新型コロナ編④新型コロナ編④02新型コロナ編④03


新型コロナ編④04
 こんにちは、HACOXです。

 今回は医療の現場が舞台となっております。

 PCR検査が、世界規模で救世主の様な扱いとなっておりますが、
アクマ店長さんに言わせますと、PCR検査と言うものは西村経済再生
相や小池都知事の様な支配層にとっては、大変都合がいい検査方法
だそうですね。

 また、この検査方法は病気を検出する検査ではありません。

 あくまでも、新型コロナのRNAの存在を検出するための検査です。

 例え検出したウイルスが既に死んだもので、到底取り込んだ生き物
に猛威を振るう事はなく、誰かに感染させる危険性などないとしても、
PCR検査ではこの様な死骸のRNAも検出するのです。

 当然、検出されたらその人は「陽性者」です。

 PCR検査、それでも必要ですか?

 今現在、日本人が最も恐れているのは自分が陽性者になる事だと
思うのですが、それは病気にかかって死んでしまうかも知れないと言う
危機感よりも、感染者のレッテルを張られて目に見えない自粛警察達
のターゲットになったり、務めていた会社を突然休業して、医療機関に
一定期間隔離される事ではないでしょうか?

 そして、お店でクラスターが発生する事も致命的ですよね。

 最近では、せっかくこれから再起しようと頑張っていた餃子屋さんが、
ある有名人を怒らせてツイートを拡散されて、四六時中誹謗中傷の電
話に苦しめられた結果、せっかく開いたお店を再び閉めなくてはならな
い事態になりました。

 なぜ、弱者である彼はこの様な目に遭わなくてはならないのでしょう?

 この漫画の原作者でもあるアクマ店長さんは、こんな漫画を発信し
ていながら、道を歩いたりジョギングする時はノーマスクでも必ずマスク
だけは手元に持参しております。
 加えて何処かの店舗に入る時には必ずマスクを着用します。これは
各店舗がまだマスク着用を要請していない時からです。

 消毒液だって、積極的に利用します。

 何故かと言いますとね、人間は弱いものだと知っているからです。どん
なに新型コロナの実態が歪曲していたとしても、全世界規模のこの様相
の中で、弱者は嫌でもマスク着用を強いられる事になります!
 自分がマスクをする事で、お店に来る他のお客さんの中で新型コロナ
を心配する人が安心し、何よりそんなお客さんを扱う店の従業員さんが
安心するのだったら、それに越した事はないと言っております。

  「俺たちはこの世界に深く関わっている。だから、当然だ!
    お前も人間なら、そんな人間の弱さを、愛せる様になりくされ‼」

  
  こう、言ってたのですが…

 なぜ、弱者の餃子屋さんが一部のアンチコロナの有名人さんの個人的
なこだわりや信念を貫くためだけに、家族ともども路頭に迷わなくてはなら
ないのでしょうか?

 明るかった奥さんは、今ではですっかりノイローゼ気味で、眩しかった
笑顔すら失ったそうなのですが…

 お金の本当の大切さを啓発し、あんなに弱者を勇気づけていた有名人
さんだっただけに、残念でなりません。

 彼はやはり、日本人が大嫌いなのでしょうか?

 結局、新型コロナはその脅威を信じる者、脅威に動じない者全ての
心を、闇に包み込んでしまった様です。やはり、少なくとも新型コロナに
隠された事実を、この漫画を通じて少しでも早く世間に公開して行かなく
てはなりません。
 
 ・新型コロナ感染者の速報は、必要なのか?
 ・なぜ厚生労働省は、重要なコロナ情報を何一つ発信しないのか?
 ・なぜ黄色人種と欧米人の違いに注目しないのか?
 ・なぜ空気感染の可能性を、諸外国と違って日本は取り入れないのか?
 ・なぜ、「Gotoキャンペーン」「Gotoイート」なのか?

 アクマ店長さん、早く、原作をください。必ず僕の手で、漫画にしますから!

 HACOXでした。