2022年05月21日

今週末の愛馬出走予定 〜 やっとデビューする3歳馬

 今週は3頭、うち1頭はオークス週にしてやっとデビューする3歳牝馬。でもまだデビューできるだけマシで、まだデビュー出来てない3歳牝馬があと1頭いますからね。まぁこの世代は募集ツアーが開催されておらず実馬を見てないというのもあるけど、今週デビューするのは母馬優先でゲットした馬なので縁故採用って側面もあるからね
 
 土曜日はシュヴァリエローズ。前走は賞金加算を狙って重賞を使ったのだが6着で失敗、今度は中一週と間隔が詰まって得意とは言えない長距離輸送の東京遠征でOP特別ってのは、体調は大丈夫なのか心配になるところだが、鞍上はルメール騎手を用意したとのことでマジで賞金加算に来たのか、それともオークスに備えて馬場偵察に来たのかは知らん。リステッドでもない単なるOP特別ならばリステッド勝ち実績の本馬は格上、福島・新潟で「2000はちょっと長い」と陣営が判断して距離短縮の芝1800、期待しています。

 日曜日はまず本日デビューするセラディーンは出資愛馬プルメリアスターの1番仔で泡ブラ、あのリスグラシューが叔母。父モーリスはおいらの好みではない(基本的に禁忌けど、馬体的には父に似ず母系似なのでまぁ好みの体形。ここまでデビューが遅れたことでお察しのとおり弱いところがあるのが難点。比較的長いところ向きの馬体なんで、取り敢えず芝2000でデビューすることは理にかなっており、流石は先輩。メンバー的にはリーチ掛りの馬も何頭かいるからポン勝ちとは行かないだろうけど、何とか強敵相手にいい競馬を見せて欲しい。期待しています。
 次はナイトオブレディ。3歳2月に2戦目で勝ち上がったのにそれ以来2年以上も勝ち星から遠ざかっているのは、調教師は色々と工夫をしてくれているんだけど、起用した見習騎手・若手騎手が安定したレース運びが出来ないことも相まって、調教の良さを生かし切れていないもどかしいレースが続いている。今回は新人騎手では比較的乗れる▲角田大河騎手を起用し、レース戦法も具体的に指示して、どんな結果が出るのかに注目。期待しています。

キャロット
【シュヴァリエローズ 牡4[OP] 栗東・清水久 キャロットC】
☆5/21(土) 東京11R メイS 芝1800 H55 ルメール 自信度:B+

22/5/18 清水久厩舎 18日は栗東坂路で追い切りました(55秒3−40秒0−26秒0−12秒8)。
 「軽く動かしつつ特にコンディションに問題はありませんでしたので、今週使うつもりで東京のメイSに特別登録をさせていただきました。今朝は坂路で追い切りを行っています。中1週で輸送もあるので単走、馬なりでサッとやりましたが、いつもどおりの動きで状態は引き続き良さそうですよ。今後に向けて何とか勝って賞金を加算したいですね。鞍上はルメール騎手に依頼をしました」(清水久師)
22/5/19 清水久厩舎
 21日の東京競馬(メイS・芝1800m)にルメール騎手で出走いたします。

キャロット
【セラディーン 牝3[未出走] 栗東・矢作 キャロットC】
☆5/22(日) 中京3R 3歳未勝利(牝) 芝2000 54 坂井瑠 自信度:B+

22/5/18 矢作厩舎 18日は栗東坂路で追い切りました(54秒0−38秒8−25秒2−12秒5)。
 「今朝は坂路で追い切りました。先行して最後もそのまま先着という形で、道中は楽に行っていたので、欲を言えばもう少し終いはスッと伸びてほしかったのですが、それでもひと追いごとに動けるようになってきましたし、これでまずは態勢が整ったと思います。ゲート試験からずっと調整してきていますが、トモの状態は安定しており、カイバも食べてくれていて体調は良好です。実戦に行って良さが出そうなタイプですし、どんな走りをしてくれるか楽しみにしています。今のところは中京2000mの方に坂井瑠星で臨む予定です」(岡助手)
22/5/19 矢作厩舎
 22日の中京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に坂井騎手で出走いたします。

シルクR
【ナイトオブレディ 牝5[1勝クラス] 栗東・庄野 シルクHC】
☆5/22(日) 中京8R 4歳上1勝クラス 芝1600 52 ▲角田河 自信度:B+

 庄野靖志調教師「先週末にチークピーシズを着けてみたところ、ブリンカーを着けた時ほどではないものの、少し気にしながら走っていましたので、18日の追い切りはしっかり負荷を掛けて動かしておきたかったことから、何も着けずに行いました。全体が52.3秒で、ラスト1ハロン12.5秒と、最後は手応えほどの伸び脚はなかったですが、適度に時計の掛かる馬場だったことを考慮すれば、水準以上に動いてくれたと思います。馬具を何も着けなくても、最後は手応えほど伸びてくれないことを考えると、やはり実戦でチークピーシズを着けてみるのは手だと思いますので、レースまでに何度か着けて慣らしておこうと思います。ここ最近は折り合いが付いて上手く脚を溜めることが出来ているものの、いざ追い出してもジリジリとしか伸びてこないですから、今回は3kg減の騎手を起用し、前半からある程度促して良いポジションで流れに乗って、そのまま流れ込むような競馬をオーダーするつもりです。年齢を重ねてズブさが出てきているように思いますが、力を出し切ればもっと良い走りを見せてくれるはずなので、後は角田大河騎手の手綱捌きに期待したいところです」


キャロットssキャロットクラブより転載許可を頂いております。

競走結果

 シュヴァリエローズは重馬場が苦手なのだが、当日は雨が降ったり止んだりで稍重。好スタートから先行馬群につけて、前半60.5秒はスローペース。直線は外へ持ち出しきれずに真ん中を突くけど、弾けきれずにジリジリと伸びてっ紊泙如勝てない理由が切れ味に劣るのは知ってたけど最後は差して着順を上げてるだけに、距離不足なのか、それとも距離は会ってるけど展開の綾なのか、逆に分かり難くなってしまった。一度、2400以上を使って試して欲しいな。とは言え勝ち切れないのはもどかしいけど、中一週で5月に2走して約800万円を稼ぎ、先月も約1200万円を稼いでくれるんだから孝行息子。今日はお疲れ様でした。

 セラディーンは初出走のため、ゲート入りもやや手古摺った様子で、スタートもワンテンポ遅れて後方から。前残りのレースをじっくり溜めて直線で外に出して追うと、大きく離された4番手争いを制して、着続きの1人気馬を実力で差し切ってのっ紊麓〜以降の勝ち上がりも見えた気がしたのだが。ホッとしたのも束の間、種子骨骨折が判明。骨折の程度次第だが、どうなるかは不明。うーん、今週はレース後に故障発生が2件も続くとは・・・。お祓いしないとイケないかな

 ナイトオブレディは調教師指示に反して後方から。途中で押し上げることもなく、直線での進路も馬具を使用してる馬なんだから最初から進路を大外に決めて追えばいいのに優柔不断で外から2頭目、途中から大外に切り替える始末。そんなことも分からずにただ単に惰性で跨ってるだけ、こういう下手糞な騎乗をしてはイケない。欧米では調教師指示に反する騎乗すると干されるよ、「角田大河なんか乗せるだけ無駄」ってね。それに角田大河は人気薄の馬だと途端にヤル気が無くなるのがハッキリ分かるから、こういうのは干される前兆だな。

キャロット
【シュヴァリエローズ 牡4[OP] 栗東・清水久 キャロットC】
☆5/21(土) 東京11R メイS 芝1800 H55 ルメール 自信度:B+ 3人気っ+0.4秒 騎乗評価:可

22/5/21 清水久厩舎 21日の東京競馬ではスタートを決めて道中は好位グループから進める。直線は外の方へと持ち出し、最後まで脚を使ってはいるが4着まで。
 「いつも後ろから進める展開になるのですが、今日はスタートから無理せずスッといい位置につけることができました。ジョッキーの話では『3コーナーくらいからどんどん他の馬が来て、その影響からハミを噛んでいました』とのことでしたが、それでも何とか辛抱してくれていましたね。ただ、今日も最後まで止まらず伸びてはいるものの、やはり切れ味勝負ではスパッと来る馬にやられてしまいますし、決め手の差が出てしまった印象です。どうしても注文はついてしまいますが、うまく噛み合えばもっとやれる馬ですから次走でまた頑張りたいです」(清水久師)
 直線は下がってしまいそうなところからまた盛り返しており、今日もジリジリと長く脚をいい脚を使っていました。あと少し届かないレースが続きますが、メンバーや展開等が噛み合えば勝ち切る能力は持っている馬ですし、次走は勝って賞金加算を期待したいものです。この後は馬体を確認してから検討していきます。
22/5/25 NFしがらき 25日にNFしがらきへ放牧に出ました。
 「先週の競馬は申し訳ありませんでした。いいポジションで進められたのですが、最後はジリジリとした伸びになってしまいました。オープンクラスでも崩れずに頑張ってくれていますし、また次で改めて期待したいですね。レース後は特に目立った疲れはありませんでしたが、帰厩からずっと続けて使ってきたので、このタイミングでいったんリフレッシュ放牧に出させていただきます」(清水久師)

キャロット
【セラディーン 牝3[引退] 栗東・矢作 キャロットC】
☆5/22(日) 中京3R 3歳未勝利(牝) 芝2000 54 坂井瑠 自信度:B+ 5人気っ+1.3秒 騎乗評価:良

22/5/22 矢作厩舎 22日の中京競馬ではスタートで伸び上がるような格好になり後方2番手から。直線は外からひと追いごとに差を詰めるてくるも4着。
 「道中は後方の位置取りになりましたが、直線に向いてからはしっかり脚を使っていましたし、初戦としてはいいレースができていました。ただ、レース後の上がりの歩様が良くなく、馬体を改めてチェックすると左前球節周囲に腫れが見られたんです。そこですぐに競馬場で検査を行ったところ、残念ながら種子骨を骨折していることが判明しました。デビューまで時間がかかったものの、敗れたとはいえ上々のレース内容で、これなら次は大丈夫だろうと期待したのですが…。まだレースが終わったばかりでもう少し経過を観察する必要がありますし、トレセンに戻してからも脚元をよく確認していきます。このようなことになり本当に申し訳ありません」(矢作師)
 迎えた待望のデビュー戦でしたが、上位3頭には離されながらもよく脚を使ってくれていました。一度使って次はさらに前進を…と期待できる内容だったのですが、残念ながらレース後に左前脚の骨折が判明しました。この後はトレセンでまず患部の状態をしっかり確認していくことになります。
22/5/25 引退 「先週のレースを終えた後、トレセンへ移動してから改めてレントゲン検査を行ったのですが、骨折箇所についてはかなりの重症であるという診断でした。治療を行うとしても復帰まで少なくとも1年はかかる見込みで、今後についてクラブサイドとも相談した結果、ここで引退ということになりました。まだまだこれから良くなる馬という感じではありましたが、そんな中でもいい走りを見せてくれて、これなら次は勝ち負けになるという手応えも掴めただけに、このようなことになり本当に残念ですし、会員の皆様にも大変申し訳ない気持ちでいっぱいです」(矢作師)
 体質の弱さもありトレセン入厩は本年4月となりましたが、ゲート試験合格後も目立った疲れはなく、そのまま在厩で調整を続けてきました。そして迎えた先週のデビュー戦は、ゲートが悪くて後方の位置取りになったものの、直線に向いてからはジリジリを脚を使って4着に入り、次が楽しみになる内容のレースを見せてくれました。ただ、レース直後の歩様に違和感があったことから検査を行った結果、左前の種子骨を骨折していることが判明。治療にはかなりの日数を要することになり、3歳未勝利戦が行われる期間内での復帰は難しい状況であることから矢作芳人調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

シルクR
【ナイトオブレディ 牝5[1勝クラス] 栗東・庄野 シルクHC】
☆5/22(日) 中京8R 4歳上1勝クラス 芝1600 52 ▲角田河 自信度:B+ 9人気11着+1.1秒 騎乗評価:不可

 チークピーシズ着用。まずまずのスタートを決めますが、二の脚が付かず、道中は中団やや後方に付けます。そのまま4コーナーを回ると、最後の直線コースで外に出して追われますが、ジリジリとしか伸び脚は見られず後方のまま流れ込んでいます。
 庄野靖志調教師「前走から体重は10kg増えていましたが、帰厩後はしっかり乗り込むことが出来ましたし、馬の雰囲気は良かったですから、良い状態でレースに向かえたと思います。じっくり溜めてもビュッと切れるほどの伸び脚が使えないですから、ジョッキーには積極的な競馬をオーダーしていましたが、ゲートの出は良かったものの、二の脚が付かずに位置取りが後ろになってしまいましたね。
 レース後、角田大河騎手は『ゲートの出は良かったのですが、スッと二の脚が付かず、前と差が開いてしまった為に、フワッとして進んで行きませんでした。その後は戦法を切り替えて、なるべく馬場の良いところを通って、最後の直線で外に出して追い出していきましたが、手応えほどの伸びは見られませんでした。チークピーシズを気にするようなことはなかったですが、着けても前向きさはそこまで感じられなかったです』とのことでした。
 チークピーシズを着けたことによって前向きさを引き出せればと思っていましたが、今回の競馬だけ見れば効果があったとは言えないですね。ここ最近は年齢的なズブさが目立ってきましたし、芝のスピードに対応できないところがありますから、この後は目先を変えてダート戦を視野に入れていきたいと思います。続戦させるかどうかは、トレセンに戻って状態をよく確かめたうえで、検討させていただきます」
 2022/05/25 庄野靖志調教師「先週は、チークピーシズを着けたことによってマイナス要素は見られなかったものの、もう一つ進んで行かなかったですね。ここ最近は年齢的なズブさが目立ってきましたし、芝のスピードに対応できないところを見ると、次走はダート戦をもう一度試してみたいと思います。レース後は、左前球節付近に軽い張りは見られるものの、骨や筋には異常はなく、疲れからくるものだと思います。もう少し様子を見させていただいて、それでも問題なければこのまま続戦させる方向で考えています。1,600mでも追走に余裕がないところを見ると、ゆったりと運べる1,800m戦の方が良いように思いますから、後は心身の状態と想定を確かめながら検討していく方針です」

akugentay at 11:36│Comments(0) キャロットF | シルクHC

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
senkaku諸島は固有の領土
senkaku
1594095
携帯用QRコードはこちら
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
キーワード
社台 サンデー サンデーレーシング シルク シルクホースクラブ キャロット キャロットファーム 一口馬主 募集馬 募集ツアー 社台オーナーズ 社台地方オーナーズ 地方競馬 馬主 中央競馬 JRA JRA 募集馬検討 グリーンファーム グリーンファーム愛馬会