カレーラーメン

2007年04月03日

ひゃくてんまんてんのカレーラーメン(中京区)

686f0274.JPG京都のカレーラーメンといえば、まよわずこのお店でしょう。
なのに全然行ってなく、かなりのご無沙汰でした。

日本人のソウルフードと言えるカレーとラーメンを両方とも出し、更に合体させたものまであるこのお店。
セレクトするのはお客さんの気分次第といえます。

今回は迷いましたが、カレーラーメン(730円)をチョイス。カレーライスも気になるところでした。

出てきたカレーラーメンは、なかなかのもの。味は少々甘めですが、ラーメンに合っています。
スープはトンコツからとっている為、店内のニオイが少し気になったのですが、
カレーラーメンの場合、カレーのスパイス類がそれを消してくれているので、全く臭みがなく仕上がっていました。

麺とスープの絡みもよく、カレーラーメンのなんたるかが堪能できるお店でした。

ひゃくてんまんてん
営業時間:AM11:00〜PM11:30
日・祝は PM7:00頃まで 定休日 年中無休
京都市中京区三条高倉西入ル くらしハウス2F
TEL:075−213−2292
京都府京都市中京区高倉通三条下る丸屋町

akoyu0308 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

2006年09月08日

しゃかりきのチャーシューカツカレー麺(中京区)

しゃかりきの看板千本丸太町の北西にあるつけ麺が有名なお店。
日本コナモン協会による「華麗なる一週間」企画のカレーラーメンを提供されています。

店内に入ると、カレー屋では絶対ないような独特の匂いが漂っています。おそらく煮干ととんこつの混ざったような匂いがダメな方は、食べる前につらくなると思います。

さて、注文したのはチャーシューカツカレー麺(800円)昨日から十日までの限定メニュー。どんなものかを楽しみ待っていると、出てきたのは画像の通り。
しゃかりきのカレーラーメン
極太の麺に、茹でたキャベツ、ミンチにメンマ。そしてチャーシューを揚げたカツ!!しかも二枚のうちの一枚にはチーズが乗ってくるという手の込みよう。
かなり力の入った一品であることが見ただけで分かります。

さて、その味ですが、こってり感たっぷりのスープにカレーが入り、更に極太の麺がボリュームたっぷりでお腹を襲います。加えて揚げてあるチャーシュー&チーズがドーンときます。このチャーシューカツは以前食べたカップラーメンのものとは訳が違います。もともとのチャーシューがジューシーなのでしょう。とても美味しいカツになっています。しゃかりきのカツ

スープのカレーはおそらくカレールーに由来するものでしょう。あまりウマいっとはいえません。スープのコッテリ感に幾分押され気味な気がします。また、他のキャベツやミンチ、メンマも同じようにスープのコッテリに押されてます。

全体的にスープのコテコテ度合いによって、何がどうなのかが分からない…。
きっとカレーでなかったら美味しいコッテリ系ラーメンなのだと思いますが、カレーが加わることで、焦点がぼやけたようになってしまっているような気がします。
チャーシューカツ、ゆでキャベツなどの具材は面白さがありますが、全体として、これぞカレーラーメンと言うまでにはなかなか難しさがあると感じた一品でした。

しゃかりき
Tel075−813-5198 営業時間 昼11:00〜15:00 夜17:00〜24:00(金・土は25:00まで) 定休日第1、3火曜 駐車場無し
 京都府京都市中京区聚楽廻東町31


akoyu0308 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月07日

紅茶ラーメンプラス (右京区)

京都ラーメン膝栗毛のatさんとカレーラーメンを食べに外大前まで。

今、コナモン協会さんによる「華麗なる一週間」をやっているとのこと。ラーメンやうどん、そばなどなど、粉系のお店によるカレーメニューが展開されています。

さて、お店に行って、迷うことなくカレーラーメンを注文。紅+のカレーラーメン
出てきたのは、見た目なんだか天一のようなコッテリさを感じさせるラーメン。
食べてみると、見た目通りのかなりコッテリ!それもそのはず、かなり大量の背油がはいっているのです。
しかも、細切チャーシューも脂身が多く、コッテリに拍車をかけています。脂っこいものを食べていない最近のお腹には、食べていくほどにつらい…。

肝心のカレーについては、確かにカレーの味ですが、明らかに市販のカレー粉を混ぜただけでは…という感じ。残念ながら、何軒か食べた中では明らかに工夫が足りない印象を受けました。

さて、この紅茶ラーメンプラスは北区仏大前にある紅茶ラーメン紅の支店。紅茶を含んだスープを味わえる一風変わったラーメン屋のはずですが、カレーのせいか、背油のせいか、全く紅茶の味はわかりませんでした。

カレーラーメンとしてはちょっと残念な味ですが、店員さんの接客はとても好感のもてるお店です。それについては、「京都ラーメン膝栗毛」をごらんください。

紅茶ラーメンプラス
Tel 075-315-8975 定休日 水曜日
昼11:30〜15:00 夜17:00〜24:00
P無し。近くにパーキングあります。



京都府京都市右京区西院東貝川町25

akoyu0308 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年08月04日

味蔵のカレーラーメン (中京区)

味蔵のカレーラーメン
堀川高校北側にあるラーメン屋さんですが、カレーラーメンもやっているとのこと。早速行ってみました。

カレーラーメンだけかと思っていましたが、カレー丼もあって一瞬迷いました。しかし、初心貫徹!やはりカレーラーメンに。
ちなみに600円です。

外が暑かったこともあり、出てくるまでに何杯もお水を飲んだのですが、コップを空ける度にすぐおばちゃんが入れてくれるのはよかったです。
他にお客さんもいたのですが、くまなく目を配っている姿が印象深いです。

そんなおばちゃんの姿勢に見とれて(?)いると、すっとカレーラーメンが出てきました。
青ねぎと玉ねぎ、牛肉がのったカレーラーメンは、色を見ただけでスパイシーな予感を漂わせているのですが、一口食べるとその予感ははずれだと分かります。
かなり甘めに作られたカレーが、麺と絡んで絶妙な味を出しています。
しかも、この麺は京都ではあまりお目にかかれない平打ちの麺。これがカレースープとよく絡みます。これは計算して平打ちにされているのでしょう。
また、この麺はのびにくいのか、最後までちょうどいい固さを保ってくれます。

後半にかけて、甘いスープにちょっと飽きがきましたが、備え付けの一味を入れれば問題ありません。
すっきりした辛味によって、最後まで美味しくいただけました。
値段もそこそこで、この味に満足です。

(2006/08/02 訪問)
京都府京都市中京区堀川通蛸薬師上る壺屋町

akoyu0308 at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年06月21日

すみれ(ラーメン小路)のカレーラーメン(下京区)

3822a231.JPG京都ラーメン膝栗毛に紹介されていたので知ったこの一品。あの味噌ラーメンの名店がカレーラーメンを出していたとは…。

北海道発のラーメン店がカレーを用いて作るラーメン。これは食べねばと思いましたが、なにせ夏限定に加えて1日20食限定。昼間に行かなければと思ったものの、昼に行く機会を作るのが大変でした。

11時半に到着。店内はすでに満員。ラーメン小路の中でもここまでお客さんが入っているお店はすみれだけのよう。
幸いカレーラーメンは売り切れておらず食券をGet!900円でした。

香味油でラーメンの表面を覆い、いつもアツアツのラーメンが食べれることで有名なすみれですが、カレーラーメンでは油がどうなるのかが、気になっていました。
出てきたラーメンは一面に油ということはなかったものの、エアコンの冷風で表面が微妙に固まっているような気がしました。

スープの中はばっちりアツアツ。も〜かなり熱くて汗が出る出る。それにカレーの濃いこと。コッテリなカレーというのも久々に食べたかもしれません。独特の太麺によく絡んできます。カレーの辛さも中辛くらいでしょうか。個人的にはもう少し辛くてもいいかなと思いますが、全体的な味はラーメン屋のカレーも侮りがたし!といった美味しさです。

具として入っているのは、ヤングコーン、チャーシュー、煮玉子、糸唐辛子、水菜。この水菜、カレーの濃さにやられて何を食べているやら分からないままになくなりました。それ以外はちゃんと個性を主張していて美味しくいただけました。特にヤングコーンは箸休めにちょうどよかったと思います。

ただし、このカレーラーメンは後半がきつかった。だんだんコッテリさに食べ疲れてきます。出てきた時に見えた表面のかたまりはやはり油だったことが後半になって理解できました。お腹が油でやられ、スープを飲み干すことはかないませんでした。

そんな時にふと頭をよぎったのは、福神漬け。
なんだかカレーライスが恋しくなってしまします。

(2006/06/20 訪問)





akoyu0308 at 23:38|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

2006年03月30日

新宿めんや風花の塩豚骨カレーなラーメン(下京区)

d90cdcf4.jpg昨日いついこうかと書いたとこでしたが、
いきなり行ける事になりました。


お店に入って、迷わずに「カレーなラーメン」(780円)を注文。
ランチタイムだったので、サービスメニューが色々あったのですが、
なんのためらいもありません。
なんせ一日限定10食。
あっただけでも感謝感謝。
ちなみに、僕のあとのお客さんが来て終わり。
本当にギリギリ間に合ったっす。
それでも12時にはお店に入ったのですけどね。
会社関係の食事所でもあるのでしょう。かなりにぎわってました。

さてさて、「カレーなラーメン」ですが、
ほんとに「カレーな」です。
カレー好きにはもの足りなく感じるくらいしか、カレーが入ってません。
ほんのりカレーの香りと味がするくらいで、
塩の利いた豚骨ラーメンといった感じ。
といっても、しつこくない豚骨で、塩が前にでています。
トッピングもチャーシュー、アスパラ、シナチク、ホタテ、煮玉子に海苔。
割と塩に合わせたものが多く、カレーっぽさはありません。
どれも丁寧な仕事がされています。
シナチクに至っては、変な臭みもなくて溶け込んだかのよう。
すごい手間がかかっているように思われます。

特筆すべきはこのカレーが普通のカレーには思えない所。
どこか、タイカレーのような、それでいて刺激的な辛さはない。
そんな味であります。
とにかく、このラーメンだけスープは別鍋のようです。

一日10食ですんで、早く行ける日にはまた行ってみたいものです。

(2006/03/28)

地図
http://map.livedoor.com/map/?MAP=E135.45.51.9N34.59.49.4&ZM=11&SZ=850%2C600

akoyu0308 at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年03月29日

「塩とんこつかれーなラーメン」

ブログの先輩でもあるatさん。
そのHP「京都ラーメン膝栗毛」に
カレーラーメンが取り上げられてました。


出しているお店「めんや風花」自体は行ったことがあるのですが、
そのときには全然カレーの匂いさえ漂わせてないお店でした。
atさんに情報を頂いたものの、行ったら閉まっていたので食べれず。
どんなラーメンなのかが、気になっていたのですが…。
文章を読む限り、とても美味しそう (。^_^。)

一日十食限りとなると、かならずお昼となる訳で。

http://app.blog.livedoor.jp/at_you_see/tb.cgi/50481182

akoyu0308 at 07:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!
訪問者数