麻雀荘メンバー語録 version2.0

日本プロ麻雀協会所属麻雀プロ、木原浩一による個人的な麻雀についての考え方、戦術等を紹介するブログです。

2008年04月

麻雀について悩み始めた子供「誠司」、その友人「まさし」と『父親』の会話。


誠司「なんかさー・・・全然勝てないんだよねー・・・」

まさし「せ・誠司君はアレだよ。ほら!○○といったときに、××するからダメなんじゃない?」

誠司「そっかなー・・・でもさぁ?」

『おっ!また麻雀の話かい?』

誠司「ねえ!父さん!麻雀に勝つためのコツを教えてよ!」

『そりゃあ自分よりも弱い人とやることだよ。前にもいったろ?これは間違いないからな(笑)』

誠司「そうじゃなくってさぁ・・・」

まさし「じ・じゃあ、どうしたら強くなれますか?強くなるコツを教えてください」

『強くなるコツかぁ・・・あのねぇ・・・そういう質問する事自体が、麻雀というゲームに対する理解がないというか、麻雀舐めてる?というか・・・』

まさし「な・な・な・な・なんでですか!!つ・強くなりたいと思うことが舐めてるってことですか!!!」

『そうじゃないよ(汗)コツっていってもねぇ・・・・負けが込んでるときとかに、なにかにすがりたくなるような気持ちになるのもわからんでもないけどね。でも「勝てない原因」「負ける原因」それを一言で言い表す事なんて・・・そりゃ無理でしょ?ちょっとアドバイスした程度で強くなるもんじゃないだろ?って話だよ』

まさし「で・でも、このまま放置してても強くなるわけないじゃないですか?」

『そうか?父さんは、強くなる人って誰に教わるでもなく、放置してても勝手に強くなるもんだと思ってるけどね?』

誠司「その根拠は?」

『ないけど(笑)強くなる人の傾向だよね。じゃあちょっとだけアドバイスしようか?役に立つかどうかわかんないけどね』



続く


『オイオイ!なんでこの鉄板の3メンチャンが、そんな腐れカンチャンに負けなきゃなんねーんだよ!!』

ツイてない?ハイそうですね。ツイてないですね。

だけど、先程アナタが和了ったペンチャン待ちの2000点。

3メンチャンのヤミテン満貫に競り勝ってるのですよ!!


目に見えないだけで、そーいう恵まれた結果だってあるんです。

たまたま恵まれなかっただけで『なんで俺だけ??』はおかしいでしょ?


ツイてない!

いちいちボヤくのはどーなんでしょ?

なんかみっともなくないですか?






麻雀における「番狂わせ」とはなんでしょう?

圧倒的な実力差があるのに強者が弱者に負けること。

そりゃ麻雀始めて2〜3日の初心者がさ

フリー雀荘でもそこそこ強いって評判の高い人に負けること。

これはほぼないでしょう。なんでって?

そりゃ圧倒的な実力差があるからでしょ?



僕が所属する日本プロ麻雀協会Aリーグ

1番強い人(X)と1番弱い人(Y)の差ってどれくらいでしょう?

誰が1番強くて、誰が1番弱いかって?

そりゃわかんないよ(笑)だって比較しようがないでしょ?


この差はそれなりにあると思う。

でも、どれくらいの差かというと――

X:Y=55:45

こんなもんじゃないかな?

たぶんね。これでも過大過少評価しすぎなくらいだと思う。


第7期雀王戦Aリーグ第1節

結果、たまたま首位で終わりました。

謙遜でもなんでもなくマグレです。


「木原が首位だなんて番狂わせだな」

といった人がいるとかいないとか・・・・

じゃあ誰が首位なら「番狂わせ」じゃないのだろう?

1番強い人(X)と1番弱い人(Y)の差だってあの程度なのに

そんなに実力差ってあるんだ?僕はないと思うな。




まぁなにがいいたいかとういとさ。


>誰が首位になろうがそれは偶然。マグレですよってこと。

>「番狂わせ」といえるほどの実力差なんてないでしょ?


ってことですよ。

だって麻雀ってそういうゲーム性じゃないですか。

みんな本当は知ってるでしょ?



僕は麻雀大好きですよ。

ええ。とっても。

なにが好きなのって?端的にいうとね――

「楽しいから」

僕なりの麻雀の楽しみ方っていうのがあるんですよ。

ちょっと「黒い」かもなので、ここでは割愛させていただきますが(笑)

うん。でもまあちょっとは書くよ。後でね。


楽しみ方って人それぞれあるじゃない?


>ただ純粋に勝利だけを求める

>濃い内容の勝負がしたい

>麻雀を通じて多くの人と知り合いたい


色々あるよ。でもさ。

「こうじゃなくちゃいけない」ってことはないよね?

少なくとも僕はそう思うよ。


僕の「麻雀道」は―― おおげさかな(笑)

究極の自己満足だから。

それでなおかつ勝てれば最高!!

とにかく他人にあーだこーだいわれたくないのね。


最近は

損得」なんかよりも「何切ったら楽しめるか

そんなことばかり考えながら牌を握る毎日です(笑)楽しいですよっ♪


麻雀荘メンバーとしては?どうかな?(笑)

麻雀は好き勝手にやる。その分は

人に認められるように一生懸命仕事しようと思ってます。

それがお客様に認められれば、そんなに不快に思われる事もないんじゃないかな?

たぶん・・・ たぶんね(笑)





このページのトップヘ