February 23, 2009

セマシFC開幕黒星スタート!



トーゴプロサッカーリーグ・2009シーズンが22日ロメで開幕した。会場はロメ市内の第2国立競技場で試合前には様々なセレモニーが開かれた。注目の開幕戦は第1試合・AS LOME PORT対AS DOUANESが0対1、第2試合はSEMASSI FC 対ETOILE FILANTEが1対3でそれぞれAS DOUANESとETOILE FILANTEが勝利した。(2月22日)


-----------------------------------------------------------------------


我々がサポートしているセマシFCは初戦を飾ることができませんでした。


ロメで開催されたこともあり僕は2試合とも生で観戦しました。会場はトーゴ代表の試合が行われるKegue地区の第1スタジアムではなく街中にある第2スタジアムで会場にはトーゴサッカー協会会長や、試合前のセレモニーで先日のアフリカンバロンドールの受賞祝賀が行われたアデバヨールのお母さんも来場してました。


スタジアムは予想以上にしっかりしたもので、ピッチはこれまた驚きの人工芝でした。管理などの問題を考えるとこれは意外にいいアイデアかと思います。試合会場はかなりの観客で埋め尽くされ、聞くところによると開幕戦のみチケットは無料とのことでした。通常は100円とか200円ぐらいします。はっきりとしたデータはわかりませんが一万人ぐらい観客はいたかと思います。警備のため100人以上の武装兵士もいました。


試合開始時間は第1試合が2時半で第2試合が4時半と聞いてましたが第1試合のキックオフは結局16時半過ぎ(笑)、我がセマシFCの試合はナイターでした。ナイター設備がしっかり機能したのは多少驚きでしたがやはり照明の数が少ないのか、電力が弱いのか多少薄暗く、写真がブレてしまったことは今後の課題です。


この日の対戦相手のETOILE FILANTEはロメを本拠地にするチームで言わば我がセマシFCにとってはアウェイです。第1試合の両チームもロメを本拠地にしています。


第1試合は普通に観客と混じって観戦しました。アフリカと言うと過激そうですがみんな無口で試合を見てました。客席には普通に物売りのおばちゃんなんかもいて平和ムードです。観客席には座席などはなく階段式のコンクリートに地べたで座ります。


第1試合が終わり僕ひとりでメインスタンドに行きましたがセマシ関係者とは会えず。おまけに各ゲートが金網で仕切られており移動できません。多くの観客でごった返しており兵士が厳重に警備しておりましたが・・・


おや?


武装兵士のなかに近所に住むおじさんがいました。おじさんの家は小さな青空商店を営んでおり、僕はこの家族とロメに来た当初からママや子供たちとも交流があります。


「おい!なにやてんだよ!」「セマシの関係者と会いたいんだけどさあ」


入れてくれました(笑)ピッチに(笑)持つべき友はなんとかです。ちょうど試合前のセマシ入場に間に合い、ピッチ脇まで行き写真を撮ることができました。他に本物のカメラマンがふたり(笑)スタメンイレブンは僕が来たことに驚き全員が僕のカメラを見てくれました。


919f2166.JPG








さて、セマシのベンチに行くと監督やコーチやサブのメンバーとも挨拶し、監督から「ここで観なよ」と言われ僕は何とか開幕戦をセマシベンチで観ることができました。


さあいよいよ、開幕です。


多少、感慨深いものがありました。


ゼロからスタートして、セマシと知り合い、ユニフォームや練習器具、運営資金なども支援しようやく、セマシはスタートを切ることができました。まだまだ多くはありませんがソシオ会員として我々の支援にサポートしてくれた個人法人のみなさんの力のおかげだと思います。セマシは我々の社名やサポートして頂いた法人様の名前が入ったユニフォームでプレーし、試合球にはナイキジャパン様から支援して頂いたボールが使用されました。


試合は1対3で敗れました。スコア以上の力の差がありました。試合詳細はセマシFCサポートHPでお知らせします。http://www.alcebon.com/soccer


試合後、敗因を監督に聞きました。ロメを本拠地にしている対戦相手に対し、セマシFCがソコデを出発できたのが前日の夕方、ロメに着いたのが試合当日の日曜夜中一時とのでした。やはり選手は疲れていた、と漏らしていました。会場入りがもう少し早ければ結果は違ったものになったかもしれません。もちろん滞在経費をより少なくするための苦肉の策でした。やはりまだまだ支援は必要だと痛感しました。





When you walk through a storm          嵐に出会った時は
Hold your head up high                  しっかり前を向いて行こう
And don't be afraid of the dark            暗闇を恐れてはいけない

At the end of the storm                嵐の向こうには
Is a golden sky                       青空が待っている
And the sweet, silver song of a lark         雲雀が優しく歌ってる

Walk on through the wind                風の中を行こう
Walk on through the rain                雨の中を行こう
Though your dreams be tossed and blown   たとえ夢破れようとも

Walk on, walk on                      歩こう、歩き続けよう
With hope in your hearts                希望を胸に
And you'll never walk alone              そうさ、俺達は一人じゃない
You'll never walk alone                 俺達は一人じゃない

       
              Liverpool Football Club『You'll never walk alone』





上記は僕が小学校6年生からファンのイングランド・プレミアリーグ・リバプールの世界一有名なサポーターソングです。リバプールの試合前、後半開始時、そしてリバプールがピンチを迎えると、聖地アンフィールドのコップでサポーターは大声でこの歌を歌います。


そうさ


俺達は一人じゃない


俺達は


一人じゃない



alcebon at 00:13コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
  • ライブドアブログ