麻雀荘メンバー語録 version2.0

日本プロ麻雀協会所属麻雀プロ、木原浩一による個人的な麻雀についての考え方、戦術等を紹介するブログです。

カテゴリ: はじめに

男「来週時間ある?」

女性の方をこういう風に誘うとするじゃないですか

女「ごめーん。来週はちょっと忙しいんだー・・・」

僕はですね。この「忙しい」っていう言い訳、嫌いなんですよね〜。菅直人やみのもんたじゃあるまいし、1週間ずっと「忙しい」人なんてそうそういないはずなんですよね。

女「ごめーん。来週はちょっと忙しいんだー・・・」

これを直訳すると

女「ごめーん。あなたと会う時間をつくるほどヒマじゃないんだー」

つまりはそういうことです。残念!99%脈無し、ほぼ目無しということです。目無しの打ち方、これについて麻雀でもよく議論になるじゃないですか

「可能性がゼロじゃない限り諦めない」 うんうん

「諦めたらそこで試合終了だよ」 まぁそーかもしれないねぇ

でも僕は「引き際」というのも大事だと思うんですよ。


無理なもの

とことん追っても

痛いだけ


byカリテン


どーもお久しぶりです。木原です。
何の話をしてるのかって?別に失恋話をしているわけじゃないっすよ(笑)

よくブログを更新しない理由聞かれるんですよね。最近「忙しい」んですか?とかね。僕クラスの庶民、特別「忙しい」ってことはないんですよ。

ただ、やる気がなかった

というだけの話です。やる気がないままダラダラ更新しても、つまんないブログになっちゃうだろなーと思いまして。だいぶんサボり・・いや!充電期間を置いてみただけなのです。

年も明けたことですしね。心機一転、思い立って今年の目標として挙げてみました。

週に1回、ブログを更新する。

本日リスタートということで「毎週月曜日」更新します!やります!頑張ります!
いいもの書けるといいなぁ・・・

というわけで今年1年、お付き合い下さい。

このブログが、あなたの麻雀ライフに少しでも役に立つようなことがあれば幸いです。



木原 浩一

ダイエットの話はたとえ話ですよ(笑)そう、もちろん麻雀のね。

痩せることが目的だったはずなのに、目的を達成しようとする意志の弱さなのか。
いつの間にか目的を覆すような自己弁護を始めるような人がいるわけですよ。

麻雀を打つ目的は「お金のため」そのために妥協することはしない。
自分に都合のよい言い訳をして、それを受け入れようとする考え方もしませんよ。

100円でも多く稼げるような打牌選択を目指すことが「お金のため」?
それは違うと思うんですよ。

なにが違うのかって?
それは「麻雀のゲーム性」の関わることなので、また後日説明します。


「麻雀のゲーム性」これを正しく理解することこそが
「お金のため」に繋がることなのではないでしょうか?


いま僕は生まれて初めて「ダイエット」なるものに挑戦をしている。
今まで「痩せたいっ!」なんつって痩せられない人を見て、正直バカにしてたよね。
でもやり始めてから気付く、この空腹時の苛立ちはかなりのストレスになりそうだ。

「痩せる」ことが目的。「食べない」のは手段である。
目的に対する意識が高ければ高いほど
手段に対する取り組み方は真剣にもなるだろう。しかし―

食べたい欲望>痩せたい願望
当初の目的意識よりも、こうした欲望のほうが勝ってしまった場合。

「ダイエットも自己満足でしょ?」
「ストレスを感じて仕事がはかどらないようなら、やめたほうがいいよね」
「太りすぎて健康を害するっていっても、誰にも迷惑かけるわけじゃないしね」

目的意識の低下、目的自体を否定する考え方を始めるわけだ。
目的が否定されると、手段は意味を成しません。
後は本人の自由さ。好きにすればいいんじゃない?

こういう目的を否定しだす考え方って聞いた事があるでしょう?
そう―「負け犬の言い訳」ってやつですよ(笑)


何のために麻雀を打っているのですか?
即答します。 「お金のため」です。

勘違いしてはいけませんよ。麻雀の勝ちで喰っているわけではありません(笑)
麻雀屋に従事し、その労働の対価として支払われる給料を頂いて生活しているのです。

つまりは麻雀=仕事の一環です。

「ジパング」のレートはそこそこ高い。
日給を小1時間程度で失う事だってザラにある。
勝てばおいしい?簡単にいってくれますね(笑)
これが容易じゃないんですよ・・・

このことについては追々触れていくことにしましょうか。

労働する目的とは、生活していくためのお金を稼ぐこと。
その手段として、麻雀を打つ機会がある麻雀荘での勤務を選択しました。

これが僕の麻雀に対する、基本的スタンスです。
例外もありますが、これもまた追々触れていくことにしましょう。


なぜこんな話をしたかといいますと
こういった「目的と手段」をはっきりさせることが
麻雀に対する考え方にも良い影響を及ぼす可能性がある。と思うからです。

どのように影響を及ぼすのか―
これはまた次回以降で


当ブログへようこそ。
「麻雀荘メンバー語録 version2.0」は99%麻雀の話できていますw


読み始める前に質問です。

あなたは何のために麻雀を打っているのですか?

「お金のために打ってます」っていう人は多分少ないでしょうね。
多くの人は「趣味、遊びの一環として」打ってるんじゃないですか?

趣味で打っているのであれば、自分の好きなように打つのが一番いいと思う。
その結果、負けたとしたって納得がいくでしょ?

自分の満足度>かかった費用 
であるならばお金なんて惜しくはないだろう。

自分の意にそぐわない打牌選択をして、負けたらストレス溜まるだけだもんね。
「なんで遊びに来てストレス溜めなアカンねん!」みたいなw


「強くなりたい」

「自己顕示欲を満たしたい」

こういった理由で牌を握る人もいるでしょう。
求める強さはどこにあるのか。自分をどう示したいのか。
人それぞれあるでしょう。それも好きにしたらいいと思うよ。


このブログで書いていること。

麻雀の損得の話ですから。

そういう考え方に興味が無い人は読まないほうがいいよね。


損得抜きで麻雀を楽しみたい。
決してそういう人を否定しているわけではありません。
むしろそちらのほうが自然だと思います。

自分の美意識に基づいて打牌選択するもいいだろう。
一時の願望を満たしたいが為に打牌選択するもいいだろう。

でもそれって勝利だけを求めた打牌選択ではないですよね?
損か得か?っていうよりも、他の感情入っちゃってますよね?


というような話をですね・・・
これから延々と書き連ねていこうかと思ってます。


旧ブログの編集っぽい記事になるかもしれません。
もちろん新しいことも書くつもりですが、その辺はご了承下さい。



というわけで
興味のある方だけ読んでください。
このブログが、あなたの麻雀ライフに少しでも役に立つようなことがあれば幸いです。

このページのトップヘ