麻雀荘メンバー語録 version2.0

日本プロ麻雀協会所属麻雀プロ、木原浩一による個人的な麻雀についての考え方、戦術等を紹介するブログです。

カテゴリ: 読み

麻雀について悩み始めた子供「誠司」とその友人「まさし」、と『父親』の会話。

 『で?食い延ばしの話だっけ?』

誠司 「うん。まさしくんがいうには鉄板でそうだっていうんだけど・・・」

 『こーいうのは理屈で覚えるんじゃなくて、パターンを丸暗記したほうがいいよね』

誠司 「えっ?なんで?」

 『麻雀には考える時間が少ないからさ。パターンを丸暗記しておいて、それを瞬時に引き出すくらいじゃないと、実際には反応できないよね』

まさし 「確かにそうですね」

 『よーく考えればわかった!なんていっても、その瞬間答えを出せないとわからないのと一緒だからね』

誠司 「う・・・じゃあ教えてよ」

 『じゃあ、カンチャン食い延ばし(外)パータンな』

二萬三萬四萬五萬七萬
二三四五七

チー四萬横二萬三萬 打七萬
四チー打七

三萬四萬五萬六萬八萬
三四五六八

チー五萬横三萬四萬 打八萬
五チー打八

四萬五萬六萬七萬九萬
四五六七九

チー六萬横四萬五萬 打九萬
六チー打九

 『法則がわかるかい?』

誠司 「うん!鳴いた牌の筋が切られるね!」

 『そうそう。逆で鳴いた場合もそうだよ。たとえば――』

チー三萬横四萬五萬 打九萬
三チー打九

誠司 「うん!鳴いた牌の遠い筋が切られるね!」

 『そうだね。特にリアルで打ってるとね』

二萬三萬四萬五萬七萬
二三四五七

 『この順番で理牌している人がほとんどだから、二萬三萬二三とつまんで2個となりの七萬七を切るってケースが多いと思うんだよね』

誠司 「なるほど!尚更わかりやすいね!」

まさし 「僕クラスはその辺は気をつかって理牌してますけどね」

 『はいはい。オナニー乙』

まさし 「な・なんかいいました?」

 (しまった!心の声が漏れたわ!)『ん?いや?何も・・・。今度はカンチャン食い延ばし(内)パータンだね』

二萬三萬四萬五萬七萬
二三四五七

チー三萬横四萬五萬 打七萬
三チー打七

 『このパターンは仕掛けた端の牌の2個隣が捨てられるのが特徴だね。三萬四萬五萬三四五と仕掛けたなら五萬五の2個隣の七萬七』

誠司 「なるほど!こうやって丸暗記しておけば、これが出た時に咄嗟に対応できるんだね!」

 『うん。でも鵜呑みにしちゃダメだよ。あくまでもうテンパイしてるんじゃないかな?って時に出たこういう仕掛けに、こういう食い延ばしのケースもあるなぁ程度に頭に入れておくってことだね』

誠司 「こういう話好き!もっと教えて!」

 『よーし!じゃあ次回はアレでも話そうかな〜』

麻雀について悩み始めた子供「誠司」とその友人「まさし」、と『父親』の会話。

まさし 「だからダメだよ!そんなみえみえに放銃しちゃ!」

誠司 「えっ?そんなにみえみえ?」

まさし 「はぁ〜…そんなこともわかんないんだー」

誠司 (ムカッ!)「それ以外のパターンだってあるかもしれないじゃん!」

まさし 「いや!仕掛ける前からテンパイ気配はあったもん!あれは食い延ばしのパターン以外ありえないね!」

 『まーた麻雀の話で喧嘩かい?キミたちは相変わらず不毛な会話が多いというかなんというか』

まさし 「ふ・ふ・ふ・不毛とはなんですか!知識不足の誠司くんに、麻雀教えてあげてるんですよ!」

誠司 「なんだとぅ?!」

 『まあまあ。さて内容はおいといて、まさしくんは純粋に誠司に教えてあげたかっただけなのかな?』

まさし 「そ・そりゃそうですよ」

 『そうかな?自分が知ってる知識をひけらかし、相手より優越感に浸りたいとかそういった気持ちは無かったかい?』

誠司 「そうだよ!まさしくんメチャドヤ顔だったもん!」

まさし 「そ・そ・そ・そんなことないし!」

 『自己主張で相手を論破する。そういったことに優越感を感じる麻雀打ちって多いからねー。主張が受け入れられないとなるとやたらと感情的になって、もう当初の目的を忘れてしまったりとか』

誠司 「当初の目的・・・麻雀を教えるだっけ?」

 『そうだね。本当に教えることが目的なら、いい方だって考えなくっちゃね。頭ごなしに上から目線だと、誰だっていい気分はしないだろ?』

まさし 「・・・そうですね。気をつけます」

 『で、食い延ばしの話だっけ?ここから先が本題なんだけど、時間がないからまた来週だね〜』

麻雀について悩み始めた子供「誠司」とその友人「まさし」、と『父親』の会話。


誠司 「父さん父さん!「18分の1理論」って、父さんが考えた理論なの?Googleで「18分の1理論」検索したらトップに出てきたよ!」

 『他の無筋が通るたびに、ある無筋の放銃抽選確率が高まる、という考え方をわかりやすく説明しようとしたんだよね。18分の1っていうのはあくまで目安さ』

誠司 「でもさ?これだと無筋の二萬二と五筒(5)だと、五筒(5)のほうが放銃確率が倍高いってことでしょ?ホントにそんなに高いのかなぁ?」

  『誠司。だから目安だっていってるだろ?本来はそんな倍も変わらないよ。リーチにカンチャンやシャンポンで放銃するパターンは、五筒(5)より二萬二のほうが圧倒的に多いわけだし』

まさし 「確かにカン五筒(5)や五筒(5)のシャンポンだと、ヤミテン手変わり待ちのケースが増えますもんね」

  『それに場況によっては、放銃抽選確率の低い無筋や、放銃抽選確率の高い筋っていうのもあるわけだしね』

誠司 「あっ!そうそう!筋でオリ打ちすると腹立つんだよねー!」

  『よーし。じゃあ今日はD・L・Tの話をしようか?』

誠司 「D・L・T??」

  『ダイレクト・ライン・トラップ。つまり「もろひっかけ」のことさ。一昔前にちょっとだけこの言葉流行ったんだよねー』

まさし  「昔は「もろひっかけ=卑怯」みたいな考え方の文化があったみたいですけど、最近は少なくなりましたね」

  『確かにそんな風潮あったよね。じゃあ、危険度が高いD・L・Tのパターンをいくつか紹介するよ』


EX・A ※捨て牌は大体手出しとする

東八索二萬白八萬六萬
六筒六索横リーチ
東8二白八六
(6)6リーチ

 『宣言牌の六索6の側の牌が前に切られている(ただし連続切りは除く)。この場合は八索8のことね』

EX・A´

東七索二萬白八萬六萬
六筒六索横リーチ
東7二白八六
(6)6リーチ

 『この七索7も同様。こういうケースの三索3の放銃抽選確率は――』

EX・B

東八筒二萬白八萬六萬
六筒六索横リーチ
東7二白八六
(5)6リーチ

 『全く関連牌が全く切られてないときの三索3の放銃抽選確率よりも、倍くらい危険だと思うよ』

誠司 「え?そうなの?」

 『AとA´のケースでは後引きの六索6を残したパターンが考えられるよね。もちろん、その他のパターンもあるんだけれども・・・』

まさし  「なるほど。おそらく2巡目の段階では孤立牌だった八索8または七索7。なのに宣言牌まで引っ張った六索6。のケースはその他にも色々なパターンが考えられるから、危険度の比較はA>B。ということですね?」

誠司 「まさしくんは説明が好きだね(笑)」

 『まあこーいうのは前にもいったけど、自分の手牌進行と捨て牌を照合して考えるんだよ。なるほどー・・こういう捨て牌相になったら、こういう牌姿が残ってるもんなんだなぁ〜ってね。あっ!もう1個牌姿だすねー』

EX・C

一萬一萬四萬四萬四筒五筒五筒七筒二索三索三索五索五索五索
一一四四(4557)233555

 『とかのリーチを受けて自分の手牌がこうでしたと。何切る?』

誠司 「えー?ドラは?ツモってきた牌は??」

 (そんなのどうでもいいがな・・・)『いいか誠司。こういうとき、手牌唯一の筋三索3を切る。これはダメだよ』

誠司 「えー?なんでー?他全部無筋だよ??さっきもいった通り危険だから?」

 『宣言牌の隣の牌が自分の目から3〜4枚見えている。この場合五索5ね』

まさし  「なるほど。相手に五索5がない可能性と六索6引っ張った理由を考えればわかります。逆をいえば五索5が場に3枚切れの場合はそんなに危険じゃないかもしれませんね」

誠司 「まさしくんはホントに説明が好きだね(笑)」

 『ん・・・まあそうだね。とにかくのリーチにの手牌で三索3なんて、二筒五筒(25)とか四萬七萬四七とかと同じくらい危険だから!こういうときは安易に筋とか切っちゃダメだよ』

>宣言牌の側の牌が前に切られている場合 

>宣言牌の隣の牌が自分の目から3〜4枚見えている場合

誠司 「上の場合、宣言牌が四萬四なら二萬三萬二三のことだね。下の場合は五萬五のことだね」

 『誠司。大事なのはそういう風に覚えることではなくて、考え方を理解することだよ。そうすればいろんな応用も利くだろ?例えば四索4が3枚打たれたと同時に五索5を手出した人がいたとして、まだカン二索2受けが残ってるかも・・・とか』

誠司 「えー?そんなに覚えらんないー!」

 『ははっ(笑)慣れだよ慣れ。考えすぎはよくないけど、自然に頭に入るくらい慣れてしまえばいいのさ。今日はこの辺にしとこか』


人気ブログランキングへ

押し引きの判断材料2の続き

なに当たり前の事書いとんねん!
と思われた方、多数いらっしゃるかもしれません。でもね・・・


放銃確率×平均失点値=X

和了確率×平均得点値=Y

X値―ある危険牌を押すことに対する瞬間的な負荷。
Y値―自分の手牌の期待収入値。



Y値を基準にして押し引きを判断する】

これは割とできているんじゃないかと思うんですよ。

「この手は和了りに結びついたところで安いから押さない」

「最終的にネックになりそうな受け入れがあるので、和了りにくそうだから押さない」

「高いからゼンツ!」(笑)

こんな感じで。
自分の和了り中心の考え方ですね。


対して――

X値を基準にして押し引きを判断する】

これはどうかな?たとえば

>一発で引かされた無筋の牌
>なんとなく切り遅れた無筋の牌

嫌な気がして降りてしまう。

>放銃確率が相当上がっているのに気付かず、初志貫徹とかいってオリない。
>和了りたすぎてオリない。

もう勝負するのに見合わないのに押してしまう。


放銃確率を考えずになんとなく・・・
こういう人は結構いるような気がします。


さて―― 最初の記事に戻る。

東1局東家配原

ドラ三索

西家のリーチ

九萬中東發一索南
八萬四萬横リーチ
九中東發一南
八四リーチ

を受けてこの手牌。

三萬四萬五萬六萬七萬一筒一筒二筒三筒三筒二索七索八索 ツモ二萬
三四五六七(11233)278 ツモ二


つまり、この程度の河ならば二索2の放銃確率はさほど高くないので
自分の手牌の期待収入値に見合うんじゃないでしょうか?ということなんですけどね。



安全牌がないから押す。
安全牌が少なく、将来的に手詰まりそうだから押す
待ちがわからないから押す。
待ち牌が絞りきれないから押す。

という押し引きにおける打牌選択の理由をよく聞きます。
その理由「当たらずしも遠からず」といったところでしょうかね。

待ち牌は基本的には読めません。
しかし、放銃確率はある程度は読め・・・判断することはできますよ。そして――


放銃確率×平均失点値=X

和了確率×平均得点値=Y

X値―ある危険牌を押すことに対する瞬間的な負荷。
Y値―自分の手牌の期待収入値。



押し引きを判断する際には
X値とY値の数値比較こそが重要かと・・・


なんかうまく締まらないけど・・・ いったん終わります。

押し引きの判断材料でも説明した通り――

放銃確率×平均失点値

和了確率×平均得点値

値―ある危険牌を押すことに対する瞬間的な負荷
値―自分の手牌の期待収入値

このX値Y値の比較こそが
押し引きを判断する際の目安にはなるのではないでしょうか?


たとえばリーチを受けた西家の牌姿が――

三萬四萬五萬六萬七萬一筒一筒二筒三筒三筒二索七索八索 ツモ二萬
三四五六七(11233)278 ツモ二 ―(A)


三萬四萬五萬六萬七萬一筒一筒二筒三筒三筒二索八索九索 ツモ二萬
三四五六七(11233)289 ツモ二 ―(B)


(A)(B)ともに二索2を押すものとしましょう。

2つの牌姿を比較するとどうでしょう?
(B)の牌姿のほうが、和了確率平均得点値も低いですよね?

ということは
(A)の牌姿よりも(B)の牌姿のほうが、Y値がより低くなるため
二索2を押すときのX値と比較すると――

(A)>(B)

ということです。



たとえばリーチ者である東家の河が――

九萬中東發一索南
八萬四萬横リーチ
九中東發1南
八四     ―(C)

九萬六索東發一索五筒
八萬 四萬横
九6東發1(5)
八四     ―(D)

(C)(D)ともに二索2を押すものとしましょう。

2つの河を比較するとどうでしょう?
(C)の河よりも(D)の河のほうが二索2の放銃確率が高くなってますよね?

六索6の裏筋だから、間4件だから
二索2が特に危険というわけではないですよ(笑)


そうすると
(C)の河よりも(D)の河のほうが
二索2を押すときのX値がより高くなるため、自分の手牌の期待収入値であるY値と比較すると――

(C)>(D)

となるのです。




長いので続く





東1局東家配原

ドラ三索

西家のリーチ

九萬中東發一索南
八萬四萬横リーチ
九中東發一南
八四

を受けてこの手牌。

三萬四萬五萬六萬七萬一筒一筒二筒三筒三筒二索七索八索 ツモ二萬
三四五六七(11233)278 ツモ二


二索2の放銃確率については前回述べた。

仮に両面待ちだと想定しても、この時点での放銃確率は1/13程度

二索2を一発で放銃したら、平均失点値はどれくらいですかね?

12000点といわれることもあれば、5200点で済むこともあるでしょう。
まあ平均値は8000点くらいになるでしょうか。

8000(平均失点値)×1/13(放銃確率)=615点(A)

東家の手牌。
この場況下でどれくらい和了れると思います?
3〜4回に1回くらいは追いついて和了れそうじゃないですか?

和了りの平均得点値ってどれくらいかな?
まぁこの手牌、大体リーチするでしょ?4000〜5000点くらいでしょうか?

4500(平均得点値)×1/3.5(和了確率)=1285点(B)

(A)値は、二索2を押すことに対する瞬間的な負荷。
(B)値は、この手牌の期待収入値といったところか。

単純に(B)>(A)ならば押したほうが得という結論にはなりません。
しかし、こうした考え方が押し引きを判断する際の目安にはなるのではないでしょうか?


放銃確率×平均失点値 と 和了確率×平均得点値 ね


つづく

実戦譜よりの続き

東1局東家配原

ドラ三索

西家のリーチ

九萬中東發一索南
八萬四萬横リーチ
九中東發一南
八四

を受けてこの手牌。

三萬四萬五萬六萬七萬一筒一筒二筒三筒三筒二索七索八索 ツモ二萬
三四五六七(11233)278 ツモ二


さてどうしよう?


ストレートに手牌を進行させるなら打二索
しかしドラそば。放銃するとドラ絡みとなる可能性がかなり高い。

では問題。このリーチに

二筒(2)で放銃した場合。
二索2で放銃した場合。

それぞれの平均失点値を求めなさい。

答え・全くわかりません。


統計取れますかね?
イメージでは二索2で放銃した場合の平均失点値のほうが高そう。
たぶんそれは正しいよ。でもね――

たいした差ではないんじゃないのかなー・・・って思うんだよね。
この差を大きく見る人は、おそらく被害妄想が激しい人なんじゃないかと思います。


さて、次に放銃確率を考えてみよう。
18分の1理論(中途半端理論で申し訳ない)を元に、両面待ち(フリテン除く)のパターンを数えてみよう。

二萬二−五萬五、三萬三−六萬

ソーズ一索1−四索4を除く全通り(5パターン)

ピンズ全通り(6パターン)

仮に両面待ちだと想定しても、この時点での放銃確率1/13程度。

どうですかね?
この時点での二索2ってそんなに怖い牌ですかね?


つづく

読みのベースとなる考え方(放銃確率編) 続き


「当り」=放銃しない。
「ハズレ」=放銃する。

新しく「当り」の牌が場に捨てられるたびに
別の通ってない牌が「ハズレ」である確率が高まるといえませんか?

放銃抽選確率を考える

にも紹介してあります。

さて――
「リーチに対する押し引き」の実戦譜。

東1局東家配原

ドラ三索

西家のリーチ

九萬中東發一索南
八萬四萬横リーチ
九中東發一南
八四

を受けてこの手牌。

三萬四萬五萬六萬七萬一筒一筒二筒三筒三筒二索七索八索 ツモ二萬
三四五六七(11233)278 ツモ二


さてどうしよう?

続きは近々

ここに7個のシュークリームがあります。

内6個はふつうのシュークリーム。
おいしいですよっ。これが「当たり」

内1個は、わさびがたっぷり入った「ハズレ」です。

7人でそれぞれ1個ずつ食べましょう。
じゃあみんな1個ずつ手にとってー――あっ!まだ食べちゃダメだよっ!

この瞬間「ハズレ」を食べる人はもう決まっています。
でも誰が「ハズレ」を引くかは食べてみなければわかりません。

この時点で「ハズレ」を食べてしまう確率は1/7

じゃあ右側の人から順番に食べてみてくださーい――

最初の1人が食べました。
「うん!おいしぃ♪」どうやら「当たり」のようですね。

じゃあ次の人食べてみてくださーい――

この時点で「ハズレ」を食べてしまう確率は1/6

つまり他の人が「当たり」を食べるたびに
残った人が「ハズレ」を食べてしまう確率が高まるということですね。


リーチが入りました。

リーチが入った瞬間、待ち牌は決まっています。
でも、何が当たり牌なのかは、リーチ者の牌姿が開けられるまではわかりません。

この場合
「当り」=放銃しない。
「ハズレ」=放銃する。

新しく「当り」の牌が場に捨てられるたびに
別の通ってない牌が「ハズレ」である確率が高まるといえませんか?


つづく

つい先日、久しぶり(3年振り?)に実家に帰ったんですよ。
地元の友人達と酒を酌み交わしながら麻雀する機会があったのね。

ちなみに友人達が麻雀をする頻度は年に1〜2回程度だという。

友人「リーチ!!ねぇねえ?プロなら何待ちかわかるもんなんでしょ?これ何待ちだ?」

僕「そんなんわからんし!!」

友人「えー?わかんないのぉ?プロのくせにー!」

僕「待ち牌が何かなんて考えないよ。まあそれでも手牌4枚くらいならわかることもあるけど・・」

友人「ポン!ポン!ポン!」

裏裏裏裏 ポン九筒九筒横九筒 ポン二萬横二萬二萬 ポン發發横發

河が
北八筒七索五索東 

友人「4枚でテンパイしたよ!何待ちだ?」

僕「わからーーんし!」

友人「なんだよ・・結局プロでも読めないんじゃん」

僕「ハイ!ごめんなさい・・・」

あのねぇ・・
読むっつーても待ち牌を当てることなんじゃないんだよねー・・

というような誤解を解くために今回は記事を書きたいと思います。

木原程度でどんなことが読めるのか?


今日は眠いのでまた次回ね。

このページのトップヘ