2006年12月

2006年12月30日

北海道遠征2皿目(北海道)

北海道遠征2皿目は、スープカレーの「札幌らっきょ」。
今回は、お持ち帰りにして、北海道滞在中にお世話になっていた家庭の皆さんと頂きました。

まずはノーマルなチキン。
らっきょチキン

続いて、冬季限定メニューのカキとまいたけのスープカレー
らっきょかきとまいたけ

とどめは看板メニュー? らっきょスペシャル!
らっきょスペシャル

らっきょスペシャルにいたっては、スープが全く見えません。
蓋を開ける前から、その重量に驚きました。

さて、食べたのはカキとまいたけのスープカレー。
このノロウィルス全盛の今、なかなかのチャレンジ精神ですが、
加熱してあるので、問題なしと判断。(もちろん、大丈夫でした)

カキは大振りなものが、五つほど。そして、まいたけもでかく食べ応え満点です。
肝心のスープは京都のものと比べると割とコッテリ気味。
そのスープにバジルがタップリしているのが特徴でしょう。
スープのダシが前にきて、スパイスは割と引っ込み気味な印象を受けました。

辛さは1〜100まであるのですが、よく分からなかったので、辛口と伝えたのですが、中辛くらいな感じ。
もっと辛いのを想像していたのですが、大したことはありません。
番号で言うと、どれくらいだったのだろう?

ちなみにこのお店を選んだ理由は、
ハウスの「スープカレーの匠」という商品を開発する際に、
担当者が協力を求めたのがこの「札幌らっきょ」であったから。
それほどに有名なお店なら、いかねばと思った次第であります。
いわば、スープカレーのスタンダードと言えるのではないかと…。
結果、確かにスタンダードな美味しさではないかと思います。

札幌市西区琴似1条1丁目7-7 カピテーヌ琴似1F
TEL/FAX:011(642)6903
営業時間 11:30〜22:00 (平日のみ15:00〜17:00CLOSE)
定休日/水曜日 北海道札幌市西区琴似一条1-7-7

akoyu0308 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!北海道 

2006年12月29日

北海道遠征1皿目(北海道)

277553be.JPG北の大地、北海道での一皿目は…。
北海道を拠点とするカレーショップ「リトルスプーン」
いまだ関西は一店舗のみのお店。

しかし、北海道の人にはCoCoイチ<リトルスプーン
かなりメジャーなようです。

そんなチェーン店は札幌駅の駅ビルに入っていました。
さっそく店舗に行くと、そこはまるで立ち食いソバ屋状態。
券売機で食べるものを選び、そのままカウンターで券を出す。
すると、カウンターからお皿が出てくる…。
そんなお店。

そこで頼んだのは、スープカレー。
普通のカレーにすればいいものを、やっぱり食べたかった本場の味。
きっと普通のカレーショップでも美味しいはず。

出てきたスープカレーは入っている具材から、スープの味から、
奇をてらわない味わい。
いたって普通に美味しいです。

京都にもいくつかスープカレーがありますが、少し違うのはスープそれ自身。
何かが違うのですが、どうも分かりません。
考えつつ食べてるうちに食べ終わってしまいました。

次はしっかりと味わいたいと思います。




akoyu0308 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!北海道 

2006年12月19日

残念な話

あのカレーミュージアムが閉館するんだとか。
まだ行ったことがないだけに、非常に残念です。
もう二度とカレーを主にしたテーマパークは出来ないのだろうと思うと、寂寥の思いです。以下、記事をこぴぺ。

<横濱カレーミュージアム>来年3月末閉館へ 
(毎日新聞 - 12月19日 13:10)
 「世界唯一のカレーのテーマパーク」として01年1月にオープンした「横濱カレーミュージアム」(横浜市中区)が来年3月末に閉館することになった。

 経営会社のマタハリー(川崎市川崎区)が19日、発表した。「営業は順調だが、カレー文化の魅力を広く一般に紹介することで地元を活性化させるという事業目的を達成した」と説明しており、閉館後は新しい娯楽施設の設置を検討するという。

 同ミュージアムは全国各地のカレー専門店やレトルトカレーなどを一堂に集めて話題を呼び、開館以来の累計来館者数は870万人(11月末現在)に達した。


akoyu0308 at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

スープカレーの本場へ…

遂にスープカレーの本場である北海道へ行くことになりました。
しかも、一週間の長期滞在であります。

毎日スープカレーを食べることなんぞは、他の用事がたくさんあるので、無理でしょう。

しかし、二日に一軒はめぐりたいと心ひそかに思っております。

本場の味が今から楽しみであります。

「ここは行っとけ〜!」みたいなお店がありましたら、ご教授お願いします。




akoyu0308 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2006年12月17日

西海のカレー中華飯(伏見)

カレー中ドン久々の西海。深草界隈で知らぬもの無しの中華料理店です。

ここのお店はかなり遅くまでやっていますが、そんな遅くでも人がいるから驚き。
真夜中すぎても外で待つことなんぞ、ザラにありました。
改装され、二階までできたので、もうそんなこともないとは思いますが。

そんなお店の隠れた一品がカレー中華飯(650円)
お店の人は略して「カレー中丼」と言いますが、それは中華丼→中丼の略からきています。

注文して、ものの数分で出てくるのが、ここのすごいところ。
注文と同時に、一斉に厨房が動き出す様は圧巻です。
もの凄い勢いで調理されていきます。
初めての方はぜひカウンターへ座りましょう。迫力ありまっせ。

さて、そのカレー中丼の味は、ほんのりカレー味の中華丼。
ガツンとはきませんが、しっかりカレー味です。
さらに生たまごを崩せば、マイルドなカレーに変身。
一度で二度楽しめます。
ちなみ具は普通の中華丼とさほど変わりません。
イカ、小エビ、豚肉、白菜、竹の子、人参、きくらげといったもの。

ちょっと普通の中華に飽きたら、こんなんもありまっせ〜と言う感じの一品。
他のメニューが美味しいので、なかなかオーダーされにくいかもしれません。

(2006/12/17 暖かい一日)

西海
京都府京都市伏見区深草キトロ町33-7
営業時間AM11:00〜AM5:00 TEL:075-642-6161

akoyu0308 at 19:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!伏見区 

2006年12月06日

カレー専門店BALIの豚かつカレー(中京区)

バリの豚カツカレーゼスト御池にある老舗のカレー専門店BALI。ゼスト御池が出来て移ったようです。

ランチのグリルチキンのカレーも気になりましたが、豚カツカレー(800円)をセレクト。
辛さは甘口・辛口・大辛から選べます。今回は辛口にしました。

ここの豚カツは他と異なり、非常に薄い衣に特徴があります。パン粉なのでしょうが、かなり薄い衣。
これが脂身の少ないロースにちょうどあっています。

カレーはよく煮込まれ、粗さのない味わい。
野菜や果物の具材は全てルーの中に溶け込んでおり、深い味わい出しています。
旨みの全てが溶け込み、そこにスパイスが加わって非常に高いレベルで融合しているカレーといえるでしょう。

煮込み時間もかなりかかっていると思うのですが、煮込みすぎてコテコテになっているわけでもなく、サラッとしていてなおかつ深みがあります。

「昔のお店より味が落ちた」と言われることもあるようですが、今でも十分美味しいカレーと感じました。

(2006/12/06 久々のゼスト御池にて)

カレー専門店BALI
ゼスト御池内
TEL:075-256-4619 営業時間:11:00〜22:00(LO/21:00)
駐車場:有り  休業日:1/1

akoyu0308 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!中京区 

2006年12月04日

スープカレー心(さいたま新都心)

6077b687.JPGさいたま新都心でのU2ライブ。その前にとりあえずカレーを。
けやき広場の地下で見つけたスープカレー心を訪れました。
北海道に本店を持ち、関東を中心に展開しているお店です。
思えば京都以外でスープカレーを食べるのは初めて!
結果的に文化的ギャップを感じました。

照明をうまく使ったおしゃれな店内は、四時という中途半端な時間帯にも関わらず、多くのお客さんがいました。落ち着く感じがいいのでしょう。

とりあえず骨付きチキンのスープカレー(880円)を注文。
辛さはなんと1〜100辛まで調節可!そんなに細かくしても、1と2の間なんかほとんど分からんような気がしますが…。
それと、ご飯も玄米か白米かをセレクトできます。玄米にしても無料。しかも大盛も無料!なんと良心的な…。とりあえずここは玄米の普通で注文です。

待っている間、一組、また一組とお客さんが増えていくので、結構な繁盛振りが窺えます。
メニューも豊富で、スープカレーだけで11種。そのうちベジタブルスープカレーが4種類もあるところが人気の秘密なのかもしれません。

さぁそのスープカレーが登場。かなりチキンがでかいです。
食べてみると、そのスープ自体がかなり京都のものと異なります。
なんせコッテリ。かなり濃厚な味わい。
どう食べても鶏がらだけでなく、トンコツを使っているように思われます。
まるでラーメンのように、様々な素材からダシをとることによって、
複雑で重層的な味を出そうとしているのが分かります。
今まで食べた京都のスープカレーはどちらかというと、すっきりサラッとしたスープにスパイスが前面に出てくるようなものがほとんどだったのですが、この心はスパイスよりもスープ自身に主張を持たせたものに仕上がっています。
これがスタンダードなのかどうかは分かりませんが、京都のスープカレーが特異なものになっているのかもしれません。

さて、具の方でいくと、でかいチキンは非常に柔らかく、スプーンだけでほぐすことが可能。
でかいだけに、食べ応えも十分です。

野菜はじゃが芋、ピーマン、人参といたってシンプルですが、じゃが芋にこだわりがあるようで、北海道共和町産を使用しているとのこと。
男爵とメークィーンの中間をいくような味です。決め細やかでありつつ、煮崩れしていないのが、スープカレーに合うのでしょう。
個人的には、このスープに大根があうのではないかと思います。

玄米ご飯は固さも味も申し分なく、大盛にしてもよかったな〜と思えるほど美味しかったです。

かなり満足度の高いお店です。はやっているのもうなずけます。
欲を言えば、スープがコテっとしているせいか、スパイスのよさが奥に引っ込んでいる印象です。
ただし、これは全くの好みの問題。十分に美味しいスープカレーでした。

(2006/11/30 U2の前に)

スープカレー心
営業時間11:00〜22:00 年中無休
TEL:048-600-0080埼玉県さいたま市中央区新都心10

akoyu0308 at 04:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
訪問者数