2010年08月05日

【レビュー】Disney Parks: The Secrets, Stories and Magic Behind the Scenes

dvd


2週間ほど前、カッとなってまた輸入盤のパーク関連のメディアを購入してみました。
試験やらバイトやらで、内容をしっかり見たのは今月入ってからなんですがね…(´・ω・`)

今回購入したのは『Disney Parks: The Secrets, Stories and Magic Behind the Scenes』というタイトルのBlu-ray&DVDのセット。
だいたい3200円ぐらいで買えました。
以下レビュー。

**********

内容は、アナハイムのディズニーランド・リゾートとオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドを舞台にしたドキュメンタリーそれぞれ1本ずつと、アメリカの2つのリゾートの知られざる姿と題して収録されたドキュメンタリーの3本立て。
輸入盤なので言語はもちろん英語。字幕もありません。
DVDはオールリージョンなので、日本の機器でも問題なく再生可能でした。

Blu-rayの方には特典映像もいくつか収録。その中でもホーンテッド・マンションのリニューアルに関するドキュメンタリーが興味深い。
DVDの方には特典映像は入っていませんが、パソコンを使用してメインのドキュメンタリー3本をiPodやウォークマンに転送して、外出先で楽しめるデジタル・コピーが収録されています。これが意外と便利。


1つ目のドキュメンタリーの"Disneyland Resort : Behind the Scenes"は、アナハイムのディズニーランド・リゾートのアトラクションやエンターテイメントの紹介のほか、イマジニアによる解説、コンセプト企画段階の映像資料なんかが見られました。

主に取り上げられているのは、ディズニーランドからはスモールワールド、ホーンテッド・マンション、マッターホルン・ボブスレー、ニモのサブマリン・ヴォヤッジ、ファンタズミック!など。
スモールワールドは作曲者の片割れであるリチャード・シャーマンのピアノ・デモ映像が見られるのが貴重なところ。
ファンタズミック!は一部ハリウッドスタジオの映像のような気がしたけど気のせいかなぁ…アナハイム版にポカホンタスのシーンなんてないよね…?
55周年を機に製作された映像かな?ってシーンもいくつかありました。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーからはトイストーリー・マニア!、カリフォルニア・スクリーミン、グリズリー・リバー・ラン、ソアリン・オーバー・カリフォルニア、そしてこの夏からスタートしているワールド・オブ・カラーに関するイマジニアの解説が。

ソアリンの模型の解説映像はどこかで見た気がするけどあまり覚えてない…それよりもソアリン本編の映像がちょいちょい出てくるのに感動。笑
カリフォルニア・アドベンチャーに関する映像はあまり印象的な真新しい物はなかったけど、今後追加される予定の新アトラクションのコンセプト・アートや模型なんかをイマジニアの解説とともに見られるところが興味深いかな。リトル・マーメイドだっけか。

その他は軽くダウンタウン・ディズニーやホテルの紹介映像がありました。グランド・カリフォルニアン・ホテルの内装が自分のツボ。すげー行ってみたい。
ゲストのインタビューも交えるところがアメリカらしい。


2つ目、"Ultimate Walt Disney World"では、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドの最新ドキュメンタリーを収録。
内容としては、エクスペディション・エベレスト、スペース・マウンテン、ロックンローラー・コースター、テスト・トラック、カリ・リバー・ラピッド、タワー・オブ・テラーなど、WDWを代表するアトラクションの映像と解説がメイン。

こちらに関しては、既に数年前にリリースされているドキュメンタリーDVDを流用しているものもあるので、新しいアトラクション以外はそれほど新しい情報はなかった気がします。
MKのスペース・マウンテンは2009年にリニューアルされたんだから、その過程を収録すれば良いのに…とか思いました。ちょっと残念。
まぁ自分は実際に2009年・2010年とリニューアル期間またいでMKのスペマン乗ってるのにリニューアル箇所に気づかなかったって鈍感な人間なもので…w

追加された内容は、2006年にアニマルキングダムにオープンした“エクスペディション・エベレスト”。逆走ジェットコースターですね。
東京のToTのハイタワー3世のモデルになったジョー・ロード氏が物凄い真顔で解説してくれます。(爆)
あとはフィルハーマジックに関してがちょこっとと、スプラッシュ・マウンテンやダイナソーに関する内容で、WDW編に関してはちょっと内容不足かな。
ただ雰囲気を知るには良い映像だと思います!


3つ目は"Undiscovered Disney Parks"というドキュメンタリー。
アナハイムとオーランドの2つのリゾートの知られざるパークの姿を紹介していく内容。
その中身は題名の通り、普通じゃ見ることのできないエリアやマイナーなアトラクションに関するものが多かったです。

最初はフロリダのダウンタウン・ディズニーのウエストサイドに位置する屋内型テーマパーク、ディズニー・クエストから『サイバー・スペースマウンテン』の紹介映像。
このアトラクション、実は凄く気になるアトラクションなので、映像だけでも見られたのは結構嬉しい。

自分でスペース・マウンテンのコース図を設計することが出来て、それをICカードに記録してライドに乗りこむと、自分で設計したとおりにスペース・マウンテンのライドが動くという代物。
つまり普通じゃ絶対にあり得ないようなコースを書くこともできちゃうわけで、一度はやってみたいと思ってます。

WDW内に存在するサーキットで本格的なレースカーの運転を楽しむことが出来るというアクティビティや、タイフーン・ラグーンのサーフィン・レクチャー、さらにMKの正面に位置するセブンシーズ・ラグーンでハンググライダーの体験が出来るという内容も。

IMG_0033


映像見ててハンググライダー凄くやってみたいと思いました。グランド・フロリディアン・リゾート&スパやシンデレラ城、もといマジックキングダムを空から見下ろすことが出来るとかね。リアルソアリンですか。笑

IMG_0029




それから、去年一人旅でフロリダ行ったときには工事中だった、ディズニー・コンテンポラリー・リゾートの隣に位置するベイレイク・タワーの中の様子も収録。

IMG_0031


↑この写真の左側の建物がベイレイク・タワー。
2009年にオープンし、ディズニー・バケーション・クラブの会員が利用できる模様。
円形の建物で、セブンシーズ・ラグーンかMKを一望できる造りになっているらしい。

その他、気になるところであるシンデレラ城の内部映像や、ニューオーリンズ・スクエアのクラブ33、アナハイムのカリブの海賊の上に位置するドリーム・スイート、マジック・キングダムVIPツアーなど、日本から普通に遊びに行くだけじゃ見られないような内部の映像が見られるので、このドキュメンタリーは一番面白いと思います。
グランド・フロリディアン・リゾート&スパ内のWDW最高級レストラン、“ヴィクトリア&アルバーツ”のディナーの様子なんか自分には無縁すぎるww
スペクトロマジックのフロート技術なんかの解説も見られます。

MKのシンデレラ城の内部は、2年ぐらい前にやっていたミリオンズ・ドリーム・セレブレーションで、何万分の1の確率で選ばれたゲストだけが宿泊できるというプログラムに使われた部屋の映像だけあって豪華絢爛。
さすがアメリカ。


スペシャルイベントの紹介として、カリフォルニア・アドベンチャーとエプコットで行われているワイン&フードフェスティバルと、エプコットのフラワー&ガーデン・フェスティバルの映像なんかが。
それよりもハロウィーンとクリスマスの映像が凄い。特にアナハイムのスモールワールドとハリウッドスタジオのイルミネーションがもう…日本じゃあり得ないぐらいで。
生きてるうちにクリスマスにハリウッドスタジオ行きたいなぁ。


ドキュメンタリーの内容はこんな感じですかね。
ブルーレイだとやはり映像の解像度が素晴らしい。これで3Dとかなら疑似的にアメリカのパーク行った気になれちゃいそうな気がします。笑
映像特典まだ全部見てないのと、全編英語なのでやはり理解度には限界がありますが、それでも映像だけ見ていても十分楽しめる内容だと思います。
海外パークに興味ある方、アナハイムやオーランドの思い出に浸りたい方はぜひ。笑

al2320 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月04日

【レビュー】A Behind The Magic Looking at Making MORE Magic Real

61wLLys00dL__SS500_


昨日、我が家に届きましたー(^ω^)

普段、『僕は別にディズニーが好きなわけではない』とか豪語している自分ですが、こんなもん買ってるからその言葉に信憑性がないわけですよね、わかります。笑

まだザっとしか読んでませんが、一応レビューを。
かなりマニアックな内容になるかと思いますが。(爆)
この本、とにかくデカくて重いです。かなり大きな箱に入って配送されてきました。

*********

これが何の本かと言うと、簡単に言えば『ディズニーのテーマパークはどのように造られたのか』が書かれている本。
一枚のイメージスケッチでしかなかった想像の世界を、“イマジニア”と呼ばれる人たちがどのように現実にしてきたかが分かる本で、ディズニーというよりディズニーのパークが好きな人であれば面白く読めるかなと。

説明文と、数多くのパークの風景写真やコンセプト・アートと呼ばれるイメージ画がフルカラーで載せられています。
輸入本なので内容はもちろん英語なのですが、写真の数が多いので英語が分からなくとも飽きずに見ることができます。

出版は今年の4月なので、情報は割と新しいほうだと思います。
まず、表紙をめくるとすぐにDisney's California Adventure Parkで6月11日からスタートするDisney's World of Colorのコンセプト・アートがデカデカと載ってます。

アナハイム、オーランド、東京、パリ、香港に存在するディズニーパークのデザイン画や、アトラクションやエンターテイメントのイメージ画と、普通では見られないようなレアな写真なんかも掲載されてます。
感覚的には“写真集”として見られる物かな。


具体的には、ホーンテッド・マンションやスペース・マウンテンなど、各パークでメジャーなアトラクションの企画段階のイメージ画と、それを具現化した写真が紹介されているという。
何が怖かったって、ホンテの花嫁さんのシーン(アメリカ版)が1ページ使って掲載されてたことかな。(爆)

それからパークアイコンであるキャッスルやアクアスフィアとか、ワールドバザールやタワー・オブ・テラーの建築様式は何を取り入れ、どんな特徴があるのか、パークの街並みそのもののコンセプトも。


意外と東京のパークの資料が多かったのがビックリ。
タワー・オブ・テラーのハイタワー3世の肖像画のページがあったり、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”のデザイン画や、来年導入予定のミッキーのフィルハーマジックのコンセプト・アートなんかも。
現行のものだとジュビレーション!やレジェンド・オブ・ミシカを描いたと思われるスケッチも。
あとなかなか今まで見られなかった、ストームライダーのコンセプト・アートと企画チームの写真が載ってたのが新鮮。

東京ディズニーシーのコンセプトが決まった当時、パークアイコンがアクアスフィア(巨大地球儀)ではなく灯台になる予定だったというスケッチと、パークの全体像のイメージがあって、それが今のパークとかなり違う形になってたのが面白かったかな。
アメリカンウォーターフロントはBig City Waterfront、ハーバーはPortofinoとされていて、アラビアがない代わりにアラスカをイメージしたGlacier Bayというテーマポートが出来る予定だったらしい。
…もしそうなってたらマッターホルン・ボブスレーがTDSに出来てたのかな?(^ω^)

あと気になったのは、東京ディズニーランドの“未来”をイメージしたというスケッチがあったこと。実現するのかな?


カリフォルニアのパークだと、ニモのサブマリン・ヴォヤッジ、グリズリー・リバー・ラン、それからソアリン・オーバー・カリフォルニアのスケッチが印象的。
ジャングルクルーズやインディ・ジョーンズのイメージはほぼそのままパークに生かされているところがやはり凄いなと。

フロリダではエクスペディション・エベレスト、テスト・トラック、それから実験型未来都市として常に進化を求められるエプコットのコンセプトなんかが多く語られている模様。
テスト・トラックの車体デザインのスケッチなんかはカッコ良いなーと思った!
キューラインの紹介なんかも取り入れられてて、フロリダのパークを思い出しながら見ることが出来たし。

パリではやはり他にはない目玉であるスペース・マウンテン・ミッション2をはじめとするディスカバリーランドのイメージが多かったかなと。
ロックンローラー・コースターはフロリダのものと同一?

香港は新しいパークなだけあって資料もかなり多く、パークの街づくりや他のパークとは全く違うジャングルクルーズの様子なんかがよく分かる内容。
ってか本当に周り山だらけなんだね…。


総括して思ったことは、夢を現実にするという言葉そのものだなと。
イマジネーションの世界を1枚の絵に描き、それを具現化していく創造力はもう、ただパークに遊びに行く人には想像もできない世界なんだなと。イマジニアの人たちの写真もたくさんあったけど、本当に世界のいろんなところを回り、パークに行かせるアイディアを無限に生みだしているって印象を受けました。



まぁ、こんな記事に書いても文字じゃ書き表せない内容が多々(というか大半)あるので、読みたい人がいたらお貸しします。(笑)
ただ、冒頭で述べたとおり、かなりデカいです。。。

al2320 at 03:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月21日

It's Spring!

IMG_0692


またまたお久しぶりです(^ω^)
全然更新する気配なくて申し訳ないです。
コメントすら返さないとか申し訳なさすぎる…けど勘弁してください。←
言い訳すると、TwitterとTumbler.の方が更新が楽だってのもあって、そっちばっかり書き込みしてるんですね。

ブログやってるからには書こうとは思うんですけど、ありきたりなことしか書けないしイベントの事書いても他のブロガーさんたちが詳しく書いてくれちゃってるので自分は特に面白く書けるわけでもないし…(笑)
とりあえずパークはちょくちょく行ってます。イースター楽しいです!今回久々に当たりのイベントだと思います!!
とか言ってて最初の画像がスプリングカーニバルで申し訳。(爆)

IMG_2241


ホテルミラコスタのベッラヴィスタ・ラウンジで提供されているデザートセットも本日食べてきました(^ω^)
ちょっと見づらいけど、お皿にチョコレートでドナルド&デイジーが描かれていて、見た目にも芸術的な一品。
白桃のコンポート、めっちゃ美味しかったです!

*********


フロリダの写真も途中で紹介終わっちゃってるしね。

IMG_0109


こちらはマジックキングダムの夜の花火、Wishes。
ジミニー・クリケットが進行役で、ディズニー映画のキャラクターたちの思い思いの“願い”を花火と音楽で表現したショーです。
たとえば、シンデレラはお城のダンスパーティへ行きたい、アリエルは陸の世界へ行きたい、ピノキオは人間の男の子になりたい、アラジンはジーニーを自由にしてあげたい…などの願いをかけます。

花火の規模はご覧の通り。東京とは比較になりません。
キャッスル越しに盛大な花火が打ち上げられ、しかもワイドに広がります。
大きさも相当大きいです。
ショー時間は約15分。5分弱で終わってしまう東京とは比べようがないです。

IMG_1824



IMG_1827


前回のフロリダ旅行で観た、エプコットの“イルミネーションズ:リフレクションズ・オブ・アース”は今回も2回鑑賞。
もうこれは今まで見たディズニーのショーの中でも断トツに好きなショーです。
キャラクターも登場しなければ、ディズニーミュージックも一切使われないという、全然ディズニーっぽくない内容なんですが、それがまた良い。
花火、レーザー、音楽、イルミネーション、そして大きな地球儀に映される映像だけで、こんなにもメッセージ性の強いショーに表現することが出来るとは…感動したなんて安易な言葉じゃ表現できないです。


他にもいろいろ写真を撮ってはいるんですが、ここのブログではなくTumbler.のほうでご紹介させていただいています。
Twitterにも更新情報が出てくるはずなので、Twitterやってる方はご自由にフォローしてみてください^^

Twitter
al_hrk

Tumblr.(Photo)
AL's Tumblr.

al2320 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月16日

Mickey's Philharmagic @ Magic Kingdom Park.

IMG_0061


Mickey's Philharmagic @ Magic Kingdom Park.

al2320 at 05:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月04日

ネタがないのは…

しばらく更新してなくて申し訳ないですが、全然パークに遊びに行ってないものでこれと言ってネタがないんですね。笑
何かいつの間にかパワー・オブ・ミュージック終わってたし。(爆
ちなみにPOM最終日は韓国行ってました(^ω^)

そして4月からディズニー・イースターワンダーランドと、東京ディズニーシー・スプリングカーニバルがスタートしたみたいですね。
スプリングカーニバルは今年でファイナルという割には去年とあまり変化がない模様で、引き続きプレスリーのSpring Feverを起用してるみたいですね。

イースターは結構当たりなイベントらしく、絶賛の声をよく聞きますが、如何せん全然パークに行ってないものでどんなパレードなのかも想像もつかず…。
聞くところ相当キャラクターにとって忙しいパレードらしいけど。笑
好調なこともあってか連日TDLは入場制限かけてるみたいですね。

WDWのことでも書けば少しはこのブログの意味もあるのでしょうけど、何せ1600枚近く写真撮ってきたので載せるの選びだすのが面d(ry
…まっ、興味があったらご覧ください。

IMG_1139


とりあえずMagic Kingdom ParkのメインストリートUSAから1枚。
コンパクトデジカメの広角写真(28mm)としては割と優秀な写りかな。それほど歪みも大きくないし。
でももうちょっと奥行きが出れば良いなぁなんて。
25mmのLUMIXが壊れてしまったので、もう一台デジカメ買おうか検討中。1月に買ったばかりなのに…。

IMG_0029


晴れた日はSeven Seas LagoonからMagic Kingdom Parkの眺めが最高。
フェリーに乗るだけでもアトラクションの感覚。

IMG_1775


ここはフロリダ。日中と夕方では空の色が完全に変わります。
各パークにそれぞれ表情がありますが、ここエプコットのワールドショーケースの夕景はどのエリアよりも雰囲気があって大好きです。

IMG_1576


青空とスペースシップ・アースももちろん映えますが、夜のライトアップもまた素敵。
東京ディズニーシーのアクアスフィアよりも表情豊かかもしれない。

P1060774


パレードのフロートはシンプルながら、音楽のノリは最高。
Celebrate Youは愛聴の1曲。

IMG_0266


パークをモノレールから見下ろしたいなぁと思いつつ、エプコットへ行く交通路線はバスしか使ってないので叶わず。
エプコットからモノレールで出発するとパーク内は通らないしね。。。

IMG_0367


えーと、、、こういう写真だと多分LUMIXのほうが面白い写真になるのかな?
意外と25mmと28mmの差って大きいと思った。
次買うときは24mmのミドルクラスのコンデジかな。
SX200ISは優秀だけどデカいのが…ね。

IMG_0378


東京でこのショーやるとしたら、彼はどのように登場しどのように扱われるキャラクターなのか。
ブラヴィッシーモ!のような使い方だと、正直ちょっと…

IMG_0041


ゲスト参加型で大いに盛り上がるこのパレード、東京でやったらそれはもう地獄絵図…だろうな。
でもこれホント楽しかった。CDだけでも出さないかな。ほら、TDLのカウントダウンでも使ったわけだし。

IMG_0061


来年はきっと東京でもこんな風景が見られるようになるのかな。
まっ、配置がちょっと変わってくるわけですが。
望遠効果をもっと良く出すにはどうすればよいのか。。。

とりあえずここまで!

al2320 at 01:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年03月10日

WDW 2010

IMG_1304


またまたお久しぶりです。
Twitterでツイートしてるだけで記事書いてないのでアクセス数ガタ落ちですね。笑

2月23日〜3月3日の日程で、ウォルト・ディズニー・ワールドに行ってきました!
去年に引き続き2度目の訪問です。
去年は一人旅でしたが今年はアルバイト先の仲間6人で遊びに行って来まして、それはそれは盛り上がりました。笑

天気は2日間ほど雨が降った以外は快晴で、日中は暑いぐらいでした。その代わり朝晩が辛いぐらい冷え込みましたが…。
でも観たかったショーや乗りたかったアトラクションは一通り制覇出来たし、物凄く楽しかったです(^ω^)

お気に入りのパーク、エプコットはフラワー&ガーデンフェスティバルの飾りつけが始まっていたのですが…



僕らが帰国した日にこんな作業が行われていたんですね。
イベント的にも楽しそうです。スプリングカーニバルより落ち着いた感じの祭典になるのかな?
こういうの観てるとまたフロリダ行きたくなります。。。

al2320 at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月07日

春休み!

IMG_0557


お久しぶりです。
また大分放置してましたねー。やる気あるのか管理人。
忙しかった大学の試験やレポート、ゼミなんかも終わり、すっかり春休みです!
そうこうしている間に東京ディズニーランドでは『ディズニー・パワー・オブ・ミュージック!』が始まったりなんだりかんだりしてましたねー。

IMG_0298


メインショーの『リズム!メロディ!ハーモニー!』も観てはきましたが…期待していたほどのものではなく、というか閉口させられるぐらいな出来で残念だったかなぁ…。
何かね、シンガーがあんまり曲に乗れてないってのもあるし、取り扱ってる曲のジャンルがバラバラだってのもあってどこでどう盛り上がるのかが全然つかめないっていうね。
とりあえずゲストにノリを求める前にシンガーさんたちがノッてほしい。(爆

冒頭に先日久々に見たスパジャンの写真なんかものっけてみましたが、これもいつの間にか内容変わったんですね!
チップとデールのパペットなんか登場しちゃってたし、お話の内容とか使ってるBGMまで大幅な変更があって新鮮でした。
ゲーム・アクティビティとグリーティングのシーン以外ほとんど全編に渡って変わってたからビックリ。ってことはしばらくスパジャンは続けるってことかな。


IMG_0728


また、『ブラヴィッシーモ!』の終了も発表されましたね。
あー、ついに…って感じですね。
このショーは冒頭のミッキー以外全然ディズニー色がなく、音楽も秀逸だったこともあって何度観ても飽きることのなかった大好きなショーだったんですが…。

ブラヴィッシーモ!に代わって『ファンタズミック!』が日本に来るそうで。
正直これに関してはあまり喜べないなぁ。
ディズニーシー・シンフォニーとブラヴィッシーモ!は、東京ディズニーシーオリジナルのナイトタイム・スペクタキュラーとして今まで公演してきたのに、今度はアメリカから輸入したショーをレギュラー化しちゃうってのがちょっと…ね。
もちろん日本仕様に変更はするとは思いますからある意味ではオリジナルなのかもしれませんが。
またキャラクター色が強まってしまいそうなのが…。

ショーのアートワークも1枚しか公表されてないので何とも言えませんが、パッと見『Disney's World of Color』に見える気もしましたね。同じことを海外のブロガーさんも言ってましたが。笑
ショー公演時間は20分程度ということで、本家のものより若干短いんでしょうか。
それでも30億円の投資額ということで、ブラヴィッシーモ!と同程度のお金をかけるそうなので、それなりの規模にはなりそうですね。
おそらくスポンサーはドコモが引き続き、といったところでしょうかね。

まぁこんなウジウジ文句言えるのも本国アメリカのショーを見たことがあるから言えるというある種の贅沢な文句だともいえますが…
公演スタートが4月…ってTDS10周年イベント始まるの早すぎでしょー。どんだけ先取りすんねん。。。


P1060223


…とまぁいろいろ書いてきましたが、そのファンタズミック!を実は日本に来る前にもう一度見に行くことになりまして。
今月23日から再び、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドへ行くことになりました。
前回一人旅で行きましたが今回は6人グループで行ってきます。
今回は9日間の日程で、前回よりも期間が長いので、より多くの楽しみを見つけることが出来そうです。
往復航空券はもちろん、ディズニー直営ホテル7泊と4大テーマパークの行き来が7日間自由なパスポートが付いて15万円だったのでこれは安い!ということで、バイト先の友達と学生旅行を企画しまして。
この4ヶ月間、忙しい大学の課題の合間に必死で働いて実現しました。
ここ数日は寒い日が続いてるし、体調管理だけはしっかりしないとね…。
事前準備はほぼ出来ているので、あとは出発当日を待つだけです。楽しみ!


それまで東京のリゾートでイメトレ…なんてする必要はないか。笑

al2320 at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)