左京区

2007年12月20日

ぐるぐるかふぇのとうふかれー(左京区)

ぐるぐるカフェの外観東大路を走っていくと、隠れ家のようにぐるぐるかふぇはありました。

店内はこじんまりとしていて、カウンターが7席に2人がけのテーブルが2つあります。
カウンターには、色々なお酒がならんでいました。特に気になったのは、「小笠原産のラム酒」600円。日本でもラム酒を造っているんですね。知りませんでした。

さて、カレーです。店先に「とうふカレー」があったので、メニューも見ずにすぐ「とうふカレーをお願いします」と注文。
その後、店内を見回したら「ココナッツカレー」なんてものもあったので、メニューを見ればと少し後悔もしつつ、「とうふカレー」の登場を待ちます。

そして登場した「とうふカレー」(500円)がこちら。
とうふカレー
白い四角のものが豆腐であります。これがカレーと合うのか?と疑問で有りましたが、全く違和感無し。自然です。馴染んでます。
むしろ、鋭角に切られたジャガイモと人参の方がインパクト大でした。

カレー自体の味は落ち着いていて、豆腐の存在を消さない配慮を感じました。
500円で味わえる和みの一皿でしょう。

ちなみに、初来店の方には手作りのプレゼントを頂けます。
ぐるぐるカフェのプレゼント
いくつかあったのですが、名刺たてを選ばせてもらいました。


(2007/12/19 夕刻の一皿)

ぐるぐるカフェ
営業時間PM18:00〜PM24:00
定休日:日曜日 電話番号:075−724−1182
〒606−8211京都府京都市左京区田中西大久保町14-1

akoyu0308 at 13:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年07月24日

カレー矢のカレーライス(左京区)

カレー矢外見決してカレー屋ではありません。カレー「矢」であります。

偶然にも発見したこのお店。なんとも凄いネーミングであります。
店内も単なるカレーのお店ではありません。両側の壁一面にある漫画に圧倒されます。

お店は初老で威勢のいいマスターがやっており、入るなり「いらっしゃーい」と野太い声が飛んできます。
メニューは壁にあり、カレーライス以外にもカレーラーメンから、カレーヤキソバなどのカレー系メニューが並びます。

とりあえずカレーライス(500円)を注文。この値段でコールスローサラダと味噌汁が付いてくるのは嬉しいです。

カレー矢のカレーライス
さて、出てきたのはこのセット。カレーはなんの変哲もありませんが、おどろきはサラダのボリューム!器に山盛りになって入ってます。そして画像では見えませんが、ドレッシングも大量で、池のようになってます。キャベツの乱切り具合がたまりません。

さてさて、カレーはどうかと言うと、これがなかなかの味で嬉しい驚きです。
家庭的なカレーと言えば、其の範疇に入りますが、結構煮込まれている感じがなんとも言えず素敵な味です。
ボリュームもそこそこ。
味噌汁はいけてませんでしたが…。

感想としては、隠れた名店と言いたいのですが、これは個人の受け取りによって大分変わると思います。
一度試してみて欲しい気がしますが、お薦めしたいような出来ないような…。
明らかに男性メインのお店です。

カレー矢
営業時間、定休日、TEL等不明。
京都府京都市左京区高野泉町

akoyu0308 at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月16日

ミリオンのインディアンバーグ(左京区)

最近アオゾラに訪れるも休みにかちあってしまって…。
で、隣にあるハンバーグのお店ミリオンに行きました。

やはりカレー系のものもありました。
ミリオンのハンバーグカレー
値段はサラダ付いて確か700円くらい…。

ハンバーグは厚みがあって柔らかく、肉汁たっぷり。かなり美味しいです!
カレーの方は、うーん。
きっと普通のカレールーなんだろうな〜。

ほんとハンバーグはかなり美味しいです。
今度普通にデミグラスのハンバーグが食べたくなりました。

ミリオン
営業時間12:00〜23:00 定休日:?
TEL:075-781-8910
京都府京都市左京区田中門前町23

akoyu0308 at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月28日

こあの助のグリーンカレー(左京区)

以前にclosedだった「こあの助」。今回は開いている時間に行けました。

店内はオリエンタルな調度品が置かれ、流れているBGMもそっち風。
店の名前からは想像できませんが、コンセプトのある店内でした。

さて、注文はグリーンカレー(690円)
わりと手ごろな値段設定です。

こあの助のグリーンカレー
ちなみにご飯は日本米。これは看板でも断りが入っていました。
丼もやっているとのことなので、タイ米は使えないのでしょう。

さて、味ですがなかなかのもの。コストパフォーマンスは高いです。
ちなみに中身はタケノコがたっぷりと、シメジに青唐辛子。
お肉はなしのベジタブルタイカレーです。
もちろんトッピングで豚肉や鶏肉をいれることが可能です。

グリーンが一番辛いのですが、もっと辛くしたい人には特製のナンプラーを出してくれます。これは結構な辛さになりした。

普通に美味しいタイカレーを気軽に味わえるお店だと思います。

(2007/04/28 )

こあの助
営業時間11:00〜15:00、17:30〜22:30(LO22:00)
TEL:075−702-2611 定休日? 駐車場無し
京都府京都市左京区田中門前町28

akoyu0308 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月25日

ビィヤントのカツカレー(左京区)

びやんと カツカレー久しぶりに辛いカレーを食べにビィヤントへ。ここの辛さは清涼感があるというか、すっきりすかーっとした辛さで、たまに食べたくなります。

今回はカツを乗っけて900円なり。ビーフ、ベジタブル、チキンから選べて、どれも同値段だったので、高級感をとってビーフ。

出てきたカレーにビーフの姿は…。少なめです。

しかし、カツがそれを補ってあまりあるほど。
唐辛子の辛さが舌を満たし、カツが胃袋を満たしてくれます。
食べるほどに満足感で 顔がニンマリ(^-^)
美味しかったです。

ビィヤント 
京都府京都市左京区聖護院西町 営業時間 11:00〜22:30 休:金曜 駐車場:なし
TEL:075-751-7415

akoyu0308 at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月23日

百万遍の新しいカレー屋さん(左京区)

百万遍の新しいカレー屋さん久しぶりにカレーをと思い、百万遍に足をのばしてみると、新しいカレー屋さんが!!

百万遍の交差点北西あるビルの二階にあるそのお店。
しかし、今回は残念ながらclosed…。
食べることはかないませんでした。

どんなお店なのか気になります。

京都府京都市左京区田中門前町28

akoyu0308 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月04日

LUSH LIFEの豆とチキンのカレー(左京区)

ラッシュライフ看板京阪の出町柳と叡山電鉄の間の道に、こんなお店がありました。

アオゾラに行く予定だったのですが、なぜか戻ってこのお店に…。
豆とチキンが気になったのか?
不思議と惹きつけられました。

店内は奥に長いカウンターのみ。ピンク電話や木製のテーブルなどが渋めの雰囲気をかもし出しています。
そして圧巻はマッキントッシュのオーディオと共にあるレコードの数々。
さすがJAZZ&CAFE!!雰囲気があります。
ラッシュライフ 豆とチキンのカレー
さて、注文はランチのメニューらしき豆とチキンのカレー(700円)
たんぱく質がたくさん取れそうな感じ。
でもカレーにはちゃんと人参やマッシュルームも入っており、玉葱はルーに溶けてます。
豆は大豆、チキンはかなり繊維状に溶けており、胸肉なのかモモ肉なのか?
かなり煮込んであるのを感じました。

全体の味は中辛ですが、スパイスをふんだんに使ったという感じではなくて、日本風で深みのあるカレー。
ご飯も多めで満足できました。

(2007/04/04 雨上がりの昼下がり)

LUSH LIFE
営業時間 AM12:00〜PM12:00 TEL:075-81-0199
休日:?
京都府京都市左京区田中下柳町20

akoyu0308 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月03日

デポ・サワディー(左京区)

デポサワディー外観その昔、自分がカレーに目覚めるその前に。京都の遠いところでタイ料理を食べました。
そこは、仏教を学んだご主人と、タイ人の奥さんがやっていたお店。
「もう閉めてタイに帰るんだ〜」と言っていたのは2年前。
もはや食べられまいと思っていたあの味は、実はひっそりと受け継がれていました。

今は奥さんの弟が継いでお店をやっています。お店のセンスもアングラな感じを脱却し、なんだかとってもタイ料理店らしくなってました。

注文したのは1500円のランチコース(2人前から)
トムヤンクンまずはトムヤンクン。もー酸味と辛味と豊潤は海鮮ダシがメチャウマです。海老とシメジがタップリ入っています。

揚げ餃子と春雨サラダ続いて揚げ餃子と春雨サラダ。
揚げ餃子は甘辛なタイのソースを付けて、パクっといくとウマ〜!!
春雨サラダの方は酸味中心で、サッパリします。イカのプリプリ感がたまりません。

ライスとカレーそしてお待ちかね!タイカレー登場。ここでは「青いカレー」と表現されています。茄子と竹の子中心で、彩りにピーマンとパプリカ。ひっそりと鶏肉も入っていました。
同行者に言わすと、「ここのはマジうまいわ〜」と絶賛。たしかに濃い目でコクがあって、しかもくどくない。それにバイマックルーやレモングラスがふんだんに使われていて本格的です。

昔来ていた時は、もっと刺激的な刺さるような辛さだったのですが…。かなりマイルドな感じたのは、カレーの食べすぎで、辛さに関して麻痺してきたせいかも知れません。
しかし、色々食べあるたおかげで、このお店の美味しさを再確認できたのも確か。
かなり満足度の高いタイ料理でした。

タピオカとバジルシード最後のデザートはタピオカとバジルシードのココナッツミルク和え。2人前なんで、2種類だしてくれるのがとても嬉しいです。

(2007/02/03 満足なお昼)
デポ・サワディー
京都府京都市左京区一乗寺樋ノ口町10
075-721-6565 駐車場:3台 定休日:月曜
時間:昼11:30〜14:30 夜17:00〜22:00
(分かりにくい場所ですが、天下一品総本店の道向いを入っていくと右側にあります。)

akoyu0308 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月20日

カフェ・ピースのタイカレーセット(左京区)

カフェピースのセット
百万遍交差点北西、すきやの三階にあるオーガニック野菜を中心とした料理のお店。看板にあった、タイカレーセットを見て入ってしまいました。

メニューを見て驚きました。餃子や酢豚や豚カツがメニューにあると思いきや、全てが大豆で作ったお肉のような食材。よって、驚くべきかな100%植物性食材!(ヴィーガン料理というそうです。)
話には聞いたことがありましたが、京都でやっているお店があるとは知りませんでした。(なお、タイカレーセット(1000円)には残念ながら、そのお肉もどきは使われておりません。)

さて、注文したセットはプレートに乗ってやってきました。
思ったよりも、量は多い感じ。ご飯とカレーに、フライドポテト+サラダ+ポテトサラダ+マカロニサラダ+寒天
ご飯が玄米主体の雑穀入りだったのが嬉しいところ。
大盛や少なめも選べます。

カレーはもちろん肉無し。でも、大きめに切られた椎茸により、ボリューム感はあります。他に入っているのは、玉葱・ヤングコーン・ピーマン・じゃが芋。
ココナッツミルクの濃い目なカレーはまろやかで美味しく、ご飯とも合っていましたた。(ご飯自体、甘みがあってとても美味しい一品!)

他のサラダも美味しくて、満足できます。
ただ、じゃが芋比率が多いかな〜。ポテトフライだけは、ちょっと品種の違うじゃが芋が使われている気がします。

ベジタリアンの方にお薦めですが、そうでない方にも是非一度食べて欲しいお店です。

(2007/01/17 ふらりと)

カフェ・ピース
営業時間
ランチ 日・祝及び15日のみ: 11:30〜17:30
その他の日: 11:30〜15:00(14:30ラストオーダー)
ディナー 17:30〜22:00 (ラストオーダー 21:30)
TEL:075-707-6856  駐車場:なし。
京都府京都市左京区田中門前町28

akoyu0308 at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

2007年01月10日

カレーハウス スパイシーのスープカレー(左京区)

ad69f480.JPG以前にいった京都発のカレーチェーン「スパイシー」の熊野神社前店。
店頭にあったスープカレー(780円)のポスターに惹かれました。

具材はブロッコリー、南瓜、人参、じゃが芋、ゆで玉子にチキン。
結構なボリュームです。

スープは京都風あっさりかと思いきや、本格的な濃さ。
結構いけます。

特筆すべきは鶏モモ肉のグリル。スパイスをつけて焼いているのか揚げているのか。
意外にもジューシーで美味しかったです。
これはいけました。

残念なのは、人参が冷凍モノバレバレな所。
これはいけてません。これをなんとかしたら、もっとよくなるように思いました。

京都にいながら、ベーシックなスープカレーに出会えた。そんな一皿でした。

(2007/01/10 意外といけたスープカレー)

スパイシー熊野神社店
TEL:075−752−4661 駐車場:なし
24時間営業
京都府京都市左京区聖護院山王町43

akoyu0308 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月22日

カレー屋ぷーさん(左京区)

ぷーさんの外見三度目の正直でやっと開いていたカレー屋ぷーさん!嬉しくてチャリンコと一緒に一枚。

お店に入って早速ビーフカレー(630円)を注文。ちなみにぷーさんの名前の由来はお店に入る前に分かります。

出てきたのは平べったく盛られたご飯に、濃いブラウンのルーのいたって普通のカレーライス。カレーやぷーさんカレー
しかし、一口食べると普通ではないことが判明します。ものすごく美味い。これは美味い!630円のカレーとはとても思えません。とてもすごい旨みとコクがあります。
ビーフもとても柔らかく、溶け込んでいる感じです。
それと忘れてはいけないのが、ここの付け合せである豆腐ぷーさんの豆腐
これがまたカレーに合ってるから不思議。豆腐にはしょうゆがかかっているだけなのですが、この醤油が塩辛い味ではなく、少し甘みのある醤油。これが功を奏して、ちょうどいい箸休めになっています。

なんで豆腐なのか?店長のおばちゃんに聞いてみると、昔は普通のサラダだったそうです。それを残すお客さんが意外と多かったことに頭を悩ませていた折に、家でカレーと一緒に食べた豆腐との相性がよいことに気づき、お客さんへと出すようになったとのこと。当初は豆腐にのっていたネギも今はなしにして、豆腐に合う醤油にこだわっているのだとか。

はぁ〜ホントに美味しいカレーです。一人で切り盛りしているので、カレーは仕込んであっても、用事でつい不定休になってしまうとのことですが、開いていたら迷わず飛び込みましょう。至福の時が流れます。

(2006/11/22 幸おおき昼食)

カレー屋ぷーさん
AM11:00〜PM15:00 定休日:基本的に月曜日
TEL:075-761-6243  京都府京都市左京区浄土寺上馬場町59-1

akoyu0308 at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月16日

CAFE宙宙の豆とおからのカレー (左京区)

311b42a7.JPG百万遍を東にいくと見つかるお店。オーガニックが主のCAFEです。

店内に入ると、不思議な雰囲気につつまれます。
和カフェのようなそうでないような。
片側には狂言や能のポスター。そして反対の壁には大きなキャンバスに描かれた水彩画。どうも妙な取り合わせを横目に、カウンターには日本酒の一升瓶が…。

なんともいえません。

お店の話はそれくらいにして、注文したカレーは玄米主体の雑穀米に豆とおからが混ざったルー。このルーがまたなんとも形容しがたい味わい。

柔らかい味というか、辛さは全くなくスパイス感が足りない味。どことなく日本酒がはいっているような変わった味です。
入っている具がまた変わっていて、皮のついたままのジャガイモ、大根、小豆に玉葱とえのき。ジャガイモの皮にはちょっと驚きました。

お肉が入っていないので、ベジタリアンの人にはお薦めできます。
和風ベジタブルなアングラ系オーガニックカレーとでも名づけておきたいと思います。

(2006/11/15 智恩寺の手作り市によって)

CAFE宙宙
営業時間:12:00〜23:00 
定休日:月と第2・4火曜
TEL:075−702-0511 駐車場:無し
京都府京都市左京区北白川久保田町60-11

akoyu0308 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月06日

移転したチャーリーブラウンにて(左京区)

チャーリーブラウン看板八月に移転を果たしたスープカレーのチャーリーブラウン。なんと、CoCo壱番屋の隣に店を構えていたのでした。

地下にあった時代と違い、お店が広くなった感じを受けます。
かつては中華料理店かラーメン屋だったであろう店内です。
照明が暖灯系から蛍光灯の青白い光になってしまっているせいか、ぬくもり感が薄れ、加えて以前のお店にあったスパイスの瓶などが見えなくなっているのが残念です。

しかし、ここのボリューム感はあいかわらず変わっていません!
今日は日替わり(680円)に薬菜スープカレーを付けて780円!!!
+100円でこのようになります。セットだからといってスープカレーが小になることもありません。
日替わりセット
全く嬉しい限り。

スープカレーが美味しいのは折り紙つきですが、このチキンの照り焼きソースもいい味。これだけで日替わりを出しているだけのことはあります。

日替わりチキンスープカレーを食べ、チキンにかぶりつき、さらにロールキャベツで口直し。
ちょっと贅沢な気持ちになれます。

ところで、以前のお店と大きく変わったのがハンバーグがあること。
看板にもスープカレーと共にハンバーグステーキの名前がおどっています。
後からやってきた学生さんが頼んでいましたが、鉄板に乗ってきたハンバーグはジューっと言う音もさることながら、ボリュームがあってとても美味しそうでした。
今思い出しても(^¬^)

それにしても、営業には不利な地下から地上へと脱出したと思いきや、なんでココイチの隣にしたのかは全く分かりません。
カレーを食べるものとしては、気分で選べる利点アリと言いたいところですが、9割方チャーリーブラウンに行くことになるだろうな〜と思いつつ店を後にしたのでした。


(2006/11/06 秋の気まぐれな雨の中で)
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜22:00(ラスト・オーダー)
Tel:075−702−0012 定休日:金 (月1回 連休あり)
駐車場:無し。(白河通り沿いの京都信用金庫にコインパーキング有り)
京都府京都市左京区一乗寺里ノ西町94-1

akoyu0308 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月26日

無念!カレー屋ぷーさん(左京区)

ぷーさん休業分かりにくい場所にあるカレー屋ぷーさん。やっとたどり着いたと思いきや、休業でした。残念無念。

akoyu0308 at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月17日

スパイシーのチキンカツカレー (左京区)

百万遍にあるカレーハウス。1950年からの歴史を持つ、京都発祥のチェーン店です。
スパイシーのチキンカツ
京都発祥といいつつも、そんなにお店がある訳でもないような…。他には東大路丸太町でしか見たことがありません。
初めて行ったので、無難にNo1とメニューにあったチキンカツカレー(580円)を注文。いきなり大辛に挑戦です。

チキンを揚げてるからか、ちょっと時間がかかってから出てきました。
おかげでアツアツのチキンカツ。このカツは結構美味しいと思います。

本題のカレーですが、お店の名前どおりにスパイシーな仕上がり。なんでも35種類のスパイスと使っているとのこと。チェーン店の割りにスパイスたっぷりでいいです。
大辛だけに結構な辛さですが、よくよく見たらテーブルに辛くできる小さな袋に入った液体スパイスがおいてありました。何個もあるので、別段最初に大辛にせずとも、後からなんぼでも辛く出来るようになっています。

よく見る黄色い看板のチェーン店なんかよりはずっと好みの味です。値段もあちらよりは安いような気がしますが、何せ最近全くといっていいほど黄色い看板のお店に行ってないので、比較の難しいところ。味も思い出せないくらいなので、近日中に行ってみようと思います。

スパイシー百万遍店
Tel075−701−2287
HP:http://www.shunyo-do.co.jp/spicy/sp_top/index.html
京都府京都市左京区田中門前町72

akoyu0308 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月29日

Tranq Roomのひよこ豆カレーセット (左京区)

真如堂とランクルームのインドカレーセット
真如堂のバス停すぐのお店。半地下にありますが、外にある看板のおかげで夜もすぐに見つけられます。
本当はこの近くのカレー屋ぷーさんを目指していたのですが、月曜日はお休み…だったんですよね。で、途中で目をつけていたトランクルームへ。喫茶店というか、ご飯屋というか。意外にお酒も豊富。

店内にはCDやライブ告知のフライヤーなどもあり、アーティスティックな雰囲気のお店です。

さて、カレーは正確にはインディアンカレーセットの名称。具材はチキン、ひよこ豆、マトン(+100円)から選べます。プレートにサラダ、ヨーグルト、パパドが2枚。そしてカレーが乗ってきます。ご飯もボリュームがあって、800円はお手頃価格といえるでしょう。

パパドが乗ってきたところに、本格志向を感じましたが、カレーの味もまさに本格的。ちょっと意外な程にスパイスが効いていて美味しい!ひよこ豆も柔らかく、全く固さはありません。自作した時に味わった固さは微塵もなく、初めてルーとひよこ豆の一体感を味わった気がしました。

お店の風貌からは想像できないほど本格的なインドカレーが味わえます。営業時間が長い点も魅力的です。

余談ですが、食べている最中に入り口からテレビカメラがっっ!しかもカメラにはMBSの文字が!! 一瞬スプーンが止まりました。
どうやらこのお店によく来る方(詩人さん)の取材だったようですが、こんな事態に遭遇するのが初めてだったので、取材される訳でもないのに緊張してしまいました。一体いつ放送されるんだろ〜気になります。

(2006/08/28 夕食)

Tranq Room
Tel 075−762-4888 営業時間 12:00〜24:00 定休日:火 駐車場:有
京都府京都市左京区浄土寺真如町162

akoyu0308 at 02:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月06日

SumiyaKP (左京区)

1aaff402.JPG今日は誕生日の人を見つけて、SumiyaKPへ。誕生日の週は半額になるんです!

という訳で、アジアンスープのタイ風ポークと、インド風チキンを注文し、スープカレー三昧です。

ここのスープカレーはあっさりだな〜と前回も思ったんですが、食べてやっぱりと思い直しました。あっさりしているのに、奥深い味わい。インド風よりもタイ風はさらにあっさり。あくまで「〜風」で、基本は和風な味わいといった感じがします。

野菜もたっぷりなのも、いいですね。大根、人参、水菜、ピーマン、じゃがいも、なすに…覚えきれないほど入ってます。

今回初めてのポークもGood!!ラーメンのチャーシューを厚切りした感じですが、油っぽくなくて旨みたっぷり。


誕生日の人物はカレースープの本場、北海道出身。味にはうるさいようですが、かなり気に入ってくれました。

Sumiyaさん、メニューが増えてます。パスタやバケットなどが充実して、多彩なメニューになってきました。

これからも楽しみなお店です。

(2006/07/05 訪問)

akoyu0308 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(4)clip!

2006年07月04日

チャーリーブラウンのスープカレー3 (左京区)

チャーリーブラウンのとんかつセット
三ヶ月ぶりにチャーリーブラウンへ。今回はとんかつセット(780円)です。
今回の辛さは激辛と中辛の間にチャレンジです。

スープカレーセットにした場合、具材は野菜のみになりますが、この野菜たちが美味しい。ジャガイモ、ブロッコリー、なすび、人参に極めつけの大根!この大根がいいんです。また、ジャガイモもゆでた後に揚げてあるようで、ホクホクしているのにボロボロ崩れず、スープと合わせて食べるとよくからんでGoodです。

それに今回のセット品である、とんかつがかな〜り美味しかった!薄くて小ぶりですが、とても柔らかくてジューシーなことに嬉しい驚き。スープカレーだけでも美味しいのに、とんかつも美味しいとは…。いけてます。

もちろん、スープカレーも申し分なく、サラサラとした中に、奥深い味わいを秘めた逸品に仕上がっています。

辛さも激辛と中辛の間を設けているこのお店に感服。激辛は無理だけど、辛いのは好きという人にはお薦めでしょう。激辛で注文したことはありませんが、個人的にはこの辛さがベスト。

前回までなら、ここでおまけのラッシーが出てきてほっこりしてたんですが、現在はやってないようです。ちょっと残念。

それにしてもいいお店。地下にあるせいもあって、静かで妙に落ち着きます。それに加えてスープカレーが美味しいのですから、もう言うことありません。ホントに近くにあって欲しいお店です。

(2006/07/03 訪問)
 
付記:今回はなんとデジカメを忘れ、携帯取り…。画像が粗くて残念です。

akoyu0308 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(5)clip!

2006年06月19日

京都大学カンフォーラのキーマカレー (左京区)

bed9904b.JPG日本を代表する京都大。その学食の一つであるカンフォーラはすごかった。

ここは学食なのだろうか?雰囲気は街中のちょっとおしゃれなレストラン。キレイな格好をした店員さんが注文をとってくれるし、ちゃんと注文したメニューを持ってきてくれる。こんな学食ありかよ〜!!! 
それだけではありません。このカンフォーラは大学内にありながら、お酒を堂々と提供しております。生中が399円。安い!

驚くことばかりですが、このカレーも驚きです。なんせ京大総長(学長)の考案だとか。変わったことだらけです。

さて、本題のカレーです。カレーは全部で四種類ほど。このキーマカレーには豆がたくさん入っているとのことで注文してみました。ご飯は白ご飯と五穀米とサフランライスから選択できますが、今回はサフランライスにしてみました。
出てきたカレーには入っている入ってる。ヒヨコ豆みたいのから赤と白のインゲンマメに大豆らしき豆。結構な量。とりあえずカレーを一口食べ、それからサフランライスを頂きます。おぁ、サフランライスが上手い。サフランというより、バターライスに近いのですが、これはこれで美味しい。
しかし、カレーが弱い。やはりここが学食だった。決して美味しくないわけではないのですが、どこまでも万人向けの辛さとスパイスの量です。

なにぶん、キーマカレーしか食べていないのでそれだけでは判断できませんが、味のインパクトが欠けています。あと、630円の値段は割高な気がします。
なお、これらのカレーは6月23日までとのこと。お早めに。

京都府京都市左京区吉田本町

akoyu0308 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月01日

SumiyaK.P.の新メニュー(左京区)

sumiyaK.P.さんから新作メニューに関するメールを頂きました。

今月九日からオムライスとオムカレーを始めるとのこと。
今日オブヤンカフェでオブカレーなるオムカレーを食べたばかり。
これからはオムカレーの時代か?


sumiyaK.P.さんのHP
http://www.sumiya-kp.com/

akoyu0308 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月30日

ついにガラムマサラへ (左京区)

54ec8bb7.JPG11:30の開店めがけていったのに、
15分程遅れる旨を知らされました
思えば、その時すでにお店のペースでした…。


お店のペースなんてものがあるのか?
一瞬考えてしまいそうですが、このお店にはそれがあります。
入った瞬間からあのおばあちゃんによってこちらが支配されます。
座る席はもちろん、こっちがするはずの注文までもが決められてしまう。
他のお客さんのも見ていると、初めての人は自動的に以下のメニューになります。

チキンカレー

これに決まりです。間違いないです。
二人で行くとこうなります。(ちなみに今回は二人で行きました。)

マンゴーラッシー チキンカレー キーマカレー 

これも間違いないです。

なぜこう決まるのか?
それはここの名物おばあちゃんがそうさせるのです。
メニュー表を持って説明し始める…。まさにそれは儀式です。
その儀式が終わるころ、メニューは決まってしまうのです。

まさに圧倒的です。
あとから入ってきた人にも同じ儀式を行う姿を見ていると、圧巻の一言。
これはカレーの味を語る以上に難しいできごと。
なんてこった。
いろんなお店を回っても、こんなお店には出会えません。
いや、日本にも数少ないはずだとしかいいようがない。

カレーの味も表現しがたい。
チキンカレーのチキンはチキンなのかどうか分からないくらい煮込まれ、
39種のスパイスが使用されているというルーは、何がなんだか分からないがうまい。今まで食べたカレーとはまったく違うカレーです。
同行者は「とにかく、今まで食べたカレーで一番上手い」と一言。

写真はキーマカレーですが、これもうまい。
不通のキーマカレーよりもどうやったらこんな味がでるのか。
全くもってわかりません。

何から何までが規格外。語る言葉も出てきません。
一度は体験してください。

(2006/04/29 訪問)
京都府京都市左京区一乗寺樋ノ口町8

akoyu0308 at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月19日

アオゾラのレッドカレー(左京区)

ecbe5b3e.JPG久々のアオゾラ
レッドカレーチキンを注文です。

前回も書いたのですが、ここのカレーは本当に具沢山。

チキンはモモ肉ではなく、ムネ肉のようですが、
そんなに固くなくて、食べやすいのがいいです。
薄切りになって入ってます。

辛さはここの基準で2辛。
あんまり辛くはありません。

なによりも印象に残るのは濃厚な味。
Siamなど他のカレー屋さんよりも濃さが際立ちます。
ココナッツミルクが多いのか、
それともココナッツミルク自体が違うのか?

一つだけ気になったのは、
入っていたゆで卵がえらく冷たかったこと。
カレーの温度が下がってしまうのはいただけません。


そういえば、ジャンルは違うけど、天一みたいな色ですな。
濃いのは共通してます。

(2006/04/17 訪問)


akoyu0308 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月08日

DIDIに行ってみた (左京区)

ccb3219c.JPG
初めて行ったDIDI。
店が見つからなくて一苦労しました。

さて、僕が注文したのはタイカレー。
それは下にUPしてあります。

なぜ下にあるのか?
それはタイカレーを注文して後悔したから。
やっぱりタイカレー専門のSiamやアオゾラの方が美味しいように思います。
(逆に専門店が看板商品で美味しくなかったら辛いところですが…。)

で、同僚が注文したベジタブルカレーの画像を先に挙げてます。
ちょっともらったのですが、とっても美味しかったんです。

カレー自体も美味しいのですが、なんせ玄米ご飯がいけてます。

50円値上がりしますが、それだけの価値は全然アリ。
圧力釜で炊かれた玄米は臭みもなく、
それだけで食べても十分な旨さをもっています。
ご飯は白米も選べますが、玄米が一押しです。

カレーはスパイス中心ですが、非常にまろやかな味に仕上がっています。
脇についてきたジャガイモとキャベツ主体のアジア風肉じゃが(?)も美味しかったです。
(これはタイカレーには付いてきません。残念!)

DiDiに行くなら、ベジタブルカレーが一押しです。ちなみに玄米ご飯にしたので、930円なり。

最後に桜スコーン160円とカレーキット450円も買いました。

didiのタイカレー京都府京都市左京区田中大久保町22

akoyu0308 at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月05日

SumiyaK.P.のK.P.スープ(左京区)

すみやKP

寒い春の日。
温かいカレースープを求めて。



そんな訳でやってきたのはSumiyaK.P
普通の家の一階に店があるといった風情で、
気づかずに思いっきり通り過ぎちゃいました。
夜だったのもあるんですけどね。
(近くの小川沿いに路駐して歩きました→桜がきれいです)

カウンターが印象的なお店に入って、
まずメニューで悩みます。
アジア風、K.P風、印度カレーに土鍋カレー(!)
それがセットにできたり、トッピングがあったり。
かなり多いお店だと思います。
土鍋カレーがとても気になったのですが、
初めてのお店だし、普通にカレーが食べたいし。
今回はとりあえずK.Pスープのチキン3辛。
辛さは7辛まであるそうですが、真ん中。

具材はジャガイモ、茄子、水菜などにでっかい人参。
この人参、縦に長いのでかなりのインパクト。
それとルーの入ったボウルが大きく、ボリュームもあります。
どちらかというと、あっさりしたカレースープですが、
美味しさは十分です。和風の美味さとでも言いましょうか。

特筆するのはそのチキンの美味さ!
うまみがギュっと詰まっていて、弾力もあって、いい!
これはうまい!おススメです。

マスターがバイトとおぼしき女の子に
温かく指導している姿がほほえましかったです。

なんだか心も身体もあったりました。
ほっこり、ほっこり。

(2006/04/05 訪問)京都府京都市左京区田中東高原町36

akoyu0308 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月28日

チャーリーブラウン再訪 (左京区)

チャーリーブラウンのプルこぎスープかリー

チャーリーブラウンを再訪。
店内にスパイス薫るいいお店です。
今日はプルコギペッパーライスと薬膳スープカレーのセットを注文。
これで食後にラッシーがついて780円は安い!!

こんもりライスの周りにあるのがプルコギで、
お肉とニンニクの芽、玉ねぎなどが一緒に入ってます。
ちなみに真ん中に写っているのはスパゲティサラダです。

このセットが出てきたときはまず。
「これはプルコギとご飯とカレーを
三つを一緒に食べろということか?」
と一瞬考えてしまいます。

とりあえずプルコギとご飯を、丼もののように食べても美味しいし、
ご飯をスープカレーに浸しても勿論美味しい。
でも、プルコギとスープカレーは???

とにかくモノは試しプルコギ+スープカレーやってみました。

結果は…。

やっぱ別々で食べたほうがよい。これに尽きます。
どんな味かは食べてみてのお楽しみで。

ところで、この格安セットですが、
お昼だけでなく開いてる時間ずっとやっているみたいです。
普通にスープカレーを頼むより全然お得。
かなりのボリュームに満足できました。
近くに住んでたら通ってしまうなぁ〜。
(2006/03/28)

akoyu0308 at 23:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年03月16日

ビィヤントのベジタブルカレー(左京区)

f9b5de45.JPG左京区の名店ビィヤントのベジタブルカレー。
そのカウンター10席程度の小さなお店は京大病院前にあります。

入ると初老のおばちゃんと息子さんらしき二人がいらっしゃいとと声をかけてくれます。
さてさて、注文したのはベジタブルカレー。
ごぼう、しめじ、ちゃな豆、いんげんが入った甘口のカレー。
おばちゃんが平たくご飯を盛ったと思ったら、
ドバっと豪快にルーがかけられて、はいっと出てくる時間は約一分!
早い!待つことがありません。
食べるのもあっというまにパクパクパクパク。
おかわり!っと言ってしまいたいくらいスプーンが進みました。
うまぁ〜(^-^)久々に美味しいカレーに満足です。
(ベジタブルカレーの野菜は季節ごとに変わるようです)

ルーは甘口とありましたが、甘さのあとに辛さがちゃんときます。
ビーフカレーだけが甘、中、辛口を選べます。
かつカレーはかけるルーを選べる嬉しい一品。
カレーの他にはスパゲティもあり、
もちろんカレースパゲティもありますが、
目を引くのはカシススパゲティ!
キャッチコピーには「ドロドロの恋に落ちるための」、とあります。
どんな味なんだ?
いつか食べる日が来るのだろうか…

akoyu0308 at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月02日

きさら堂のキーマカレー(左京区)

">きさら亭のキーマカレー
注意
この記事は下のベンガル湾の続きです。
先にベンガル湾をお読みください。

さてさて、お腹が充たされなかったので二軒目へ。
でも、どこに行こう????
せっかくなら行ったことのないお店へと
ボケーっと自転車に乗ってたどり着いた先は一乗寺。
よくもここまで来たもんだ。

なぜ一乗寺だったのか?
それはラーメン食べ歩きの感覚がなせるワザ?
でも、今日はカレーを食べるのだと言い聞かせつつ、
入ったお店は「きさら堂」
カレー専門店ではなくてとてもいい雰囲気の喫茶店。
お店の中もとても落ち着いています。

ここは季節ごとのカレーが味わえるとのこと。
今はコーンとグリンピースと玉ねぎのキーマカレーでした。
(春のカレーらしいです。ちなみに650円)

出てきたカレーは見た目がなんだか優しげ。
カレーに優しげという表現は変ですが、
本当にそう思ってしまいました。
食べてみて、さらにその印象は強くなります。
ルーの味が懐かしくもあり、優しくもあり…。
外はまだまだ冬でしたが、それはまさに春めいた味わい

はぁ〜まったり(⌒o⌒)

ここのカレー、他に比べてご飯が多かったのでお腹もとっても満足でした。
休みで時間もあったので、コーヒーも注文してゆったり。
セット割引でグァテマラが一杯150円!!安いな〜。

きさら堂
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kisara/

ところで、人生においてカレー屋ハシゴは初めてでした。
ラーメン屋なら三軒ハシゴがあったけど…。
(それについてはhttp://app.blog.livedoor.jp/at_you_see/tb.cgi/50097900を参照)

(2005/02/28 訪問)
京都府京都市左京区高野玉岡町49

2006年02月23日

チャーリーブラウンのスープカレー(左京区)

2acb1653.JPG
京都ではまだ珍しいスープカレー。
チャーリーブラウンはその先駆ともいえるお店でしょう。

お店が思文閣会館の地下にあるので、
外の看板を見落とすと分からなくなるので注意。


お店に入ると、コの字型のカウンターと、
テーブル席が三つのこじんまりしたお店。
メニューは薬膳スープカレーを中心に、
冬季限定のスープカレーラーメンなんかもあります。

注文したのは唐揚セット(780円)
唐揚セットと聞くとラーメンのセットみたいですが、
ちゃんとスープカレーのセット。
安いなぁ〜 (。^_^。)
ちなみに辛さも選べます。今回は中辛で。

待つこと数分。
ちょい深なお皿に半熟卵と
たっぷりの野菜が入ったスープカレーが登場
とてもいい香辛料が湯気と共に上ってきます。

ご飯をスプーンに乗せ、カレーに浸してパクリ。
うーん、さらっとしていても深い味わい。
いろんなスパイスの味が口の中に広がります。
ちょっと驚きが、スープカレーの中にある大根。
(画像では分からないのですが、中に沈んでいます。)
柔らかく煮込まれていて、とっても美味しい!
スープカレーとよくあってました。

唐揚もとても柔らかくて美味しかったですよ。
最後にはちっちゃなラッシーもついてきて、
大満足なお店でした。

(2005/02/21 訪問)
京都府京都市左京区田中関田町2-7

akoyu0308 at 21:33|PermalinkComments(0)clip!

2006年02月16日

アオゾラのグリーンカレー(左京区)

35b79855.JPG京都カレー三昧記の先陣を切るのは、左京区のアオゾラ。
まずはタイカレーから…と思った矢先、百万遍に用事が。
ここらに確かと記憶をたどっていきました。

ちょっと表通りから入ったところにあってわかりづらいですが、
百万遍交差点の東にあるセブンイレブンの裏側に、
可愛い看板(画像参照)が出ています。

注文したのはグリーンカレー(850円)
黒いお皿にご飯の白さが映えます。(上に載っているのは揚げ玉葱)
ルーの中にはミニトマト、揚げ茄子、竹の子、鳥肉、シシトウと具沢山!

一口食べると、濃厚なルーの味が口に広がります。
コテっとした味わいの中から、徐々に辛さが…。
といってもありがちなツンと来る辛さではありません。
美味しい辛さというか、ゆたかな辛みというか。
人によっては辛さが足りないと感じる方もいるでしょうが、
辛さ調節用に特製ナンプラーが別に付いてくるので、ご安心を。

じわじわと汗をかきつつ(^^;)、あっという間に食べてしまいました。
グリーンカレーの他に、レッドカレーやピーナッツカレーなんかもありました。
次の機会に。

2006/01/30 訪問


akoyu0308 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
訪問者数