2006年10月

2006年10月31日

京むかし屋のカレーうどん(伏見区)

むかしや外見西浦町にあるカレーうどんを中心としたお店。看板にはデカデカとカレーうどんの文字がありますが、普通にうどんや蕎麦などもあります。

初めてだったので、肉カレーうどん(740円)をセレクト。外の看板でも出てましたし。ここのカレーうどんは辛さを6段階から調節できるのが珍しい気がします。2辛が基本で、5辛まであり、マイルド&クリーミーというのも出来るようです。とりあえず店長お薦めという3辛に。

京むかし屋カレーうどんなんの変哲もないカレーうどんですが、実はなかなかの熱さでありました。あんによって熱さがそのまま封じ込まれ、さらに一味の辛さが体を熱くします。3辛でも結構な辛さです。
しかし、辛いだけでなく、そのバックを鰹だしが支えていることがしっかり分かります。

うどんの麺は細めですが、フニャフニャではなくしっかりとした弾力を最後まで保ってくれます。熱いのでゆっくりしか食べられない人にも、これはありがたいところ。

ありがたいと言えば、夜遅くまでやっているところもありがたいです。なんと、夜の3時まで開いています。確かにここらのお店は夜型が多いことも影響しているのでしょう。夜食でもいけます。

ただ残念なのはお昼の営業を中断しているところ。メニューにはランチなどもあったのですが…。7時に行ったのですが、お客さんおらず、しかも食べ終わるまで誰もこず…。近くにうどん系の「なか卵」や「はなまるうどん」もあるので、営業的には厳しいのでしょう。味はよいのでがんばって欲しいところですが…。

京むかし屋 
営業時間:17:00〜27:00 TEL:075−646−2488
駐車場:なし。
伏見区深草西浦町7−73−3


2006年10月30日

大津S.A(上り)のオムライスカレー

大津SAオムライスカレー綺麗になった大津のサービスエリア。夜景を見ながらご飯が食べれます。ここでももちろんカレーを注文。

普通のカレーとオムライスカレーが520円の同額だったので、お得感のあるオムライスカレーをセレクト。

しかし、頼んだそばから間違ったことを悟ります。冷凍庫からオムライスが登場、そして電子レンジへ。そしてカレールーの鍋には袋から肉がドボドボと投下される。
その様子は全て丸見えで、すでに食傷ぎみ…。

これで美味しければ何も文句もないのでが、オムライスも、カレーも…あぁ。
「オレに作らせてくれ〜っ」と心の中で叫びました。

(2006/10/27 悔しい夕飯)

営業時間:24時間 駐車場:たくさん。

akoyu0308 at 10:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!高速道路 

2006年10月27日

シャトー・アンソルスレのカリーセット(下京区)

シャトーアンソルスレのカレー七条大宮を下った梅小路公園の向い側にある、9月にオープンしたばかりのカフェです。外にあるアイスクリームの置物が目立ちます。お店全体が白を基調としていて、壁に貼ってある綺麗な海の写真が鮮やかに目に飛び込んでくる、そんなお店です。

さて、注文したのはカリーセット(680円)カレーとサラダのセットです。
メニュー表に「発芽玄米・米粒麦を入れたご飯、油はグレープシードオイルを使っています」とあり、健康志向が打ち出されています。

カレー自体は家庭的というのがふさわしいでしょう。
ビーフと玉葱、人参の入ったカレーは際立った個性はなく、そして辛すぎず甘すぎず。
ごく普通と言ってしまえばそれまでなのですが、どこか懐かしくやさしい味わいのカレーといえるでしょう。

ただ、残念なのはご飯。
発芽玄米らしきものは入っていましたが、米粒麦は確認できず。
どちらかってことなんでしょうかね。お店の人に聞けばよかった。

しかし、そんな気持ちを挽回するかのごとく、食後にデミコーヒーのサービスがありました。このコーヒーは無農薬の有機豆が使われているとのこと。濃い目で美味しかったです。

お昼時でお客さんが多かったのですが、割合この界隈の人が多いように感じました。
きっと地域に愛されるお店になるのでしょう。

なお、毎月アコースティックライブがあるとのこと。
今月は31日の夜。
東坂貴之さんなどが出演されるそうです。
興味のある方はどうぞ〜。

(2006/10/26 梅小路公園の前でのんびり)
シャトー・アンソルスレ
TEL:075-352-8765 営業時間:10:00〜19:00 駐車場:なし
京都府京都市下京区大宮通七条下る上之町

akoyu0308 at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!下京区 

2006年10月26日

グルニエのビーフカレー(左京区)

グルニエが意見カレー屋ぷーさんに振られ、向かった先はグルニエ。ノートルダム女子高の近くにあります。

住宅地に佇むお店は、ツタなどの植物が生い茂った洋風な外観。中からは有閑マダムの声が聞こえてきて、ちょっと男一人カレーを食べに入るのは勇気のいるところでした。

中に入ると、洋風アンティークや壁に飾られたドライフラワー。長年使われているであろう籐の椅子にカウンターのテーブル。ヨーロピアンテイストでいい雰囲気です。(こりゃマダムもたまる訳だと納得)

窓際に座り、目的であるビーフカレー(800円)を注文。ここのカレーは限定20食と色々なメディアで見ていたので、ちょっと心配でしたが、2時ちかくでもちゃんと残ってました。
グルニエカレー少し時間がかかってから出てきたビーフカレーは大きな肉が2つゴロっとはいった洋風カレー。結構煮込まれたものと、見た目から窺えます。

早速一口食べてみると、意外なほどにスパイシーなことに驚きます。お店の雰囲気から勝手に想像していたのは、もっと甘めの柔らかい味だったのですが、いい意味で期待を裏切ってくれました。なかなかの辛口カレーです。

野菜類は見えませんが、結構煮込まれているのだろうなと感じます。辛さに奥のささやかな甘みがそれを思わせます。

少し固めのビーフは、カレーとは別に煮込まれているのか、少し別の味がします。何かは残念ながら不明ですが美味しいです。う〜んなんだろ?

行きにくい場所にありますが、一度は食べてみる価値ありの一皿です。哲学の道を散策がてら、ケーキセットでゆったりするにもお薦めです。グルニエ看板

グルニエ
TEL:075-771-7326 営業時間:10:00〜17:00 定休:月休 駐車場1台 京都府京都市左京区鹿ケ谷寺ノ前町62

無念!カレー屋ぷーさん(左京区)

ぷーさん休業分かりにくい場所にあるカレー屋ぷーさん。やっとたどり着いたと思いきや、休業でした。残念無念。

akoyu0308 at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!左京区 

2006年10月24日

サンマルコの長州どりのスパイシーチキンカレー(下京区)

サンマルコ長州来年二月で閉店するプラッツ近鉄。その地下一階にあるカウンターだけのお店「サンマルコ」
ここはとんかつで有名なKYKグループですが、お店の雰囲気からは全くそれは感じられません。デパ地下にありつつもそこだけ少し洋風をかもし出しています。(隣にある551とのギャップが大きいせいなのかもしれません)

さて、注文したのは「長州どりのスパイシーチキンカレー」630円。ショーウィンドーに新発売とあったことと、洋風カレー系のサンマルコが出す「スパイシー」がどんなものかが興味を引きました。

注文して本を読もうとしたそのとき、すでにカレーは出てきました。隣のおじさんは先に来て注文していたのに、いいんだろうか〜と若干思いましたが、それはそれ。早速頂きます。

一目で分かるほどにトマトたっぷりのそのカレーは、なんとパスタソースの以上に甘い!!!
どうなってるんだー! まるで、甘めのミートソース(挽肉抜き)のような味わい。「名は体を表す」とよくいいますが、これは全くの真逆です。もしかして、スパイスを入れ忘れたんじゃなかろうか?と疑ってしまうほどにスパイシーではありません。これにはがっくりです。

一口目でがっくりきましたが、そこからは頭を切り替え、「チキンのトマト煮カレー」と思って食べすすむことに。そうすると割合いけるから不思議です。ネーミングは大事なものです。

名前といえば、冠されている「長州どり」ですが、残念ながら長州のよさは分かりませんでした。しかし、モモ肉がしっかりと煮込まれ、とても柔らかくなっているのは◎です。
加えて基本のルーに牛肉が入っているのでしょう。牛肉の小片も確認できます。

ちなみに辛さは甘甘です。しかも、辛くするオプションもなく、卓上スパイス類もありませんので、辛党の方は物足りないでしょう。

洋風トマトカレーといった印象の「長州どりのスパイシーチキンカレー」長州という国よりも、イタリアンなカレー。そんな分類はないのでしょうが、このカレーを食べればそのネーミングに納得していただけるハズです。

サンマルコプラッツ近鉄店
600-8216
京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町702番地B1F
Tel075-365-7619 営業時間10:00〜20:00 京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町702

akoyu0308 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!下京区 

2006年10月22日

海老名SAのみなと横浜カレー(神奈川)

東名高速集中工事のため、途中で車中泊なぞをするハメになりました。おかげで予定よりも大幅遅れで神奈川県に入り、海老名SAにて朝食です。

このSAはなんとフジテレビが経営しているようで、色々なグッズが売られています。フジテレビ中にはゴリエの等身大人形なんぞがありました。かなりリアルなのには驚きましたが、さすがに腹毛まで再現してくれなくても…。朝から醜いものを目撃 (☆-◎;)

気を取り直して朝ごはん。朝からカレーを注文です。このSAはカレーの種類が結構豊富で、6種類くらいあった中から選んだのは「みなと横浜カレー」750円。どこが「みなと」や「よこはま」なのかは全くの謎です。みなと横浜カレー
画像はなんだか赤みがかった色をしておりますが、これは朝日が差し込んだもの。いかに朝っぱらかが窺える画像になってます。

さて、カレーはいかが?というと、京都北白川の「ガラムマサラ」からスパイシーさを取り除いたらこんな感じといった味。
かな〜り長い時間煮込まれたカレーで、玉葱は見えなくなっていることは勿論、人参すらも真っ黒になっています。牛肉いたってはすでに繊維状態です。

辛さはほとんどといっていいほど感じられず、コッテリ甘辛濃厚ソースのような味わい。上にかかっているコンデンスミルク(?)の味はどこかにいってしまっています。それは計算してあるのかもしれませんが。

最初こそ美味しくバクバク食べたのですが、中盤以降はガクンとペースダウン。
はっきり言って、朝からこんなコッテリなカレーを注文した自分が憎く思えました。
疲れもあったので、この後、胃もたれしたことは言うまでもありません。

(2006/10/20 朝日を浴びながら)


akoyu0308 at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!高速道路 

名神高速上り、尾張一宮PAのカツカレー(愛知)

一宮カレー横浜に用事があった為に高速道路を一路東へ。途中の尾張一宮PAで食べたカツカレー(650円)

最近の高速道路のSAやPAにはコンビニ、マクド、スタバ、吉野屋なんかも入ってたりしますが、食堂系も地元食材を使ったりとがんばっています。ここもオリジナルメニューがあったりしたのですが、やはりカレーを注文してしまいました。

カツカレーにしたわりに早く出てくるのはいちいち揚げたりしていないからでしょうが、意外にカラッとしていて好印象です。ちゃんと並んでいないのはご愛嬌。

カレーはCoCoイチに似たカレー…って昨日食べたやんとか思いつつも、こちらの方がちょっと辛口に仕上がっており、大人のカレーとなっております。
色々な客層が考えられるのに、この辛さは挑戦的です。明らかにお子様向けではありません。この辛さでいいのだろうか?と思ってしまいますが、辛口好きな自分にはGoodです!

よく尾張一宮PAの下りのS&Bが出資しているカレーショップでは食べてましたが、こちらも悪くありません。ちなみにこんな会社の提供のようです。一宮資本会社

akoyu0308 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!高速道路 

CoCo壱番屋のチキンカツカレー(南区)

4a3f0622.JPGおそらく全国どこにでもあるカレーチェーンですが、一年近く食べていませんでした。
どんな味だったかなぁ〜と思いつつ、久しぶりに食べました。

行ったお店は京都駅南にある南区八条口店。カキフライカレーののぼりが立っていましたが、スパイシーとの比較も考えて、チキンカツカレーを1辛で注文です。

揚げの時間があったのか、昼時で混んでいたのか、大分経ってから出てきました。
カレーを見たとき、「あ〜こんな感じのルーだったなぁ〜」と遠い昔を思い出すような感覚に襲われました。

そして、一口食べてまた「あ〜こんな味だったなぁ〜」と回顧してしまいました。なんともいえないCoCoイチの味です。

チキンカツは鶏ムネ肉で、揚げすぎだったのかパサパサ…。これはスパイシーのチキンカツに軍配があがります。(ちなみにルーもスパイシーの方が好みです)

食べた後に思うことは、CoCoイチってこんな味だったなぁ〜ということ。大分食べなかった理由を自分で食べてから理解するなんて…。

次に食べるのは、また一年後くらいでしょうか。

(2006/10/19 お昼頃)

TEL 075-662-2987 営業時間 11:00〜25:00
京都府京都市南区東九条上殿田町

akoyu0308 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!南区 

2006年10月18日

マチャプチャレのネパールカレー(東山区)

まちゃぷちゃれメニュー、カレー
前回訪れた時には食べれなかった、ネパールカレー定食。
今回は遂に食べることが出来ました。
まちゃカレー
基本的にはベジタブルカレー。料金アップでチキンを入れることが出来るようですが、今回は初めてなのと、以前食べた「おばんざいセット」で野菜の美味しさに打たれたこともあり、ベジタブルカレーのままで注文です。

写真でみるように、出てきたのは野菜だらけのカレー。人参、ジャガイモは定番ですが、キノコ、菜っぱ、ウリ、何かの種などなど。とにかくたくさん入っています。

今回ビックリだったのは、キノコ。おそらくシメジなんですが、デカイです。画像でもそうですが、見た目はソーセージを切っていれているのかと思ってしまいました。見た目どおりの肉厚で、しっかりとした食感が味わえます。これは肉の代わりになります。(シメジではなくて、エリンギかとも思うのですが、頭の部分が黒いことからシメジと判断しました。間違ってるかも…)

注文時に「辛口で」と頼んだのが効いたのか、ちゃんと辛口。中華なんかで使われる鷹の爪がバッチリ入ってました。後からヒリヒリとくる辛さです。
全体の味わいとしては、さっぱりとしたカレーといえる一品です。野菜の味がしっかりしていて、お米も雑穀が入っていて。健康的なカレーといえます。

前にも書きましたが、お水のとっても美味しいこのお店。今度は青いビンに入って登場しました。まちゃ前にやたら水をおかわりしたからかな〜と思いつつ、今回も結構飲んでしまいました。やっぱり美味しいこのお水。堪能できます。

そういえば、前回はネパール人がいなかったが故に食べれなかったこのカレー。じゃあ、今回カレーが注文できたということは、ちゃんとネパール人がいるっていうことだよな〜と思って、支払いのときに厨房を覗き込むと、発見しました!
しか〜し、ここで残念ながらデジカメの電池切れ…。携帯も電池切れだった為に、ネパール人激写は次回以降に持ち越しです。

(2006/10/18 昼食)
マチャプチャレ 
TEL075−525−1330 営業時間11:30〜20:00 
定休日:火 駐車場:有

京都府京都市東山区鞘町通正面下る上堀詰町290

akoyu0308 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!東山区 

2006年10月17日

スパイシーのチキンカツカレー (左京区)

百万遍にあるカレーハウス。1950年からの歴史を持つ、京都発祥のチェーン店です。
スパイシーのチキンカツ
京都発祥といいつつも、そんなにお店がある訳でもないような…。他には東大路丸太町でしか見たことがありません。
初めて行ったので、無難にNo1とメニューにあったチキンカツカレー(580円)を注文。いきなり大辛に挑戦です。

チキンを揚げてるからか、ちょっと時間がかかってから出てきました。
おかげでアツアツのチキンカツ。このカツは結構美味しいと思います。

本題のカレーですが、お店の名前どおりにスパイシーな仕上がり。なんでも35種類のスパイスと使っているとのこと。チェーン店の割りにスパイスたっぷりでいいです。
大辛だけに結構な辛さですが、よくよく見たらテーブルに辛くできる小さな袋に入った液体スパイスがおいてありました。何個もあるので、別段最初に大辛にせずとも、後からなんぼでも辛く出来るようになっています。

よく見る黄色い看板のチェーン店なんかよりはずっと好みの味です。値段もあちらよりは安いような気がしますが、何せ最近全くといっていいほど黄色い看板のお店に行ってないので、比較の難しいところ。味も思い出せないくらいなので、近日中に行ってみようと思います。

スパイシー百万遍店
Tel075−701−2287
HP:http://www.shunyo-do.co.jp/spicy/sp_top/index.html
京都府京都市左京区田中門前町72

akoyu0308 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!左京区 

2006年10月11日

キンカーオのカレーセット(下京区)

キンカーオ外見七条大橋から晴れていたこともあり、眺めのよいキンカーオへ。今日はカレーセット(950円)を注文。

キンカーオカレーセット

あいかわらずボリュームは結構あります。スープ、サラダ、タイ風たまご焼き、揚げせんにカレー。カレーセットなだけに、以前食べたソイランチに比べると、カレーの量は多い!って当然ですな。

キンカーオイエローカレー
前回のカレーもイエローでしたが、今回も同じ。しかも、中身もはじゃが芋、玉ねぎ、鶏モモと全く一緒。日替わりのはずなんだけど…。たまたま同じだったのかな?
それにカレーの味もなんとなく水っぽい感じがします。辛さも控えめ。どうもお昼のカレーは個人的にイマイチ(×_×;)

セットはお得感があるんですが、カレーに関しては単品の方が好きです。次に行くときは原点回帰でグリーンカレーにしようと思います。

ちなみに晴れ日のキンカーオからの眺めはいいですよ〜 (。^_^。)
(2006/10/10 鴨川を眺めつつランチ)
定休日:月曜  
営業時間:11:30-21:30
  平日は14:30-17:30の間休憩
京都府京都市下京区七条通木屋町東入稲荷町

akoyu0308 at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!下京区 

2006年10月04日

船場カレーのすじねぎ (大阪)

船場カレーすじねぎちょいと大阪に用事があったので、真っ黒なルーが有名な船場カレーに行ってみました。イカ墨が隠し味というので、前から気になっていたお店。
大阪にいくつかのお店を出していますが、訪れたのはなんばCity店。

さて、注文はお薦めという「すじねぎカレー」。大阪らしい発想ですな。ちなみになんばCityのフェアのおかげで、サラダが一品付いてきました。ラッキー!(生卵、半熟たまごにも出来ます。)

出てきたカレーは雑誌などで見るよりも黒さがなかったのがちょっと残念。味は、隠し味のイカ墨による臭みなどは全くなく、まろやかなカレーに仕上がっています。これはすじ肉のおかげもあるのでしょう。
ねぎとカレーは合うのか?と心配しましたが、そんなに悪くはありません。すじとねぎの相性の良さによるところが大きいのかもしれません。
よくを言えば、辛さが足りない気がします。自分で辛く出来れたらなぁ。

思えば、イカ墨にすじ肉にねぎといった組み合わせは合いそうにないもの。しかし、これをうまく包み込んでいるところに、このお店の巧さがあるように思います。思ったより悪くない組み合わせでした。

いろいろやっても、なんとかカレーとなるところが、カレーの凄いところなんでしょう。

(2006/10/02 live前の腹ごしらえ)

ちなみに用事はThe Poguesのライブ。「京都ラーメン膝栗毛」のatさんと行きました。251c2aa6.JPG

akoyu0308 at 10:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!大阪府 

2006年10月02日

カゴメデリのグリーンカレー (レトルト)

今日は朝からタイカレー。
カゴメデリ 外見といっても、簡単レンジで出来るカゴメデリってやつです。

ルーを入れてレンジで二分ほどでアツアツのタイカレーが完成。
こりゃ楽ちん。
カゴメデリ 中身

簡単なだけにカレーの味が薄く、それほど美味しさは感じられません。カロリーがかなり抑えてある為でしょう。かなり味はうすく、あっさりです。
日ごろアオゾラなんかのこってりタイカレーが好きな私にはもの足りないところ。

ただし、満足したのが、ご飯がタイ米っぽい長米種だったこと!ここにこだわりを感じました。
今後は味のレベルをあげていった欲しいところです。

リバーオリエンタルのタイカレー(下京区)

fe3f9e03.JPG先輩の結婚パーティー。そこにあったのは、レッドカレー。

それまで他の料理をバクバク食ってましたが、タイカレーが出てきた瞬間、走りました。そして調子こいてタップリとりました。久々のタイカレーだったし、リバーオリエンタルだし。

辛さは一般客用にかなり辛さを抑えてありますが、使っているバイマックルーや香辛料はかなり本格的なもの。香りがとてもよいです。

具材はトマトベースに玉葱たっぷり。そこに大きく切られたチキンがたっぷり。これでもかという位。結構な食べ応えがあります。普通のタイカレーよりもたっぷりした具材に、ルーがくっついてくる感じ。水っぽさは余りありません。ご飯もしっかりタイ米でパラパラ。

シャムや、アオゾラにキンカーオとも違うタイカレーだけど、うまいなぁ。

普通に食べに行ったら、いくらするんだろう〜とか思いつつ、この後もう一杯食べてしまいました。

〒600-8015
京都府京都市下京区木屋町通り
松原上ル美濃屋町180
レストラン TEL. 075-351-8541京都府京都市下京区木屋町通松原上る美濃屋町

akoyu0308 at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!下京区 
訪問者数