麻雀荘メンバー語録 version2.0

日本プロ麻雀協会所属麻雀プロ、木原浩一による個人的な麻雀についての考え方、戦術等を紹介するブログです。

5月13日水曜日はマーチャオ下北沢店に17:00〜です。
マーチャオ下北沢店では毎週水曜日、最高位戦ルールでのフリー営業を行っています。

最高位戦の競技ルールで一緒に打ちましょう!

5月18日 マーチャオ横浜店
5月21日 マーチャオ千葉店
5月27日 マーチャオ吉祥寺店

こちらは通常のフリールールです。合わせてよろしくお願いします。

6月は関西遠征いたします!

6月2日 マーチャオ難波店   14〜20時 with 鈴木たろう
6月5日 マーチャオ天王寺店 14〜20時

そしてマーチャオ以外にも――  
ハイテン
6月1日 牌テンション京都駅前店14時〜20時
KXO_opej
6月4日 Potti京都 14時〜20時

このような予定となっております。
関西遠征は本当に楽しみにしております。この機会に是非お会いしましょう!



明日12時〜雀竜位決定戦最終日が行われます。
僕は解説として2、4、5戦目を担当するのですが――
suzumeryuu






こ、これは‥‥

2年前の雀王決定戦を思い出しますね
この時の僕はといえば、自分の存在が何なのかさえわからず震えながら打ってました。

というのは冗談ですが(笑)

さて、ここからは僕のタイトル戦決定戦における私見です。
これを読んだ斎藤以外の3人が、少しでも気が紛れるようなことがあれば幸いに思います。

決定戦進出者は決定戦における打牌選択を自由に決定する権利を有する

と思うのです。第3者にとやかくいわれることを気にしてはいけません
どんな結果になろうとも自分の思うがままに、どうか堂々と残り5半荘を戦ってきてほしい。

3人が結託して斎藤を落とすことを狙うのも良いでしょう
しかしこの得点状況になれば、3人の利害関係が完全に一致することはまずありえない。

なぜならこの協会ルールにおいて、ここから優勝を狙うために3人が最も優先すべきことは
斎藤を落とすことではなく、自分がトップを獲ることなのだから。

なら最初から諦めろ、と言っているわけでもありません。
最初に言った通りどのような選択しようとも、それは対局者本人の権利、自由だということ。

幸いにして今期から2〜4位までに賞金格差が設けられました。
最初から2位を狙ったとしても何ら恥ずかしいことではありません。

○○すべきではない △△はありえない

というような外野の声はシャットアウトして
自分の考え得るパフォーマンスを遺憾なく発揮してほしいと心から思います。

また、他人が自分と同じ方針にしなかったからといってそれを責めてもいけません。
他人がどう考えようが、それも対局者の権利であり対局者の自由です。

道中悔いが残るシーンもあったことでしょう。それはもう過去の出来事です。
今大事なのは過去を振り返ることではなく、これからどうするかを選択判断すること。

反省は全て終わったあとにすればいい。
それまでは正々堂々、自分の信念を貫いてきてほしいと思います。

闘うキミの唄を、戦わないヤツらが笑うかもしれないけれども

その昔、大勢の決してしまった舞台で、少しいい加減に打ってしまったことを
あの時はあまり良くなかったなーと反省している先輩の独り言でした。

新年明けましておめでとうございます。日本プロ麻雀協会の木原です。
2015年も引き続きスーパーニートを目指します。ブログマガジンのほうもよろしくお願いします。

参照・2015ブログマガジンコンテンツ

1月12日18:00〜24:00、第4回ブログマガジン杯ワンデイ予選を行います。



天鳳公式大会と同様のルールで行います。 例・マーチャオ杯

4人打ち東風喰あり赤あり連続5戦の最大合計得点
25,000点持ち30,000点返し、ウマ10-20

大会ロビー番号 77166727

【商品】

優勝・天鳳有効期限60日分+ブログマガジン杯準決勝シード
2位・天鳳有効期限60日分+ブログマガジン杯準々決勝シード
3位・天鳳有効期限30日分+ブログマガジン杯準々決勝シード

4〜10位・天鳳有効期限30日分

協賛 有限会社シー・エッグ 様

【日程】

準々決勝A、B卓・2月10日21:00〜、準々決勝C、D卓・2月11日19:00〜
準決勝以降は対戦者4人で日程を合わせます。

準々決勝当日は生放送(無料放送)の配信を立てます。
出場優先順に放送内で点呼を取りますので、参加希望者は当日の配信に集合してください。

【what's ブログマガジン杯?】

準々決勝以降はトーナメント方式です。
先に2回トップを獲った人が勝ち上がりという、シンプルなルールです。

参照記事・http://ch.nicovideo.jp/kihara/blomaga/ar616130

シンプル=イージー ではありません。戦略要素満載の奥が深いルールです。

参照動画・http://www.nicovideo.jp/watch/1417260611

2戦目以降は手に汗握る展開になること間違いなしです!

ちなみに―― 僕もこのワンデイ予選からの勝ち上がりを目指して出場します。
チャンネル会員の方も非会員の方も、たくさんの参加お待ちしております!

実演!麻雀家庭教師! 

参照記事・天鳳とスカイプを使った麻雀家庭教師



当チャンネル臨時講師として活躍中の渋川難波先生と麻雀家庭教師の実演配信をやります!
今回の講師役は渋川先生、生徒役は私、木原です。

麻雀家庭教師のほうは現在定員オーバーなのですが
1月にチャンネル会員限定で若干名受講生を募集する予定です。


第4回ブログマガジン杯開催決定!

参照記事・第3回ブログマガジン杯ブログマガジン杯

1月一杯で予選を行い、2月より準々決勝の予定です。
予選の方法は前回同様、30半荘以上の安定段位ランキングです。

エントリーは1月15日より1月31日24:00まで受付致します。
エントリー方法、商品は1月15日配信のブログマガジン記事内で発表いたします

今回のブログマガジン杯、大幅に変更した点は

トーナメント進出枠の拡大 です。

buromaga















第3回ブロマガ杯ではトーナメント進出人数が述べ16名だったのに対して
今回は30名以上!より多くの人にあのしびれる戦いを味わっていただこうと思っています。

しびれる戦いとは??そこでブロマガ杯デモンストレーションとしまして



12月23日21:00〜第4回ブロマガ杯特別予選を生放送(完全無料放送)いたします。

特別予選出場者は

第1回優勝者・gousi
第2回優勝者・JaneDue
第3回優勝者・もっちょ

ブロマガ杯解説王・どんよく

の4名です。勝者は2月に行われる準決勝に進出します。


麻雀動画配信

天鳳の牌譜検討動画を配信中です。リストはこちら

1局検討動画やプレイ実況動画なども配信していきますのでこちらの方もよろしくお願いします。

現役麻雀プロがガチで天鳳位を目指すブログマガジンより

10月6日の十段坂
1

東場の親番で対面から打たれた中:麻雀王国、僕は仕掛けないけどスルー有利か?
と聞かれたらそうでもないと思う。むしろこの比較は互角ではないだろうか――

10月8日の十段坂
17

3列目は条件反射的にテンパイに取ってしまうあなたも、この三萬:麻雀王国はググッと堪えてみませんか?
テンパイ打牌のドラが打ちづらかった訳ではなかったのですが――

10月16日の十段坂
4

この巡目に打たれた白:麻雀王国。トップ目だとこの鳴き判断の優劣は微妙です。仕掛ける仕掛けないはどちらでもいいと思う。この選択で麻雀が強い弱いの判断は――

「鉄鳴き」の語源は「鉄板」から

鉄板=俗に、間違いないこと、確実であることをいう。本命。定番。競馬・競輪などでの用法が一般化したもの。(goo辞書より)

本来優劣がはっきりしている時に用いられる表現方法ですが、麻雀の会話では自分の主張を強めるために使われたり、ポリシーを相手に伝えるため誇張して使われる表現方法のような気がします。

その他にも「さすがに○○したほうが――」とか「○○しかしたことがない――」とか

あたかも他の選択とは大差であるかのような言い方をよく耳にします。
本当にそんな差があるんですかね??A、B、C、僕の選択は全部鳴かずなのですが
2

は東1局の親ということもあり打点重視にしてみました。2鳴きもせずの構えです。
19

は一見薄そうに見えますが「有効牌、もしかして全山じゃね?」と思いスルー。
5

は安い連荘は必要ない点数状況、将来の守備面も考慮してスルー。

こうしていったほうがその後の押し引き判断などがやりやすく
自分好みの選択なのですが、仕掛けるのを否定している訳ではありません

これらを仕掛ける強者もたくさんいることも知っていますし、同様に仕掛けない強者もたくさんいることも知っています。仕掛けには仕掛けのメリットが、門前には門前のメリットがそれぞれにあり

「鉄鳴き」という人は、このような結果になる可能性を実際よりも低く見積もり過ぎだと思うし
「鉄鳴かず」という人は、他家のアガリや自分の失点の可能性を軽視しすぎだと思います。


自分の選択にこだわりを持ったり、自信を持つのは悪いことではありません。しかし自信に溢れるがあまり、自分の推奨打牌以外を認めないような傾向は間違いなくあると思います。

「鉄で――」といわれる度に「鉄なのはあなたの意志かもしれませんが、間違いなくその選択が優秀というわけではないでしょう?」と、思ってしまいますね。

そしてこれは偏見かもしれませんが
ネット麻雀では仕掛ける強者が多く、プロ麻雀には仕掛けない強者が多い

自分のプレイするテリトリーの強者に打牌選択の影響を受けることってありますよね。影響を受けすぎて信仰じみたものになり、他のテリトリーの強者の選択を毛嫌いする。

互いに相い容れない原因はこういったところにあるかもしれません。





さて、明日から雀王決定戦が始まります。
自分が影響を受けてきたテリトリーの強者同士の戦いです。

競技麻雀を主戦とする人にはもちろん、ネット麻雀を主戦とする人たちにも是非見て欲しいですね。

tennho
























10月20日月曜日・新宿フェアリー
15〜22時です。こちらの方もどうぞよろしくお願いします。

このページのトップヘ