2011年03月

2011年03月30日

今後の予定


 明日は、予定通り仙台を2時半にたち、4時新地小学校に到着予定。

 給食施設をお借りして、カレーを温めなおし、2班に分かれて、

 新地小学校 320名  、 尚英中学校 140名 班

 駒ヶ嶺小学校 20名 、 保険センター 150名 、 福田小学校 100名 班

 で、配給予定。

  明日は、勝山の「醇泉」 料理長=天野親方も参戦いただく事に。

 総勢5名で炊き出しいたします。

  
  それと、本日朝から電話がなり、石巻はとても悲惨です(泣)と。

 石巻市といってもとても広く、物資がいきわたっているところもある。

 ただ、お電話いただいた場所が、牡鹿半島。

  私が、狩猟につれていってもらったり、釣りに行ったりしている場所!!

   土地勘がわかるので、点在する漁村がとても心配だった。

  さっそくその地区の担当者にすぐさま連絡し、炊き出しのアポイントを。

  
   4月2日に大原小学校にいきます。

   4月4日か5日 多賀城に打診OK。


  まだ、十分に物資が届いていないところがたくさんあります。

  衛生環境なんて事も言ってられないことも。


   もし、このブログを見て下さってる方で、お知り合いの方や、ご家族の方で

  炊き出しを希望されている方がおられましたら、コメント欄か、メールにてご連絡ください。

   コメントに個人情報を記載されても構いません。

  その場合には、私から連絡いたしますが、絶対に公開はいたしません。

   
   また、明日のPCチェックできる時間は、夜10時以降になるので、
  ご連絡は次の日になることもご了承ください。

   よろしくお願いいたします。

  

al_fiore at 22:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年03月28日

釜石にて・・・


 27日、午前4時釜石に向けて出発。

 事前に、北上のいつもお世話になっているうたがき優命園の河内山さんのところに少しだけお邪魔し、

 遠野を経て釜石入りしたのは、10時過ぎ。

  釜石の入り口で、今回いろいろとご協力をいただいたICHOさんのお姉さんご夫妻が経営している、

 パンション釜石まで、案内いただきました。

  さっそく飛び込む景色の数々は、言葉を失います。

 釜石 がれき 12


 釜石 がれき 3


  大きく被災した釜石の中でも、なんとかここは無事だった場所で、

 ここの厨房をお借りすることになっていました。

  今回同行いただいたのは、私のスタッフ1名と、ブォナフォルトゥーナの大崎シェフ、だてまち海里の武田親方。

 少々、休憩したのちにさっそく厨房をお借りして仕込みへ。

  釜石 炊き出し 仕込み 5


  2000食分用意していった食材を使って、さっそくカレーの準備にとりかかる。

 カレー 1


 夕方3時〜4時にまず、旧釜石中に避難されている方約400食の炊き出し。

 うまく段取りがつかづぎりぎりの4時になってしまった。

 しかし、おかわりを求めて下さる方も多く、みんな笑顔がこぼれ、すごく嬉しかった。

 釜石の方々は、とても温かい。

  みんな、失ったものもかなり多い。多すぎたと思う。

 しかし、もう前を見て歩いてる方々を多くみかけた。

  涙がこぼれそうになる。 震災には誰も勝てない。

 しかし、この町をあいしているからこそ、この場所での復興を誓う。

  そんな釜石の人たちに、慰めやねぎらいは不要だし、むしろ煩わしい。

 一緒に立ち上がろうとする、その雄姿に最大限の応援をしてあげようと誓った。

  物資は、カップラーメン。パン。お菓子。その他もろもろ。

 いろんなところから届けられてはいるが、温かいものお肉類が少ない。

 

 明日こそはと、帰ってから、さっそく次の日の準備に取り掛かる。

 ひと段落終えたのが11時。

  釜石にお店を開いた和食の親方、ICHOさんのお姉さんご夫妻、すし職人の方。

 みんな被災された方なのに、一緒になって手伝ってくれた。 

  翌日、8時から準備にとりかかる。

 11時から、今回は、3方向での炊き出し。

 1、花露辺地区、本郷地区=大崎シェフが、現地の居酒屋のお姉さんと一緒に、120名の炊き出し。
   この地区は、中心部から少し離れ、転々としながら、カレーを配る。

 2、浜町地区=300名、 当店のスタッフ、つよし君と、海里の親方が担当。
   中心部からほど近いが、海岸沿いで、船が乗り上げ、すべてがこわれ、がれきの山

 3、箱崎地区 =150名、 私と、地元釜石の親方担当。
   ここも、海岸沿いで、町が一つすべて壊滅。 山側に残った小高い集落に、体を寄せて
   避難している地域。
   
  私が担当した地域の写真 (海岸沿いの町に降りていく途中の道まで・・・)

 転覆した車 釜石 25


 箱崎地区 ↓ これは海岸にうちよせられたがれきではなく、ここはまちだったばしょですよ!!

  釜石 亡くなった街 24


 さっそく約束をした場所を探すが、なかなかたどり着けず・・・・
 指定された場所の目印となるのは何??
 目印のつけようもないんです。

 途方にくれそうながれきをかたす住人に聞きようやくたどり着く。

 さっそく炊き出し開始です。

  待っていて下さった方々に、一通り挨拶をして、その表情は疲れていたが、とても明るかった。

 
  釜石 炊き出し 食事 14
釜石 風景 17
釜石 食事風景 22
釜石 おばぁちゃん 笑顔 食事 21


 お世話になったたくさんのみなさんのお言葉が、すごく温かい。

 しかしこれからが大変だと思う。

 時が経つにつれて、報道が少なくなれども、復興するためには、何年もの時間と労力を費やすのだろう。

 刻一刻と目まぐるしく変化する状況の中で、少しづつ問題も不憫さも変わってくる。

  私たちの目的は、長い目で支援すること。

 炊き出しで満足している場合じゃない。

  そのために、今できる事が、温かい心を伝える料理。
 
 その次に迫る問題は?

  今はだれもわからない。

 そのために、各地区を今のうちに訪れ、各地区との絆を結び、各地区の次の問題点も聞き出して、

 次の段階に適した支援の必要性を感じた。

  これからも何か困った問題があったら相談してください!!と、固く約束し、この釜石をあとにしました。

 1お世話になった方々 釜石 



  明日は、杜のホスピタル あおば に。

 どこの病院でもある問題だが、オーバーベッドの問題。

 意外と避難所だけではなく、病院も大変な現状です。

  誰にでも食べやすい雑炊を、明日の昼届けに行きます。

 福島県新地町は、炊き出しの打診を企画振興課にお願いし、快諾済み。

  現地の状況を詳しくききだしたので、より良いものを作りたく、今、メニューを検討中!!

 もう一つは、多賀城も交渉中。

  明日も、また頑張る。


 

  

al_fiore at 20:13|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

釜石から戻りました!!

釜石 亡くなった街 24

   

  20時くらいに、釜石から帰宅いたしました。

 仲間と課題を見つけ、これからを考え、ミーティング終了後に

 帰宅。

  その後、写真の整理、メールチェック等して、ブログも、書きたい 
 ことがたくさんありましたが、ごめんなさい。

  今、この状況では、頭の整理がつかず、うまく言葉で伝えられない

 ので、体を少し休めてから、明日には、きちんと報告いたしますね。

  次回の予定地は、私の地元=福島県新地町。

 事前の話では、大まかなところで、オーケー頂きました。

  


2011年03月26日

ご連絡


 今日から2〜3日、釜石に行ってきます。

 よって、メール、ブログ更新等できません。

 帰ったらすぐにでも確認、折り返しメールはいたします。


 なにかあれば、携帯のアドレスを・・・


  al-fiore.0115_hm0805@docomo.ne.jp

宜しくお願いいたします。

2011年03月25日

遠見塚小学校にて・・・

3遠見塚小学校

 宮城県は若林区にある遠見塚小学校に炊き出しに行って参りました。

 ここに避難していらっしゃる方々は、約70名。

 だいぶここになって、少しづつ物資も届いてきたようでした。

  大部分の方は、蒲生地区にお住まいだった方なのですが、今は、津波ですべて流され、

 もう何もない地区です。

  まず、寝かせたカレーを、当店にてガンガン温め、おいしい玄米を知り合いの和食の親方が焚いて下さり、

 容器も持参して、午後4時に出発!!

 
2遠見塚小学校



  職員室で校長先生と、教頭先生(小野寺さんといいまして、私たちの申し入れを快く受け入れて下さった先生)に
 
 案内いただき、避難所になっている体育館へ。

  遠見塚小学校6


  体育館に入ると、ストーブが10台ほどたかれており、ジャンバーを着ていれば、凍えるほどではない。

 ただ、皆さんそれぞれの場所で何もせず座っているお年寄りの方が多く、その方からしてみれば、

 若干寒いはず。

  皆様への挨拶を終え、いざカレーを振舞う。

 遠見塚小学校7


 遠見塚小学校5


 遠見塚小学校4


 1遠見塚小学校 
 

 思ったよりもかなり余ったため、おかわりの案内を差し上げると、嬉しいことに、次々もう1回転分くらいの方々が

 並ぶ。

  皆さんが、家をなくされて途方に暮れていると思ったのは、私たちだけかもしれない。

 それぞれ協力しあい、助け合って、頑張っている。 笑顔を見せて下さる方々もたくさんいた。

  
  たくさんの食材を山形からはこんでくださった、ミュージシャンの大谷さんが、皆さん一通りお食事を終えた後に

 サプライズで、オリジナルのピアノ演奏を披露してくださいました。

  私にとっても、心に響く曲で、皆さんと一緒に聞き入ってしまった。

 
  3遠見塚小学校



  ピアノのそばで、私が撮影した様子が↓

 遠見塚小学校8



 周りを見渡すと、目頭が熱くなっている人、うなずきながら聞き入っている人。さまざま。


 きっと皆さんの心に響いたと、私は確信した。

  非営利活動も常になさってる、優しい心の大谷さんに、やはり作品の人柄を感た。

 どんな作品も、全て人がつくりあげるものは、人そのものを表すんだなぁと。。。

 岡本 英史さんが作るワイン。 ブォナフォルトゥーナの大崎シェフや海里の武田さんが作る料理、

 大谷さんの楽曲、ひつじやの西塚さんが手がけるサフォーク。

  みんな優しさがあふれるそれぞれの作品です。

 私自身の勉強にもなりました。

 
  私たちが、振舞ってあげていっるのではなく、私たちに料理を作る機会をいただいてありがとうございます。

 私たちがたくさんの方々に支えられて、今、ここに来れることが出来た。 

  ありがとう。

 振舞わせていただくことで、皆さんから笑顔をいただいた。

 ありがとう。

  
  いよいよ明日から、釜石に向かいます。 出発は、午前四時。

 頑張ってきます!!!

  まだわかりませんが、到着してすぐ仕込み、夕方から400名の方に炊き出し。

 次の日は、3つの班に分かれて、3方向で炊き出しをしてくる予定。

  明日も、支えて下さる皆様と一緒に、頑張ります。


  そして、ともに動いて下さる、大崎シェフとひさえちゃん、海里の武田さん、大谷さん

  お疲れ様でした!!

 

  
   

al_fiore at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月24日

先が見えてきました。


震災後、第一報で流れたニュースで、宮城県の荒浜で2〜300人が流されてしまいました。

という情報が、ながれましたよね?

 今回、25日は、そこから近くにある避難所、遠見塚小学校に炊き出しに参ります。

 小さな避難所ですが、寒い体育館で過ごしているのが現状です。

 明日、アポイントを取りましたので、頑張ってきます。


また、27日から、岩手県は釜石市からも要請があり、釜石を拠点として、小さな本当に困った村落を、
私の募った仲間3班に分かれて、より広域で回ってきたいと思います。

 すでに、市からの許可も承諾済み。

 リストアップされた地域を積極的に回ってきます。

一刻も早く温かいものを届けるために、全力で取り組んで行きます。

 応援よろしくお願いいたします。

 また、PCは持っていきますが、使えるかどうかはわかりません。

 もし、必要であれば、携帯のアドレスも記しておきます。

 al-fiore.0115_hm0805@docomo.ne.jp


al_fiore at 13:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年03月23日

25日には行けそうです!!


 本当にたくさんの皆様からのご支援で、25日に先ずは近隣の避難所に出向決定!!

 避難所の状況は、その時折で変わります。

  そうした中、まだガソリンの流通が難しく、遠くには行けないのが現状です。

 本日、たくさんの野菜を山形から持ってきてくださった、大谷さんと話し合い、

 25日に出向することに決定。

  近隣の避難所をリストアップし、一つ一つアクセスし、その状況をお伺いしてから、

 適所に決めます!!

  次回の更新時には、皆様に詳細をお伝え出来ると思います。

 本日、お持ちいただいたお野菜を使って、200食分のカレー作りに着手。

 その状況 ↓

 カレー 1



 お肉が、まだ届かないため、当店の在庫である、イノシシ、シカ、羊、黒豚をすべて合挽きにして、
 大量投入!!

 明日には完成。 少し寝かせて明後日には、被災された口のもとへ・・・

 ありがとうございます。


  それと、お陰様で、前回に乗せた当店の商品リストは、生ハムセット以外は、すべて完売です。

 本当にたくさんのご協力ありがとうございます。

  その他の方のご要望に応えるために、ご相談させていただいた、青山のICHOさんとの話し合いも
 進み、かなりの規模で、Tシャツのプロジェクトも進めています。
  今、決定しているのは、国産の生地を使い、国内で製造・加工された、しっかりとした質感の
 シャツを製造する予定です。
  そのことによって、国内流通を少しでも良くしようという試みです。
 大量生産の既製品とは違って、もちろん値段もかかりますが、少しでも国内でということで・・・

  また、明日に更新しますね!!

 みなさんが、メールで、励ましのお言葉や、応援、私の体調を心配されておりますが、
 私は大丈夫!!!

  被災されている方に比べれば、思えば、頑張ります!!!

2011年03月22日

今週末には、やっと行けそうです!!


 本日のミーティングで、今週末には行ける目処がたちました。

 ご支援くださった皆様とともに、現地にて活動してくるつもりです。

 熱い思いを胸に、頑張ろうと、今回一緒に行く、大崎シェフや、T親方とともに決心しました!!

 皆様の心あるご支援、本当にありがとうございます。


 そして、前回のブログに乗せた、商品はお陰様で、残り僅かの状態です。

 しかし、少しでも多く、被災された方々のところに支援に行きたいため、

 引き続き、かわりの商品を販売させていただこうと思っていました。

  前からお付き合いのある、東京=青山でテーラーを経営なさっているICHOさんの協力のもと、

 ダブルネームで、今回の災害をモチーフにしたTシャツを販売する予定です。

  まだ、デザインを起こしてくださっている段階なので、価格までは決まっていませんが、

 決定次第、追って報告させていただきます。


  明日も、頑張ります!!

  

al_fiore at 03:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!