麻雀荘メンバー語録 version2.0

日本プロ麻雀協会所属麻雀プロ、木原浩一による個人的な麻雀についての考え方、戦術等を紹介するブログです。

2007年06月

<3回戦>

東1局北家ドラ八筒(8)

一萬二萬三萬五萬七萬八萬九萬一筒一筒九筒七索八索九索
一二三五七八九(119)789

5巡目 こんなイーシャンテン。

7巡目 持ってくる五萬五はツモ切りでテンパイとらず。

8巡目 持ってくる五萬五!は手出しでテンパイとらず。

まぁ今回の「手出しツモ切り」はどっちでもええねんけど・・・これは習性ってヤツですね。
いつか「手出しツモ切り」に関する選択chanceについても紹介する記事を書いてみたいと思います。

10巡目 持ってくる三萬

自分の河が

南六筒二萬二筒二索白
五萬五萬四索
南(6)二(2)2白
五五4

こんな風になっている。

「巡目的にもテンパイ取り」
と考えてしまうのは東風戦メンバーの性なのだろうか。
確かに、局単位の期待収支を比較するならばテンパイ取りのほうが上かもしれない。
しかし、今は東南戦の東1局。もうちょい狙ってみてもいいんじゃないか?結局ツモ切り。

11巡目 持ってくる六萬六でリーチ。

三萬三でちょっと躊躇したことが「傷」になるかもしれない捨牌相だが、間もなく高めで当選して先制する。


南2局西家ドラ五筒(5)

現在32600持ちの2着目。
35200持ちの南家トップ目がリーチ。

八索一筒六筒南九筒七萬横 リーチ
8(16)南(9)七リーチ

同巡の僕の手牌

一萬二萬三萬七萬八萬九萬五筒七筒一索三索三索七索八索九索
一二三七八九(57)133789

何する?

一索1切りヤミテンです。

直後のツモ四筒(4)八筒(8)引きはもちろん
五筒(5)九筒(9)、更に三索3引きなんかでも追っかけるつもり。

つまり、このリーチにはぶつける気満々ってことね。

直後じゃなかったら?それはそのとき考えます。
3〜4巡もすれば3、4着目の動向も明確になるはずですから、その後に判断を変えたっていいでしょう。

この結果は直後の手替わり抽選に当選して追っかけリーチ。マンガンGET!
この捲り合いの結果が決定打になり――

40000点のトップで終了。


<4回戦>

東1局東家ドラ七筒

6巡目にドラを暗刻にしてこの牌姿

六萬八萬七筒七筒七筒三索五索八索八索九索九索中中
六八(777)358899中中

7巡目出る九索9はスルー。

このときは既に場枯れ。
九索9から仕掛けると目立ちすぎる?でも出るときゃでるしなぁ・・・

「ジパング」でなら絶対仕掛けるんですけど、リーグ戦でこの場況なら仕掛けない。
このバランスが正しいかどうかはわかりません。今思えば仕掛けたほうがいいような気もします。
こうした「仕掛けのバランス」も、またいつか紹介したいと思います。

結局

八萬八萬七筒七筒七筒九索九索
八八(777)99

 ポン中中中横 ポン八索八索八索横
中(ポン)8(ポン)

で流局。うーん・・・

南1局東家ドラ六萬六。19400点持ちの3着目。

3巡目

一萬一萬九萬九萬二索六索六索七索七索南南中中北
一一九九26677南南中中北

残念ながら北は2枚切れ。
3巡目役牌×2一九牌×2なら仕掛けたほうが有利?

結局は仕掛ける前に4巡目にこのまま和了るのだが・・・
点差的にもリーチを掛けないのなら狙ったほうがよかったと思う。

次局に2600オールで一旦トップ目に立つ。


南3局西家28900点持ち微差の2着目。

ドラ三筒

トップ目(29900)の東家

4巡目に一筒(1)ポン。その後全部ツモ切りでこんな河。

八萬八筒中五索三萬五萬
四萬發西

3着目(26900)の北家

九索八索九索八筒四索九筒
九筒

たった今九萬九ポンして、初牌九筒(9)のトイツ落し。

同巡の自分の手牌

六筒六筒六筒七筒八筒二索三索四索六索東東白白
(66678)2346東東白白

南南は前巡に南家が切っている。
發中發中は場枯れ。

東白東白は初牌なれど、さすがに全く和了れる気がしない。
というか南家がリーチと来たらこの手牌は手詰まるんじゃないだろうか?

南家から打たれた3枚目の九筒(9)を見送った。これが結果的に裏目となる。

次巡南家がツモ切った白白をポン。

しかし和了りは――

三筒三筒三筒五筒五筒五筒七索七索東東 ポン一筒一筒横一筒 ツモ七索
(333555)77東東 (1)ポン ツモ7

東家。6000オール炸裂。

次局も東家は18000を出和了りし、ダントツとなった。
その後2局は僕が和了りを拾って――


28800点の2着で終了


第4節の結果

4・4・1・2  −20.7P
でした


なんか考えすぎで色々損したわ・・・



続いて5節の結果もアップしたいところなんですが・・・
まだ整理牌譜が終わっておらず、しばしお待ちを・・・・


第6節は本日これから。

ここまでの累積ポイントが

+300Pだったとしても

−300Pだったとしても

6節の段階では選択chanceに影響しないと思うんですよね。
だから今日も目一杯「普通」に打ってこようかと思います。

<1回戦>

東1局

放銃抽選確率を考える〜実戦譜 がこの時

結果は六筒(6)が放銃抽選に当選しました。▲5800。

次局は1人ノーテンと、それなりのビハインドを背負うが、3本場に配牌ドラ暗刻を何とかものにし戦線復帰。

東3局にマンガン放銃。
隠れ役牌ドラ暗刻の両面待ち。ウーン・・

結局この失点が響いて
13900点の4着で終了。またラススタートかよ!



<2回戦>

東1局北家8巡目ドラ八索

三萬三萬三萬四萬五萬五筒六筒二索三索四索八索八索八索
三三三四五(56)234888

これはヤミテン。前回の記事で

>恐らく僕は、協会Aリーガーの中で最もリーチを愛する男。

といいました。語弊があるので訂正します。別にリーチが好きだからリーチしてるってわけじゃない。
「リーチしたほうが得」つまり「リーチしたほうが期待的に有利じゃなかろうか」と思う局面でしかリーチはしません。

この場合

四筒(4)が親の河に2枚

この局、親はなんとなく手が早そうな感じ。
その親がツモ切るパターンと、他家が親を警戒して打ち出すパターンが増えるわけじゃないですか。
そうすると、なんとなくヤミテンのほうが得だと思う。あくまでなんとなくなんですけどね。

11巡目ツモ五筒(5)で打六筒(6)の待ち替え。
ここでリーチはいいんじゃないか?しかし巡目が巡目なだけに・・ヤミテン続行。

次巡親からリーチ

九萬南北四筒四筒西
一萬一萬九萬中九筒三索横 リーチ

持ってくる牌が何であろうが関係ないのだが、あの河なら被せますか。
と、ちょっとだけ考えてリーチ宣言。でもリーチ棒はいらないってさっ。

ペン七索7待ちの7700放銃。
先制リーチならどうだったか?なんて考えるのは時間の無駄だと僕は思う。


東2局西家7巡目ドラ六萬

六萬七萬六筒七筒八筒二索三索四索五索五索六索七索八索
六七(678)23455678

こんなテンパイ。
このとき東家。3巡目に九萬九をポンしてこんな河。

八萬五筒六索五筒二索六索
中

1枚切れの中中を手出し。東白發東、白、發は初牌。

先行仕掛けの現物ダマテンの法則

っていうのが僕の中ではありまして。その法則のうちのひとつ。

初牌の字牌が打ちにくい場況。その候補が複数ある場況ではヤミテンがお得。

この場合、東白發東、白、發が打ち出しにくいような場況。
赤無しの競技麻雀において、このような先行の仕掛けに対し、役牌を先切りするような傾向はあまり見られない。
南家北家が抱えている(絞っている)可能性は大いにあり、その両家にベタオリを促進させるようなリーチはあまり得とはいえないでしょう?

7700ビハインドなので曲げたいのですがヤミテンを選択。今回は高めが当選しました。


東3局南家ドラ北

<北家の河>
西二索九筒七索白七筒
五萬九萬

東東ポンの打九萬

チートイイーシャンテンから危険牌先切りの三筒(3)が・・・
「ロン」えっもう?ドラ3ですか・・・マンガンですか・・・そうですか・・・


更に南2局で、絶テンのタンピン三色に刺さる。
東2局に自分がやったことをやり返されたのですが・・・トホホ・・・

それにしても放銃しすぎじゃね?

南3局
またしてもヤミテンでマンガン和了。点数状況的にはリーチ?
しかしこれも場況が・・・オーラス親番だし・・ ってもういいや。

結局

16500点の4着で終了。ハイハイ・・・ラスラス・・・

もうひとつ例を出そう

危険牌先切りと待ち読みの考え方より(よく読んでね)

<西家捨牌>
南中東六萬八萬中 
七筒五筒九索發 

<西家仕掛け>
チー一筒横二筒三筒 ポン西西西横 

<10巡目、自分の牌姿>
二萬二萬三萬四萬五萬六萬四筒五筒九筒九筒四索五索六索 
二二三四五六(4599)456

この段階で二萬二を勝負するとしよう。

ソーズの4筋 1―44―72―53―6
マンズの2筋 一−四二−五
やや危険度が落ちるが (6)−(9)

放銃抽選確率は1/7
もちろんテンパイしていない可能性も含めると、実際はそんなに高くはない。

しかし――

北家九筒(9)。、東家一索1。
東家一萬一、西家六索>6ツモ切り、北家二索2。
西家四索4ツモ切り。

(6)−(9待ちを否定。
1−4待ちを否定。
一−四待ちを否定。
3―6待ちを否定。
2―5待ちを否定。
4―7待ちを否定。

西家六索6ツモ切り。
西家四索4ツモ切り。

によって

三萬四萬五索六索六索六筒六筒 
三四566(66)

三萬四萬三索四索四索六筒六筒
三四344(66)

こんなイーシャンテンであることの可能性も否定される。
つまり、テンパイの可能性も相当高まったということですね。

これらの情報が出た後の放銃抽選確率は?1/1
西家がテンパイであれば、限りなく100%に近いのではないでしょうか?ということです。


さて――この前出した問題

六筒(6)遅ポンです。明らかな遅ポン。
>ということは迷ったということですね。

南中東六萬八萬中 
七筒五筒九索發六索四索 
七萬八索三萬

 ポン六筒六筒横六筒チー一筒横二筒三筒 ポン西西西横 

ドラ六筒(6)ポン出しの三萬三強打。

この瞬間の西家の待ちを1点読みして下さい。

>これはできます。9割5分この待ちだと思いますよ。



六筒(6)ポンの前からテンパイであったことは明白である。

ならば六筒(6)雀頭の三萬三絡みの○○待ち。

一萬二萬三萬三萬四萬一二三三四とか一萬一萬二萬三萬三萬一一二三三のケースが多いよね?
でも自分の目から三萬三は全見えなのでこのパターンは否定される。

三萬五萬三五のパターンは、六萬六→八萬八の切り順から完全に否定される。
二萬三萬二三のパターンは、一萬一が通っていることからこれも完全に否定される。

残りは一萬三萬一三、三萬四萬三四

流石に二五待ちなら鳴かないでしょ?
それに六筒(6)仕掛けたときに「ちょっとした情報」もありまして。

>咄嗟の六筒(6)ポン。
>西家はキチンと理牌する打ち手。


これだけで「ちょっとした情報」わかりますかね?

というわけで95%以上一萬一単騎待ち。自信度SS

ゆっくーり考えればわかるでしょう。
しかし、麻雀には制限時間は無いものの、それなりの速度で判断することは要求されます。

時間を掛ければわかった」と「実戦で反応できた
これには天と地ほどの差があります。その差を埋めるためには練習するしかないでしょう。

練習の方法とは?牌構成パターンの記憶です。
これについてはまたいつか別の記事で紹介したいと思います。

麻雀について悩み始めた子供「誠司」と『その父親』の会話

放銃抽選確率を考える 2

『続きな。じゃあこんな河で――』

<捨牌A>
南西南九筒一萬一萬 
三萬八索九萬一萬白中 
八萬横東 

六筒(6)を勝負するとしたら放銃抽選確率は何分の1?』

「えと・・・5分の1かな」

『そうだね。前回の勝負――』

<捨牌B>
南西南九筒一萬一萬 
三萬八索九萬一萬白中 
八萬横東 

『――よりもかなり危険度は高いといえるだろ?』

「でも上の河はなんとなく変則っぽい気もしない?」

『これだけの情報では変則かどうかわからないよね。出現頻度が高い変則手役には七対子があるよね』

「うん。あとは字牌とのシャンポン待ちとか」

『それらについてはまた日を改めて説明することにするよ。とにかくここでいいたいのは、――』

五萬六萬七萬六筒六筒七筒五索六索七索發發 ポン中横中中 
五六七(667)567發發 ポン中

この牌姿で

<捨牌B>放銃抽選確率1/12 ←押す
<捨牌A>放銃抽選確率1/5  ←押さない

『というように、放銃抽選確率によって押し引きを考えるってことなんだよね』

「じゃあこの場合なら何分の1まで押していいの?」

『そりゃわからん』

(無責任な・・・)「はぁ?そこが1番聞きたいところなんじゃないか!」

『まあまあ(笑)これが簡単に計算できれば苦労しないよ。ただ――』

バランス感覚

『この局面にも押し引きの最適バランスラインってのがあると思うんだよ。その最適バランスラインが、仮に「放銃抽選確率1/7まで押す」だとしようか?そのラインに近い選択chanceを常に選べる人は強いよね。逆にそのラインから常に遠い選択chanceを選ぶ人は負けるだろうね。あっ!もちろん長い目でみての話しだよ』

「ふーん・・・なるほどねぇ。でも最適バランスラインが考えてもわからないことであるならば、こんな考え方を説いても無意味なんじゃない?」

『ハハッ(笑)痛いとこつくねぇ。結局「どのくらいまで押す?」っていう選択chanceの判断は、個々のバランス感覚によって決定されるものだろうからね。こんな記事は考え方の手法として参考程度にしかならないのは確かだよ。実際、僕の感覚では放銃抽選確率1/5くらいでも東1局なら押してもいいんじゃないか?と思ってるくらいだしね(笑)』


今日はここまで




麻雀について悩み始めた子供「誠司」と『その父親』の会話

「父さん久しぶりっ」

『んっ?あぁ・・そういやそうだな』

「最近サボリすぎなんじゃないのぉ?」

『いやちょっと・・忙しいというかなんというか・・・まあそんなことはいいんだよ。放銃抽選確率を考えるって話だったね』

「うん」

待ち牌を読むってよくいうじゃない?でも実際は相当な情報量が無い限り、待ち牌を読むことは不可能なんだよ』

「でも、相手の待ち牌を考えたりすることはあるでしょ?」

「その場合、待ち牌を考えるんじゃないんだよ。例を挙げて説明したほうがいいかな?」


東1局南家 ドラ五筒

南西南九筒一萬一萬 
三萬八索九萬一萬白中 
八萬横東 
『仮にこのリーチが両面待ちだとしたら、何通りの待ちの可能性がある?』

「えっと・・・」

二―五四―七(1)―(4)(4)―(7)(2)―(5)
(5)―(8)(3)―(6)1―44―72―53―66−9

12通りだね」

『そうだね。じゃあ六筒(6)を勝負するとしよう。この場合の放銃抽選確率は1/12ってことだね』

「はあ・・・」

を勝負しようとしたら?この場合は2筋にかかるから2/12、つまり放銃抽選確率は1/6ってことね』

「そんな単純計算でいいの?」

『いやいや(笑)これはあくまで目安だよ。12通りすべてが同一の危険度ってわけじゃないし、勝負する牌によっては想定される失点も違うでしょ?』

「それに両面待ちとは限らないしね」

『まあそうだね(笑)でもこの話は、放銃抽選確率を正確に数値化するっていう話じゃないんだ。放銃抽選確率を比較する考え方を知ってほしいんだよ。1つのパターンが否定されることによってそれ以外のパターンの危険度、つまり放銃抽選確率が増すという考え方をね』

「どういうこと?」

『例えばこのリーチに他家が』

四筒(4)を勝負
二萬二を勝負
六索を勝負

『した後に六筒(6)を勝負しようとするじゃない?そうすると放銃抽選確率は何分の1?』

「えーと・・・」

(1)―(4)(4)―(7)待ちを否定。
3―66−9待ちを否定。
二―五待ちを否定。

「だから・・・1/7?」

『そう!その情報が出る前よりも六筒(6)の放銃抽選確率が2倍近く高まってると考えるんだ。わかるか?』

「なるほど!他家が無筋をバンバン通すってことは、まだ通っていない牌の放銃抽選確率が上がってますよって教えてくれてると思えばいいんだね?」

『うん。でもせっかく他家がそうやって教えてくれてるのに』

僕も1牌だけ勝負!
   ↓
放銃しました
   ↓
あー!なんで僕の牌だけ当るの?ツイてないや・・・

『こういう考え方はダメでしょ?ってことさ』



ちょっと眠いんで今日はここまで

〜実戦譜より

東1局南家 ドラ五筒

南西南九筒一萬一萬 
三萬八索九萬一萬白中 
八萬横東 
こんな河の親リーチに対して14巡目の手牌。

五萬六萬七萬六筒六筒七筒五索六索七索發發 ポン中横中中 
五六七(667)567發發 ポン中

六筒(6)切るよね?
このケースであれば、素直に押したほうが得だと思います。


ではこんな河なら?

一索二索三索九筒一萬一萬 
三萬八索九萬一萬八筒二筒 
八萬横東 


どうします?


捨牌の南西南 南西南の部分を一索二索三索123に
白中白中の部分を八筒二筒(82)に変えただけなのですが――
僕は六筒(6)も七筒(7)も切りません。


これはどういう考え方なのかというと


上の河と下の河とでは六筒(6)または七筒(7)の放銃抽選確率に大きく差がある。


ということです。その考え方を次回以降詳しく説明します。


<3回戦>

東3局2本場。供託のリーチ棒が2000点。
23600点持ちの3着目。トップ目は34900点

南家14巡目 ドラ九索

一萬二萬三萬一筒二筒三筒五筒五筒二索三索六索七索八索
一二三(12355)23678

トップ目西家が早々に白を仕掛け、13巡目に手出し初牌のドラ。
捨牌の前後関係からも、恐らくはテンパイと思われる。これは同卓者共通の見解だろう。
そしてそのドラを手の内から合わせ打ちする北家と東家。こちらはノーテン濃厚か。

そのトップ目の河には一索1が置かれている。
一索1は残り3枚。確信はもてないが、全山生きでもおかしくないような場況。

恐らく僕は、協会Aリーガーの中で最もリーチを愛する男・・・だと思うのだが――

だってさぁ・・・
一索1持ってきたら全員打ちそうな捨牌相やんか?ノーテンっぽいのが2人もいる終盤なのにさ、わざわざ「リーチ」いうて和了りにくくすることないやろ?山生きかもゆーても自分のツモ山とは限らんのやて!

アカン・・・こんなの曲げられへん!
あっ!・・・「ツモ」った・・・1300・2600ですか・・・

いやいや!たまたま一発で一索1を持ってきたのが僕っていうだけで・・・ ねぇ?・・・

いや・・・でも・・・やっぱ東場ならリーチか・・・


南1局トップ目が親番で先制リーチ

ドラ西

九筒八索五索白一筒七萬
六筒横 リーチ
(9)85白(1)七(6)リーチ

もってくる四筒(4)
たまたま僕の目からは五筒(5)が4枚見えていて
ほんとにノータイムで何気なく切っちゃったんだけど――

一萬一萬二萬三萬四萬六萬六萬六萬四筒四筒六索六索六索 ロン四筒
一一二三四六六六(44)666 ロン(4)

ちょっと温くね?
五筒(5)全見えでさー。
捨牌相からも六筒(6)は面子構成の関連牌であった可能性が高いんだから――

二筒二筒二筒四筒(2224)

三筒三筒三筒四筒(3334)

こういうのも警戒したら?って話ですよ!!まあ下手だから仕方ないか・・・・



南1局2本場 北家7巡目ドラ八筒

四萬四萬五萬五萬一筒一筒一筒三筒三筒六筒六筒六筒一索一索


四萬四か五萬五の2択。

残念ながら僕の雀力ではこの差がよくわからない。
テキトーに打五萬五を選択。

8巡目南家から打たれた一索1はスルー。


以下は【この選択chanceに対する僕の考え(読み)】

僕が一索1トイツ持ちなので、他家に使用される可能性は――

一索二索三索123
一索三索13
一索二索12

の3通り。

東家西家はそれぞれ8巡目4巡目四索4を切っている。
一筒(1)は全見えで123の三色の可能性は無い。

一索三索13持ちの可能性は相当薄いし、一索二索三索123持ち、一索二索12持ちもほぼなさそう。

南家が唯一一索二索三索123で持っている可能性はある。しかし、言い換えればそのパターンしか無いともいえる。

つまり――
一索1は山生きの可能性が結構あるということ。

五萬三筒(3)は仕掛けても、この巡目は一索はどこから出てもふかす予定。
特に東家西家から手出しで出た場合、十中八九トイツ落しだろうから尚更ふかしますよね。

――とまあ
7巡目五萬五した後はこんなことを考えておりました。

こういうことは、道中ちゃんと考えておかないとなかなか反応できないんですよね。

9巡目。残したほうの四萬四が偶然引けて
たぶんリーチのほうが得なんじゃなかろうか?ということでリーチ。

スーパー大吉当選せんかなぁ・・・・?


し・な・い・け・ど

19200点の3着



<4回戦>


東4局東家4巡目
28000点の2着目。ドラ九索

三萬三萬四萬七萬七萬七萬五筒六筒二索三索四索五索五索
三三四七七七(56)23455

4巡目上家の三萬三。まあスルーだよね。

五筒(5)と三萬三を入れ替えた後

7巡目上家の七筒(7)。まあ大体スルーだよね。

12巡目上家の二萬二(2枚目)そりゃ鳴くよ!せーの

「ポン」

の声は下家。貴方もでしたか・・・

それでも五筒(5)を引き入れ、ペン五萬五待ちではあるけれども
六筒(6)切ってリーチとするじゃないですか(しないかw)

そしたらリーチ棒出す前にトイトイドラドラっていわれたよ!
あーーもう!チーテン万歳!!


南4局東家3着目
38000――21700――21200――19100

ドラ西7巡目

一萬二萬三萬八萬八萬一筒二筒三筒四索五索五索五索六索
一二三八八(123)45556

僕はこれも曲げるんですよ。
ヤミテン手替わり抽選待ちよりも、先にリーチを打てるメリットを優先した選択chanceです。

こんな僅差のオーラスですしね・・・
だからこそこんな手で曲げるなって?さてどっちがいいんでしょうね?

結果は当選。次局流局して


24100点の2着


第3節の結果

1・4・3・2  −13.8Pでした

トータルは−119.4P12人中11位ですが・・・ダメなの?


第4節、第5節は連日開催。

なんと今日(7時間後)と明日です。
整理牌譜に時間取られて、自戦記をアップするのが遅れました。
決して負けているから遅れたわけではありません(笑)


書きかけの記事と多少順番が前後してしまいましたが
そちらの続きのほうも今後きっちりアップしていきたいと思います。

<1回戦>

南1局2本場西家
ここまでの7局、和了りは無し。テンパイも一度だけ。
それでも失点する抽選には当たらず。点差もそれほどない3着目。

6巡目 ドラ白

二萬四萬六萬六萬六萬七萬八萬四筒八筒八筒八筒八筒六索六索
二四六六六七八(48888)66

トップ目が中を叩いてドラの白切り。
テンパイかどうかは知らないが、自分の都合優先で暗カンする。
リンシャンから(3)を引いて打二のイーシャンテン。次巡(2)引きテンパイを果たす。

四萬六萬六萬六萬七萬八萬二筒三筒四筒六索六索裏八筒八筒八筒裏
四六六六七八(234)66・アンカン(8)

場況(関連牌)は

>上家トップ目の第1、2打が 八萬五萬
>対面の第1打は八萬
>下家の第3打は七萬
>僕の第1打は・・・九萬九(泣)
>新ドラが九萬

>トップ目に自由に打たせない。
>手牌変化の抽選はあまり無い。
>ヤミテンで和了るメリットが少ない。
>新ドラの九。3枚山生きかも。

たとえフリテンでも六萬九萬六索六九6で曲げたほうが期待的に有利だと思うんですよ。
打四リーチを選択。とにかくこの選択chance「ヤミテンに受ける」だけは緩いと思うんですよね。

結果はテンパイを入れていたトップ目を迂回させ
六萬六ツモ和了り当選。先に五萬五を引いていたのは内緒ね(笑)

ラス前は27500点持ちのトップ目親番。5巡目ドラ四萬

六萬七萬一筒二筒二筒二筒三筒三筒四筒五筒五筒五筒六筒
六七(12223345556)の13牌。上家が中を叩いてマンズに寄せているような捨牌相。

ドラもないこの牌姿なら場況、巡目、点数状況的にも「チンイツ」狙った有利だろうか。
「チンイツ」で難しいのは「何待ち?」ではなく「何鳴く?」「どう鳴く?」

このとき「何鳴く?」「どう鳴く?」幾パターンかは考えていたのが
すべてのパターンまで考える時間はなかった。というより自分にはそこまでの能力がなかった。

マンズを外すタイミングが遅れると放銃抽選確率が高まる。
ピンズの有効牌を引くか、鳴ける前にマンズを外しておくだけで精一杯。

8巡目(3)引きでこの牌姿

一筒二筒二筒二筒三筒三筒三筒四筒五筒五筒五筒六筒九筒
(1222333455569)

これなら迷うことはあまりない。テンパイに取れる牌はすべて鳴く。
と思っていたのだが、よくよく考えると二筒(2)ポンだけはイマイチですね。

結局七筒(7)を鳴いて一筒四筒(14)。
なんにせよ簡単なヤツでホッとした。
あんまり複雑なヤツだと正直自信ないからねぇ・・・


40500点の1着

<2回戦>

特に点数の動きはなく、迎えた南1局の親番11巡目。ドラ三萬

二萬四萬六萬七萬八萬七筒七筒七筒二索三索四索白白
二四六七八(777)234白白

僕はこれ曲げるんですよ。曲げたほうが期待的に有利と思ってるんですよ。
ヤミテン入れてた対面に追っかけられて、僕が2巡後掴んだ牌を河に放ると・・・

メンタンピンカクテイサンショクオモオモオモ

とかいう長い呪文を唱えられようとも――


3900点のラス


続く

<1回戦>

12700点の4着

<2回戦>

32400点の2着

参照・雀王戦Aリーグ第2節 1

<3回戦>

ハイライトは27900点の3着目で迎えたオーラス。
2着目とは2300点差、トップ目とは5900点差。ラス目が親。

3巡目2着目からのリーチ。

北七萬二萬横リーチ
北七二リーチ

宣言ハイはドラの二萬二。

僕の手牌が

二萬二萬四萬五萬五萬八筒八筒七索八索八索九索南南
二二四五五(88)7889南南

当然仕掛ける。仕掛けた同巡。今度は親から

六萬西西四萬横リーチ
六西西四リーチ

萎えた・・・萎えたけども・・・

僕の同巡のツモは七萬七。これはツイてる♪ツモ切り。
即2着目がツモ切る五萬五。これもバカヅキ♪当然仕掛ける。

2件リーチVS南バック

まだ5巡目――
こんな捲り合いでも協会ルールはゼンツしたほうが得だと思うんですよ。

あとは無心でおみくじを引くだけ。
余程放銃確率が高い牌ではない限り、押したほうが得でしょう。
そしてこの巡目、この情報量ならば、押すに見合わないほど放銃確率が高い牌など存在しないと思います。

決着したのは12巡目。当選しました!

37900点の1着

<4回戦>

2度の渾身のリーチもハズレ。
参照・雀王戦Aリーグ第2節 1

それ以外は見せ場なく。 20000点の4着


第2節は 4・2・1・4  −17.0Pでした

第3節も続けてアップします。

リーグ戦(東南戦)実戦譜より――

<3回戦>

東4局南家ドラ六筒(6)
現在2着目。トップ目の北家との差は5000点差、3、4着とは8000点差といった点数状況。

二萬三萬四萬五萬四筒四筒五筒五筒九筒九筒四索五索六索
二三四五(445599)456

4巡目にこんなイーシャンテン。期待のもてそうな牌姿ではある。

同巡に下家の西家が自風を叩く。そして打八萬

西家の河
南中東六萬八萬 ポン西西西横
南中東六八 ポン西西西

中、東はともに初牌。
仕掛けを視野に入れたような牌姿で六→八との切り出し。

この情報から何が読み取れるのかというと・・・
詳しくはわかりませんが、それなりの牌姿である可能性が高いでしょうね。

とはいえこれだけの情報で面子候補を絞り込むことは不可能。
僕は現状不要牌をツモ切るだけしかできません。

5巡目八索8→ツモ切り
6巡目一筒(1)→ツモ切り

一筒(1)は一筒横二筒三筒(123)で鳴かれる。チー出しの七筒(7)

次巡西家五筒(5)をツモ切り。
食い流れ?いやいや(笑)そんなことより有力な情報じゃないですか。

僕の目からはドラ表示牌含め五筒(5)が全見え。

このとき東家北家の動向はというと・・・
はっきりとした情報が出ているわけではないが、そこそこ早そうな感はあった。

とすればこのピンズのダブル面子四筒四筒五筒五筒(4455)。
外し遅れると過大にマイナス抽選を受けることになりかねない。

次巡、ツモ共通安全牌の北で打五筒(5)のリャンシャンテン戻し。
東家北家に対する危険牌先切りです。

三筒六筒(36)ツモが先だとテンパイを逃すことになる。しかし和了りまではどうだろう?
マンズの二萬三萬四萬五萬二三四五を生かしたほうが和了り安そうな場況ではある。

この選択chanceには、下家である西家に対し二萬五萬二五、将来引いてくるかもしれない一萬四萬一四が簡単に出て行かないというメリットもあるのだが・・・ちょっとチキンすぎますかね?(笑)

次次巡、東家の一筒(1)に合わせて打四筒(4)。

10巡目西家は2枚切れの發發を手出しする。

南中東六萬八萬中
七筒五筒九索發

チー一筒横二筒三筒 ポン西西西横

その間僕は
二萬六萬六と引いて

二萬二萬三萬四萬五萬六萬四筒五筒九筒九筒四索五索六索
二二三四五六(4599)456

こんなイーシャンテン。

この時点での西家のテンパイ確率は?8割くらいでしょうか?
テンパイだとしたら待ち牌候補は――

一萬四萬一四、二萬五萬二五。わずかに六筒九筒(69)もある。
5巡目に切った八索8に無反応だったので八索九索89以外のソーズ待ち。

放銃確率がその程度なら二萬二を勝負してもいいだろう。

しかしその後2〜3巡の間。

北家九筒(9)。、東家一索1。
東家一萬一、西家六索6ツモ切り、北家二索2。
西家四索4ツモ切り。

一瞬の出来事。あまりにたくさん情報が出すぎて多少混乱する。
四索六索46をツモ切りの西家。テンパイ確率も10巡目の時点よりも高まったといえるでしょう。

12巡目ツモ七萬七でテンパイを果たす。

二萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬四筒五筒九筒九筒四索五索六索
二二三四五六七(4599)456

10巡目の時点での二萬二の放銃確率

この時点での二萬二の放銃確率。

明らかに違うのがわかるでしょうか?
西家の手牌に変化があったわけではありません。しかし、他の待ち牌であることを否定する情報が出るたびに、まだ通っていない二萬二の危険度は増すのです。そう――

待ち読みとは消去法

なのです。これはまたいつか詳しく記事にしたいと思います。


僕はリーチという選択chanceをかなり愛しています。

曲げたくて――曲げたくて――曲げたくて――

仕方ないのだが、渋々堪えて打九筒(9)

二萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬四筒五筒九筒四索五索六索

そんな中

北西發東五萬二索
白一筒二筒一索一萬一筒
中六索六筒横

上家である親がドラの六筒(6)を曲げて「リーチ」という。

当然仕掛ける。
リーグ戦では「チー」の発声は1拍間を開けることが義務付けられている。

鳴きたくて――鳴きたくて――鳴きたくて――

仕方ないのだが、渋々1拍半くらい間を空けたその刹那――

西家「ポン」の声

遅ポンです。明らかな遅ポン。
ということは迷ったということですね。

南中東六萬八萬中
七筒五筒九索發六索四索
七萬八索三萬

 ポン六筒六筒横六筒 チー一筒横二筒三筒 ポン西西西横


ドラ六筒(6)ポン出しの三萬三強打。


さて問題です。

この瞬間の西家の待ちを1点読みして下さい。

これはできます。9割5分この待ちだと思いますよ。


答えはこちら→放銃抽選確率を考える 4

このページのトップヘ