November 2017

November 30, 2017

水曜練習の話?/モンゴル互助会・日馬富士釈明の解説?

日馬富士が引退して、
ツッコミどころ満載の「釈明会見」してたけど、
イヤ、もう相撲の話はいいでしょう。

相撲の話はしないよ。

新聞、TV、雑誌、ネットで情報を
仕入れ続けてヘトヘトなんである。
(ホントは、それどころではないのに迷惑な話)

しかし、google検索で「モンゴル」って入力してびっくりした。
入力したのは「モンゴル」だけなのに、検索欄には、

「モンゴル 互助会」
「モンゴル 八百長」
って上位に並ぶんである。
(↓こんな風に・・・)
2017-11-29

私のせいじゃない。
google検索がそうなってるんである。

みんな背景をわかってるじゃないの!!

今回の問題は
「暴力根絶問題」じゃなくて「八百長根絶問題」。
「説教の行き過ぎ」じゃなくて、
「モンゴル互助会によるガチ力士リンチ事件」だって。

(※本日発売の新潮、文春あたりも書き出した。
だいぶそっちの情報が増えだした)

会見で「横綱としての責任」って言ってたけど
もう刑事事件の被疑者である。
状況次第では逮捕である。
横綱かどうか以前の問題。

日馬富士が貴ノ岩を「弟弟子」って呼んだのも無茶である。
同部屋で対決しないのを兄弟弟子っていうんである。
彼はあくまでも、貴乃花の弟子なんである。
モンゴル互助会とは犬猿の仲である。
同郷だからって、対戦する敵である他の部屋の力士を手下扱いする方がおかしい。
それを当然のように語ることもおかしい。

日馬富士がしらこい顔して
「貴ノ岩の生活態度を注意」、
「礼儀、礼節に注意」って言ってたのは、
要するに「土俵の内外ともに我らの大ボス白鵬様に
屈服、恭順の態度を示さないこと」を
モンゴル互助会集団でなじったという話。
7147e72aa69e612c0201daf14193a7bf20171116112118722

「白鵬に失礼」「礼節がなってない」っていうのは、
貴ノ岩が「屈服しなかった」という意味である。
そんなものに屈服してたらガチ勝負できない。
師匠の貴乃花にクビにされる。

(もしかしたらラウンジでは直接、
「注射相撲」を示唆されたかもしれない。
今のところ表に出てないけど)

貴ノ岩は、ありがたいお説教にたまりかねて言い返した。
「オレはガチだ!」
「八百長野郎!」

その上のリンチである。
相撲界での「パワハラ」は血を見る。
1人で上位集団に言い返した貴ノ岩を褒めてやりたい。

貴ノ岩は、初場所でモンゴルのオキテを破り
白鵬に勝ってもいる
(おかげでガチの稀勢の里が初優勝)。
ボスに逆らい、モンゴルの結束をみだすものは
制裁されるのである。
示しがつかんからね。

いまだに貴ノ岩を悪く言う日馬富士は、
「レイプだ」とは言えない(背景の八百長を言えない)だろうと思って
貴ノ岩をセカンドレイプしてるんである。
(用法が違うかな?)

暴行側が「握手、手打ちで済んだ」っていうのは、
要するに
「口止めはしたんだけどなぁ〜」
「もう一回念入りに脅しといたんだけどなぁ〜」
っていう意味である。

貴ノ岩は、黙ってないとまたヤキ入れられる。
師匠にもドヤされる。
弱い立場だからしょうがない。
自分が耐えて済むなら、隠し通したかった。
結局、バレたんで、貴乃花激怒である。

「なんでこうなっちゃったのか不思議」って
伊勢ケ浜親方が言ったのは、
「頭割るくらいは普通なのに」
「黙っててくれりゃ済んだのに」
って意味である。

ついでに日馬富士が
「酒の問題ではない」って言ったのは、
「飲もうが飲むまいが最初からヤキ入れの予定だった」
「凶器の使用は作法どおりで逆上ではない」
っていう意味である。
それが相撲のかわいがりである。
(※力士に素手は効かない)

「今まで酒で問題起こしたことはない」
って自分から言ったのは、
酒乱の心当たりがあるからである。
「ヤオ」って言われてブチ切れるのも
心当たりがあるからである。
同じこと。

テレビとか見てたら、
背景を知ってる業界関係者は話をそらすし、
知らない人はトンチンカンなこと言うんで、
これじゃラチがあかんと思って、
義務感でウチのブログで解説しまくってたけど、
みんながわかってるんならもういいです。

物証ナシじゃ相撲協会にケンカは売れないから
報道できないのはしょうがないけど、
一般のマスコミとネットでこんだけ違うんだね・・・
本音と建前、ウラと表ってコワイ。

しかし、こうなったら今の新聞やTVって意味ある?!

残念なのは、今の相撲界で
相撲に一番打ち込んで、体が使えていて、
力士として完成していると思える
トップ2人(白鵬、日馬富士)が
事件の背景で首謀者であるということ。

シラこい顔してる白鵬にも腹が立つ。
(力士としては能力高いし、
評価してるし、「スモウマンとしては」好きなんだけど、
表の振る舞いもウラの顔も悪すぎる。)

スジから言えば、
2人ともクビにしたいけど、
他にロクな相撲取りがいないんよね。
稀勢の里はあんな状態だし。
・・・そこが不幸。

白鵬や日馬富士なんかの努力は認めるけど、
長いことトップに君臨してたら楽な方に流れるのが自然かも。
仲間も多いし、仲間内でうまいことやりたいだろう。
つるんでたら、いろいろ助けあえる。
それが常識人?

ずっと仲間内でやってる興行なのに、
最初から最後までガチで通した貴乃花の方が奇特なんである。
(だから一部で煙たがられ、
一部の若手親方には慕われる)。

そういえば、白鵬が
「貴乃花を巡業部長から外せ」って、
理事長に申し立てたらしいけど、
(その思い上がり自体が問題だけど)
そこまで対決を表に出したら
自分の立場がまずくならないかね?

貴乃花はこの点に関してなら、
何にもやましいことないから、
あんまり追い込むとぶちまけるよ。
ぶちまけたら勝つよ?!
(証拠はないけど。
それとこの争いになったら
相撲協会自体がヤバイけど)

ちなみに八角理事長が力士、親方に対して強権に見えない
(弱腰、低姿勢に見える)のは、
貴乃花と違って、そっちの話になると立場が弱いからである。
弱腰だから白鵬にもナメられる。

昔の理事長
(二子山理事長=元初代横綱若乃花)とか
怖かったけどね・・・

もう、そっちの話はうやむやにする?

今回で日馬富士は消えたし、
照ノ富士、鶴竜はポンコツ化した。
(誰とは言わんが、
他の古手の「組合員(互助会員)」もポンコツ化してきた)
興行的な問題もあるから
さすがに物証なしで
白鵬まではクビにしにくいだろうけど、
あいつは、ガチで強いんだから
ガチだけやってもらえばいいんじゃね?

他の新興モンゴル人力士はわりとガチっぽいから・・・
(玉鷲、荒鷲、逸ノ城あたりは
白鵬にも遠慮してないと思う。
だからヤキいれられる?!)

今回で多少反省して、
今以上に悪化しなければ、
それでいいような気もする。

(白鵬、日馬富士の言動には
反省が見えないんだけど・・・)

まぁ自己弁護しとかないと、
日馬富士にも将来があるからね。
酒さえなければ、
人格者で真面目で頭も優秀だから
やっていけるんじゃね?

イヤ、白鵬も人格者ですよ。
仲間に入らないヤツにヤキ入れるだけで
強いのに仲間内では「譲ってあげる相撲」も多いんだから?!
(その代償までは知らないけど)。

ありゃ?
相撲の話はしないって言ったのに・・・

えっと、水曜練習は、
こないだ(ダース三角、アナコンダ三角)からの続きで?
カメに対する前方からの絞とかの攻め方を各種。
・カメに対する前方からのダースチョーク、アナコンダチョーク、
・同じ態勢からレスリングのがぶり返し(フォール)(船久保固め風)
・前方から腕とっての反転(回転)襟じめ(仁木先生直伝のやつ)、
・ねずみ取り(襟じめスピニングチョーク)
   (※今の固い道着では難しいかも)
・スピニング袖車、
・前方からのワキ締め(最近柔術でいう一番搾り)
なんかをやりました。

(※参加者には動画配信済み)

中学生はスピニング袖車が一番嬉しそうでした(食いついてました)。
まぁスピニングチョーク系も
道着があった方がバリエーションはひろがるわね。

おしまい。








November 26, 2017

真相解説・日馬富士事件(大相撲の楽しみ方)

もうこの「モンゴル組合によるガチ力士リンチ事件」は、
ガチ、ヤオという言葉を使わないと説明できません。

キーワードを使わないがために真相から遠ざかったあげく、
リンチされたガチ師弟(貴乃花&貴ノ岩)が
世論にまで叩かれるのは納得いかないので真相解説します。
(まだ新情報でるかもしれんので第1段)

●序幕:9月の錦糸町の飲み屋にて:

貴ノ岩が、高校の後輩でもある照ノ富士を叱り、
一般のモンゴル人にも聞かれたという内容は
ニュアンスは不明だが、要するに以下である。

 白鵬や日馬富士は星の回し合いで優勝している
(※証拠はない。それにどうせ実力なら白鵬だけど)
◆Ъ分はその白鵬にもガチで勝った。
(※実際、初場所では白鵬に勝ってその優勝を阻み、
ガチ代表・稀勢の里がついに優勝した潮目の場所。
貴ノ岩自身も11勝で敢闘賞。)
:だからあのひと達の時代は終わる
(※ガチ横綱貴乃花の薫陶を受けたガチの自分が上になれば
モンゴルの星の回し合いなんぞはなくなる)




・・・報道された内容の行間を読めば
貴ノ岩の飲み屋での会話は上記のようになる。
少なくとも白鵬らにはそう受け取られている。
「白鵬の批判もあった」、
「一般のモンゴル人がショックを受けた」、
「聞いた白鵬が怒った」というのに、
内容があいまいなのは、
,痢屮筌相撲」の件について
書けないから。

実際、上位4人(白鵬、日馬富士、鶴竜、照ノ富士)
の間の相撲は、要所が怪しかったよ。
誰か調子がいいのを優勝させる(たいていは白鵬だけど)。
内輪では潰し合わない。
昇進とか、陥落とか、ヤバイ時は「譲り合い精神」
で助け合う(代償までは知らん)
組合外に対しては結束してあたる。
(白鵬の「情け相撲」なんて
しょっちゅう見てたが、
その場合は実力が上なのですぐバレる。)。

<※これがこの事件のキモ。
だから貴乃花部屋とは相容れない>

この「モンゴル互助会」に物証はない。

しかし見ればわかる。
(みんな運動能力が高いから上手にやってるけど)。
前後の状況、場所の展開で組合内の勝敗は読める。
私は大目に見ていたが、
相撲好きとしては、いつ指摘されるかヒヤヒヤしていた。

少々は諦めてるが、こいつらと優勝争うんだから
稀勢の里なんかは大変である。
だから白鵬にも勝った稀勢の里の初場所の初優勝は
大事件、大偉業なんである。
 
互助会の支援を受けた照ノ富士を倒した
2場所連続優勝も奇跡である。

相撲の神様が舞い降りたとしか思えない。
貴乃花が祝福するワケである。

もちろん、相撲協会とケンカできないマスコミは
モンゴル互助会なんて報じようがない。
なので話が的を射ない。

その飲み屋で(または別の時に)
「貴ノ岩の態度が悪かった」という報道も、
もちろん情報操作、印象操作である。

貴ノ岩については「真面目」、「寡黙」、
「親方のしつけを守りモンゴル組合とはつるまない」
という話しか聞かない。

●モンゴル上位組合の思惑:

初場所、ガチの稀勢の里に優勝されたのは
モンゴルのオキテ、鉄の結束を破った貴ノ岩に
白鵬が破れたせいである。

さらには、この「星の回し合い(ヤオ)、互助会」という
貴ノ岩の飲み屋での放言。
白鵬、日馬富士(&鶴竜)らにとっては
聞き捨てならない大問題である。

一般のモンゴル人にまで言うとは何事か!!
オレらの仲間に入らんのも気に食わん。
モンゴル力士仲間の統制が取れなくなる。
今までの序列を乱してはならん。
後輩に示しがつかん。

貴ノ岩にヤキをいれるしかない!!

しかし、貴ノ岩は貴乃花部屋のしつけが厳しく
出稽古にも酒席にも引っ張り出すことはできない。

(ちなみにガチの貴乃花部屋と
モンゴル組合は犬猿の仲でもある)

「かわいがる」ために出稽古にも誘ったが
すっぽかされた説もある。
もちろん貴ノ岩が危険を察知したんである?!

●第二幕:10月26日未明、鳥取巡業の夜:

鳥取城北高校相撲部関係の宴席に
OBである照ノ富士、石浦、貴ノ岩、逸ノ城(?)らが
参加することになる。
モンゴル会には参加が許されていない貴ノ岩も
巡業先で母校、恩師の会なので、貴乃花親方のOKが出る。

それを聞きつけたか?感づいた?
モンゴル上位組が集結。

日馬富士は照ノ富士と同部屋であり、
石浦は白鵬の内弟子という関係である。
日馬富士、白鵬の2横綱が参加することは可能である。
むしろ関係者には喜ばれる。
大チャンスなので、鶴竜も集結。
(白鵬が誘ったかもしれない)。
結果的に、異例の三横綱集結となる。

おかしいと指摘したヒトもいるが、
そうなんです。実は自粛しているので
普段はこんな集結はない。
今回はウラの目的がある。

一次会は石浦の父親のちゃんこ屋で
高校生なども含め同席者多数。
しかし、そのまま、なごやかに飲んで終わるワケはない。

※逸ノ城は結局参加しなかったのかな?
何かを察知したのかな?!
(逸ノ城も「組合」に参加しないので、
横綱の「かわいがり」を受けている説がある)

●ラウンジの密室(貴ノ岩リンチ現場):

集結の目的は貴ノ岩へのヤキ入れである。
二次会のラウンジで開始される。

もちろん、
「オレらをヤオって言ってるらしいな!」
なんて、いきなり言うわけない。
(もし言っても表には出ないけど)。

最初は「オウ、聞いてるぞ!」
「オマエ、いろいろ言ってるらしいな!」くらいだろう。

これが報じられている
「あいつらの時代は終わったって言ってるらしいな」
の真相である。

貴ノ岩は、もちろん何のことかはわかるが、
「いえ、言ってません」
「すいません」というしかない。
だって相手は勢揃い。こっちは一人だもの。

(貴ノ岩は、何の説教だか感づかなかったという説もあるが、
もともとモンゴル互助会と貴乃花部屋は犬猿の仲。
雰囲気がヤバイのはわかる。
どっちみち多勢に無勢、上位勢揃いでは、
低姿勢である。)

謝らせた後は、
「だいたいよぉ、先輩なんだからもっと、
挨拶とかも、愛想よくしろや」
「オレらの飲み会にも出て来いや」
「すかしてんじゃねえよ」
みたいな話である。

「あぁ、すいません」
くらいの返事はする。

(※貴乃花親方から他の部屋の力士とは
馴れ馴れしくするな、
酒席をともにするなと指導されている。
真剣勝負を疑われるような
こういう馴れ合い自体を断つためである。)

(※もっとハッキリ言えば、
モンゴル組合を毛嫌いする
貴乃花親方から、あんな風になるな、
近寄るな、あいつらクズだと言われている)

(※要するに犬猿の仲、
相容れないのである)

このあたりが報道で伝わる
貴ノ岩の「生活態度を注意」の
ありがたいご指導内容である。

もうちょい具体的に
「土俵の内外で我らの大ボス白鵬様に
屈服の態度を取らないこと」
をなじられていた説もある。

要するに貴ノ岩吊し上げである。

(※普通のマスコミは具体的に書きようがない。
ガチ、ヤオのキーワードなしだと
貴ノ岩が悪い印象しか残らない)

一旦は、
「まぁ今日はゆっくり飲もうや」くらいの話でおさまる。
全員、大人だから。

しかし、かわいがり、ヤキいれまでいかないと、
酒乱の日馬富士がおさまるワケがない。

インネンつけてしつこく続ける。
(しつこかったのは白鵬かもしれない)
注射相撲を受けるように脅した説もある。

いいかげんイヤになった貴ノ岩が
「こんなことやってるから、
モンゴルの奴らはダメって言われる」
「オレはガチで相撲とってるんだ」
みたいなことを言う。

「八百長野郎!(おまえら注射のくせに)」
とまでいったかどうかは不明。
(※どうせ9月の飲み屋では言っている(たぶん))

スマホいじったタイミングも不明。

前後関係も会話内容も不明(どうでもいい)。

しかし、「かわいがり」「リンチ」なんだから
きっかけなんか適当でいいんである。
今日はやる気である。
どうせ日馬富士は酒乱である。

ボッコボコである。
切れたらコワイ。
(そのあたりの凶器を各種使ったのは確実)

日馬富士は、普段はやさしい、礼儀正しい、
気が利くというが(それはホントらしいが)
この際、関係ない。
野生動物でも序列が確定した仲間内にはやさしいが、
序列争い、生存競争ならガツンといくにきまっとる。
というか、とにかく飲めば変わる「酒乱」なんである。

貴ノ岩は先輩にはさからえないので
防御姿勢である。
さんざん殴ったあたりでいちおう皆が止める。
何発かの数はどうでもいいが、だいぶ多いだろう。
(みんな、しばらく様子みてたらしい。リンチだから)
ただし、頭部の傷以外、顔は守っているはず。

●これが、今回のかわいがり。

白鵬が旭鷲山に電話で伝えたという
「アニキ、かわいがりなんですよ」は正直な報告である。
旭鷲山がうっかりそのままマスコミに言っちゃった。
(ホントはまずい)。

こういう背景を書かない(書けない)ので、
「日馬富士がそんなに怒るなんて、おかしい」
「礼儀に厳しいから、きっと悪いのは貴ノ岩」
なんてことになる。

●もし仮に貴ノ岩の言動が目についたとしても
それは、師匠が注意すること。
本来、ガチの世界なんだから、
文句があるなら土俵でガチの実力でわからせればいい。
土俵外で仲良し組が結託したり、
上下関係でのヤキ入れはおかしい。

●翌日(というか当日朝)の鳥取巡業:

貴ノ岩の流血した頭の傷は朝方(たぶん)病院で縫合済み。
9df95c28-s

貴ノ岩としては、バレれば親方にも怒られるし、
親方に伝わることで先輩(白鵬、日馬富士ら)にも再度睨まれる。
(再度のリンチはあり得る)。

(※貴ノ岩は、もともと親方には
「モンゴル組に染まったらクビだ!」
って言われている)

とにかく事件を隠すために
なんとかマゲを整えてもらい取り組みはこなす。
巡業の「花相撲」なのでなんとかなる。

(※ケガ後に相撲をとったことも、いらぬ誤解をまねいたが、
映像を見た私には、頭からかましてないし、マゲで誤魔化せる、
痛みをがまんすれば、あれくらいはなんとかできる、
というのが最初からの印象)

ちなみに素手で殴ってもお相撲さんの顔は腫れない。
肉が分厚い。普段から掌底で叩かれている。
だから凶器を使う。
それがかわいがり。

日馬富士は作法どおり。
ちなみに、昔からしごき、かわいがりは
ビール瓶が相撲界の常識。
だから何で殴ったか不明のうちから
「ビール瓶情報」になった。

●白鵬は「手打ちした」ことにしたいらしいが、
手打ちなんかしてないという説もある。

翌朝、日馬富士がやってきて、
「生意気だったらもう一回やるぞ」って脅したという話もある。
それはあり得る。

脅すのは親方への口止めの意味もある。
それが白鵬側がいう手打ち(たぶん)。
貴ノ岩は立場が弱いからしょうがない。

もし握手してきたら、するしかない。
拒めばまたヤキ入れられる。

●その後、頭痛が増してきて、数日後(たぶん)
「割り(取り組み)から外してくれ」
と親方に申し出て事件がバレる。
(どうせウワサになってるからいつかはバレる)

●貴乃花親方激怒。
とりあえず医者に縫合の傷をみせて診断書をとり、被害届提出。

そりゃそうである。

モンゴル仲間に染まらないよう手塩にかけ、
その教えを守ってきた弟子である。
実の両親は既になくし、親代わりとして
我が子のようにかわいがってきたんである。
初めて育てた関取である。
昇進時は自分の相撲以上に緊張し、気をもんだのである。
これからも期待しているんである。

その愛弟子がガチを通したばかりに
あの相撲道にもとるモンゴル組合からヤキをいれられたんである。
だまし討ちのリンチである(・・と親方は感じる)。

たぶん、密室内の真相は親方も知らない。
(もし白鵬が貴ノ岩を羽交い締めにしてたって表には出ない
そうじゃなくても精神的には全員でのリンチだが。
注射相撲を持ちかけらたり、
脅されて負けるように言われても表には出ない。
モンゴル組合をとるか親方をとるか迫られても表に出ない)

どうせ誰もホントのこと言わない。
だから警察ザタにした。
協会執行部と軋轢があるのは確かだが、
理事長戦とか、
協会の利権とかの思惑は関係ない(?)。

だって詳細を知らないんだから、
どう転がるかなんて計算はしてない。
ただ曲がったことがキライ、
真相を明らかにしたいという信念のように感じる。
(買いかぶりかなぁ?
でも昔から損得の計算はしてない気がするけど。
もし、宗教家の「お告げ」とかで動いてたら引く・・・)

●親方は貴ノ岩にも怒っているかもしれない。
当初、ケガの理由をウソついて隠そうとした。
モンゴルの先輩に義理立てして、まだ何か隠しているかもしれない。
他にも言えないことがあるかもしれない。
(マスコミが報じていろいろ出てきたが、
当初は何にも情報なかった。
貴乃花親方とて知らなかったはず)

もちろんモンゴル組は信用できない。
相撲協会なんて全く信用できない。
だからケーサツで明るみに出す。

●その後、貴ノ岩の頭痛が増したり、耳が聞こえにくいとか(?)
症状が悪化したので、休場届けの診断書をとった(たぶん)。
あるいは脅されてリンチされるような事態では出せないと考えたか、
日馬富士側との交渉でこじれたか・・・

ほんとに頭痛が続いてるなら、
実際に頭蓋底骨折や髄液漏れの可能性もある。
相撲協会が診断医を再聴取して「大丈夫」と言わせたが、
それは相撲協会の圧力という説もある。
どの程度の症状かは結局、不明。

「親方にチクった」って言うんで、
2回めのヤキを入れられて重症になった説もあるが
それは、さすがにどうだろう?
(稽古で悪化するとか後遺症はあり得る)

●貴乃花の行動:
当初は被害届を出す一方で、
反応によっては穏便に済ませる気であったフシもある。

日馬富士が、
スルーして、シラっとなんにもない顔で
本場所に出場しようとした(出場した)んで
許せなくなった可能性はある。

だから騒動を大きくしたのは
貴乃花じゃなく、日馬富士と伊勢ケ浜親方(かもしれない)

九州場所2日目
貴景勝(貴乃花部屋)Vs日馬富士
の遺恨ガチ相撲はその観点でお楽しみ下さい。
(※この日で2連敗。
事件がバレて翌日から日馬富士休場)


ちなみに、「場所前になんとかしとけ」
「場所中に騒動にするのが問題」というが、
相撲興行的にはこっちの方がよかった。
前場所優勝した横綱が場所前に出場停止したら盛り下がるが、
「2連敗じゃ、どうせダメじゃん」
ってなってからの休場だとちょうどいい。

●背景解説:
この暴行は、単なるイザコザやケンカや説教ではない。
「仲直り」で済むような問題ではない。

もともとガチ力士とヤオ力士は相容れない。
むかしからガチはヤオから煙たがられ、
よく「かわいがり」を受けてきた。

ガチからしてみりゃ、自分は正しい、そのプライドがある。
ヤオはケシカランと思っている。
また、たいてい意固地だったり、変人だったり、
付き合いが悪かったりする。
またはそうみられる。

ヤオは自分が正しくないことはわかっている、気がとがめる。
逆に仲間にならないガチが腹立たしい。すかしてるように見える。
目障りだ。彼らの生き方をバカにする。

そしてヤオは仲間でつるむが、ガチはつるまない。
だから、たいていはガチの側が制裁を受ける。
理不尽な気がするが、それが派閥、組織の論理である。

トップの実力者がガチで、ヤオが少数派なら
ヤオが公開制裁を受けることもあるかもしらんが、
それは聞いたことないなぁ。ガチは人格者なんかね?
(ガチの部屋内だけならヤオの制裁は成り立つ。
厳しい師匠にはヤオは制裁される。
なのでガチしかできない)

「真剣勝負が当たり前でしょ」って思うだろうが、
実は、生涯ガチで通すのは大変なことだったんである。
たいてい若い、元気な頃は「注射」なんぞ受け付けない。
しかし、晩年に弱ってきた頃に「仲間入り」してしまう話も聞く。

ヤオからしたら、仲間とはなぁなぁで済む。
その分のエネルギーで、ガチの力士とやる時に
張り手とか目一杯キツイ攻撃すればいいんだから楽。

ガチは全員から毎日やられる。ガチ同士はもちろんガチだし、
ヤオからみたら仲間じゃないガチは腹立たしい。
またガチとの対戦は、オレはガチで強いという実力の見せ場でもある。
(そうでなければ示しがつかない。生き残れない)

稽古だって何やられるかわからないから
うっかり出稽古も師匠が見てないと危険。
大勢いても、イヤ大勢いるからこそ、巡業先なんかも危険である。
よっぽどの信念と強さか(貴乃花とか)、
空気を読まない無神経さ・変人ぶり・不器用さが必要(高見盛とか)。
どっちにしても軋轢は受ける。

結局はガチで強いやつが勝って全てを仕切るんだから
全部含めて相撲の実力という見方もできる。
(絶対権力者になって以降の千代の富士とか朝青龍)
まぁ、長いこと実力で君臨してたら自然に「大ボス」になる。
現在なら白鵬。

その中を誰ともつるまず、
工作もせず、周囲に叩かれながらも
自分の力だけでのし上がるのが本来の相撲である。
貴乃花はそれを最後まで押し通した。
200kg超級の相手も逃げずに全力で受け止め、
優勝も重ねたが、ボロボロになった。
自分の相撲人生に一点の曇りもない。

ただ1つ、
尊敬していた実父から示唆され、迷いをもったまま、
優勝決定戦で実兄相手に全力をだせなかったことは生涯の痛恨事。
人生最大の汚点であり、トラウマである。
あの相撲も兄も絶対に許せない。

部屋が違うのに、つるんで楽しく飲んで、
なぁなぁでやってる力士が許せるワケがない。
(ましてや優勝の回し合い、
助け合いなんぞは絶対に許せない)

土俵内ならまだしも、
今回は、土俵外で横綱集団がガチ力士を凶器で「かわいがった」
リンチ事件である。前代未聞である。
あろうことか、ついにあいつら、
ウチの愛弟子に手をかけやがった。
絶対に許さない
(※貴乃花の気持ち)。

●ガチが勢力を拡大したのは
若・貴全盛時の藤島部屋(二子山部屋)の頃にあった。
同じ部屋で貴乃花、若乃花に貴ノ浪、安芸乃島、貴闘力なんかも上位にいて
全員がガチ派閥で強い一大勢力なんだから、
ヤオが星を回し合ってもなかなか太刀打ちできない。
逆にいうと、それくらいじゃないとヤオ組合に負けていた。

しかし相撲見る人は、当時、
二子山部屋ばっかりでつまんないとか言うヒトもいた。

それは、ちがうでしょ。
相撲は部屋という団体戦でもあるんです。

背景がわかったらもっと楽しめる。

●ちなみに白鵬はガチで強いですよ。

力士として理想的な体型、肉質、鍛え方。
ムダな脂肪は少ない。
推進力となる尻からモモにかけての筋肉がいい。
胸や肩はそうでもないが身長があるから上半身はアレでいい。
出足がある。ヒザが曲がる。腰が下りる。上半身がしなる。
足運びがいいから前後左右自在である。

2回後ろに回られそうになった宝富士戦で思ったけど、
宝富士はたぶん伊勢ケ浜部屋自慢のウエートトレニングシステムで
筋力をつけている。
だから滑らかで、素早い動き、脱力・重心の沈み込みとかができない。
筋肉はあるけど、ゴリゴリである
(186cm170kgで、体脂肪も少ないマッチョなんだから化物)。
ただ下半身が硬い(上半身も)。
そこが白鵬との差。

真剣勝負で強くてこそ「大ボス」として君臨して仕切ることができる。
今場所も全部ガチ(たぶん)で力をみせた。

詳細に背景まで知らないんで推測ですけど、
日本人の横綱大関3人はガチ。
最近上がってきた若手も全員ガチ(たぶん)。
モンゴル勢も「上位組合」以外の新興勢力は全部ガチ(たぶん)。
最近はいろいろウルサイんで、ほぼガチ(たぶん)。
(なのにデブってるからケガ人が多い)

白鵬からしてみりゃ、
今場所は他の「上位のモンゴル組合員」が全部休場である。
白鵬以外の組合員はポンコツ化してきた。
自分は休場開けだし、相撲界では事件の背景を知ってるし、
全部ガチの今場所こそ力を示さないと、実力を疑われる。
立場があやうい。
だから全部勝つ気で気合入ってた。

結局、嘉風の立ち合いにしてやられた1敗だけ。
それが悔やまれたのが異例の1分以上のクレームだと思う。

白鵬の優勝後に
「今場所の相撲を見せられると来年も白鵬が中心になるだろう」
という八角理事長の言葉があったが、
これは、
「やっぱ、ガチで強いじゃん。
組合関係ナシで、まだまだいけるじゃん」
「余計なことはいいから、ガチで頑張ってよ」
って意味。

ガチの実力を示したことで、
相撲界ルールとしては
これまでのみそぎは済んだんである?!
(※半分マジ)
態度が悪かろうが、独善のオレ様だろうが通る。

ただしケーサツは別なんで、
貴乃花はこっちで頑張るしかない?!

●業界関係者は、背景も詳細も知ってるが、
相撲協会に睨まれては困る。
詳細な背景は表に出せない。
なので、理事長戦とかのおもしろ話、
貴乃花批判に話をそらしている(これが現状)。

たぶん貴乃花は損得の計算では動いていない。
損得勘定できるヒトなら、
ややこしいこと表に出さない。
黙って裏で「貸し」を作っておく。
その方が得。

●白鵬の土俵下での優勝挨拶で、
力士代表としての謝罪と
「日馬富士、貴ノ岩がまた土俵にあがれるように・・・」
っていうまとめは、一瞬いいこと言うなって
丸め込まそうになった。
しかし背景的に、オマエが言う?

「真実を話す」とか「ウミを出し切る」とも言ったけど、
(たぶん意図はない、よく聞く慣用句として使っているだけ)
ウミは自分である!!

館内全員で万歳三唱させたのも
今の状況的にどうかと思う。
(不祥事にバンザイって・・・
日本の風習わかってないのか?
自分がよければメデタイという独善か?)

しかし、ガチで強ければ全部通るのが相撲界ですから。

40回優勝すればなんでも通る(※白鵬の気持ち)
メダテイからみんなでバンザイしろ(※白鵬の気持ち)
オレ様が一番。誰も逆らえない(※白鵬の気持ち)

もう大した事件じゃなかったことにしたら?
相撲界じゃいつものことである?!

日馬富士は1〜2場所、出場停止でいいんじゃね?
(表沙汰になったのは初犯だし)
どうせヒジとか悪いし、ちょうど治せるじゃん。
(降格は前例がない。クビにしたらモンゴルともめる。
貴ノ岩もモンゴルで叩かれることになる)

白鵬、鶴竜あたりも減俸くらいはしたいけど、
理由付けが難しいか?流れ的に無理かな?
厳重注意くらいかな
(お咎めなしはダメな気がするけど、
出場停止にしたら興行的にも
対モンゴル的にもマズイわなぁ。
だからモンゴル勢が増長する・・・)

貴ノ岩は、病状がわからんけど、
相撲取れそうなら来場所は、
落とさず番付そのままで。

貴乃花は理事降格かなぁ。
協会の都合だからしょうがない。
貴ノ岩がまた巡業先でリンチされないよう
見えるとこにはおいといて欲しいけどね・・・

だいたいガチ力士は軋轢を生むから
いつも損することになってる。

あぁ伊勢ケ浜親方とか、
八角理事長の処分ね・・・
どうでもいい。
相撲界の都合で決めて下さい。

とにかく、今後の相撲界の酒席は、
・協会に事前申告、
・凶器なし、
・スマホなし、
・代わりに防犯カメラ設置、
・ヘルメット着用義務付け、
ってことで
解決策にして下さい。

稽古場からは「凶器」を
なくしたんだからできるでしょ?

じゃ。



















November 25, 2017

情報工作戦の話(最近の教訓とか)

●マスコミは怖いね。
ウソと操作ばっかり。
大手は全部相撲協会にまかれてたし。

事実は1つのはずなのに、
報道する側の意図でどうにでも仕立てられる。

相撲協会側としては、
暴力学校での「集団イジメ問題」「凶器によるかわいがり」や
興行団体の「八百長集団リンチ制裁事件」にはしたくないと思うが、
かといって「先輩による指導程度」に矮小化したり
「態度が悪い後輩のせい」とか「仮病疑惑」とか
「学校の教員間の裏の勢力争い」とかのおもしろ話にするのはどうかと思う。

ワイドショーとかも
知ってる人は黙ってるし(言えないし)、
知らない人はトンチンカンで話にならない。

私は最初に推測がついたんで、
一般の報道も、ワイドショーのコメントも、
なんじゃこりゃ?って感じでした。

相撲協会ベッタリじゃない週刊誌の報道が、
書ける範囲でだいぶせまってたけど、
私の推測の1週間遅れでした。

私が推測できるんだから、
相撲関係者は全員知ってる。
言えないだけ。

●一般人も踊らされずぎ。

もう情報戦になってるんだから、
情報を出した側が誰なのか、
報道で言えること、言えないこともある。
その意図をウラ読みすべきなのに
報道のまま受け取って、思い通りに操作されている。

そんなんでいいのか?

芸人とかが芸の世界の基準で、
「先輩に逆らう貴ノ岩が悪い」とか言ってる
(もしかしたら日馬富士と親交があるんかもしれないが)、

腹が立って仕方がない。
こっちは勝負の世界で真剣勝負でぶつかるんだから話が違う。
上の言いなりになってたらそれは八百長。

もし目障りなら
土俵で決着をつければいいし、
もし態度が悪いなら
師匠が注意する。

マニアじゃないとウラ読みできないのかな?

そっかぁ、私も得意分野じゃないと
裏読みできんかぁ・・・

踊らされてるかもね。

●ついに「アサヒ芸能」が書いたね。
(いつかその手の雑誌が書くと思ってた)

「貴ノ岩が日馬富士を『八百長野郎』って罵倒した」って。
まさかウチのブログを見たんじゃないだろう。
最初からそういう構図は、相撲界では知られてたんだろう。

詳細なやりとりや状況までは不明だが
一因にはあると思う。

(でも、さすがに、そんなにハッキリ直接的には
言わないんじゃないの?
いろいろ圧力掛けられた(ご指導された)時に、
「モンゴルだからって、
つるんで脅す方がオカシイんじゃないんですか?」
「オレの方がまじめに相撲取ってる」
くらいは言い返したと思う。あるいは態度で示したか?!)

おそらく9月の錦糸町の時点でも、貴ノ岩は、
「オレはあいつらと違って星の回し合いなんかしない」
「あいつらは終わってる」みたいな意味のことを言ってたんだと思う。
(少なくともそう伝わった)
それが白鵬の逆鱗にふれた。

貴ノ岩が「生活態度に問題」「白鵬を批判した」
と伝えられながら内容の具体的な説明がないのは
「上位の馴れ合い批判(八百長批判)」
なので、具体的に表に出せないからだと思う。

モンゴル上位組合は、助け合えるんだから楽なもんである。
ガチ力士相手に勝ち残れた
調子いい方に星を回せば優勝である。
(たいてい白鵬だけど、たまには日馬富士)。
ガチで潰し合う必要はない。
昇進の時や、負けが混んで苦しい時は助けてもらう。
みればわかる。証拠がないので言えないだけ。
稀勢の里や高安、豪栄道がガチで潰し合って
ケガだらけなのとは全然違う。

全体の流れとしては、
・貴ノ岩がモンゴル組とつるまない。言いなりにならない。
(師匠の指導が行き届いている)
・その貴ノ岩が実力を付けてきて、
 上位のモンゴル組合には目障り。
・なんかエラそうに言ってるらしいぞ、と伝わる。
・ちょっとヤキをいれんといかんという思惑。
・巡業先でモンゴル三横綱含めて集結して「指導」。
・日馬富士の酒乱もあって、結局、実力行使(かわいがり)。
・貴乃花激怒で事件化。
(だって、貴乃花からみたら弟子のだまし討、リンチ)
・協会は構図を表に出したくない。暴行をオオゴトにしたくない。
・なので貴乃花バッシング。
・貴乃花はますます硬化。
・・・っていう状況でしょう。

ガチ力士が「かわいがられる話」は、
いままでも聞いたことがあるが、
土俵外で横綱集団が凶器使った話は初めて聞いた。
問題になったのこと自体初めてだが、
もみ消す気なのが腹が立つ。

白鵬も力士としてはすごいが、
しらっと土俵で勝つのを見ると腹が立つ。

●貴乃花はガチの変人(信念のヒト)と再認識した。

マスコミは理事長選の思惑とか
面白おかしく書くが、
たぶん本人はなんにも計算していない。
日馬富士の行末とか、貴ノ岩の身の振り方とか、
モンゴルとの関係とか、何にも考えていない。
(大相撲100年の大計はあるのかもしれない?)

現執行部と確執、軋轢はあるだろうが、
自分の損得や周りの計算では立ち回っていない。
信念だけだと思う。
真実を明らかにしたい。
誤った状況は正したい。
何の圧力も受けない。
自分は間違っていない。とやかくは言わない。
捜査機関に公正に判断してもらいたい。
それが、ガチ力士の真骨頂。

たぶん貴乃花本人も密室内の状況を知らない。
警察に明らかにして欲しいと思っている。
貴ノ岩が協会に聴取(圧力)受けてもムダと思っている。
しゃべらないから明らかに損なんだけど。

昔の話なんで誰も覚えてないでしょうが
宮沢りえと破局(破談)したとき、
宮沢りえ側がマスコミを利用(印象操作)して
大々的な貴乃花バッシングになったが、
どんなに叩かれても一切反論せず無言で通した。
美学か、信念か、力士の理想像か、
それが相撲道か・・・

そういう人なんだと思う。

以前に「奇行」もあったから誤解されやすいけど、
基本はまっすぐ過ぎるんだろう。
悪く言えば、意固地。

周囲が見えていないのか?
ヒトより広く遠くを見すぎているのか?
(半目になって遠くを見てるしね?)

説明しないから、損するのは間違いない。

口下手だから言わないのかと思ったが、
もし口開いたら、周りの悪口言うしかない。
自分もそのレベルまで落ちる。

師弟で周りから中傷されてるのに
自分は悪口言わない点はエライかも。
だから私が代わりに言ってあげる?!

ガチ師弟を「組合側」がリンチした挙句に
世論や工作でもリンチするなら
わたしは応援したい。

このまま貴ノ岩が戻っても
またヤキ入れられる。
(実際、ヤキ入れの翌日には日馬富士から
「またやるぞ」っていわれたらしい)
ヤキ入れやすいように
貴乃花を巡業から外したんだったりしてね?

ヤオ、ガチという言葉は相撲界のために
細心の注意を払い、今までは避けてたが
この件、キーワードなしで説明できない。

ガチかどうかの話になったら
貴乃花はなんにもやましい点がない。
相撲協会に貴乃花を批判できる人はいないはず。

●ただし国際的には沈黙の美学なんて通用しない。
黙ってたらやられるだけ。反論した方がいい。
ところが、日本には、
そんな機関、組織、体制が何にもないのが問題。
占領時につぶされたし、
今作ろうとしてもアッチ系がつぶすだろう。
(裏で作ってくれないか?)

サンフランシスコ市の慰安婦像で
大阪が姉妹都市をやめるという話。
判断の是非はともかく・・・

中国系の団体が建てたっていうけど
要するにあの国の国策。
結局、サンフランシスコは中国、韓国系市民が増えて
市長も中国系、市議もそっち系なんでしょ。
ほぼ「中国の一都市」みたいなことになってるらしい。
大阪市の抗議なんて痛くも痒くもない。

教科書に載せて校外学習とかでも徹底的にやるそうだ。
「日本軍に強制連行された何十万の性奴隷が皆殺しにされた」とかそういう話。
(※もちろんウソである。中国系の団体がネタにしようと
アメリカで公文書を組織的に調査しなおしたが
通常の売春婦であるという証拠しかなかった。
あいつらも承知の上のウソ。)

日本人は真実の方が通ると思っているが、
これは情報戦、諜報工作戦なんだから関係ない。

あいつらは国策で長期計画だから。
(その手先がアサヒ新聞)
反日、侮日、
日本の地位低下と日米分断の世界戦略どおり。
(その先に何があるか想像してみなさい)

要するに陣取り合戦で
中国側に北米大陸の都市1つとられたという話。
姉妹都市解消で快哉を叫んでるヒトがいるけど
何の解決にもならん。

問題はこれからもっとどんどん取られるということ。
反撃する手段は何にもないということ。
相手は国策なのにこっちは国内でいがみあってるから。
(モリカケはどうでもいいよ。
というか中国の工作か?)

なにせ今や世界の皇帝?を狙おうかという大国の国是が反日である。
一党独裁の設立の根拠が反日である。
それでまとめるしかない。実利も一致する。
一致団結して反日である。

経済活動でも中国には負ける。
あらゆる工作で日本人子弟は口でも言い負かされる。
ますます海外に出ない。
多勢に無勢で世界中で負ける。
影響力でどんどん負ける。
精神的に負けたら
最後は実戦で負ける。

私に言わせてくれるなら
「慰安婦」じゃなくて「売春婦」って呼ぶところから始めるけどね。
それで爆弾投下しといて、物議を醸したら説明すればいい。
ドロドロの汚い争いに持ち込むしかない。

これは既に戦争。
反論、言い訳じゃなくて「攻撃」しないと。
日本人に対するレイプです。
日本人が精神的にレイプされ続けるんです。

アッチへの攻撃は「売春婦という呼称」でも
「謀略による日本人へのレイプ攻撃だ」でも
ライダイハンでも米軍従軍慰安婦(売春婦)でも
通州事件でもなんでもいいけど。
個人レベルじゃダメ。

その点格闘技は気楽でいい。
割りと公平なもんだ。
体さえ丈夫なら楽しめると思う。

気晴らしにしかならんけど。

●ついでに北朝鮮の核開発はガチだけど
「危機」はヤオである。

「危機」の方が、
関係国みんなが得するんだからそっとしといてよ。





November 24, 2017

やっと柔道の話(ダース三角&アナコンダ三角)

「日馬富士暴行傷害事件」は、
どうみても、
「貴乃花親方のしつけが行き届いているせいで、
他の部屋の先輩になつこうとしない」
(要するに、真剣勝負で楯突く)貴ノ岩が、
示し合わせて集結したモンゴル横綱組合に
ヤキを入れられたようにしか見えない。
しかし、そういう構図はマズイらしい。

勝負の世界なのに、
同郷だからってつるんだり
先輩だからってなついたりする方がオカシイし、
集団で暴力で抑えようとしたら問題だが、
相撲協会の意図が浸透しているのか、
その点、大手は誰も指摘しない。

大手は「ガチ力士」とかいうワードも使えない。
「ヤオ」があるのか?という話になるから。

なので、ひたすら「増長した貴ノ岩が
先輩に逆らってケシカラン」とかいう話にしている。
「先輩側は気分悪いですよね〜」とかいうが、
それは土俵で勝負すればいい。
もし万が一態度に問題があるなら師匠から注意すること。
勝負師同士が土俵外で圧力加える方がオカシイ。
なのに誰も指摘しない。

(モンゴルでは朝青龍が、日本では相撲協会が、
貴ノ岩・貴乃花の誹謗報道を流しているらしい。
仮病だとか、ワナだとか、貴乃花が腹黒いとか、なんとか。
どうやら、貴乃花師弟孤立無援である。)

しかし、どう見ても
白鵬や日馬富士の増長の方が問題だろう。
(相撲協会はかばいたいと思うけど)

昨日も書いたが、
「お山の大将」だとおかしくなると思うよ。

日馬富士なんか、普段はいい人で、
礼儀も気遣いもすごいって聞くけど、
そんなの「勢力争い」とは別でしょ。

ライオンやオオカミ、チンパンジーだって
「身内」にはやさしいが、
なわばり争い、生存競争なら同種でも「敵」。
敵は殺す
(同種は殺さないっていうのは幻想、ウソです)。

人間でも仲間に入らない奴は敵。
同一組織内でも陰でヤキいれるくらいは当然。
それが生存競争に生き残る強者です。
(土俵外の行為が外界にバレると問題っていうだけ)。

(※人間の行動で不明なことも、
動物行動学とか参考にすれば、
たいてい答えがあります。
私は食事法、運動法、夫婦関係、人間関係、
親子関係、経済活動、国際関係・・・
なんでも野生の世界を参考にしてます。
真似じゃなくて、参考ね。)

日馬富士の酒乱のせいもあるんだろうけど、
背景はヤキ入れ(インネンつけたかわいがり)だと思う。
もともとそういう世界なんだけど、
やってはいけないことでも止まらない。
増長はあると思うよ。
いつも自分が大将だもの。

しかし、あこう堂の場合、
私は常に一番下っ端の使い走りであるから
増長しようがない。
ありがたいことである。

それどころか、
この半年以上、各種の故障で、
まともに筋トレもできない間に
ウチの中学生には筋力でも抜かれた気がする?!

(そのうち私がヤキ入れられるんじゃないか?
そろそろ酒席で集団で圧力をかけたり、
懐柔したり、出そうな芽は摘んでおくか?!
インネンつけてビール瓶で殴るか?!
順番に休場しているモンゴル横綱の気持ちはよくわかる?!)

まぁ、そんな感じで?
あこう堂では、
私は下っ端なので、
技もみんなに教えてもらっている?!

・・・ここからやっと柔道の話。

こないだの水曜夜練習は
うつ伏せの相手に、
うつぶせのままでかける横三角を練習しました。

「裏向き横三角からの浮固」ね。
(これは私の中の仮称)
普通の横三角はみんなやるけど
私はこのタイプやったことがなかったから。

というか、その前週にやろうとして
うまくいかんかったんです。

(※ちなみに、仁木先生のいう裏三角とはまた別です。)

いろいろ動画を見直して気がついたのは、
同じ技じゃなくて2種類あるっぽいこと。
しかし再現するのに頭が混乱する。

腕と頭のはさみ方、
体の向き、
アレレ?左右どっち?どっちの体側?
足のフック、アレレ?上下左右どっち?
そっから裏返る・・・
アレレ?どっち側で、どの方向で、どの回転か?
裏返る前はどうだったっけ???
もう何がなんだかわからない。

まぁ最終的にはみんなで
動画を見ながら解決してもらった。

 
最初のは、中村美里や中村兼三がやってた三角ね。
この方が普通だと思う。
通常の横三狙いでワキを閉じて防ぐ相手に、
首元に足を滑り込ませて三角に絡む。
絡んだまま裏返して
そのまま浮固で押さえ込むか絞める。


もう1つは絡み方が逆。
なので裏返した時も浮固にはなるけど逆の体位。
最初の,離織ぅ廚箸狼佞覆里
当初は区別がわからず混乱した。

・・・・・・

実は,離織ぅ廚蓮
3年前、ウチのブログに詳しくまとめてた。
今回、いろいろ調べてて気がついた(思い出した)?!
足の三角じゃなくて手を組む場合は、
アナコンダチョークといわれるタイプの絡み方かな???

△離織ぅ廚蓮∋邱臚芦茲任聾かけたことがない(たぶん)。
足じゃなくて手でからむ場合は、
ダースチョークといわれるタイプかな???

文字で書いてもなんのこっちゃ?
ってなるだろうが、
ウチに来た人には動画送信済み。
あとは知らん。

スピニングチョークの
ダースチョークとアナコンダチョークも前に考察した
(たぶん)
あとは知らん。

・・・いろいろやってみて思ったけど
三角にさえきっちり絡めたら
どの態勢でどの向きのどの三角でも、
足のフックがどっちでも、
後はどうにかなるんじゃねぇの?

三角の名手として一部で知られる木村光郎※
(※旧制津山中学→同志社高商。
高専大会優勝の立役者でもある)
の三角絞めは、そんな感じだったらしい。
とにかくどんな態勢からでも三角絞め、
名前のつけようもない多種多様な三角があったと
(仁木先生談)

<あこう堂>
あこう堂ホームページ
あこう堂の地図
アクセス(あこう堂はこちら)
(2号線からだと神戸新聞販売所のビル下をくぐって下さい)

※以下、いろいろ書いてるけど、ご要望さえあれば、
開催法、曜日・時間、料金体系とも見直します。
まぁ、いっぺんお問い合わせください。
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

‘讃譽譽鵐織襪両豺隋紛いてればいつでも可):
平  日:1時間:1000円〜(21時以降は1時間1200円)
土日祝:1時間:1200円。
(※ご予約はお早めに。平日は極力2時間以上でお願いします。
お急ぎはお電話で。確認のためメールもいただければ幸いです)
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775
(Cメール可)

∨莉疑緲砲量(19:30〜22:00)、
七帝柔道(高専柔道)の練習会として開放してます。
道場利用料:1人1回500円(※当日分の動画配信サービス込み)
当日の研究(講習)&乱取の動画をメールで配信しています。
・当日参加の方→メールアドレスを教えてくれれば配信します。

・その他配信希望の方→参加しなくても希望者には動画配信します
(維持協力金:1回500円。学生・生徒の希望者は無料)。
詳しくはお問い合わせください。
(※最新状況はお問い合わせ、あるいはブログなどでご確認ください。
今のところ、毎回数名の参加者がいるので開けてます。
ただ待ってても人が来なけりゃ帰ります。
逆に要望さえありゃ、曜日、開催方法、内容、料金なんでも見直します。)
あこう堂「古流柔道」練習会開催について
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)

私に余裕があればですが、
数名程度でお申し込みいただければ
「古流柔道」練習会開催します。
道場利用料:1人1回500円。
内容は・・・まぁ結局は、ご要望に応じます。
別にグラップリングでもなんでもいいです。
曜日、時間帯、開催方法なども要望があれば見直します。
あこう堂「古流柔道」練習会開催について
スケジュール確認はこちら
お申し込み・お問い合わせ(こちらをクリック)
Phone:080−5323−4775(Cメール可)
  
<保険>
スポーツ安全保険について(まずはお問い合わせください)

<最新情報は最新のブログかホームページでご確認ください> 

November 23, 2017

(続き)相撲協会も白鵬もブッタ切る話

もう相撲界の話は終わりにして、
ホントは水曜練習の話を書こうと思ったんだけど、
世間の騒ぎをみたら書かずにいられない。

●今回の日馬富士の暴行傷害事件。

学校で子供が集団のイジメで
血まみれにされたとお考え下さい。

部屋の師匠と弟子は、親子と同じです。
親は学校(相撲協会)に相談しても
もみ消されるか、ラチがあかないので刑事事件にします。
警察が乗り出します。
学校(協会)側は圧力をかけて
被害者親子を丸め込もうとするだろうが、そうはいかん。
あとは警察にまかせるのがスジ。

ただ、この場合、貴乃花は「親」の立場であるだけでなく、
「暴力学校」の教員でもある(協会所属の理事でもある)
そこがややこしいんだけど。

もともと被害者、加害者の両方が
同じ組織内にいるんだから、
その組織が被害者に行う「聴取」なんぞは「圧力」に過ぎない。
内容の公表ったって都合で歪めるに決っている。
本来は捜査機関がストップすべきこと。

貴乃花は相撲協会の聴取に応じない方が正しい。
協会の理事ではあるけど、
この際、相撲協会より警察権力の方が上。
それが法治国家。

または競輪とかボクシングで試合前に対戦相手(の集団)から
インネンつけられてリンチされたとお考え下さい。
試合に出場できる体調かどうかの話じゃなく事件でしょ?
もう警察の問題でしょ。
運営組織側が医者に聞き直して(圧力をかけて?)
「重症じゃないだろ」って言ったり、
「試合に出てこい」っていったらおかしいでしょ。

たんなる学校の生徒同士のイジメじゃなくて
興行会社の対戦相手同士での圧力である
という問題が軽視されている。

こういう状況だから貴乃花は警察ザタにした。
相撲協会としてはいろんな構図が表に出て
興行にも差し支えるのは都合が悪いだろうが、
マスコミ全部が相撲協会側になって、
貴乃花と貴ノ岩が悪く言われると納得できない。

●さらに昨日(九州場所11日目)の相撲の話。
アレで私は切れた。

白鵬が負けた後のクレームが見苦し過ぎ。
自分の思う立ち合いじゃなかったんで
マッタだと言いたかったらしい。
1分くらい土俵下で手を上げたり、
不満そうにあたりを見回したりしていた。
しぶしぶ土俵にあがったが、礼もしない。
相手が勝ち名乗りをうけて、
弓取り式はじまっても立ち尽くしていた。

ちなみに、立ち合いは完全に成立している。
両者手をおろして立ち会っている。
嘉風(もちろんガチ力士です)が、
「後の先」みたいになってスパッともろ差しになった。
白鵬は失敗したと思って力を抜いたかもしれない。
立ち合い不成立をアピールしたかったかもしれない。
しかし自分も張り手にいってるし、
立ち合いは成立しているんだから
自分が悪い。
自分の失敗なのに行事や審判にインネンつけるってどうよ。

(ちなみに、嘉風は仕切りの際の一瞬のヒラメキで
フワッとした立ち合いに変えて成功したと言っている)


嘉風がタイミングをずらしたってこと。
結果的に「後の先」になって、空間に潜り込めた。
この駆け引きも相撲。
嘉風の工夫を褒めるべき。

白鵬は、どんなときでも受けて立った
双葉山を目指してたんじゃないの?
これじゃゴロツキである。
普通の相撲取り以下である。
下の力士がこんなことやったらそれこそ制裁される。

たまたま中継みてたけど、
NHKのアナウンサーが
「あってはならないこと」
「これはイケマセン」と指摘したので
まだ救われたが、
土俵下の審判も毅然として叱りつけて欲しかった。

白鵬は、
相撲のしきたりも協会も世間もナメ過ぎ。
粗暴すぎ。
今回だけではない。

(張り手やカチアゲ=カウンターエルボーも物議をかもすが、
相撲内なので私としてはOK)。

下の力士に対する勝負後のダメ押しがひどい。
あれは威嚇、示威行為である。
「いう事聞かないとこうなるよ」っていう見せしめ
「オレは怖いよ」って威嚇してるんである。
勝負で叩きつけるまではルール内だが、
終わった後はイカン。

あんな横綱はいなかった
(朝青龍は酷かったし、日馬富士も似てるけど)。

白鵬には嘉風に無茶なダメ押しをして転落させ
井筒親方を骨折させた「傷害事件」もある。
なんでもっと大問題にしないのかわからない。

世界中で見られるTV中継で蛮行をみせるんだから、
見えないところではもっとひどいんだろう
(ウワサしか知らないけど)。

今回のクレームは、自分の意見は主張はすべきという
合理性みたいなものもあるのかもしらんが、
少なくとも今までの横綱には見たことがない。
(もちろん他の力士でも見たことがない)
あからさまに悪くなったのは朝青龍からだけど、
国民性かどうかはわからない。

こないだも書いたけど、
神様扱いされすぎておかしくなるんだろう。

日本人横綱だとそこまでおかしくならないのは
武道精神というより、
周りで幼少時からの知り合いとか、
親戚とか、昔の恩師とか、
叱ってくれる人間にも囲まれているせいかもしれない。

白鵬はどんどん「悪者化」してきた。

絶対権力の大ボスで誰も逆らえないから。
(実際、能力は高い。相撲の実力も努力も認める)

しかし権力が絶対過ぎるように思う。
「大横綱、大横綱」ってヨイショし過ぎ。
マスコミ含めてまわりは業界人、部屋でも絶対権力者。
(あそこの師匠じゃ立場的に無理)。
他の世界と交わる場合でも
ヨイショする人間しか近寄らない
人に頭を下げたり、謝ったりすることもないだろう。
それではおかしくなる。
(ワンマン社長だって取引先や銀行や客には頭を下げる)

白鵬が唯一裁かれることになるのがガチの勝負であり、
行司、審判である。
そこにまでインネンを付けだしたら終わり。
(何様のつもりか?、神様のつもりだろう?)。
無茶苦茶である。

だから今回みたいに、
ガチの部屋のガチ力士(貴ノ岩)にインネンつけたり、
リンチしたりする。
根は同じです。

もうワタクシ完全に貴乃花サイドに付きましたよ。
相撲界や興行がどうこうよりスジ通さないとダメ。

もう白鵬は出場停止にしたらどうか?
そうすると「ガチ力士リンチ事件」の関係者全員が休場になる
(白鵬、鶴竜、日馬富士、照ノ富士、貴ノ岩)
もともとそうしてもよかった。
ぞんぶんに事情聴取すればいい。
もちろん協会じゃなくケーサツが。

っていうか場所中だから
待ってくれっておかしくないか?
任意だからいいのか・・・

もう初場所なんて
「不祥事で開催中止」でもいいよ。

私は相撲は好きだけど、100年単位で考えるから
今回、モンゴル三横綱全員クビでもいい。
(しないと思うけど)

春場所は、開催してね。
見に行くつもりだから?!
















November 22, 2017

これ以上書けない日馬富士暴行事件の話

これ以上書けないっていうか、もう書きたくない。

それどころじゃないんで、今回で終わる予定。
めんどくさい。

今度出た情報によると、
なんでも、
貴ノ岩は(親方の指導でつるんだりしないんで)、
モンゴル組から浮いてるのは事実だけど、
日馬富士とは、もともと仲がいいんですとさ。

日馬富士は浮いてる貴ノ岩を
気にかけて、かわいがってやってたんですとさ。
(※このかわいがりは、カワイイって意味)

なのに貴ノ岩の態度があまりにも悪かったんで、
ついつい、今回ご指導が過ぎたんですとさ。
(※別のかわいがり?!)

・・・・・・
(※私の今までの推測と様相が多少違う。
誰からのどういう意図の情報かわからない。
たぶん日馬富士か協会側だろうけど。
どうしても、「態度が悪い後輩を、先輩が注意しただけ」
って形が望ましいんだろう。)

めんどくさい。

わかりました。
日馬富士は悪くないです。
後輩思いのいい人なんです。
酒が悪いだけ。
反省してます。
今度から素手だけにします。
やさしく平手で注意します。
凶器を使ったら最初から申告します。
だから勘弁して下さい。

悪いのは貴ノ岩なんです。
調子に乗りすぎた。
だから、ご指導感謝しております。
そして、大変反省してます。

丸く収めてあげて下さい。

いくらでも握手します。
白鵬さん見て下さい。
それで手打ちにさせて下さい。

10針(10数針?)縫うくらいはよくあることです。
頭もいろいろ痛いけど
どうせそういう競技です。
むしろ頭なんていつでも割れてます?!

鼓膜も破れたかもしれんけど、
破れてないかもしれん。
いやむしろいつでも破れてる?!
だから外から言っても聞こえない。
そういう競技です。

ホントは酒も悪くないんです。
モンゴル会も悪くないんです。
力士みんな仲良くしたいだけ。
仲良きことは美しきかな。
これからも土俵でもっと仲良くします。
褒めて下さい。

仲間外に圧力かけたりもしません。
とにかく仲良く、穏便にしたいんですから、
そっとしといて下さい。

貴乃花親方も弟子のタメを思い、
現在と将来の相撲界のタメを思っただけなんです。
だから公にしただけなんです。
責めないであげてください。

やさしくご指導いただいたのに刑事事件にしてすいません。
悪気はないんです。

相撲協会も解明と解決のために頑張ったんです。
内々で、丸く収めたかっただけなんです。
世間をお騒がせしたくなかったんです。
他意はありません。
そっとしといて下さい。

とにかく、みんながいい人なんです。

お相撲さんも
騒ぎの中で真面目に本場所の相撲とってるんです。
騒動になったんで、せっかくの九州場所なのに
中洲で飲めません?!

全員がいい人なのに何か文句あっか?

ワイドショーも週刊誌も
ネタできてよかったじゃん。

新聞もTVも
相撲協会との結束を再確認できて
よかった。

協会にさからう業界人は
誰もいないってわかった。
めでたい。

一般人も十分楽しんだでしょ。

みんなが得した。
めでたい話。

でも、もうおしまい!!
めんどくさいから。

国際社会で日本が地位低下して
ややこしい国にいろんな方法でやられまくってるのに、
もっと大事なことがあるでしょ。
こんなのモリカケ問題とやらよりどうでもいい。

済んだ、済んだ。
これでおしまい。

それでいいでしょ。

まだ文句のある人は

東京ドームか、後楽園ホールか、
その辺のラウンジでもおさえといて下さい。

公認凶器OKデスマッチを行います。

公認凶器は
ビール瓶、ウイスキー瓶、ワイン瓶、グラス、
カラオケのタブレット型リモコン装置、
マイク、灰皿、栓抜き、
アイスピック、アイスペール、ワインオープナー・・・
(※シャンパン瓶も追加します。
現場にあった情報がでてきたんで)

協会本部席に並べておきます。
なお、ビール瓶には水滴がついてるんで
取り落とさないようにお気をつけ下さい。

もちろん対戦は、日馬富士Vs貴ノ岩。

セコンドは、伊勢ケ浜親方Vs.貴乃花親方
(セコンドしてもらうより、
タッグマッチにしたいんだけど
もう親方の体がショボイでしょ?)

自分の弟子が流血したら医療用ホチキスで縫合します。

本部席には八角理事長を座らせとくんで、
場外乱闘のとき、
ついでにパイプ椅子で殴って下さい。

リングアナウンサーは白鵬かな。
じゃぁ、レフェリーは、ガチ代表稀勢の里で。

途中で朝青龍と旭鷲山が
それぞれ反対コーナーから乱入します。
凶器は車のサイドミラーにしましょう。
(※インネンの説明はTVの実況でお願いします)

観客席には
モンゴルの首相と大統領も来てもらおう。
花田虎上(勝)と藤田紀子(憲子)あたりも配置しておきます。
時々カメラで抜きます。
宮沢りえは・・・会場入りしてもらっても
ワケわかんなくなるのでやめときます。

流血したらドクターチェックが入って
診断書が発行されます。

先に休場の診断書が出た方が負け。

副賞はモンゴル利権ってことで。
他には、「相撲協会理事(理事長)の座」については・・・
え〜っと、その「抽選券」でも1枚つけますか?!

ちなみに凶器の使用はOKだけど
被害届の提出は
「反則攻撃」なんで、
理事降格です。

じゃ、そういうことで・・・・・

あっ!!
コレ、ゲーム化したらバカ売れじゃん?
相撲協会が権利関係渡すわけ無いか・・・



November 20, 2017

マスコミは書かない日馬富士暴行事件の話

どうも。

もう放っておきたいのですが、
前回、推測で書いちゃった後に
少々具体的な新情報も出てきたので書き足さないといけない・・・
あぁ、めんどくせ。

9月頃、貴ノ岩が錦糸町?の飲み屋で
モンゴル出身の若手力士を前に
「これからはオレの時代だ」
「オレは白鵬にも勝った」
みたいなことを調子こいて言ってたんですと。
(※事実、今年の春場所は白鵬に勝って
その優勝を阻止、自身も11勝で敢闘賞)

それが上位のモンゴル勢に伝わり、
「オレらの『組合』に逆らいやがって」
「生意気だ」
「空気を読むように注意せんといかん」
「序列をわからせんといかん」
「ヤキをいれんといかん」
みたいな話になっていたんですと(たぶん)。

その際、貴ノ岩が
白鵬のことも「批判」してたとか、
他のお客さんに迷惑になるほど
騒いでいたために
今回の「説教」になったという情報もあるが、
出処も真偽も不明。
さらに、貴ノ岩が後輩を殴っていたのが
けしからんからための「説教」という話も出てきた。
(どれも日馬富士側または協会側の情報だと思う)

結局、今回の現場、鳥取のモンゴル人会では
「『あいつらの時代は終わった』って言ってたらしいな!」と
白鵬らに問い詰められたんだと。

貴ノ岩はいちおう謝ったんだと。
「いえ、そんなこと言ってません・・・」

しかし日馬富士は
ずっと貴ノ岩の態度や挨拶が
気に食わない様子だったと。

(※もともと貴ノ岩は
貴乃花親方の方針で、同郷だろうが他部屋の力士とは
馴れ馴れしくするなと指導されている)

さらに白鵬の説教だか訓示の際、
貴ノ岩がスマホを操作したとか、
スマホが鳴ったとか、
スマホでしゃべったとかで、
その態度に(いい人?なんだけど酒癖は悪い)
日馬富士がブチ切れて暴行におよんだと。

(※最後は貴ノ岩が、
「注射(八○長)野郎」、
「おまえら注射(八百○)じゃねえか」
「星の回し合いしてるくせに」
「おまえらみたいにつるんで脅す方がおかしいだろ」
みたいなことを言い返したのが
決め手だという説もあるが、
それは表には出ないだろう)

(※ビール瓶かどうかはどうでもいいが、
硬いもので上から叩かないと頭頂部は切れない)

貴ノ岩は
「鳥取城北高校の会」に参加することは
貴乃花親方に伝えていたが
二次会(モンゴル人会)については
伝えていなかった(伝えられなかった?)らしい。
おそらく本人は出席したくなかったが
鳥取城北高校関係者もいたのでイヤイヤ
(またはウッカリ)の参加。

・・・今回の「新情報」は、
微妙に前回の推測とは違うけど、
発表できる範囲で多少「まろやか」に
してるんだと思う。
(あるいは日馬富士側、相撲協会側の意図に沿って
貴ノ岩の印象を悪くしようとしている)

結局、ポイントは前と同じです。
何にも変わりません。

(※そもそも錦糸町でも貴ノ岩が
「おれはあいつらと違って星の回し合いなんてしない」)
って言ってた説がある。
それが白鵬の逆鱗にふれたという話。
しかし、表には出ないだろう)

●もともと貴乃花親方の指導があるので、
貴ノ岩は部屋をまたいだ「仲良し会」であり、
真剣勝負を疑われかねないモンゴル人会とは
一線を画している
(モンゴル勢の中では浮いている。
上位のモンゴル仲間には入っていない)

●なので鳥取の飲み会(ラウンジでの二次会)のイザコザは、
貴ノ岩 Vs.モンゴル人上位力士集団。
気に食わないガチ力士である貴ノ岩吊し上げの様相である。

(他のモンゴル人は三横綱&照ノ富士と逸ノ城。
照ノ富士は日馬富士と同部屋の大関(元)で、
照ノ富士と逸ノ城は鳥取城北校で貴ノ岩と同窓。
なので地位と立場的に暴行を止めるのはまず照ノ富士。
それでも止めなければ最後は白鵬含めた全員・・・)

●興行団体内やお仕事の上下関係であるなら
「説教」「指導」もアリかもしらんが、
競技選手同士であれば、
仲良くしようとするのもおかしいし、
上下関係や人数で威圧したり、
意に添わせようとするのもおかしな話。

●もし貴ノ岩が一般人に迷惑をかけるほど
「生活態度に問題」があったって言うんなら
シラフの時に師匠筋から注意するのがスジ。

態度が悪い時のことを言い出したら、
日馬富士が一番評判悪い。
(日馬富士は普段の評判はいいが「悪い時」がひどい)
土俵上でも白鵬、日馬富士の
勝負後のダメ押しは目に余る。

横綱になると神様扱いで誰も注意できないんだね。
子供の時から相撲界の常識しか知らずに「神様」になったら狂う。
相撲記者は嫌われたらアウトだし、
部外者もヨイショする人しか近寄らない。
よっぽど師匠が厳しくしてこないと。
師匠が軽いとダメ。

●モンゴル仲間で制裁を加えるっていうのは
結局、モンゴル組での秩序、オキテ、序列の話。
態度云々って言うけど、要は勢力争いのインネン。

●白鵬に対する礼儀がどうのって言ってるけど
絶対権力者の白鵬に気に入られないと叩かれたり、
気に入られると「引き上げてもらえる」
システムの方がおかしい。

そもそも酒席をともにすることになったのが
失敗なんだけど・・・

●上位でも玉鷲、荒鷲(現場にはいない)、
逸ノ城(現場にいた?、二次会はいない?)
などは、普段はモンゴル仲間で仲良くつるんだりしないそうだ。
(逸ノ城は今回、鳥取城北高校つながりの参加)
まぁ三横綱より実力的には下だけど
実際、白鵬に勝ったこともある。
(逆に白鵬からダメ押しの制裁?されたり、
巡業先で「可愛がられた」こともある。
逸ノ城なんて「可愛がられ」すぎて
入院してなかったっけ?)
ただ、勝負に「遠慮」はないのが当たり前。

●「空気を読む」とか「同郷で仲良く」なんてしてたら、
真剣勝負はできない。
勝負には忖度も斟酌もいらない。

貴ノ岩の「態度」の問題は知らんが、
上から言われることで萎縮して、
ヘコヘコするようではずっと上位力士に勝てない。
威圧して言う事きかせようとする方がおかしい。

・・・・・・・・・・

貴乃花親方が怒るんなら
そういう話だと思うけどね・・・
もともと「モンゴル組合」に腹を据えかねていたのかもしれない。
理事長戦とか、不満はあっても
立ち回りの損得までは考えてないように思う。

ある意味、変人(まっすぐな人)だから。

(単に対等な立場でのケンカや
「ご指導」によるケガならそこまで問題にしない。
ただそんな背景は表に出せないので、
ワケがわからなくなる)

●相撲界内部は全員、事情を知っている。
知ってて言えない。
「モンゴル主流派の意に沿わない
ガチ力士の貴ノ岩が横綱にヤキを入れられた」
って構図になると、単なるケンカよりまずい。

「モンゴル村」の存在自体も、
上位力士が仲良しなのも、まずい。
結局、なあなあの人間関係で相撲とってる
っていう話になるからね。

モンゴル三横綱全員からんでるのもまずい。
(※現在の主流派)。
ウミを出すったって、モンゴル会はおかしいとか、
全員クビとか、全員出場停止とかにしたら、
興行が成り立たない。
国際問題にもなる。
なかよし会のことを問題にしたら、
真剣勝負だったという根底も覆る。

また日本人ガチ力士で大したのがいないからね。
貴乃花で最後。
彼のは、逃げたり手抜きの相撲も見たことないし、
下位力士へのダメ押しとかもみたことがない。
つるむことも馴れ合うことも威嚇することもなかった。
それで200kg超級のパワーエリート相手に優勝を重ねてたんですよ。
そういう意味でも孤高の大横綱ですよ。

だいたい、先場所、
あの展開から豪栄道が優勝逃すってどういうことよ?
稀勢の里の現状はあのザマだしね・・・

●新弟子暴行致死や
野球賭博、八百長問題の一連の不祥事の時は警察が
本気だったから(たぶん暴力団対策がらみ)、
どうでもいいネタでも話を大きくしてたんだろう。
相撲協会より警察権力の方が強いから。

今回は、全員でできるだけ小さい話にして
済ませたいように見える。
貴乃花親方より相撲協会の方が強いから。

マスコミも、
以前は、隠蔽体質がケシカランとか言ってたのに、
今度は、大騒ぎにしたことがケシカランとか言いだした。

以前なら稽古場の竹刀とか、
部屋内でスリッパで叩くのでも
大問題だって言ってたのに、
今回は、対戦相手を酒席で流血させてるのに
ケガは大した事ないとか、
ビール瓶ではないとか、
貴ノ岩が仮病だとか、
先輩に対する態度が悪いとか、
スマホ操作するのが悪いとか、
貴乃花がヘンとか言い出した。
(そういう方向の情報を流しだした)

●貴乃花が協会に報告しないのが悪いとか言ってる。
それは、もみ消せ、表に出すな、内部で処理しろっていうことか?
今までのマスコミと違うでしょ。

●ガチ力士はいつの時代も苦労するよね。
いろんなことがあるのも全部ひっくるめて
相撲界の味わいだけどね。
でもマニア以外はわかんないよね。

●私としては、モンゴル人会が
単なる仲良し会であるほうがこわい。
一人も逆らう人間がいないと、そんな集まり疑われるでしょ。
揉め事が起きて、逆に少し安心した。
というかもう「モンゴル会」とやらで
上位力士まで仲良くするのはやめなさい。
やめるしかないよね。

どうせモンゴルも人数が増えすぎたから
一枚岩では無理になってきたでしょ。
だいたい他の部屋の力士と仲良くするのは
引退後にしなさい。
それが本来のあり方です。

●全員で貴ノ岩をリンチしたんじゃないらしい
(そりゃさすがにそうか)
精神的には1対多かもしらんが、
暴行自体は、
いちおう全員で止めたらしいのも安心した?
(貴ノ岩の兄は、
周りは誰も止めてくれなかったと言ってるけど)

●証言しているモンゴルOBのうち、
朝青龍は日馬富士の兄貴分なので日馬富士側。
他のモンゴル派閥は、もちろん白鵬含めて
しゃべる場合は、基本ぜんぶ、日馬富士側。
だって騒動が大きくなるのも、
構図が勘ぐられるのも相撲界にとってまずいから。
他の下っ端は、黙ってるしかない。

OBでも旭鷲山は朝青龍とは別勢力で仲が悪いので、
貴ノ岩側。
今の証言者で貴ノ岩側なのは、旭鷲山と貴ノ岩の兄くらい。
ただし相撲界のこと、
モンゴルでの今後の生き方を考えれば
トーンダウンしていくと思う。

●マスコミは上記のような構図
(モンゴル主流派組合Vs.仲間に入らないガチ力士)は
表に出さない事になってると思う。
たんなる揉め事に矮小化したいようだ。
だから大マスコミは報じないと思う・・・
(大手は遠回しにしか言えない。
TVもストップかけてると思う)

なので、
このまま、診断書がどうとか、
ビール瓶かどうかのぐだぐだや、
貴ノ岩が仮病とか、
貴乃花親方がヘンとか、
角界(理事長選)の勢力争いがどうとか、
別の話にすり替える気がする。

ただ、私は相撲界も大事だけど
スジが通らないこともキライ。
それに、黙ってられない性分ですから・・・

●診断書いた医者が見解を出し直したとおり
その医者が相撲協会と結託してたり?!
圧力を受けてたり?!
状況の悪化があったんでなければ?!
場所には出場できる身体状態だったのかもしれない。

ただし脳震盪があった場合、
セカンドインパクトの問題などもある。
競技復帰には段階を踏むべきという見解もあるはず。

裂傷は一回塞がってもまた裂ける場合もある。
私もヒザの傷で縫合して抜糸した後に
柔道して、また裂けたことがある。
しかもそれを2回繰り返した。
皮膚が引き千切れたから傷がぐちゃぐちゃで長期間かかった。
相撲界の常識なら頭縫った後でも相撲はとるだろうが、
医者の立場なら止めてもいいと思う。

それを何の含みもなく「出場可能」
「重症じゃない」と
わざわざ言い直したことに
逆に違和感がある。

周りも状況わからないはずなのに
仮病疑惑とか騒ぎ出した方がウラの意図を感じる。

協会が、まるでお手柄みたいに
「重症じゃない」って言って
診断医の再調査情報を公開した点がちょっと怪しい。
(まぁ、協会Vs・貴乃花になってるんだろうけど)

(※協会が医者に「重症じゃない」って発表するよう
圧力掛けた説はある。
医者だって貴乃花よりは協会とうまくやりたいだろう。
だって、「疑い」とは言え当初は、
頭蓋底骨折、髄液漏まで書いておきながら、
「それは大丈夫です」って矛盾してないか?)
もともと頭痛が残ってるか、
頭痛が増してきた場合の疑いであり、検査だと思うが?

(※たぶん最初は貴乃花親方よりに記載し、
相撲協会に言われたら協会よりに証言している)

●診断書が2通あるのは当たり前である。
当初は救急で裂傷の手当をしただけ、
とりあえずの被害届用だろうし、
次はMRIやCTで脳の精査したんだろう。

経過後に頭痛など後遺症が出たせいで精査した可能性もある。
骨折云々は不明だが(医者が不明と言うなら不明)、
2通あることを疑惑と報じることに自体に意図を感じる。

●どっちにしても、貴乃花親方はブチ切れてるんだろうし、
こんな状態で弟子を出したくない。

もし肉体的に出場可能でも、結託して脅されるような土壌が
解決しないまま、出場して対戦する方が本来おかしいはず。
(結託してリンチされるところへ出場しないでしょ?!
いや、それも含めて「実力」なのが相撲界だけど・・・)
この際、状況を変えたいというならわかる。

ボクシングの世界戦で試合前に相手から頭割られたら
出場できるかどうかの問題じゃない。
まず刑事事件、捜査優先でしょ。

●「怪行動」「一貫してない」って言われるけど、
まずブチ切れて
とりあえず「状況保全」のために被害届出したのだろう。
協会に対する不信感(もみ消しに対する不安)、
今までの軋轢もあったかもしれない。

当初は示談にするか、謝ったり、態度、状況が変われば、
取り下げて内々で済ます気もあったのかもしれない。
どいつも警察相手じゃないとホントの話するワケがないので
協会より警察にまかせる気だったのかもしれない。

こじれたか、思うような変化がなく、うやむやにされそうだったので、
実力行使(休場、スポーツ紙へのリーク)に出たのかもしれない。

それでやっと状況が明るみに出た。
しかし、いままで相撲協会の隠蔽体質を叩いていたはずのマスコミが
明るみに出した「お手柄」のはずの貴乃花を
褒めずに叩き出したのも不審。

(勘ぐられるのも
大問題になるのも困るからだろうけどね・・・)

●貴ノ岩、貴乃花が協会に報告しない、
しゃべらないのがケシカランと言われるが、
それも協会側の都合である。
同一組織内の事件なんだから上下関係で
圧力かけたり、丸め込まれるに決まっとる。
イジメ問題だって学校は隠蔽するでしょ。
「事件」の「被害者側」として
警察ザタにして警察には協力してるんだから
組織側が「被害者」にどうこういう方がおかしい。

とにかく、
大手が全部、相撲協会寄りなのが気持ち悪い。

あんまり貴乃花親方を追い込むと
相撲協会が喋って欲しくないことまで
ぶちまけたりしてね。

貴乃花は相撲人生で
やましいことしてきてないからね・・・












November 18, 2017

書いちゃいけない日馬富士暴行事件の話

角界のため、これまでは、
細心の注意を払って遠回しに書いてきましたが、
大マスコミ以外はちょこちょこ書き出したので、
だいぶ具体的に書いちゃう。

以下に解説します!

●日馬富士が「モンゴル人会」で
貴ノ岩を殴ったのは事実。

(この際、ビール瓶かどうかはどうでもいい。
でも頭頂部が切れて縫ったのはホントらしいから
素手じゃなかろう。
すくなくとも誰かがウソついてる。
全員が口裏合わせないとどうせバレる。)

●「モンゴル人会」の部屋をまたいだ
「仲良し体質」を嫌う貴乃花親方は
今まで、貴ノ岩の出席は許してなかったが、
今回は、巡業先の鳥取でもあり
鳥取城北高校※時代の関係者、恩師などもいて
おそらく準公式行事として
許したのだろう。
(勝手に出席することはなかろう。
恩師に誘われてイヤイヤ行ったのかもしれない)。
(※照ノ富士、逸ノ城、貴ノ岩はモンゴル力士だが
鳥取城北高校出身)

●貴ノ岩は普段からモンゴル人会とは距離を隔てている。
両親を早く亡くし、師匠の貴乃花に薫陶を受けている。

(なので、土俵で対戦する敵である他の部屋の力士とは
たとえ同郷であっても仲良くつるんだりしない。
当然、周囲とは浮く。
旧二子山系の初代若乃花や
初代貴ノ花の弟子はこの系統が多いと思う。
もともと隆の里の弟子で、
初代若乃花からは孫弟子である稀勢の里も同じ)

●一方、今回出席したモンゴル三横綱(白鵬、日馬富士、鶴竜)、
照ノ富士などの相撲をみれば、
「モンゴル人会」が仲良しクラブであることは明らかである。

鶴竜、日馬富士の横綱昇進時、照ノ富士の大関昇進時、
負け越すかどうか、陥落するかどうかのカド番の時など、
要所で白鵬が「情け相撲」
をとっていたのはみえみえ。

上位をモンゴル勢で占めて
ここぞというとき都合の良い方に勝敗を決めるなら
楽なもんである。
ガチ力士相手に勝ち残れた方、
体調のいい方に星をまわせば、
確実に「組合内」で優勝できる。
(※心証だけで物証がないから
相撲記者も大マスコミも書けないだけ。
私も控えてたけど書いちゃったよ・・・)

もっとも白鵬の「情け相撲」「空気を読んだ相撲」は、
豪栄道(ガチ力士)や琴奨菊にも発揮されてたような気がするが、
気のせいかもしれない?
第一人者で、
興行団体の長としての責任感かもしれない?
(書いちゃったよ・・・)

●どっちにしても
本来、現役の横綱同士が
「モンゴル人会」のように仲良くしていてはいけない。
それを見せてもいけない。
距離をおくのが当然。
(貴乃花の現役当時は厳しく自分を律していた)

●馴れ合いは、孤高のガチ横綱として
押し通した貴乃花がもっとも嫌う状況である。
もちろん相撲界にとっていいことではない。

(興行団体なら時に少々はしょうがない気もするし、
その方が、丸く収まることもある気がするんだけど
まぁ程度問題かな・・・)

●さて、普段は参加しない貴ノ岩を
密室に長時間「捕獲」したんだから、
大チャンスである。
日馬富士が貴ノ岩の「生活態度を注意していた」というが、
要するに、もっと我々とも仲良くしろという説教。
「モンゴルの『仲良しクラブ』に入れ」という意味だろう。

(※具体的な「貴ノ岩の生活態度の問題点」
が報道されないのは、そういう意味ではないか?)
(※ここをつつくとマズイので
相撲関係者は知ってても言わないだろう)
(※もちろん私の推測です)

●一方、貴ノ岩は
他の部屋の力士とは馴れ馴れしくするなと指導されている。
もともとイヤイヤの参加である。
聞く態度にもイヤイヤ感がでる。
そうでなくても岩のような仏頂面である。
先輩にこびないので可愛くもない。
(※私の推測です)

ちなみに、
日馬富士については、
普段は気が利くいい人だが、
酒が入ると粗暴という情報と
禁煙の支度部屋でタバコ吸ったとか、ガム噛んだり、
缶ビール飲みながら取材に答えたなど(昔の話だけど)、
「生活態度に注意」の情報があったが、
貴ノ岩は真面目とか寡黙という情報しかなかった。

●貴ノ岩のスマホが鳴ったことに
日馬富士が切れたうんぬんという情報があるが、
それは、きっかけだろう。
貴ノ岩の「もうあんたらの時代じゃない」と言う言葉が
きっかけだったという報道もある。
実際は、
「あんたらは注射相撲(八百長)のくせに!」とか、
「ポンコツが星の回し合いしてるだけじゃねえか!」とか、
「オレはポンコツと違って注射じゃないぞ!」とか、
「順番に休んで星も回してたら楽なもんだ!」
「老いぼれ注射野郎!」
みたいな意味の言葉ではないか?
そりゃ日馬富士もブチ切れる。
(もうちょいソフトでも十分、切れる)

(※こういう言葉は相撲界にとってマズイので
両者とも表に出さないと思う。
だから詳細な内容は出てこないと思う。
そこがもどかしいところ)。
(※そもそもモンゴル語なら
同席者がいても日本人にはわからない)
(※けど、ブチ切れた日馬富士を誰も止められなかった
(止めなかった?)というし、
翌日、貴ノ岩側から「謝罪」したというから、
そんな内容じゃない?)
(※もちろん全部が私の推測です)

●貴乃花親方は状況を知ってブチ切れて
まず被害届を出したのだろう。
(もみけされないためもあるかもしれない)。

弟子が殴られてケガ(血まみれに)させられたら普通は怒る。
しかも上記のような背景で威圧されたんである
(※もちろん推測)。

●我が子のような弟子かわいさの親心、
全力士に睨まれながら最高位まで上り詰め
満身創痍で闘ってきたガチ力士としての信念、
やはり貴乃花の相撲道だろう。

であるならば
貴乃花としては、
対外的には
「弟子を守るため」
「相撲道を守るため」
とだけ言えばいい。

もちろん相撲の勝敗が、
土俵外の仲良し関係や同郷関係、
上下関係や暴力や説教で
曲げられてはならない。

●力の世界ではあるが、
力の論理が許されるのは土俵内で相撲ルールの場合だろう。

かつて千代の富士は、
対戦相手が畏怖心、恐怖心を持つまで
稽古で徹底的にかわいがっていた。
しかし、これは相撲の稽古内の話。
相手も結果として
横綱に稽古を付けてもらえて強くなれた。
結果として相撲界全体のためになる。

朝青龍がこれを
強ければ何してもイイと勘違いしたらしく
「改悪」した。
本場所で負けた腹いせに
言いなりにならないガチ力士の代表、高見盛に
稽古で「制裁」「見せしめ」を加えた。
釣り落しで肩から叩きつけられた高見盛は、
故障で相撲寿命を縮めた。
(同じ高砂一門なのに無茶苦茶である)

他にも同様の振る舞いは多かった。
本来は下の者を強くする稽古が役目だが、
相手を潰しても
自分さえよければいいという態度。

勝負が付いた後の無茶なダメ押しも目立った。
その悪い面を見習ったのが、
弟分の日馬富士であり、
さらには白鵬も勝負後のダメ押しは常態化している。

白鵬がダメ押しで嘉風(ガチ力士)を転落させ
下敷きになった井筒親方が骨折した事件もある。
(彼は双葉山を目指してたはずだが?
おかしな話である。
しかし、だれも白鵬に注意できないんだろう)

(※白鵬も日馬富士も力士としての能力は高いし、
努力も評価してるし、個人的にも好きな力士なんだけどね。
日馬富士なんか慈善活動までしてて
普段は評判いいんだけどね)
(※後輩などの面倒見がいい話も聞くが、
「仲間」と「敵」は区別するのかもしれない?
これも推測だけど。)

●貴乃花親方については、
被害届後の行動が一貫しておらず「怪行動」とされるが、
事を荒立てても相撲界としての得はないし、
自分も被害者側でありながら責任者でもあるし、
当初は、公にせず、
正式に謝罪、対応や、なんらかの変化があれば
取り下げる気もあったのかもしれない。
不信感があって説明しなかったのかもしれない。

思うような対応がなく、
本人がしらこい顔して本場所に出場してきたのと、
協会もうやむやにしそうなので、
入院、診断書提出、休場、
スポーツ紙へのリークなどの
「実力行使」に出たのだろう。

弟子に休場のリスクを負わせてでも
横綱と心中してでも
相撲界の状況を変えたかったのかもしれない。

こうなればもう引っ込みがつかない。
しかし警察ザタなので、
めったなこともしゃべれない。

相撲協会、現執行部への不満や、
理事長戦、協会内の勢力争いという観点については不明。

貴乃花親方が
現執行部と親密じゃないのは確か。
軋轢も確執も不満もあるだろうけど
それよりも、
自分の信じる相撲道、
ガチ力士としての怨念、
親代わりとなって育てた弟子かわいさ
そっちの方が上な気がする。

自分を厳しく律してきた人である。
損得の計算よりも
信念の行動だろう。
(たぶん)

「土俵外の暴力に屈したら
相撲道が歪む。
そんな状況で出場できない。
この際、状況を変えるべきである・・・」。

(しかし、大マスコミは背景を書きにくい。
ガチ力士とか八百長とかいう言葉は使えないから・・・

貴ノ岩のケガの程度についても不明。

診断書が2通あって怪しいうんぬんというが、
2通あること自体は、普通に考えて当たり前。
被害届の時点では救急か、
精査してないかだろう。
その後に精密検査(MRIとかCT)したなら
当然、内容も詳しくなる。

頭蓋底骨折うんぬんや時期や程度は、
診断した医者がわからんのだから
こっちはわかるワケがない。
何かの凶器で頭頂部が切れたのと
だいぶ殴られたのは状況からして事実だろう。
(たぶん鼓膜も破れてる)。

しかし骨折がなくても
頭頂部に傷があったら本場所には差し支える
対戦相手を事前に酒席で威圧したり、
殴っておく競技があるのかという話。

身体的に本場所開催時点で
出場可能だったかどうかは
この際関係ない。

●昔からガチ力士が変人扱いされたり
周囲から圧力を受ける話はよく聞く。
(実際、カタブツの変人も多いんだけど)

●相撲は瞬間の勝負に命を掛けるのである。
いわゆる八百長じゃなくても
情が移るだけでも全力は出しにくいものである。
「威圧」もおかしいが、逆に「情」も禁物。

生涯ガチで押し通し、
200kg超級の力士の全力の攻撃も正面から受け続け、
満身創痍で引退した貴乃花にとって、
唯一、実兄の若乃花との優勝決定戦で
ともに目指してきたはずの「相撲道」に反して
尊敬する実父(二子山親方)が示唆した
「情け相撲」(※要するに「負けてやれ」と言われたこと)、
さらには、結果的に示唆された結果になってしまったこと、
あまつさえ、その一番だけをもって
「八百長」と言われ続けることは、
生涯の汚点、トラウマになっているはずである。
(※実際に負けようとしなくても、心に曇りがあり、
葛藤があるだけで自分の全力は出せなかったはず。)
(※おそらく生涯、悔み続けるだろう。)
(※だから、もともと弟を守るために角界入りし、
ともに稽古に励み、共に闘ってきた兄ともその後、
絶縁状態なのである)

入門時から親子の縁も絶って
師匠と弟子として相撲道に励んできたはずである。
敵意むき出しの相手を常に実力で倒して出世してきた原動力は
力士としての父・大関貴ノ花への尊敬・憧れがあったはずである。
最後に信じてきたものをひっくり返されたあげくに
自身も非難されたのでは悔やみきれない。

そんな骨肉の苦しみを経験した貴乃花からみれば、
星の回し合いがあろうがなかろうが、
同郷程度のことで敵同士なのにつるんで飲んでいる力士、
酒席を楽しんでいる力士自体が不愉快だろう。

その信念で育ててきたかわいい弟子に
そんな酒席で手をかけられたら
許せないのはわかる。

●問題は、今回の実態が
単なる
「酒席でのお相撲さん同士のいざこざ」
「モンゴル力士同士のケンカ」なのか?
それとも、
モンゴル派閥へ入らない
「ガチ力士の吊し上げ」
「ガチンコ力士密室リンチ事件」なのか?
という点。

暴力やケガの程度がひどいかどうかは
実はどうでもいいんです。
(相撲が取れる状態かどうか、
ビール瓶かどうかは私の論点ではない)

私は貴乃花が怒っているっていう時点で
上記のような構図が浮かびましたけど・・・
証拠もないんで、最初は遠回しでしたけど、
とうとう書いちゃいましたけど・・・

大マスコミは書けないけど
もう少ししたら
週刊誌あたりがポツポツ書くんじゃなかろうか?

このブログと同じく推測で書いていいからね?!





















November 16, 2017

貴乃花親方Vs相撲協会

どうも。

こんなこと書いてる場合ではないですが、
気になるのでしょうがない。

現在、漏れ聞こえてくる情報を総合するに
もはや「日馬富士Vs貴ノ岩」でも
「日馬富士暴行事件」でもないですね。

「貴乃花親方 Vs.相撲協会」
「貴乃花流 Vs.相撲界」の様相。

まず被害届を出したのは、
対決姿勢の表われ?
相撲協会にもみ消されないためか?
頭部の状態も貴ノ岩本人がガマンしてただけで実際に
重症だったのだろう。

(翌日の巡業の取り組みで、
映像に傷がないと指摘されるが、
縫合した傷口は頭頂部の毛髪の部分だったと思われる。
鼓膜は破れても見えない。
顔なんて肉が分厚いし、
普段から掌底で叩かれてるから素手じゃ痕は残らない。
取り組み自体も、頭からかましてはいないし、
頭が痛くてもあれくらいの「花相撲」なら取れる。
ただその後、頭痛が増したり
出血、液だれが続いたのかもしれない)

それより、貴乃花。
さすが孤高のガチンコ人生である。
理事長戦でも数少ない貴乃花派?だった
伊勢ケ浜親方(日馬富士の師匠)まで敵に回した。
ガチでやる気である(たぶん)。

さて、貴乃花親方の不満、仮想敵は、
相撲界の閉鎖性、暴力・隠蔽体質か?
現執行部や八角理事長か?
(たぶん貴乃花的には日馬富士のことはどうでもいい。)
それとも同郷力士などのなれあい体質か?

目指すは理事長就任か、
大相撲の地位向上、健全化か?

大相撲が単なる興行団体なら
「内部の問題」「お相撲さん同士のケンカ」で済む?が、
勝負の世界でもある。

貴乃花はそこをガチで押し通してきた相撲人生である。

あまり指摘されないが、
もし他のプロ競技の世界で
対戦相手に暴力をふるって怪我させたら大問題。

というか、「対戦相手」と飲んで
「説教」したり「懇親」したりする
プロ格闘競技もおかしい。
対戦前に相手を自分の意に添わせようしたり、
ビール瓶で殴っておく競技はない。

今回、「モンゴル人会」での揉め事だが、
それが「リンチ現場」であってもおかしいし、
「仲良しクラブ」であってもおかしい。

あまり指摘されないが、
同郷や同窓でも不要な懇親は断つべき。
もともと、そういう信念もあるのか。
(普段、貴ノ岩は親方から
出席を許されてなかったらしい?)

他の部屋の力士とは土俵で対戦するんだから
全員が敵。
馴れ馴れしくすべきではないという
厳しい親方、部屋もある。
というか、現役中に他の部屋の横綱同士が
一緒に飲んで「懇親」したりするものではなかった。
敵でもあるんだから最低限の挨拶・礼儀だけでいいはず。
貴ノ岩の態度(知らんけど)も、
そういう親方の影響を受けているのか?

たぶん貴乃花部屋で
貴乃花親方だからこその事件であり、
表にも出たんである。
ぜんぶガチである。

私としても
直接対戦のない同部屋内の力士のケンカや
「指導」なら、それが理不尽でも大ケガでも見逃す。
(理不尽はいかんか・・)

他の部屋の力士相手でも
稽古でしごいて「上下関係」を植え付けたり、
「指導」するところまではアリ。

しかし対戦相手への
土俵外での暴力というのがひっかかる。
それが常態で勝負に影響してはいけない。
報道はしにくいだろうが、
ガチで通した貴乃花親方だけに
その観点も大きいのではないか?

まだ貴乃花親方の言い分は出てないが、どう証言するのか、
貴ノ岩は実の両親とは早くに死別しているらしいが、
その分、貴ノ岩がかわいいとか、
実の親の分まで責任を感じて
許せないというのもあるのか?

貴ノ岩は親方側か?
自身もモンゴル勢としてはどうなのか?
モンゴルでの立場はどうなるのか?
貴ノ岩は証言できるのか、どう言うのか?
相撲界でも息苦しくなると思うが、
親方と共に信念を貫けるのか?
そもそもどう思ってるのか?

目が離せません・・・








November 14, 2017

ゲンナリする話

え〜、全く景気のいい話がないのですが、
いちおう書いときます。

ついに老化を認めます。

先日の話。
久方ぶりに家族と休日の予定があい、
一緒に「都会」まで出たのですが、
その後、ヨメ子供は観光やら買い物に、
ワタクシは、半日ほど1人で
「老人として」過ごしました。

実はスポーツクラブのタダ券があり、
オッサン一人で過ごすにはちょうどよいと思ったのですが・・・

まず、右肩が痛い。
右腕でできるのは
肩を動かさないタイプの腕立てとアームカールくらいである。
左上腕二頭筋も痛い。
左肩は動くが、重いものは持てない。

足腰でも鍛えればいいと思うだろうが、
肩が反らないから重いものは担ぎたくない。
というか、毎日の四股のノルマで腰にハリもある。

腹筋くらいできそうに思うだろうが、
腰がツライので体を丸めるのもツライ。

・・・要するに、筋トレは諦めた。

しかし、肩が回らないので泳ぐのも無理。

せっかくなのでプールサイドまで行ってみたが・・・
・・・結局、ほぐす程度の四股と
浅い腕立てをこなしただけでこれも諦めた。

あとはジャグジーとかサウナとかに入り、
マッサージチェアで肩や腰をほぐしながら
ファイルで持参した仕事をこなしてみたり、
TVの落語をみたり・・・

要するに、定年した老人の休日である。

実はそのスポーツクラブは
昔、20代後半の頃からよく行っていたところ。
当時と場所や設備は同じで、
違いは当時から25年ほど経過したというだけ。
なので、はっきり自覚した。
これは老化です。

当時なら
ちょっと時間が取れれば、
ガンガン筋トレして
プールでバシバシ泳いでいたはずである。

若い頃はケガは多かったがすぐ治っていた。
今はケガなんて全然しないが
いつも故障とコリ、ハリがある。

ここんところ、おざなりの腕立てくらいしかできないが
それでも肩はコトコト、グジグジ言うし、
ヒジはパキパキいうし、
手首も痛い。

満50歳超えてからの
約3年間でまともな体調なのは
年間に2ヶ月くらいしかない。

これはもう、これを常態として
慣れるしかないかもしれない。

いやしかし、
50歳前は体のガタなんて意識しなかったが、
50超えたら急にである。
格闘技なんて苦痛でしかない。

老後はあこう堂で格闘技ゴッコでもして
暮らす想定だったが
このペースでは、もっと老後はどうなるのか?
楽しくもないのに何のためにやるのか?
そもそも格闘技に意味はあるのか?
これから何ゴッコをして過ごしたものか?
悩み中。

相撲見ても宇良も日馬富士も休場である。
ゲンナリする。

宇良は一気に太り過ぎ、無理し過ぎた。
ワタシも人生で一番太っていた時、
前十字靭帯を断裂したからわかる。
結局、無理すると無理がいく。
その時、自分で無理じゃないように思っていても
実は無理なんである。
(適正体重になったときわかる)。

宇良も本来なら靭帯再建手術して
1〜2年かけるつもりでないと戻らないと思う。
やはり相撲は型どおりで無理しない方がいいと思う。
一時的に旋風を巻き起こした益荒雄が、
ヒザのケガで大成しなかったのを思い出す。

宇良が入門した時、
「ケガさえしなければいけるかも」
と思ったが、こうなってしまったか・・・

碧山のケガもデブ過ぎだと思う。
デブばっかり、
ケガばっかりでゲンナリする。

一方、日馬富士はケガばっかりではあるが、
今の幕内では(体脂肪も一番低く)、
デブではない方である。
そういう小兵の人は、気が強くないとやってられない。
だがこのご時世、ビール瓶で殴って
頭蓋底骨折させたらマズイだろう。

(※背景はおいおい情報が出るだろうが、
世間にバレたことがマズイ。)
(※貴乃花親方が怒っているとしたら、
○○○問題みたいなことがあるのかもしれない。
それか角界の勢力争いかな?
そうじゃなくても孤高のガチンコ人生だけに、
他部屋の力士との懇親会自体を
キライそうだが)

とにかく全部残念。
ゲンナリする。

そいで、ニュースみてたら
たった獣医学部を1つ増やすか、ツブす程度の話で
何ヶ月も国をあげて大騒ぎである。
50年も獣医学部1つできないってどういうことか?
天下国家の大計はどこにあるのか?
こんな国が国際社会で大国と伍したり、
新興国に勝てるワケがない。
ゲンナリする。

政党の争いもバカバカしい。
議員らが泥舟に乗ろうが逃げ出そうがどうでもいい。
あんたらの生き残り争いを見たいんじゃなくて、
国の行き先をまともに導いてほしいんである。
ゲンナリする。

ヘタしたら中国や北朝鮮の方が、
国家運営の方針があるだけマシな気さえする。

ついでに、家の車は知らん間にどっかぶつけたらしく
修理しないといけない。
というか「ぶつけたのに気づかない」ってこれも老化か?
とにかくゲンナリする。

救いは、
稀勢の里がちょっと回復したことかな?
(左もちょっと使えている)。

あと個人的には
今の腕や肩の故障は少しずつマシになっていること。
それとヒザも故障持ちだが、
四股だとスクワットと違い
何百回分踏んでもヒザは痛くならないのがいい。

来月あたりは故障もだいぶマシじゃなかろうか?
(もう今年も終わるけど
年初に2ヶ月くらい体調がよかったから
今年の分の帳尻は合う?!)
体が動かせるようになったら
やる気もでるかな・・・



akoudou2008 at 20:02|この記事のURL健康情報一般 
Archives
記事検索
facebook
Your Website Title
ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
livedoor 天気
あこう堂はこちら
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポーツナビ
スポーツナビ
季節特集
楽天モーションウィジェット
アマゾン