July 24, 2014

長いこと続く話

なんというか、
周りにマニアの方がいるので
1ネタがいつまでも終われない・・・
 
●東北大OBからの情報
湯本修治※先生が「仁木返し」に相当する技を
東北大で指導していたのを見たらしい。
(※明治38年生まれ、旧制松本高を経て東大卒業。
高専柔道の戦記をまとめた「闘魂」「続・闘魂」などの著書がある。
一時期、各地の大学を回り、高専柔道を指導していたらしい) 
また、教えられたのとは別の人?だが、東北大の選手が
七大戦で印象に残るほどキレイにきめたのを見た記憶があるらしい。

●東北大OBからの情報
「寝業の傳統」p36に「仁木返し」と似た技があると。
寝業の傳統
木村 昌彦
三恵社
2013-07-01

ただし、こっちはテッポウ返しの項目にある。
テッポウの一種らしい。
足で跳ねるのは同じだが、 手が「浅野返し」、「仁木返し」とは違う。
帯はとっているが、
相手の手首を制していないため、
相手の手で、逆にこちらの首(肩)をとられている。
どっちかというと、足の補助を使う「鉄砲返し」?

・・・・・
ちなみに、あこう堂の水曜夜練でも当然ながら、
今回は、まず浅野返しと仁木返しをやりました。

ワタクシ的に思ったのは、まさに上記の点。
つまり手首を制するかどうか、そこがポイント。

ワタシみたいなちっこいオッサンは、
相手に上になられたらどうしてもその手首は制しておきたい。

逆に、
自分の肩や首をとられないよう、相手の攻め手さえ制しておけば、
「浅野返し」でも、「仁木返し」でも返せる。
返しは、なんでもいい。
「浅野返し改 廚任癲崟野返し改◆廚任發いぁ
手さえ制しておけば、
むしろ攻め上がって来てくれていい。
どうにでも返せる。

・・・練習してみて
そんな気がしました。

しかし、手首を制しきれずに、
肩まで取られたら、「鉄砲返し」しかできない。
その場合も、力より技で返す鉄砲は、仁木先生に聞いたけど、
でっかくて強い人なんか返せましぇん。
(※個人的感想です)

というか、
たいていの方は、私よりでっかくて、強いです。

そこまで追い込まれずに前段階でなんとかしたい。
なら、私は仁木返し、浅野返しっつうことで。

・・・・・・・・

え〜、実は、今回の水曜夜練には、
柔道と、レスリングと、サンボの経験があって、
今は柔術(ブラジリアン)黒帯の方がお越しになられまして、
じゅーじつした、じゅーじゅつタイムを過ごさせていただきました。

というか、最初は下からの十字のバリエーションやベリンボロでしたが、
最後はサンボや、サブミッションレスリングの展開までみせてくれるので、
うれしくなって、道着アリで、
全部アリの乱取りを所望してやっていただきました。

要するに、サンボ技も、柔道技も、柔術技も、グラップリング技も
できる技は全部つかっていただく感じで。
(※打撃はナシです)。

いいの。
ワタシと同い年ということがわかったから。
ワタシと同じ「藤原喜明のスーパーテクニック」世代だから。

佐山聡の「シューティング入門」と、
ビクトル古賀の「これがサンボだ!」の世代だから。

格闘技っぽいものがプロレスしかなかった時代から、
UWFや、リングスや、サンボや、シューティングの時代を過ごしてきたマニアだから。
そんなアバウトなルールで楽しめるのはあこう堂くらいだから。
同い年のジジイだから。
やってきたことはわかる。
分別はわきまえてる。
だからいいの。

いや楽しかった。
アレやったら文句言われるかな?とか、
コレ大丈夫かな?とか
余計なこと考えないでいい。
ストレスなく自然に動ける。

30年来磨いてきた技術を、
昨日今日始めたような小僧に(失礼)、
「反則だからやめろ」とか言われるのが、
どんだけストレスか、わかっていただきたい。
でも、タメなら大丈夫。

だいたいね。
今の柔道ルールや柔術(ブラジリアン)ルールなんか、
何が楽しいんだかわからない。
(※個人的感想です)

私にとっては、どんどん不自由になってるんである。
足縛っといてサッカーやれ!みたいな話である。
○○○なのに、パンツは脱ぐな!みたいな話である。
パンツ脱がずに○○○やる技術を磨くのが、
何の役に立つのかわからない。
ストレスしかない。
そんな競技やるのは変態にまかす。
(※個人的感想です)

おまけに最後までイカずに終了である。
何の勝ち負けかわからない。
欲求不満である。
金返せ!

(※不適切な表現はお詫びします)

(※わかりにくい表現については、面倒だから直しません。
以前のブログ読んでみりゃわかるでしょ。)

ウチは「復古柔術」か「古流柔術」なんかでいくか?
(技も全部、昔風の漢字の名称つけたりして?!
・・・そんなインチキ武術家いるなぁ。名前は出さないけど。)

けど、最初のものほど、古いものほど
真理が残ってたりするのも確か。
技術の発展は結構なことだが、
目先の技術にとらわれずに本質をとらえるためには、
簡単に変えたらいかんこともあると思う。
ルールとかはそうなんですって。

相撲のルールなんか、
基本、何百年も変わってませんから。
人間の能力、身体機能は何万年も変わってないんだから。
素手の人間が1対1でやるんだから。
目指すものが決まってればルールが変わるわけがない。
そういうところ大事と思うよ。
おまけに勝ち負けもスッキリしてるしね。

とにかく長く続けることは大事。
長く問題がないことを
簡単に変えたらアカン。

格闘技の中でも相撲やボクシングには、
それなりの権威があるが、
それは長く続いてるからというのもある。

ルールがどんどん変わる競技は、
まだ成熟してないんかね?
なんか目指す気がしないんよね・・・
(※個人的見解です)

「柔道」も長く続く競技になるチャンスだったのに、
バカなことをした。

とりあえず、ウチは、
「高専柔道」、「七帝柔道」でいくのが無難か・・・
ルールは基本的には変わってないし、マイナーだけど確立されてるし、
案外アバウトなんで、
ほかの技術も取り入れやすいし、応用も効くからね。
その割に安全だしね。
年取ってもできるしね。

こないだも言ったけど
「もともとの柔道の投げ技」ももう、コレでしか残せないんだよ。

これ以外の「柔道」じゃ、
いくらやっても最強にはなれないんだよ。
あれじゃ、もう他の格闘技には勝てないんだよ。
うかつに慣れると弱くなるよ。
(※個人的感想です)

けど、今日の記事は品が無いからもう終わる。

高専柔道、七帝柔道まで品が無いと思われる。

今日は、なんか、全員敵に回した気がする。
身内まで敵に回した気がする。

昨日のは格調高かった気がする。

今日のは読まんでいい。

んじゃ。

<あこう堂>
あこう堂ホームページ
あこう堂の地図
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)

※以下、いろいろ書いてるけど、ご要望さえあれば、
開催法、曜日・時間、料金体系とも見直します。
まぁ、いっぺんお問い合わせください。
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上お願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775

∨莉疑緲砲量襪蓮
予約がない限り、フリーの練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
待ってる時でも人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
水曜練習会について
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775


J親夜21〜23:00ならいつでもできます。
お申し込みに応じて練習会開催してます。
内容は、まあ参集者次第でテキトーにあわせます(以下参照下さい)。
別に料金だってどうでもいい。めんどうなんで書き換えてないだけ。
とにかくいっぺんお申し込みください。
平日21〜23時練習会について
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
  

<最新情報は最新のブログかホームページでご確認ください>   












 
akoudou2008 at 07:50│TrackBack(0)言うだけ格闘技講座 

トラックバックURL

Archives
記事検索
facebook
Your Website Title
ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
あこう堂はこちら
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポーツナビ
スポーツナビ
季節特集
楽天モーションウィジェット
アマゾン