麻雀荘メンバー語録 version2.0

日本プロ麻雀協会所属麻雀プロ、木原浩一による個人的な麻雀についての考え方、戦術等を紹介するブログです。

カテゴリ: 新人王戦「裏」観戦記

これは本文では触れなかった話。

4回戦南3局。
トップ目は北家41100点、追う東家30600点
最終戦を目の前にして、両者とも喉から手が出るほどトップが欲しいところ。

北家は4巡目に早くもテンパイ。そして7巡目の選択chance。ドラ七筒(7)

一萬二萬三萬七萬七萬一筒二筒三筒一索二索三索五索五索
ツモ九萬

一二三七七(123)12355 ツモ九

この時の場況が

東家
一筒六萬二索三萬四萬白
南九筒
(1)六2三四白
南(9)

たった今發發をポンして(9)打ちしたところ。

南家
北九萬八索四索五萬九萬
三筒
北九84五九
(3)

五萬九萬五九はツモ切り

西家
一萬一索北東北六萬
二筒
一1北東北六
(2)

六萬六はツモ切り

マンズの上のほうがよく見える場況。北家は打七萬とし、カン八萬八待ちを選択

実はこのとき東家にも發發のポンテンが入っていた。

六筒七筒七索八索九索西西中中中ポン發横發發

(67)789西西中中中 ポン發發發 の7700テンパイ。

同巡の西家の牌姿がこう。

二筒二筒三筒五筒七筒八筒八筒九筒二索三索四索六索七索八索

(22357889)234678 から

謎の打二筒(2)イーシャンテン戻し。何を意図したかは不明だが、とにかく東家への放銃を回避した格好。

そして同巡の北家のツモは五索

九を引かなければ・・・待ち変えしなければ・・・
一瞬嫌な気分になるでしょう。その感情は人として極々自然な感情だと思う。

こういうことを「和了り逃し」というんでしょうか?
しかし、僕の中では「和了り逃し」という考え方はない。結果はあくまで抽選ですから。ただの「当り」「ハズレ」と考えます。この場合はもちろん「ハズレ」だが、和了り牌が変化した後に前巡までの和了り牌を引いたとしても「ハズレ」は「ハズレ」その他不要牌と同様に扱うということです。

「当たり前じゃん!そんなこと!」まぁそうなんですけどね(笑)
人は精神的な動揺を受けると一時的に冷静な判断力を失うことがあるようです。

和了り逃し」の結果、動揺して選択chanceの損得判断が一瞬わからなくなってしまうこと。あるんじゃないですか?

和了り逃し」の結果、偶然悪い抽選に当たってしまったときにも強い後悔の念を抱く傾向もあるようです。またそれが強く印象に残って「和了り逃した後には他家の和了り抽選確率がアップする」みたいな迷信まで出てくる始末・・・

冷静であれば勝っていたのに・・・
負け犬の言い訳によく出てくる言葉ですよね(笑)ちょっとした動揺程度で選択chanceの判断力が鈍る人は、ただただ雀力不足なだけだと思います。


この結果は冷静に五索5をツモ切りカン八萬八待ちを続行した北家の勝ち。いや当選(笑)
きわどい勝負だったのですが・・・まぁいいでしょ?結果のことなんてさっ(笑)

最後にもう1回だけいっときますよ。
結果はあくまで抽選なんですからねっ


今日はこの辺で・・・


まずは本文でも書いたけれども
1回戦オーラス、北家の8巡目選択chance。

先制リーチ南家(ダンラス)

三萬中七筒四筒横中九筒
九索中

三中(7)(4)リーチ中(9)
9中

600点差の3着目西家

一筒中二筒北白西
南一萬

(1)中(2)北白西
南一

トップまで6700点差の北家 切り番

二萬四萬七萬七萬七萬六筒六筒二索二索四索四索六索七索  ツモ四索

二四七七七(66)224467 ツモ4

七筒(7)は3枚切れ、自分で四筒(4)を前々巡、八筒(8)を前巡に切っている。
トップ目の東家はベタオリ模様。この局がこの半荘の最終局となることは必至である。

南家の2巡目の中手出し牌である。
となると二萬二と六筒(6)の放銃確率には明らかに差があるのだが、それでも金君の選択は放銃確率が高いと思われるほうの六筒(6)だった。

恐らく――これは僕の勝手な予想なのだが
北家は南家の現物三萬三がまだ一枚しか場に見えていないことに対して違和感を感じていたのではないだろうか。

山にいる可能性。そして西家から打たれる可能性。
つまりカン三萬のほうが、二索2、六筒(6)よりもテンパイ抽選、和了り抽選を受けやすいと判断しての選択だったのだろう。

それでも僕は
瞬間の放銃確率の差、リーチ者が二索2または六筒(6)をツモ切りする可能性等を考慮すると、打二萬二のほうが優秀だとは思うけど・・・・

おっとっと・・・
こんな話を記事にしたかったわけではありませんよ。


観戦記では南家の先制リーチ。何待ちかはあえて載せていません。
理由ですか?これは僕の考えなんですけどねぇ。選択chanceの優劣を判断するのに相手の待ちが何であるか考える必要はないってことですよ。

放銃確率は考えるのに?
そう。いつか「読み」をテーマにした記事を書くと思うんだけど。
今日はそのさわりだけ――

「読み」とは

相手の和了り牌を当てることではなく、場況より得られた情報から自分の打牌候補の放銃確率を推測したり、比較したりすること。

なんですよね。
ちょっとわかりにくいかな?いつか詳しく話します。


また話が脱線しましたね・・・
この結果は紆余曲折しながらも、残した三萬受けを自力で埋めて和了りきった北家の勝ちとなった。木原流にいえば当選した(笑)か。

じゃあ二萬二から切ったらどうなったの?牌譜があるのでその場合の結果もシュミレーションできますよ。しかし、麻雀検証という記事でも話しはしたとは思うのですが

そのときだけの結果に基づいて選択chanceの優劣を判断することはできない。

「何待ちだった?」
こういう質問する人いっぱいいますよね?尋ねるのが悪いっていってるわけじゃないですよ?それを訊いても何一つ損することはないでしょうしね(笑)

でも相手の待ちが○○だったからといって、その結果を聞いて自分の選択chanceの優劣を判断するやり口ってどうなんでしょ?それはちょっと違うんじゃないのかなぁ?と思うのですが・・・

でも「観戦記」ですからねぇ
それ専用に偶然起こった結果を賞賛する文章にしちゃってもいいかな〜とは思いましたが

なんかね。
自分の全く思っていないことを文章にして残されることに抵抗があったんですよ。

そーいうことです。ハイ・・・


つづく

最近当ブログの更新が滞っております。
見にきて下さった皆様方、誠に申し訳ございません。

5月6日に行われた「第6期日本プロ麻雀協会新人王戦」
この観戦記を正式に依頼されまして、その作業に延々と時間を費やしとったわけですよ。

「好きなように書いてください」
とはいわれたものの自戦記ならともかく観戦記は
主観に偏りすぎたものではいけないんじゃないだろうか?

さて、どの程度書いてよいものだろう――

<考える→書く→やりすぎじゃね?ダメじゃね?→一旦逃避する>
みたいなコンビネーションを繰り返し(笑)、ただただ時間が過ぎていった。
(もちろん逃避している時間が1番長かったのはいうまでもありません)

そして出来たのがこれね→第6期新人王戦観戦記

ここにそのときの牌譜がある。
せっかくなんでブログで「主観に偏りまくった観戦記」(笑)でも書こうかと思う。

題して「新人王戦裏観戦記

このタイトルを見て

>思い切り打牌批判しちゃうの?とか
>○○はヘタクソだな。とかいっちゃうの?

と思う人いるでしょうね。そうじゃないんですよ。
あくまで新人王戦の牌譜を使った木原流選択chanceの考え方を紹介するという形で記事にするつもりです。

まず最初に・・・


今日はここまでにしときましょうか(笑)

このページのトップヘ