2021年09月18日

今週末の愛馬出走予定 〜 キャロット3頭が出走

キャロット
【ヴェールアップ 牝3[1勝クラス] 栗東・橋口慎 キャロットC】
☆9/18(土) 中京6R 3歳上1勝クラス (牝) ダ1800 52 川田 自信度:A−

21/9/15 橋口厩舎 15日は栗東坂路で追い切りました(54秒0−38秒7−24秒8−12秒1)。
 「先週しっかりと負荷をかけていますから、今週は坂路で単走、終いだけサッと伸ばすような追い切りを行っています。前半は抑えが利いていましたし、最後に仕掛けてからは鋭い伸びを見せ、メリハリのあるいい調教ができました。成長して体も増えてきており、ひと息入った後でもいい状態でレースに向かうことができそうです」(橋口師)
21/9/16 橋口厩舎 18日の中京競馬(3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1800m)に川田騎手で出走いたします。

キャロット
【メルヴィル 牝2[未勝利]栗東・音無 キャロットF】
☆9/19(日) 中京3R 2歳未勝利 芝1200 54 松山 自信度:B+

21/9/16 音無厩舎 15日は栗東坂路で追い切りました(52秒8−38秒5−25秒0−12秒5)。16日は軽めの調整を行いました。
 「水曜日は坂路で併せて追い切りました。中1週の競馬になるので、サラッと馬なり程度です。53秒ぐらいという指示だったので、時計的にもちょうど良いでしょう。楽に動けていましたし、能力的には上位だと思っています。ただ、調教でも他の馬が近くに来ると少し気にしている素振りがあるので、そのあたり一度実戦を使ったことで変わってきてくれればと思います」(生野助手)
 19日の中京競馬(2歳未勝利・芝1200m)に松山騎手で出走いたします。

キャロット
【ライリッズ  牡2[新馬] 美浦・宮田 キャロットC】
☆9/20(祝) 中山6R 2歳新馬 芝2000 54 ルメール 自信度:B+

21/9/15 宮田厩舎 15日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒3−51秒8−38秒1−12秒0)。
 「競馬は月曜日ですが、調教の組み合わせの都合で今日追い切っています。先週は3頭併せの先行で、チークを着けて後ろからつついてもらったことが良かったのかいい動きを見せてくれましたが、今朝は正直、物足りない動きになってしまいました。今日は引き続きチークを着用して3頭併せの一番後ろから進めましたが、3コーナー手前から鞭を入れる必要があり、直線で体を並べたかったところ、実際は追いつけませんでした。息の入り方や乳酸を調べても、やはり一杯で動けず…と言うわけではなく、走っている際の人の扶助に対して反応が薄く、自分でセーブしてしまっている印象です。調教では気持ちが入っていないのに、終わった直後から急にピリピリし始めるなど、気持ちの面のムラが激しいですね…。カイバはしっかり食べて馬体重は474キロ。馬体は見た目に肩周りの筋肉がついて良くなっていますし、獣医さんに診てもらっても心臓の良さを褒めてもらえるくらいです。今朝は湿り気のある馬場でそれなりの時計は出せているので仕上がりとしては悪くないと思いますから、後は実戦でいかに気持ちを乗せられるかでしょう。調教の感触から経験は必要かなと思いますが、鞍上はルメールさんにお願いしていますから、今回の競馬でいいキッカケを掴みたいです」(宮田師)


キャロットssキャロットクラブより転載許可を頂いております。

競走結果



キャロット
【ヴェールアップ 牝3[1勝クラス] 栗東・橋口慎 キャロットC】
☆9/18(土) 中京6R 3歳上1勝クラス (牝) ダ1800 52 川田 自信度:A− 3人気C+1.0秒 騎乗評価:良

21/9/18 橋口厩舎 18日の中京競馬ではスタートして道中は先団の内につけていく。直線で外へと持ち出し、脚を使ってはいるが前には迫れず3着まで。
 「馬体重は大幅に増えていましたが、これは成長分なので問題ありませんし、むしろもっと肉が付いてもいいのではと思えるほどでした。レースでも道中はしっかりと我慢が利いていましたし、最後もちゃんと反応してよく頑張ってくれましたね。勝てなかったのは残念で大変申し訳なく思いますが、ジョッキーは『以前よりも馬が成長しています』と言ってくれており、レース内容も良かったと思いますから、次でさらに前進を図りたいです」(橋口師)
 プラス16キロと大幅に体は増えていましたが、これはほぼ成長分で、久々でも好仕上がりでレースに臨むことができました。前の2頭には届きませんでしたが、早くもこのクラスにメドの立つ走りを見せてくれましたし、次走以降も引き続き楽しみです。この後はトレセンで馬体を確認してから検討していきます。

キャロット
【メルヴィル 牝2[未勝利]栗東・音無 キャロットF】
☆9/19(日) 中京3R 2歳未勝利 芝1200 54 松山 自信度:B+ 6人気着+0.2秒 騎乗評価:良

21/9/19 音無厩舎 19日の中京競馬では五分のスタートから好位につけラチ沿いから進める。そのまま直線を向くと、追ってからはジリジリ伸びて2着を確保。
 「ベストの結果とならず申し訳ありません。道中手応えが悪く見えたのでハラハラしましたが、ジョッキーに聞いたところ他の馬を気にして進んでいかなかったのだそうです。調教から少しそういう素振りを見せていましたが、内枠からの競馬で外からのプレッシャーもあってさらに進みにくかったのでしょう。勝負どころからはうまくポケットのようにフリーになり、追ってからはいい脚を見せてくれました。ただ、やはりこの気性は気になるので、今度はブリンカーなど矯正馬具を試すことも考えていきます」(音無師)
 調教の動きが良かったわりに初戦の内容がもうひとつだったので心配しましたが、今日はしっかり能力のあるところを見せてくれました。一方心配してた他馬を気にする面も見せていたので、これは今後の課題になってくるでしょう。この後は馬体を確認してから検討します。
21/9/22 音無厩舎 22日は軽めの調整を行いました。
 「先週の競馬は申し訳ありませんでした。ちょっと他の馬を気にしているところがあったようで、道中は進みが悪かったのですが、直線周りがフリーになってからはいい脚を使ってくれました。メドが立つ内容でしたし、課題も見えてきましたから、ひと息入れて次走はしっかり課題に対応できるようにしていきたいですね」(音無師)23日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

キャロット
【ライリッズ  牡2[新馬] 美浦・宮田 キャロットC】
☆9/20(祝) 中山6R 2歳新馬 芝2000 54 ルメール 自信度:B+ 2人気ッ+0.7秒 騎乗評価:可

21/9/20 宮田厩舎 20日の中山競馬では行き脚がつかず後方を追走する。勝負どころで少しずつポジションを上げて直線へ向くも、最後までジリジリとした脚のままで5着。
 「装鞍で少し緊張してうるさくなっていたものの、鞍を置いてからは思いのほか落ち着いていましたね。輸送を挟んでも馬体は悪くなかっただけにあとは実戦で精神面がどう出るかでしたが、返し馬の降ろしがけから頭が少し高く、ゲートの出はゆっくりでした。もともとゲートは速いタイプではないのである程度は予想できましたが、理想はもう少し前で流れに乗りたかったですし、コントロールできないほどではなくても、向こう正面や最終コーナーで少し外に張り気味でした。また、肝心の直線では脚を使っているけど、最後までジリジリでしたね…。ジョッキーは走り自体は真面目だったけど、求められたときにまだ速い脚を使えないから、距離はもっとあっても良さそうなくらいと言っていました。前進気勢云々に関しては調教の時からそうでしたが、このあたりはもう少し経験を重ねつつ、自分から前に進んで行けるように成長を促していきたいです」(宮田師)
 ハミの取り方はゲート入厩時よりも安定していましたが、その一方で気持ちのムラが目立ち始め、調教では肩鞭を使って促しつつ追走する姿が多く見られました。今日の競馬では極端に気性面の幼さは出さなかったとのことも、まだ動き切れない面があり、直線で勝ち負け争いに加わることができませんでしたから、経験を重ねつつ心身共にスピードに対応できるように成長を促していきたいものです。今後は初めての競馬の後なので慎重に状態を確認してから判断していきます。
21/9/23 NF天栄
 「初めての競馬の後なので慎重に状態をチェックしていますが、右前脚と左トモ脚の歩様に硬さを感じさせます。具体的には左腰と右前球節に疲れがあり、腰に関しては使ったなりの疲れかと思いますが、右前脚に関しては球節内側の種子骨部分に負担が掛かっていそうな反応を示していました。元々、見た目に種子骨が綺麗な形をしている馬ではないので念のためレントゲン検査を行ったところ、鬆(す)が入っている(異常な血管陰影が認められる)状態でした。また、中スジに張りやすいところがあり、球節の触診で熱感があります。歩様に関しては全休明けの水曜の午前中はコトコトしていたものの、午後には良化傾向にあるくらいなので軽度の症状と捉えて良さそうですし、同じ症例の馬でも普通に走っている馬もいるくらいなので直ぐにどうこうと言うものではありませんが、気を付けて接していきたいです。競馬に関しては、ルメールさんが言っていましたが、幼くて動き切れないところはあるけど、真面目に走っているとのことでした。実際、レース後に獣医さんに心音を確かめてもらっても、調教のようにセーブ気味で走っているというわけではなく、現状の力は発揮してくれたようですし、それを踏まえても心身の成長をさらに促していくために時間は必要でしょう。5月中旬と遅生まれですし、育成段階から見てもらっていた北海道の獣医さんやイヤリングのスタッフさんとレース後に話をした際もまだ時間はかかると言われていますから、レース後の状態と成長曲線を踏まえて放牧を挟んで間隔を空けることしました」(宮田師)23日にNF天栄へ放牧に出ました。

akugentay at 09:00│Comments(0) キャロットF 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
senkaku諸島は固有の領土
senkaku
1594095
携帯用QRコードはこちら
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
キーワード
社台 サンデー サンデーレーシング シルク シルクホースクラブ キャロット キャロットファーム 一口馬主 募集馬 募集ツアー 社台オーナーズ 社台地方オーナーズ 地方競馬 馬主 中央競馬 JRA JRA 募集馬検討 グリーンファーム グリーンファーム愛馬会