にもエエんとちゃう?
今の競技化されたマジの総合なんて、
素人の層に面白いとは思えない。

知らんけど。

ということで?
私が東京でグラップリングの試合に出るまで
あと10日ほど。
(リングじゃなくてケージらしい)。

ワンマッチになるみたいだけど、
ほどほどの適当な相手をあててくれるのか?
強い若手の踏み台(噛ませ犬)にでもされるのか?
それは知らん。

あはは。

<あこう堂>
あこう堂ホームページあこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
<最新スケジュールは、ブログ情報やホームページのカレンダーでご確認ください> 

<保険>

スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)
(※加入お勧めします)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:00〜21:30)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

June 03, 2024

サンボでも昭和柔道で押し通すの巻(三笠杯)

どうも。

2週前のビーチモンゴル相撲「世界大会」(無差別級)に続いて、
この週末のサンボ・三笠杯(64kg級)でも、
「昭和柔道」「七帝柔道」で押し通して
制しました?!

<背景>
2週前に「ビーチモンゴル相撲」があり、
また2週後にも「グラップリング」を予定しているので
今回は、スケジュール的には出たくはなかったんです。

しかし、考えようである。
もしいい技動画が撮れたら後輩への通信教育の教材に使えるだろうし、
正直な話、参加人数少なそうだから「金メダル」取れるかも知らんし、
(※全日本サンボ(マスターズ)は腕の不調で「金」取り逃してるし)、
主催の道場と道場主にはお世話になってるし、
前にも誘ってくれたのにコロナ感染で断ったんで、まだ出てないし、
今年は満60歳になるまではギリギリ「50代」として試合出場強化中だし、
スケジュール的にキツイのさえ耐えればなんとかなる。
無理して、お付き合い?で出てきました。

というか、同階級の出場選手が他にいなければ、
堂々と断る気だったのですが、
確認したら「いる」っていう。
そんならせっかく参加される方を
放っておくワケにはいかない・・・

<64kg級の減量>
減量はある意味苦労した。
「64kg」ならほぼ平常体重みたいなものですが、
当日の直前計量で63kg台にするとなると、
試合のためのエネルギー摂取や体調、
測定誤差も考えれば、
朝の全裸計測では62kgソコソコでないといけない。

最近は、絞る必要もなくちょっと増えていたので、
直前1週間くらいの晩飯は
プロテイン(&きな粉)だけにした。
それで朝の全裸計測で最軽量時62kgまでの減量はできた。
(それ自体は案外簡単だった)

しかし水も食事も抜いた状態だから
エネルギー補充して体調戻すまで
食って飲むと63kg超える。
パンツ重量あわせて、
64kg級にはちょうどというか
ギリギリくらいである。

体感的には結構消耗した感じがある。

<当日の経過>
堺の体育館で13時受付開始だという。
家から徒歩と電車乗り継ぎで3時間?みといた方がいい。
出発は早めにする。

まず当日朝の全裸体重が62.2kg。
(前夜は晩飯は抜き、温泉の後の水分も控え気味にしている)
しかし、さらに減量と体を目覚めさせるため入浴。
(入浴では体重は減らなかった)
そこから800gほど飲食して
パンツ重量込の体重で63kgちょうどを確認。
(800g摂取というと多い気がするが、
水分でも3〜400gはとりますからね。
摂らないと倒れる・・・)

試合開始は14時予定なので、
あとは12時におにぎりでも買い食いして、
水分も少し取って
13時過ぎの計量時に
ちょうど63.5kgくらいに
おさまる予定である。

計量直後にもう試合開始なので
逆算するとそうするしかない。

しかし自宅を出発した時点で、
なんか既に疲れている。
何か足りない気がする。
確かに最近の習慣で野菜と肉(魚)がメインだったかも。
糖質が足りてないのかも。
とりあえず重量のかさむ水分は控えて
途中でカロリーメイトのブロックを追加摂取。

その後、寝不足と朝風呂のせいで、
うたた寝して南海電車を
奈良(生駒)まで乗り過ごしてしまった。

予備時間があったので時間的にはまだ大丈夫だが、
ウロウロしてると、どんどん腹が減ってくる。
なんか体が消耗している。
まだ糖質が足りないのか、水分が足りないのか?

何かツライので、
普段は飲まない糖分入りのドリンク缶(小型)を
ホームの自販機で購入して飲む。
排泄物(大小便)の放出もあるから
重量的には、大丈夫なはず。

乗り継ぎの途中駅で12時になり、
成城石井をみかけて駆け込むが、
おにぎりが見当たらない。
代わりに普段は食わない大福モチを2個買って貪り食う。
重量的には大丈夫なはず。

しかし糖質をとっても
体の消耗度は変わらない。
なんかしんどい。
ここ数日の減量のせいか?
精神的なものか?緊張感か?

最寄り駅(南海初芝駅)前のコンビニで
とりあえず、おにぎりを1個、
スポーツドリンク、
エネルギー(栄養)ゼリー、
プロテインゼリーも買う。
おにぎり1個の追加摂取なら
まだ大丈夫はなず。

あとは腹具合をみながら、
体調と時間の余裕次第で計量後には
ゼリー類も摂取する予定。

体育館には30分前くらいに到着。
待っている間もなんか体がしんどい。
これは水分不足かもしれない。
しかし
500cc飲んでしまうとアウトの可能性もあるので
スポーツドリンクで、
ちみちみとノドを湿らしながら待つ。

<堺市初芝体育館>
13時には運営側の人もやってきて開場。
柔道場だが、
その上に敷けるレスリングマットが常備されているらしい。
それでこの体育館にしたのか・・・

皆でマットを敷く。
なんか体がシンドイが、
敷く作業もアップのうちである。

そのうち計量もしてくれた。

超小型の体重計である。
携帯用らしい。
そんなんがあるなら今後は持参するか・・・

パンツ重量込みで63.4kgでパス。
想定の63.5kgに対して、
誤差100gで、ほぼ計画通り。
しかし、朝から1.2kg
(※排泄分の減少もあるから実際はそれ以上)
の飲食物を摂取しているにしては、
なんかしんどい。

それから試合まで
少しだけ時間があったんで、
軽く摂食も給水もし、
軽くアップしたり、休んだりしているウチに、
体調は多少マシにはなりましたが、
今の身体で試合当日の試合直前計量の
サンボ64kg級はギリギリだと判明しました・・・
(前日計量なら、
たぶんコンバットレスリングの62kg級でも可能)。

おそらく79kg級であろう
ガタイのいい若者をつかまえて、
打ち込みというか、サンボ着を握らせてもらった。
アップ以外に、あとは握る感触さえあればなんとかなる。

試合で使いそうな投げ技はあえて試さない。
相手が見てるかもしれないから。
なのであえて寝業の打ち込みやったら「柔術」の人ですか?
と言われる。
知らんけど。

試合(決勝)>
さて、64kg級の試合は、
やはり参加者も増えておらず、
2名によるワンマッチ決勝でした。

ちなみにルールは知らん。

棄権者が多く試合数も減り
軽量級なので大会の初戦でもある。

組み合おうとすると
レフェリーが「指を掴むな」という。

あぁ・・・サンボはそうだったかもしれない。
(よく知らない)

ややこしいので、
とりあえず「袖返し」で転がしてそのまま抑え込む。
2024-06-02 (1)

たぶん私にポイントが入っている。
よく知らんけど。

ただし抑え込んでるだけでは一本勝にはならないはず。
よく知らんけど。

なので関節技に移行しようとする。

すると、レフェリーが「解けた」という。
寝業は終わりか?、離して立たないといけないのか?
と思ったら、
「続行」という。
ならばと関節をとろうとしたら「マテ」になる。

よくわからない。
たぶん関節狙いで胸が離れた時点で
抑え込みじゃなくなって「解けた」になり、
関節とろうとしてても一定時間経てば、マテになるのかな?
知らんけど。

めんどくさいので、今度は飛び十字に行くが、
思ったより相手の守備が固かった。

(※あるいはいつもより雑だったか?
あるいは予想されていたか?
そんな反応だった気もする。
所属の道場主が私の全日本での
飛び十字も見てるから注意してるかも。
というか本来、自分の試合動画なんて
現役中はYouTubeにアップしちゃイカン。
相手がマジなら研究される)。

極めるには、
もっと「必殺の」「殺意を持って」やるべきだった。
逃げられました。

またマテで立たされたので、
今度は帯取返しから抑え込む。

しかし抑え込みだけでは、
一本勝にはならないはず(たぶん)。
そこで「腕がらみ」を狙う。
守りが固くて手こずっているうちに、
またマテか?と思ったら、私の勝利らしい。
たぶん投げと抑え込みのポイントが累積したのだと思うが、
よくわからん。

サンボは全日本にも3回出てるが、
実は細かいルールなんて知らない。
個人的には「やるかやられるか!」
「関節技1本を極める気持ちだけ」でやっている。
取れなければ負けにされてもしょうがない。
そういうつもりである。

試合には勝ったらしいから、まぁエエか。

しかし、ヒザ十字も想定はしてたのに、
結局、昭和柔道の技しか使わんかったわ。
(※ちなみに、旧制六高が膝十字(ヒザの大逆)を
高専柔道に投入し、紛糾したのは大正10年なので
「昭和柔道」ではない?!)

<オマケの参考試合?!>
この日、棄権者が多く、試合数も少なかったので、
正規の体重別の試合以外に、
両者が納得するなら、体重合わない相手とも
「練習試合」だか「参考試合」だかをやるとかいう。

もちろん(?)私はお断りしました!

●無理なスケジュールなのに付き合いで参加しただけで、
オマケの練習試合になんて、なんのモチベーションもない。
●重い人は体重100kg超(120kg?)らしいが、
私は結構ギリギリの減量なので体調が悪い。
鏡で見たら頬がコケている。
●無差別で戦うモードでは来ていない。
減量してきた当日に無差別の試合は無理である。
●2週後にもグラップリングの試合が控えている。
今日は無傷で帰ることが最優先である。

というワケで、閉会式まで待って、
表彰してもらって、記念撮影して、
片付け手伝って、そそくさと帰りました・・・

今日の収穫は金メダル1個と、
後輩への通信教育用の袖返しの動画である。
あぁ、飛び十字失敗動画としても、
ある意味教材になるかもしれない・・・

おしまい。
KIMG1203-1
(※作成者サイドも実は読めないという
ロシア語の表彰状だが、GoogleレンズからGoogle翻訳させたら、
それっぽいことを書いてた。
正確にはサンボスクールゴンチャロフジャパン
長谷川先生に解読してもらうか?!
しかし、名前も印字されてるらしいが、現場でやったのかね?
そっか!名前は事前にプリントしといて、後で順位を書き入れたのか?
※金メダルは裏側の刻印を撮影)

<追記:私の決勝の相手選手>
もともと空道(大道塾)の選手で、
組み技強化のために
サンボにも、もう長く取り組んでいるらしい。
小柄だけど、鍛えられた筋肉でした。

私よりは若いけど(といっても55歳)。
なんと、「参考試合」にも出て
79kg級の若手選手を相手に勝ってました。

ちょっと驚きました。
元気だし、強いじゃん・・・

<追記:三笠杯について>
「三笠宮杯」ではないです。
「三笠杯」です!
お間違え無きよう。
(※勘違いしてくれた方が権威が高いけど?!)

三笠修二というサンボの52kg級で
ずっと全日本チャンピオンだった人の没後に
その業績を記念して始めた大会らしい。
KIMG1201-1
主催は、日本唯一のサンボ専門常設道場(?)
大阪のM-Worksさんである。

コロナで途切れた?けど
今回で第5回大会くらいらしい(たぶん)。

また続けて開催するらしいから、
是非みなさんどうぞ。

じゃんじゃん参加者が増えればいいと思う。
私はもう金メダルとったから
あとはどんなに人が増えても構わない?!
是非盛況にしていただきたい。

<追記:還暦の体調>
●私の場合、今年は今のところ、
こなした乱取りやスパーの本数と
試合数が同じくらいじゃなかろうか?

ほとんど「練習」はやってない。
消耗、疲弊するし、
記録にも何にも残らないのに、身体は壊れるから。
試合の方は
間隔が適当ならできる。

乱取りとかを
若い人なみにずっと連続するのはもう無理。
というか「練習」なんてもう同じである。
どうやればどうなるかわかる。
やり方もわかる。
もうエエ。

むしろ相手が無茶だったりしたら
「練習」だけで壊れる。

脳内シュミレーションと
身体の鍛錬だけでいける。
重要なのは体調管理。

身体さえ痛くなければ、
試合のルールなんてなんでもOK。
マイッタとればいいんでしょ。

ややこしい反則やポイントは知らん。
だから柔道(Judo)と柔術(ブラジリアン)だけは絶対やらん。
意地でもやらん。

アンタらが、後から勝手に変えたもんでしょ。
昨日今日の若造にとやかく言われたくない。
そっちの都合なんか、知ったこっちゃない。

●最近思うのですが、
年寄りになっても戦える。
還暦でもできる。
試合でも練習でも鍛錬でも可能。

ただし、それは、頻度を減らして、
休養と回復に努めればの話。
老化するほど回復に時間がかかる。

●体力、体調を維持するだけなら
一回、体を作っておけば、
それぞれの種目は、
週1の負荷でも可能じゃなかろうか?

逆に毎日全種目追い込むと壊れる。
回復しない。

●最近、少しずつ体調マシになってきました。
治療続けながら、色んな種目の頻度と回数減らして、
ほぐす方に気を使うようにしてます。

遅ればせながら、
還暦モードへのチューンですね・・・

<あこう堂>
あこう堂ホームページあこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
<最新スケジュールは、ブログ情報やホームページのカレンダーでご確認ください> 

<保険>

スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)
(※加入お勧めします)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:00〜21:30)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

May 30, 2024

格闘カオスあこう堂<水曜練習>

<水曜夜練(サンボ前の練習)>
水曜夜練習は、「七大柔道(高専柔道)練習会」なのですが、
私だけは、サンボ着とサンボシューズでさせてもらいました。
週末にサンボの試合があるからです。

実は、最近はサンボの試合前の練習といっても、
私の場合、水曜練習の時に
赤と青のサンボ着を一回ずつ着るだけである。

それで終わり。
時間もないし、体力的、精神的な余力もない。

それで大丈夫。
私の場合、
やることは七大柔道でもサンボでも
どうせ昭和柔道だから。

長いことやってるからやることは
もう確立していてどうせ同じ。
体調と感覚さえ調整できればいい。
練習増やしたりしたら
体調も悪化するし、モチベーションも下がる。
通常通りの方がいい。

というかノーギだろうが、グラップリングだろうが、
レスリングだろうが、相撲、モンゴル相撲だろうが、
私の場合、ぜ〜んぶ「昭和柔道」である。

昭和柔道に七大柔道さえ足しておけば、
なんにでも通用するのである。

こんな便利な種目が消滅して「Judo」になってしまい、
「高専柔道」から続いてる
「七大柔道」もマイナーであるのは納得がいかない。

しらんけど。

<参加者と道着>
さて練習ですが
私は前回は赤のサンボ着だったので
今回は青のサンボ着とシューズ。

他の参加者は
中学生から七大柔道、柔道の方までいて
白の柔道着と黒の柔術着の方がいる。
2024-05-29-1
色からして既にカラフルである。

<参加者の技術>
黒の柔術着の方は重量級で、
相撲と柔道と総合空手の経験がある。

中学生はもちろん今のJudoルールだし、
関節ナシの上に、今は絞めもないらしい。

立ち技(投げ)の打ち込みでは、
私は中学生とやる際は、
柔道の打ち込み、
大人とはサンボの技の打ち込みをやった。

時間の都合で中学生が先に帰った後は大人の時間。
寝業の経験が少ない黒柔術着の方に寝業指導が始まる。

(実は柔術は着(ギ)を持っているだけで、
寝業は柔道でもほとんど経験がないという。
総合空手でもストライカーとして押し通してきたと言う)

しかし相撲経験はあるので、
「おっつけ」とか「差し手の巻き替え」とか
相撲技・相撲用語だとわかりがいい。
うれしいので、寝業の説明の際にも
「普通の上手は浅くしてヒジで差し手を殺すが、
この場合は、あえて深い上手にして
脇で肩を殺す」とか相撲によせた説明をする。
(力士ならその方が通じやすい)

そのうち、
絞めの技術が、全然身についてない
と分かったので
襟絞めなど基礎をやり始める。

七大柔道など何十年かの経験者(高齢者)数名から
襟絞め、頚動脈絞めなどコツを、
わりと時間をかけて伝授した。
(普通、1人にそんなに時間かけられないと思う)。

私がサンボ着を着てるのは
もちろん週末のサンボの感覚に慣らすためのなのだが、
今度出るスポーツサンボに「絞め」はない。

しかしサンボ着を着てようが、
総合空手家から柔道の中学生までを相手に
柔道技、相撲技、レスリング技、サンボ技(打ち込み時)から、
柔道の絞めでも関節でもぜ〜んぶやるのがあこう堂である。

そういう話。

<あこう堂>
あこう堂ホームページあこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
<最新スケジュールは、ブログ情報やホームページのカレンダーでご確認ください> 

<保険>

スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)
(※加入お勧めします)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:00〜21:30)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)


May 29, 2024

次回治療

先日、たまたまサービス料金だった
「オイルリンパマッサージ」を受けて、
案外効く気がしたが、
そういえばその手の治療を受けたのは初めてだったと思う。
よく行く温泉のマッサージは筋肉への「指圧」がメインだし、
今までの他の治療も「ストレッチ」や「ほぐし」で
手で擦る(リンパの流れをよくするという)系はなかった。

今回の症状には中国鍼の先生にやってもらった
吸引カップの瘀血(おけつ)除去が
あう気がしたが、
リンパマッサージも、
「リンパの流れをよくする」というなら、
結局「瘀血」除去と同じように
血流の滞りに効果があるのかもしれない。

しらんけど。

今回は初回の割引料金なので
次回はどうするか「メニュー」を見て考え
やはり初回体験料金でできるという
「肩甲骨はがし」というのをやってもらった。

これも効いた気がした。

というかこれでハッキリ自覚した。
右は首筋と腕が固いが、
左は肩と背中が固い。
(それは施術者にも言われた)
そしてずっと解消されてない。

自分でも
右の涅槃像ポーズは、だいぶマシになったが、
左の涅槃像ポーズはまだツライ。
ずっとツライ。

わかった!
だからクロールの時も右の息継ぎがツライのである。
自覚はあったが、
クセの問題でなく、筋肉の固さの問題である。
右の息継ぎの時は左手を上げなければならない。
それがツライ。
左の涅槃像ポーズがツライのと同じ。

それは今までの
マッサージでも、ストレッチでも、
整体・整骨でも、鍼でも、吸引カップでも、
今回のリンパマッサージでも
解消はされていない。
鍼もワキ、肩、背中とやってもらっい
それなりの効果はあったが、
スッキリという感じではない。
そして背中はときどきパンクする。
それもたいていは左の背中(肩甲骨あたり)。

背中は、自分ではほぐしにくいのよ。
指圧ボールとか、大字式健康器具とか、
低周波治療器とか自分でできることはやってるんだけど・・・

で、帰りに施術メニューをみせてもらったら、
「筋膜はがし」というメニューがある。
聞いたら、特殊な器具を使うと言う。
吸引カップの内部でさらに擦るとかなんとか、
特殊な器具らしい。
基本的に背中にやるものらしい。
痛みがあったり痕が数日残るが
筋肉の可動域は広がるという。

なんでもゴルフやる人がその施術を受けたら、
可動域が広がり過ぎて普段のスイングと異なり、
かえってスコアを落としたとかなんとか・・・

これは期待が持てそうである。
試合前がいいか、後がいいか考えて、
影響のなさそうな来週にした。

楽しみである。

akoudou2008 at 01:12|この記事のURL健康情報一般 

May 27, 2024

老化実感週間

どうも。

ビーチモンゴル相撲で「世界」を制した男です。

<次の試合/体重>
その2週後のサンボの64kg級出場にむけて
減量をはじめたのですが、
なかなか大変です。

私の場合、
最近は、通常体重で64kgそこそこなのですが、
それは朝稽古の後、全裸で計測した場合です。
(誤差が面倒なので全裸と決めています)

そこから飯食うので、通常体重としては、
パンツはいて65kg台(66kg弱)です。

しかし次のサンボの試合は
試合当日の13時に受付&計量。
そのまま開会式して、
14時には試合開始らしいです。

それではアップの時間さえギリギリである。
ということは、腹ペコ水抜き状態から計量後に
リカバリーしている余裕なんぞはない。

計量誤差もあるだろうし、
試合に使うエネルギー(炭水化物)の事前摂取を考えれば、
朝飯食った状態で、つまり完全に平常体重で、
パンツ履いて63kg台になってないといけない。

逆算すれば朝の全裸状態であれば
63kg弱くらいになってないといけない。
ということは実質2kgの減量が必要である。

実は、ここ3年くらいは、
常にサンボの64kg級に合わせて調整していたが、
今年の2月の全日本サンボは、マスターズが新設された代わりに
70kg級しかなかったので、
自然に1kgくらい増えて(増やして)いた。

さらにビーチモンゴル相撲は無差別だったのと、
その後の宴会でも1kgくらい増えた。

<減量>
しょうがない。
だいぶ体の痛みも取れてきたことだし、
サンボは寝技より足さばきなので、
ちょっと走ってみる(階段上下もあり)、
コシティ(ミール)も腕を痛める前の
8割くらいは振ってみた。

すると左足の鼠径部あたりに痛みが出た。
これはヤバイやつである。
昨年後半に不調で歩けなくなった時の感覚に似ている。
走ったせいか?足上げ腹筋のせいか?

背中も痛くなった。
コシティのせいか?
これもヤバイやつである。

別に追い込んだつもりはないが、
老化か?

ちょうどスポーツクラブ併設の
「マッサージ半額」とかいうサービスが
受けられるタイミングだったので、
ゲルマニウム温浴&アロマオイルマッサージ
(リンパマッサージ)
とかいうのを受けてみた。

そういうのは
「ヒーリング」「リラックス効果程度」
「気休め」と思ってたが、案外効いた。
というか背中はもみ返しがくるくらいキツかった。
「背中や腰の筋肉が(ハリで)ゴリゴリですね」と言われる。

自分ではだいぶマシになったと思っていたが
やはりそうか・・・

鼠径部への手技はできないというので、
そっちは、自分で低周波治療器とか
電動マッサージャー、指圧、ストレッチ、温泉で処置した。
背中と違い自分で手が届くからなんとかなる。
これでなんとかマシか。
鍼まではいかずに済むかもしれない・・・
その日は久しぶりに自転車も漕いだ。

翌日は、背中の筋肉にもみ返しを感じたが、
最近にしては長めに泳いだ。
出稽古に行くような時間的、肉体的余裕はないが、
ダメージのない程度に、
身体を動かして体重は減らしたいからである。

その後は、プロテイン&ココア&黄な粉(アーモンド&ゴマ入り)
を溶いて飲んだが、他に晩飯はなし。

大の里の優勝を見て、
夜半まで仕事して、もう一度風呂で汗流して寝る。

これで翌朝は、
全裸計測でジャスト63kgになっていた。
一度ここまで行けば
何とかなる気がする。

<老化か?>
しかし、
今度は肩が痛い。
久しぶりにちゃんと泳いだせいか?
(というかたった1.5kmだが)

ちょっと走ればどっか痛くなり、
ちょっと泳げばどっか痛い。
身体に負担をかけないよう、
怪我しないようなことしかやってないのに・・・

自宅でまた朝から何か所か低周波治療器をあて、
ストレッチなども繰り返す。

体重は全裸で63kgでも
飯食って水飲んでパンツ履いてれば、
64kg超えてくる。
パンツも200gくらいはある。
計量時用に薄手のパンツでも探すか・・・

やはり一時に比べて無駄な肉がついた気がするが、
たまの食事制限は体調にいい効果がある気もする。

週末まで、
晩飯はプロテイン&黄な粉で済まそうと思う。

<追記:大の里優勝の感想>
●大の里の潜在能力は高いと思う
(デカさ、速さ、出足、身体的余裕、
柔らかさ、故障のなさ、若さ)
しかし、まだ完成はしてないと思う。

●大銀杏もまだ結えない学生出身者に
7場所(実質1年)で優勝されるというのは、
やはりプロの全体的なレベルが落ちているんではなかろうか?

いまやYouTubeで
朝稽古の様子がフルにみられたりするが、
1人あたり数番とって終わり。
マジか?
プロの力士の稽古がこれでいいのか?
というのをいくつか見た。

●あんな稽古で大飯食ってたら、
そら体はデカくはなるだろうけど・・・

(今は夜の筋トレとかも
やるのが普通ではあるらしいけど、
まず稽古じゃなかろうか?)

昔は、食っても食っても太れないほど
稽古で消耗してたとも聞いた・・・
(待ったナシ50〜100番とか)



akoudou2008 at 12:25|この記事のURL健康情報一般 

May 19, 2024

第一回ビーチモンゴル相撲「世界大会」(in須磨浜)

あこう堂主催のモンゴル相撲大会は、
土曜日(5/18)に無事挙行され、
事後になって「世界大会」の名称を冠することになりました。

なぜなら私が勝ち抜けで「優勝」したからです!

世界中に告知はしたし(日本語ブログだけど)、
オープン参加の大会だし、
「ビーチモンゴル相撲」なら他にないから、
名称が「世界大会」「世界選手権」だろうが、
なんだろうが何の問題もない。
文句のある方は、
是非、次回参加していただきたい。

おそらく、あなたは強いから、
「世界王者」か
「世界選手権者」か
「世界チャンピオン」になるであろう。
あくまでもそれは「第2回」だけどね。
あはは。

次回は、モンゴルだけでなく、
ビーチのあるどっかの南洋も含め、
海外諸国からも、
柔道家、
各種民族相撲の力士、
レスラー、サンビスト、
MMAファイターなどの格闘家がおしよせて
盛況になるであろう。
あくまでも「第二回」だけどね。

記念すべき
「第一回ビーチモンゴル相撲世界王者」のトロフィーは、
これから自費で製作しようと思う。

<背景>
先日も書いたけど、私のスケジュールと
季節(天候の問題)と、タイミングを考えればこの時期しかない。
そのために、私の体調をギリギリ間に合わせただけで、
声かけしてまで人を集める精神的、時間的余裕はなかった。

前日も鍼治療にいって、腕の状態はなんとか間に合わせたが、
参加者は増やせなかった。
(※ちなみに当日朝も腕とか足腰とかに
自宅で低周波治療器をあて、ストレッチしてます。
それでギリギリです)

<参加選手>
結局、参加者は、
いつものあこう堂「モンゴル相撲部メンバー」でした。

先日、あこう堂の練習に初参加された
100kg級の若手の方(柔道・相撲・空手の方)も誘ってはみたが、
「土日は子守がある」とのことで断られた。

集まって、しばらく道場で
だべりながら待機してたが、
特に飛び入り参加者が増える気配はない。

着替えて須磨ビーチに移動。

予備の衣装も、あこう堂にあるだけ全部持参。
モンゴル相撲衣装サイズ確認

ガタイのいい方が海でウロウロしていれば、
勧誘して参加させる作戦である。

<アップ開始>
P5180068

なんどか練習はしたことのあるガチ武闘派メンバーである。
アップで組み合うこと自体がしんどいのもわかっている。
なんせ私は今年還暦だっつうの。
省エネでないと体が持たない。
(残念ながら、若い頃とはもう違う・・・)

2人とも腕力も足腰も強くて
簡単にコケるタイプではない。

体重も私より10kg強は重い。
2人は長く組み合ってたが、
私はちょっと組んだだけでやめておいた。
しんどいからである。

<参加者募集/審判員到着>
おりしも須磨海岸では潮干狩り開催中である。
土曜日なので家族連れが多い。
P5180063

目に付くガタイの男でもいれば、
参加を勧誘する気だったが、
善良な市民の皆さんは、近づいては来ない。
半裸の怪しげなオッサンの「相撲」には
興味がないのか?
あるいは警戒しているのか?

そのうち偵察隊らしき
数人の子供が近づいてきて
「モンゴル人ですか?」
「何してるんですか?」と
さぐりさぐりの日本語で聞いてくる。
それはともかく・・・
「相撲好きのお父さんがいれば連れてこい!」
と伝えたが、無理なようだ。

そのうち、柔道練習帰りの
重量級のあこう堂メンバーも海岸にやってきた。
これまでどこかの大学で練習してきて、
さらに少年柔道の指導に行く途中だというが、
律儀に立ち寄ってくれたらしい。

審判してくれることになったので、
持参のモンゴルの外套と帽子を装着してもらう。
P8030303

これで恰好がついたので、
本戦を始めることにした。
結局3人だけだったので巴戦である。

初戦
初戦は、
アップで組み合わなかった私と某武闘派メンバーが組み合う。

初戦の相手は、柔道とフルコン空手から始めて、
柔術、総合(MMA)、グラップリング、ムエタイ・・・
なんでもやってて各種目で入賞歴も多いオールラウンダー。
(ムエタイは本場タイのジムにも1か月いたという。
アラスカの大地にも学んだと言う。
小笠原での仕事の時は、空手とか格闘技しながら、村相撲にも出たと言う。
もうワケがわからない)

レスリングも強豪高校の練習に参加して習得したらしい。
某地域の某格闘技ジムでは、指導者をしていたこともあるという。
(※2m、100kgはある屈強な黒人などが、
徒党を組み、「ヒャッハー」と叫びながら
バイクで暴走している地域だそうである)

「格闘技」はもちろん「人生」でも「仕事」でも、
たいていの「種目」は経験済みの
「人生オールラウンダー万能格闘マシン」。
関西アマチュアクインテット出場の時は仲間だったが、
敵にはしたくない、やっかいなタイプである。

私より10kg重く、パワーもあり、
以前のモンゴル相撲の練習では
(私が左腕の不調だった時だが)、
まさかのカンヌキスープレックスで投げられたこともある。
(私の足腰が不調だった時だが)、
ネルソン返しで投げられたこともある。

「相撲」と違い、下にもぐっても
パンツなので「前まわし」をひくことができない。
もぐっても相撲技は使えない。
どうやらレスリング技の方が、
使い勝手がいいことは、これまでに学習してきた。

そして今回は身体の(故障の)調整もギリギリ間に合った。

四つに組む形で上から抱え込みに来るので耐える。
上から腕を極めようとしてくるのでずらす。
マワシ(パンツ)を掴もうとしてくるので切る。

2024-05-18-1
2024-05-18-1-2
2024-05-18-1-1
2024-05-18-1-3

楽に投げられる相手ではない。
日本の相撲と違い、
前マワシもないので、もぐった態勢ではジリ貧である。
以前には投げられてる相手だし、イチかバチか
下から反り投げにいってみる。

これで勝ちました。

相手が上から抱える手を自分のワキにロックしながら
ワキ下をくぐって反る。
結果的に相撲の「伝え反り」の形である。



というか柔道なら「腕返し」か「袖返し」の形にして、
一度身を捨ててから相手を転がすところ。
今回は「相撲」なので先に落ちることを避けるため、
形が相撲の「伝え反り」になったのである。

ただし相手が腕を痛めたらしい。
頑張って耐えようとして
手を着いた時に手首を痛めたとのこと。

確かに、私は相手を背中に乗せるために、
しゃがんで反るという伝え反りのコツも使ったが、
普段の袖返しの要領(ぶら下がり)も使って低くなり、
そこから身を捨てずに、ブリッジしたから、
「伝え反り」というには反りが低く、
背中に乗せる方より、腕を極める方がメインで
危険な形になってしまったかもしれない。
(本来は相手の背中が着くように転がしたい)

(※宇良の「伝え反り」は、背中にのせて相手の足もすくっている)

宇良のがお手本だとすると、
私の今回の技は、完全な「伝え反り」ではなく、
腕返し(袖返し)のブリッジ版である。

(※そりゃそうである。
普段は、先に落ちてもいいので
「袖返し」はやるが、
「伝え反り」はやってない)

2024-05-18-2
2024-05-18-2.5
2024-05-18-3
2024-05-18-4

自分はブリッジと反転で落ちてはいない。
これで1勝

実は、技術的には、柔道と相撲だけでなく、
アマレス、キャッチレスリング、サンボ、古武術、合気道などの
投げ、関節技、術理から、
全ての要素を融合させた技である
(細かいところまでは、説明しないけど。
私の身に染み付いてるんだからしょうがない)。

このようなあらゆる技術を合法的に使えるのが、
「高専柔道(七大柔道)」でもある。
創成期の古い柔道ならではであり、
それが格闘技の本来の姿である。

だから七大柔道家なら、
なんにでも対応していただきたい。
今のJudoなんか、全部反則にしてしまって、
何の役に立つのか、
何が楽しいのかわからない。

さて、初戦の決着は、
衝撃・事故映像になってしまったが、
それは達人同士のギリギリの攻防だからでしょうよ。
(知らんけど)

ガチの「世界大会」ともなれば、
こんなこともある。

こんなことになったからには、もう1試合も、
私がさっさと勝って、終わらせてしまいたい。

2戦目

次の相手も私より10kg以上重い。
某七大OBの柔道家である。
今もラグビーと柔道は続けている
パワー系筋肉だるま男。

別名は・・・
「浪花のアウトサイダー/路上の顔面指名手配」
「豆タンク格闘暴れん坊/筋肉だるまガチ坊主」
「H大柔道部の牢名主」。

3月の武徳殿の寝業錬成大会の後の乱取りでは
母校(※七大戦連覇中)の
現役の主将の「袖返し」を押しつぶし、
そのまま抑え込んで勝ったとか言う。

七大柔道だけではなく、ラクビーも続けているので
足腰も強くて普通にはコケてくれない。
普段もパワー系の柔道家(パラ重量級メダリスト)相手の練習で
パワーで押し通している。

モンゴル相撲の練習の時も、
腕力で私の組手を封じてくるので、
(モンゴル相撲ではパンツを掴む形)に
させてくれたことは一度もない。

なぜか、モンゴル相撲なのに
練習では、背負い投げも何度か決めている。
先につぶれたら負けの「相撲」で
背負い投げを決めるとは、なかなかの猛者である。

去年の秋、大阪のモンゴル相撲出場前に練習した時には、
(私が足腰不調だった時だが)、
振り回されてコカされたこともある。

これも厄介な相手である。
考えた末、組手争いから引き崩しながら
足取り(柔道でいう朽木倒し、相撲なら褄取り)で
倒しました。

昭和柔道なら「一本」の決まり方
これで2勝目
2024-05-18-2-1
2024-05-18-2-2
2024-05-18-2-3
2024-05-18-2-4
2024-05-18-2-5

アップで組んだ時の感触で
普通に投げるのは無理とわかったので、
足取りは本戦で使うつもりで、
温存しておいた。
滑らないようにブーツのかかとあたりを掴んで
ジャストのタイミングで決まった。

(※もしかしたら
相手は直前の怪我を見て
心理的動揺があったかもしれない。
私は事態収束のためにも
さっさと勝つしかないので、
メンタルにブレはない)

見たか?!これが
還暦サブミッションスモウレスラーの熟技である。
(ジジイの省エネ殺法でもあるが)

難敵2人を続けて倒しましたよ。
(※2人とも私が初参戦した大阪のモンゴル相撲大会の
2回戦の相手のモンゴル人より強いと思う)

巴戦2連勝だから、
これで私の優勝でいいでしょう!
誰も文句ないよな?!
「初代・ビーチモンゴル相撲・世界王者」(inスマビーチ)
誕生である。

<ビーチ・モンゴル相撲とは?>

そしてこの瞬間に
「ビーチモンゴル相撲」という新競技も
確立したのである。

今後は、足元はブーツもシューズもなしで
「裸足」の規定にしてもいいかもしれない。
新競技だから、違いはあっていい。

砂浜なので
通常の草原のモンゴル相撲よりも
足をとられて動きにくいが、
鍛錬にはいい?!
怪我もしにくい。

安全性も証明された。
私の「低空伝え反り」「ブリッジ袖返し」で
怪我した相手など
もし下が草原や人工芝なら
骨折か脱臼のはずである。

「ビーチ」モンゴル相撲だからこそ
捻挫程度で済んだのである(たぶん)。

わかるね。
このように安全で取り組みやすい
競技なのである。

ビーチで裸なら
須磨海岸で戯れているビキニのお嬢さんでも
取り組みやすいかもしれない。
知らんけど。

マジメな話、
レスラーも、力士も、柔道家も、サンビストも、
自分の技が使える。
柔術家のことまでは知らんけど。
「ビーチ」なら、
気楽にできるいい競技と思う。

相撲なのに「捨て身技」さえ使えることも証明された。
(※背中や尻をつけないようブリッジすれば、反り技か)
まぁ、決まり方までは責任とれんけど。

ちなみにモンゴル相撲ルールでは、
両手をついただけでは負けにならず、
相手の背中を先に着ければいい。
なので両手をついてのカニバサミという大技もある。
今回のように
結末に責任はとれんけど。

少人数でしたが、
「第1回」なんて何の競技でも何の大会でも
こんなもんでしょう。

あとは知らん。

<終了後>
手首を痛めた方が冷やさないといけないので、
さっさと第二あこう堂に戻って着替える。

60インチ大画面で大相撲中継をみながら
全員ノンアルコールで宴会。
P5180079

モンゴルの宴なら羊肉にしたいところだが、
準備の都合上、豚肉を焼いた。
同じ偶蹄目だから問題ない。

P5180082

モンゴルより新鮮な野菜はある(たぶん)。

<追記:昭和柔道>
要するに今回使った技は、
昭和柔道ならば普通の技である。
Judoでは使えなくなったので
こんなところで使うしかない。

実は、グラップリングだろうが、
サンボだろうが、モンゴル相撲だろうが、
私の場合、
全部、七大柔道(高専柔道)と
昭和柔道で済ませている。
あとは相撲と
プロレス(キャッチレスリング、サブミッションレスリング)の技。
まぁそれもある意味、高専柔道の範囲内。

今日は、普段使えない技を、
試合モードで使えて、
多少スッキリした。

というか「講道館柔道」でも使える技のはずである。
どっかでやらせろや!

<追記:次回予定?>
第2回があるかどうかはわからない。

個人的には、引き続いて、
6月にはサンボと、
グラップリングがあり、
8月にはコンバットレスリングがある。
その前に7月には七大戦があるので、
6月にスキがあれば、
母校に1回くらい「指導」に行きたい。
7月のグラップリングは状況次第。

こんなスケジュール、
無事に乗り切れるかどうかわからない。

<追記:パンツのサイズ>
動画を見直したら、
やはり私の衣装は体に対して大きい。
ジャケットは縫い縮めてもらったが、
パンツはそのままである。
オムツっぽく見えるし、
ブカブカなので簡単に掴まれている。

今までに何着も購入したが、
私に合うものはなかった。
おそらく私の身体はモンゴル力士だと
子供サイズなのかもしれない・・・

次回までに(あるかどうかわからんが)
ジャストサイズのものを入手したい・・・

<追記:怪我の様子>
手首を痛めた方は、
怪我の後冷やしてたら、
「ちょっと腫れてきたけど」
なんとかなりそう
(仕事はできそう)とおっしゃる。

大丈夫であることを祈ります・・・

<あこう堂>
あこう堂ホームページあこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
<最新スケジュールは、ブログ情報やホームページのカレンダーでご確認ください> 

<保険>

スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)
(※加入お勧めします)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:00〜21:30)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

Archives
記事検索
facebook
Your Website Title
ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
あこう堂はこちら
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポーツナビ
スポーツナビ
季節特集
楽天モーションウィジェット
アマゾン