麻雀荘メンバー語録 version2.0

日本プロ麻雀協会所属麻雀プロ、木原浩一による個人的な麻雀についての考え方、戦術等を紹介するブログです。

カテゴリ: 麻雀の評価法

以前、イメージ評価の欠点という記事を書きました。今回はその続編です。

麻雀って自分が思い描く最高の選択をするわけじゃないですか。最高以外は最低というわけではないですが、自分が自信ある選択以外は多少色褪せて見えるものだと思うのですよね。

打ち方に共感できる人=強い
打ち方に共感できない人=弱い

だからこそ見た目だけの評価だと、このようになりがちなのは自然なことです。自分の雀風に近い人、または自分が認めた人を過大評価、自分の雀風に遠い人、または自分が認めない人を過小評価する傾向はありますよね。

雀力を正確に測定できるスカウターがあったとして

Aさんの雀力はBさんの雀力もでした。
2人の雀風はわりと真逆です。この2人を――

Aさんに似た雀風、Bさんと違う雀風のCさんが評価すると

Aさんの雀力は
Bさんの雀力は

Aさんと違う雀風、Bさんに似た雀風のDさんが評価すると

Aさんの雀力は
Bさんの雀力は

そっくり真逆な評価になることも珍しくありません。よくありますよね?あるある。

ひとつの考え方に傾倒しすぎて他の考え方を認めない。正解がわかりにくい麻雀だからこそこうした考えは多いです。自分信者、自分信仰ですね。それが悪いことだとは思いませんが

世の中には無数のアクティブプレーヤーがいて、何十万というテリトリーがあるわけです。1つのテリトリーには、それぞれ「勝ち組」「負け組」が必ずいて、「勝ち組」の人間は他のテリトリーを知らなければ「俺最強!」と思い込む。そう、麻雀の強者って「井の中の蛙」なんですよね。

麻雀人生において、生涯いくつのテリトリーを見て回ることができるのか。そう考えるとほんのひと握りのテリトリーしか知ることができない。きっと他のテリトリーにも自分の知らない強者がたくさんいる。海は広い、自分だってまだまだ「井の中の蛙」だ。僕なんかはそう思っちゃいますけどね。

そうはいっても自分の評価は他人が決めるものですから。他人の評価は素直に受け止めることですね。「自分のことを他の人にはこのように評価して欲しい」そうした承認欲求はわかりますけど、それと違った評価をされたからといって、不満や愚痴を言う人はただの自意識過剰だと思います。

低評価、アンチ上等じゃないですか。もしもあなたが真の強者なら、きっとそれを圧倒的に上回る数の支持者が自然と集まるものだと思いますよ。

第4期天鳳名人戦

主催者に選手として選ばれるのが評価ということです。実績であったり、評判であったり、人気であったり。もちろん、麻雀の実力も伴わなければなりませんが、こうした「評価を得ること=真の実力」と言ってもいいと思うのですよね。

鳳凰卓予選で頑張ろうかなー?と思いましたが、今回は不参加ということで。いつか選手として呼ばれてもおかしくないような評価を得られるように精進することにします。

最後に近況&告知を

十段坂奮闘記
4162









4月6日に最高位戦プロ麻雀協会の祝賀パーティーに出席した時、「あと5トップ、ノーラスで天鳳位なんだよね〜」と答えたような記憶があります。当時は3575pでした。それから20半荘後にはこの体たらく。天鳳って、十段って本当に恐ろしいですね・・・

配信告知


4月18日20:00〜日本プロ麻雀協会の配信に出演します。先日行われたAリーグの解説です。競技プロ団体所属の方には特にご覧になってほしいですね。



4月20日0:00「超精緻麻雀」ASAPIN著の検討配信・・といったら偉そうですが、読書感想+雑談配信をやります。既に購入された方も、購入を検討している方も是非ご覧になって下さい。

麻雀の強さとは

タイムを競うわけではない
パワーを測定するわけでもない
対戦相手の雀力による変動制

結果は常に水物で
過程に明確な答えが出せないことも多いです

それゆえ多くの人は自分の真の実力がどの程度かを知りません。
僕だってわかりません。それに自分の評価は他人が決める事ですしね。

ある雀荘に初めて行って、10半荘打ち4回トップでした。

「俺、この雀荘でトップ率4割雀士なんだぜ!なあ強いだろ?」

という人がいたらどう思いますか?

今日パチンコ打ったら3万発出ましたと

「どうだ!俺ってパチンコ強いだろ?」

というのと同じですよね。それと同じように、たった数百戦程度の好成績で

「俺、麻雀最強じゃね?」

というような勘違いをする人は多いです。
なぜでしょう?パチンコは実力と思わないのに麻雀は実力?
確かに技術介入の要素はパチンコよりも麻雀の方が多いです。

よい釘の台を見つけるのは実力。
しかし、いくら回っても当たらなければどうしようもありません。

よい打牌選択ができるのは実力。
しかし、そうであっても配牌やツモ、裏ドラまではどうしようもないでしょう。

押しが強い人は成績の上下が激しいイメージがあります。
守備が上手い人は成績が安定しそうなイメージもあるでしょう。

実際はどのような人であろうと成績はブレますね。
抽選ゲームが抽選ゲームがであるが故、それが起こることは至極当然のことなのです。


きっと多くの人は知らないのだと思います。
知っていたとしてもリアルに想像できないのです。

それは同一条件下で不特定多数の人と対戦した成績を比較する機会が少ないからです。
だからこそ自分の本当の実力を知らない、 わからないのです。

強い人だって、ハマれば500半荘くらいのスパンであっても酷い成績になることだってあります。逆に、あまり強くない人だって500半荘くらいのスパンなら思いの外勝ちまくることだってあるのです。

500半荘くらい不調が続くなら、その後の500半荘が通常の成績に戻っても見栄えのしない成績になるでしょう。

天鳳でもその程度のスパンでよいのなら、鳳凰卓で安定段位10段を超える人は多数います。
793安定10段

このように(直近794戦)
僕だって調子が良ければそこそこのスパンでも安定段位10段を超えることができます。
でも生涯成績で安定10段を越えることはまず無理でしょうね。


雀荘のメンバー経験が長い人はよくわかるのではないかと思います。
その店で一番強いメンバーが、その月に限っては圧倒的な負け頭でした。
いつも勝ち組のメンバーが、3ヶ月以上負け越している。そんなことくらいありますよね?


いや、いいんです。良い抽選結果を自慢くらいしたって。
勝ったとき、つまり良い抽選に当選したときに、そのことをドヤッたとしても、それは勝者の権利だと思うのです。


「よし!今日から麻雀の成績でも記録してみよう!」

思い立つ日は大勝したその日から。
最初が良い分、しばらくは好成績をキープできるでことでしょう。

やがて成績が悪化すると「メンドくさくなった」と、いつしか記録するのをやめてしまう。

メンドくさい?本当は違うでしょう?
理想通りの成績にならないからつまらなくなっただけでしょう?

負け出すと次第にモチベーションが低下するのは自然なことです。
そうまでして成績管理を続けることもないとは思いますが

現実から目を背け、理想の自分を思い描きたい

というただの願望なのではないでしょうか?
しかし、理想と現実がかけ離れていると周りから見るとただの「痛い人」ですね。

「ここまでの成績は遊びで、ここからは真剣に打ちました キリッ」

過去の成績を切り離して、良くなった成績だけピックアップして自慢する。そんな人もいますよね。
それと集中してやれば勝てるのだけど、そこまで真剣にやってるわけじゃないからと言い訳する

「俺はまだ本気だしてない系雀士」

マジウケルwwwwwwwww 草不回避wwwwww

じゃあ何でしょうか?他の人は睡眠十分、体調管理万全
画面から一瞬たりとも目を逸らさず、正座でもして打っているとでもいうのでしょうか??

ネット麻雀なら誰だって、テレビをみたり、2窓でニコ動やYouTubeをみたり
スマホでアプリをいじりながら打っているものです。

「手が入らないから負ける」

そんなの当たり前じゃないですか!
しかし、常時手の入らない人なんていないんですよ。

同じ好素材をもらっても、それを100にできる人と50にしかできない人で成績に差はつきます。
逆にダメな時に−100になってしまう人と−50で収まる人、これでも成績に差はつきますよね。

これらのことを理解できずに、さも自分だけが不運かのごとくボヤく。
手が入っているときのことは忘れ、印象に残っている不運だけを取り上げボヤく。

一体どれだけ自分を擁護したいというのでしょうか?


いいですか。条件はみな一緒なんです。
自分だけが不利な条件で打っていたから負けていた??そんなわけありませんよね。


ここまで読んで下さった方の中で

「これはもしかして自分に対して言っているのだろうか?」

と少しでも思った人はいらっしゃいますか?

少しでも思った方――
そう、これはそんなあなたに向かって言っているのです。

あなたは自分が思っているほど強くはありません。

いや、言い方を変えましょう

あなたが思っているほど他の人も弱くはないのです。
仮に実力が劣っている相手だとしても、あなたが思っているほどの実力差はないのです。

偶然を自慢するだけならいいでしょう。
ただ、それを自分の実力と勘違いするのはやめたほうがいい。

そういうことですね。
あなたが本当に実力ある人であったなら、たぶん周りがそう勝手に認めてくれるはずですから

麻雀について悩み始めた子供「誠司」とその友人「まさし」、と『父親』の会話。

誠司 「最近違う雀荘に行き始めたんだけどー。なんか勝てなくってさー」

まさし 「相手が強いんじゃないの?」

誠司 「うーん・・・そんな風には思わないんだけどなぁ・・・」

まさし 「だって誠司くん。そんな強くないじゃん」

誠司 「なにおう!!僕だってその前の雀荘じゃ勝ち組だったんだぞう!」

まさし 「だからぁ・・」

 『なんだい。またケンカかい?』

誠司 「ねー父さん!雀荘によってそんなにレベルって違うもんなの??」

 『うーん・・・わかんないねぇ。違うところもあるし、たいして変わらんこともあるだろー』

まさし 「相手の雀力なんてやってみないとわからないでしょ?自分の雀力だってどの程度かわからないのに」

誠司 「でも・・たいしたことない面子のような気がするんだよね」

 『そうだな。見た目雀力評価なんてあんまり当てにならないからな。まして自分自身の雀力評価なんて、最もあてにならないぞ』

誠司 「どうして??」

 『麻雀ってさ、自分がよいと思う選択を繰り返すゲームだろ?自分の選択以外を認めない傾向ってあるよね?』

まさし 「そうかもしれないっすね。だから勘違いする人がいっぱいいるんでしょうね」

 『まあね。村のレベルなんて、実際に打ち込んで見ないとよくわからないもんだよ』

誠司 「天鳳はどうなの?」

 『そうだな。じゃあ、父さんの特上卓と鳳凰卓の成績を比較してみよっか』


   1位率 2位率 3位率 4位率  平均順位

特上東南 0.314 0.261 0.219 0.205 2.314

鳳凰東南 0.289 0.256 0.221 0.234 2.400    (5/10現在)


 『サンプル数があまり多くないからあれだけど――』

まさし 「明らかに鳳凰卓のほうがレベルが高いといえますね」

 『そうだね。鳳凰でも雀力が図抜けている人だけの卓なんて早々ないけど、全体的に見て比較すると相当違うと思うね。特上でたいしたことなかった成績の人が、鳳凰にいって好成績を収めるなんてこともほとんどないしね』

まさし 「これだけレベルが違えばそうでしょうね」

誠司 「じゃあ鳳凰卓で昇段するのって難しいの??」

 『まっ!父さん7段に後段したしなっ。だからというわけではないが、そう簡単ではないと思うよ』

誠司 「でもポイント配分だと、六段→七段のほうがキツイってきくけど?」


六段特上時 1位+75p 2位+30p 3位 0p 4位-120p +1200pで昇段

七段鳳凰時 1位+90p 2位+45p 3位 0p 4位-135p +1400pで昇段


 『そりゃ、ポイント配分だけ見たら六段→七段のほうがキツそうに見えるじゃん?でも特上と鳳凰で、これだけのレベルの差があったらどうかな?』

まさし 「そうですね。鳳凰で七段→八段のほうが難しいかも」

 『そうとは言い切れないけど、父さんの感覚だと難易度はほぼ一緒ってところかな。まあボチボチ打ちますよ。そのうち八段には戻るだろうさっ』

誠司 「ふーん・・・そんなもんかなぁ・・・」

 『イメージだけなら何とでもいえるけどさっ。実際、相手の雀力なんて数打たなきゃわかんないもんだよ』

まさし 「そのようですね。見た目や自分の感覚では麻雀の評価は難しいってことですね?」

 『そうだね。何事もそうだけど結果を残してから語れ!ってことだね』

麻雀について悩み始めた子供「誠司」とその友人「まさし」、と『父親』の会話。

誠司 「まさしくんは誰のことが強いと思う?」

まさし 「そーだねぇ。あの人も強いと思うし、あの人だって強いよねー」

誠司 「でもその人って口ばっかで、たいして強くないと思うんだけど・・・」

まさし 「そんなことないんじゃない?実際勝ってるみたいだし」

誠司 「そっかなー?あっ!父さんが強いと思う人って誰?」

 『何だい?アンケートでも取ってるのかい?』

誠司 「違うよ!麻雀の強さの話だよ!」

 『あーなるほど。強さねぇ・・前にも話したと思うけど、麻雀の強さって相対的なものだろう?』

誠司 「相手が弱ければ・・って話だよね?」

 『そうだね。麻雀打つ場所ってさ。「村」みたいなものだと思うんだよね』

まさし 「む・ですか??」

 『そう。麻雀人口が500万人いるとして、一体どれくらいの「村」の数があるだろうね?』

誠司 「1つの「村」には4人以上だね?」

 『そうだね。たとえば父さんが打ってる「村」は――』


「ROSSO」

「天鳳」

「麻雀プロ」


 『主にこの3つだ。このように複数の「村」で打ってることもあるし、「村」の規模もレベルもそれぞれ違うと思うんだけど、そうだなー・・・仮に100万「村」があったとしようか?』

誠司 「そうしたら100万人以上の自称強者が出てくるわけだね(笑)」

 『そうだね。特に「天鳳」みたいな大規模な「村」だと、四段以上のユーザーが20000人近くいるわけだ。その内の上位3割、6000人程度は皆、自称強者なんじゃないかな?』

まさし 「そうですね。仲間内のセットとか10人程度の「村」でも定期的に勝ってる人って3割くらいいるでしょうし」

誠司 「でも天鳳なら同じ「村」でもさらにクラス分けされてるんじゃないの?」

 『うん。「村」の中に更に「村」がある感じだよね。例えば鳳凰卓だと1600人程度の「村」になるわけだ』

まさし 「約20000人いる特上卓から選抜されたって感じですね」

 『うん。そして、どんな「村」にも強者と弱者は存在する。でも、他のの強者がこのでも強者とは限らない。それは同じ「村」である天鳳でだって同じこと』

誠司 「特上の強者が鳳凰の強者とは限らないってわけだね」

 『うん。同様に雀荘Aの強者が雀荘Bでも強者であるとは限らないし、仲間内Cグループの強者が別の仲間内Dグループでも強者であるとは限らない』

まさし 「村同士の交流の機会が少ないですものね。麻雀って」

 『うん。だからこそ自称強者が至るところに発生し、至るところでドヤ顔しているんだろうなー(笑)」

誠司 「麻雀の強い人だけ抽出したってなかなかないもんねー。麻雀プロだってそうだよね?」

 『そうだなー。麻雀プロが1000人いたとして、明らかにその中で平均以上の雀力って人は300人くらいなんじゃないかと思う』

まさし 「強い人も弱い人もピンからキリまでいますからねー」

 『うん。残りの内の400人が微妙ーな感じで、そのまた残りの300人が明らかに平均以下みたいな。』

誠司 「じゃあ麻雀プロの中で強い人って聞かれたら300人位挙がるわけだね(笑)」

 『それだけ規模の大きいで強い人って聞かれたらそうなるだろうね。鳳凰卓の中で強い人って聞かれても、たぶん480人位答えることになるなー。そして640人位が微妙ーな感じで、そのまた残りの480人が明らかに平均以下』

誠司 「その村の上位3割が基準ってわけだね。じゃあじゃあ父さんは??どのへん??」

 『うーん・・・それは自分では主観が入って判別しずらいなー。まあそんなことは周りの人がが勝手に決めてくれればいいっすよ』

まさし 「そういうもんですかねー・・・・」

 『まあそういうものかどうかは知らないけどね。つまるところアレだ、自称強者アピールってのはさ』

オレ強いぜ!アピール=オレの「村」には自分より弱い人が多いぜ!アピール

 『ということと思えばいーよ』

まさし 「で・でも皆さんが知りたいのは、大規模なの上位3割を抽出したの中で、更に上位3割に入るほど強さの人ということなんじゃないですかね?」

 『超鳳凰卓みたいな感じかい?(笑)実現すれば面白いけど、卓が立たないだろーね』

誠司 「月1イベントとかにしたら人集まるんじゃないかな?参加資格鳳凰卓1000戦以上、安定段位8段以上とかにして賞金も出すとか・・・」

 『発想としては面白いけど、商売的にはおいしくないだろうねー。ん?なんか話が脱線してきたな?
今なにせ大雪で店がヒマなもんで、思いつきでチャチャッっと書いただけだから(笑)』

誠司 「そうだよ!もっとちゃんと更新しなよ!」

 『今ですねー、近代麻雀モバイルという携帯サイトのほうで「麻雀荘メンバー語録version3.1」っていうのを毎週水曜日に更新しているのでよかったらそちらのほうで・・・』

誠司 「まあいーけどさ。月1くらいは更新しなよねー」

 『んじゃ今月から月1回更新しますよ!よろしくです』






麻雀について悩み始めた子供「誠司」とその友人「まさし」、と『父親』の会話。

誠司 「ねぇ父さん。天鳳位になるのと雀王になるの、どっちが難しいの?」

 『そりゃ父さんの立ち位置からなら天鳳位のほうがはるかに難しいよ。雀王は天鳳に例えれば、現在十段で残り500ポイントくらいまで来てる段階でしょ?』

誠司 「ちーがーう!!そうじゃなくって一般的にさっ!」

 『う〜ん。天鳳と麻雀プロ、同時期に始めたとして、先に到達する可能性が高いのは天鳳位じゃないかな?雀王は最短でも5年?6年?かかるからね。お金もかかるしなぁ〜』

誠司 「ちっがっうっ!!純粋な難易度を聞いてるの!」

 『まさしくんはどう思う?』

まさし 「僕は天鳳やったことないんでよくわからないです。で・でも今年こそはAリーグに上がって、最高位になる権利を得ますよ!」

 『(そんなこと全く聞いてねぇー) 自分が麻雀を打つ領域ってあるじゃない?』

誠司 「領域?」

 『そう領域。天鳳なら天鳳。麻雀プロリーグ戦なら麻雀プロリーグ戦。更にそれぞれ領域があるじゃん?一般・上級・特上・鳳凰とA・B1・B2・C1・C2・C3』

まさし 「雀荘でも点5・ピンとかありますね。同一レートでも店によって違うかな?」

 『うん。自分が打ったことがない領域ってのは、想像でしかわからないと思うんだ。けど、その想像だけで他の領域のことを軽んじる発言をよく耳にするんだよねー』

まさし 「ありますねー」

 『天鳳やったことない麻雀プロが「ネットなんて時間かければ誰だって」とか、麻雀プロやったことない天鳳プレイヤー、またはまだ下のリーグしか経験のない麻雀プロが、一部の木っ端プロを見て「鳳凰卓で打つほうがプロリーグ戦よりキツイよね」とか』

誠司 「うんうん、いるいる。どっちも厳しいことは厳しいんだよね?天鳳途中で挫折した人、何人も知ってるし、麻雀プロ途中で挫折した人、何人も知ってるし」

まさし 「厳しさの質が若干違うような気がしますね。お金を賭けて打つ厳しさと、天鳳やリーグ戦で打つ厳しさも全く違う」

 『メンバーとして毎日ほぼ強制的に打たされる厳しさっていうのもあるよね?』

誠司 「あー!わかるなぁ!それもやってみなくちゃわかんないよねぇー」

 『そうだね。ほとんど経験したことのない領域のことを、ドヤ顔で語るのってどーなんだろね?僕はそーいうのを聞くたびこう思うんだよねー

おまえどれだけ自分強いと勘違いしとんねん!

または

おまえどれだけ他人見下しとんねん!

てね』

誠司 「なんか父さん今日は厳しいね」

 『まあそういってはみたものの、自分の評価は他人が決めるでも書いたけど、結局は他人に認められるのも実力のうちだから、まあしゃーないか』

まさし 「結果残せば誰にも文句いわれないっすよ!」

 『そーだなー。何事も結果残すの大事だもんなー』

誠司 「そうそう頑張ってよね」

麻雀について悩み始めた子供「誠司」とその友人「まさし」、と『父親』の会話。

誠司 「父さん!Aリーグの寸評見たよ!公式HPに僕たち登場しちゃって大丈夫?」

 『大丈夫。問題ないよ。それより鈴木達也の寸評、いくらなんでも短すぎ・・いやなんでもない』

まさし 「ぼ・僕は打ち筋評価の件、まだ納得してないんですけど!」

 『まさしくんがいってるのは、選択の優劣を比較するって話なんじゃないかな?』

まさし 「といいますと?」

 『雀力を比較する、評価する、というのとはちょっと違うような気がするんだよね』

まさし 「そ・その違い。よくわかりません」

 『自分が高く評価する打ち筋が、必ずしも優秀とは限らないだろ?逆もまた然りだよ。単体の選択ではいまいちでもコンビネーションで生きてくる選択もあるわけだしね』

まさし 「結局、雀力の評価は曖昧だと?」

 『たとえば誠司とまさしくん、どちらが強い?って話になったとするじゃない。2人の麻雀をよく知る人で無記名投票しましたと。これで7:3の大差で誠司をほうが票を集めたとしたら、曖昧かもしれないけれども、それはそれで雀力評価としては正しいような気もするんだけどね』

誠司 「そうか!僕はまさしくんより強いと思う!っていうんじゃなくって、人に決めてもらえばいいんだね!」

 『そうだね。自分の雀力を聞かれたら、父さんこれからはこういうことにしたよ「私は自分で自分を評価できませんので、他の方が見て判断なさって下さい」と』

まさし 「まる投げっすね(笑)」

 『そうかもね(笑)でもこれは麻雀に限ったことではないよ?自分ではやってるつもり、努力しているつもりでも、それが成果として現れなかったり、他人にそう認められなかったら、それはただの自己満足でしかないからね』

まさし 「それは全く同意ですね。要するに他人に評価されるようにできるのも実力のうち、他人に評価されないのならば、言い訳せずに自分の実力不足と素直に認めることですね」

 『そーいうこと。そーいや――』

tenhou_prof_20110705


 『せっかく8段になったのに、PTが全く増えないどころか減り続けてるんだけどどうなってんのかなぁ??』

誠司・まさし 「それがアンタの実力でしょ!!」 

麻雀について悩み始めた子供「誠司」とその友人「まさし」、と『父親』の会話。


まさし 「誠司くんはアレだよね。上手いんだけど弱いタイプだよね」

誠司 「何?それって褒めてるの?」

まさし 「いや、褒めてはいないよ。勝負弱いっていうのは致命的な弱点だからねっ」

誠司 (ノ`Д´)ノ!「そういうまさしくんはなんなの?自分は下手に見えても強いタイプとでもいいたいの?」

まさし 「ぼ・ぼ・ぼ・僕が下手なのは、牌さばきだけですからっ!」

 『まーたケンカかい?仲良くしなよー』

誠司 「ねぇ父さん?上手いけど弱いってどういうこと?上手かったら強くないとおかしくない?」

 『うん。それはね。主語が違う、というか抜けてるだけなんだよ。麻雀が上手いのに麻雀が弱い。麻雀が上手いわりに強くない。これでは明らかに日本語がおかしいよね?』

まさし 「で・でもそういうイメージの人っていますよ」

 『ううん。だから主語が違ってるんだよ。例えば――』

>麻雀の手作りが

>キレイな牌姿で和了りするのが

 『これを主語にいれてごらん?』

>手作りは上手いけど、麻雀は弱い

>キレイな牌姿で和了りするのが上手いけど、麻雀は弱い

 『逆もまた然りだよねー』

誠司 「あっ!ホントだ!なんか納得した」

 『だろ?要するに見栄えの問題なんだよなー』

ドラ七索

A 一萬二萬二萬三萬四萬五筒六筒七筒七筒八筒九筒七索七索
一二二三四(567789)77

リーチ 三萬三ロン

B 二萬三萬四萬七萬八萬九萬二筒四筒二索三索四索九索九索
二三四七八九(24)23499

リーチ 三筒(3)ロン

 『Aの和了りは下手に見えて、Bの和了りは上手に見える――みたいな』

誠司 「打点も待ちも一緒なのにね」

 『下手に見えるのに強いって人は、たぶん好みにそぐわない選択をよく見せられるからなんだろうねー。「そんなの手変わり待てよ!」みたいな』

まさし 「確かに。Aでもリーチ打ったほうがいいんじゃないか?っていう局面は多々あります」

 『それに、上手く見えるけど弱いっていう人は、見えないところでたくさん下手打ってることも多いだろうしね。結局、見かけじゃ強さなんてよくわからんことのほうが多いよね』

人気ブログランキングへ

よく聞かれる質問――

強いと思う打ち手は誰ですか?

そんなのたくさんいますやん!
その中から特にって?うーん・・特にっていってもねぇ・・

そもそも“ずば抜けて強い人”など存在するのか??
僕は見たことないですね。もしかしたら気付いてないだけかもしれません。ハイ。

>打ち筋を見る
>対局したイメージ

これだけで強いかどうか、なかなかわからないものです。
もしかしたら僕に見る目がないだけかもしれませんね。ハイ。

麻雀にも「好み」ってあると思うんですよ。
そして自分の「好み」に合った人を高く評価する傾向ってありますよね。

※参照・イメージ評価の欠点〜身内贔屓

よくある「好み」の例

>面前
>仕掛け
>手役
>打点
>リーチ
>迷彩
>カン 

などなど

「東風戦をやると麻雀が下手になるよ

これは某有名プロ(強い)が言ったセリフです。
えーとあれですよ。この発言自体は明らか間違っているのだけれども

「東風戦をやると手役、打点を狙う手組みが疎かになるよ」

面前、手役嗜好の強い某プロは、こんなことが言いたかったんじゃないでしょうか?

僕にだって「好み」ありますよ。だけど
「好み」に合う=強い とは思ってません。

昔、ウチで働いていたアルバイトのK君。
人柄は好きでしたよ。でも麻雀は僕好みじゃない。てかはっきり嫌い。

>序盤のクソリー

>序盤のクソ仕掛け

>1列目3フーローして手牌4枚時、非テンパイ率45%(体感)

東風荘では有名だったらしい。
なんてったけなー?あっ!そうそう!

理不尽大王

とかいうHNだったな(笑)
K君ほど特異ではないけれども、天鳳でいうと

朧夏月さん
sideさん

がちょっと似てるかなぁ?なんて勝手に思ってます。
あんまり僕「好み」じゃないんだけれども、強いですよね?

あっ!もしご覧になって気分を害されたらスイマセーン。



P.S 自分の考えている事を相手に伝える能力と、麻雀の実力は全くの別物です。(誰の事?笑)

麻雀プロと 麻雀の強さと 

麻雀プロと 麻雀の強さと 2

自分の実力を知る機会

投げっぱだったのでそろそろまとめてみたいと思う。

麻雀は抽選ゲームゆえ短期の結果はブレやすい。
短期の結果が反映されやすいシステムでは正確な実力の評価は出来ません。

プロのリーグ戦やタイトル戦は短期の結果が反映されやすいシステムといえます。決して僕が日本オープンで即負けしたからいってるわけではありません(泣)

リーグ戦やタイトル戦は「勝者」を決めるけれども「強者」を決めるわけではない。

↑これ個人的に超名言だと思ってます。

>ちょっと調子がよかっただけでAリーグにいる人。
>逆に不運が重なりCリーグから昇級できない人。

そんな人もいるでしょう。ですから

Aリーグ=強い Cリーグ=弱い

というのは誤った認識なのです。

Aリーガーより強いCリーガー

こんな人がいたってなんら不思議ではありません。
僕だって麻雀が強いからというより、たまたま運よくAリーグにいるというだけです。


さて天鳳の話――

段位やレートは短期の結果が反映されいシステムです。

>ちょっと調子がよかっただけで八段。
>ちょっと調子がよかっただけでR2100。

になってしまうことがあるのです。
(本当は自分がそうなってから書きたかったんだよう・・)

それでも目の前に「評価」としてぶらさがってると無視できない。
ちょっと手を伸ばしたくなりますね。これって人間の本能なんでしょうか?

雀力を比較する上で信用性のある評価方法。
 
同一条件で、ある程度長期の成績を比較すること

ある程度長期の〜5000Gだとかなり信用性は高いでしょうね。最低2000Gくらい?

成績〜それは段位でもレートでもなく、天鳳においては平均順位です。

同一条件、ある程度長期間打った結果として出た平均順位は、ちょっとやそっとじゃブレません。そして、その結果として出た平均順位0.05位差はほぼ逆転不能な大差です。

ちょっと打ち方を工夫したくらいではこの差は埋まりません。
つまり、平均順位2.45位の人は平均順位2.40位の人とは、麻雀の基礎能力に明らかな差があるといって間違いないでしょう。

それだけ大きな実力差でも、100G、500G程度のスパンなら実力が劣っているほうでも良い成績を残せる可能性がある。

パチスロで

>1/240で大当たりを引く「設定6」
>1/280で大当たりを引く「設定5」

1000G試行して比較したら「設定5」のほうが出ました。こういうことはよくあります。でも1週間かけて56000G試行して比較したら?間違いなく「設定6」のほうが出ますよね?

「だってあの時は勝ってたし!」
「本気出せばいつでも勝てるよ!」

良かったことだけ思い出して「設定5」君は吼えるのです。


たとえいかなる強者でも

>1週間〜10日単位のスパン(150G程度)でみたら○○万とやられている。
>1ヶ月単位のスパン(450G程度)でみたって○○万とやられている。

仕事柄メンバーのこんな数字を目の当たりにする事が多いんでね。「○○君でもたまにはそんなこともあるんだなぁ」と思うだけですね。ハイ。


次回は鳳凰卓はどの程度か?ということについて書いてみよう

続き


昔話――

中学時代、成績良かったんですよ。
「もしかして天才なのかも?」なんて非常に痛々しい勘違いをしていたくらい(笑)まあ中坊の戯言ですから。許してね

高校に入って最初の試験。学年で150番くらいだったと思う。
あれっ?おかしいな?って思うじゃないですか。でもすぐに気付きましたよ。だって次の試験は200番以下だったもん。

試験というのは学力を比較する上で信用性のある評価方法なのです。

一目瞭然、言訳不能です。
僕の中学ってレベル低かったんだなぁ。


雀力を比較する上で信用性のある評価方法。ありますよ。
 
同一条件で、ある程度長期の成績を比較すること

麻雀は抽選ゲームですから。
ゲームの性質上、短期の結果はブレやすい。
このことは周知の事実かと思います。

そして、比較する相手は多ければ多いほどいいですね。

同じ雀荘で打った1000人、それぞれ2000Gの成績を比較する

これはかなり信用性の高い雀力評価ができます。
少なくてもこの1000人の中では一目瞭然、言訳不能です。

でもこういった機会ってないでしょ?ないない

ないからこそ
自分の雀力がどれくらいか知らない、気付かない人が多いのだと思います。

「自分の実力を知る機会が無い?そんなことねぇよ!俺が今までどれだけ勝ってきたと思ってんだ!」

まあまあ

ではあなたは何処で勝ってきたのですか?
仲間内のセットや行きつけの雀荘ですかね?

仲間内のセット?
比較対象はせいぜい10人くらいじゃないですか?
行きつけの雀荘?
同じくらいの数をこなしてる人ってどれくらいますかね?

同じように勝ってきた人たちが集まったら
一体あなたはどれ程の成績になるのでしょうか。

冒頭の話でもあった
中学の成績優良者を集めた高校では?って話ですよ。


それは知らないほうがいいのかもしれない。
「俺って天才かも??」って思ってるほうが楽しいよね?

でも、自分の実力もよく知らず(認めず)
勘違いしてデカイ口叩くような人が麻雀打ちには多いような気がして

なんとなーくイヤだなぁ
と思ったり思わなかったり・・・・


続く

このページのトップヘ