これは本文では触れなかった話。

4回戦南3局。
トップ目は北家41100点、追う東家30600点
最終戦を目の前にして、両者とも喉から手が出るほどトップが欲しいところ。

北家は4巡目に早くもテンパイ。そして7巡目の選択chance。ドラ七筒(7)

一萬二萬三萬七萬七萬一筒二筒三筒一索二索三索五索五索
ツモ九萬

一二三七七(123)12355 ツモ九

この時の場況が

東家
一筒六萬二索三萬四萬白
南九筒
(1)六2三四白
南(9)

たった今發發をポンして(9)打ちしたところ。

南家
北九萬八索四索五萬九萬
三筒
北九84五九
(3)

五萬九萬五九はツモ切り

西家
一萬一索北東北六萬
二筒
一1北東北六
(2)

六萬六はツモ切り

マンズの上のほうがよく見える場況。北家は打七萬とし、カン八萬八待ちを選択

実はこのとき東家にも發發のポンテンが入っていた。

六筒七筒七索八索九索西西中中中ポン發横發發

(67)789西西中中中 ポン發發發 の7700テンパイ。

同巡の西家の牌姿がこう。

二筒二筒三筒五筒七筒八筒八筒九筒二索三索四索六索七索八索

(22357889)234678 から

謎の打二筒(2)イーシャンテン戻し。何を意図したかは不明だが、とにかく東家への放銃を回避した格好。

そして同巡の北家のツモは五索

九を引かなければ・・・待ち変えしなければ・・・
一瞬嫌な気分になるでしょう。その感情は人として極々自然な感情だと思う。

こういうことを「和了り逃し」というんでしょうか?
しかし、僕の中では「和了り逃し」という考え方はない。結果はあくまで抽選ですから。ただの「当り」「ハズレ」と考えます。この場合はもちろん「ハズレ」だが、和了り牌が変化した後に前巡までの和了り牌を引いたとしても「ハズレ」は「ハズレ」その他不要牌と同様に扱うということです。

「当たり前じゃん!そんなこと!」まぁそうなんですけどね(笑)
人は精神的な動揺を受けると一時的に冷静な判断力を失うことがあるようです。

和了り逃し」の結果、動揺して選択chanceの損得判断が一瞬わからなくなってしまうこと。あるんじゃないですか?

和了り逃し」の結果、偶然悪い抽選に当たってしまったときにも強い後悔の念を抱く傾向もあるようです。またそれが強く印象に残って「和了り逃した後には他家の和了り抽選確率がアップする」みたいな迷信まで出てくる始末・・・

冷静であれば勝っていたのに・・・
負け犬の言い訳によく出てくる言葉ですよね(笑)ちょっとした動揺程度で選択chanceの判断力が鈍る人は、ただただ雀力不足なだけだと思います。


この結果は冷静に五索5をツモ切りカン八萬八待ちを続行した北家の勝ち。いや当選(笑)
きわどい勝負だったのですが・・・まぁいいでしょ?結果のことなんてさっ(笑)

最後にもう1回だけいっときますよ。
結果はあくまで抽選なんですからねっ


今日はこの辺で・・・