<3回戦>

>場6枚切れのピンフのみ。
>ポンテンのカンチャンタンヤオ(ドラ役牌)
>役牌仕掛けて染め狙いも牌がよらず腰砕けの和了り。

1000×2、1300の和了り。
こんなカスカスでもオーラスなんかにポッと手が入ってトップでした。

なんてこともありますよねー。しかし――

現実はラス前の親が

「7700」「6000オール」

さあ!2着、2着!2着も大事だからね〜。


南4局

3着目の東家とは約12000点差。

「4000オール」

ハイ捲くられ。続く1本場
僕と東家の差は3800点東家とトップの差は31400点

東家は2フローでテンパイ濃厚。
僕は終盤に来ても役無しドラ無しのイーシャンテンだ。

万事休す。もう次局はないな・・・
そう思って形式テンパイも取らなかったんだけども・・・
(余剰牌の危険度は低いが、一応通っていない牌だったため)

東家堂々とテンパイ宣言

まぢすか?
この点差続行ですか?

いや!ああそうか・・
脇2人はノーテンっぽいもんなー。
万一僕がテンパイしていたらということかぁ。

よく考えたら形式テンパイ取らない理由は見当たらない。
勝手に終わりと決めつけ、諦めた僕の凡ミス。下手すぎたわ・・・

2本場
結局条件満たすマンガンテンパイするも、待ち取りの選択で外れ


17600点の3着で終了


<4回戦>

東1局にマンガンツモ和了り。
南3局に2000点を加点する。

他家の3度のマンガン和了りもすべて横移動。
(点棒多いほうから少ないほうへ)
ツモ和了りが2回もすべてラス目によるもの。

展開に恵まれこのまま逃げ切り。これはバカヅイた!


31300点のトップで終了。



というわけで第8節は、こちらを参照。

最終節の自戦記も書こうと思ったのですが
消化試合的な選択が多くて、参考にならないんじゃないかと思いまして――

書くのをやめます。
これにて今期の自戦記は終了です。
来期?気が向いたら書きますよ(笑)


自戦記とは別に

>危険牌先切りor絞り
>手牌構成の読み
>放銃確率の読み

このようなテーマで取り上げてみたい譜もあるので
これもそのうち書いてみようとは思います。そのうちね(笑)