レトルト・カップ麺

2007年07月13日

炒めご飯の素 グリーンカレー味by無印良品

炒めご飯グリーンカレーの素無印良品の新製品、炒めご飯の素グリーンカレー味(189円)です。
どんなもんやら、試してみました。

鶏肉やピーマン、えのき、マッシュルームなんぞを足して作ったら、こんな感じに仕上がりました。
炒めご飯 完成品
素なだけに、少し具材が入っているのですが、それでは少し寂しいものになってしまうので、冷蔵庫にあるものを加えることをお薦めします。

作り方は具を炒め、ご飯を入れた後に素を入れて混ぜるだけ!
簡単です。

味はマイルドなグリーンカレー。
辛さも控えめです。
気軽にタイ気分を味わえるのがいいかもしれません。

ちなみに、袋から中身を出したとき、一瞬だけ食べる気が失せるかもしれません。
それは作る人だけが味わえる気分です。

AROY-D / GREEN CURRY READY TO EAT 400ml グリーンカレー
AROY-D / GREEN CURRY READY TO EAT 400ml グリーンカレー


akoyu0308 at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年06月20日

佐藤水産謹製 手作りつぶカレー(レトルト)

280bb762.JPG北の国からの贈り物。
北海道では有名な佐藤水産が作ったつぶ貝入りのカレーです。

ちなみに北海道限定とパッケージにありました。
ぐぐっても全然ヒットしません。

余談はさておき、味です。

つぶ貝は6個ほどが入っており、なかなか食べ応えがあり。
カレーはつぶ貝にあわせたスパイスが加えられている感があります。
辛さは甘めのカレー。

それにしても、なぜつぶ貝のカレーなんだろう…。
食べている最中に思うことはそればかり。
北海道ならば、他にも色々ありそうなのに、どうしてつぶ貝がセレクトされたのか?
つぶ貝とカレーの相性がいいとは言えない仕上がりに、少し考えてしまいました。



akoyu0308 at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月01日

博多のやまやの鯨カレー(レトルト)

くじらかれー表紙福岡で買った鯨カレー。明太子のスパイス付きでした。

鯨の肉がカレーに入るとどうなるのか?
くじらの肉ちなみにこれが鯨肉です。

味は臭みが全くないのが印象的。カレーの香辛料が効果的に効いているからかもしれません。固いビーフのような食感です。

カレー自体はまあまあです。

ちなみに明太子スパイスは、まるでふりかけです。
あってもなくてもどちらでもいいと思います。
画像の赤いのがそうですが、これでも半分くらいしかかけてません。
たくさん入っております。

(2007/04/01 )


akoyu0308 at 00:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年02月26日

タイで食べたタイカレー(レトルト)

タイで食べたタイカレーの箱近くの激安スーパーで148円にて購入。早速頂きます。

タイで食べたタイカレー大きな鶏モモ肉が二つに、ふくろだけ、竹の子が入っています。
そこにちゃんとバイマックルーが入っているのがポイント高し!

味のほうですが、このレトルト、意外なまでに美味しくできています。辛さは抑え気味ですが、バランスよくまとめられている味だといえます。

箱の裏を見てみると、原産地はタイ!
なるほど、「アライド コーポレーション」という会社、タイ食品の輸入販売をしているんですね。
「タイで食べた」というキャッチコピーは伊達ではありませんでした。

(2007/02/26 朝からタイカレー)

akoyu0308 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月17日

崎陽軒のシュウマイカレー(レトルト)

崎陽軒シュウマイカレー箱静岡の日本平PAでお土産として購入。一瞬血迷ったか崎陽軒?!と思ってしまいました。

シュウマイだけに、白ご飯ではなく簡単に炒飯を作り、そこにかけてみました。
シュウマイカレーとチャーハン

なお、カレーに入っていた具材はシュウマイ3個、ふくろだけがごろごろ。このシュウマイだけでもインパクト大ですが、ふくろたけをこんなに入れるとは…。想定外です。

カレーそのものはこってり粘度の高い、洋風煮込み系とても申しましょうか。炒飯の味を全て消し去るほどのもの。
中華系のカレーか?などという妄想は、初めの一口でふっ飛びます。
変わったレトルトとあなどってはいけない味。
崎陽軒の看板に恥じない味といえます。

シュウマイそのものは、有名な崎陽軒だけにしっかりしています。
ただ、グリーンピースもしっかり入っているので、苦手な方は食べる前に掘り出しましょう。

一番いけてたのは、シュウマイの外側の皮。これはとろけて、カレーに合っています。

意外にもしっかりしたカレーに脱帽です。シュウマイとカレーも悪くありません。でも、横浜ではあまりお目にかかれない一品かもしれません。

(2007/02/17 シュウマイの新たな使い方を知った日)

akoyu0308 at 12:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年01月23日

ファミリーマートのカレー麺(レトルト・カップ麺)

ファミマカレー麺ファミリーマートのカレー特集によるカップ麺です。定価230円。造っているメーカーは明星さん。

中身はこんな感じ。カレー麺中身ちなみにネギは自分で増量。ホントはこんなに入っていないのであしからず。

さて、講評としては平打ち麺としたことがスープとの絡みをよくしていて、麺を口に運ぶとしっかりカレーの味を堪能できるところ。麺も割合しっかりしていると思います。

ただ、謳い文句にあるカレーの隠し味として入っているというカカオについては、大して分かりません。自分が分からないだけかもしれませんが、ほんとに隠れています。

原案となったカレーのレシピを見ると、カカオの含有量が高いチョコレートが入っているようです。
かといって、カレー麺にチョコレートを入れる気にはなれません。

(2007/01/23 さみしい夕食)
近くのファミマにて購入。




akoyu0308 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月07日

ホワイトカレーヌードル(レトルト・カップ麺)

f4f1450e.JPG最近ちまたに出てきたホワイトカレー。
ついに日清がカップヌードルに仕立て上げました。

味は普通のカレーヌードルとは全く違い、クリーミーなしあがり。
ココナッツミルクが配合されているのが、効いています。
スパイスが足りない気がしますが、その点は自分の好みで胡椒を入れればいい具合。
白いスープに、黒胡椒が合います。

通常のカレーヌードルとは具材が少し違い、アスパラと人参の色が白いスープに映えています。
また、肉はチキンのようで、少し固めな噛み応え。味は意外としっかりしています。

ホワイトカレーは北海道からゆるやかに全国へと広まっているようですが、このカップヌードルで知名度がもっとあがるでしょう。

ただ、残念ながらどこでも売っているという訳ではなく、セブン&アイ系列のお店での販売。食べたい方は最寄のセブンイレブンへ。

これからはカレーが黄色いとばかりはいえなくなるかもしれません。

(2006/01/07 雪の降る日に白いカレー)

akoyu0308 at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月02日

カゴメデリのグリーンカレー (レトルト)

今日は朝からタイカレー。
カゴメデリ 外見といっても、簡単レンジで出来るカゴメデリってやつです。

ルーを入れてレンジで二分ほどでアツアツのタイカレーが完成。
こりゃ楽ちん。
カゴメデリ 中身

簡単なだけにカレーの味が薄く、それほど美味しさは感じられません。カロリーがかなり抑えてある為でしょう。かなり味はうすく、あっさりです。
日ごろアオゾラなんかのこってりタイカレーが好きな私にはもの足りないところ。

ただし、満足したのが、ご飯がタイ米っぽい長米種だったこと!ここにこだわりを感じました。
今後は味のレベルをあげていった欲しいところです。

akoyu0308 at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月27日

カツカレーラーメン (カップ麺)

カツカレーらーめん
見つけた瞬間、ここまで来たのかと感じた一品。カップ麺の蓋にも「驚きの具材」とのキャッチフレーズが。コンビニで値下げしてたことも手伝って即購入です。

気になるのはカツがどうなのかということ。カレーライスにはのってますが、カレーラーメンなんかの麺系にカツが乗っていた試しがありません。まさに「驚きの具材」です。

蓋を開けてそのカツを見た瞬間、あれっ?となりますが、この時点ではまだ味まではわかりません。問題はお湯を入れてどうなるかということ。

三分後…。

カツカレーラーメン持ち上げ

こうなりました。衣の中にうっすら見えるのがカツ…。薄いっす〜。
一口食べての感想は、30円とかで売っている駄菓子「ビックカツ」
まさしくあの食感。味はカツというよりも、ラーメンに入っているチャーシューですね。
ラーメンなんで、調和していると言えばその通りなんですが、カツと謳うからにはもう少し何かが欲しいところ。

でも、130円のカップ麺ですからこんなものでしょう。

(2006/08/27)

akoyu0308 at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年07月12日

札幌マジックスパイスのレトルト (レトルト)

マジスパ最初と箱
今日は、頂き物のレトルト。札幌でのスープカレーの火付け役だそうで、
東京にも進出しているマジックスパイスのスープカレー(マトン)です。

温めて袋を開けたらこんな色なんで、ちょっとした驚き。
カレーじゃないやん!とつっこみたくなります。基本的に後から別添えの特製ペーストとスパイスミックスを入れて辛くしていくスタイル。
何も入れない状態で中辛のようです。

とりあえずそのまま一口食べますが、おぅ??
カレー?じゃなくて、ポトフのような味わい。
これはこれで不思議と美味しいんですが、求めているのはスープカレーな訳で。

とりあえず特製ペーストを入れて食べますが、少しだけスープカレーになったかな程度で、全然まだまだ。
よって、スパイスミックスを半分入れることに。するとこんな状態になりました。
マジスパ虚空

これくらいでやっとスープカレー!
ちなみにこのマジックスパイスの辛さ段階でいうと、極楽の段階。
なんやそれ!っとつっこまれそうですが、こんな段階表示になってるんです。

覚醒(中辛)→瞑想→悶絶→涅槃→極楽→天空→虚空(激辛)

極楽あたりが辛口といったところ。そこそこに辛く美味しいスープカレーです。

ちなみに中身の具は、人参、ジャガイモ、キャベツ、きのこに春雨!これは変り種。マトンも臭みがあまりなくて、柔らかくて美味しかったです。
(後で箱の裏を見たら、大根の文字が。入っていることに気が付きませんでした。)

で、最終的にスパイス全てを入れた虚空は、結構な辛さ。唇がヒリヒリしてしまいました。この虚空の段階に来ると、人によっては無理かもしれません。激辛です。

トータルとして、秀逸なスープカレーレトルトとして完成しています。
後から辛さを調節できるのもいいですね。よく出来ていると思います。
もらったので、いくら位の値段なのかは分かりませんが、結構高いんだろうな〜。

ごちそうさまでした。

(2006/07/12)

akoyu0308 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(10)clip!

2006年07月02日

スープカレー風ヌードル (カップめん)

スープカレー風ヌードル

今朝は早起きしてブラジル対フランスをテレビ観戦。
そのお供はこのカップ麺でした。

サッポロからの新商品は、スープカレー風ヌードル。この夏の限定らしいです。
(他には沖縄そばとかも)
HPは↓
http://www.sanyofoods.co.jp/product/product_main.asp?PKG_TYP=%83J%83b%83v%82%DF%82%F1&BRAND=%82%BD%82%C4%8C%5E%83J%83b%83v#c_20060609104912

さて、味のほうは「風」とあるように、それっぽいといった印象。かなりあっさりしているダシ系のスープカレーといった味わい。
上に載っていた皮付きのポテトがなかなか美味しかったかな。

なんせ朝が早かったんで、これくらいのあっさり感はよかったです。朝からカップ麺かよ!とっつっこまれそうですが…(-_-)

それにしてもブラジルが負けるとは!実はジダンが見納めになると思って見ていたので、思いもよりませんでした。
ジダンのラストダンスはまだまだ続く!!!

(2006/07/02)

akoyu0308 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年06月23日

中村屋のインドカリー(レトルト)

cbab15b7.JPG今日は簡単にレトルトで。中村屋のインドカリーの五周年記念二袋入り。
五年前から出ているとは知りませんでした。

箱にはスパイシーとありましたが、食べた味は割りとマイルドだったので、拍子抜け。むしろ濃密な味だと思います。洋風カレーの王道といったところでしょう。

入っているビーフはやわらかく、ジャガイモも形が残っていてレトルトにしては上出来。まぁ値段が値段ですけど。

安心して簡単に食べれるカレーだと思います。


(2006/06/24 実食)


akoyu0308 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年06月22日

チーズカレーヌードル(カップ麺)

c6cd1531.JPGすみれに続いてカレーラーメンです。新発売とありましたが、チーズが入っただけ?

日清のカップ麺はたまに食べたくなる一品。いつもはノーマルのを買うんですが、新発売とならば試さずにはいられません。

お湯を注いで三分待って…。ふたを取るとカレーのにおいとともに、チーズの香りが立ち上ってきます。箸をいれて食べようとすると、表面のチーズが麺とともに一斉にあがってきます。チーズを食わせようってのか?

でもこのチーズがなかなかのこってり感を出していて、結構いけます。カップ麺なのに妙に満足感が高い。さすがは日清というところでしょうか。
また買ってしまいそうです。

(2006/06/22 実食)

akoyu0308 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年06月12日

カレーソースやきそば (カップ麺)

カレーソースやきそば焼きそばのカレー味。
カップ麺ではお初です。

日ごろから焼きそばのカップ麺にはいい思い出がなく、
あまり食べないのですが、カレーとなると話は別。
作ってみて、あまりに具がなく寂しい気持ちに。
よって、余り物で野菜炒めを作って増量しました。
勿論、普通に作ったらこんなにはなりません。

さて、味の方ですが、ソースが主でカレーが従といった感じでしょう。
ちょっとだけカレー味がすると言ったところです。
カップラーメンのカレー味をイメージしていたのでガクッ

食べ終わったカップがカレー色になっていたことのが、カレーだった証かな。

(2006/06/11 昼食)

akoyu0308 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(7)clip!

2006年05月06日

牛たんカレー (レトルト)

a156b9a1.JPG牛たんがどれだけ入っているのか
それが問題。


せっかくの連休なのに、
風邪でやられて寝てばかり。
カレーを食べには行けないし、がっつりつくるのも面倒。
よって、買っておいたレトルトに決定。

この牛タンカレーは一つ220円。
果たしてどれだけの牛たんが入ってるのか?

ご飯にかけて驚き!
ごろごろと出てくる牛タンのかたまり。
しかも、焼肉屋でお目にかかる薄切りなどではなく、
角切りになって、豪快に出てくるのにはビックリデス。
正直あんまり期待はしていなかったのですが、

デカイので、固いのでは…と思ったのも杞憂。
かなり柔らかくなっているのが印象的です。
牛タンの味自体はぼちぼちですが、
量がこれだけ入っているので、許せてしまいます。

カレー自体の味もなかなかのもので、
よくできたレストラン風のカレーを思わせます。
甘みの奥にピリッとした辛さがまたいいです。

ちなみに牛タンカレーは他にもあるみたいですが、
今回食べたのは「にしき屋」の「牛たんカレー」
「たん」がひらがなであることがポイントです。

(2006/05/06 実食)


akoyu0308 at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月27日

金ちゃんヌードル カレー味 (カップ麺)

0e1d7d13.JPG京都ではあまりみない、
金ちゃんヌードル。
しかも、カレー味です。


カップラーメンのカレー味といえば、
日清が圧倒的に強いですよね。
それに対抗したのか、しないのか。

味は日清のそれとは違って、かなりあっさりめ。
コテコテのカレーを期待していた私のお腹は満足できませんでした。

かるく食べたいときにお勧めします。

(2006/04/26 実食)

akoyu0308 at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月25日

本日のスープカレー (レトルト)

c065d0cb.JPGあのカレースープの伝道師
大泉洋がプロディースしたそうです。


実家のドンキホーテにあった一品
北海道以外ではじめて見ました。

一個445円!!!
レトルトにしては高すぎる価格。
ドンキホーテでこれなら、
希望小売価格は500円くらいか?
しかも、このレトルト、スープしか入ってません。
ホントに全く入ってないので、自分で調理せざるをえません。
スープだけのスープカレーなんて、想像したくありません。
それ程寂しいものはありません。

値段と、レトルトなのに手間がかかりそうな点で迷いましたが、
北海道にいく予定も無いのでしぶしぶ購入。
さっそく作ってみました。

見た目は自画自賛になりますがいい感じ。
チキンレッグが大きければもっとよかったのですが、
なかなかないので、ちっちゃいので代用。

さて、問題は見た目よりも味です。
本場からのスープカレーの味は…。

おぉおー旨いじゃないですか。
レトルトのくせにいいです。

スープの中にいろいろ溶け込んで、こくがあります。
京都のスープカレーにはない味の気がします。
やはりカレースープの伝道師、大泉洋はあなどれません。

高いだけあります。
しかし、レトルトの枠を値段も味も超えている感があります。
見つけたらまた買ってもいいかな。

(2006/04/24 実食)





akoyu0308 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月22日

カップdeカレー(その他)

パンでカレー
夕飯は前も食べたカップdeカレー
今回は三種のきのこのカレーです。
月末になってきたので寂しい夕食。

前回とほぼ同じカレーなんで、
これといった感想も無いのですが、
やっぱりブロッコリーは抜いた方がいい気がします。
お湯で戻してもスカスカな味…。

ハウスさん、これだけはなんとかしてください。

最後にフォローですが、
カレー自体はクリーミーでいいですよ。
やっぱりパンとあってます。
それときのこも。

(2006/03/22 実食)
前回の記事は↓
http://app.blog.livedoor.jp/akoyu0308/tb.cgi/50128752

akoyu0308 at 19:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

メキシカンHOTCURRY(レトルト・カップ麺)

メキシンカンホットカリー


今朝は簡単レトルトカレー。
メキシカンカレー(S&B)です。
ちなみにタコステイスト。


パッケージには「火を噴く衝撃の激辛」
「辛さの決めてはハバネロ!!」とあります。
そんな激辛を謳うからには相当辛いのでしょう。
どんだけ辛いんやろ〜?

さてさて、盛り付けてみると、こんな感じ。
トッピングには目玉焼きをつけてみました。
上手く半熟です。

外見からはそんなに辛そうじゃないなと思ったのですが、
一口食べてパッケージコメントに納得!

かっら〜い!!!!

本当に辛いカレーっす。マジ辛いっすわ。
ルーの中にインゲンマメやトマトが入っていますが、
それらの味は全く味わえません。
それより辛さが圧倒的に勝っています。
こんな辛いカレーは今までになかった…。

激辛唐辛子「ハバネロ」の辛さが際立つ新感覚のカレー
そう裏面に書いてあるのを見つけたとき、
まさにその通りですと頷いてしまうのでした。

(2006/03/22 実食)


akoyu0308 at 19:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年03月19日

「パク森のチキンカレー」(レトルト・カップ麺)

パク森のチキンカレー
さてさて、一日カレー三昧の夕食は、
東京で有名な「パク森」のレトルトです。


いや〜最後がレトルトとはいかがなもんかと思ったんですが、
諸事情により、どうしても家で食べねばならなくなり、仕方なし。
いつもなら自作するところなんですが、そんな時間もなく(-_-)

で、帰りに寄ったスーパーで見つけた一品がこれ。
(他にもやたら買い込んでしまいましたが…。)
前にテレビで本店を紹介してたのを思い出して購入。
ちなみに248円で買いました。

お湯で茹でること五分で完成。さっそくいただきます。

ふーむ。パッケージの「野菜と果実を煮込んで」の言葉に偽りなし。
とても果実感のあるカレーに仕上がってます。

しかし、チキンカレーと言われると偽りアリか?
「パク森の独自の調合のスパイスをまぶして揚げた」
と謳われたチキンは、その片鱗すら感じられず…。
ここのレトルトの限界でしょうか。私の舌が鈍いのか?
ルーは美味しいだけに残念です。

それにしてもこのカレーのフルーティーさはどこに由来するのか?
ルーだけはかなりの水準です。
(そんじょそこらの自作カレーでは絶対だせないでしょう。)

その秘密は裏面にありました。玉ねぎ、人参、リンゴと続いて

バナナ!!

きっとこれだ。間違いない。

(2006/03/19 夕食)

akoyu0308 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

煮玉子カレーうどん

煮玉子カレーうどん
煮玉子カレーうどん (サンヨー食品)

今日は一日カレー三昧にしようと思い立ち、
朝食にはストックしてあったカップ麺にしてみました。



煮玉子といえばラーメンなんですが、
カレーうどんに煮玉子の組み合わせ。
これは意外ですが、
カレーに生卵をいれる店もあることを考えると、
そんなに妙な組み合わせではないでしょう。

味はまったりしたカレーと組み合わさる出汁の利いたスープに、
もっちりした麺がからんで、カップ麺にしてはまあまあ美味しい方。
ドンキホーテで120円だったわりにいける味です。

さてさて、この「煮玉子カレーうどん」ですが、
サンヨー食品のHPをみたら、なんと希望小売価格250円!
高いな〜(^_^;)
定価で買うことはおそらくないでしょう。
同じ値段のカップラーメンに比べると、
カレーうどんのカップ麺はまだまだですね。
これから進化していくことでしょう

(2006/03/19 朝食)

akoyu0308 at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
訪問者数