2017年10月15日

ライツェントの16の半姉が、秋華賞(GI)制覇

 当厩舎が今年秋に応募して出資が確定したライツェントの16の半姉ディアドラが先ほど行われた第22回 秋華賞(GI)に優勝。これでライツェントの16にもG1馬の妹という箔がつくこととなったのは喜ばしい
キャロット
 本馬ライツェントの16は9月7日(木)に締め切られた第1次募集で抽選にて出資が確定したもので、半姉ディアドラはその時には(桜花賞Εークスい呂△譴匹癲3勝馬(1000万勝ち)にしか過ぎず、ライツェントの16の募集時には単なる3勝馬(1000万勝ち)の下(弟妹と言う意味)という血統評価だった。ところが半姉ディアドラがその僅か2日後の週末9/9には紫苑S(G3)に優勝、そして今回のG1勝ちでブラックタイプが太ゴシック体となり、一気にライツェントの16の血統的評価が急上昇、募集総額2,000万円は今となってはお買い得価格。半姉ディアドラの活躍で本馬ライツェントの16が繁殖入りしてOur Blood対象となる可能性もやや高まって、良かった

akugentay at 18:27|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年10月14日

今週末の愛馬出走予定 〜 2歳デビュー戦第4弾

 今週は2頭。そのうちの1頭は2歳デビュー戦第4弾、この世代の当厩舎牝馬ツートップの一頭グラマラスライフが、当厩舎2歳デビュー専属騎手のルメール騎手で臨む。2歳デビューの4頭全てがルメール騎手騎乗なんだから、今のところ「専属騎手」と言っても良いよね。現時点のオッズでは“嵜裕ぁ△海譴2歳デビュー4頭全てが/裕&ルメール騎手。

シルクR
【グラマラスライフ 牝2 [新馬] 美浦・田村 シルクHC】
☆10/14(土) 東京5R 2歳新馬 ダ1600 54 ルメール 自信度:A

 田村康仁調教師「12日に坂路コースで単走で追い切りました。先週の3日開催の影響で木曜追いになりましたし、もう強い調教は必要ないですから、サッと流しただけです。調教ではいいフットワークで、軽い走りを見せていますから、競馬でも走れると思いますよ。馬体は線が細く、気性もキリッとしてはいますが、いきなり勝ち負けできる素質はあると思います。唯一の心配は馬場状態だけですね。週末は天気が崩れる予報が出ていますが、道悪に関しては未知数なだけに、走ってみないことにはわかりません。できるだけきれいな馬場で走らせたいところです」

シルクR
【ヴィッセン 牡6 [1000万] 栗東・石坂正 シルクHC】
☆10/15(日) 京都10R 愛宕特別 ダ1800 H54 浜中 自信度:B

 石坂正調教師「前回、疝痛の為にひと息入った経緯があるので、体調には気を付けて進めてきましたが、ここまで何事もなく順調に調整することが出来ました。12日にCWコースで併せて追い切りましたが、最後は遅れたものの、時計が掛かる重い馬場でも脚色が鈍ることなく最後までしっかり脚を伸ばしてくれました。先週より動きが良くなっており、ハンデも54kgと前走から3kg減るのは有利になるでしょうし、3走前のような競馬が出来れば十分チャンスがあるはずです。前半はおそらくテンについて行けないと思いますが、浜中騎手なら焦らず上手く立ち回ってくれるでしょう。心配な点は、週末の天候が悪くなりそうなので、時計が速くなると厳しいですね。少しでも時計が掛かる馬場で競馬をしたいところです」続きを読む

akugentay at 10:10|PermalinkComments(0)シルクHC 

2017年10月07日

今週末の愛馬出走予定 〜 2歳デビュー戦第3弾

 今週は2頭。そのうちの1頭は2歳デビュー戦第3弾、セダブリランテスの半弟ヴェルトゥアルが、当厩舎2歳デビュー専属騎手のルメール騎手で臨む。2歳デビューの3頭全てがルメール騎手騎乗なんだから、今のところ「専属騎手」と言っても良いよね。現時点のオッズでは“嵜裕ぁ△海譴2歳デビュー3頭全てが/裕&ルメール騎手。
 でもそのヴェルトゥアル、調教はあまりパッとしない。まぁこの兄弟はそういうタイプだから、能力で来ちゃうかもしれないけれど、それほどの自信はない。でも期待はしています。

 月曜日(体育の日)はシュテルングランツ。この馬、本質的にダート馬ではないから、力のいる馬場は合わない。そういう意味では、渋り気味の馬場でスピード勝負なら付け入る隙はあるものの、ルメール騎手が乗らないのは大幅マイナス。マトモならOPではちょっと荷が重い

シルクR
【ヴェルトゥアル 牡2 [新馬] 美浦・加藤征 シルクHC】
☆10/8(日) 東京4R 2歳新馬 ダ1600 55 ルメール 自信度:B+

 加藤征弘調教師「4日に南Wコースで時計を出しました。併走馬を追走から内に併せて、最後は先着しました。先週に比べると、動けるようになりましたし、良化しているのは間違いないでしょう。俊敏さという点で物足りなさを感じていましたが、手塚調教師に伺ったところ『兄たちも調教ではそれほど目立つ動きはしなかった』ということでしたので、実戦向きと捉えています。息遣いも良くなっていますし、まずまずの状態で挑めると思います」

グリーンF
【シュテルングランツ 牡6 [OP] 栗東・須貝 グリーンF】
☆10/9(祝) 東京11R グリーンチャンネルC ダ1400 56 三浦皇 自信度:B

 10月9日(祝・月)東京・グリーンチャンネルカップ(ダ1400m)に三浦皇成騎手で出走する。10月4日、須貝調教師は「順調にきており、今日の追い切りでちょうど良く仕上がったと思います。良い状態でレースに向かえそうです」とのこと。続きを読む

akugentay at 17:50|PermalinkComments(0)シルクHC | グリーンF

2017年09月30日

今週末の愛馬出走予定 〜 ラストチャンスはモッセに

キャロット
【サンラファエル 牡3 [未勝利] 美浦・武井 キャロットC】
☆10/1(日) 中山3R 3歳未勝利 ダ1800 56 モッセ 自信度:A

 9/27武井厩舎 27日は美浦坂路で追い切りました(54秒1−39秒4−26秒0−13秒0)。「先週末は大きめをじっくり乗り、プール調教を交えるなど、順調に調教をこなしてきました。器用なタイプではないので少しでも上手に走れるようにすることをテーマに掲げたうえで、今朝は坂路で追い切りました。手前を替えることはできましたが、こちらの思惑よりいくらか早いタイミングで替えていましたね。ただ、全体的な脚取りはしっかりとしたもので動きは良かったと思います。前走で走らなかった理由は色々と考えることができますが、小回りで急かされる形になったことに馬が対応しきれなかったことが大きいのではないかと思っています。それなので、福島より広く、そしてゆったりと立ち回ることができる中山コースのほうが走りやすいはずなので巻き返しは可能と見ています。右手前を出したがるところがあるので右回りで如何に消耗を少なくし、うまく立ち回ることができるかがポイントになってくると思いますが、能力は上位のはずなので、何とかこの最後のチャンスをモノにしてほしいですね。当初は浜中に依頼をかけていたのですが、怪我の具合でどこまで体が動くか心配な部分があるのは否めませんでした。それで状況を見ながら代案を考えていたのですが、この日スプリンターズSに参戦するモッセジョッキーにお願いをすることにしました。人から聞いた話ではありますが、ルメールさんからお墨付きをもらっているジョッキーということですし、何より経験豊富です。好リードを期待して、レースへ送り出したいと思います」(武井師)
 10月1日の中山競馬(3歳未勝利・ダ1800m)にモッセ騎手で出走を予定しています。
 9/28武井厩舎 10月1日の中山競馬(3歳未勝利・ダ1800m)にモッセ騎手で出走いたします。続きを読む

akugentay at 23:20|PermalinkComments(0)キャロット 

2017年09月24日

今週末の愛馬出走予定 〜 2歳デビュー第2弾

 今週は1頭、当厩舎の2歳デビュー2頭目のスーブレット。第一弾のミカリーニョはゴール寸前でクビ差交わされて1人気に応えられず2着だったが、今度のゴルァ牝馬もルメール騎手を鞍上に迎えてのデビュー戦(現在1人気)は、今度こそはちゃんと勝ち上がって欲しい
 本馬の半兄ベストウォーリアは〇外で、フェブラリーS(G1)に4着・3着・2着の他、G3優勝やJpn1盛岡マイルCS勝ちがあり、ほぼシルクフォーチュン同等の実績馬。本馬は父にダートならお任せのゴールドアリュールを迎えて、より日本のダート適性は高いだろう。調教タイムはそれほど目立つものではないが、まず今回は無事に競馬を知ることが第一。厩舎も牝馬に実績のある石坂厩舎、今は亡き父ゴールドアリュールを供養する為にも、本馬の今後のダート戦線での大活躍を期待している

シルクR
【スーブレット 牝2 [新馬] 栗東・石坂 シルクHC】
☆9/24(日) 阪神6R 2歳新馬 ダ1400 54 ルメール 自信度:B+

 石坂正調教師「21日に坂路で追い切りました。馬場が緩かったこともあって時計はそこまで目立つものではありませんが、2歳新馬で全体の時計が53秒台なら悪くないと思います。ここに来て過敏なところが目立つようになってきたものの、兄のベストウォーリアも今では大人の風格を保っていますが、若い頃は同じような感じでしたので、年齢を重ねていくにつれて集中力が増してくるようになるでしょう。どの馬も最初のうちは同じような感じだと思いますし、あとは競馬場についてテンションが極端に上がらない限り、良い競馬をしてくれるでしょう」続きを読む

akugentay at 11:21|PermalinkComments(0)シルクHC 

2017年09月23日

キャロット16年産募集馬検討 〜 新加入メンバー紹介

 キャロット1.5次募集も終わった時点で、16年産の売れ残りがたったの8頭しか居ないという物凄い売れ行きのキャロットクラブは、本家サンデーRをも凌駕するもの。やはりダービー馬を輩出するという宣伝効果は絶大

キャロット
募集状況 番 募集馬名  入厩予定厩舎 父 募集総額(万円) 性別
     1 レーヴディマンの16 関東・田村 康仁 父ディープインパクト 8,000 牡
77口  29 ドルチェリモーネの16  関東・武井 亮 父*ノヴェリスト 1,600 ♀
86口  34 チアズメッセージの16 関東・大和田 成 父*ヨハネスブルグ 1,600 ♀
     57 モンプティクールの16 関西・斉藤 崇史 父ダイワメジャー 2,800 牡
146口 69 クーデンビーチの16 関西・新規開業(安田祥) 父ヴィクトワールピサ 1,800 ♀
39口  78 ローズノーブルの16 関西・吉田 直弘 父*ワークフォース 1,000 ♀
     83 デルフィニウムの16 地方 北海道もしくは南関東 父*ワークフォース 1,000 牡
19口  85 グルーヴィクイーンの16 地方 北海道もしくは南関東 父*タートルボウル 800 ♀


 ここで当厩舎に新たに加わった16年産の2頭を紹介しておこう。
o0721057414024355536
39.ライツェントの16 ♀ 青鹿毛 3/22生 父:*エンパイアメーカー (BMS:スペシャルウィーク) 関東・鹿戸 雄一 生産:NF 募集総額:2,000万円 馬体重:471kg 体高:157.5cm 胸囲:176.5cm 管囲:19.5cm
 先日9/9の紫苑S(G3)に半姉ディアドラ(父ハービンジャー)が勝ってブラックタイプに彩を添えたが、従兄にロジユニヴァース(日本ダービー)が居る母系。母自身は芝ばかり走って4戦未勝利に終わったが着差は1秒以内、その兄弟はダート重賞勝ちや芝重賞入着もあり、基本的な資質は芝ダート兼用で比較的高い。半姉ディアドラの活躍はBMSスペシャルウィークはシーザリオ産駒で成功しているので驚きはないし、父にエンパイアメーカー迎えた本馬はややスラっとした馬体で歩様も良く、芝での活躍も期待できるが、そうでなくともダートでの交流戦も視野に入ろう。ツアーで会ったときは、気性は穏やかで賢そうな印象だった。
 本馬は競走馬として期待しているが、繁殖に入った場合にはSSは4代前の位置に来るからSS系種牡馬(オルフェーヴルなど)との配合にも抵抗はないし、キンカメ系(ドゥラメンテ、ロードカナロアなど)との配合など選択肢は多いので、Our Bloodとしても期待している。
 父譲りのバランスのとれた馬体は、四肢の骨量、前後躯の筋肉量ともに程よく、見映えのする姿に成長しています。首を上手く使ったキビキビとした常歩は前進気勢に溢れており、草地では駆け出す一歩目から鋭いダッシュ力を見せ、ブレの少ないフットワークには体幹の強さも見てとれます。身のこなしからは芝への適性を感じますが、父産駒の高いダート実績を考慮すれば、双方で高みを目指せる資質は十分といえます。年々サイアーランキングを上げている父の産駒に出資できるチャンスも僅かとなり、その点でも注目すべき逸材です。

2017-71-standing
71.ヴェラブランカの16 ♀ 芦毛 2/1生 父:*ノヴェリスト (BMS:*クロフネ) 関西・安田祥 厩舎 生産:白老F 募集総額:1,600万円 馬体重:487kg 体高:157.5cm 胸囲:182.0cm 管囲:20.3cm
 本馬は母ヴェラブランカは2勝だけだが、芝1400の新馬戦が1人気で着順こそ10着だったが着差は僅か0.6秒。特筆すべきは2勝の中身で、ダート1700-1800でともに7馬身差のブッチギリ勝ち。これはG1姉妹を産んだ祖母アドマイヤサンデーの基本的能力の高さにクロフネのスピード・パワーが加わったもの。しかし兄弟が全く走っていないので母の繁殖能力にやや疑問がついたのが1次満口とならなかった理由の一つでもあろう。ここにKG6&QE2でレコード勝ちしたノヴェリストを父に迎えて一発ホームランを狙ったのが本馬だが、相応の確率で三振もあり得る。馬体は骨格・バランスは良いが、やや筋肉の発達などが緩い感じもあるので、歩様ももう一つパッとしなかったのも、選に漏れがちではある。実際、おいらもツアーでは殆ど見ていないし、写真も撮り損ねてる始末
 本馬が繁殖に入った場合にはMonsun系のノヴェリストがBMSとなるし、クロフネもいい調味料になりそう。SSは4代前の位置に来るからSS系種牡馬(オルフェーヴルなど)との配合にも抵抗はないし、キンカメ系(ドゥラメンテ、リオンディーズなど)との配合など選択肢は多いので、Our Bloodとしては結構期待している。そう、何を隠そう本馬はOur Blood狙いでの選馬なのだから
 筋肉が厚く発育して全体に丸みがあり、銭型斑が浮き立つ健康的な張りとツヤが魅力です。各関節や肩周りなど剛性の高い骨格構造は、父産駒ならではの特徴で、その頑健さが頼もしく映ります。前肢のかき込みと後肢の踏み込みが滑らかに連動する機能性に優れた馬体によって、生み出されたパワーを確実に推進力へと結びつけています。理性的に振る舞う安定した気性も、いざとなれば闘い抜く熱きハートを胸に秘めており、心身ともに大物感を帯びています。広いコースの中距離戦、大きな完歩を活かしたロングスパートで豪快な勝利を重ねてくれるはずです。

akugentay at 17:06|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

キャロット16年産募集馬検討 〜 第1.5次応募結果

 昨日正午に締め切ったと思ったら、昨夕には既に公式HPの各自に通知があった第1.5次応募結果ですが、予想通り厳しいものではあったもののここでも1頭は確保
 とは言え、応募した4頭の中では最後に追加した馬だけが当選、第一次応募でも最後についでに追加した馬だけが当選と、今年のキャロットのドラフトは最後の細い糸だけがかろうじて繋がった牝馬2頭。この細い糸はしかし血統的には魅力があるので、将来のOur Bloodへの太い絆となることを期待したい

キャロット
14番 コンカランの16  牡 父ダイワメジャー 2,800万円  1口
18番 キューの16  ♀  父ジャスタウェイ 2,000万円  1口
70番 ブロードピークの16  ♀  父銀幕英雄 1,400万円  1口

71番 ウ゛ェラブランカの16  ♀  父小説家 1,600万円  1口

 この結果、当厩舎の16年産ラインナップは5頭の少数精鋭(下図参照)。この世代に今後の追加は予定しておらず、キャンセル募集には応募する可能性があるが、競争倍率は激烈だから、恐らくこのまま
 キンシャサやカナロアで競走成績を稼ぎつつ、エンパイアメーカーやノヴェリストで将来のOur Bloodへの布石とする、これまでにないラインナップとなったことは興味深い
2017ポートフォリオ04


akugentay at 09:52|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月22日

キャロット16年産募集馬検討 〜 第1.5次に参戦

 第一次募集結果が予想外に落選の山でたった一頭しか確保できなかったことから、既存会員・新規入会者を問わず最優先落選者に認められている第2次募集に際しての優先受付(1.5次募集)に参加することにしました。
 その応募可能な残りモノのラインナップは流石に欠点が幾つも見当たるアウトレットなケースが多い訳ですが、応募可能なハードルを若干下げて、或いは、キャロット独自のOur Blood目当てで血統を重点に置いて当馬への期待競争成績には目を瞑ってのハードルの思い切り下げによる選馬。牡馬はやや大き過ぎる馬体が懸念されるが、それ以外ならと言うことで。他の牝馬3頭は、Our Blood狙いで実績がある牝系をパラパラと。1.5次でも厳しい抽選が予想されるので、多少水増して応募

キャロット
14番 コンカランの16  牡 父ダイワメジャー 2,800万円    1口
18番 キューの16  ♀  父ジャスタウェイ 2,000万円    1口  
70番 ブロードピークの16  ♀  父銀幕英雄 1,400万円  1口
71番 ウ゛ェラブランカの16  ♀  父小説家 1,600万円   1口




akugentay at 21:16|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月17日

今週末の愛馬出走予定 〜 原点回帰

 今週は1頭のみ。新馬・特別2連勝のエリートながら、陣営が何を血迷ったか3歳暮れのダート戦を使ってから暗転。ダート一戦目こそ地力でC紊僕茲燭發里痢△修慮紊2走は2桁大敗。これで馬と人間との間に不信感が生まれて去勢。鼻ネジ掛けなきゃ言うこときかせられないなんかホースマンとしては論外、海外の競馬関係者が聞いたら呆れられて蔑まれること必至
 H29/3にNF天栄へ慰問に行ったときは顔に複数の傷を作って、メンタルから来ると思われる蕁麻疹も出来ており可哀想な状態で、おいらが一杯甘えさせて癒してやりましたが。半兄ジェベルムーサとは違って、馬体の特徴、特に繋ぎを見ればダート不向きなのは素人でも判るのだが、この陣営には判る人間が皆無。散々言った挙句、やっと陣営は改心したか、半兄ジェベルムーサでさえも芝を試す始末
 去勢放牧から復帰後は新潟芝2200は馬場が軽過ぎて着とやや失速したが着差0.3秒なら悪くはなく、今回は最適と思われる中山芝2500。鞍上は蛯名騎手に乗り替わりだが、「ダート向き」と思っている田辺騎手に固執する必要は無く、寧ろ、芝中長距離路線に実績のあるベテラン騎手は歓迎。ここら辺で結果を出したいところ。期待しています。

サンデーR
【アルカサル 騙4 [500万] 美浦・大竹 サンデーR】
☆9/17(日) 中山7R 3歳500万 芝2500 57 蛯名 自信度:A

2017年09月13日美浦TC 今週9月17日(日)中山7R・芝2500m戦に57kg蛯名騎手で出走予定です。想定段階ではフルゲート14頭に対して、11頭の出走表明にとどまっています。本日(水)坂路で追い切り、554-405-269-134の時計をマークしています。大竹調教師は「体はできているので、サラッと追う程度の予定でしたが、速くなってしまいました。それでも、他馬よりはテンションは高いものの、本馬としてはかなり落ち着いています。トレセン内のどこで力を入れたらいいか、馬自身が理解してきたような気がします」と話しています。
2017年09月14日美浦TC 今週9月17日(日)中山7R・芝2500m戦に57kg蛯名騎手で出走が確定しています。続きを読む

akugentay at 09:00|PermalinkComments(0)社台サンデー 

2017年09月16日

キャロット16年産募集馬検討 〜 第1次応募結果

 昨日午後に公式HPで各自に個別連絡のあった第1次募集出資申込結果 (17/9/15)は、次の通り

キャロット
<最優先(✖無し)>
25番 クライフォージョイの16 牡 最優先60%✖ 3,600万円
<一般>
13番 スカーレットベルの16 ♀ 一般4%✖ 2,800万円
39番 ライツェントの16  ♀ 一般9%〇 2,000万円
41番 ポロンナルワの16  牡 一般83%✖ 4,000万円
44番 ココシュニックの16 ♀ 一般29%✖ 5,600万円
59番 ヒカルアモーレの16  ♀ 一般85%✖ 2,200万円
64番 ブライダルソングの16 牡 一般0%✖ 2,400万円
80番 ダブルゴールドの16 牡 一般48%✖ 2,800万円


 全滅こそ辛うじて免れたものの、当選したのは母優先対象馬に母優先無しで「取り敢えず申し込んでおくか」程度で臨んだ当選確率だった39番ライツェントの16一頭のみ。その取り敢えず申し込みなかりせばホントウに全滅だったとは。それなりの確率があった馬は勿論、✖無しながら最優先行使で臨んだクライフォージョイの16も玉砕し、尾羽打ち枯らした状態。こんなに獲れないクラブになっちゃったんですね、キャロットは。まぁでも✖1優先権はゲットしたので、来年以降に期待が持てるのはキャロットのいいところ
 流石に1.5次は最早もう残飯状態なので食指もあまり動きませんから、このまま1頭のみの公算が大。となると、サンデー1頭・シルク2頭・キャロット1頭の計4頭の少数精鋭世代になってしまいますね。うーむ2017ポートフォリオ03


akugentay at 05:19|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月13日

キャロット16年産募集馬検討 〜 第1次募集最終結果発表

 本日夕刻、キャロットクラブから第1次募集最終結果が発表され、抽選対象か否か、抽選対象であればどのカテゴリーでの抽選対象かどうかが判明した。この結果、箸にも棒にも掛からないのか、それとも確定か、或いは抽選対象となって配分結果の正式発表までドキドキするのか、が分かる
 当厩舎の応募馬8頭中では、抽選対象が6頭、2頭が非抽選落選となり、未だ確定はゼロ。これは概ね予想通りで、既存会員でも思った通りの出資が出来ず、「新規会員イラネ」のキャロットでは、ダービー馬を輩出した影響はあまり無かったようだ。

キャロット
<最優先>
25番 クライフォージョイの16 牡 最優先60% 3,600万円
<一般>
13番 スカーレットベルの16 ♀ 一般4% 2,800万円
39番 ライツェントの16  ♀ 一般9% 2,000万円
41番 ポロンナルワの16  牡 一般83% 4,000万円
44番 ココシュニックの16 ♀ 一般29% 5,600万円
59番 ヒカルアモーレの16  ♀ 一般85% 2,200万円
64番 ブライダルソングの16 牡 一般0% 2,400万円
80番 ダブルゴールドの16 牡 一般48% 2,800万円

【2017年度1歳馬・第1次募集最終結果】 (17/9/13)
 先日は2017年度第1次募集におきまして、多数のお申込みをいただき、大変ありがたく厚く御礼申し上げます。
 9月15日(金)に第1次募集の結果通知書をお送りいたします(既存会員へはホームページのメッセージ機能でも抽選結果をお伝えします)。個別のお問い合わせはご遠慮ください。
 既存会員、新規入会者を問わず、抽選により「最優先希望馬」へご出資いただけなかった方は、インターネット、およびお電話で9月21日(木)正午〜9月22日(金)正午に行われる優先受付(1.5次募集)にご参加いただけます。
 既存会員、および第1次募集で1頭以上の出資馬が確定された新規入会者は、インターネットあるいはお電話にて、第1次募集で出資確定馬が1頭もいない新規入会者はお電話(03-3524-5061)にて前述の期間内にお申込みください。詳しくは結果通知書に同封いたしますご案内書面をご参照ください。
 以下に挙げる募集馬は、既存会員の総申込口数が400口(地方入厩予定馬は100口)を超えたため、既存会員内での抽選となり、新規入会者(最優先希望枠、一般出資枠ともに)はご出資いただけません。

【第1次募集最終結果】
<母馬優先対象馬>
A・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
  対象馬なし
B・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
  27.ピースエンブレムの16
C・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
  対象馬なし
D・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
  05.ディアデラノビアの16
E・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
  51.ヴィートマルシェの16
  52.シーザリオの16
  81.クリソプレーズの16
F・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
  66.アヴェンチュラの16
G・母馬優先枠内および最優先希望枠内は当選、一般出資枠で抽選
 11.ラドラーダの16
 19.ケイティーズジェムの16
 21.エルミラドールの16
 24.フラゴリーネの16
 28.フォルテピアノの16
 31.ヴァイスハイトの16
 33.フェルミオンの16
 36.ネオイリュージョンの16
 37.カラベルラティーナの16
 39.ライツェントの16
 46.ハープスターの16
 49.ピュアブリーゼの16
 50.マルティンスタークの16
 53.スペシャルグルーヴの16
 61.アマルフィターナの16
 63.サンドミエシュの16
 67.ラフォルジュルネの16
 73.バイラオーラの16

<母馬優先非対象馬>
A・最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
  43.チェリーコレクトの16
B・最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
  02.リッチダンサーの16
  45.ジュモーの16
C・最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
  04.クルソラの16
  08.ヒルダズパッションの16
  25.クライフォージョイの16
  44.ココシュニックの16
  48.アナアメリカーナの16
  56.アブソルートリーの16
  64.ブライダルソングの16
  68.ハルーワソングの16
D・最優先希望枠内は当選、一般出資枠内で抽選
  07.アディクティドの16
  09.ビキニブロンドの16
  12.ミスティックリップスの16
  13.スカーレットベルの16
  15.カメリアローズの16
  16.アウトオブタイムの16
  32.ピューリティーの16
  35.ホールロッタラヴの16
  38.プロミネントの16
  40.シーザシーの16
  41.ポロンナルワの16
  42.スカイディーバの16
  47.アビラの16
  55.マハービスタの16
  59.ヒカルアモーレの16
  60.グレイトフィーヴァーの16
  72.ヴィアンローズの16
  74.カニョットの16
  75.スサーナトウショウの16
  77.プルーフオブラヴの16
  80.ダブルゴールドの16
  82.ササファイヤーの16
※遅延歴がある場合、この限りではありません。予めご了承ください。

以下に挙げる募集馬は、既存会員では満口とならなかったものの、新規入会者の申込口数を含めると400口(地方入厩予定馬は100口)を超えたため、新規入会者内での抽選となります。

A・既存会員は当選、新規入会者の最優先希望枠内で抽選
  対象馬なし
B・既存会員は当選、新規入会者の一般出資枠内で抽選
  06.グレースランドの16
  10.フレンチバレリーナの16
  76.アドマイヤレッドの16
上記に記載のない募集馬につきましては既存会員、新規入会者ともにご出資いただけます。第1次募集における出資者決定方法は、募集馬カタログ6〜7ページに記載しておりますので今一度ご確認ください。
※募集馬LINEUPに第1次募集終了段階の出資可能口数を表示させていただいております。1.5次募集により、第2次募集開始時までに大幅にお申込み状況が変わることが予想されます。第2次募集でのお申込みをご検討の方は、ご注意ください。


akugentay at 21:44|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月08日

キャロット16年産募集馬検討─ 繊 ̄募しました

 比較的ネット態勢が良く出来ているキャロットクラブとは言え、応募が殺到してサーバーがダウンする可能性もあるから、締め切り当日9/7での応募は避け、締め切り前夜9/6に応募完了

 今年は隠し玉としておいたランク外の41番59番も最終的にランキング入りしてしまい、結果的には風神セレクション12頭全頭がランクインするという厳しい展開。仕方ないので、可能性の薄いところを含めて、数撃てば当たる式にしましたが、実際は2頭+1〜3頭の計3〜5頭くらいとなる見込み

キャロット
<最優先>
25番 クライフォージョイの16 牡 最優先60% 3,600万円
<一般>
13番 スカーレットベルの16 ♀ 一般4% 2,800万円
39番 ライツェントの16  ♀ 一般9% 2,000万円
41番 ポロンナルワの16  牡 一般83% 4,000万円
44番 ココシュニックの16 ♀ 一般29% 5,600万円
59番 ヒカルアモーレの16  ♀ 一般85% 2,200万円
64番 ブライダルソングの16 牡 一般0% 2,400万円
80番 ダブルゴールドの16 牡 一般48% 2,800万円

 ポートフォリオは、上記当選確率が1桁%を除く実質で表記すれば、下記の通りとなる。
2017ポートフォリオ02’

 応募各馬の応募理由等のコメントはまた追って

2017年度第1次募集を締め切りました (17/9/7)
 9月7日(木)17時30分をもちまして、2017年度第1次募集の申込受付を終了させていただきました。多数のお申込、誠にありがとうございました。
 抽選対象となる募集馬名につきましては9月13日(水)を目処に発表、抽選結果通知につきましては9月15日(金)に発送(会員様にはホームページメッセージ機能での発表)させていただきます。本件に関するお問い合わせはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。


akugentay at 07:00|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月07日

キャロット16年産募集馬検討А 繊”神セレクション

 インターネットによる申し込み締め切り迄あと10分となった訳だが、この期に及んでもなお当Blogを訪問してくれた熱心な読者諸兄に敬意を表して、当厩舎の最終候補馬12頭を「風神セレクション」として公開しよう。併せて、飽く迄も単純計算によるが、母馬優先権を持たない場合の「✖無し最優先」および「一般」での当選確率を掲示するので、ご参考ください
 では皆さんがご希望の愛馬候補とご縁がありますことをお祈り申し上げます。Good Luck

キャロット
<母馬優先対象馬>
27番 ピースエンブレムの16  最優先50% 一般0% 3,600万円
39番 ライツェントの16  最優先100% 一般9% 2,000万円
81番 クリソプレーズの16 最優先18% 一般0% 5,600万円

<母馬優先非対象馬>
13番 スカーレットベルの16 最優先100% 一般4% 2,800万円
25番 クライフォージョイの16 最優先60% 一般0% 3,600万円
41番 ポロンナルワの16  最優先100% 一般83% 4,000万円
44番 ココシュニックの16 最優先100% 一般29% 5,600万円
45番 ジュモーの16 最優先34% 一般0% 5,000万円
59番 ヒカルアモーレの16  最優先100% 一般85% 2,200万円
64番 ブライダルソングの16 最優先97% 一般0% 2,400万円
80番 ダブルゴールドの16 最優先100% 一般48% 2,800万円

<地方入厩馬>
82番 ササファイヤーの16 最優先100% 一般35% 1,500万円

akugentay at 17:20|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月06日

キャロット16年産募集馬検討Α 繊(臀顕然覆魯丱屮襦

 セレクトセールやセレクションセールが落札総額も過去最高とか好調で、そうしたセールでの価格高騰を理由として、キャロット募集馬でもロードカナロア産駒の価格が値上げしてきたけど、それは全く合理的な理由にならない。セールでの(合理的価格を超える)異常な吊り上げは、自らの虚栄心を満足させるための複数の参加者による意地の張り合いであって、馬の本質的な価値とは無関係。では、合理的価格とは何か

 以前にも何度か言ったことがあるけど、基本的にはその競走馬が将来獲得しうる賞金・手当・引退時の売却代金などのキャッシュインフローと、将来掛かってくる預託料・治療費・輸送代・保険料などのキャッシュアウトフローとを、現在価値で割り引いた収益還元価値が合理的と言える。そしてそれが「全体として変動」するのは、個々の馬の期待値ではなく、中央競馬など主催者の番組や賞金・手当などの体系に依存する。
 例えば、G1への格上げ等によって賞金や出走手当が増額されればその分キャッシュインフローは増えるだろうけどその恩恵は僅かな頭数しか受けないし、逆に、降級制度廃止で多くの馬が勝ち得の賞金を得られなくなればその分キャッシュインフローは減るだろうし、寧ろ番組改編で上級クラスへ昇級し易くなって比較的高い賞金が得られるのならば価格は上昇する可能性はあるが、今のところそれはハッキリしていない。だから、今年の募集価格ではあまり上がる要素はない。
 今の賞金体系と確率を考慮してのリスク・リターンの関係では、そもそも募集価格10,000万円超なんて有り得ないし、「募集価格14,000万円なんて、何考えてるんだ」ってこと

 現在のキャロットクラブでの平均募集価格はほぼ前年並みだが、この募集価格と中央競馬の賞金・番組体系との関係から、黒字化するのは約1割程度。
中央募集馬平均価格 3,233万円(15年産) ➡ 3,207万円(16年産)
 勝ち組1:負け組9のバランスはハッキリ言えば異常で、募集価格はバブル状態と言える。最低でも勝ち組3:負け組7程度のバランスにならなければ適正水準とは言い難いから、3歳未勝利を勝ち抜いた馬たちならば五分五分で黒字化する様な募集価格、平均価格は2,000万円台前半になるべき。しかし、このバブル価格の切っ掛けは金融庁による損失補填禁止の指導によって価格が下がるどころか寧ろポンと上がって、これにより一口馬主出資者の採算が一気に悪化したのは皮肉と言えば皮肉
 損失補填禁止によって理論的に下がるべき価格が低下しなかったのは、その禁止理由である処の価格決定機能が一口馬主出資者側の懐具合(損失補填があれば損益を気にせず高値を追うから)にあるのではなく、価格決定権は生産者側にあることが明らかになった。
 従来の損失補填は製品保証(喉鳴りや脚元不安などで未勝利に終わると、生産者は補填しなければならない)みたいな役割で生産者側と一口馬主出資者側との利害が一致していたものが、損失補填禁止によって利益が完全に相反し、生産者側が図に乗って値段上げたことによるんだよなぁ。しかも、補償はしなくてよくなっちゃったから、シルク13年産一世代で喉鳴りという致命的欠陥が10頭以上(通常は2頭以内)も出る異常事態が発生。これは完全に損失補填禁止の弊害、行政指導のミスだね。
 投資側と生産者側の利害一致の絶妙な制度だった損失補填復活が無理だとしても、少なくともレポジトリー情報の開示はちゃんとやるべきで、現在の不十分なリスク開示で一口馬主出資者側が全て負担ってのは、FDの観点からしても極めてオカシな行政指導だよなぁ、森さん

キャロット
【最終更新】2017年度1歳馬募集・申込み状況の中間発表 (17/9/6)
 2017年度1歳馬募集におきまして、総申込口数が200口以上(地方入厩予定馬50口以上)となりました募集馬をご案内いたします(9月6日17時30分現在)。
 第1次募集での出資者決定方法は、募集馬カタログ6〜7ページに記載しておりますのでご確認ください。第1次募集にて出資をご希望の方は、期日までにお申込みをいただきますようお願い申し上げます。

<母馬優先対象馬>
05番 ディアデラノビアの16 551口 80口 14口 261口
11番 ラドラーダの16 203口 39口 19口 39口
21番 エルミラドールの16 210口 7口 39口 31口
24番 フラゴリーネの16 221口 11口 53口 15口
27番 ピースエンブレムの16 480口 81口 38口 124口
28番 フォルテピアノの16 211口 5口 6口 8口
31番 ヴァイスハイトの16 213口 3口 25口 33口
33番 フェルミオンの16 211口 2口 48口 15口
37番 カラベルラティーナの16 200口 5口 19口 11口
39番 ライツェントの16 315口 10口 44口 52口
46番 ハープスターの16 292口 49口 10口 121口
49番 ピュアブリーゼの16 220口 21口 39口 23口
50番 マルティンスタークの16 334口 32口 22口 73口
51番 ヴィートマルシェの16 565口 44口 24口 205口
52番 シーザリオの16 306口 42口 5口 157口
53番 スペシャルグルーヴの16 373口 20口 26口 93口
61番 アマルフィターナの16 205口 4口 23口 26口
63番 サンドミエシュの16 243口 5口 24口 31口
66番 アヴェンチュラの16 327口 42口 27口 115口
67番 ラフォルジュルネの16 212口 17口 35口 27口
73番 バイラオーラの16 209口 7口 32口 21口
81番 クリソプレーズの16 658口 96口 20口 352口
※口数は左から「総申込」「母馬優先+最優先」「母馬優先(一般)」「最優先」となります。

<母馬優先非対象馬>
02番 リッチダンサーの16 576口 394口
04番 クルソラの16 369口 171口
06番 グレースランドの16 207口 49口
07番 アディクティドの16 266口 55口
08番 ヒルダズパッションの16 392口 185口
09番 ビキニブロンドの16 374口 116口
10番 フレンチバレリーナの16 204口 45口
12番 ミスティックリップスの16 201口 33口
13番 スカーレットベルの16 530口 161口
15番 カメリアローズの16 278口 62口
16番 アウトオブタイムの16 200口 27口
25番 クライフォージョイの16 563口 294口
32番 ピューリティーの16 236口 51口
35番 ホールロッタラヴの16 227口 21口
38番 プロミネントの16 245口 26口
40番 シーザシーの16 215口 12口
41番 ポロンナルワの16 201口 53口
43番 チェリーコレクトの16 577口 388口
44番 ココシュニックの16 301口 126口
45番 ジュモーの16 856口 517口
47番 アビラの16 240口 58口
48番 アナアメリカーナの16 507口 186口
55番 マハービスタの16 279口 45口
56番 アブソルートリーの16 408口 153口
59番 ヒカルアモーレの16 204口 18口
60番 グレイトフィーヴァーの16 333口 77口
64番 ブライダルソングの16 566口 181口
68番 ハルーワソングの16 558口 199口
74番 カニョットの16 450口 68口
75番 スサーナトウショウの16 339口 48口
77番 プルーフオブラヴの16 205口 20口
80番 ダブルゴールドの16 303口 59口
82番 ササファイヤーの16 93口 18口
※口数は左から「総申込」「最優先」となります。

 現時点で前年比約44%のお申込みをいただいております。なお、お申込み状況の中間発表は1日一回とさせていただき、9月6日で終了いたします。
 第1次募集の集計終了後に、抽選対象となる募集馬名を発表させていただきますので、お問い合わせはご遠慮ください(9月13日をめどに公表させていただきます)。
 皆様からのご出資お申込みを心よりお待ちしております。

akugentay at 19:40|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月05日

キャロット16年産募集馬検討ァ 繊/裕で楼貪疥消

 本日2回目の人気状況が発表され、大体の傾向がハッキリしてきた。若干の入れ替わりはあれ、大勢はこのままいく様にも思えるが、一方で全く名の出ていない良血馬の動向も注目される
 で、予告していた、シルクで好評だった一刀両断シリーズ。どんなにいい馬でもちょっとは欠点があるものだが、その欠点に目を瞑らないどころか、その傷口に粗塩を摺り込んでさらに上から叩いちゃおう、という企画。まぁ御気に召さない向きはスルーしていただいて、ご意見無用に願います(万一、コメント貰っても即消しですから
 ちょっと時間も足りないので、母優先・非母優先をごっちゃ混ぜにして、応募総口数の上位10位までについて、柳生新陰流宜しく膝を得まして「一刀両断」。さぁ、行ってみようか

45番 ジュモーの16 626口 父キングカメハメハ 牡 池江 2/24
1番人気は本馬。売りの半兄が重賞勝ちとは言え、超低レベルのクラシックでさえ惨敗し、2勝馬止まりで現準OPで苦戦では、纏まってはいるがパンチ不足。5,000万円は高過ぎだろう。

81番 クリソプレーズの16 484口 父ゴルア 牡 音無 2/10 母優
全兄クリソライトは9勝の堂々たるOP馬だが「ダートのチャンピオンホース」とは呼ばれない、空き巣狙い専門。それが募集価格は3,000万円で、それが本馬は5,600万円とは、そんなにインフレが進行したのか。となれば、アベノミクスは大成功だな

51番 ヴィートマルシェの16 439口 父オルフェ ♀ 矢作 2/4 母優
祖母キョウエイマーチの母系に父オルフェーヴルは、取り立てて馬の出来が良いとも思えず、実験配合。厩舎も騎手育成を重視した起用で「俺って、イケてる調教師」って感じは不満が溜まる。

05番 ディアデラノビアの16 434口 父キンカメ 牡 堀 3/8 母優
基本的な繁殖レベルは高いのだが、牝馬の方が成績が良く、全兄は免れたが牡馬は3頭も去勢。その全兄ディアデルレイ はダート重賞2着はあるが、賞金9,000万円弱(募集価格5,000万円)ではやっと収支トントン。それが本馬はあろうことか募集価格7,000万円って、アベノミクスは大成功だな(2回目)

43番 チェリーコレクトの16 424口 父ディープイン ♀ 石坂 1/28 
ディープ産駒は母優先は一頭も居ないので選択肢は多いからかえって選べずに迷って、あのジェンティルの石坂厩舎で「夢をもう一度」の気持ちは分かる。しかし、出来はジェンティルに遥かに及ばないのに、値段は遥かに上って、どういうことなのか。やっぱりアベノミクスは大成功なの(3回目)

02番 リッチダンサーの16 423口 父ディープインパクト ♀ 藤沢 4/1
パッと見は見映えがするし、半兄フラットレーや厩舎の先輩ソウルスターリングをイメージしての人気もあろう。でも流石に母はもうおばあちゃんでしょ。OurBloodで繁殖牝馬としての価値をも評価と言うのならアリとは言え、6,000万円はいかにも高過ぎかな。

64番 ブライダルソングの16 408口 父ルーラー 牡 須貝 4/12
日高のセレクションセールで1,600万円で落札した本馬、募集価格2,400万円は市場購入3頭中で最高の上乗せ率。まぁそれだけ期待されているのだろうし、ルーラーのスピード不足を補う母系、厩舎は須貝って、NF生産ではどうしてこういう値段で募集できないのか

68番 ハルーワソングの16 407口 父ヴィクピサ 牡 友道 2/23
愛馬フレールジャックの半弟だが、流石にもう母はおばあちゃんでしょ。それに体型も毛色も愛馬アスタラビクトリアに似ており、父の母系ホワイトウォーターアフェアが出ている。基本的には名牝系だけに、どうなるかは注目。

13番 スカーレットベルの16 356口 父龍王 ♀ 国枝  2/23
父にロードカナロアを迎えたからと言って芝のスピード馬とは期待してはいけない、どう見てもダート馬。本当はキンカメを付けたかったところだが体調不良とかで、このおばあちゃん繁殖までには順番が回り切れなかったのだろう。ただ牝馬なだけにやや距離が短めになるのは番組的に好都合。

25番 クライフォージョイの16 344口 父銀幕英雄 牡 奥村 5/23
これも日高のセレクションセールで2,600万円で落札した本馬、募集価格3,600万円。本馬の牝系のブラックタイプが5代母まで表示せざるを得ないほどスッカスカなのはもう哀れとしか言えず、酷過ぎる。特に4代母から枝分かれしたレッドチリペッパーの産駒たちは社台RHで結構強気な価格で募集されたのだがハズレ連発で、パッションレッドとペパーミントラヴが繁殖セールに出されて母系丸ごとリストラ。父スクリーンヒーローも何か特別な長所を持っているとは言えず、この母系の泥沼を救う救世主となれるかは疑問。

キャロット
2017年度1歳馬募集・申込み状況の中間発表 (17/9/5)
 2017年度1歳馬募集におきまして、総申込口数が200口以上(地方入厩予定馬50口以上)となりました募集馬をご案内いたします(9月5日17時30分現在)。
 第1次募集での出資者決定方法は、募集馬カタログ6〜7ページに記載しておりますのでご確認ください。第1次募集にて出資をご希望の方は、期日までにお申込みをいただきますようお願い申し上げます。

<母馬優先対象馬>
05番 ディアデラノビアの16 434口 68口 7口 200口
27番 ピースエンブレムの16 340口 56口 31口 92口
39番 ライツェントの16 201口 6口 36口 32口
46番 ハープスターの16 225口 41口 5口 100口
50番 マルティンスタークの16 224口 27口 20口 46口
51番 ヴィートマルシェの16 439口 37口 18口 150口
52番 シーザリオの16 232口 43口 3口 113口
53番 スペシャルグルーヴの16 267口 19口 16口 69口
66番 アヴェンチュラの16 217口 28口 15口 82口
81番 クリソプレーズの16 484口 74口 17口 245口
※口数は左から「総申込」「母馬優先+最優先」「母馬優先(一般)」「最優先」となります。

<母馬優先非対象馬>
02番 リッチダンサーの16 423口 280口
04番 クルソラの16 269口 122口
08番 ヒルダズパッションの16 259口 106口
09番 ビキニブロンドの16 289口 82口
13番 スカーレットベルの16 356口 101口
25番 クライフォージョイの16 344口 158口
43番 チェリーコレクトの16 424口 282口
44番 ココシュニックの16 224口 96口
45番 ジュモーの16 626口 377口
48番 アナアメリカーナの16 341口 114口
55番 マハービスタの16 221口 35口
56番 アブソルートリーの16 275口 108口
60番 グレイトフィーヴァーの16 227口 58口
64番 ブライダルソングの16 408口 119口
68番 ハルーワソングの16 407口 148口
74番 カニョットの16 291口 43口
75番 スサーナトウショウの16 210口 33口
80番 ダブルゴールドの16 210口 45口
82番 ササファイヤーの16 56口 6口
※口数は左から「総申込」「最優先」となります。

 現時点で前年比約31%のお申込みをいただいております。なお、お申込み状況の中間発表は1日一回とさせていただき、9月6日で終了いたします。
 第1次募集の集計終了後に、抽選対象となる募集馬名を発表させていただきますので、お問い合わせはご遠慮ください(9月13日をめどに公表させていただきます)。皆様からのご出資お申込みを心よりお待ちしております。

akugentay at 22:30|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月04日

キャロット16年産募集馬検討ぁ 繊/裕っ羇嵌表

 今日の夕刻過ぎにクラブより人気の発表が正式にあったが、驚きはない。ツアーでの今年の印象は、突出した馬こそ居ないが全体的に粒は揃っており、1400万円以上の馬の中からでも結構いいところへ行けそうなのも居そうな気配がするなぁ
 オイラ自身は、これからツアーでの写真や動画を含めて見直し、候補馬を絞って行く積り・・・つか、今現在で7〜8頭位まで絞れています

キャロット
2017年度1歳馬募集・申込み状況の中間発表 (17/9/4)
 2017年度1歳馬募集におきまして、総申込口数が200口以上(地方入厩予定馬50口以上)となりました募集馬をご案内いたします(9月4日17時30分現在)。 
 第1次募集での出資者決定方法は、募集馬カタログ6〜7ページに記載しておりますのでご確認ください。第1次募集にて出資をご希望の方は、期日までにお申込みをいただきますようお願い申し上げます。

<母馬優先対象馬>
05番 ディアデラノビアの16 317口 51口 6口 141口
27番 ピースエンブレムの16 229口 27口 24口 67口
51番 ヴィートマルシェの16 305口 15口 13口 102口
81番 クリソプレーズの16 309口 55口 7口 138口
※口数は左から「総申込」「母馬優先+最優先」「母馬優先(一般)」「最優先」となります。

<母馬優先非対象馬>
02番 リッチダンサーの16 308口 205口
09番 ビキニブロンドの16 210口 62口
13番 スカーレットベルの16 249口 70口
25番 クライフォージョイの16 231口 109口
43番 チェリーコレクトの16 295口 200口
45番 ジュモーの16 448口 267口
48番 アナアメリカーナの16 230口 77口
64番 ブライダルソングの16 267口 72口
68番 ハルーワソングの16 300口 110口
※口数は左から「総申込」「最優先」となります。

現時点で前年比約22%のお申込みをいただいております。
なお、お申込み状況の中間発表は1日一回とさせていただき、9月6日で終了いたします。
第1次募集の集計終了後に、抽選対象となる募集馬名を発表させていただきますので、お問い合わせはご遠慮ください(9月13日をめどに公表させていただきます)。
皆様からのご出資お申込みを心よりお待ちしております。

【重要】2017年度1歳募集馬「No.59 ヒカルアモーレの16」に関して (17/9/4)
 定期の検査により、左飛節にOCD(離断性骨軟骨症)が確認されましたので、4日に内視鏡手術による軟骨摘出手術を行い、無事に終了しています。また、当日行った検査の結果、右飛節にも同様の症状が確認できましたので、同時に摘出手術を行っています。この後はしばらく休養に充てた後、馴致育成に取り組んでいくことになります。離断性骨軟骨炎(OCD)は成長期の若駒によく見られる症状で軟骨片が剥離し、関節部に浮遊している状態を指します。予後の競走能力に影響を与える場合は極めて稀で過去にも同様の症例から重賞制覇を果たした馬もおります。術後しばらくは舎飼となりますが、今後1か月を目途に育成厩舎へ移動できる見込みです。


akugentay at 23:55|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月03日

キャロット16年産募集馬検討 〜 人気状況

ツアーの帰り際にバス内で発表された人気順ランキング。速報値から変動はあまり無いが、飛び込んで来た馬も若干居るものの、大勢はこのまま行きそうだ。
キャロット
45.ジュモーの16
81.クリソプレーズの16
43.チェリーコレクトの16
5. ディアデラノビアの16
2.リッチダンサーの16
68.ハルーワソングの16
51.ヴィートマルシェの16
64.ブライダルソングの16
13.スカーレットベルの16
25.クライフォージョイの16
65.イストワールの16
48.アナアメリカーナの16
27.ピースエンブレムの16
9.ビキニブロンドの16
55.マハービスタの16
56.アブソルートリーの16
53.スペシャルグルーヴの16
4.クルソラの16
46.ハープスターの16
52.シーザリオの16
60.グレイトフィーヴァーの16
74.カニョットの16
8.ヒルダズパッションの16
66.アヴェンチュラの16
50.マルティンスタークの16
44.ココシュニックの16
75.スサーナトウショウの16
80.ダブルゴールドの16
6.グレースランドの16
39.ライツェントの16
63.サンドミエシュの16

akugentay at 23:30|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

キャロット16年産募集馬検討◆ 繊/裕ぢ報

 あとでちゃんと清書するけど、人気速報。

キャロット
45.81.5.2.51.43.68.13.25.65.48.55.9.27.52.46.53.56.
以上、100口以上(募集2日目)
4.60.8.50.74.6.44.66.80.
以上、80口以上

akugentay at 07:30|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット

2017年09月02日

今週末の愛馬出走予定 〜 2頭出し

サンデーR
【アルカサル 騙4 [500万] 美浦・大竹 サンデーR】
☆9/2(土) 新潟9R 燕特別 芝2200 57 田辺 自信度:B+

2017年08月30日美浦TC 今週9月2日(土)新潟9R・燕特別(芝2200m)に57kg田辺騎手で出走予定です。なお、このレースはフルゲート18頭に対して、27頭の登録がありますが、本馬は出走間隔の優先により除外の心配はありません。本日(水)ウッドチップコースにて単走で追い切られました。テンションが上がり過ぎないように単走にしましたが、前半ハミを噛み、終いの時計を要する調教となっています。ただ、背腰の状態、カイバ食いはこれまでになく良好です。
2017年08月31日美浦TC 今週9月2日(土)新潟9R・燕特別(芝2200m)に57kg田辺騎手で出走が確定しています。

キャロット
【クイックモーション 牝4 [500万] 美浦・木村 キャロットC】
☆9/2(土) 新潟9R 燕特別 芝2200 55 戸崎 自信度:B+

8/31木村厩舎 30日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒6−39秒0−12秒7)。31日は軽めの調整を行いました。
 「前走の内容を鑑みて、今回はチークピーシーズの着用を検討してみることにしました。それで追い切りでも着けてみて、3頭併せの真ん中で動かしています。実際の動きはというと、着けたからといって走りが激変したわけではありませんでした。チークの着用有無に関わらずややセーブしたような走りをするのですけれど、昨日の追い切りだけで言えば着けていて大きなマイナスになっているわけではないのかなという気はしましたので、実戦当日のテンションを見て問題ないと思えれば着用を考えるつもりです。前々走がそうだったように、一度使って動けていたところがありました。それなので、今回もひと叩きして臨むレースですから、実戦で良い走りを見せてくれることに期待したいです」(木村師)
 9月2日の新潟競馬(燕特別・芝2200m)に戸崎騎手で出走いたします。続きを読む

akugentay at 07:00|PermalinkComments(0)社台サンデー | キャロット

2017年09月01日

キャロット16年産募集馬検討  繊仝‘た覆鵑任覆

キャロット
 サンデーRとともに一口馬主クラブのツートップの一方の雄は、今年のダービー馬を輩出したキャロットクラブ。当厩舎でもメインクラブの一つに位置付けているのだが、今年は結構忙しくてあまり検討が進んでいない。でもそこはもう、経験値で手抜きながらも良い馬を選ぶようにしますよ

 で、今週末はクラブの募集ツアーに参加するし、検討もどんどん進めて行かないといけないから、ちょっとBlog更新は怠りがちになるのは否めない。でも、シルクで好評だった「一刀両断シリーズ」はキャロットでもやる積りですので、乞うご期待

akugentay at 20:09|PermalinkComments(0)一口馬主 | キャロット
senkaku諸島は固有の領土
senkaku
1594095
Amazonライブリンク
魔女のタロット占い

株式会社トライアングル
携帯用QRコードはこちら
QRコード
アクセスカウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives