2017年04月22日

今週末の愛馬出走予定 〜 開幕週日曜日の東京に2頭

 皐月賞が終わって今週から東京競馬が開幕、そこに2頭が出走。
 まずはユークリッド。昨年8月に菊花賞出走を目指して函館の中長距離戦を3回使ったところ、右前脚ヒザに腫れが発生。原因は小さな骨片が遊離した為で直ぐに摘出手術、その後は復帰に向けて順調だったのだが12月、今度は右前脚蹄を痛めてと長引き、結局半年掛かって2月に脱北、山元TCを経て8ヶ月ぶりに出走。今回は流石に怪我で長期休養明けではいきなりとはいかないかもしれないが、(結果的に乗れなかったが)3歳クラシック(ダービーと菊花賞)を目指したこともある馬、最低条件500万級では能力上位。ここは掲示板に載る様な元気な姿を見せて欲しいな。期待しています。
 グリーンFでの最後の出資馬シュテルンは、前走2月の1000万特別快勝後はご褒美の休養を挟んで、当初から狙い通りの東京・鎌倉Sを復帰戦に。準OPは再昇級戦となるが、勝った前走と同じ得意の東京1400戦でなんとかいいところを見せて欲しい。期待しています。

サンデーR
【ユークリッド 牡4 [500万] 美浦・尾関 サンデーR】
☆4/23(日) 東京6R 4歳上500万下 芝2400 57 北村宏 自信度:B+

2017年04月19日美浦TC 今週4月23日(日)東京7R・芝2400m戦に出走予定です。このレースはフルゲート18頭に対して5頭の出走表明にとどまっており、除外の心配はありません。同日の福島・川俣特別(芝1800m)への出走も検討していますが、コース形態が合いそうな東京戦を本線に検討しています。本日(水)ウッドチップコースにて3頭併せて追い切り、1馬身遅れて入着しています。調教では動かないタイプですので気にしていません。使ってよくなる馬ですが好走を期待しています。
2017年04月20日美浦TC 今週4月23日(日)東京6R・芝2400m戦に57kg北村宏司騎手で出走が確定しています。※7レースから6レースに変更されていますのでご注意ください。

グリーンF
【シュテルングランツ 牡6 [1600万] 栗東・須貝 グリーンF】
☆4/23(日) 東京10R 鎌倉S ダ1400 H55 内田博 自信度:B+

 4月23日(日)東京・鎌倉ステークス(ダ1400m・ハンデ)に内田博幸騎手で出走する。4月19日、須貝調教師は「今週も坂路で追い切っています。今回は放牧を挟んで元々の調子も良かったですし、良い状態をキープしながら追い切りを消化できました。順調にきており楽しみです」とのこと。続きを読む

akugentay at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社台サンデー | グリーンF

2017年04月16日

第77回 皐月賞(GI) 予想

 今週末は愛馬の出走が無いので、G1レースの予想だけでも。
pic_main-visual

 昨年の3歳牡馬世代は史上最強世代の呼び声も高く、実際に皐月賞が1.57秒台が記録されたり、有馬記念をサトノダイヤモンドが制するなど実際にレベルが高かったのだが、その反動か今年の3歳牡馬はとてもレベルが低い。重賞も500万特別よりはちょっと上だが通常年のOP特別レベルであり、重賞勝ち馬であってもスタミナに不安のある馬ばかりで、これからのクラシック戦線で主役を張れるレベルの馬が殆ど居ない惨状。ここに例年よりレベルが上の3歳牝馬のトップホース=ファンディーナが参戦したお陰で、やっとクラシック戦線のレベルが維持できるので一安心と言ったら言い過ぎか。勿論、本命◎はファンディーナだ。
 対抗は、暮れのホープフルSからのぶっつけで状態に不安はあるが、牡馬では実力ナンバーワンのレイデオロ。2.01秒を切るタイムで走れる可能性のある馬は数少なく、本馬はその一頭。単穴▲は該当なし(隠し▲は今回出走して来てない「アノ馬」に)。
 人気の一頭嘉手納はサインはあれども、後方からの追い込み馬なのにどんなスローでも上り60秒を切るのが精一杯、スタミナに不安があり、また早熟のアドバンテージで勝ってきてるだけで、アドマイヤミヤビに完敗では心許ない。もう一頭の人気馬、出世レースの共同通信杯を制したスワーヴリチャードだが内で我慢していた割には勝ちタイム・上がりとも大したことなく、相手が弱かったと見るのが妥当。これらはいずれも△止まり。寧ろ、スプリングS組やペルシアンナイトらの方に魅力を感じる。

◎ファンディーナ
〇レイデオロ 5着
△ペルシアンナイト 2着
△コマノインパルス
△ウインブライト
△アウトライアーズ
△アルアイン 優勝
△スワーヴリチャード
・・嘉手納続きを読む

akugentay at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中央競馬予想 

2017年04月11日

今週の愛馬出走予定 〜 再スタート

吉田照哉
【イントゥゾーン 牝3 [3歳458万] 船橋・川島一 社台O】
☆4/11(火) 船橋8R ナイスハルター特別(3歳未格選・JRA) ダ1600 54 森泰斗 自信度:B+

2017年04月09日船橋競馬場 4月11日(火)船橋8R(18時30分発走)・JRA交流ナイスハルター特別・距離1600m戦へ54kg森騎手で出走します。11頭立ての5枠5番です。追い切りは4月7日(金)に単走で4Fから52.4-38.3秒の時計を馬なりでマークしています。
 「前走後、レース間隔を空けてじっくり調整できたので、体がふっくらして良い状態に仕上がりました。好勝負を期待しています。」(飯田厩務員)。続きを読む

akugentay at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)南関東公営 | 社台サンデー

2017年04月09日

第77回 桜花賞(GI) 予想

 今年のクラシック第一弾桜花賞。今年は寒かったので開花の遅れていた桜も何とか間に合ったようでなにより
 今年の牝馬はレベルが高いと言われているが、例年よりやや上と言う感じで、寧ろ、牡馬のレベルが絶望的に低すぎるといった方が正確だと思う。2頭ばかりはややマシだが、他はどいつもこいつも去勢した方がいい様な弱面ばかりなので、ファンディーナが牡馬戦線に殴り込みを掛けるのは、弱い世代からの種牡馬入りを阻止するという意味でも正解
 となると、押し出された人気なのが無敗の4連勝ソウルスターリング。社台F唯一の期待を背負って桜花賞に挑むが、最近、日高産が活躍しているのと同じ匂いを感じるからここもあっさりの可能性もあるが、前日で3000万円超の大量購入もあったとのことだし、G1になると途端にチキンになるルメール騎手というのがどうも引っ掛かるので、単穴まで。
 本命はアドマイヤミヤビ。おっとりとした性格で無駄なことはしないし、キッチリと差す脚と鞍上デムーロ騎手は魅力。クイーンCで僅差の勝負をしたアエロリットを対抗に。あとは、2戦目でチューリップ賞2着のミスパンテールら。

◎アドマイヤミヤビ
〇アエロリット 5着
▲ソウルスターリング 3着
△ミスパンテール
△リスグラシュー 2着
△カラクレナイ 4着
△レーヌミノル 優勝

20170401_2061163_t


akugentay at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中央競馬予想 

2017年04月08日

今週末の愛馬出走予定 〜 牝馬ウィーク

 柳楽優弥君が読めない「牝」馬の祭典・桜花賞が行われる牝馬ウィークの今週だが、当厩舎の出走馬2頭も牝馬のみの牝馬ウィーク開催中。http://umabi.jp/joy/cm2017/

 まずは土曜日のクイックモーション。ディープ牝馬である本馬は「能力は間違いなく高い」と牧場側の評価もなかなかのものがあるのだが、如何せん成長が遅く、なかなか馬体がパンとしないしメンタルも難しいところを見せて、思う通りにならずにもどかしい。3ヶ月振りの今回も状態は良いとは言えず、騙し騙しの仕上げ。未勝利勝ちのコースで何とかとは思うが、正直、素質の高さでカバーせざるを得ない現状。とは言え、それなりの結果は期待したい。

 日曜日は桜花賞開催の現場へ遠征する関東馬・イストワールファム。前走未勝利戦は後方からあっさりと先行馬を飲み込み、鞍上が後ろ左右を三回振り返りながらノー鞭で更に3馬身突き放して楽勝したタイムは、2週後の共同通信杯のタイム・中間タイムを上回る出色のもの。オークス出走の可能性を鞍上は「行けそう」と答えた約束を果たすべく続投。悪化した馬場が気になるが、名手ルメール騎手のコミットメントを信じよう。期待しています。
 
キャロット
【クイックモーション 牝4 [500万] 美浦・木村 キャロットC】
☆4/8(土) 福島12R 桑折特別 芝2000 55 津村 自信度:B+

4/6木村厩舎 5日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒9−39秒6−12秒6)。6日は軽めの調整を行いました。
 「相変わらず追い切り前の返し馬の時には被り気味になるなどやや集中しきれていないような格好を見せるのですが、追い切りではそのあたりを意識させてしっかりと動かすようにしています。55−40くらいをベースにして前の馬を追いかけて伸ばすようにしましたが、動き自体は悪くなかったのかなと思えました。あとはこのままレースへ向かえればと思っているものの、トモ脚に傷をつくっていてそれがやや不安定に見えたんです。それが悪さをしないようにしっかりと対応していますが、万が一そこから体調に影響を及ぼすことがあってはいけないと思って、まずは投票日である今日までの状態をしっかりと見極めるようにしていたのですが、とりあえずは変わりありませんでしたので出馬投票をさせていただくことにしました。レースは土曜日でこのあと輸送して備えるわけですが、その間にも不安が出ないかをしっかりと確認してレース本番に臨みたいと思っています」(木村師)
 8日の福島競馬(桑折特別・牝馬限定・芝2000m)に津村騎手で出走いたします。

シルクR
【イストワールファム 牝3 [500万] 美浦・古賀慎 シルクHC】
☆4/9(日) 阪神9R 忘れな草賞(牝OP) 芝2000 54 C.ルメール 自信度:A

 古賀慎明調教師「5日に南Wコースで追走から内に併せて同入する形で追い切りを行いました。今週も北村宏司騎手に手伝ってもらいましたが、先週同様好感触だったようです。時計は予定より速くなりそうだったので、終いは流す程度でしたが、いい動きを見せていましたよ。今週で競馬と同じぐらいの馬体重なので、輸送を考慮すると、マイナス体重になると思いますが、普段はどっしりとした性格なので、輸送自体は問題なくこなしてくれると思います。週末にかけて天気がぐずつくようなので、それだけが心配ですね。終いいい脚を使うタイプなので、なるべくきれいな馬場で走らせたいところです。今回は何とか結果を出してもらい、再び東京コースでの走りを見たいですね」続きを読む

akugentay at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キャロット | シルクHC

2017年04月01日

今週末の愛馬出走予定 〜 注目の東西500万条件特別

 今週は1頭だけだが、当厩舎期待のグロシが中山の500万特別に出走、勝って3歳牡馬クラシック路線に加わる手がかりをガッチリと掴みたいところ
 一部では長距離輸送や中山コースを危惧する声も聞こえてくるが、西のアザレア賞に出走するアドミラブルは相当の器と思われるからこれを避けるのは当然。一方、東の山吹賞に遠征・出走するグロシもホープフルSと弥生賞の2つの重賞で連続+0.4秒差の僅差であることから、近年稀に見る低水準の今年の3歳牡馬世代なら上位OPクラスの力はあり、ここを勝って正式にOP入りしたい。いずれにしろ今日の東西500万条件特別は注目の2戦だ。雨が降っており馬場の悪化が懸念されるが、期待しています。

キャロット
【グローブシアター 牡3 [500万] 栗東・角居 キャロットC】
☆4/1(土) 中山9R 山吹賞 芝2200 56 内田 自信度:A

3/29角居厩舎 29日は栗東CWコースで追い切りました。
 「この中間も順調に調整できています。今朝は浜中騎手に手伝ってもらって追い切ったのですが、終いしっかりと追って先着となかなか中身の濃い調整ができたと思います。まだこれからの馬ではありますが、自己条件ならチャンスは十分でしょう」(辻野助手)
 「追い切りに乗せていただきました。まだ自分からハミを取って行かない感じだと厩舎の方からは聞いていましたが、血統的なイメージからどうしても引っかかるのではないかと不安だったので、あまりに乗りやすくてびっくりしました。馬体を見ても完成されるのは先でしょうし、子供っぽさは確かにありますが、追ってからの脚はしっかりしていてさすがだなと思いましたよ」(浜中騎手)
 4月1日の中山競馬(山吹賞・芝2200m)に内田騎手で出走を予定しています。
3/30角居厩舎 4月1日の中山競馬(山吹賞・芝2200m)に内田騎手で出走いたします。続きを読む

akugentay at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キャロット 

2017年03月30日

キャロット15年産キャンセル募集 〜 応募しました

 シルクのキャンセル募集は華麗にスルーした当厩舎ですが、キャロットのキャンセル募集はちょっと迷った末に(資金も無いことだし)人気薄のところへ応募しました
 応募したのはメガクライトの15で牡馬ながら募集総額1,600万円とお手頃価格で、狙いはダート戦線。父タートルボウルってところが未知数なのが嫌われてか、母メガクライトは1400〜1600のダート戦で3連勝したキャロット所属馬で母馬優先がありながら1次・1.5次でも満口にならず、その後の2次募集で満口となり、今回、8口の放出品。
 募集時の謳い文句では「思いのほか軽やかな動きは芝でもと期待」と言ってるけど、やはり欧州産の種牡馬であればスピード不足の懸念はあるからダート向きと見た方がよく、母がダート馬だったことから血統的に矛盾なく、馬体もダート向きであることから、出来ればエピカリスの様にドバイ遠征希望。まぁ冗談はさて置き、現時点での調教の進み具合は良好、パワフルな掻き込む走法は深い地方競馬の馬場も苦にしないと思われ、こと戦場をダートと決め打ちすれば長いこと楽しめそうだということで、これに決めた。

キャロット
32. メガクライトの15 牡 栗毛 2015年3月30日生
 父: タートルボウル × 母: メガクライト (BMS: アグネスタキオン)
 生産: ノーザンファーム 繫養地: ノーザンファームYearling
 関東 小西一男 厩舎予定 募集総額:1,600万円(1口出資額:4万円)
 募集時測尺:152cm/172.5cm/20.8cm/438kg
20160930 NF空港
 標準的な体高ながら、筋肉量・骨量ともに十分であり、初年度産駒にあたる2歳世代が好発進を見せているタートルボウル産駒の典型と言える出来映えです。馬体の印象どおりに力強い脚取りを見せており、ぬかるんだ不整地も楽々と駆け抜ける姿は頼もしい限りです。それでいてまだ伸びしろも感じさせますので、競走馬として完成された姿を想像すれば、末恐ろしくなるほどです。ダートで3連勝した母の仔、そして迫力ある本馬の馬体から推し量ればダートはまったく苦にしないはずですが、思いのほか軽やかな動きは芝でもと期待させてくれます。

20170228 NF空港
馬名:サクステッド 英名:Thaxted(英語)
由来:組曲「惑星」の「木星、快楽をもたらすもの」より。母名より連想
3/15NF空港:馬体重:472kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15〜17秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン15秒ペースでも持ったまま坂路を駆け上がることができており、ハミ受けが安定してきたことでモタれる面も少なくなってきました。もう少しリラックスして走ることができれば、自ずと走りの質は上向いてくるものと見ています。
2016ポートフォリオ06
続きを読む

akugentay at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一口馬主 | キャロット

2017年03月26日

今週末の愛馬出走予定 〜 ダート重賞挑戦

 今週は1頭。転厩後は芝中距離戦で結果を出し、先日のAJCCでも不利が無ければ掲示板は確保できたレースが出来ている古豪シルクドリーマーが何を思ったか、(オーナーサイドの使い分けか)阪神大賞典や日経賞を使わずに、そうこうしてレースを選んでいるうちに2ヶ月振りとなってしまっての一戦は、これ迄2戦して結果の出ていないダート戦に挑む

 確かに本馬はまだまだ馬体は若いとはいえ既に齢8歳、ダート重賞で通用するなら今後、地方交流戦への挑戦で延命できることを考えればここで試してみたい気も分かるが、少頭数の阪神大賞典なら賞金・手当も確実に稼げたし、結果論だが有力実力馬がコケた日経賞でもいい線に来れた筈。確かにマーチSは空き巣重賞で手薄ではあるけどそこはやはり腐っても重賞、ダートのスペシャリストが参戦している中でダート2戦でともに8着の本馬にダート適性があるとは思えないが、転厩後は一応の結果を出している調教師の判断ならやむを得まい。肝心の状態の方はいい意味で変わらず、これでダート適性が判明する。人気薄だが、ちょっと期待を持って観戦したい。

シルクR
【シルクドリーマー 牡8 [OP] 美浦・黒岩 シルクHC】
☆3/26(日) 中山11R マーチS(G3) ダ1800 H53 津村 自信度:B

 黒岩陽一調教師「22日に南Wコースで追い切りを行いました。3頭縦列の一番後ろから追走し、外を回して先着という形で、かなり負荷のかかったいい追い切りができたと思います。テンの行きっぷりがよかったですし、反応も悪くありませんでした。前走時よりも状態は上がっていると思います。六甲Sも少頭数でメンバー的に恵まれそうだったので、それはそれで魅力だったのですが、ハンデが53圓任垢掘△海海妊澄璽箸鮖遒靴討澆燭い隼廚辰討い燭里如▲沺璽腺咾貌ってよかったと思います。状態のよさから、ダート適性さえあれば悪い競馬はしないと思っています。」続きを読む

akugentay at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シルクHC 

2017年03月22日

シルク15年産キャンセル募集 〜 スルーします

 先日のキャロットのキャンセル募集の告知に被せる様に、しかもその申し込み受付期間(3月29日(水)正午〜3月30日(木)正午)がまだ始まっていないのにも拘わらず、本日、後出しジャンケンながら応募期間を先んじる(3月24日(金)10:00〜3月27日(月)10:00)という掟破りの手に出てきたのはシルク。いやぁ、ノーザンファーム系列ながら仁義なき戦いですなぁ。でもそんな戦いは、ちゃんと募集馬の質や競走結果で争って欲しいものです
 
 それと今回のキャンセル募集、シルクでは「再募集」と言っているんだけど、これはシルクに限らず他クラブでも恒例のキャンセル募集、その何らかの事情で退会した会員にはちゃんと出資相当額を返金しているんでしょうかね。(他クラブを含めて)途中換金の制度を作って無いから、恐らく返金しておらずに「没収」していると思われるんだが、となるとクラブはキャンセル募集で出資金の2重取りとなるんだけど、こういうのは金融商品としてどうなんですかね
 情報開示の不十分さを補うための補償を闇雲に「損失補填だ」とか、カード決済はダメとか、こういう投資家保護は全く無視してクラブ保護の姿勢を打ち出している金融庁のお役人諸君に見解を聞いてみたいところ。気が付いた度に対症療法している金融庁だが、一口馬主クラブ関連で個別に金融商品並みの施策を導入するのは寧ろ不公正が生ずるんだけど、そこら辺は分かってないんだよなぁ。まだ全く手を付けていないレポジトリー情報開示、営業手数料等の内訳開示、パーティ代の出資者負担の是正、競走馬ファンドの個別的中途換金による資金回収など、色々やることはあるだろうに、やらないのが怠慢役人の常。霞が関で胡坐かいてないで、ちゃんと仕事やれや。閑話休題。

 で、シルクの再募集馬ラインナップ、オイラの出資馬が3頭出てるし、1次抽選漏れが7口も出ているのを見ると何となくモヤモヤした気分になるけど、気のせいか。それにあの目玉だったモーリスの全弟が3口も出ているんだねぇ、どうしたんでしょうか。条件が上がると失速するシルクの成績には不満が残るし、1次抽選漏れのは一口20万円とお高いので行く気はしないし、他もそれ程追加で行きたいのもなさそうなので、華麗にスルーしようと思っておりますよ

シルクR
再募集のお知らせ
すでに満口となっている2016年度募集馬のうち、何らかのご事情により退会された会員様がご出資されていた分、およびご入会を取り止めた方がお申込みされていた分につきまして、再募集を行わせていただきます。
以下の要項をよくお読みいただきご希望の会員様はお申し込みください。
◆お申込み方法◆ 下記の再募集申込専用フォームからお申込みください。※先着順ではありません。
専用フォームURL https://s.cnz.jp/sv/53xv/DpS7c7yh
(3月24日(金)10:00よりご利用いただけます)
◆お申込み受付期間◆ 3月24日(金)10:00〜3月27日(月)10:00 ※先着順ではありません。
◆口数の制限◆ お一人様1口までとさせていただきます。頭数の制限はございません。複数頭にお申込みする場合は、1頭につき1回ずつお申込みください。
◆受付口数を超えた場合◆ 抽選にて出資者を決定させていただきます。※先着順ではありません。


◆再募集馬一覧(募集馬名 口数)◆
1.パーシステントリーの15  3口
2.メジロツボネの15     2口
3.モシーンの15       5口
4.キラーグレイシスの15   4口
6.スナッチドの15      8口
7.アートプリンセスの15   6口
13.ミスティックリップスの15 2口
14.ブラックエンブレムの15  7口
15.シャルロットノアルの15  1口
16.サマーハの15       3口
18.フサイチパンドラの15   8口
23.メジロフランシスの15   3口
24.シルクユニバーサルの15  3口
29.タイトルパートの15    7口
30.アンティフォナの15   12口
32.インダクティの15     1口
34.プチノワールの15     7口
38.カリの15         1口
43.ヒカルアマランサスの15  7口
46.ディアジーナの15     2口
47.キューティゴールドの15  3口
48.ウーマンシークレットの15 2口
51.レーヴドスカーの15    3口
52.ディアアドマイヤの15  10口
54.アフリカンピアノの15   3口
55.ミュージカルウェイの15  9口
58.ウインフロレゾンの15   8口
59.フラーテイシャスミスの15 1口
60.ラッドルチェンドの15   3口
62.モンヴェールの15     1口
63.ロゼカラーの15      6口続きを読む

akugentay at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一口馬主 | シルクHC

2017年03月18日

今週末の愛馬出走予定 〜 再昇級初戦

 今週は1頭だけ、前走下手な騎乗を実力で補って勝ち星を挙げたプルメリアスターが3ヶ月振りに出走。前走後はやはり無茶な騎乗が祟って鼻出血で休養を余儀なくされたが、勝って放牧はご苦労さんって意味もあり。休み明けの今回は昇級戦なのだが、降級経験ある本馬にとって1000万条件はN谷騎乗でも半馬身差2着実績もあり、実力的には十分通用する筈。
 問題は騎手。今週土曜日の重賞ファルコンSで1番人気に騎乗して、スタート直後に騎手がバランスを崩して右側へ落馬しそうになって最後方(下記写真参照)、泡喰ったN谷騎手がそこから早めに脚を使って外目を押し上げたから直線失速で11着惨敗は、結果も出せないし馬に負担は掛けるしで踏んだり蹴ったりで、当馬のシルク出資者は可哀想
 今回のプルメリア嬢も矢作流の温情甘々起用でN谷続投なので、その二の舞になりはしないかと戦々恐々。何とか馬の邪魔だけはしないでくれさえすれば何とかなると思うので、祈るような気持ち。こういう気苦労があるので、矢作厩舎所属の一口募集馬への出資は躊躇しちゃうんだよなぁ

キャロット
【プルメリアスター 牝4 [1000万] 栗東・矢作 キャロットF】
☆3/19(日) 阪神9R 山陽特別 芝1400 55 中谷 自信度:B+

3/15矢作厩舎 15日は栗東坂路で追い切りました(52秒4−38秒0−24秒6−12秒3)。
 「今朝は中谷騎手を乗せて坂路で追い切りました。いつもどおりいい動き見せていましたし、ほぼ馬なりの楽な手応えでいい時計をマークしてくれました。鼻出血のために少し休養していましたが、帰厩後は大きな問題もなく調整が進められていますから、休み明けの今回もいい競馬を期待したいですね」(矢作師)
 「先週、そして今週の追い切りに乗せていただきました。この馬にはレースだけでなく調教でも何度も跨っていますが、今日も相変わらず抜群の動きでしたよ。仕上がりはいいと思いますし、いい競馬ができるように頑張りたいと思います」(中谷騎手) 19日の阪神競馬(山陽特別・芝1400m)に中谷騎手で出走を予定しています。
3/16矢作厩舎 19日の阪神競馬(山陽特別・芝1400m)に中谷騎手で出走いたします。

<ファルコンS スタート直後>
ファルコンSで落馬しそうな中谷
続きを読む

akugentay at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キャロット 

2017年03月16日

キャロット15年産キャンセル募集 〜 検討中

 キャロット15年産のキャンセル募集対象馬が一昨日の3/14に会員HP内で発表されたが、そのラインナップには当厩舎の愛馬2頭と第一次で応募して落選した2頭が含まれており、なんとなくモヤモヤした感じは拭えない
 まぁ抽選倍率はかなりのものだろうから殆ど当たる可能性は無いものの、「1会員につき1頭限定」というから、本当に一番「あの仔が欲しい」のしか応募できない以上、もう一度見返して検討してみますか
 「あの仔が欲しい」って言えるかな


キャロット
キャンセル募集のご案内 (17/3/14)
キャンセル口数が生じた募集馬について再募集を行います。
(※本募集におけるキャンセル口数は、すべて出資者の退会によって生じたものとなります)
<第1次募集の一般出資枠抽選馬、および第2次募集満口馬>
本キャンセル募集の概要、対象馬(左から募集番号、募集馬名、口数の順)は以下のとおりとなります。
実施期間・・・3月29日(水)正午〜3月30日(木)正午
受付方法・・・クラブホームページ内「キャンセル募集出資申込」、もしくはお電話(03-3524-5061)
申込制限・・・1会員につき1頭限定(口数に制限はございません)
ご請求月・・・競走馬出資金を始めとする代金は4月度にご請求申し上げます(分割出資をご選択の場合は3回払いとなります)

※抽選により出資いただける方を決定いたします(先着順での受付ではございません)。 当落にかかわらず、実施期間にお申込みをいただきました皆様に対して、3月31日(金)夕方にホームページメッセージ機能で抽選結果をご案内いたします。
募集番号2番 ガヴィオラの15 2口
募集番号3番 イルーシヴウェーヴの15 6口
募集番号6番 ディアデラノビアの15 5口
募集番号11番 カニョットの15 2口 
募集番号12番 エレンウィルモットの15 5口
募集番号17番 ペルレンケッテの15 4口
募集番号18番 フェルミオンの15 4口
募集番号19番 ロフティーエイムの15 3口
募集番号20番 ブロードピークの15 3口
募集番号21番 クロストウショウの15 1口
募集番号25番 スプリングシーズン兇裡隠機。恩 
募集番号27番 ヴィアンローズの15 2口
募集番号28番 アドマイヤドレスの15 16口
募集番号29番 アドマイヤサンデーの15 2口
募集番号31番 ジュモーの15 3口
募集番号32番 メガクライトの15 8口
募集番号34番 ミスティーク兇裡隠機。恩
募集番号36番 ファーストチェアの15 2口
募集番号37番 マイティースルーの15 1口
募集番号40番 コスモチェーロの15 5口 
募集番号45番 リーチコンセンサスの15 1口
募集番号52番 シンハリーズの15 4口 
募集番号54番 ドルチェリモーネの15 3口
募集番号57番 ラフォルジュルネの15 2口
募集番号59番 ケイティーズジェムの15 16口
募集番号61番 ヴェルデライトの15 3口
募集番号62番 フォルテピアノの15 2口
募集番号63番 レースウィングの15 15口
募集番号65番 ピューリティーの15 5口
募集番号66番 グレイシアブルーの15 5口
募集番号68番 ディミータの15 3口
募集番号70番 ピンクアリエスの15 3口
募集番号72番 アレキサンドリアの15 7口
募集番号75番 ティフィンの15 5口
募集番号77番 オーベルゲイドの15 2口
募集番号79番 バイオレントハートの15 1口
募集番号83番 ブリッジトウショウの15 1口
(3月14日現在)

<第1次募集(最優先希望馬)および1.5次募集での満口馬>
キャンセル発生馬は以下のとおりとなり、抽選の結果、落選となられた方に付与しておりますキャンセル番号順に、3月15日(水)より順次クラブからご登録いただいておりますお電話に出資の意思確認をさせていただきます。本募集における出資可能口数は従前の申込口数を上限とさせていただきます。付与しました最後のキャンセル番号まで到達した時点においても出資者が決定しなかった口数については、通常のキャンセル募集対象馬として扱わせていただきます。また、本募集における出資金につきましては4月度にご請求申し上げます(分割の場合は3回払い)。
募集番号10番 ジンジャーパンチの15
募集番号13番 マルティンスタークの15
募集番号14番 クルソラの15
募集番号15番 ヴィートマルシェの15
募集番号22番 ヴァンドノワールの15
募集番号26番 キューの15
募集番号35番 カドリーユの15
募集番号39番 シーズンズベストの15
募集番号43番 アドマイヤキラメキの15
募集番号53番 トゥザヴィクトリーの15
募集番号58番 アソルータの15
募集番号64番 レックスレイノスの15
募集番号67番 ヴェラブランカの15
募集番号71番 フェリスタスの15
(3月14日現在)
※付与しましたキャンセル待ち番号の進捗状況につきましては、本募集終了後に改めてインフォメーションにてご案内させていただきます。
続きを読む

akugentay at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一口馬主 | キャロット

2017年03月10日

今週末の愛馬出走予定 〜 コメットさん、2勝目祈願

 今週は1頭だけ。当厩舎の現役馬の大半が短期放牧中なので稼働馬が少ないから出走馬が少ないのは仕方ないが、休んでもあまり効果が上がっていない様に感じられるので、今月中にちょっと慰問に行こうかと計画中。
 で、今週出走するコメットさん。良血のディープ産駒牡馬で高額募集馬、しかも新馬戦快勝で2戦目重賞挑戦2番人気の本馬は、世が世ならバリバリのOPで重賞で人気・・・・・の筈なのだが、いまだに1勝しかしておらず(6歳以上で1勝馬はメイン競走に出走できない)ローカル出走専用に成り下がっているのは、故障(屈腱炎)などを経験しているからとは言え歯痒い。とは言え、全16戦のうち2015/12以降が11戦、転厩後はそれなりに実戦を続けて使って貰っているから、齢7歳にして漸く徐々に身が入りつつあるのは実戦スピードが何よりの鍛錬である証拠。このクラスで上がり2位・3位を記録するのは常態、流れ一つでチャンスはある筈。なんとかして2勝目を挙げ、ローカル専用のドサ周りの立場を脱したい。期待しています。

キャロット
【コメットシーカー 牡7 [500万] 栗東・西村 キャロットF】
☆3/11(土) 中京7R 4歳上500万 芝2000 ☆56 鮫島駿 自信度:B+

3/9西村厩舎 8日は栗東坂路で追い切りました(56秒5−39秒6−25秒8−12秒6)。9日は軽めの調整を行いました。「水曜日に坂路で追い切っています。手応えとしてはそれほどビッシリと追ったわけではありませんが、併せ馬でしっかりと負荷をかけることができましたし、終いまでいい動きを見せてくれていました。脚元は入念にケアとチェックと行っていますが、落ち着いた状態を保つことができていますし、ここまでは順調に調整を進めることができました。前走は案外伸び切れませんでしたが、もっとやれていい馬ですし、ここは改めて期待したいと思います」(西村師) 11日の中京競馬(4歳上500万下・芝2000m)に鮫島駿騎手で出走いたします。続きを読む

akugentay at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キャロット 

2017年03月04日

今週末の愛馬出走予定 〜 ガンバレ!3歳馬たち

 今週は4頭。土曜日にベテランが小倉で自分との闘い、日曜日は3歳馬が新馬・未勝利・重賞とそれぞれ自分のステージで頑張る。

 まずは土曜日のセルバン。1勝馬は6歳になるとメイン開催場での出走が出来ない為、第3場を渡り歩くことになるので出張等の手数が掛かることから、今後の活躍が見込めない馬は厩舎が諦めて引退することも多い。セルバンは高額良血馬ということもあり、また6歳ながらまだまだ馬体がパンとしていないこともあって現役続行。今回は前走に引き続き小倉で滞在競馬だが、馬体が小さいので輸送のない滞在競馬は良い条件だし、幸いにしていい状態をキープ。前走はちょっと勿体ない競馬だったので、今度こそ2勝目を挙げたいところ。

キャロット
【セルバンテス 牡6 [500万] 美浦・久保田貴 キャロットF】
☆3/4(土) 小倉8R 4歳上500万 芝1800 57 菱田 自信度:B+

3/2小倉競馬場 2日は軽めの調整を行いました。「再び現地に状態の確認を行いましたが、変わらず元気一杯ということでした。滞在と通いでは、競馬へ向かえる体重が10キロ近く違ってくる馬ですし、スケジュール的にはハードですが、元気ならば出走を前向きに考えてみてもいいのではないかと思えました。それでギリギリまで出馬状況を見ていたのですが、強豪馬揃いというわけではなさそうでしたし、小倉開催も最終週とあって時計もセルバン向きになってくれるのではないかという期待もできましたので、今週行くことにしました。先週に続いて菱田が乗れるということですから前回の経験を活かしていい競馬をしてほしいと思っています」(久保田師)
 4日の小倉競馬(4歳上500万下・芝1800m)に菱田騎手で出走いたします。

 日曜日の3歳馬3頭、まずは未勝利戦のキラー嬢。新馬戦芝1600はアルアイン(2勝・シンザン記念Α砲糧焦録蛤垢寮貿圓覆蕁⊇臈なら勝ち上がりは間違いないレベル。2戦目芝1800はややガス欠気味で距離が長かった印象の5着、満を持して芝1600に戻した3戦目は、重馬場なのに内を突く騎手のボーンヘッドであろうことか6着に敗れ、その反動で放牧。そして今回、2ヶ月振りの復帰戦は初めての牝馬限定戦&芝1200戦はちょっと距離適性に疑問は残るし、繁殖の可能性を確認する一戦の様な気がするけど、まずは1つ勝たないと話にならないので、このレースを選んだ陣営を信じるしかない。こんなところでモタモタする筈は無い馬なので、キッチリとした結果を期待したい。
 次は当厩舎3歳世代で唯一未出走だったサンラファエルが新馬戦に間に合ってのデビューとなり、この世代の当厩舎デビュー率100%。残り少ない新馬戦のダート中距離に多くの出走登録があったのだが、無事に出走出来てルメール騎手を確保していた甲斐があった。本馬は育成中の2歳6月に右前第3手根骨骨折と右前膝剥離骨折をして右前脚骨片摘出手術を実施、その時の面会時は馬房に入ると首を巻き付けて甘えて来たけど、その3か月後の骨折が癒えたキャロットツアー時には割と素っ気ない態度だったのはちょっとなんなんだ感があった。骨折休養で調教は遅れ、また両膝にやや負担が掛かる傾向があるなかの調整、やっとデビューに漕ぎ着けたもの。バリバリ調教をこなしての実戦ではないので一抹の不安は拭えないが、素質の高さでなんとか恰好を付けて欲しい。期待しています。
 今週のトリは勿論、皐月賞TR・弥生賞に挑戦するグローブシアター。兄リオンディーズは昨年1番人気で2着に敗れ、そこから競馬がチグハグになってしまって、結局、クラシックどころか1勝も挙げられずに引退してしまった。その全弟の本馬は、牧場のボスだった兄たちと比べると小振りで普通の馬、その分、闘争心もそれほど表に出さずに淡々としているのは、寧ろ距離延長には向いている。牧場面会は2回しているが、「おい、ちゃんと飼葉喰わないと大きくなれないぞ」に納得した表情を見せる程度には人間とコミュニケーションが取れる様にはなっているので、角居厩舎でも調教師にじゃれついて遊んでいる動画も見られるだろう。ややエンジンの掛かりが遅いタイプなので、前目の良い位置に付けて直線遮二無二追いが出来る川田騎手には合いそう。まだ1勝馬だからここで権利を獲ることは勿論、ダービー出走を見据えれば、最低でも2着迄には入りたいところ。いや、出来ればここは勝利を挙げて全兄の仇を討ち、クラシック戦線に名乗りを上げたい。大いに期待しています。

サンデーR
【キラービューティ 牝3 [未勝利] 栗東・高野 サンデーR】
☆3/5(日) 小倉3R 3歳未勝利(牝 芝1200 54 北村友 自信度:B+

2017年03月01日栗東TC 今週3/5(日)小倉・芝1200m戦に北村友騎手で出走予定です。ただし、想定ではフルゲート18頭を超える29頭が出走を表明しており、現時点では出走間隔の関係で除外対象となっています。3/1(水)は坂路コースで2本乗り、2本目に半マイル54.4-39.2-25.5-12.7の時計をマークしました。前走後に放牧先でじっくり調整したことで、良い状態でレースを迎えられそうです。出走の場合は短距離の速い流れに対応できるかが好走へのポイントとなります。
2017年03月02日栗東TC 3/5(日)小倉3R・芝1200m(牝)戦に北村友騎手で出走が確定しています。このレースは18頭立てになりました。本馬より出走間隔のある馬に回避馬がでたため、出走の運びとなっています。

キャロット
【サンラファエル 牡3 [新馬] 美浦・武井 キャロットC】
☆3/5(日) 中山3R 3歳新馬 ダ1800 56 ルメール 自信度:B+

3/2武井厩舎 1日は美浦坂路で追い切りました(52秒4−39秒2−26秒1−13秒0)。2日は軽めの調整を行いました。
 「先週はある程度しっかり動かしたということもあり、週末はケアとゲートの確認に徹しました。ゲートはしっかりと出すまで行いましたが、それなりに出てくれていましたので、実戦でも同じように対応してほしいですね。週明けの様子も問題なかったので水曜日に最終追い切りを行っています。これまでと同じく坂路で時計を出しましたが、サンラファエルのほうが動くと思い、パートナーの少し後ろを追走させて、終いで並びかけられればと思っていたんです。ただ、結果的には相手のほうが動いたのと、サンラファエルのほうが仕掛けてビュッと反応しきれなかったこともあって遅れる形になりました。それでもしっかりと動かせていますし、悪くない調教はできたと思っています。態勢は整えられたと思いますので、あとは除外があるかないかでしたけれど、無事に出走が確定しました。先週ダート1800mという条件がなかっただけに多くなるかもしれないと思っていたので、使えなくなるというのは避けたいなと心配していたんです。ルメールジョッキーも押さえられていましたからね。それなので無事に出走できて良かったですし、何とか良い競馬を見せてほしいと思っています」(武井師)
 5日の中山競馬(3歳新馬・ダ1800m)にルメール騎手で出走いたします。

キャロット
【グローブシアター 牡3 [500万] 栗東・角居 キャロットC】
☆3/5(日) 中山11R 弥生賞(G2) 芝2000 56 川田 自信度:B+

3/1角居厩舎 1日は栗東CWコースで追い切りました。
 「今朝はジョッキーを乗せてCWコースで3頭併せを行いました。まだ子供っぽさはありますが、ラスト1ハロン11秒台をマークしているように、非凡な能力も感じます。ここまでは順調に調整できましたし、なんとか本番への権利を取ってもらいたいですね」(岸本助手)
 「今朝、追い切りに乗せていただきました。それほど調教で良さは見せないと聞いていましたが、確かにそんな感じでしたね。兄のエピファネイアには乗せていただいたことがありますが、跨がった感触は全然違いますし、とても穏やかな性格です。自分から前向きに走るという感じがなくて、道中も促したら促した分だけ動く、という印象です。あちこち物見もしているのですが、気性が難しいというのではなく、単にまだ幼いんでしょう。本当に良くなるのは先かもしれませんが、能力が高いのは間違いありませんから、レースではうまく流れに乗れるように心がけていきたいと思います」(川田騎手)
 5日の中山競馬(弥生賞・芝2000m)に川田騎手で出走を予定しています。続きを読む

akugentay at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社台サンデー | キャロット

2017年03月02日

新・一口馬主クラブ誕生も前途多難

 かねてより一部で噂になっていたパカパカファーム母体の新一口馬主クラブが誕生、その名は「ワラウカド」。パカパカファームの創業者兼代表であるハリー・スウィーニィ氏が待兼牧場との関係で名付けた模様。
https://www.waraukado.club/

 だがパカパカファームと言えば、セレクトセールに多数上場させるのだが、その馬の出来に比較して高過ぎるリザーブ価格の故に主取り続出であることは知る人ぞ知る。その処分先として一口馬主クラブを利用してやろうという魂胆が透けて見えることは、募集馬3頭中2頭が主取りだった馬なので明らか。
 しかもその目玉募集馬、ダービー馬・ディープブリランテの全弟「ラヴアンドバブルズの2015」(父ディープインパクト)の「それほどまで特別な本馬のため、当歳時より売却しない方針でいました。」の謳い文句は、そこはワラウトコと総突っ込み
 というのも、同馬が2015年のセレクトセール当歳セールに上場したという厳然たる事実を見れば、「当歳時より売却しない方針」が嘘であることは明白。このネット時代にバレバレの嘘をつく金融業者を信用できるかと問われれば愚問、そもそも金融商品の勧誘にバレバレの嘘を記載しているのは虚偽告知で悪質な金商法違反(金商法第 38 条第1号)。
当厩舎はこのクラブに入会する積りは未来永劫ないと断言できる

ワラウカド
1 ラヴアンドバブルズの2015  2歳 牡 鹿毛 9,000万円
 2015セレクトセール上場番号:401 当歳主取り(写真)
2 タイキクラリティの2015  2歳 牝 鹿毛 3,500万円
 2015セレクトセール上場番号:384 当歳主取り(写真)
3 バブルドリームの2015  2歳 牡 鹿毛 1,200万円

<ラヴアンドバブルズの2015>・・・セレクトセール当歳セール上場時
上場番号401 ラヴアンドバブルズの2015(父ディープインパクト)
 本馬は非常に特別な存在で、日本ダービー馬・ディープブリランテの全弟というだけでなく他馬と比較してもバランスが良く非常に動きの良い牡馬です。偉大な父の影響を色濃く受け、馬体重も464kg(2/25現在)と均整の取れた平均的なサイズです。非常に力強い後駆をしており筋肉質の馬体が特徴で、芝の2000から2400mに適性を感じます。動きの良さが非常に目立ち、歩様もなめらかでキャンターでの動きにもしなやかさが目立ちます。パカパカファームで馴致をされましたが、非常に賢く物覚えの早さに驚いたことを覚えています。
 現在は浦河の吉澤ステーブルで育成をされていますが、キャンター(18秒/F)で坂路コースを1日2本ほど上っています。吉澤ステーブルのスタッフからも高い評価を受けており、今秋のデビューを目指しています。気性も素直で扱いやすく、生まれた時から一流馬の雰囲気を醸し出していました。あたかも自身が特別な存在であるかのような立ち居振る舞いは大きな未来を感じます。それほどまで特別な本馬のため、当歳時より売却しない方針でいました。私達の期待しているこの牡馬で、2018年5月の最終日曜日に競馬場でお会いできることを夢見ています。

<タイキクラリティの2015>・・・セレクトセール当歳セール上場時
上場番号384 タイキクラリティの2015(父オルフェーヴル)
続きを読む

akugentay at 22:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)一口馬主 

2017年02月25日

今週末の愛馬出走予定 〜 ライアン去っても主戦確保

キャロット
【セルバンテス 牡6 [500万] 美浦・久保田貴 キャロットF】
☆2/25(土) 小倉7R 4歳上500万 芝1800 57 菱田 自信度:B+

2/22小倉競馬場 22日は小倉ダートコースで追い切りました(71秒0−55秒7−41秒2−12秒9)。
 「前走後はそのまま小倉に滞在して次走を目指して調整をしていますが、大きな問題はなさそうでした。最短で今週から競馬を考えていこうと思い、今朝追い切りをかけています。引き続きジョッキーの西村に手伝ってもらって追い切ったのですが、動きは良かったとのこと。一度使って程よく締まりも出て動きも良化しているということでしたよ。前回も良いところは見せていますが、展開が向かなかったところもあります。気持ちも体もいいほうへ変われば行きっぷりもまた違うでしょうし、前進に期待したいですね。今週ならば芝の1800mか2000mが本線になると思いますので、想定を見ながら判断していくつもりです」(久保田師) 25日の小倉競馬(4歳上500万下・芝1800m)もしくは同日の小倉競馬(4歳上500万下・芝2000m)に出走を予定しています。
2/23小倉競馬場 25日の小倉競馬(4歳上500万下・芝1800m)に菱田騎手で出走いたします。

サンデーR
【アルカサル 牡4 [1000万] 美浦・大竹 サンデーR】
☆2/26(日) 中山12R 4歳上1000万 ダ1800 56 田辺 自信度:A

2017年02月22日美浦TC 今週2月26日(日)中山12R・ダート1800m戦に56kg田辺騎手で出走予定です(ムーア騎手は予定を早めて帰国したため、田辺騎手に変更となりました)。本馬は出走間隔が空いていますので、除外の心配はありません。明日(木)に速めを追う予定です。先週(日)にウッドチップコースにて併せ馬で追われ、動きがもうひとつでした。
 大竹調教師は「先週(日)に強めに追いましたので、明日(木)は調整程度で乗ります。スタッフが乗ると歩様が少し硬く、精神的にピリピリするところあります。現状では背腰がまだ弱いところがありますが、血統を考慮するとこれから良くなってくるでしょう。力は出せる状態です」とのことです。
2017年02月23日美浦TC 今週2月26日(日)中山12R・ダート1800m戦に56kg田辺騎手で出走予定です。本日(木)ウッドチップコースにて単走で追い切り、524-381-125の時計をマークしています。単走としては、非常にいい動きでした。
2017年02月23日美浦TC 今週2月26日(日)中山12R・ダート1800m戦に56kg田辺騎手で出走が確定しています。続きを読む

akugentay at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社台サンデー | キャロット

2017年02月20日

今週の愛馬地方出走予定 〜 ユングフラウ賞除外で着実に

 クラシック目前にした南関は出走権争いが熾烈で、賞金が足りないと毎度苦労する。今回も重賞・ユングフラウ賞(S2)出走にはあと25万円足りず一番違いで除外ということは、前走が5着(58.5万円)じゃなくて4着(84.5万円)なら出走できていたってことで、一般の競馬ファンには分かり難いだろうけど、1着〜3着の馬券対象以外の着順でも、4着か5着かの着順1つでその馬の今後の進路が大きく変わってしまうことが良くあるので、その重みをズッシリと感じる。逆にここら辺の着順に無頓着で最後手を抜く騎手はプロ失格だな。
 まぁ決まったものは仕方ないので塞翁が馬とする他ないが、若盛(ワカザカリ)特別は牡馬との混合戦だから甘い戦いにはならないが、牝馬ならユングフラウ賞を出走できるにも拘わらず回避して来たフィールザファイアが当面のライバルか。いずれにしろ、裏街道に回った以上、キッチリとした賞金上積みが必須。主戦・森泰斗騎手に戻っての一戦、期待しています。

ユングフラウ賞(S2):1着1200万円(優先) 2着420万(優先) 3着240万円 4着120万円 5着60万円
若盛特別:1着220万円 2着66万円 3着37.4万円 4着28.6万円 5着22万円


吉田照哉
【イントゥゾーン 牝3 [3歳458万] 船橋・川島一 社台O】
☆2/21(火) 浦和7R 若盛特別 3歳(一) ダ1600 54 森泰斗 自信度:B+

2017年02月15日船橋競馬場 2月22日(水)浦和・ユングフラウ賞(S)・距離1400m戦への出走を目標に調整していますが、収得賞金順(フルゲート12頭のところへ16番目)で除外の可能性があります。除外の場合は2月21日(火)浦和・若盛特別・距離1500m戦へ向かう予定です。中間追い切りは2月10日(金)に5Fから65.2-49.8-37.7秒の時計を馬なりでマークし絶好の動きをみせています。
2017年02月19日船橋競馬場 ユングフワウ賞を除外になり、2月21日(火)浦和7R(13時55分発走)・若盛特別・距離1500m戦へ54kg森騎手で出走します。12頭立ての8枠11番です。「馬体が成長して、パワーアップしてきました。ユングフワウでも勝ち負けになるくらい、かなり良くなっていますよ。」(西村騎手)。

20170222ユングフラウ賞
続きを読む

akugentay at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)南関東公営 | 社台サンデー

2017年02月18日

今週末の愛馬出走予定 〜 オイラの分も

 今週は大挙5頭が出走。おいらの地元東京でも3頭が出走するし、中でも土曜日の重賞ダイヤモンドSには当厩舎現大将格ファタモルガーナの悲願=重賞制覇が掛かっているだけに現地観戦と行きたいところなのだが、ナント、おいらがインフルエンザ(A型)に罹患してダウン。馬主と愛馬の運気はシーソーゲームの伝で行けばこれはむしろ吉兆、おいらは自宅で療養しながら府中からの朗報を待ちたいと思います

シルクR
【ブライトクォーツ 牡3 [未勝利] 栗東・荒川 シルクHC】
☆2/18(土) 京都2R 3歳未勝利 ダ1800 56 田中学 自信度:C

 荒川義之調教師「15日に坂路で追い切りました。元気が良過ぎて集中力が散漫なところが窺えるので、この中間はプール調教を取り入れました。力を付けたことで、元気の良さが目立つようになりましたが、動きはだいぶ力強さが出てきましたから、これが競馬に直結するようになれば成績も伴ってくるでしょう。2月18日の京都・ダート1,800mなら中1週でも節が足りましたので、田中学騎手で投票させていただきました」

シルクR
【ヴィッセン 牡6 [1000万] 栗東・石坂正 シルクHC】
☆2/18(土) 東京8R 4歳上1000万 ダ2400 57 フォーリ 自信度:B+

 石坂正調教師「15日に坂路で追い切りました。併せた相手がフェブラリーステークスに出走を予定しているベストウォーリアでしたから、追い比べで見劣ってしまいました。でも2週続けてしっかり時計を出すことが出来ましたし、いつも以上に最後までしっかり動けていましたから、いい具合に仕上がっていると思います。今回は距離が2,400mに延びることで、前半は自分のペースで走れますから、追走はかなり楽になると思います。外国人ジョッキーは最後までしっかり追ってくれますし、この馬には合っていると思います。東京競馬場は2度経験していますが、距離は違うものの、2走とも差のない競馬をしていましたから、相性は悪くないと思います。良い競馬を期待しています」

キャロット
【ファタモルガーナ 騙9 [OP] 栗東・荒川 キャロットF】
☆2/18(土) 東京11R ダイヤモンドS(G3) 芝3400 56 蛯名 自信度:A

2/15荒川厩舎 15日は栗東坂路で追い切りました(53秒0−38秒7−25秒4−12秒9)。「もともと坂路ではそれほど動く馬ではなくて、先週のラスト1ハロン12秒3というのはベストの時計だったんじゃないかと思います。前走後思った以上にダメージがなくて、特に背腰の状態が良かったのですが、放牧から戻ってきてからも引き続き状態が安定していて、トモの肉付きもいいんですね。そのあたりが坂路でしっかり動ける要因なのでしょう。今朝は最終調整という形でビッシリとはやっていませんが、後半の時間帯で53秒0ですから十分ですね。ゲートの確認も行っていますが、特に気になるところはありません。強い相手はいますが、蛯名ジョッキーに続けて乗ってもらえるのもプラスですから、いい結果を期待しています」(荒川師) 18日の東京競馬(ダイヤモンドS・芝3400m)に蛯名騎手で出走を予定しています。
2/16荒川厩舎 18日の東京競馬(ダイヤモンドS・芝3400m)に蛯名騎手で出走いたします。

シルクR
【ゼアミ 牡6 [1000万] 美浦・竹内 シルクHC】
☆2/19(日) 京都12R 4歳上1000万 ダ1400 57 中谷 自信度:B+

 竹内正洋調教師「15日に坂路コースで追い切りを行いました。単走・馬なりで好時計をマークしましたが、それでもまだ余力がありました。状態に関しては言うことはありません。前回よりも落ち着きが出てきて、更に雰囲気がよくなっています。想定によると東京の方は5節でも抽選にかからない状況でしたので、京都に回ることにし、鞍上は中谷騎手にお願いしました。ここまで左回り中心に使われてきていますが、こちらの調教では口向きなど気にならないですし、コントロールも利いているので、ここで試してみてもいいでしょう」

グリーンF
【シュテルングランツ 牡6 [1000万] 栗東・須貝 グリーンF】
☆2/19(日) 東京12R 大島特別 ダ1400 57 ルメール 自信度:B+

 2月19日(日)東京・大島特別(ダ1400m)にルメール騎手で向かう予定。15日、須貝調教師は「本日、ルメール騎手を背に坂路で追い切りを行い、上々の動きを見せてくれました。状態は良くなっており、予定通り今週のレースに向かいます」とのこと。続きを読む

akugentay at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キャロット | シルクHC

2017年02月12日

今週末の愛馬出走予定 〜 セルバン、西へ

 今週はセルバン1頭だけ。そのセルバンは虚弱体質の為に約3ヶ月振りの出走だが、厩舎は色々と工夫してくれているから、比較的安心して任せていれば良いのは気が楽。ただ今回の鞍上はNG騎手の藤岡佑というのが気に掛かるが、さて、どんな騎乗をするのか。あまり期待しないで見守ります

キャロット
【セルバンテス 牡6 [500万] 美浦・久保田貴 キャロットF】
☆2/12(日) 小倉9R 4歳上500万 芝2000 57 藤岡佑 自信度:B+

 2/9小倉競馬場 8日は小倉ダートコースで追い切りました(71秒6−56秒3−41秒6−13秒2)。9日は軽めの調整を行いました。
 「先週追い切った翌日の朝の状態をしっかりと確認して問題なかったのでそのまま現地へ入りました。移動前はそれなりにカイバを食べることができていたのですが、現地に入るとちょっと細くなってしましたね。そういうことも想定して1週前に持っていったのですが、数日は馴染ませるように軽く動かしていました。段々と戻ってきていて悪くないなと思えたことから、調教を手伝ってくれることになった西村ジョッキーを背にして昨日ダートコースで追い切っています。以前との比較という点ではジャッジが難しいのでしょうけれど、昨日は少し力みも見られる走りだったということでしたね。先週の動きがもうひとつピリッとし切れませんでしたから前走同様ブリンカーの着用も考えていたのですが、その追い切りの走りを考えるとそこにプラスしてブリンカーをすると余計に力みが生じてしまいそうです。そのため、投票時に申請をしなければいけないブリンカーは着けないことにして、明日から競馬にかけての様子を見てチークピーシズを使ってみるか、このまま何もつけないで競馬へ向かうようにします。態勢は整っていますから予定通り今週の競馬へ向かいますが、日曜日の平場のほうで藤岡佑介ジョッキーを押さえられました。小倉で間違いなく上位だと思いますし、手も合いそうですから、彼とのコンビで日曜日のレースへ向かいます」(久保田師)
 12日の小倉競馬(4歳上500万下・芝2000m)に藤岡佑騎手で出走いたします。続きを読む

akugentay at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キャロット 

2017年02月11日

ディスキーダンスが引退 〜 重度の繋靭帯炎で

 当厩舎の現・古馬四天王の一角で準OPのディスキーダンスが突如引退となってしまった。 1/29京都出走後、恒例の山元TCに放牧に出て、4月8日(土)中山・湾岸S芝2200を復帰戦に予定していたのだが、山元TC放牧後まもなく左前肢球節内側のナカスジ部分が大きく腫れて重度の繋靭帯炎と診断、直ぐに現役引退と乗馬転出が決定されたもの。まだまだ準OPでやれるどころか、課題の手前替えさえマスターすればOP入りも夢ではなかった筈で、当厩舎の稼ぎ頭が欠けるのは痛いこれで当厩舎の社台F生産の中央所属愛馬は皆無となってしまったのは、構造的に芝向きの馬を生産・育成できない社台Fの現状に鑑みれば残念だが当然。本馬も募集時には隠蔽されていた疾患=喉鳴りを克服してのもので手放しではないし、タイガーファング事件をやらかした前科もあるし、当厩舎の社台F生産の中央募集馬への信頼感は皆無だからなぁ

 思えば3勝目の安房特別(1000万)では有馬記念と同じ中山・芝2500で2:31.9と好タイムで勝ち上がり、当時の2着馬プレストウィックはその後OP入りしてステイヤーズS(G2)でも4着しているのだし、その前のレースではあのマリアライト(エリ女、宝塚)を抑えて1番人気になったり(3馬身完敗の2着だが)、或いは苦手の東京戦でもダービーフィズ(函館記念)と0.1秒差の接戦と、本馬もOP入りして重賞で活躍しても不思議なかっただけに、志半ばにしてここで引退は残念
 今後は乗馬を予定しているとのことで、また何処かで会えれば乗ってみたいな。これまで有難う、また会いましょう

社台RH
【ディスキーダンス 牡6 [1600万] 美浦・手塚 社台RH】
29戦4勝 [4-3-4-18] 8,593.2万円 募集価格3,000万円 父ステゴ×母ダンスフォーママ(近親ハーツクライ) 
2017年02月10日山元TC さる2月3日に山元TC放牧後、まもなく左前肢球節内側のナカスジ部分が大きく腫れてきてしまいました。すぐに山元TCの獣医師がエコー検査を実施したところ、エコーの画像で見ると繋靭帯の広い範囲が炎症によって完全に黒く抜けていることが確認されて、重度の繋靭帯炎(けいじんたいえん)であることが判明しました。手塚調教師によれば、いつもレース後に一過性の微熱が出る箇所で、5日間様子をみて問題ないと判断して放牧へ出した経過がありました。今回のケースは、レースでの疲労が積み重なって、それまでずっと中にこもっていたものが、リラックス状態となって一気に腫れが表出したものと推察されます。
 今回のエコーの画像は手塚調教師に見てもらい、山元TCと社台Fの獣医師も交えて、今後の処遇を慎重に協議しました。この繋靱帯炎は、屈腱炎と並んで競走馬にとっては最も厄介な脚部の疾患とされており、しかも今回の症状は重度のものであることから、たとえ長い期間をかけたとしても復帰は難しいという見解で一致しました。このままでは維持費出資金等の会員様のご負担ばかりが増大してしまうことから、まことに苦汁の決断となりますが、この時点で本馬の現役引退と乗馬転出を決定いたしました。本馬は芝の中長距離戦を主戦場に、まだまだ活躍が見込めた馬だっただけに、会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、なにとぞご了承賜りますようお願い申しあげます。なお、引退に関しての事務手続き等の詳細につきましては、あらためて書面にてご案内させていただきます。続きを読む

akugentay at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一口馬主 | 社台サンデー

2017年02月04日

今週末の愛馬出走予定 〜 14年産世代で唯一の・・・

 今週は3歳未勝利馬が1頭だけ。そのブライトクォーツは、当厩舎14年産世代9頭の中で唯一の「未勝利・掲示板無し。この世代でいまだに未勝利なのは3頭残っているのだが、他の2頭は共に1番人気と馬券対象(2着・3着)双方の経験馬だから勝ち上がりに問題はないが、勝ち上がりが問題となるのは9頭中で本馬ただ一頭だけ
 本馬は1次募集時には見送ったが、その後の成長過程であまり追わないのに軽々と14秒台のタイムが出る育成調教VTRを見て追加出資を決めたもの。父ワークフォースは日本の競馬に合わないとの烙印を押されて早々に欧州へ強制送還されてしまった様にスピード不足感は拭えないが、大型で伸びやかな馬体はワンペースでのスタミナ勝負、恐らく芝の中長距離戦が本領発揮の場。デビュー戦に芝1200を選んだのには驚いたがその後はダート1800を2戦、3ヶ月の成長放牧明けの一戦。京都戦だが騎乗経験のある蛯名騎手に依頼、どんな成長が見られるかで、本馬が唯一の未勝利馬のまま終えるか否かが見えてくる試金石のレースは、さて。

シルクR
【ブライトクォーツ 牡3 [未勝利] 栗東・荒川 シルクHC】
☆2/4(土) 京都1R 3歳未勝利 ダ1800 56 蛯名 自信度:B

 荒川義之調教師「1日に坂路で追い切りました。後半の時計が掛かる時間帯でしたから、あまり目立つものではありませんが、動き自体は力強く最後まで走っていたので、仕上がりとしては悪くありません。帰厩当時は元気を持て余して煩いところを見せていましたが、ここに来てON・OFFの切り替えがだいぶしっかり出来るようになりました。想定を見てから番組を検討しようと思っていましたが、4日の京都に前々走で騎乗してもらった蛯名騎手が乗りに来ることになり、この馬の感触を分かっている騎手の方が休養前との比較がつけやすいですから、彼に乗ってもらうことにしました。一息入れたことで成長は窺えるので、どれだけレースで変わり身を見せてくれるか楽しみにしています」続きを読む

akugentay at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シルクHC 
senkaku諸島は固有の領土
senkaku
1594095
Amazonライブリンク
魔女のタロット占い

株式会社トライアングル
携帯用QRコードはこちら
QRコード
アクセスカウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives