April 26, 2012

April 26, 2012

ゴング格闘技6月号/七帝柔道

ゴング格闘技6月号
GONG(ゴング)格闘技2012年6月号GONG(ゴング)格闘技2012年6月号
イースト・プレス(2012-04-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ゴン格6月号も大ネタ、小ネタ、相撲、武術・・・ワタシの食いつくところ
いっぱいあったのですが、
やっぱ、コレに食いつかんワケにいかんやろ・・・

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也) が、
大宅荘一ノンフィクション賞を受賞したらしい。

大宅荘一ノンフィクション賞といえば、
ノンフィクションの芥川賞やろ(知らんけど)。
そのくらいの値打ちはあるやろ(他は、読んだことないけど)。

ともかく情念が伝わる。

秘伝に連載中の「七帝柔道記」 も
中井祐樹のあの「バーリ・トゥード・ジャパン・オープン95」までいくらしい。
そんなら頑張ってもらわんと。 
さっさと単行本にしてもらって読みたかったが、
長くなるのもしょうがない。 

今回のゴン格でも、あまりの情念の強さに
読んだら関係者は泣いてまうね。
わたしも甲斐のこと思い出した。
(イイ奴ほど早死にするって甲斐とか見ると、ホントかと思える)

この号で紹介された平成4年の七大戦(阪大主催)。
若手OBだったワタシは、
奮戦でパンパンになった甲斐の腕をマッサージしたりしてた。
「北大の中井って’プロレス’に行くらしいで」とウワサに聞いた。
(※格闘技と’プロレス’が判別されてない時代だった)

そう言えば、後のゴルドー戦の件では腹立ったんで、
ゴルドーの目ん玉えぐってやろうかとも思ったわい。
(注:通常はやったらダメなことだから、やり切るために
イメージトレーニングしただけ・・・実際は無理です)。

でも、七大のOBなら
誰でもそういう気持ちになるんじゃないだろか?
私だけか???
もっとも、対世間となると身内意識はあると思う(たぶん)。

ただ、なかで一つ異論がある。
中井(北大)と同期で
九大の甲斐泰輔が「戦後の七帝柔道で最も強かった選手」とされて、
「史上最強は甲斐君だ」というコメント(京大学士柔道会会長丹羽権平)も引かれているのだが・・・

甲斐は確かに強かった(175cmで110〜115kg?)
立っても寝ても強かった。
弾力のあるゴムまりのような筋肉。
パワーだけでなくスピードもセンスもあった。
私も練習でも、試合(OB戦)でもやられた。
でも「最強」かと言われると・・・

戦前(高専柔道)は、
木村政彦とか六高の野上(牛島に寝技を教えたらしい)とか、別格として、
戦後(七大柔道)なら、
まず九大の「怪物」平島さん(180cm強、現在、推定160kg)でしょう。
平嶋さんの名前がでてこないのが解せない。
Wikipediaの「七帝柔道」の「超弩級」にも平島さんの名前が無い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%B8%9D%E6%9F%94%E9%81%93
なぜだ?
東大の三本松さん(上村春樹に勝ったとか、全日本にもっとも近かったとか)、 寝技なら、京大の岡本さんとかは名前が載ってるが・・・
最近なら九大の山本泰三(通常の柔道でも全国トップクラス。七帝決勝戦で抜き数記録達成。大賀(柔術家)いわく「甲斐の3倍強い」)とか。
あと、東大の釜野さん(カメ投げでルールを変えたっけ?とか)、
寝技なら、名大の加藤さん(師範が私の最高傑作と呼んだとか)の名前がない。
(川西さん(北大)が載ってるが、川西さんに勝った富松さん(九大)とかは載ってないから多分、北大のOBの書き込みだろか?誰か追加改訂しといてや。)

甲斐は強かったけど、寝技は荒かったと思う。
中井の守りをとるのは無理だと思った。
(甲斐に対する「パーテレポジション」がピシっときまって美しかった)。

でも、平島さんは別格なの。
存在自体が反則なの。
(今も九大監督として、七大戦の試合場には
西郷さんの巨像が動き出したかのような
巨体をゆすって現れるから見ればわかる)

OBになってからも稽古をつけにきていただいたが、
100kg超の取り役の人じゃないと稽古つけていただけないの。
相手するのが無理なの。
拷問なの。
処刑なの。
100kg超(120kgとか)の現役の取り役がOBの平島さんの肉に埋もれて、
呼吸ができず、ブヒャブヒャ言うの
(プロレスの道場で言う「ラッパ吹く」というやつ)。

私ら弱小では相手してもらったことすらないですが、
情景を思い出しただけで呼吸がつらい・・・

パワフルな巨体なのに体の使い方が柔らかくて、
スキもソツもない上に痛い小技とか
エグいことをなさるの。
甲斐も平島さんの肉塊には埋もれたはずなの(みてないけどたぶん)。

私も甲斐とは練習したけど、
平島さんとは無理なの。
やったら確実にこっちが壊れるの。

注 平島監督は神経が細やかで優しい人です。念の為。
注◆Ч暖紊七大戦で何人も抜いて、平島さんがそうでもないのは、
単に相手のレベルの違いだと思う。
あの頃(九大甲斐や北大が優勝を争った頃)は、
あの京大がレベルダウン。
絞められてタップする選手がいたりとかいう目を疑う状況だったから
平島さんのころとは違うと思う。(もっともその学校次第ですが)

今はどこも慢性部員不足の寄せ集めの場合が多いが、
傾向として昔にいくほど部員が多く、穴はなかった。
(昔は15人戦でもサッカーみたいな得失点が普通。
1−0とか、2−1とか)。

「超弩級」でも
せいぜい2人抜くのが限界だったと思う。

鍛えぬいた相手の命を取る、
死命を決するというのはそういうこと。 

さてと・・・

この号のゴン格に書かれてますが、
戦前の六高の超弩級、野上知加雄は、
牛島辰熊に寝技を指導し、
ヘーシンクも簡単に抑えただろうといわれる強豪でありながら、
「高専柔道のルールを雛形にしたグラップリングのノールールに近い柔道ルールを提唱して講道館に睨まれ、不遇の後半性を送った」んですと。

木村政彦といい。道上伯、阿部謙四郎、平野時男とか・・
高専柔道、武徳会(武専)系の柔道家は、
みんな強豪でも、講道館から冷遇されて、海外に渡ったり、
そして案外評価が低いですな〜

あこう堂も人ごとでないですよ。
いまや柔道自体がマイナーなのに(野球やサッカーに比べて)、
そのなかで七大柔道(高専柔道)とかっつうとさらにマイナーですからね。
さらに、ワタクシなんか別に強くてやってるワケじゃなくて、意地だけですから。
意地だけでいつまで続けられるかもうわからん。

そもそも柔道自体、タダでやるもんとみんな思ってますからね。
(嘉納治五郎の方向性の負の影響です)。
いま、格闘技で人集めて金とれるのは
「総合」と「柔術」くらいか。

んなら、いっそ「総合護身柔術あこう堂」にでもしようかと思う今日この頃。
にしても、私じゃ無理っぽいから、誰かやってくれんか?

木村政彦のこと書けば
世間にも通用するからいいが
現実の世界で弱いやつが目指しても成り立ちません。
間違いない。
誰か、強くて、やりたい方、手を挙げて下さいっての。

木村は、立ってよし、寝てよし、
柔道でも(ブラジリアン)柔術でも、
グラップリングやノールールなら世界一だったの。
それが高専柔道なの。
間違いない。
誰か目指しなさい。
 
<あこう堂>
道場レンタルの場合:
1時間:1000円〜(平日)
1時間:1200円〜(土日祝)。
ご要望・お問い合わせ:
メール:akoudou2008@livedoor.com
Phone:080−5323−4775
(ご予約はお早めに。お急ぎはお電話で。
ご確認はメールいただければ幸いです)
あこう堂ホームページ
あこう堂の地図
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)


※毎月第2・第4水曜の夜を
組技・寝技系の格闘技に開放しています。
(2011年4月開始。次回は、5月9日(水曜日)。
詳しくは以下を参照下さい。)
http://blog.livedoor.jp/akoudou2008/archives/1293593.html     

本日のツイート

本日のツイート

仝業再稼働。

「絶対安全」なんて無いわいな。
けど、どうせ停止だけしたって意味ないし、
再稼働はしたらエエ。 

ほいで、安全宣言した人、
全員、原発の敷地に住め。
そこから動くな。

なんなら原子炉建屋に住め。
だって安全なんでしょ。

それで事故ったらあきらめたらエエ。
人間、あきらめが肝心。
 
⊇乎津亶擦領鵑北橘筏運転車

ICチップ付き免許証を挿入せんとエンジンかからんようにしたらエエ。
ついでに呼気のアルコールとか
てんかん脳波を検知したらエンジンかからんようにしたらエエ。
いねむり運転には自動で電気刺激したれや。

おしまい。

車道上で車の進行を自動誘導するシステムとかもいいかもね。
もっとも、なんでも電気仕掛けに頼ると故障が怖いけど。

ただ、てんかんについては、
(こないだの京都の事故の件)、
医師が診断したらケーサツに情報がいくようにすべきと思うけどね。
黙ってたら免許取れるってオカシイやろ。
人権や差別とは別問題。

だいたい、さっさと国民総背番号制にして、
監視カメラもそこいら中にふやせって。
年金記録も犯罪も解決やろ。

ついでに、性犯罪者は追跡用にチップ埋め込んで、
タマ抜いとけ。

文句言うな。 

あと何か話題あったっけ?
 
Archives
記事検索
facebook
Your Website Title
ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
あこう堂はこちら
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポーツナビ
スポーツナビ
季節特集
楽天モーションウィジェット
アマゾン