子どもたち


四人で囲む朝ごはんは温かくて切なかった。

テーブルにはお味噌汁とご飯と晩御飯の残り物。
yasが準備ができたものを、
どんどんキッチンから持ってくる。

起きたばかりのmotoくんとyuaちゃんは、
まだまだ夢の世界の住人。
「おはよう」とともに椅子に座る。
目の前に座っている非日常である自分という存在を当たり前のように受け入れる。

僕が手にすることができない選択肢。
同時に、yasにはしてあげられない選択肢。

こんなにも子どもが好きな人なのに、
ただ申し訳なかった。


年末はyasの実家で過ごしました。
お父さんにはアウトしていないけれど、
たぶんお父さんも気付いているんだろうな。
子どもたちは長女は分かっているかもしれないけれど、
下の三人はまだまだかな。
そんなことを考えながら。

子どもたちはただただ可愛くて、
おじさんは何でも買ってあげたい病を発病しまくりでした。

9年ぶりのyasの家は相変わらず笑顔たくさんで、
守りたいものがまた増えた、そんな時間となりました。

リアル

こんばんは、akyです。

久しぶり過ぎて、ブログの書き方が分からなくなってしまいました(笑)

あれからだいぶ時間が経ちました。
変わったこと、変わらないこと、いろいろあります。
そして、僕らはいまも一緒に歩んでいます。


九年目まであとちょっと、
年月が重なると色々なことがある。
二人だけの関係だけでなくて、
家族やその周りもいろいろと。

今日は僕のおばあちゃんとyasの初対面。
yasを見て嬉しそうに話し続けるおばあちゃんと、
柔らかく応えるyasの姿がとても印象的だった。

おばあちゃんが大事に育てている庭を見ながら紹介できたらなー、
なんてずっと思っていたんだけれど、
結局は病院でという形に。

残念さ半分、
それでもやっと紹介できて良かったという思い半分。

同時に、二人が歳を取ってからを少しリアルに考えないといけないなと思った一日。


さてと、相変わらずなこんな空間ですが、
たまにすっごく読んでくださる方がいてくれて、嬉しいです。

季節の変わり目ですが、お互いに身体を大事にしていきましょう。
では、また!

6年目

お久しぶりのakyです。

気が付いたら、とーんとブログから足が遠のいていました。
僕ららしいと言えば僕ららしいのですが(笑)
また、少しずつスローペースで書いて行けたらと思っています。


さっきyasと電話していたら、
「5年間ありがとう、6年目もよろしく」と言われました。
今日が付き合った日だということをすっかり忘れていました(汗)

出逢って共に歩み始めてまるまる5年が過ぎました。
最近じゃ、周りからも「長いねー」って言われることが多くなり、
二人の間でもこれまでを振り返ってはあーだこーだ言い合うことが増えた気がします…って、ただの老化現象なのかもしれないけれど(笑)

今はお互いの家族同士も交流があったり、
yasもうちの親と、僕もyasの親と話すことが結構あったり、
なんだかそんな時間が素直に嬉しいなーって感じます。
来月にはyasの家族3世代が東京に遊びに来るので僕も一緒するのですが、如何せん方言が強くて普段電話している時も理解できていないことがあるので、今から少し不安になっています(笑)

5年間、いろいろなことがあったけれど、
yasは何があっても横で笑ってくれていて、
その暖かさに僕は救われてきました。


初めて出逢ったあの日、僕は彼に恋に落ち
いまもその延長にいる。
その形や色合いは少しずつ変わってはいるけれど、
でも確実に濃くなっている。

これからも二人、柔らかな時間を紡いでいこう。
CIMG1489


aky   yas

職場で出会い

付き合ってすぐに超遠距離

日本に戻って二人で暮らして

いまはお互い近くに住んでいる

そんな二人の9年目の備忘録。


なにかあればこちらまで。


最新コメント
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ