2006年05月

2006年05月25日

ビクーニャのホワイトカレー(中京区)

d99d9d07.JPGフラフラ木屋町をあがると、
そこにあったのはメキシカンハウス。
ここにもカレーはありました。


看板に掲げてあったのはホワイトカレー(600円)
ホワイトカレーは最近流行りだしましたが、
ここのご主人曰く「うちは20年前からやってるよ」とのこと!
かなり早いやんか。
ここが実は元祖なのかもしれません。

ホワイトカレーの中身は、鶏肉と玉ねぎが主になっていて、
かなりスパイスの効いた味に仕上がってます。
少し牛乳が入っているようなクリーミーさもありますが、
結構刺激的なお味。この辺はメキシカンな気分です。

ただし付言しておくと、ホワイトカレーはメキシコ料理ではなくて、
あくまで、ここビクーニャのオリジナル。
あ、メキシカンハウスなだけあった、メキシコ料理も充実してます。
メキシコビールも、コロナ以外にこんなにあるのかという位充実しています。

市販の北海道ホワイトカレーとは全く異なる味です。
京都発のホワイトカレー、是非お試しを。
京都府京都市中京区上樵木町191

akoyu0308 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!中京区 

2006年05月21日

イチョウ屋の納豆卵カレー(下京区)

3b7d5313.JPG本願寺に用事があり、
向かいのお店で昼食。


普通のカレーもあったのに、なぜかこれをセレクト。
ノリと勢いがなせるワザなのか。
むしろ普通の人なら、オムライスや湯葉丼なんかを注文するのでしょう。
しかし、カレー三昧の人間はそんなことはしません。
どんなことがあってもカレー。

でも、これは微妙だった。
納豆と生卵のどろどろネバネバがルーに伝染。
全てがドロドロに混ざり合い、何を食べているのか…。
納豆の上のネギも意外とクセモノ。
カレーにネギはあまりにあいません。

これは…どうして商品化されたのだろう…。
こんなカレーありかよ…。

納豆は好き。玉子も好き。カレーは言うまでもなく好き。

でも三つを一緒に食べることはもうない。

(2006/05/21 訪問)京都府京都市下京区花屋町通西中筋東入堺町

akoyu0308 at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!下京区 

2006年05月17日

ターバンカレー(西京区)

5af3d1af.JPGターバンカレー
そんなチェーン店が
桂駅前にありました。


本日は所用で桂まで。
あんまり行くことのない地域なんで、昨日から入念な下調べ。
ネット検索すると、このターバンカレーに行き着いたのです。

驚くことなかれ、このターバンカレーは「チェーン店」!!!
カレーのチェーンといえばCoCo一番しか知らなかったので、
ちょっとした驚きとともに、行きたい気持ちが自然とUP。
HPによると、金沢が発祥とのこと。

さてさて、そんなターバンカレーは
桂駅西口を降りると見えるファミマの横に、
目立つ看板が出ているのですぐに見つかります。
(お店自体は地下を降りた所にあります)

お店の中はカウンター主体のこじんまりとしたお店。
気さくな店員さんが迎えてくれました。

注文したのは、ロースとんかつカレー(650円)結構安い値段設定。
他に色々なトッピングも有りましたが、今回はパス。
割と安いのですが、納豆とチキンカツが何故か同額の150円??
不思議です。

そんなことよりも、カレーです。
ターバンカレーいかなるカレーなりや。

出てきたのは欧風なカレー。
よく煮込まれたルーは意外にもとろみのあるもの。
口に入れると、とてもまろやかなで、芳醇な味わい。
個人的には、かなり美味しいカレー。
かなりコストパフォーマンスの高い味に仕上がってます。

カレー自体は、割と辛口に仕上げてあるようです。
(お子様にはお薦めできません)
そもそも、このお店に辛さの設定はありません。
テーブルにある液体スパイスで辛く出来るようですが、
そんなことせずとも、十分に額に汗かく辛さ。

ところで、上にデーんと乗っかったとんかつの話。
かな−り薄いカツではありますが、値段も安いんで許せます。
揚げたてで、サクサクだったのは好印象。
なぜかソースは出てきた時にかかってます。
個人的にはかけないで欲しい。
それと何故かカツが細切りに…。
食べやすいことは食べやすいけど、不思議です。
そんな切らなくてもいいんじゃないか?

あ、野菜不足なんでこんもり盛られたキャベツは嬉しかったっす(^-^)

色々な面で不思議のあるお店ですが、カレーは美味しいのでOK。
ありそうで、なかなかない味わい。
変わったことをせず、安心感のある味というか、家庭的というのか。
チェーン店ではありますが、良心的な温かみのあるお店。
そんなお店だからこそ、続いていくんだろうな〜。

(2006/05/17 訪問)


京都府京都市西京区桂南巽町

akoyu0308 at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!西京区 

2006年05月14日

カレー専用ソース

カレーソース
藤森のダイエーにて発見
これが噂のカレー専用ソース


京都のソースなる棚の端っこに見つけました。
そう!このカレー名人のソースは京都の蛇ノ目食品の商品。
今日は食べに行くつもりだったのですが、
これを見つけたら自作したくなり、急遽材料も購入することに。

それにしても一体カレーに合うとは、いかなることを言うのか?
手にとってから、かけて食べるときまで考えてしまいました。
なにせ日ごろカレーを食べるときには何もかけない自分。
普通のソースをかけた時との比較ができないので、
とりあえず一緒にコロッケも購入。

家に帰ってカレーを煮込んでいる間にコロッケにかけて試食。
ウスターなだけにサラッとしてますが、思ったよりも辛い?!
ヒリっとした味わいというか、何とも言えない味。
やっぱりカレーにかけなきゃ駄目か。

煮込みこと20分。
カレー完成とともに、早速かけていただきます。
カレーとソースの邂逅やいかに?

う!

ソースをかけたカレーってこんな味?
ご飯に合わない (☆-◎;)
ウスターだから余計にか??
思っていたよりも美味しくない…。

期待はずれな一品でした。
蛇ノ目食品さんには悪いのですが、
普通のソースとして使うことになりそうです。

(2006/05/14 購入)



akoyu0308 at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自作 | その他

2006年05月12日

カレー炒飯(自作)

67165f08.JPGだいぶカレーが
恋しくなってきたので、
とりあえずサクッと調理。


風邪の為にお腹もこわし、刺激系を避けていたのですが、
さすがに禁断症状らしきものが出てきました。
やっぱり好きなものは好き。
ちょっとくらい刺激があっても大丈夫さ。
そんな具合に作ったのは、カレー炒飯。
カレー味を出すのには、カレーの壷(チキン)を使いました。

小さじで半分くらいしか入れなかったのに、
フライパンから立ち上る匂いは本格的。
久々のスパイスの香りに思わず(^¬^)

カレーの壷のおかげでかなり本格的なカレー炒飯に仕上がりました。
小さじ半分程度しか入れてないのに、口に広がるスパイス感。
たまりません。

はぁーうま。自作なのに。
カレー味なだけでウマさが倍増です。

あぁ、早くカレー屋に食べにいきたい。

(2006/05/12 自作)

akoyu0308 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自作 | その他

2006年05月11日

Sumiya KP よりのお知らせ

Sumiya KP さんより、メールをいただきました。

おかげさまで Sumiya KP は、
5月20日で3周年を迎えます。
つきましては、日頃の感謝の気持ちをこめて
5月16日〜21日まで3周年記念半額セールをさせていただきます。

詳しくはホームページをご覧下さい。
パソコンからは http://www.sumiya-kp.com/
携帯からは http://www.sumiya-kp.com/i.html

太っ腹の半額セールです。
これはいかねば…と思うんですが、
風邪が続いてるんですよね。
来週までには治るかな?





akoyu0308 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2006年05月08日

カレー専用

風邪が治らずに引きこもりのGW。
テレビを見ていたら、こんな商品が紹介されてました。

.レー名人のウスターソース(本邦初)
▲レー専用の醤油(日本初)

その昔、カレーに醤油やソースをかけている奴いたなぁ〜
そんなことを思い出しながら見入ってしまいました。
個人的にはやらない行為なんですが、
こうしてカレー専用のソースやら醤油が作られるほど、
かける人々が居るということになる訳です。

しかも、,蓮峙風味ソース本舗 蛇ノ目食品廣田徳八商店」が製造。
社長のカレー好きが高じて出来た製品で、ほぼ手作りとのこと。
これは京都カレー三昧を謳っている者としては見逃せません。
しかし、見たことないな〜(◎-◎)

ちなみに△蕨族了蓋の「湯浅醤油」が作っているとのこと。
現在の五代目社長が三年の年月をかけて作り出した一品。
これまたどこに売ってるんだろう?
近畿圏だし、多少流通してるはずなのに、未だ見たことなし。

両方ともまだ見たことないんで、誰か売ってるところを教えてください。


おまけですが、,亮卍鉱く、
「うちのソースはご飯にかけるべし!」だそうです。
買ったら早速実験じゃ〜!!!

蛇ノ目食品 http://www.kyoto-thinking.co.jp/hirota/
湯浅醤油  http://www.yuasasyouyu.co.jp/
この醤油屋さん、すごい醤油屋さんなのに、こんなキワモノ


akoyu0308 at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2006年05月06日

牛たんカレー (レトルト)

a156b9a1.JPG牛たんがどれだけ入っているのか
それが問題。


せっかくの連休なのに、
風邪でやられて寝てばかり。
カレーを食べには行けないし、がっつりつくるのも面倒。
よって、買っておいたレトルトに決定。

この牛タンカレーは一つ220円。
果たしてどれだけの牛たんが入ってるのか?

ご飯にかけて驚き!
ごろごろと出てくる牛タンのかたまり。
しかも、焼肉屋でお目にかかる薄切りなどではなく、
角切りになって、豪快に出てくるのにはビックリデス。
正直あんまり期待はしていなかったのですが、

デカイので、固いのでは…と思ったのも杞憂。
かなり柔らかくなっているのが印象的です。
牛タンの味自体はぼちぼちですが、
量がこれだけ入っているので、許せてしまいます。

カレー自体の味もなかなかのもので、
よくできたレストラン風のカレーを思わせます。
甘みの奥にピリッとした辛さがまたいいです。

ちなみに牛タンカレーは他にもあるみたいですが、
今回食べたのは「にしき屋」の「牛たんカレー」
「たん」がひらがなであることがポイントです。

(2006/05/06 実食)


2006年05月05日

自作のナンとカレー (自作)

6cf1c54a.JPGハウスから出ている
ナンミックス
ナン初挑戦です。


いや〜ナンまで家で作れるとは驚き。
しかも、とっても簡単。ホントに水とナンミックスだけ。
水入れて、練って、少し寝かせて。寝かせる時間も30分でOK。
(一時間寝かすと、ふっくら仕上がるようですが)
一袋で4枚ほど焼けます。
一人2枚でそこそこお腹が膨れるくらいのボリューム。
時間は一枚焼くのに3分。フライパンでOKなのでお手軽。

ここまでは良かったんですが、
ナンが簡単でも、それに合うカレーは難しいもの。
作ってはみたものの、サラサラになりすぎて、ナンと絡みません。
結局、どうやって食べたかというと、
ナンをちぎる→カレーにつける→スプーンですくって食べる…。
せっかくのナンだったのに、なんだかな〜。

次回は確実にナンに合うカレーを!!

(2006/05/03 挑戦)

akoyu0308 at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自作 

2006年05月04日

アジアンレストラン キンカーオ(下京区)

1ac9d2a1.JPGOBYAN CAFEの二階のお店。
アジアンテイスト抜群です。



タイ料理を中心にラオスのものも出しているとのこと。
とりあえずグリーンカレー(950円)を注文。

しばしの待ち時間はぼけーっと外を眺めます。
OBYAN CAFEもですが、東側一面が窓になっていて、
こちらも眺望は抜群。
窓側は座敷席、反対側は二人席。
座敷にはカップルシートが一つあるのですが、
なぜか一人で座ることになり、なんだかなぁ。

そんなことしているうちにグリーンカレー登場。
アオゾラ以来、久々のタイカレー。
タイ人らしき人が作っているだけに、匂いから本格的。
パクっといくと、タイカレー独特の香草の味が口に広がり、
辛さがジワーっと後からきます。
うーまーいぞー!ウマ辛ウマ辛。

アオゾラとは違ってサラッとあっさりした仕上がりですが、
ちゃんとコクはあるんです。不思議。
具材はナス、しめじ、筍、鶏肉にパクチー。
(あと、バイマックルーが多めに入っていました)

いやーこんなタイカレーのお店が七条にあるとは。
全く知りませんでした。
ランチセットもあって、おかず一品、揚げえびせん、
サラダやスープがついたカレーセットは950円です。
今回は全く見落としてました。次こそは!

定休日:月曜  
営業時間:11:30-21:30
  平日は14:30-17:30の間休憩
カレー以外の一品料理もたくさんありましたよ。

(2006/05/01 訪問)京都府京都市下京区七条通木屋町東入稲荷町

akoyu0308 at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!下京区 

2006年05月01日

SumiyaK.P.の新メニュー(左京区)

sumiyaK.P.さんから新作メニューに関するメールを頂きました。

今月九日からオムライスとオムカレーを始めるとのこと。
今日オブヤンカフェでオブカレーなるオムカレーを食べたばかり。
これからはオムカレーの時代か?


sumiyaK.P.さんのHP
http://www.sumiya-kp.com/

akoyu0308 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!左京区 | その他

オブヤンカフェのオブカレー(下京区)

05bee2c1.JPG七条にある眺めのいいカフェ。
カレーがあると聞いていきました。


このオブヤンカフェの名にちなんだオブカレー。
実態はオムカレーにエビフライが載った一品。なぜオブカレーと名付けられたのかは全くわかりません。

さて、お味の程はというと、
日本的なカレーにふわふわ玉子が絡んでとっても美味しい!
最近はインドやタイ系のスパイスが効いたのばかりだったので、
とても懐かしい気持ちになってしまいました。
ちなみに辛さはちょっと辛い程度。
エビフライもちゃんと揚げたてで、よかったです。


今日は夜に行ったので、景色はよく見えませんでしたが、
今度はゆっくりと鴨川を眺めつつ食べたいものです。

(2006/05/01 訪問)
京都府京都市下京区七条通木屋町東入稲荷町

akoyu0308 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!下京区 

ザ・カレーブック (自作)

aba866c9.JPGカレーを食べると元気が出るのは何故か?



そんなキャッチコピーのついた一品。
それがカレーブック。
ブックですが、決して本ではありません。
うまい具合に本のように仕立てたパッケージはGOODデザインです。

しかし、味がどうも美味しくない。
本の通りに作ったのですが、コクにかけます。
辛さやスパイス感はあるんですが、何かがたりない。
これを食べた友人のコメントは
「みりんが使われてない煮物みたい」

でも、何が足りないのかはよくわからず。
まだ残ってるけど、このままじゃ食べる気がせんな〜。

(2006/04/30 自作)

akoyu0308 at 01:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!自作 | その他
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: