2006年03月

2006年03月31日

MAMAROのスープカレー(上京区)

MAMAROno

今日の夕飯はカレーが食べたい!
そう思ってたのに、残業になりました。
遅くまでやっているお店は…。
そうだ!MAMAROだ。


注文したのはスープカレーのミックス(だったかな?)と
モミティーのセットで1400円。

モミティーとは、MAMAROのキャッチコピー曰く

「甘めのおいしいロイヤルミルクティーに、
ブラックタピオカが入った、ママロが自信を持ってオススメのイケてるドリンク。」

だそうです。

ここはカウンターで注文して、その場で先払いです。
分からなくてちょっととまどいました。

店内はそれこそ明るい感じの街中喫茶店風。
かわいいイラストが店内を飾り、待ち時間も見ながら楽しく過ごせます。
といっても割合早く出来てきますが…。

出てきたスープカレーは具がドカドカと乗っかって、食べ応えあり。
豚の角煮はホロホロと崩れて、スープと絡んでいい具合。
また、ジャガイモはオーブンで焼かれているのか、
皮がコンガリとしていて、とっても香ばしくて美味しいです。
個人的にはこのジャガイモが一番好きかな。

一押しのモミティーはかなりヒットしました。
特にブラックタピオカの食感と、ちゃんと味を主張してくるところがいいです。
近頃売ってるコンビニのタピオカ入りなんちゃらとは大違い。
あのタピオカだけをもっと食べたい気にさせられます。
ほんとに「イケてるドリンク」(^-^)


さてさて、今日は珍しく同行者がいたのですが、
この同行者は実は北海道旭川あたりの出身。
向こうにいた頃はスープカレーをよく食べたらしく、
MAMAROは普通に美味しいと思ったのですが、
ファーストフードみたいなスープカレーと評されてしまいました。

Kちゃん、京都のスープカレーはまだまだこれからですから。
(2006/03/30 訪問)

akoyu0308 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!上京区 

2006年03月30日

新宿めんや風花の塩豚骨カレーなラーメン(下京区)

d90cdcf4.jpg昨日いついこうかと書いたとこでしたが、
いきなり行ける事になりました。


お店に入って、迷わずに「カレーなラーメン」(780円)を注文。
ランチタイムだったので、サービスメニューが色々あったのですが、
なんのためらいもありません。
なんせ一日限定10食。
あっただけでも感謝感謝。
ちなみに、僕のあとのお客さんが来て終わり。
本当にギリギリ間に合ったっす。
それでも12時にはお店に入ったのですけどね。
会社関係の食事所でもあるのでしょう。かなりにぎわってました。

さてさて、「カレーなラーメン」ですが、
ほんとに「カレーな」です。
カレー好きにはもの足りなく感じるくらいしか、カレーが入ってません。
ほんのりカレーの香りと味がするくらいで、
塩の利いた豚骨ラーメンといった感じ。
といっても、しつこくない豚骨で、塩が前にでています。
トッピングもチャーシュー、アスパラ、シナチク、ホタテ、煮玉子に海苔。
割と塩に合わせたものが多く、カレーっぽさはありません。
どれも丁寧な仕事がされています。
シナチクに至っては、変な臭みもなくて溶け込んだかのよう。
すごい手間がかかっているように思われます。

特筆すべきはこのカレーが普通のカレーには思えない所。
どこか、タイカレーのような、それでいて刺激的な辛さはない。
そんな味であります。
とにかく、このラーメンだけスープは別鍋のようです。

一日10食ですんで、早く行ける日にはまた行ってみたいものです。

(2006/03/28)

地図
http://map.livedoor.com/map/?MAP=E135.45.51.9N34.59.49.4&ZM=11&SZ=850%2C600

2006年03月29日

「塩とんこつかれーなラーメン」

ブログの先輩でもあるatさん。
そのHP「京都ラーメン膝栗毛」に
カレーラーメンが取り上げられてました。


出しているお店「めんや風花」自体は行ったことがあるのですが、
そのときには全然カレーの匂いさえ漂わせてないお店でした。
atさんに情報を頂いたものの、行ったら閉まっていたので食べれず。
どんなラーメンなのかが、気になっていたのですが…。
文章を読む限り、とても美味しそう (。^_^。)

一日十食限りとなると、かならずお昼となる訳で。

http://app.blog.livedoor.jp/at_you_see/tb.cgi/50481182

2006年03月28日

チャーリーブラウン再訪 (左京区)

チャーリーブラウンのプルこぎスープかリー

チャーリーブラウンを再訪。
店内にスパイス薫るいいお店です。
今日はプルコギペッパーライスと薬膳スープカレーのセットを注文。
これで食後にラッシーがついて780円は安い!!

こんもりライスの周りにあるのがプルコギで、
お肉とニンニクの芽、玉ねぎなどが一緒に入ってます。
ちなみに真ん中に写っているのはスパゲティサラダです。

このセットが出てきたときはまず。
「これはプルコギとご飯とカレーを
三つを一緒に食べろということか?」
と一瞬考えてしまいます。

とりあえずプルコギとご飯を、丼もののように食べても美味しいし、
ご飯をスープカレーに浸しても勿論美味しい。
でも、プルコギとスープカレーは???

とにかくモノは試しプルコギ+スープカレーやってみました。

結果は…。

やっぱ別々で食べたほうがよい。これに尽きます。
どんな味かは食べてみてのお楽しみで。

ところで、この格安セットですが、
お昼だけでなく開いてる時間ずっとやっているみたいです。
普通にスープカレーを頼むより全然お得。
かなりのボリュームに満足できました。
近くに住んでたら通ってしまうなぁ〜。
(2006/03/28)

akoyu0308 at 23:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!左京区 

2006年03月22日

カップdeカレー(その他)

パンでカレー
夕飯は前も食べたカップdeカレー
今回は三種のきのこのカレーです。
月末になってきたので寂しい夕食。

前回とほぼ同じカレーなんで、
これといった感想も無いのですが、
やっぱりブロッコリーは抜いた方がいい気がします。
お湯で戻してもスカスカな味…。

ハウスさん、これだけはなんとかしてください。

最後にフォローですが、
カレー自体はクリーミーでいいですよ。
やっぱりパンとあってます。
それときのこも。

(2006/03/22 実食)
前回の記事は↓
http://app.blog.livedoor.jp/akoyu0308/tb.cgi/50128752

メキシカンHOTCURRY(レトルト・カップ麺)

メキシンカンホットカリー


今朝は簡単レトルトカレー。
メキシカンカレー(S&B)です。
ちなみにタコステイスト。


パッケージには「火を噴く衝撃の激辛」
「辛さの決めてはハバネロ!!」とあります。
そんな激辛を謳うからには相当辛いのでしょう。
どんだけ辛いんやろ〜?

さてさて、盛り付けてみると、こんな感じ。
トッピングには目玉焼きをつけてみました。
上手く半熟です。

外見からはそんなに辛そうじゃないなと思ったのですが、
一口食べてパッケージコメントに納得!

かっら〜い!!!!

本当に辛いカレーっす。マジ辛いっすわ。
ルーの中にインゲンマメやトマトが入っていますが、
それらの味は全く味わえません。
それより辛さが圧倒的に勝っています。
こんな辛いカレーは今までになかった…。

激辛唐辛子「ハバネロ」の辛さが際立つ新感覚のカレー
そう裏面に書いてあるのを見つけたとき、
まさにその通りですと頷いてしまうのでした。

(2006/03/22 実食)


2006年03月21日

カフェ・ルネッサンス (下京区)

a4fa72af.JPG今日は京都駅北東のお店へ。
ここはお昼のバイキングで
カレーが数種あるとの情報を
元に行ってまいりました。

お昼に行ったので、ちょっと混雑気味。
平日なのになぁと思いながら、客層をみると、
どうやら観光のお客さんが多いようにみえました。
なるほど、連休の間だったんですね。

さあ、カレーのバイキングだ〜と
勇んでいったものの、コーナー自体はこじんまり。
お店の席数にしては小さいかな。
おかけで、取りに行ったもののすぐにはとれません。
よって、三種のうち、一気に二種類とることに。

とったのはジャワカレーとビーフカレー。
手前がジャワで、奥がビーフカレー。
そしてナンもあったので取ってみました。

味は…うーん。

前日のSiamとのギャップがありすぎました。
ジャワはまあまあですが、ビーフは…。
あとで食べたベジタブルカレーに至っては、
言うべき言葉がありません。
これで1150円だなんて…。
プラス50円でSiamの蒸し鴨が食べれた…。

おかず類もたいしたものはなく、
結局カレー以外のパンと野菜サラダを頂くことにしました。
久々に生野菜を大量摂取できた…と思うことにします。

(2005/03/21 訪問)


akoyu0308 at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!下京区 

2006年03月19日

「パク森のチキンカレー」(レトルト・カップ麺)

パク森のチキンカレー
さてさて、一日カレー三昧の夕食は、
東京で有名な「パク森」のレトルトです。


いや〜最後がレトルトとはいかがなもんかと思ったんですが、
諸事情により、どうしても家で食べねばならなくなり、仕方なし。
いつもなら自作するところなんですが、そんな時間もなく(-_-)

で、帰りに寄ったスーパーで見つけた一品がこれ。
(他にもやたら買い込んでしまいましたが…。)
前にテレビで本店を紹介してたのを思い出して購入。
ちなみに248円で買いました。

お湯で茹でること五分で完成。さっそくいただきます。

ふーむ。パッケージの「野菜と果実を煮込んで」の言葉に偽りなし。
とても果実感のあるカレーに仕上がってます。

しかし、チキンカレーと言われると偽りアリか?
「パク森の独自の調合のスパイスをまぶして揚げた」
と謳われたチキンは、その片鱗すら感じられず…。
ここのレトルトの限界でしょうか。私の舌が鈍いのか?
ルーは美味しいだけに残念です。

それにしてもこのカレーのフルーティーさはどこに由来するのか?
ルーだけはかなりの水準です。
(そんじょそこらの自作カレーでは絶対だせないでしょう。)

その秘密は裏面にありました。玉ねぎ、人参、リンゴと続いて

バナナ!!

きっとこれだ。間違いない。

(2006/03/19 夕食)

Siamの蒸し鴨といろいろ野菜のレッドカレー(中京区)

シャムの蒸し鴨カレー
今日はカレー三昧の日。
昼食は遠出して、タイカレー専門店「Siam」へ。
ここは百万遍「アオゾラ」のお師匠さんのお店。
「アオゾラ」も好きなので、期待大でいきました。

お店は西大路丸太町を東へ入った北側にあります。
ラーメン好きの方には「寅さん」の横と言えば分かりやすいでしょう。

さてさて、注文したのは「蒸し鴨といろいろ野菜のレッドカレー」
「蒸し鳥」ではなく、「蒸しカモ」
何を隠そう、大のカモ好きな私。そしてタイカレーも大好き。
それが組み合わさったこのカレーは、名前を見るだけで(^¬^)
1200円という値段でしたが、迷わず注文してしまいました。

出てきたのは、蒸し鴨が乗ったご飯とカレー。
うほー鴨がいっぱい乗ってるよー(^-^)
これだけでもうたまりません。
まず蒸し鴨を一切れ食べ、
次にカレーだけを食べ、
最後に蒸し鴨カレーとして食べ…

うーまーいーぞー!!

味皇さまの如くに叫びたくなるほどに美味い!
(懐かしいなぁ〜ミスター味っ子)
こんなカレーに出会えるとは、至福の喜びです。
あぁ本当にうまい!うまい!うまーい!!!
鴨は蒸されているので、余分な油はなくてさっぱり。
そしてご飯は独自のブレンドによってカレーと絶妙な絡みをみせ、
たくさんの野菜がそれにアクセントを加えてくれます。

ちょっとここで、野菜に触れなければ。
画像では茄子しか見えませんが、
中には筍、かぼちゃ、ジャガイモ、ミニトマトが入ってます。
次から次に出てくる感じで、すごく満足出来ます。

ちなみに辛さはちょい辛でしょう。
メニューに唐辛子の数で表現されているので、
辛さが苦手な人も安心してメニューを選べます。

それにしても美味しいSiamのタイカレー。
食べ終わった後に、もう一つ食べようかどうしようか、
五分以上も真剣に考えてしまいました。
(お店の人に不信がられたかも…)

こんなお店が近所にあったら…
間違いなくタイカレー中毒になるでしょう。

(2006/03/20 昼食)
Siamの地図↓
京都府京都市中京区西ノ京西鹿垣町6

アオゾラの記事は↓
ttp://app.blog.livedoor.jp/akoyu0308/tb.cgi/50005163



akoyu0308 at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!中京区 

煮玉子カレーうどん

煮玉子カレーうどん
煮玉子カレーうどん (サンヨー食品)

今日は一日カレー三昧にしようと思い立ち、
朝食にはストックしてあったカップ麺にしてみました。



煮玉子といえばラーメンなんですが、
カレーうどんに煮玉子の組み合わせ。
これは意外ですが、
カレーに生卵をいれる店もあることを考えると、
そんなに妙な組み合わせではないでしょう。

味はまったりしたカレーと組み合わさる出汁の利いたスープに、
もっちりした麺がからんで、カップ麺にしてはまあまあ美味しい方。
ドンキホーテで120円だったわりにいける味です。

さてさて、この「煮玉子カレーうどん」ですが、
サンヨー食品のHPをみたら、なんと希望小売価格250円!
高いな〜(^_^;)
定価で買うことはおそらくないでしょう。
同じ値段のカップラーメンに比べると、
カレーうどんのカップ麺はまだまだですね。
これから進化していくことでしょう

(2006/03/19 朝食)

2006年03月18日

カレーそうめん (自作)

cb74eacf.JPG今日は自宅にてカレー。
いつもならカレーライスですが、
今日はご飯のストックがなかった…。


そこで、作ったのはカレーそうめん。
ベースはHachiの粉末カレー。
(この粉末カレーは便利!カレー炒飯やら、野菜炒めやら)
そこにガラムマサラを中心にスパイスを投入し、
ありあわせの野菜をいれて完成!

あまりキレイな盛り付けではありませんが、
味はまあまあ。辛さはそんなに辛くない程度。
スープカレーのようにサラッとさせてみました。
というのは言い訳で、片栗粉を入れ忘れただけ…。

でも、おかげで明日はご飯にかけて食べれると思うと、
一石二鳥というやつでしょう。

(2006/03/18 調理)


akoyu0308 at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 | 自作

2006年03月17日

アイローロの牛スジ煮込みカレー(伏見区)

アイローロの牛スジ煮込みのカレー

今日は深草に行く用事があったので、
昔よくいった喫茶店アイローロへ。



ここではいつも日替わりだったので、カレーは初体験。
牛スジ煮込みのカレーは珍しいと思い、注文。
ちなみに630円。

出てきたのはブラウンルーのカレー。
一瞬、何も入ってない?と思うほど、ルーだけ。
よくよく見ると小さくお肉が入っているのを確認できます。

食べてみたらよく分かるのですが、
これは名前を変えたほうがいいんじゃないかと思います。
なぜならば、「牛スジ煮込み」というよりも、
入っているのは「牛の肉部分」が多いから。
居酒屋などで出てくる牛スジ煮込みを想像して注文したので、
あまりのギャップにそう思ってしまいました。

普通にビーフカレー、少し牛スジ入りといったところでしょう。

ちなみに辛さは普通。
付け合せにたくあんが出てきます。
たくあんは日替わりにも付いてくるここの定番。
カレーにもかと言いたくもなりますが、美味しいので良し。



akoyu0308 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!伏見区 

チャナ豆のカレー (その他)

ちゃな豆カレー

無印良品をぶらついていたら、
新しいカレーキットを発見。
チャナ豆とはヒヨコ豆のことだそうな。



いつもはタイカレーを購入しているのですが、今日は変り種です。
買って後で気がついたのは、さっと作れないこと。
キットに入っている豆を一晩(!)水に浸す必要があり、
更にその豆を30〜40分煮なければならないこと。
(ホンマに面倒くさいカレーやな〜。)

そんなことを思いながらもちゃんと豆に時間をかけました。

豆以外は簡単なもの。
玉ねぎ、しょうが、にんにくをみじん切りにして、
いためてキットをいれるだけ。
中に入ってるクミンシードを炒めていれるの時に
別に鍋が必要なのが面倒ですが…。

さてさて、出来たカレーは画像のとおりの豆だらけカレー。
最初はスパイシーで美味しいカレー!

……だったんですがねぇ……

豆ばっかり。食べても食べても豆が出てくる。
さすがに最後には飽きてきます。
半分くらいでいいよ。ホント。


akoyu0308 at 09:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!その他 | 自作

2006年03月16日

カップdeカレー(その他)

c2429896.JPGカップDEカレー (その他)

コンビニなどで見かけることの多い、
このお湯をかけるだけのインスタントカレー。
ハウス食品から出ています。

前からどんな味なのか気になっていました。
ちょうどおかんが食パンを焼いたので、
それとともに食することに。

作り方は全くカップラーメンと同じ。
お湯を注ぐだけ…。そして少しかきまぜて。

待つこと三分。

ちーん。出来上がり!

ブロッコリーが浮いているので、カレーというよりブラウンシチュー。
パンをどっぷりつけていただきます。
(ちなみにこのブロッコリーは美味しくないです)

さて、味はというと、カレー?と疑う程にスパイシーさはなく、
非常にまったりクリーミーな味です。
それもそのはず、トマトを入れたり、
ナッツを加えてますとカップに書かれています。
同じカップに入っていても、
日清のカップヌードルカレー味とはかなり違う方向の味わい。

このカレーにパンをつけずに食べると、そのクリーミー感を味わえます。
これをご飯にかけるとどうなるのか? 
気になるところですが、くどくなるかもしれません。
やはりこれはパンと食べるほうがいいでしょう。

「パンde」 とあるんだからそりゃそうか。

(2006/03/14 実食)

akoyu0308 at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

ビィヤントのベジタブルカレー(左京区)

f9b5de45.JPG左京区の名店ビィヤントのベジタブルカレー。
そのカウンター10席程度の小さなお店は京大病院前にあります。

入ると初老のおばちゃんと息子さんらしき二人がいらっしゃいとと声をかけてくれます。
さてさて、注文したのはベジタブルカレー。
ごぼう、しめじ、ちゃな豆、いんげんが入った甘口のカレー。
おばちゃんが平たくご飯を盛ったと思ったら、
ドバっと豪快にルーがかけられて、はいっと出てくる時間は約一分!
早い!待つことがありません。
食べるのもあっというまにパクパクパクパク。
おかわり!っと言ってしまいたいくらいスプーンが進みました。
うまぁ〜(^-^)久々に美味しいカレーに満足です。
(ベジタブルカレーの野菜は季節ごとに変わるようです)

ルーは甘口とありましたが、甘さのあとに辛さがちゃんときます。
ビーフカレーだけが甘、中、辛口を選べます。
かつカレーはかけるルーを選べる嬉しい一品。
カレーの他にはスパゲティもあり、
もちろんカレースパゲティもありますが、
目を引くのはカシススパゲティ!
キャッチコピーには「ドロドロの恋に落ちるための」、とあります。
どんな味なんだ?
いつか食べる日が来るのだろうか…

akoyu0308 at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!左京区 

2006年03月08日

萬福のカレー中華丼 (その他)

5f1be52b.JPG今日は「京都ラーメン膝栗毛」のatさんと一緒にご飯。
(atさんのブログはリンクからいけます。)

食べたいお店が休み、その次の店も休み。
おまけに三軒目に着いたら閉店時間…。
そんな後にいったのが、ここ「萬福 藤森店」です。
すぐ近くに本店もあります。
そこは京都を代表する有名なお店でもあります。
(本店の大将は厳しさもかなり有名…)
そういえば、京都ラーメン初体験は「萬福 本店」だったなぁ。
味よりも、大将のインパクトが記憶に刻まれたっけ。

さてさて本題に。
写真に挙げたカレー中華丼ですが、
実はラーメンセットC(だったかな?)にしか付かない一品。
残念ながら単品はないそうです…(T_T)
今回はatさんとシェアさせていただきました。

味はどうかというと、一言で「和風カレーうどん」といったところ。
中にちくわなんぞも入っていて、和風さに拍車をかけます。
辛さも味もどちらかというと控えめあっさり和風だし系。
カレー中華丼のはずじゃなかったか…。

そんな突っ込みはともかく、ここはラーメン屋ですから。
「萬福 藤森店」のラーメンについては、
「京都ラーメン膝栗毛」をご参照くださいますようお願いします。
http://blog.livedoor.jp/at_you_see/
なお、写真はatさんより頂きました。ありがとうございます。

(2006/03/07 訪問)

akoyu0308 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 | 伏見区

2006年03月07日

めいほうスキー場のカツカレー (岐阜)

aaddffe7.JPG今回は友達と行ったスキー場でのお昼ごはん。
リフト券とセットの昼食券(1000円分)で食べました。

働いているおばちゃんの家と同じカレーなんじゃないか?
そう思ってしまうほど、家庭的なカレー。
野菜の切り方からしてもそう感じてしまいます。

辛さはかなり甘めで、物足りなかったですが、
子供も多いスキー場ということなので仕方ないでしょう。

ちょっと申しておきたいのが、カツについて。
すぐ横で味噌カツも作っているのですが、
切ったカツの真ん中部分が味噌カツに使われて、
端っこ部分がカツカレーに使われます。
よって、端っこ部分のなんだか脂肪の多いカツばかりが乗っていました。
味噌カツよりは乗っているカツの数は多いんですが…。
なんとかならないものでしょうか?

ちなみにご飯の量が多かったのはよかったです。


(2006/03/05 実食)

akoyu0308 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 | 岐阜

2006年03月02日

きさら堂のキーマカレー(左京区)

">きさら亭のキーマカレー
注意
この記事は下のベンガル湾の続きです。
先にベンガル湾をお読みください。

さてさて、お腹が充たされなかったので二軒目へ。
でも、どこに行こう????
せっかくなら行ったことのないお店へと
ボケーっと自転車に乗ってたどり着いた先は一乗寺。
よくもここまで来たもんだ。

なぜ一乗寺だったのか?
それはラーメン食べ歩きの感覚がなせるワザ?
でも、今日はカレーを食べるのだと言い聞かせつつ、
入ったお店は「きさら堂」
カレー専門店ではなくてとてもいい雰囲気の喫茶店。
お店の中もとても落ち着いています。

ここは季節ごとのカレーが味わえるとのこと。
今はコーンとグリンピースと玉ねぎのキーマカレーでした。
(春のカレーらしいです。ちなみに650円)

出てきたカレーは見た目がなんだか優しげ。
カレーに優しげという表現は変ですが、
本当にそう思ってしまいました。
食べてみて、さらにその印象は強くなります。
ルーの味が懐かしくもあり、優しくもあり…。
外はまだまだ冬でしたが、それはまさに春めいた味わい

はぁ〜まったり(⌒o⌒)

ここのカレー、他に比べてご飯が多かったのでお腹もとっても満足でした。
休みで時間もあったので、コーヒーも注文してゆったり。
セット割引でグァテマラが一杯150円!!安いな〜。

きさら堂
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kisara/

ところで、人生においてカレー屋ハシゴは初めてでした。
ラーメン屋なら三軒ハシゴがあったけど…。
(それについてはhttp://app.blog.livedoor.jp/at_you_see/tb.cgi/50097900を参照)

(2005/02/28 訪問)
京都府京都市左京区高野玉岡町49

ベンガル湾のハーフ&ハーフ(中京区)

f39f5a4b.JPG中京区にあるベンガル湾。
ここは珍しいベンガルカレーのお店です。

お店に入るとターメリックのいい匂いが…。
へってたお腹がさらにへりました。

注文したのはダル(豆)カレーとほうれん草カレーのハーフ&ハーフ
普通のカレーに+100円で二つの味が楽しめます。

どうやって出てくるの?と思いましたが、
出てきてなるほど。写真の通りです。
真ん中はターメリックライス。上手い配色。

食べた感想は、とてもあっさりしたカレー。
ダルの方はトマト味のようなカレーで、
ほうれん草の方がまったりした感じですが、しつこくない味。
辛さはそれほど辛くないですが、
一緒に出てきたペッパーソース(?)で調節可。
これは結構辛いんで、入れすぎ注意です。

それにしてもあっさり。とってもあっさりしたカレー。
サラッとしたご飯と共にどんどん食べれちゃいます。
ベンガルカレーはあっさりしてるんだなぁ〜
それが初ベンガルカレーの感想。
メニュー表にも書いてありましたが、油を使わないとのこと。
それもかなり影響しているのでしょう。

食べ終わるとちっちゃいカップにチャイが出てきます。
飲みながら落ち着くのが普通なんでしょうが、
お腹の減り具合とカレーがあっていなかったのか、
まだ食べれるという気持ちになってしまいました。

一日休みなのも手伝って「よし、もう一軒!」
これで太るんだよな〜と思いながらも、
チャリンコで次のお店に向かうのでした。

(2005/02/28 訪問)

京都府京都市中京区壬生坊城町48-3

akoyu0308 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!中京区 
訪問者数