2018年01月18日

好事魔多し 〜 セダブリランテスが春シーズン戦線離脱

 今年のお正月競馬最初の重賞・中山金杯(G3)で僅差ながらも快勝したセダブリランテスだが、レース後数日経って放牧に出された先のノーザンファーム天栄にて馬体チェックしたところ左前脚に違和感があり、検査の結果、左橈骨遠位端骨折が判明。全治6ヶ月とのことで、期待していた春シーズンの戦線から離脱を余儀なくされた。
 おいら自身はこれまでに重賞勝ちの経験はそれなりにある(G1勝ち1勝を含む重賞9勝)から、勝った時は勿論嬉しかったのだがそれも2〜3日のこと、次の週になればそのことは忘れてまた次の競馬に向かい、淡々とした気持ちでいたのだが。
 お正月競馬で重賞3連勝を達成したシルクHC(下記バナー参照)や周囲の魔物どものはしゃぎ様はそれなりにあった様で、正に「好事魔多し」
 お陰で心に秘めた喜びとワクワク感は雲散霧消、重賞勝利のお裾分けなどする気は完全に失せてしまった。無闇に騒いでも良いことはないので、次走予定などの過剰な情報は出さない様に自重(自嘲します

シルクR
【セダブリランテス 牡4 [OP] 美浦・手塚 シルクHC】
 天栄担当者「トレセンでは問題なかったようですが、入場後の馬体チェックで左前脚の膝部分に若干の腫れと熱感が確認されました。それでも痛みはなく歩様にも出していなかったので先週一杯は様子を見て、今週に入ってから軽い運動を開始したのですが、歩様に違和感が出たため、すぐに検査を行ったところ左橈骨遠位端に軽微な剥離骨折が見つかりまた。恐らくレース中に負ったものが、時間の経過とともに少しずつ表面化してきたのでしょう。18日に美浦トレセンの診療所に移動し、改めて検査を行い診断を仰ぐ予定です。骨折は誠に残念ですが、秋以降の更なる飛躍のためにはこのタイミングでしっかりと治療を行う方がいいと判断し、今週中に北海道へ移動し骨片摘出手術を行う予定となりました。順調に回復するようであれば、夏の新潟開催を目標にできると思います」

JRAニュース 2018年1月18日 レース・馬・騎手など
セダブリランテス号が故障

2018年日刊スポーツ賞中山金杯(G掘砲覆匹僕ゾ,靴織札瀬屮螢薀鵐謄更罅焚4歳 美浦・手塚 貴久厩舎)は、左橈骨遠位端骨折が判明しましたのでお知らせいたします。
同馬は今後6ヶ月以上の休養を要する見込みです。
bnr_pc1


akugentay at 21:53|PermalinkComments(0)競馬トピック | シルクHC

2018年01月16日

今週の愛馬出走予定 〜 スプリント戦3走目

吉田照哉
【イントゥゾーン 牝4[3歳969万] 船橋・川島一 社台O】
☆1/16(火) 船橋12R 房総スプリントB3選 ダ1200 54 山本聰 自信度:B+

2018年01月14日 船橋競馬場 1月16日(火)船橋12R(16時50分発走)・B3選抜馬・距離1200m戦へ54kg山本聡哉騎手で出走します。12頭立ての3枠3番です。追い切りは1月12日(金)に単走で6Fから87.9-69.0-52.4-40.0秒の時計を馬なりでマークしています。続きを読む

akugentay at 21:46|PermalinkComments(0)南関東公営 | 社台サンデー

2018年01月12日

今週末の愛馬出走予定 〜 二の矢・三の矢が肝心

 お陰様で先週は地方(川崎)で初勝ち、中央重賞で両目が開く好スタートを切ることが出来たがそれに浮かれることなく、二の矢・三の矢となるよう今週も3頭を出走させるので、勝利を一つ一つ積み重ねていきたい

 まずはシンハラージャ。デビューの前走新馬戦では競馬が分かっておらず最後方、直線に入って脚をちょっと使ったと思ったら勝ち馬が左右にフラフラした煽りも受けて他馬を気にして4着敗戦。今回は捲土重来を期したいが、鞍上は「中京で重賞が組まれている関係で上位のジョッキーを確保することができず」とのことで見習い騎手。同じレースに武豊・川田・浜中・岩田・福永ら「上位」と思われる騎手も乗り替わりで乗るのだが、ではお目当ての騎手は誰かってことになるが、ルメール騎手はまだ騎乗停止中、中京に遠征している上位騎手はデムーロ騎手か父姉に騎乗していた池添騎手か。まぁライバルに騎乗する騎手に手の内を晒すことも避けたいのであろうと推測、同期では上位の荻野極騎手に期待しよう。馬の能力・ポテンシャルはピカ一なのだから
 次はお正月の重賞を3日間連続で制して意気上がるシルク所属のイストワールファム。本馬は3歳年明けデビューからオークス出走を目指したのだがちょい足らず、その後は体質に合わせて間隔を十分すぎるほど空けて大事に使われて|絖C紂今回は中8週で関西遠征、勢いに乗る戸崎騎手から浜中騎手に手が替わるが、縁起のいいレースを選択。ここもいいレースを見せて欲しい。期待しています。
 日曜日のスーブレットは3戦連続でルメール騎手が騎乗。1・2戦はいずれも一番人気を裏切っているが、3度目の正直で今度こそ。期待しています。

キャロット
【シンハラージャ 牡3 [未勝利] 栗東・石坂 キャロットF】
☆1/13(土) 京都5R 3歳未勝利 芝1800 55 ☆荻野極 自信度:B+

1/10石坂厩舎 10日は栗東坂路で追い切りました(52秒9−38秒8−25秒4−12秒9)。「今週の競馬は中京で重賞が組まれている関係で上位のジョッキーを確保することができず、今回は荻野極に依頼をしています。今朝追い切りに乗ってもらったのですが、併せた相手にもしっかり先着して及第点の内容でしたよ。ジョッキーは少しジリっぽい感じがすると話していましたが、そのあたりを含めて感触を確かめてもらっておいて良かったと思います。追ってから味がある馬で、ある程度の位置で進めてもらった方がいいでしょうね。一度使っての上積みは確実にあるのでここは楽しみです」(古川助手) 13日の京都競馬(3歳未勝利・芝1800m)に荻野極騎手で出走を予定しています。
1/11石坂厩舎 13日の京都競馬(3歳未勝利・芝1800m)に荻野極騎手で出走いたします。

シルクR
【イストワールファム 牝4[1000万] 美浦・古賀慎 シルクHC】
☆1/13(土) 京都9R 北大路特別(牝 芝1800 54 浜中 自信度:B+

古賀慎明調教師「10日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。1週前、先週末と南Wコースで併せ馬での追い切りを消化していますし、今日は終いサッと流す感じで行いましたが、最後までキビキビとした走りで動きは良かったと思いますよ。心配だった天候の方も、明日から週末にかけて雨は降らない予報ですし、良馬場で競馬が出来そうなのは良かったですね。浜中騎手は初騎乗になりますが、変な癖もなくて特に乗り難しい馬ではないですし、その点に関しても心配していません。前走は展開が向きませんでしたが、このクラスで通用する走りは見せてくれましたし、ここまで順調に調整できましたので、今後に向けてもいい結果を期待したいと思います」

シルクR
【スーブレット 牝3[未勝利] 栗東・石坂 シルクHC】
☆1/14(日) 京都3R 3歳未勝利 ダ1400 54 ルメール 自信度:B+

石坂正調教師「11日に坂路で追い切りました。先週の段階では息づかいが良い頃と比較すると物足りない感じでしたが、しっかり時間を掛けたことで、最後まで楽な手応えで余裕を持って登坂してくれましたよ。気が張るところもなく落ち着きを保っていますし、あとはレースに行ってどれだけ我慢してくれるかがカギですね。休養を挟んだことでだいぶ精神的な面は大人になっていると思います。前回は返し馬を終えた段階からテンションが高くなってしまったので、今回も注意は必要ですが、そのままメンコを外さずにレースに向かう予定ですし、落ち着いてゲートを五分に切れば、能力の違いを見せてくれると思います」
bnr_pc1
続きを読む

akugentay at 23:00|PermalinkComments(0)キャロット | シルクHC

2018年01月05日

今週末の愛馬出走予定 〜 中央走り初めはシルク

 昨日、当厩舎として幸先の良いスタートを切った2018年の競馬であるが、明日は中央競馬の開幕当日、そこに当厩舎として2頭を出走させる。
 まずはヴェルトゥアル。前走は中途半端な競馬で揉まれて、慣れない歩幅で道中走らされた挙句、スローペースのよーいドンで切れる脚が無い弱点を突かれてしまい、1枠“屬巴云1.8倍の圧倒的支持を裏切ってのッ綰埓(実際は先頭馬が内埒激突で競走中止となったので、実質γ綟線)。今回はブリンカーを装着して、距離ロスはあるが大外枠へ配された。大跳びの歩幅を制限されないのなら寧ろ好材料だし、前目につけて捲るレースができれば面白い。そんなレースができるかどうかでこれからの路線が決まる試金石。期待はしています。
 そして真打は年明け初の重賞・中山金杯(G3)に出走するセダブリランテス。3戦無敗で重賞を制覇した後は、菊花賞へ向けてその前哨戦・セントライト記念へ出走する当週になって挫石が判明し回避、菊花賞へぶっつけに切り替えるも調整がつかずに回避。そこで矛先を変えた前走は古馬との混合重賞・アルゼンチン共和国杯(G2)に挑んで、セダの道中の癖を掴んでいない戸崎騎手でも最後差し返してアルバートを下してC紊靴燭里如△海稜呂本物だと実感。ここは重賞2勝馬やG1馬を下した馬なども揃っており強敵だが、今年飛躍を期す本馬も負けていられない。例によって口取り抽選はハズレだが、そこは譲って、本馬の勝利で祝杯をあげたい。期待しています。
セダブリランテスの過去4走全レース動画
https://www.youtube.com/watch?v=T8vxmyQMD6w


シルクR
【ヴェルトゥアル 牡3[500万] 美浦・加藤征 シルクHC】
☆1/6(土)東京6R 3歳500万 ダ1800 56 戸崎 自信度:B+

 加藤征弘調教師「3日に戸崎騎手が騎乗し、南Wコースで時計を出しました。併走馬を追走し内に併せて同入しました。薄いブリンカーを着用して行いましたが、いくらか効いているようですので、よっぽど馬込みで揉まれない限りは大丈夫だと思います。戸崎騎手も『周りに気を使う感じはそれほど気になりませんでした。ただ追ってからあまりギアが変わらず、ワンペースの印象を受けました』と話していましたので、やはり前目に付ける方がいいのでしょう。体調的には前走よりも間違いなく上向いていますので、巻き返しに期待しています」

シルクR
【セダブリランテス 牡4 [OP] 美浦・手塚 シルクHC】
☆1/6(土) 中山11R 中山金杯(G3) 芝2000 H55 戸崎 自信度:A

 手塚貴久調教師「3日に戸崎騎手が騎乗し追い切りを行いました。併走馬を追いかける形から、直線は内に併せて先着しました。とてもいい動きを見せていましたし、状態に関して言うことはありません。以前は緩かった馬体も、だいぶしっかりしてきた印象を受けます。期待に応えられるよう頑張ってほしいですね」
 戸崎圭太騎手「追い切りに騎乗しましたがとてもいい感じで動いていました。前走時に比べ、気持ちが乗ってピリッとしてきたように思います」続きを読む

akugentay at 19:53|PermalinkComments(0)シルクHC 

2018年01月02日

今週の愛馬出走予定 〜 新年初出走は川崎から

 今年最初の出走は、お正月開催が恒例の川崎競馬から。正月3ヶ日からは外れるから競馬場でのイベントとかもナシで、やや華やかさには欠けるけど、其処はそれ。やや頭が高く首を使わない走法を名手・御神本騎手がどうやって実戦で矯正していくかに注目している。走法さえ改良できれば、能力はある筈なので

キャロット
【ノートゥルレーヴ 牝3 [50万] 船橋・出川 キャロットF】
☆1/4(木) 川崎4R 3歳(七)(イ)58万未満 ダ1,400m(外) 54 御神本 自信度:B+

12/31船橋・出川厩舎 31日は船橋競馬場ダートコースで追い切りました(52秒5−40秒0)。「今朝の最終追い切りはC1クラスのジャイアンヴォーグと併せて併入という内容でした。本田正重が騎乗して、相手の動きに合わせる形でしたが、最後まで楽な手応えでしたね。変わらず良い状態にあるので、他場とは言え、ここでは良い結果を出したいと思います。鞍上に関しては前回騎乗できなかった御神本が乗れるということですので、お願いしています」(出川師)
 1月4日の川崎競馬(3歳七・ダ1400m)に御神本騎手で出走を予定しています。
1/2船橋・出川厩舎 4日の川崎競馬(3歳七・ダ1400m)に御神本騎手で出走いたします。続きを読む

akugentay at 14:14|PermalinkComments(0)キャロット | 南関東公営

2018年01月01日

新年の抱負と展望

新年、明けましておめでとうございます。

 今年は戌年。昨年は大将級の馬が抜ける中で長い間番頭格として頑張ってくれていたディスキーダンスが新年早々に引退、重賞常連の同じく番頭格ファタモルガーナも春天を最後に遂に引退。更に、代わって番頭格となったシルクドリーマーはOPでは好走すれども重賞では結果を残せずに「53戦歴を誇る無事此れ名馬」だったのに短期間に2度の骨折、期待の大器4歳馬アルカサルが腰骨骨折と、それぞれ大きな痛手ではあったが、長かった2年間の低迷期の終わりを示す兆候。
 明けて戌年となった今年こそ飛躍の年。明け4歳となった3戦無敗で重賞制覇したセダブリランテスが年初の中山金杯に上位人気想定で出走と、年明けのスタートから好発進を期待しています。

 まずは、昨年の振り返りですが、目標5つの内4つ達成。期待が大きかったキャロットssリオンディーズの13年産ほどの陣容ではなかったが、14年産は「9頭全てが勝ち上がりパーフェクト」も狙えた(残り1頭は新馬戦クビ差着も故障で引退、もう一頭は未勝利のまま現役続行で500万条件着複数回)程のそこそこ粒ぞろいで、その中では出世頭のシルクRssセダブリランテスがシルク得意の重賞を3戦無敗で制覇(その後、アルゼンチン共和国杯C紂
 昨年14勝中7勝を占める有力馬がシルクRssシルク所属となって気づいたことは、口取り抽選が兎に角当たらない。口取り権利の当選確率はキャロットの例から推測すると勝てそうな場合で精々3〜4倍程度。キャロットでは恐らく抽選漏れした人には次走の優先権があるようで、実感的には3回に1回は口取り権利が取れるのだが、シルクでは5口とか複数口保有している馬でもまるで当選しない。昨年度は口取り権利すら1回くらいしか当選したことはなく、ましてや勝負になりそうな人気馬での当選はゼロこれほど当たらないのは通常では考えられないし、一口馬主の醍醐味の一つが無い。その一方で、何度も当たっている人は当たっているので、口取り抽選にも「実績制」を導入しているのではないかと勘繰らざるを得ないほどの超低確率だった
 結局、昨年口取りが出来たのは、雨の天皇賞秋当日のサンデーR所属のサンデーRssミカリーニョだけ。やっぱり、40口クラブがそういう「馬主気分」は楽しめるのかなぁ、と。
 今年の目標については、明け3歳のラインナップはまだまだ素質馬が実力を出していないから勝ち星が計算できる一方で、明け2歳は僅か5頭しかいないので、目標も例年通りで

 本年の皆様のご健康とご活躍を祈念して、今年も宜しくお願い致します

<年頭抱負「2018年の目標」>
1.愛馬で年間10勝以上する・・・例年通り
2.3歳馬の勝ち上がり率5割以上をキープする・・・例年通り
3.愛馬が重賞を勝利する・・・例年通り
4.愛馬の重賞勝ちで口取りする・・・例年通り
5.重賞万馬券ゲットを継続する・・・例年通り

<年頭抱負「2017年の目標」・・・結果>
1.愛馬で年間10勝以上する・・・〇14勝
2.3歳馬の勝ち上がり率5割以上をキープする・・・〇7/9で78%
3.愛馬が重賞を勝利する・・・〇瀬田鰤でラジオNIKKEI賞制覇
4.愛馬の重賞勝ちで口取りする・・・✖口取り抽選ハズレ
5.重賞万馬券ゲットを継続する・・・〇何度もあり

ふうじん厩舎3
2017一口成績
※表中の合計欄に2017-2016の成績が加算されていなかったので訂正しました。
<2017年度の勝ち星一覧>
12/17 サンデーRssキラービュティ 中京7R 3歳上500万 芝1400 54 藤懸 1.21.4 -0.0クビ
11/12 シルクRssブロードアリュール 東京8R 3歳上500万 56 田辺 1.25.2 -0.3
10/29 サンデーRssミカリーニョ 東京3R 2歳未勝利 芝1600 54 ルメール 1:39.1 -0.1クビ
10/26 sgifイントゥゾーン 船橋9R C1選抜 ダ1200 54 森泰斗 1:14.6 -0.3
10/8 シルクRssヴェルトゥアル 東京4R 2歳新馬 ダ1600 55 ルメール 1.37.5 -0.7
8/27 キャロットssグローブシアター 札幌8R 3歳上500万 芝2000 54 J.モレイラ 2.02.5 -0.4
8/20 シルクRssイストワールファム 新潟8R 3歳上500万 芝1800 52 戸崎 1.48.1 -0.2
7/2 シルクRssセダブリランテス 福島11R ラジオNIKKEI賞(G3) 1800 H54 石川裕 1.46.6 -0.0クビ
6/25 シルクRssブロードアリュール 東京6R 3歳未勝 ダ1400 56 戸崎 1:25.6 -0.6
5/20 シルクRssセダブリランテス 新潟10R 早苗賞 芝1800 56 石川裕 1.47.9 -0.1
5/14 グリーンFssシュテルングランツ 東京12R BSイレブン賞 ダ1400 57 ルメール 1.24.5 -0.1
5/14 サンデーRssキラービュティ 京都3R 3歳未勝 芝1400 54 大下 1.23.0 -0.0クビ
2/19 グリーンFssシュテルングランツ 東京12R 大島特別 ダ1400 57 ルメール 1.24.4 -0.2
1/28 シルクRssイストワールファム 東京5R 3歳未勝利(牝 芝1800 54 ルメール 1.47.2 -0.4


akugentay at 18:45|PermalinkComments(0)一口馬主 

2017年12月30日

今週末の愛馬出走予定 〜 今年のオーラス出走

 当厩舎の今年の掉尾を飾るのは大晦日に出走するガーデンズキュー。最近勝ち星から遠ざかっているが調子自体はいいので、前走レース直後から年末の出走を予定したのだが出走希望馬が多かったので、「(1800位の)レースを新たに作って貰う積り(荒山師)」。そう、これが地方競馬の番組編成の特徴なのだ
 「春季競馬番組」等として次季(向う3〜4ヶ月)のクラス条件・距離等が予め定まり事前に公表している中央競馬の様ではなく、地方競馬の主催者側が一応の目安として次節(約1月先の次開催4〜5日分)の「概定番組」を提示。これに応じて実際の登録(だから登録料は1,000円ポッキリ。JRAは登録料は1万円と高額)を行って登録数の偏りが生じたりすると、レースが分割されたり統合(消滅)されたりして調整され、「決定番組」となり、この段階でやっとJRAの番組と同等の確定した番組となる。

<概定番組> B2が出走可能なレース:3レース 
12/25 サンタクロース賞 B2(六)B3(一) 選抜特別 ダ1,400m(外)
12/29 圧巻のSPAT4プレミアムポイント賞 B1B2 選抜特別  ダ1,600m(内)
12/30 アデュー2017賞 B2(五) 選抜特別 ダ1,200m(外)

の3つだが、1200の「アデュー2017賞」は距離不適で論外。12/31の大井の番組だと、2歳戦が1200と1600と2歳重賞(S1・牝馬限定)が1600、3歳戦が1200と1600、C2が1200と1600、C1が1200と1400と1600、B3が1800、OPが1600。大体同じクラスに1200と1600があるのは距離適性でターゲットが明確に分かれているのでそれぞれに1レースずつ振り分けられるのだが、サラブレッドの距離適性につき、1000〜1200、1400〜1800(2000)の2つの距離グループには明確な区別があるってのは常識なので、こういう番組構成になる訳だ。限界のスタミナを試される地方ダート競馬で1600を使う馬が1200を使うことは無い。そういう意味ではコパノリッキーがJBCスプリント1200を使ったのは極めて異例、能力が抜けて高い馬がスピードを再強化する為に使ったもの。閑話休題。

<決定番組> B2が出走可能なレース:5レース
12/25 サンタクロース賞 B2(六)B3(一)選特 ダ1,400m(外)|300万円
12/29 圧巻のSPAT4プレミアムポイント賞 B1B2選特 ダ1,600m(内)|350万円
12/29 SEGAスターホース賞 B1B2選特  ダ1,200m(外)☚C1からクラス変更
12/30 アデュー2017賞 B2(五)選特 ダ1,200m(外)
12/31 ポルックス賞 B2(四)選特 ダ1,400m(外)|320万円☚C1からクラス変更12/31 C1 ダ1,400m(外)(消滅)

 概定番組の段階で3つだったB2ランクの出走可能なレースは、決定番組では5レースに増加しているが、12/31のC1には1200・1400・1600と3つもあるので真ん中の1400を削ってB2に1400を新設したもの。C1の概定番組は多過ぎたと見え、他にもSEGAスターホース賞がC1➡B1B2にクラス変更となっている。こうしたことはJRAでは絶対に起こらない。JRAでは(5頭以上なら)少頭数でも実施するし、出走希望が多くて多数の除外馬が出ても知らんぷり。降級制度が無くなる2018年度ではクラス別レース数の配分で苦労すると思うから、地方競馬の様にレースを分割/統合して増減しないと対応できないかもね(昔はJRAでもやっていたけど)。地方競馬は少頭数ではツマラナイので、出走頭数が揃うように仮番組を提示してその都度需要調査し、調整するのだ。
 そこで、ガーデンズキューが出走を検討するレースはサンタクロース賞(距離1400)か新設のポルックス賞(距離1400)。あるいはキューちゃんは距離1800までなら十分守備範囲だからSEGAスターホース賞(距離1600)も視野に入るが、賞金がやや高いもののB1も混じっているしやや分が悪い。サンタクロース賞は相手がやや弱くて狙い目だが、同厩舎のやや実力が劣る馬との兼ね合いでそちらに譲り、キューちゃんはポルックス賞に決まった。

 今回の鞍上は前走に引き続いて主戦・笹川翼騎手、同レースには所属の米田厩舎の馬も出走しているのだが、今回はこちらを優先。前々走で「おい、君は主戦なんだからちゃんと(キューちゃんに)乗れよ」と言ったのが効いたのかどうかは知らない。まぁその時の笹川騎手は2人気の自厩舎を選択してキューちゃんの後塵を拝しているし、今回出走する米田厩舎の馬は長距離向きでスピード不足なので人気薄だから、当然の選択でしょうかね。まぁポルックス賞に真島騎手の乗り馬が居ないのは、もし笹川騎手が騎乗依頼を断った時の為の対応策だったと言うのは穿ち過ぎか。地方競馬の騎手起用は甘くないのは事実で、今回万一笹川騎手が断ったとしたら真島騎手を起用し、二度と笹川騎手には手が戻らない。そういう厳しい環境だから騎手が成長するんで、JRAのY師やT師の様に下手糞な若手を甘やかして乗せ続けるのを美徳とする「俺って、若手騎手を育てるイケてる調教師でしょ」的な風潮は寧ろ才能を潰すだけ。笹川騎手なんか今夏にフランス遠征して努力してるんだけどな
 キューちゃんは現在の成績では社台Gでの繁殖入りに足りない状況で、来年3月のリース期間満了後も晩生型の血統背景から現役続行する可能性は高いが、今後も現役生活を続ける他ないのであれば(オクで安値で売却するよりは)共有馬主たちが満足している現体制を維持するのがベストであるが、現時点では未定。まぁ兎に角、このレースで当厩舎の2017年締めくくり、是非ともいいレースを期待したい。

吉田正志
【ガーデンズキュー 牝4 [南関B2] 大井・荒山 社台OW】
☆12/31(日) 大井9R ポルックス賞 B2(四) ダ1400 54 笹川翼 自信度:A

2017年12月20日小林分場 12月31日(日)大井9R(15時45分発走)・ボルックス賞・B2(四)組・距離1400m戦への出走を予定しています。※登録頭数が多いため、新しくレースが設定されています。
2017年12月29日小林分場 12月31日(日)大井9R(15時45分発走)・ボルックス賞・B2(四)組・距離1400m戦へ54kg笹川騎手で出走します。16頭立ての6枠12番です。追い切りは12月26日(火)に5Fから71.0-54.0-38.9秒の時計を強めに追われてマークしています。「いつも通リ直線だけ、脚を伸ばすように追いました。状態はいいです。」(荒山調教師)。続きを読む

akugentay at 00:56|PermalinkComments(0)南関東公営 | 社台サンデー

2017年12月29日

第63回 東京大賞典(GI)予想

 昨日は平日ながらG1・ホープフルSが行われたらしいのだが、まだ仕事納めの向きは少ないから盛り上がらないと思ったら、売り上げは100億円を超えたとかでビックリ。となると、まだまだ馬券を買いたい向きが多いと見え、年末の大井開催も馬券の売り上げが期待できそう。
 そこで、地方版有馬記念の趣のある年末大井の恒例・東京大賞典(GI)。JDDを勝って中央馬を撃破したヒガシウィルウィンが居るものの、やはり地方勢では荷が重い。
 本命はサウンドトゥルー。追い込み馬だから展開に左右されるのは致し方なく、前走チャンピオンカップは不発。直線ばらける大井2000なら進路を間違えなければ確実に伸びるから、軸として信頼。
 それと今回、元愛馬ハーキュリーズが恐らく現役最後のレースを迎える。ここで5着以内に入らなければ現役続行は難しく、現馬主さんが乗馬用にするとのこと。無事完走を祈りたい。

◎サウンドトゥルー
〇ケイティブレイブ
▲ミツバ
△コパノリッキー
△インカンテーション
△アポロケンタッキー
注ハーキュリーズ

昨年優勝のアポロケンタッキーgoal-17東京大賞典
浦和の厩舎でくつろぐハーキュリーズ171225_01
続きを読む

akugentay at 15:26|PermalinkComments(0)地方競馬予想(交流重賞) 

2017年12月24日

第62回 有馬記念予想

 JRA競馬の掉尾を飾る・・・と定番の滑り出しでと思ったら、今年はもう一個あるんだね。みんなの年越し資金の行方を左右する有馬記念、今年はクリスマスイヴに開催されるが、キタサンブラック等の引退レースでもある。
 そのキタサンブラック、公開抽選会では1枠番に「種のある手品」によって思惑通り入って有終の美を飾りたいところだが、そうなると不自然なほどの異様な確率で1枠・内枠に入れてもらったお陰でG1を7勝して最多賞金獲得馬になったと後に言われ続けることは必至、競馬関係者の中からも雑音が出ているとなれば、そんなやり過ぎはねぇ
 とすると、当日はLAドジャースの前田健太投手がプレゼンターとなれば、JCを実力で制した元メジャーリーガーが馬主の馬を本命に。あとは、3歳馬や牝馬が突っ込んでくれば高配当の夢馬券もあり得ると期待して。

 ◎シュヴァルグラン
 〇キタサンブラック
 ▲ミッキークイーン
 △スワーヴリチャード
 △サトノクロニクル
 △ブレスジャーニー
 △サクラアンプルール

2017-G1ポスター1224有馬記念
続きを読む

akugentay at 15:10|PermalinkComments(0)中央競馬予想 

2017年12月23日

今週末の愛馬出走予定 〜 2歳牡馬の真打登場か

 今週の中央競馬の出走は1頭。年内はあと1戦大井でガーデンズキューが出走を予定しており、愈々大詰め。当厩舎の本年はこれまで14勝(中央13勝、地方1勝)、どれだけ上積みできるか

 中央競馬の掉尾を飾るのはクリスマスイヴの日曜日の新馬戦に出走するシンハラージャ。半姉にオークス馬のシンハライトを持つシンハラージャは、父オルフェーヴル似の栗毛の牡馬。募集価格1億2000万円の最高価格タイで募集された本馬は、募集時はやや小柄だった為か圧倒的な人気にはならず最優先を使えば取れたもの(一般抽選)、当時✖1優先権持ちだった当厩舎は当然問題なく。15年産は父オルフェーヴルの初年度産駒だが、牝馬では既にG1勝ち・重賞勝ちが出ており、牡馬での活躍にも期待が掛かるが、今のところ牝馬が優勢、それも打率は低くてホームランが出るタイプか。血統的に本馬に牡馬代表としての期待が掛かるが、これまでの育成過程では体力不足などが露呈することもあり順調さを欠いたものの、ここへ来て石坂師が「十分な仕上がり」と言うのだから信頼したい。勿論、当厩舎の次世代のエースとして、大いに期待しています。

キャロット
【シンハラージャ 牡2 [新馬] 栗東・石坂 キャロットF】
☆12/24(日) 阪神6R 2歳新馬 芝1800 55 シュミノー 自信度:A

12/20石坂厩舎 20日は栗東坂路で追い切りました(53秒0−38秒9−25秒6−12秒9)。
 「ここまでコース追いを中心にしっかりと時計を出してきましたから、今朝は最終調整という形で、坂路で併せて終い重点に時計を出しました。ビッシリやったわけではなくてラストは12秒台をマークしましたし、上々の内容だったと言っていいでしょう。この中間も体調に変化はなく落ち着いていますし、新馬戦を迎えるに当たっては十分な仕上がりで臨めそうですよ」(石坂師)
 24日の阪神競馬(2歳新馬・芝1800m)にシュミノー騎手で出走を予定しています。
12/21石坂厩舎 24日の阪神競馬(2歳新馬・芝1800m)にシュミノー騎手で出走いたします。続きを読む

akugentay at 12:00|PermalinkComments(0)キャロット 

2017年12月15日

今週末の愛馬出走予定 〜 微妙な立場の牝馬三頭

 アルカサルが腸骨々折で全治6カ月の長期離脱(復帰は来年の函館を予定)、シルクドリーマーが第一指骨の剥離骨折(骨片摘出手術済)で全治3ヶ月と痛いニュースが相次いでいるが、気を取り直して
 今週は3頭、いずれもその素質を牧場で「OP級」と高く評価されていながら、いまだに500万条件とか1000万条件でウロウロしているのは人災。馬の適性把握が十分ではなくレース選択が間違っているとか、馬よりも人の育成を優先する本末転倒の騎手選択などで、馬には才能が有りながら才能のない人間のお陰で出世を阻まれ、その結果、馬の将来(生死)が左右される様では馬としても堪ったものではないこういうレベルの馬をどういう風に育てるかで厩舎の実力は分かる訳だが、やはり能力はあるが欠点もある馬たちを悉くG1・重賞に勝たせている堀厩舎は別格。そりゃー、NFも堀先生の言うことには逆らえず、NFしがらきでの調整を特例で容認する訳ですわ

 まずは土曜日のクイックモーション。本馬はディープ産駒の牝馬で、良い馬を沢山擁しているがなかなか結果を出せない木村哲也厩舎もとい、木實谷厩舎・木村出張所所属。やや細身ながらよい骨格とトモの大きさを持っているから、幼駒時代から大きな期待をしていたのだが、なかなか芯が入らずに出世が遅れ、いまだに1勝馬。性格的にはいたずらっ子で、鼻先でおいらの顔をグリグリ押し付けて「ケケケ」という顔をするお茶目な仔。今回は今後を展望してダート初挑戦となるが、状態イマイチだし、どうみても芝向きの馬体から、能力的には上位でもそれほど大きく期待できるほどでもない。

 日曜日はキラービューティ。前走芝1200は、わざわざ片道10時間(計20時間)を掛けて往復した暴挙の挙句、掲示板すら載れない大惨敗の体たらくでは、流石に1400以上にせざるを得ないのだが、今回も若手騎手戦を選択。いまだに減量の効かない藤懸騎手に拘っている執着心はいい加減に見苦しい。NFしがらきにおんぶにだっこのNF生産馬での調教師の仕事は、’呂療性に合ったレース選択、△茲衫匹し覯未期待できる騎乗技術に優れた騎手の起用であるところ、どちらも素人未満でしか出来ない高野調教師の仕事ぶりは不合格以外の何物でもない。新馬戦芝1600で後の皐月賞馬アルアインと半馬身差(C紊6馬身後方)した本馬、ここはキチンと勝ち上がって、それを花道に転厩したい。期待しています。

 中山最終レースはプルメリアスター。矢作厩舎ではやはり騎手育成用にされているのに耐えかねて転厩したのに、ここでも同じ騎手を起用するのはどうしたものか。確かに勝ってはいるけど、それはやや暴走気味で最後ギリギリ残しただけで、決して褒められた騎乗ではない。そういうレース内容もちゃんと見ていないのでは中央の調教師は勉強不足、能力イマイチでどこかしらに欠点のある馬を扱っている地方競馬の調教師や騎手の方がずっと勉強熱心で、そういう日日の積重ねが大事だ。本馬はもう既に5歳暮の牝馬、残り少ない現役生活(牝馬は原則6歳3月迄)で脇道に逸れている余裕はない。一戦一戦をきちんと戦って欲しい。

キャロット
【クイックモーション 牝4 [500万] 美浦・木村 キャロットC】
☆12/16(土) 中京2R 3歳上500万(牝 ダ1800 55 浜中 自信度:B+

12/13木村厩舎 13日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒5−40秒7−12秒9)。「先週は何も着けない状態で追い切ったのですが、今週はチークピーシーズを着用してウッドチップコースで追い切っています。それなりの効果はあるのかなと思え、動きもそれなりではあるのですが、コンディションという点ではやはり自信を持っていた夏時期に比べるともうひとつかなと感じており、色々なところが窮屈かなという印象があります。ただし、それが短期間でグッと上がるのかと言われるとそうではないので、しっかりケアを行うことでこれ以上苦しくなる前に競馬へ向かわせてあげたく思っており、明日の状態次第にはなりますが今週の競馬を検討しています。ここまで思うような結果を出せておらず、また夏のいいなと思っていた時になお上手くいかなかったこともあるので、今回は目先を変え、ダートを使ってみたいと思っています。やってみないとわからない部分はありますが、新味を引き出せれば今後の幅が広がるでしょうから、前向きなトライと捉えていただければ幸いです。牝馬限定戦のほうが好ましいでしょうから、中京を視野に入れています。土日どちらか、もしくは他場を考えるかは、状況や鞍上等を踏まえて最終的に決めさせてください」(木村師)
 今のところ16日もしくは17日の中京競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に出走を予定しています。
12/14木村厩舎 16日の中京競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に浜中騎手で出走いたします。

サンデーR
【キラービューティ 牝3 [500万] 栗東・高野 サンデーR】
☆12/17(土)中京7R 3歳上500万(若手騎手 芝1400 54 藤懸 自信度:B+

2017年12月06日栗東TC この中間の状態に変わりなく、12/6(水)は坂路コースで併せ馬で追い切り、半マイル55.2-39.9-26.1-12.6の時計をマークしました。終い重点に行っており、馬体の使い方も上等でした。12/17(日)中京・芝1400m若手騎手限定戦に藤懸騎手で出走を予定しており、勝ち鞍のある1400mで前進を期待しています。
2017年12月13日栗東TC 12/17(日)中京・芝1400m若手騎手限定戦に藤懸騎手で出走を予定しています。12/13(水)は坂路コースで併せ馬を行い、半マイル57.0-40.7-26.2-12.7の時計をマークしました。テンが遅かったのですが、終いはまずまずの動きです。スムーズにレースの流れに乗れれば、巻き返せるはずです。
2017年12月14日栗東TC 12/17(日)中京7R・芝1400m・若手騎手限定戦に藤懸騎手54kgで出走が確定しています。このレースは17頭立てとなりました。

キャロット
【プルメリアスター 牝5 [1000万] 栗東・斉藤崇 キャロットF】
☆12/17(日)中山12R 3歳上1000万 芝1600 55 中谷 自信度:B+

12/13斉藤崇厩舎 13日は栗東Pコースで追い切りました。「先週追い切ってからだいぶ気合いも乗ってきていますから、今朝は気分転換の意味も込めてポリトラックコースで追い切りました。終いだけ軽く伸ばすよう指示を出したのですが、先週同様に馬場入りも落ち着いていましたし、体をうまく使えていい動きをしていましたね。見た目にちょっと体の線が細い感じがしますし、輸送によって前走時よりも減ってしまうかもしれませんが、それ以外は順調に調整することができました。直線の短い中山コースで粘り込むような形で進めてもらうよう、ジョッキーとも話をするつもりです」(斉藤崇師)
 17日の中山競馬(3歳上1000万下・芝1600m)に中谷騎手で出走を予定しています。
12/14斉藤崇厩舎 17日の中山競馬(3歳上1000万下・芝1600m)に中谷騎手で出走いたします。続きを読む

akugentay at 23:04|PermalinkComments(0)キャロット | 社台サンデー

2017年12月10日

第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G機僕汁

pic_main-visual_1201
 今週はJRAとしても実は香港国際レースがメインで、賞金額とポスターが2週分を使いまわしで分かる通り、阪神JFはサブの扱い。まぁそれでも一応はG1なんで、予想をしておこう。
◎ラッキーライラック 
〇ロックディスタウン
▲コーディエライト
△リリーノーブル 
△サヤカチャン

img_1


akugentay at 15:06|PermalinkComments(0)中央競馬予想 

香港国際競走(G1)予想 〜 G1戦4レース

香港国際レース
 日本馬が毎年出走し、馬券も発売されることが恒例となった香港国際競走。今年も勝ち負けになりそうなメンバーが遠征し、馬券的にも興味深い。
 GCの地中海ケイバモードでは地方・海外・中央の競馬情報をバランスよく提供する当方お気に入りの番組で、今回も海外競馬情報として香港国際レース情報が他のメディア比で多い。そういう情報も参考に、後学の為に予想をしておこう

沙田4R 第24回 香港ヴァーズ(G1)芝2400 15時00分
◎キセキ M.デムーロ 着 2人気
〇タリスマニック M.ギュイヨン  3人気
▲ハイランドリール R.ムーア  1人気
△トーセンバジル J.モレイラ  4人気

沙田5R 第19回 香港スプリント(G1)芝1200 15時40分
◎ミスタースタニング N.ローウィラー 
‥ディービーピン(NZ) 着 7人気
‥ブリザード(AUS) C紂8人気
〇アメージングキッズ B.プレブル 
△ザウィザードオブオズ J.モレイラ 着 4人気
△ラッキーバブルズ H.ボウマン 

沙田7R 第27回 香港マイル(G1)芝1600 16時50分
‥ビューティージェネレーション(NZ) |紂6人気
‥ウエスタンエクスプレス(AUS) 着 13人気
◎ビューティーオンリー Z.パートン 着 3人気
〇シーズンズブルーム J.モレイラ 
▲ランカスターボンバー R.ムーア 
△ヘレンパラゴン T.ベリー 

沙田8R 第31回 香港カップ(G1)芝2000 17時30分
‥タイムワープ(GB)  |紂3人気
◎ワーザー T.ベリー  1人気
〇ネオリアリズム J.モレイラ  2人気
△ポエッツワード A.アッゼニ γ紂6人気
△スマートレイアー 武 豊 

DSC03470香港国際ポスター


akugentay at 14:38|PermalinkComments(0)海外競馬予想 

2017年12月09日

今週末の愛馬出走予定ナシ 〜 GF退会へのカウントダウン

 今週は出走ナシ。・・・ですが、転厩のお知らせが

 対象はGFグリーンFss最後の出資馬シュテルングランツ。東京ダ1400を適条件と見て、C.ルメール騎手騎乗で1000万条件・1600万条件をポンポンと勝ってOP入りは、流石は須貝厩舎。しかし、OP入りしてからはやや頭打ち感があり、名門厩舎からはリストラ対象に。まぁ近走の成績からは仕方なし。
 で、移籍先はこれもパッとしない美浦・武藤善則、師が一部でちょっと有名なのは娘さんのお陰。まぁ本馬にはお似合いと言えばお似合いか。でも折角効率性重視の厩舎からまったり厩舎に転厩したのだから東京ダ1400だけでなく、芝のレースにも挑戦して欲しい。というのも、本馬の馬体的な特徴から本来はダート向きではない筈なのでダートで頭打ちになったのは当然と言うか、寧ろ「良くOPまで上がってきたな」と言うのが印象。
 芝レースの経験は新馬戦芝2000だけなのだがその時は0.9秒差の8着、勝ったダイシンサンダーは先日の京阪杯(G3)芝1200で0.1秒差の5着、着メドウラーク も芝中距離条件戦500万・1000万・準OP2連勝の都合4連勝してOPまで一気に駆け上がった馬で、レベルが高い新馬戦だった。是非とも移籍後早いうちに東京の芝マイル〜芝1800辺りのOP特別戦に挑戦し、結果が出なかったら東京ダ1400に専念すればいいのだから
 いずれにせよ、転厩によって引退までカウントダウンが始まった本馬、仮に本馬が引退することになれば自動的にGFからは退会することになるから、GF退会へのカウントダウンが始まったね

グリーンF
【シュテルングランツ 牡6 [OP] 栗東・須貝➡美浦・武藤善則 グリーンF】1117_032 20171119
(12月4日)11月24日よりグリーンウッドTで調整中。12月1日、担当者は「脚元等に問題は無く、使ったなりの疲れは見られたものの大きな問題はありません。まずはリフレッシュに専念させて体調を整えます」とのこと。
 東京・霜月ステークス出走後、須貝調教師から「右手前より左手前で走る時の方がスムーズで、右回りのコーナーでは勝負所でモタ付くように感じられます。準オープンやオープンクラスに入ってからは、左回りで直線の長い東京のレースを中心に出走させてきましたが、年齢のせいか輸送で疲れを見せるようになってきました。左回り中心に使おうとすると、栗東からでは前日輸送を避けられず厳しいかもしれません」という話があり、協議を行った結果、東京への輸送距離が短い関東の厩舎に所属を変更することとなった。美浦・武藤善則厩舎へ移籍することとなり、近日中にグリーンウッドトレーニングからセグチレーシングステーブル(チバ)へ移動する。入厩への態勢が整い次第、美浦TC・武藤善則厩舎へ入厩する予定。※ご出資の会員様には郵便書面にてご案内いたします。
(12月7日)12月5日にセグチレーシングステーブル(チバ)に無事到着している。移動の疲れを取り、入厩に向けて再調整する。須貝調教師からは「癖や悪さをすることのない馬ですので、新しい環境にも馴染んでくれると思います。元気で頑張ってくれればと思います」との話があった。

akugentay at 10:38|PermalinkComments(0)グリーンF 

2017年12月06日

シルクHC 2017年第1回追加募集馬 〜 16年産募集馬検討

 肝心のレースでは勝ち切れないシルクだが一般のレースでは強く、勝ち星も着々と積みあがっている上に、先週はオブセッションが強敵相手に無傷2勝目を挙げ、遂にクラシック戦線で活躍できそうな逸材も出て来た。そこで調子に乗ったのかどうか、恒例の追加募集が来た。明日の12/7午後5時が会員先行の締め切り
シルクR
 内容的には、ノーザンファームが内外のセリ市場で購入した馬が5頭、系列のレイクヴィラFからの追加拠出が1頭で、全6頭。価格は、牡馬1,600万円・牝馬1,400万円の均一価格に、外国産馬は輸入諸費用約900万円を足した2,500万円は、春の募集時に勘違いしちゃって高値付けをしたシルクとしてはちょっと頭を冷やした感じで好ましい。しかし内容はと見れば、日高のセリでも上位のセレクションセール落札馬3頭はキャロットクラブ募集で、余り物感のサマーセールやオータムセールの落札馬はシルクと、その序列は不変。それに、如何にノーザンファームの目利きが落札したとは言え、やはりそこかしこに欠点は見受けられ、それがちょっと看過し難いのも多いとあれば、今回も総見送りの判断もやむを得まい

66. ショウナンハトバの16 牡・鹿毛 総額 : 1,600万円
父 パイロ 母 ショウナンハトバ 母の父 フジキセキ
生月日 2016年3月30日 関東 武藤善則 厩舎 生産 原口牧場(門別牧場)
体高 160.0 胸囲 181.0 管囲 20.0 馬体重 477
(サマーセール1歳 972万円(込) 落札者:ノーザンF) ショウナンハトバの16
 ダート短距離馬にしては筋肉量が少ない。左前肢の内向も気になるし、踏み込みも浅い。大柄なのは良いけどね。当厩舎ではこの世代はキンシャサノキセキ産駒が2頭もいるので、短距離路線はお腹一杯

67. コールドフロントの16 牡・栗毛 総額 : 1,600万円
父 エスポワールシチー 母 コールドフロント 母の父 Storm Cat
生月日 2016年5月12日 関東 小笠倫弘 厩舎 生産 大西ファーム(門別牧場)
体高 152.2 胸囲 179.0 管囲 19.7 馬体重 472
(オータムセール1歳 1,242 万円(込)落札者:ノーザンF)コールドフロントの16
 横からの写真を見た時は「おっ」と思ったが、動画を見てガックリ。ここまで内向していると、走ってるときに絡まってしまいそうで怖い。ただ馬体そのものは良いのでセール価格が高かったのも頷けるが、リスクの方が気になってしまう。

68. ロイヤルクリッパーの16 メス・栗毛 総額 : 1,400万円
父 スクリーンヒーロー 母 ロイヤルクリッパー 母の父 アグネスタキオン
生月日 2016年6月18日 関東 武市康男 厩舎 生産 村上牧場(中本牧場)
体高 156.0 胸囲 177.0 管囲 19.8 馬体重 442
(オータムセール1歳 561.6 万円(込)落札者:ノーザンF)ロイヤルクリッパーの16
 可愛い眼をしてるし、遅生まれながら成長も見込めそうで、一瞬候補に入った。しかし、動画をよく見てみると、トモが弱そうなので断念。惜しいけどね。

69. ユメノハコブネの16 牡・黒鹿毛 総額 : 1,600万円
父 メイショウボーラー 母 ユメノハコブネ 母の父 クロフネ
生月日 2016年2月21日 関西 新規開業 厩舎 生産 浜本幸雄
体高 155.0 胸囲 180.0 管囲 20.2 馬体重 470
(サマーセール1歳 486万円(込)落札者:ノーザンF) ユメノハコブネの16
 うーん、あまり取り柄の無い、下級条件や未勝利によく居るタイプ。

70. メジロフォーナの16 メス・栗毛 総額 : 1,400万円
父 ヴィクトワールピサ 母 メジロフォーナ 母の父 ナリタトップロード
生月日 2016年2月14日 関西 新規開業 厩舎 生産 レイクヴィラF
体高 162.0 胸囲 186.5 管囲 19.8 馬体重 490 メジロフォーナの16
 これはセール購買馬ではなく、NFグループからの追加拠出。2月14日生まれで大柄なのに、いままでどこにも出せなかったのは「何かある」筈。ヴィクトワールピサ産駒もあまり期待していない。

71. オピュレンスの16 牡・鹿毛 総額 : 2,500万円
父 Verrazano 母 Opulence の父 Giant's Causeway
生月日 2016年2月19日 関西 西村真幸 厩舎 生産 米国
体高 156.0 胸囲 190.0 管囲 22.0 馬体重 516
(Keeneland 2017 Sep$110,000 落札者:吉田勝己氏)Opulenceの16
 これは人気で既に500口を超えて抽選必至というのだが、まぁ気持ちはわかる。でも、「わざわざ米国出張したのだから、取り敢えず一頭落としておくか」程度だったのでは。あんまり大物感は無いし、輸入諸費用のせいで割安感も乏しいし、あんまり触手は動かない。

akugentay at 11:48|PermalinkComments(0)一口馬主 | シルクHC

2017年12月05日

今週の愛馬出走予定 〜 船橋競馬場

吉田照哉
【イントゥゾーン 牝3 [3歳885万] 船橋・川島一 社台O】
☆12/5(火) 船橋10R 疾風スプリントB3選イ ダ1200 54 森泰斗 自信度:A

2017年12月04日 船橋競馬場 12月5日(火)船橋10R(19時40分発走)・疾風スプリント・B3選抜馬・距離1200m戦へ54kg森騎手で出走します。12頭立ての8枠11番です。追い切りは12月1日(金)に単走で5Fから69.3-53.3-39.9秒の時計を馬なりでマークしています。「先週、速い時計を出して、直前は軽めのパターンです。引き続き良い状態ですので、連勝を期待したいです。」(飯田厩務員)。

キャロット
【ノートゥルレーヴ 牝2 [50万] 船橋・出川 キャロットF】
☆12/6(水) 船橋7R クラーベセクレタM 2歳選牝 ダ1600 54 今野忠 自信度:B+

12/4船橋・出川厩舎 6日の船橋競馬(クラーベセクレタM・牝馬限定・ダ1600m)に今野騎手で出走いたします。
12/2船橋・出川厩舎 2日は船橋競馬場ダートコースで追い切りました(69秒2−51秒8−38秒3)。「今朝の最終追い切りは同じ厩舎のマックスアチーバーと併せています。先週の段階である程度態勢は整っているので、微調整をかけるような形で動かしています。時計は平凡ですが、手応えや反応自体は抜群と言えそうです。相手はそれなりに揃っていますが、こちらも距離が延びることで新味を引き出せるはずです。鞍上も調教で騎乗して感触をしっかり掴んでいるので、期待を持って送り出したいと思います」(出川師)6日の船橋競馬(クラーベセクレタM・牝馬限定・ダ1600m)に今野騎手で出走を予定しています続きを読む

akugentay at 10:25|PermalinkComments(0)社台サンデー | キャロット

2017年12月03日

第18回チャンピオンズカップ(G機僕汁

チャンピオンズC_main-visual_1124

 旧JCDの後継レースがチャンピオンズCであるが、左回りにしたのに米国からの遠征馬が無いのでは、東京2100➡阪神1800➡中京1800にした甲斐が無いし、その位置づけも秋のダートG1の頂点というよりは、JBC・本レース・東京大賞典と続く地方交流を含めた古馬ダートチャンピオンレースの一つというもの。だから、そもそもこの路線は実力伯仲な上に、各馬がこのレースが目標かどうかも怪しいということで難解さに拍車がかかる。

 本命は勢いをかってテイエム迅速。あとはダートの乗り方を知ってる大野騎手騎乗のサウンドトゥルー、武豊騎乗のアウォーディー、田辺騎手に手が戻ったコパノリッキーなど。

◎テイエム迅速
〇サウンドトゥルー
▲アウォーディー
△コパノリッキー
△ゴールドドリーム
△ケイティブレイブ続きを読む

akugentay at 15:09|PermalinkComments(0)中央競馬予想 

2017年11月30日

今週末の愛馬出走予定 〜 4年連続5回目の挑戦

 今週は土曜日に3頭。中でも注目はやはり重賞・ステイヤーズS(G2)。何を隠そう当厩舎はこのレース、4年連続5回目の挑戦なのだ。初挑戦は2012年のファタモルガーナで、当時1600万条件馬の身ながら格上挑戦して着。以来、屈腱炎発症で休養中の2013はお休みしたが、2014着・2015着・2016着とあと一歩でタイトルに手が届かなかったファタ先輩引退の後を受け、今年はシルクドリーマーが挑戦。後輩のこちらは1600万条件を勝ち上がっているれっきとしたOP馬、重賞でこそ掲示板には載れていないがOP特別では着が2回あるから、重賞複数勝ちの2頭は強力だが、距離適性次第ではここで通用しても良い筈。今回が53戦目の8歳馬だが「お楽しみはこれから」、期待しています。

 ブライトクォーツは未勝利馬の身なのでなかなか思ったレースに使えない。500万条件で着C紊靴討い襪里世ら普通なら次走優先権があるが、未勝利馬は適用除外。1つ勝ちさえすれば適用除外も解除されるのだからそれを目指しての一戦、しかし今回はダート1800は向いているとは思えない。本馬は溢れるスタミナにモノを言わせてのワンペースで押し切るレースが向いているが、1800程度ではピュッとした脚を使える馬が有利。基本的な能力はここでも上位とは言え、17・18でC絨米發稜呂ゴロゴロ居るここは正直厳しいかなぁ

 アルカサルは新馬・特別のエリートでポテンシャルは高いのだが、諸々のことで低迷していた。去勢手術を機に路線を芝中長距離に定めたのが奏功、復帰後の2戦は良いレースを展開。中山は向いている筈だが、相手関係なのか馬場なのか、裏開催の中京芝2200の平場を陣営は選択(お手並み拝見)。鞍上はR.ムーア騎手からの評価が高い秋山騎手、ここはしっかりと結果を出して欲しい。期待しています。

シルクR
【ブライトクォーツ 牡3 [未勝利] 栗東・荒川 シルクHC】
☆12/2(土) 中京8R 3歳上500万(若手騎手) ダ1800 56 原田和 自信度:B+

荒川義之調教師「29日に坂路で追い切りました。コンスタントに出走していることから、サッと反応を確認する程度に抑えましたが、動きそのものはいい意味で変わりないですね。想定を見ると、若手騎手限定戦ならジョッキーを抑えていれば入りそうでしたので、原田騎手で投票させていただきました。体調は維持できていますし、いつでも出走できるように態勢を整えていましたので、あとは距離が少し短くなることでこれまでと同じような競馬が出来るかどうかがカギになりますね。原田騎手にはこれまでのレースを参考にしてもらって、同じような競馬を心掛けてもらいたいと思います。今回こそは何とか決めてほしいです」

サンデーR
【アルカサル 騙4 [500万] 美浦・大竹 サンデーR】
☆12/2(土) 中京9R 3歳上500万 芝2200 57 秋山 自信度:A

2017年11月29日美浦TC 今週12月2日(土)中京9R・芝2200m戦に57kg秋山騎手で出走予定です。想定段階ではフルゲート18頭に対して、24頭の出走表明があります。本馬は出走間隔の優先により、除外の心配はありません。本日(水)ウッドチップコースで単走で追い切りました。大竹調教師からは「先週の追い切りでは終いまでしっかりと脚を伸ばせていましたが、併せてしまうとガーッといってしまうような雰囲気ですので、今日も単走で追い切りました。走り出してからは問題なく動いてくれますし、力を発揮できると思います」とのコメントがありました。
2017年11月30日美浦TC 今週12月2日(土)中京9R・芝2200m戦に57kg秋山騎手で出走が確定しています。

シルクR
【シルクドリーマー 牡8 [OP] 美浦・黒岩 シルクHC】
☆12/2(土) 中山11R ステイヤーズS(G2) 芝3600 56 戸崎 自信度:B+

黒岩陽一調教師「29日に戸崎騎手が騎乗し南Wコースで追い切りを行いました。併走馬を追走し、最後まで併せることなく遅れてしまいました。戸崎騎手は『脚を取られていた』と話していましたが、それは先週末にWチップを入れ替えたことが原因で、上滑りしてしまって走りにくかったのだと思います。先週まではとてもいい動きをしていましたので、最終追い切りの遅れは心配しなくてもいいと思います。元々調教の動きは目立つ方ではないですからね。久々でも中身はできていますし、走れる状態にありますので、期待を持って競馬に向かいたいと思います」続きを読む

akugentay at 23:53|PermalinkComments(0)シルクHC | 社台サンデー

2017年11月29日

今週の愛馬出走予定 〜 勝利渇望

 前走は主戦・笹川翼騎手が自厩舎の馬が出走することになって急に騎乗を断ったために、急遽テン乗りでR.クワトロ騎手に。(エージェントに言わせると)シンガポールでは有力厩舎所属が決まっている期待の騎手らしいのだが(話は半分)、やっぱり乗り難しいキューちゃん、上手く乗り切れずに5人気5着。その時の笹川君はと言えば2人気9着となぁーにやってんだか
 「次は乗れよな」と言っておいたのが効いたのかどうかは知らねども、今回は手が主戦・笹川翼騎手に戻っての一戦。木曜日に雨が降るのが気になるが、ここら辺で勝って賞金上積みし、もうちょっと上のクラスで戦わせたい。期待しています。

吉田正志
【ガーデンズキュー 牝4 [南関B2] 大井・荒山 社台OW】
☆12/1(金) 大井12R By yourside Shinagawa賞 B2(二) ダ1600 54 笹川翼 自信度:A

2017年11月22日小林分場 12月1日(金)大井12R(20時50分発走)・By yourside Shinagawa賞 B2(二)組・距離1600m戦への出走を予定しています。
2017年11月29日 小林分場 12月1日(金)大井12R(20時50分発走)・By yourside Shinagawa賞・B2(二)組・距離1600m戦へ54kg笹川騎手で出走します。16頭立ての7枠14番です。続きを読む

akugentay at 23:48|PermalinkComments(0)南関東公営 | 社台サンデー

2017年11月24日

今週末の愛馬出走予定 〜 シルク三昧第2弾

 今週は3頭、なんか最近シルクの稼働率が活発になってきている様で、全てがシルク所属馬のシルクRssシルク三昧は11/11週以来の第2弾。内2頭は2歳馬なのだがいずれもルメール騎手騎乗なのは、もうお馴染みの「当厩舎2歳専属騎手」なんで当たり前。事実、デビューした2歳馬4頭全てに騎乗し、「所属クラブシルクRssサンデーRssシルクRssシルクRssを問わず、今週2鞍を含めて4頭8鞍全てルメール騎手騎乗」なんだから、そう言っても過言ではないですよね。ホント、ウチの愛馬たちはいい騎手しか乗らないんだよねぇ(極一部の例外を除く)

 さてまずは土曜日のヴェルトゥアル(シルクユニバーサルの15)。本馬は半兄モンドインテロ・セダブリランテスの下で、父がゴルァ直仔のスマートファルコンに替わっての配合だから基本的にはダート馬。新馬戦は速めのペースで逃げて、直線でも突き放す快勝は父を彷彿とさせるもの。今回はちょっと骨っぽい相手も居るし、勝った後の状態もあまり上がっていないけど、1枠“屬隆待に応えて頑張って欲しい。期待しています。
 
 日曜日は2頭。まずは新馬戦は牡馬との混合戦で“嵜裕い鯲∪擇辰5着と不完全燃焼だったグラマラスライフ。前走は1600で逃げ馬が2着する展開で完全な前残りの競馬を、全くエンジンが掛からずに後方のまま13番手から直線だけで5着まで追い込んできたけど、スパッと切れるタイプでは無くてどう見ても距離不足。そこで今回は距離を延長して芝2000としたけど牡馬との混合戦を強気に選択、案の定、連続着してる同枠サトノとの一騎打ちか。調教師は「未勝利クラスにいるような馬ではない」とか言ってるが、まぁ結果が出てないんで偉そうなことは言えないけど、本当はそんなもんじゃない筈。当厩舎牝馬ツートップの相棒ミカリーニョが先日破格のレースで快勝しているだけに、ここはキッチリと結果を出したいところ。期待しています。
 トリはディープ産駒ながらダート一辺倒のヴィッセン。ジェンティルドンナはじめ名馬を送り出している石坂正厩舎は、流石に適性の見立てやレース選択・戦法など、安心して任せておける。特に古馬でさえ「輸送時間が短いから、ストレスが減らせる」との判断で京都を選択、鞍上も浜中騎手を手配するなど隙が無い。この点なんか、例の〇野君に聞かせてやりたいところで、同じ栗東に居るんだから勉強すればいいのにね。まぁそういう「仕事しなくても何とかなっちゃう」甘やかされた環境なんでしょうね。閑話休題。ヴィッセンは鉄砲は効かないタイプなのに追い込んで前走っ綵侏茲燭里賄験に恵まれた感もあるが、叩き2戦目での上昇を期待している。

シルクR
【ヴェルトゥアル 牡2[500万] 美浦・加藤征 シルクHC】
☆11/25(土)東京9R カトレア賞 ダ1600 55 C.ルメール 自信度:A

 加藤征弘調教師「22日に南Wコースで追い切りを行い、併走馬を追走から内に併せて同入しました。追い切りを重ねるにつれて動きは上向いてきましたし、息遣いも良くなってきました。前走ぐらいの状態では出走できると思います。ただ一度競馬を経験した後なのに新馬と同じぐらいの状態というのは正直物足りないですね。馬体にもっと張りが出て、迫力が増してほしかったところですが、本当に良くなるのはもう少し先なのかもしれません。そうは言っても前走の内容から今回も期待はできると思います」

シルクR
【グラマラスライフ 牝2[未勝利] 美浦・田村 シルクHC】
☆10/26(日)東京3R 2歳未勝利 芝2000 54 C.ルメール 自信度:A

 田村康仁調教師「こちらへ帰厩させていただいた後も馬体に問題はなく、15日には南Wコースで追い切りを行いました。2歳の1勝馬と併せて行い、直線は内に併せて同入しています。一杯に追われた相手に対して、グラマラスライフの方は馬なりのままゴールでき、脚取りは軽快でいい動きを見せてくれましたよ。追い切りでの動きだけを見ると、未勝利クラスにいるような馬ではないなと改めて感じましたし、次はいい結果を残すことが出来るよう調整していきたいと思います。鞍上は前走に続いて、ルメール騎手にお願いしています」
 田村康仁調教師「22日に南Wコースで追い切りを行い、併走馬の内に併せて1馬身ほど先着しました。相変わらず動きは抜群ですし、走れる状態にあると思います。唯一気掛かりな点は馬体重ですね。帰厩時で前走からマイナス8圓任靴燭ら、天栄でも馬体回復に苦労していたことが窺えます。帰厩後の飼い食いももう一つで、おそらく競馬では10坩幣絽困辰討靴泙Δ海箸砲覆襪隼廚い泙后それがどう出るか心配ですが、能力で何とかカバーしてほしいところです。距離延長はプラスだと思いますし、ここはしっかり決めてほしいですね」

シルクR
【ヴィッセン 牡6[1000万] 栗東・石坂正 シルクHC】
☆11/26(日)京都8R 3歳上1000万 ダ1900 57 浜中 自信度:B+

 石坂正調教師「22日に坂路で追い切りました。先週CWコースで長めにしっかり時計を出したこともあって、馬体はだいぶスッキリした体つきになってきました。馬体重は今週初めの計測で480kg台を維持していましたので、前走と変わりない数字で出走できると思います。京都競馬場なら輸送時間が短いことで、余計なストレスが掛からないと思うので、いい状態でレースに臨めるでしょう。距離は少しでも長い方がゆったり追走できるとこで、自分のリズムで競馬が出来ると思いますし、浜中騎手もこの馬の脚の使いどころを分かってくれているでしょうから、今回も頑張ってくれるはずです」続きを読む

akugentay at 22:42|PermalinkComments(0)シルクHC 
senkaku諸島は固有の領土
senkaku
1594095
Amazonライブリンク
魔女のタロット占い

株式会社トライアングル
携帯用QRコードはこちら
QRコード
アクセスカウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives