September 22, 2014

あこう堂「古流柔道」練習会カレンダー(2014年10月〜)

あこう堂、練習開催スケジュールについて、
ホームページ、ブログの情報を整理して改訂します。

ご要望や世間の需要をにらみながら
いろいろ考えてたのですが、
私の都合もあり、ちょっとずつ改訂してたら、
何が何だかわかんなくなってました。

この際、思い切って全面改訂します。

  <記>
あこう堂の練習開催カレンダー
2014年10月〜(※暫定措置)

★〃醉烹横瓜〜23時:古流柔道(昭和柔道) ★

※基本的には、現行の柔道ルールに、
足取り技(足取り大内、すくい投げ、肩車、朽木倒し、谷落とし、外無双など)
が追加されるとお考えください。
引き込みはナシ。寝技の時間制限はアリ。
カニばさみや身を捨てるワキ固めはナシにします。

絞め、関節、抑え込み、投げで勝ち。
要するに、つい数年前までの「ふつーの柔道ルール」です。

相対的に立技(投げ技)も重視になるでしょう。
最初から寝てたら足腰も弱るしね。

「今の柔道」が不満とか、疑問とか、物足りない方向け。

★⊃緲烹隠后В械亜腺横音:七帝柔道(高専柔道)★

※現行の七大学柔道ルールで行います。
引き込みはアリ、寝技での時間制限(マテ)や「場外」はありません。
絞めアリ、関節技は基本的に肘関節だけです。
勝敗(乱取り)は、マイッタの一本以外に、抑え込み、投げの一本もあります。

相対的には寝技メインになるでしょう。

最後まで決着をつける方法を安全に習得しながら、
基礎体力も向上させたい方向け。

<補足2017.2.9追記>

<あこう堂、高専柔道・七帝柔道練習会について:格闘技的観点から・・・>
 嘉納治五郎先生が明治時代に古流柔術を統合、発展させ確立した「柔道」ですが、人間教育やスポーツ・体育としての面は別にして、根底の武術性、武道性、護身性については完全に失われてしまいました。戦後は、武徳会、高専柔道が消滅し、講道館柔道のみになったため、高専柔道で花開いた寝技技術の発展も停滞しました。その後、国際化、オリンピックJUDOの発展とともにさらに形骸化は進み、近年ではルール変更によって、多くの技が失われ、嘉納先生の講道館柔道さえ衰退する事態となりました。

 高専柔道の寝業には批判的な面もあった嘉納先生ですが、その寝業軽視には弊害も知られています。またレスリング技術などを取り入れ、当身技(空手)や合気道技術の導入も検討されていた嘉納先生にとっても現在の「JUDO」は目指していたものではないはずです。

 旧来の高専柔道は、その競技特性上、寝業という最終決着技術に特化したものとされてきましたが、このような現況を振り返れば、それだけでなく柔道本来の投げの技術まで含めて全て残し、使うことができる武術、すなわち「古流柔道」として新たな役割・意義も与えられたように思います。

 「高専柔道」は、現在の日本では七大学ルールとして一部の学生の試合に採用されているに過ぎません。そのため、一般の方には接する機会が少ないですが、決して過去の遺物ではなく、むしろその精神性・技術は、現代にこそ意義深いものです。このような場・機会を通じて柔道界の現状に一石を投じられれば意味のあることだと思います。微力ではありますが、学生時代の経験者だけでなく、興味のある方にも研究・経験の場を提供することになり、現在、細々と継続している技術の継続・普及・発展にもつながれば幸いです。

 参加者の皆様のおかげでこのような練習会が開催できることを感謝し、一緒に研究していきたいと考えます。よろしくお願いいたします!!

★6睛烹横瓜間〜23時:古流柔術(明治時代の初期柔道)★

※現行の柔道ルールに、足取り技、カニばさみ、河津掛け、
足関節技、手首関節技なども追加されたものを想定してます。
ラペラ絞めもアリにしましょう。
引き込みはアリ、寝技の時間制限(マテ)と場外はナシとします。

サンボ、(ブラジリアン)柔術、柔道、サブミッションレスリングの技術は全てOK。
つまり、なんでもアリなので、
規制に関しては、道着を着用したグラップリングルール
とお考えいただいてもよいかも。

ただし、勝敗(乱取り)に関してはギブアップに加えて、
投げ技一本、抑え込み一本もアリ。
戦後の「プロ柔道」のルールに近いかな?

柔道、柔術、サンボ、グラップリングなどの経験者向け、
総合指向の方、上級者向けかな?

<ご利用料金>
いずれも1人1回につき、
道場ご利用料金として500円頂戴します。

<ご注意/参加方法> 
●△凌緲北襪蓮現在のところ、毎回開催しています。
(数名ですが参加者がおられるためです。)
ただし、
●〃醉砲量襦↓6睛砲量襪領習は前日までに
参加お申し込みがあった場合のみ開催します。
それよりも「貸切の時間予約」の方を優先します。
希望の方は、できるだけ2〜3人以上お誘い合わせの上、
お早めにお申し込み、またはご確認ください。
●開催方法、形態、曜日、時間、料金体系など
今後、ご要望があれば見直します。
 
・・・・・・・・・・・・

 <補足>
●服装:
道着はアリ、ナシどっちでも可。やることは同じです。
道着に頼らない体幹のコントロールも身に付きます。
柔道着、柔術着の他、空手着でもご要望があれば応じますが、
道着着用の場合は、帯もしっかり締めてください。
(道着のレンタルもあります。300円/1着)

ブラジリアン柔術の方におられますが、
帯をまともに締めたくない人(ゆるゆるに締めてすぐほどく人)は、
礼儀にも反し、着衣の武術としても趣旨に反します。
筋が通りません。
帯を締めない人は、最初から両者ノーギでお願いします。
(あるいは、帯なしでそのままやる人は、
ほどけた帯でその人の首を絞めるのアリにしようと思います。
これはスジが通ってます。)

道着の下のラッシュガードの着用についてはどちらでも可。
細かいことは参加者のご要望に応じます。

●「古流柔道」練習の意義とか:
普通の現行ルールの「柔道」や「ブラジリアン柔術」なら
その辺に道場がたくさんあるので、そっちでやってください。
ウチはこんな感じでいきます。
「暫定措置」ですが。

実は、サンボとかレスリングとか相撲とかグラップリングとかも
受け入れたいし、取り込みたいし、
どんだけ需要があるのか?いろいろ考えたのですが、
しばらく様子を見た結果、
特にそっちの要望もご参加もありませんでした。

昔の柔道には全ての要素が盛り込まれていたので、
「古流柔道」を追及すれば、
その中で全部対応できるだろうという考えです。

柔道の精妙な投げ技も残したいし、
抑え込みによるコントロールの重要性も感じて欲しいし、
昔の技も残すにはこういうものアリかと。

仁木先生の講習で思い出したが、
カニばさみなんて今や七帝柔道ですら反則なんである。
だから「柔道」では消えたんである。
おかしな話である。
今の若い人は知らないはず。
そうやって技を減らしていくことが
進歩とは思えない。
せめて上級者くらいにはやらせてあげたいし、残したい。

柔道でだけできない技(他の格闘技ではOK)とか、
柔術でだけできない技(他の格闘技ではOK)とかも増えてきた。
しかし本来、労力を使ってまで習得すべきは普遍的な技のはず。

それと、時には、引き込みなしでやるのも
立ち技(投げ技)の練習にはいい。
やるべき。
投げを捨てたら柔道の意味がないし、格闘技としても足りない。
そういう意味で、もちろん、足取り系の技も大事。
(護身術的にも武術的にも無差別の技術としても)。
もちろん最後は寝技が大事。
(最後まで守りきるにも仕留めるにも)。
そう思っております。

今は「昔のルールでやりたい変人がウダウダ言うてるだけ」
と思われてるかもしらんが、
そのうち誰も柔道のすくい投げ(手内股)とか肩車とかできなくなる。
攻めも防御も返し技もできなくなる。

「レスリングと差別化」が大義名分になるのが意味が分からない。
全てを取り込んで最強じゃないと「柔道」する意味がない。
今なんて寝技さえロクにやってない。
高専柔道も消滅した。
今後の選手は、柔道だけ追及してても
レスラーにも打撃や総合にも対応できない人になる。

その頃には、こないだまでみんながやってた柔道も
「古流」になっていると思う。
その時に、「古流柔道」の意味が分かる(かもしれない)。

みんなはできなくなって勝手に弱くなればいいし、
柔道なんかどうなったっていいんだが、
ウチはしつこく残してあげる。

ワタシもいつまで体動くかわからないから
自分がやりたいこと、有意義だと思うことを
優先するという話。

言ってみれば七帝柔道(高専柔道)も
既に「古流」の1つなんだと思う。
各種の技術が使えて、比較的安全で、応用も効くんである。
さらに、まだ現役ルールとして
細々でも続いてるのがエライところである。
その応援も続ける。

今後、ご要望さえあれば
曜日、時間帯、開催方法、形態なども変えていきます。
なんなら細かいルールも内容もご要望に応じます。

おまけで
総合の人向けに、
打撃のミットやあこう堂流パンチングアームのサービスしたっていいし。

別に、道着ナシでやってもいい。
相撲、レスリング、
グラップリング(サブミッションレスリング)の要素が大きくなりますが
やることは同じです。
それはそれで体幹でのコントロールの習得にもいい。

とにかく、よろしくお願いいたします。

●ルールについて:
昔の正確な柔道ルールや時代による変遷までは未確認ですが、
だいたい上記のようなイメージかと。

の究極(アルティメット)柔道ルールは
一般の組技競技でOKな技は、全部アリにするつもりだが、
ホントは肩より持ち上げたら一本にするか、マテか?バスターありか?
そういう細かいところまで決めとかないといけない。

ただ、今んところそもそも参加希望者がいないんで適当です。
そのあたり、当時の正確なルールより、その意義が大事かと思ってます。

結局は参集された方の目的に応じて微調整することになると思いますが、
一応、ルールについては今後もちょっとずつ調べます。

詳細が判明したら、
新しいブログにまとめたり、
ここの記載内容を詳細にしたり、練習会の名称も書きかえるかも。

●「時間貸」の優先について:
大して参加希望者がいないようなら、
丸ごと貸切予約で毎週とか借りてくれた方が、
実は助かります。
なので、そっちのご要望も常に募集しております・・・

水曜夜については、
数名ですが人が来てるので
練習会開催の方を優先します。

●私のレベル:
私が相手してちょうどいいのは初心者の方です。
「おまえ程度じゃ相手にならん」と言われても困ります。
レベルの高い方は、数名お誘いあわせでご参加の上、
ご自身で研究、練習いただけるとありがたいです。

・・・どっちにしても、今後の世間のご要望次第ですね。

あと、「我こそは」という主宰してくれる方も募集してます。
開催方法、内容とも相談にのります。

よろしくお願いします。

<あこう堂>
あこう堂ホームページ
あこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)

※以下、いろいろ書いてるけど、ご要望さえあれば、
開催法、曜日・時間、料金体系とも見直します。
まぁ、いっぺんお問い合わせください。
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上お願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775

∨莉疑緲砲量
(19:30〜22:00)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→受信希望の方はメールアドレスを教えてください。
・継続して受信希望の方→月2回以上参加されるか、
参加にかかわらず維持協力金(月額1000円:振込も可)
お支払いの方には継続して配信します。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775


7醉法Χ睛砲量襭横院腺横魁В娃阿
お申し込みに応じて上記のとおり練習会開催します。
道場利用料:1人1回500円。
内容は・・・まぁ結局は、ご要望に応じます。
曜日、時間帯、開催方法なども要望があれば見直します。
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
  

<最新情報は最新のブログかホームページでご確認ください>   
 
記事検索
facebook
Your Website Title
ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
livedoor 天気
あこう堂はこちら
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポーツナビ
スポーツナビ
季節特集
楽天モーションウィジェット
アマゾン