麻雀荘メンバー語録 version2.0

日本プロ麻雀協会所属麻雀プロ、木原浩一による個人的な麻雀についての考え方、戦術等を紹介するブログです。

2008年01月

「偶然勝ちましたよ。いってみればまぐれですね」

「でもこの偶然によって対外的な評価が大きく変わる事があるので、勝てて嬉しいです」

別に謙虚でもなんでもない。本心ですよ。


僕は――

けっこう麻雀が好きでね。打ってる回数だって相当なもんだと思う。

それ故、負けてきた回数だって人一倍多いわけですよ。


知ってるんだ。

トップ率4割だとか――

連対率7割だとか――

平均順位2.2位を切るだとか――

そんなの無理。人知を超えるような力が無いとできやしないよ。


もっといえば

勝ちたいと想う気持ちが強い人が勝つだとか――

麻雀打ちとしての格で勝負が決まるだとか――

そんなことないよね。夢物語・・・というか漫画の世界だけですよ。

「ドラゴンボール」を見て「僕もかめはめ波を出す!」っていってるようなもんでしょ?


でもね?

残念ながら世間の評価は、その「偶然」で決まってしまう事が多いんだ。

冒頭のセリフ。「偶然負けましたよ。いってみればまぐれですね」

こうだったらどう?完全に負け惜しみに聞こえちゃうよね?


「正しい事をいって何が悪いんだ!!」

僕の友人のSならそう反論しそうだけど(笑)

それは世の風潮がそうなんだから、しょうがないんじゃないかな?

正論を吐くことが対外的な印象を悪くする事なんてよくある事でしょ?


(負けたら――ボロクソに叩かれるんだろうな・・・)

そう思ってましたよ。ミスだってちょっとくらい出るだろうし。

というかその程度(ちょっとのミスが出る程度)の雀力しかないから仕方ない。


でも――


>勝ったときとか、負けたときのことなんて考えない。

>そのとき出た結果なんて気にしない。

>過去のミスは振り返らない。


打ってるときはそうでしょ?麻雀のゲーム性、知ってるもん。

局面に応じて、1打1打最善を尽くす

これを繰り返し忠実に行うことこそが、勝率をちょっとだけ上げる事に繋がる――

そうでしょ?

知ってるから―― ちょっとやそっとで揺れるようなことはないんですよ。





結果――

このブログ風に今回の結果を表現するならば

「対外評価を上げる抽選に当選しました!」

こんな感じかな?(笑)


麻雀プロとしてもっとリップサービスしたほうがいいって?

その意見もよくわかるけどね。

ごめんね。プロっぽくなくてさ(笑)

どうもこんばんは。
放置ブロガーの木原です(笑)

「忙しい」
って言い訳大嫌いなんですよねー。

この言い訳されると
「どんだけ売れっ子なんだよ!おまえはっ!」って突っ込みたくなりますね。

はい。
別に忙しくはありません。

ただ単に、やる気の問題です。すいませんでした。


さて――


『一夜限りのマッチングを天鳳で実現』

【企画名】公開対局@天鳳
【日時】1月25日(金)深夜24時〜
【会場】http://tenhou.net/0/?C27382861
【内容】東風戦喰いタンあり赤なしで4試合(平均順位で評価を行なう)
【対局者】とつげき東北・木原浩一・理想雀士、茶柱立樹
【観戦法】
・会場にログインして直接観戦する。
・実況配信を視聴する。
 Livetube(http://livetube.cc/ )で稚児さんその他が配信予定。
・2chスレで観戦URLを見つけてアクセスする。
 麻雀板スレッド一覧(http://money6.2ch.net/mj/subback.html )から最新の公開対局@天鳳スレへ。

【対局者紹介】

・とつげき東北

http://blog.livedoor.jp/risoujansisisi132652/archives/51280612.html

・木原浩一

http://blog.livedoor.jp/risoujansisisi132652/archives/51280604.html

・理想雀士

http://blog.livedoor.jp/risoujansisisi132652/archives/51280597.html

・茶柱立樹

http://blog.livedoor.jp/risoujansisisi132652/archives/51280594.html


このイベントに参加する事になりまして

「意気込みを1つどうぞ」

なんていわれてちょっと考えるわけですよ。


うーん・・・
本音を言えばね?このブログに書いてある通りさ。

麻雀の結果に対する目標とかナンセンスだからっ!

みたいなことを言いたいのだけれども・・・
これじゃつまんないでしょ?負けたときの言い訳っぽく聞こえるでしょ?


だからといってさ・・・

現役バリバリの雀荘メンバー(プロ?)がネット雀士に遅れをとるわけにはいかねーぜ!

これはアホみたいでしょ?
そもそもブログに書いてることと全く違うし(笑)


局面局面ごとに最善を尽くす

まぁ結局はこれなんですよ。
毎日毎日これの繰り返しですよ。ホント飽きもせずにねっ(笑)


ブログももうちょっと頑張ろう――

麻雀について悩み始めた子供「誠司」と『その父親』の会話。


誠司「父さん。新年明けましておめでとう」

『やあ誠司。今年もよろしくな』

誠司「父さん。今日は僕の友達のまさし君を連れてきたよ。オーイ入って・・」

まさし「は・はじめまして。誠司君とはよく卓を囲む仲なんです」

『おおそうか。誠司をよろしくな』

誠司「父さん。今日は元旦ということもあって、今年一年の目標を決めたいと思うんだ」

『ふーん。誠司は何にしたんだい?』

誠司「えへっ。まだ決めてないや」

まさし「僕はなんとしてもBリーグに昇級したいです」

『ふむ。じゃあまさし君はその目標を達成するために具体的に何をするんだい?』

まさし「えっとですね・・セットを数多くこなしたりとか、研究会に行ったりとか・・・」

『それが目標を達成するための手段ってことね。ところでまさし君。願望と目標の違いってわかるかい?』

まさし
「えっと・・・なんでしょう?」

『僕もよくわかんないけど(笑)似て非なるものではあると思うんだ。目標ってのは自分が到達したいラインに達するために、明確な手段を講じることができるものだと思うんだ。たとえば「ダイエット」が目標なら、手段は「食べない」とかね。願望ってのはそれに比べてどこか漠然としてるよね』

誠司「セットを数多くこなしたりとか、研究会に行ったりは明確な手段では?」

『精神的に安堵感は得られるかもね。技術的に少しは向上するのかもしれない。でもそれをやったからといって、どれほど昇級確率が上がるというんだい?』

誠司「じゃあやんないほうがましってこと?」

『いやそうじゃないよ。だってそれは趣味でやってることだろ?人の趣味にとやかく言うつもりはないよね』

誠司「じゃあ何なの?ケチつけたいの?」

『いや!そーじゃなくて(汗)今年の目標は?って聞かれるとするじゃない?麻雀の結果に対する目標は立てにくいよねって話さ。願望だったらいくらでもいえるんだけどなー・・・』

誠司「じゃあ父さんの今年の目標ってなに?」

『・・・禁煙かな?これは確固たる意志さえあればできそーじゃん?』

まさし第7期雀王になる。とかそーいうのはないんですか?」

『もちろん願望としてはあるよ。でもそれは自分の意志とは無関係に選ばれるものだと思ってるんで・・・』

まさし「そ・そんな気持ちじゃ勝てるもんも勝てないっすよ!」

『おっ!いうねぇ(笑)』


つづく

このページのトップヘ