2016年12月04日

落し物・忘れ物 

****************************
このブログは昴の母(すばママ)が書いています。
本人昴は 「○○たのしかった」 と一文書くのが精一杯の作文力です。
****************************


スーパーに買い物に行きました。
お母さんが買った物を入れたリュックサックをぼくは背負いました
ネギが長かったので、こんなふうになっていました。


ネギがゆらゆら


帰り道は暗くなって雨がたくさん降っていました。

家に帰ってリュックをおくと、お母さんが 「あれ、ネギは?」 と聞きました。

ネギがありませんでした。
お母さんは 「何でリュックの中がこんなにびしょぬれなの?」 と言いました。

ネギが長かったので揺れてだんだん口が大きく開いて中の物が外におっこちて、雨がリュックの中に入ったみたいです。


ネギがゆらゆら2


かいわれ大根と、しいたけもなくなっていました。

ぼくは、
「ネギは?ネギは?探そう」
と言いました。
お母さんは 「暗いし、遠いし、難しい・・」 と言いました。
「月曜日にネギと、かいわれと、しいたけを買う」
と言うと 「買わなくてもなんとかなるから」 と言いました。

でもお母さんは、イライラして落ち込んでいるみたいだったので、ぼくは
「ごめんね」
「ネギは天国だ」
と言いました。

お母さんは 「昴のせいじゃない・・」 と言ったけど、ため息をついていました。

その時、ぼくは落としたり忘れて物がないことは大変だと思ったので、忘れ物をしないように明日仕事に持って行く持ち物を全部かばんに入れて準備しました。
そして、“こうなってはいけないよ” と思って、お母さんにドラえもんの漫画を読みました。

のび太  「ねえ、ドラえもんはネコ科?」
ドラえもん 「まっ、まーね」
のび太  「ぼくは人間だからヒト科」
ドラえもん 「へー、理科の宿題やってんのか、えらい・・・」
のび太  「宿題はバッチリ。教科書もかばんに入れたし、これで忘れ物なし」
(翌日 のび太は宿題を入れたかばんを忘れて学校に行きました。)
先生   「なにー? かばん忘れた?」
ドラえもん 「のび太はヒト科じゃなくてバだな」


お母さんは、
「昴は何にも悪くなかったのに、ごめんね」
「いつもは “ないない、探そう” って何回も言うけど、今日は言わなくてえらかったし、昴のおかげでお母さんは元気になったよ。ありがとう」
と言いました。



alcion_hoshi_no_ko at 23:36|PermalinkComments(1)昴の日記