下京区

2007年12月05日

ヒンドゥースタンカフェ カムラ(下京区)

知らない間に新しいインド料理店が出来ていました。
その名は「カムラ」。「蓮」の意味があるそうです。
カウンター8席、4人席が2つと、2人席が2つのこじんまりとしたお店です。

今回はお昼時に訪問。ランチセットA(900円)・B(1000円)・C(1500円)の中から、タンドリーチキンの付いているBをセレクトしました。

まずはスープ。たまごとほうれん草のもので、あっさり味の中にもスパイスが効いていて、ちょっぴり刺激的です。寒い日だったので、ほっとしました。
カムラのスープ

お次はタンドリーチキン
カムラのタンドリーチキン
このサイズに驚きです!!こんなサイズのタンドリーチキンは初めてです。
メチャメチャ食べ応え満点。肉質が柔らかくジューシーで、とても美味しいタンドリーチキンに仕上がっています。
他のインド料理店よりも、気持ち味付けがあっさりしているように思いますが、私の嗜好にはあっていて、バクバク食べてしまいました。
このタンドリーチキンを単品でもう一つ食べたいくらいです。

カムラのカレーとナン
お待ち兼ねのカレー&ナンです。
この日のカレーはひき肉のカレーと、ベジタブルカレーでした。
カレーの辛さが1〜5段階で選べたので、今回はUP料金のかからない2辛に。
結果、全く辛くありませんでした。

カレーの味は特筆するほどのことはありません。普通です。
ベジタブルカレーの野菜が冷凍だったのが残念なところ。
人参の冷凍ものが好きではないので、マイナスです。

最後に出てきたチャイ。カップがいいです。
カムラのチャイ

お昼時でしたが、それほど混んでもおらず、まだまだ穴場的なお店のように感じました。雰囲気もよく、ついゆっくりしてしまいました。

夜はお酒も呑めるようで、カウンターの棚には焼酎やワイン、リキュールが並んでいます。あのタンドリーチキンで呑みたいな〜と思うお店でした。

(2007/12/3 美味しいタンドリーチキンに満足した週始め)
ヒンドゥースタンカフェ カムラ
営業時間11:00〜24:00 定休日:不明
TEL:075-352-3750
住所:〒600-8314京都府京都市下京区若宮町554

akoyu0308 at 16:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年11月22日

喫茶ぎやまんのカレーを食べに…(下京区)

ぎやまんの看板カレーの美味しい喫茶店と聞き、捜し求めていました。寺町電気街のとあるビルの階段を上がってみたものは…。

がーん。゚(゚´Д`゚)゜。

やすみの張り紙

慰安旅行の張り紙が…。
もしも行こうと思った方、日曜日以降にどうぞ。

(2007/11/21 無念じゃ)



akoyu0308 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月06日

ロイヤルホスト25年目のカレーフェア(下京区)

カレーフェア広告「パロタ」って何?って思わせるのぼりに魅かれてやってきました。
もう25年もカレーフェアをやっていることに、素直に驚きます。

注文は2種類のカレーセット(1380円)。
少々高めではありますが、パロタ・ライス・サラダ・タンドリーチキンが付きます。
3種類から「カシミールビーフカレー(辛口)」「ムガールチキンカレー(中辛)」をチョイス。もう一つは「バターシュリンプカレー(甘口)」でした。

やってきたセットの注目はなんと言っても「パロタ」であります。
ロイホのパロタセット1
なんだかクロワッサンをペチャンコにしたような見栄え。
なんでもロイヤルホストがインドのケララ州から直輸入しているとか。
南インドでは定番のパンなんだそうです。
写真のとおり、「パロタ」でかっ!!クロワッサンよりモチモチです。
メチャメチャ熱くて、手でちぎることもできず、他のものから頂きました。

カレーは結構美味しいですし、タンドリーチキンも大きくて食べ応えがあります。
ただし、スパイスを抑えて、くせの少ない味に仕上がっています。

チキンカレーは程よく辛さが抑えられ、粘度もパロタにあっています。
カシミールカレーは水気が多くサラっとしており、パロタにはちょっと合いません。
辛さは群を抜いています。今まで食べたカレーの中でもかなりの辛さ。
辛党の夏にお薦めです。

結論として、チキンカレーはパロタで食べて、その後にカシミールカレーでしめるというのがいいでしょう。

ロイヤルホスト 堀川五条店
営業時間7:00〜翌2:00  TEL075-365-3021
京都府京都市下京区醒ケ井通六条上る佐女牛井町143

akoyu0308 at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年06月07日

喫茶ナスの秘密(下京区)

前回から間を空けずに2度目の訪問です。
カレーを食べに続けてリピートしたお店は本当に久しぶり。
それほどにここのカレーはいけます。

性懲りもなく同じチキンカツカレーを注文。

カレーの池の食べ方としては、ご飯を寄せていくことで食べ終わった時のお皿がきれいになるという発見をしました。

そしてもう一つの発見は、ナスの秘密。
そう店名の「ナス」とは何かということです。
お店の入り口に掛かっているなすび型のボードから、勝手に野菜のナスに由来するのかと思っておりました。

しかし…
マスターの苗字が「那須」。それ故、お店も「ナス」。
知ってしまえば「な〜んだ」と思ってしまいますが、ファーストインパクトは受薀分でした。

ちなみに厨房はマスターの弟さんが切り盛りしています。

喫茶ナス
営業時間9:00〜21:00 日祝11:00〜21:00 定休日:なし
TEL075-313-8470京都府京都市下京区朱雀裏畑町32

akoyu0308 at 15:24|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年05月29日

SoupStyle MOLLetteのスープカレー(下京区)

モレッティのスープカレーセット
京都駅ビル東ゾーンに位置するスープスタイルモレット。
あまりこちら側にはいかないので、知りませんでした。
ミネストローネやクラムチャウダー、和風のスープが色々と味わえます。

今回頼んだのは、スープセットA(600円)勿論スープはスープカレーです。
他にサラダとパンorライスがつきます。今回はパンをセレクト。

スープの中身はジャガイモ、人参、ブロッコリー、大根。それに鶏モモ肉です。
スープはサラサラで、今まで味わったことのないサラサラ度でした。
カレーという程にはスパイス類が使われておらず、カレー風スープといったところ。
パンを浸して食べるとなかなかいい塩梅です。

お店の立地や雰囲気、料理の味もなかなかなんですが、どうも店員さんが…。
蛇足でした。

スープスタイルモレット
営業時間7:30〜22:00(ラストオーダー21:40)
TEL075−342-1007 定休日:なし 駐車場:なし 
京都駅(烏丸線)

【スープカレー】直火焼きりんごカレーにトロピカルなが新登場!青森りんごが美味しさの秘密!
【スープカレー】直火焼きりんごカレーにトロピカルなが新登場!青森りんごが美味しさの秘密!
【カレー特集】南屋 スープカレー(中辛)チキンココナッツカリー
【カレー特集】南屋 スープカレー(中辛)チキンココナッツカリー


akoyu0308 at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月03日

ダゴールのアサリと椎茸のカレー(下京区)

ダゴールにて久々のお持ち帰りカレー。
今回は近くを通ったついでに寄りました。

今回はアサリと椎茸のカレーです。
ダゴールのアサリとしいたけのカレー

あいかわらずダゴールのカレーは美味しいです。
最近忙しくて、なかなかカレーを作る機会のない自分にとって、簡単に美味しいカレーを自宅で味わえるのは嬉しい限り。

おそらくダゴールの近所には、同じような感想を持っている方も多いと思います。
あぁ近くにすんでいたらなぁ〜。

ダゴール
営業時間11:00〜20:00  TEL:075-323-6308
定休日:月曜日 駐車場:無し 
京都府京都市下京区西七条南衣田町66

akoyu0308 at 22:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年02月15日

喫茶Jazzyのトマトベースのポークカレー(下京区)

jazzy トマトベースのポークカレー月火はタイ風海老カレー、水木はトマトベースのポークカレー、そして金土はインド風チキンカレーと週に三つの味が楽しめるこのお店。水曜日はトマトベースのポークカレーです。

以前に食べたタイ風海老カレーも美味しかったので、期待が膨らみます。

出てきたカレーはとてもいい香りで、食欲をそそります。
トマトベースの名の通り、トマトが上手くカレーに使われています。トマト特有の酸味も、玉葱のおかげか抑えられて、逆に豊かになっています。単にトマトを入れたとしても、この豊潤な味は出ないように思います。

ポークも柔らかくなっていて、満足できます。

タイ風海老カレーに続き、このカレーもかなりの美味しさ。
残るインド風チキンカレーへの期待はさらに膨らみます。

喫茶Jazzy
営業時間:AM8:00〜PM7:00(カレーは11:30〜) 定休日:日曜
駐車場:無 TEL:075-361-5800

京都府京都市下京区室町通高辻上る山王町572

akoyu0308 at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月16日

ロイヤルホストのビーフジャワカレー(下京区)

ロイホのカレーとサラダ全景
ファミレスではあんまりカレーを食べた記憶がない。でも、やっぱり食べないといけない気がして注文してみました。

ちなみにサラダは別で注文です。カレー単品の値段は1050円。少々お高い気がします。
かけてみると、こんな感じです。
ロイホのカレー。かけたとこ。
さて、肝心の味ですが、意外と美味いっす。
辛さと甘さのバランスが取れていて、しかもコクのある味。
ビーフは細かくなってますが、結構入っているので、しっかり味わえます。

値段との比較でいえば、少し高いと思いますが、味はしっかりしていてよかったです。

ちなみに関空には、ロイホが展開するカレースタンドがあります。
しかも、値段は安い。
こんな感じで他にもお店を出してくれたらいいのにと、カレー人は思ってしまうのでした。
(2007/01/13 )

ロイヤルホスト堀川五条店
営業時間:平日7:00〜2:00 土日祝7:00〜2:00
TEL:075-365-3021 駐車場:あり。 京都府京都市下京区醒ケ井通六条上る佐女牛井町143

akoyu0308 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月30日

上方ざんまい屋のカレーつけ麺(下京区)

fad51b46.JPGカレーつけ麺の情報をいただき、早速いってきました。
カレーらーめんはいくつか食べましたが、カレーのつけ麺は初めて。

注文して、早速でてきたのはご飯とセットのもの。
このお店のつけ麺は通常2玉分の麺が入っているのですが、
これはどうみても1玉分。
ご飯をつけているので、麺の分量を減らしているようです。

さっそくいただきます。
まずは平うち麺のシコシコした食感に驚きます。
このお店はアバンティB1にある「京都百年屋」と同系列で、同じ自家製麺をつかっていますが、この麺のクオリティは京都でも指折りのものでしょう。
(京都百年屋については、京都ラーメン膝栗毛をご覧ください。)

さて、カレーはというと、ひき肉とネギがたくさん入った和風の味付け。
どうも甘みからトンコツスープが使われていると思われますが。
臭みやしつこさはありません。
ご飯にかけて食べても美味しいカレー丼になります。

ただし、一つ問題が…。

それは、麺が冷たいこと。
これは致命的で、麺をカレーにつける度に、カレーの温度が下がっていきます。
最後にはつめたいカレーの出来上がり…。
これはなんとかクリアして欲しいと思います。

(2006/11/30 カレーつけ麺初食)
上方ざんまい屋
京都府京都市下京区東塩小路町

akoyu0308 at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年11月20日

スパイシーマサラの河豚と秋野菜のカレー(下京区)

スパイシーマサラが意見JR奈良線を降りると、カレーの香りがただよってきます。その源泉はスパイシーマサラ。JR構内と南北自由通路の両方から入ることができます。

お店の店内は券売機のスタイルなどから吉野家などを彷彿とさせます。とりあえず季節のおすすめである河豚と秋野菜のカレー(750円)を注文です。

少したって出てきたカレーはちょっと驚き。
河豚と開き野菜のカレーてっきりフライか唐揚になって出てくると思いきや、河豚はまるで一夜干し。そして隣にはなぜかコーンクリームコロッケ。河豚と秋野菜カレーのはずが…不思議です。

秋野菜の内訳は、茄子と薩摩芋。薩摩芋は一見してじゃが芋に見えますが、食べると甘いのでよく分かります。カレーとの相性は意外と悪くありません。
相性で言うと、この河豚はよくありません。まず、骨がついていてスプーンで食べることは至難の業です。そして次に味が合わない。こりゃ〜失敗でしょう。

カレールー自体は果実系の甘みが強く、後から辛さがくるといった味。カレールー自体は一般的レベルといえましょう。後はトッピングでどうなるかです。
さっと寄って、さっと食べて出るというこんなお店は意外と必要な気がします。
(2006/11/20 奈良線に乗って)
スパイシーマサラ  
住所:京都市下京区東塩小路町657 JR京都駅構内
営業時間:7:00〜21:00 TEL:075-352-6555 
定休日:無休 駐車場:無し
 



akoyu0308 at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月13日

喫茶Jazzyのタイ風カレー(下京区)

京都のオフィス街にある喫茶Jazzy。お昼のカレーセット(700円)をいただきに行きました。

月火はタイ風海老カレー、水木はトマトベースのポークカレー、そして金土はインド風チキンカレーと週に三つの味が楽しめるこのお店。月曜日の今日はタイ風でした。
jazzy タイ風カレー

ガチガチのタイカレーではなく、あくまでタイ風で、玉葱の細切りがタップリ入っているのが印象的。あとは竹の子、ピーマン、パプリカにエビ。彩りがよい組み合わせ。
タイカレー店に行くと、ルーとご飯が別々のところがほとんどですが、ここは普通にご飯にかかって出てきます。サフランライスとのコントラストがキレイ。

味はというと、メニューに甘・辛・旨とあるまんま。最初の口当たりは甘いのですが、後から辛さが出てきてウマ〜!
タイカレーメインのところよりもスパイスなどは少なく、万人向けにアレンジされている味ですが、かなり美味しい(^-^)喫茶店系タイカレーではマイベストです!
他のカレーも是非食べてみたいものです。

ちなみにセットのサラダとヨーグルトはこんな感じ。
jazzy セット

最後はブレンドコーヒー(+150円)を注文。ゆったりとタイ風カレーの余韻に浸ったのでした。

(2006/11/13 Jazzを聞きつつタイ風カレー)

喫茶Jazzy
営業時間:AM8:00〜PM7:00(カレーは11:30〜) 定休日:日曜
駐車場:無 TEL:075-361-5800

京都府京都市下京区室町通高辻上る山王町572

akoyu0308 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年10月27日

シャトー・アンソルスレのカリーセット(下京区)

シャトーアンソルスレのカレー七条大宮を下った梅小路公園の向い側にある、9月にオープンしたばかりのカフェです。外にあるアイスクリームの置物が目立ちます。お店全体が白を基調としていて、壁に貼ってある綺麗な海の写真が鮮やかに目に飛び込んでくる、そんなお店です。

さて、注文したのはカリーセット(680円)カレーとサラダのセットです。
メニュー表に「発芽玄米・米粒麦を入れたご飯、油はグレープシードオイルを使っています」とあり、健康志向が打ち出されています。

カレー自体は家庭的というのがふさわしいでしょう。
ビーフと玉葱、人参の入ったカレーは際立った個性はなく、そして辛すぎず甘すぎず。
ごく普通と言ってしまえばそれまでなのですが、どこか懐かしくやさしい味わいのカレーといえるでしょう。

ただ、残念なのはご飯。
発芽玄米らしきものは入っていましたが、米粒麦は確認できず。
どちらかってことなんでしょうかね。お店の人に聞けばよかった。

しかし、そんな気持ちを挽回するかのごとく、食後にデミコーヒーのサービスがありました。このコーヒーは無農薬の有機豆が使われているとのこと。濃い目で美味しかったです。

お昼時でお客さんが多かったのですが、割合この界隈の人が多いように感じました。
きっと地域に愛されるお店になるのでしょう。

なお、毎月アコースティックライブがあるとのこと。
今月は31日の夜。
東坂貴之さんなどが出演されるそうです。
興味のある方はどうぞ〜。

(2006/10/26 梅小路公園の前でのんびり)
シャトー・アンソルスレ
TEL:075-352-8765 営業時間:10:00〜19:00 駐車場:なし
京都府京都市下京区大宮通七条下る上之町

akoyu0308 at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年10月24日

サンマルコの長州どりのスパイシーチキンカレー(下京区)

サンマルコ長州来年二月で閉店するプラッツ近鉄。その地下一階にあるカウンターだけのお店「サンマルコ」
ここはとんかつで有名なKYKグループですが、お店の雰囲気からは全くそれは感じられません。デパ地下にありつつもそこだけ少し洋風をかもし出しています。(隣にある551とのギャップが大きいせいなのかもしれません)

さて、注文したのは「長州どりのスパイシーチキンカレー」630円。ショーウィンドーに新発売とあったことと、洋風カレー系のサンマルコが出す「スパイシー」がどんなものかが興味を引きました。

注文して本を読もうとしたそのとき、すでにカレーは出てきました。隣のおじさんは先に来て注文していたのに、いいんだろうか〜と若干思いましたが、それはそれ。早速頂きます。

一目で分かるほどにトマトたっぷりのそのカレーは、なんとパスタソースの以上に甘い!!!
どうなってるんだー! まるで、甘めのミートソース(挽肉抜き)のような味わい。「名は体を表す」とよくいいますが、これは全くの真逆です。もしかして、スパイスを入れ忘れたんじゃなかろうか?と疑ってしまうほどにスパイシーではありません。これにはがっくりです。

一口目でがっくりきましたが、そこからは頭を切り替え、「チキンのトマト煮カレー」と思って食べすすむことに。そうすると割合いけるから不思議です。ネーミングは大事なものです。

名前といえば、冠されている「長州どり」ですが、残念ながら長州のよさは分かりませんでした。しかし、モモ肉がしっかりと煮込まれ、とても柔らかくなっているのは◎です。
加えて基本のルーに牛肉が入っているのでしょう。牛肉の小片も確認できます。

ちなみに辛さは甘甘です。しかも、辛くするオプションもなく、卓上スパイス類もありませんので、辛党の方は物足りないでしょう。

洋風トマトカレーといった印象の「長州どりのスパイシーチキンカレー」長州という国よりも、イタリアンなカレー。そんな分類はないのでしょうが、このカレーを食べればそのネーミングに納得していただけるハズです。

サンマルコプラッツ近鉄店
600-8216
京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町702番地B1F
Tel075-365-7619 営業時間10:00〜20:00 京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町702

akoyu0308 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月11日

キンカーオのカレーセット(下京区)

キンカーオ外見七条大橋から晴れていたこともあり、眺めのよいキンカーオへ。今日はカレーセット(950円)を注文。

キンカーオカレーセット

あいかわらずボリュームは結構あります。スープ、サラダ、タイ風たまご焼き、揚げせんにカレー。カレーセットなだけに、以前食べたソイランチに比べると、カレーの量は多い!って当然ですな。

キンカーオイエローカレー
前回のカレーもイエローでしたが、今回も同じ。しかも、中身もはじゃが芋、玉ねぎ、鶏モモと全く一緒。日替わりのはずなんだけど…。たまたま同じだったのかな?
それにカレーの味もなんとなく水っぽい感じがします。辛さも控えめ。どうもお昼のカレーは個人的にイマイチ(×_×;)

セットはお得感があるんですが、カレーに関しては単品の方が好きです。次に行くときは原点回帰でグリーンカレーにしようと思います。

ちなみに晴れ日のキンカーオからの眺めはいいですよ〜 (。^_^。)
(2006/10/10 鴨川を眺めつつランチ)
定休日:月曜  
営業時間:11:30-21:30
  平日は14:30-17:30の間休憩
京都府京都市下京区七条通木屋町東入稲荷町

akoyu0308 at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月02日

リバーオリエンタルのタイカレー(下京区)

fe3f9e03.JPG先輩の結婚パーティー。そこにあったのは、レッドカレー。

それまで他の料理をバクバク食ってましたが、タイカレーが出てきた瞬間、走りました。そして調子こいてタップリとりました。久々のタイカレーだったし、リバーオリエンタルだし。

辛さは一般客用にかなり辛さを抑えてありますが、使っているバイマックルーや香辛料はかなり本格的なもの。香りがとてもよいです。

具材はトマトベースに玉葱たっぷり。そこに大きく切られたチキンがたっぷり。これでもかという位。結構な食べ応えがあります。普通のタイカレーよりもたっぷりした具材に、ルーがくっついてくる感じ。水っぽさは余りありません。ご飯もしっかりタイ米でパラパラ。

シャムや、アオゾラにキンカーオとも違うタイカレーだけど、うまいなぁ。

普通に食べに行ったら、いくらするんだろう〜とか思いつつ、この後もう一杯食べてしまいました。

〒600-8015
京都府京都市下京区木屋町通り
松原上ル美濃屋町180
レストラン TEL. 075-351-8541京都府京都市下京区木屋町通松原上る美濃屋町

akoyu0308 at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月31日

モスバーガーのカレーナン(下京区)

モスカレーナン
お昼はモスバーガー。「夏の引力」、カレーナンをセレクトです。
仕事をしながら食べようかな〜と思って、テイクアウトにしました。

初めてのカレーナンだったのですが、結果的に大失敗でした。
それは味ではなく、テイクアウトにしたことが原因。
もって帰るまでに揺れたせいか、画像の如くにグチャグチャ…。
包んでいた箱を開けた時は、唖然としてしまいました。

それに加えて、これはどうやって食べたらいいのか?
ナンの上にシシカバブとレタスがあり、その上にカレーソースがたっぷり。
ボリューム感はいいのですが、どうかぶりついたらいいのかが全く分かりません。
半分にしようと試みてもウマくいかず、ちぎって食べることもままならず…。

結局、強引に全体を持ち上げ、端からばくっといったのものの、手はよごれるわ、口の周りにソースは付くわで大変なことになってしまいました。

し・か・も
テイクアウトにはお手拭などは一切付いてこなかったために、食後に汚れた手や口周りを洗うためにトイレに行かなければならない始末。

時間節約の為のテイクアウトだったはずが…。
店内で食べた方がよかったような気になってしまいました。

もしうまく食べる方法をご存知の方はご教授ください。

(2006/08/30 大変な昼食)

akoyu0308 at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月29日

あいばのビーフカレー(下京区)

寺町あいばのビーフカレーセット
寺町へと行ったついでにフラフラと立ち寄ったカフェにて。町屋を改造したようなひっそり佇むお店です。ちょうどインド料理屋アジャンタを北に行ったところに位置しています。

ランチセットでビーフカレーランチ(750円)を注文。写真のようにスープ、サラダ、ヨーグルトが付いてきました。右上のピクルスは自家製のようです。中身はキュウリ、人参、カブ(?)の三種類。

カレーは口に入れた最初は甘く、そして後から時間差で辛さが舌を刺激します。よく煮込まれて味わい深くなったルーは、柔らかいビーフとよくあって、美味しく頂けます。

ちなみにご飯が白米と玄米を選べるのですが、行ったときに玄米がすでに売り切れ…。残念です。

気に入ったのはピクルスとスープ。ピクルスはトゲトゲした酸っぱさではなく、丸みのある味でパクパク食べてしまいました。
スープはとてもあっさりなんですが、滋味深く、体がホワーッとします。中には刻んだトマトとセロリが少しだけ入っているのですが、それ以上に何かが潜んでいると思うのですが、分かりませんでした。不思議なスープです。

落ち着いた店内もあって、結構な時間を過ごしてしまいました。
ちなみに150円で食後のドリンクをつけることができます。

今後はインド系のアジャンタと、日本的なあいばで迷いそうです。
(2006/08/28 昼食)

あいば
Tel 075−352-7101 定休日:木曜 ランチ11:30〜15:00 夜18:00〜23:00
京都府京都市下京区寺町通高辻上る恵美須之町

akoyu0308 at 00:38|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

2006年08月26日

キンカーオのランチ (下京区)

ccb6750f.JPG今日はお昼にキンカーオへ。
980円のソイランチを頂きました。

ランチは初めてでしたが、そのボリュームは結構なもの。
スープ、サラダ、タイ風たまご焼き、揚げせん、カレーに炒め物。

特にご飯の横の鶏肉とシシトウの炒め物が美味しかった。
気に入りました。

カレーは奥の小さなお碗に少しだけ。
日替わりで、今日の中身はじゃが芋、玉ねぎ、鶏モモの三種。
なぜかあっさり味で、辛さも控えめ。個人的にはイマイチ(^_^;)

前食べたグリーンカレーは美味しかったのになぁ。
ランチセットだから?

全体の味には満足だっただけに、カレーは惜しいことをしました。

(2006/08/26)

前のグリーンカレーの記事はこちら↓
http://app.blog.livedoor.jp/akoyu0308/tb.cgi/50362696

京都府京都市下京区七条通木屋町東入稲荷町

akoyu0308 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年07月16日

ダゴールのベジタブルカレー(下京区)

ダゴールのベジタブルカレー
京都初?テイクアウト専門カレー店。VULCANさんのご紹介です。なんでも、全国各地のランナーから絶賛され、ランニング専門雑誌「ランナーズ」にも紹介されたことも。どんな味なのか、期待に胸をふくらませながら買い求めに行きました。

お洒落な概観はカレー屋さんというよりも、パン屋さんのようなたたずまい。しかし、店内右側にあるスパイス群がカレー屋であることを主張しています。
そして、テイクアウトされるのを待つカレー達がショーケースの中に。チキン、エビ、ベーコンポテトなどなど豊富な種類から、今日はベジタブルカレー(530円)をセレクトしました。

帰って蓋をラップに変えてから、2分半温めます。(この温め時間はお店の奥さんのアドバイス。支払いの時に教えてもらいました。ちゃんと蓋にも書いた紙を張ってくれます。)

2分半後、レンジを開けるととてもいい香り。
ご飯と共に頂きまます。

ジャガイモ、人参、カボチャ、ししとう、玉ねぎにトマトに椎茸。野菜ばかりですが、それぞれが旨みたっぷり。特にカボチャがよかった。
サラサラのルーは玉ねぎの甘みと、トマトの酸味が程よくマッチして美味しいっす。
そうそう、ダゴールのカレーはスープカレーとまではいきませんが、サラサラのカレーなので、ご飯にちょっとずつかけて食べるスタイル。

野菜オンリーのカレーなのに、とても充実した食後。丁寧に作られていて、ホント美味しいカレーでした。
また行きたいお店ですね。教えてくれたVULCANさんに感謝です。

(2006/07/16 テイクアウト)
京都府京都市下京区西七条南衣田町66

akoyu0308 at 20:56|PermalinkComments(2)TrackBack(4)clip!

2006年07月15日

リーガロイヤルのシーフードカレー (下京区)

リーガロイヤルのシーフードカレー本日は高級なカレーです。誘われても行く機会は少ないホテルのカレーに初挑戦。

まずは値段にビックリ!! シーフードカレーが1700円!!! 高いな〜と思いつつも、他の物も高かったです。

どんなカレーなんやろ〜とか思いつつも待っていると、ルーとご飯は当然の如く別々のお皿のって登場。(ちなみに友人が頼んだスパゲティも、ソースとパスタが別々に出てきました。こんなの初めて)

早速ご飯にルーをかけていただきます。

むほ〜これはなんとも美味しい! 魚介臭さが微塵もありません。ルー自体がシーフードカレー用なのか、サラっとしていながらもクリーミーな味わい。辛さは奥に隠れて、後からスーッと口に広がります。この辛さは清涼感がある辛さと言いましょうか、なんともすっきりしたものです。

驚くのはルーの中に入っているホタテのでかいこと。ゴロゴロ入っとります。
しかも非常に柔らかく、そして甘い!!◎です。
エビも悪くありませんでしたが、ホタテには負けました。

日ごろシーフードカレーは食べないのですが、これからはまりそうです。
値段が高いのでおそらくリーガロイヤルには来れないと思いますが…。
せっかくのカレーなのに、携帯画像なのが残念です。

(2006/07/13 実食)



akoyu0308 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(18)clip!

2006年06月21日

すみれ(ラーメン小路)のカレーラーメン(下京区)

3822a231.JPG京都ラーメン膝栗毛に紹介されていたので知ったこの一品。あの味噌ラーメンの名店がカレーラーメンを出していたとは…。

北海道発のラーメン店がカレーを用いて作るラーメン。これは食べねばと思いましたが、なにせ夏限定に加えて1日20食限定。昼間に行かなければと思ったものの、昼に行く機会を作るのが大変でした。

11時半に到着。店内はすでに満員。ラーメン小路の中でもここまでお客さんが入っているお店はすみれだけのよう。
幸いカレーラーメンは売り切れておらず食券をGet!900円でした。

香味油でラーメンの表面を覆い、いつもアツアツのラーメンが食べれることで有名なすみれですが、カレーラーメンでは油がどうなるのかが、気になっていました。
出てきたラーメンは一面に油ということはなかったものの、エアコンの冷風で表面が微妙に固まっているような気がしました。

スープの中はばっちりアツアツ。も〜かなり熱くて汗が出る出る。それにカレーの濃いこと。コッテリなカレーというのも久々に食べたかもしれません。独特の太麺によく絡んできます。カレーの辛さも中辛くらいでしょうか。個人的にはもう少し辛くてもいいかなと思いますが、全体的な味はラーメン屋のカレーも侮りがたし!といった美味しさです。

具として入っているのは、ヤングコーン、チャーシュー、煮玉子、糸唐辛子、水菜。この水菜、カレーの濃さにやられて何を食べているやら分からないままになくなりました。それ以外はちゃんと個性を主張していて美味しくいただけました。特にヤングコーンは箸休めにちょうどよかったと思います。

ただし、このカレーラーメンは後半がきつかった。だんだんコッテリさに食べ疲れてきます。出てきた時に見えた表面のかたまりはやはり油だったことが後半になって理解できました。お腹が油でやられ、スープを飲み干すことはかないませんでした。

そんな時にふと頭をよぎったのは、福神漬け。
なんだかカレーライスが恋しくなってしまします。

(2006/06/20 訪問)





akoyu0308 at 23:38|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

2006年05月21日

イチョウ屋の納豆卵カレー(下京区)

3b7d5313.JPG本願寺に用事があり、
向かいのお店で昼食。


普通のカレーもあったのに、なぜかこれをセレクト。
ノリと勢いがなせるワザなのか。
むしろ普通の人なら、オムライスや湯葉丼なんかを注文するのでしょう。
しかし、カレー三昧の人間はそんなことはしません。
どんなことがあってもカレー。

でも、これは微妙だった。
納豆と生卵のどろどろネバネバがルーに伝染。
全てがドロドロに混ざり合い、何を食べているのか…。
納豆の上のネギも意外とクセモノ。
カレーにネギはあまりにあいません。

これは…どうして商品化されたのだろう…。
こんなカレーありかよ…。

納豆は好き。玉子も好き。カレーは言うまでもなく好き。

でも三つを一緒に食べることはもうない。

(2006/05/21 訪問)京都府京都市下京区花屋町通西中筋東入堺町

akoyu0308 at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月04日

アジアンレストラン キンカーオ(下京区)

1ac9d2a1.JPGOBYAN CAFEの二階のお店。
アジアンテイスト抜群です。



タイ料理を中心にラオスのものも出しているとのこと。
とりあえずグリーンカレー(950円)を注文。

しばしの待ち時間はぼけーっと外を眺めます。
OBYAN CAFEもですが、東側一面が窓になっていて、
こちらも眺望は抜群。
窓側は座敷席、反対側は二人席。
座敷にはカップルシートが一つあるのですが、
なぜか一人で座ることになり、なんだかなぁ。

そんなことしているうちにグリーンカレー登場。
アオゾラ以来、久々のタイカレー。
タイ人らしき人が作っているだけに、匂いから本格的。
パクっといくと、タイカレー独特の香草の味が口に広がり、
辛さがジワーっと後からきます。
うーまーいぞー!ウマ辛ウマ辛。

アオゾラとは違ってサラッとあっさりした仕上がりですが、
ちゃんとコクはあるんです。不思議。
具材はナス、しめじ、筍、鶏肉にパクチー。
(あと、バイマックルーが多めに入っていました)

いやーこんなタイカレーのお店が七条にあるとは。
全く知りませんでした。
ランチセットもあって、おかず一品、揚げえびせん、
サラダやスープがついたカレーセットは950円です。
今回は全く見落としてました。次こそは!

定休日:月曜  
営業時間:11:30-21:30
  平日は14:30-17:30の間休憩
カレー以外の一品料理もたくさんありましたよ。

(2006/05/01 訪問)京都府京都市下京区七条通木屋町東入稲荷町

akoyu0308 at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年05月01日

オブヤンカフェのオブカレー(下京区)

05bee2c1.JPG七条にある眺めのいいカフェ。
カレーがあると聞いていきました。


このオブヤンカフェの名にちなんだオブカレー。
実態はオムカレーにエビフライが載った一品。なぜオブカレーと名付けられたのかは全くわかりません。

さて、お味の程はというと、
日本的なカレーにふわふわ玉子が絡んでとっても美味しい!
最近はインドやタイ系のスパイスが効いたのばかりだったので、
とても懐かしい気持ちになってしまいました。
ちなみに辛さはちょっと辛い程度。
エビフライもちゃんと揚げたてで、よかったです。


今日は夜に行ったので、景色はよく見えませんでしたが、
今度はゆっくりと鴨川を眺めつつ食べたいものです。

(2006/05/01 訪問)
京都府京都市下京区七条通木屋町東入稲荷町

akoyu0308 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月30日

新宿めんや風花の塩豚骨カレーなラーメン(下京区)

d90cdcf4.jpg昨日いついこうかと書いたとこでしたが、
いきなり行ける事になりました。


お店に入って、迷わずに「カレーなラーメン」(780円)を注文。
ランチタイムだったので、サービスメニューが色々あったのですが、
なんのためらいもありません。
なんせ一日限定10食。
あっただけでも感謝感謝。
ちなみに、僕のあとのお客さんが来て終わり。
本当にギリギリ間に合ったっす。
それでも12時にはお店に入ったのですけどね。
会社関係の食事所でもあるのでしょう。かなりにぎわってました。

さてさて、「カレーなラーメン」ですが、
ほんとに「カレーな」です。
カレー好きにはもの足りなく感じるくらいしか、カレーが入ってません。
ほんのりカレーの香りと味がするくらいで、
塩の利いた豚骨ラーメンといった感じ。
といっても、しつこくない豚骨で、塩が前にでています。
トッピングもチャーシュー、アスパラ、シナチク、ホタテ、煮玉子に海苔。
割と塩に合わせたものが多く、カレーっぽさはありません。
どれも丁寧な仕事がされています。
シナチクに至っては、変な臭みもなくて溶け込んだかのよう。
すごい手間がかかっているように思われます。

特筆すべきはこのカレーが普通のカレーには思えない所。
どこか、タイカレーのような、それでいて刺激的な辛さはない。
そんな味であります。
とにかく、このラーメンだけスープは別鍋のようです。

一日10食ですんで、早く行ける日にはまた行ってみたいものです。

(2006/03/28)

地図
http://map.livedoor.com/map/?MAP=E135.45.51.9N34.59.49.4&ZM=11&SZ=850%2C600

akoyu0308 at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年03月21日

カフェ・ルネッサンス (下京区)

a4fa72af.JPG今日は京都駅北東のお店へ。
ここはお昼のバイキングで
カレーが数種あるとの情報を
元に行ってまいりました。

お昼に行ったので、ちょっと混雑気味。
平日なのになぁと思いながら、客層をみると、
どうやら観光のお客さんが多いようにみえました。
なるほど、連休の間だったんですね。

さあ、カレーのバイキングだ〜と
勇んでいったものの、コーナー自体はこじんまり。
お店の席数にしては小さいかな。
おかけで、取りに行ったもののすぐにはとれません。
よって、三種のうち、一気に二種類とることに。

とったのはジャワカレーとビーフカレー。
手前がジャワで、奥がビーフカレー。
そしてナンもあったので取ってみました。

味は…うーん。

前日のSiamとのギャップがありすぎました。
ジャワはまあまあですが、ビーフは…。
あとで食べたベジタブルカレーに至っては、
言うべき言葉がありません。
これで1150円だなんて…。
プラス50円でSiamの蒸し鴨が食べれた…。

おかず類もたいしたものはなく、
結局カレー以外のパンと野菜サラダを頂くことにしました。
久々に生野菜を大量摂取できた…と思うことにします。

(2005/03/21 訪問)


akoyu0308 at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月18日

サンビームのカレー(下京区)

サンビームのカレー
今日はよく行くメニュー豊富な喫茶店、サンビームのカレー。
場所は七条大宮の北東角にあり、
いつもアットホームな雰囲気のただようお店。

さてさて、今までは700円のランチばかり食べていたのですが、
今日はカレー(650円)に初挑戦!(^^)!
どんなカレーなんだ?想像しながら待つこと数分…。
そのカレーは銀色のお皿に乗って登場したのでした。

見た目はごく普通のカレーですが、
食べていくと不思議な気分に…。
なんか足りない。
辛さも足りないけど、それよりももっと何かが…。

あぁ ーーーー具がぁーーーなぁーーい(☆-◎;)
お肉だけでなく、野菜も…ない。
否、お肉はあった。ひき肉がポツポツと…。

これは…入れ忘れなのか?それとも全てが溶け込んでいるのか?
カレールー自体はそこそこに美味しいので、
溶け込んでいるとも考えられるのですが…。

全ては謎の中です(・・?
全てはあのおかみさんが知っているはず。

(2006/02/18)




akoyu0308 at 21:53|PermalinkComments(0)clip!

2006年02月16日

学食のカレー(下京区)

68865aad.JPG長い間学食にお世話になっていたのに、カレーを食べた記憶はあまりない。
なぜならば、あまり美味しくないという至極単純な理由。

しかし、不思議なもので、食べてないと食べたくなるもの。
どんな味だったかいな〜と思い出す意味で久々に注文。

価格は学食なだけにかなり安い!
しかも量もなかなか。(ちなみこれはSサイズ)
サラダも取りつつ、全部で400円以内に収まってしまう所はさすが学食!!

で、肝心の味はというと…こんな味だったかな?
肉や野菜はどこにあるの?
やっぱり食べないだけのことはあるっす。
おそらく次に食べる時は今回食べた記憶が薄れたときだろう。

うーん(-_-)
それにしてもこのカレーってどうやって作るんだろう…

2006/02/03 訪問

akoyu0308 at 22:21|PermalinkComments(1)clip!

kotobuki cafeのビーフカレー(下京区)

13402c49.JPGこのお店は最近出来たカフェ。前から何ができるのか気になっていたのです。
場所は七条堀川の交差点を東にいったらすぐに見えてきます。

本当のところ、カレーを食べる目的でいったわけではなかったんですが、
お店に入ると店に漂うカレーのとってもいい香りが…(^^)
先にいたおばさま方もカレーを食べていらっしゃいました。

他のランチも美味しそうだったのですが、ついついビーフカレーランチ(650円)を注文。

待つこと数分…
出てきたのはごく一般的なビーフカレーに水菜のサラダのセット。
ふつーのカレーやんか!!とつっこみもそこそこに、
一口パクッと食べると、おぉーっ!中々に美味しいではありませんか。
ビーフも柔らかく煮込まれており、少し辛めのルーと固めのご飯がよくあっていて、
どんどん箸(?)がすすみました。美味しかったです。

そうそう、ランチに+50円でミニコーヒーが付くんですが、
このコーヒーは全然ミニではありません(^-^)
和風な陶器風カップは、普通のコーヒーカップよりも大きいんじゃないかな〜。
なんとなくお得な気分になりました。

それにしても、カレーになんで沢庵だったんだろう…。
(2005年1月31日 訪問)

akoyu0308 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: