2011年10月08日

また新たに若い二人が焼身自殺を図ったなんて(元僧侶でした訂正)

oda_1_400_111008

上記は8陣designさんチベット弾圧、緊急抗議アクション用データより。
http://8jin.blog47.fc2.com/blog-entry-275.html


語学がからきしダメな私。
昨日、チベットのニュース記事を英語を翻訳しながら読んでましたが、
「え?前の記事のことだよね?・・え?あれ?うそ?・・」
と、確信が持てないでいました。

だって、また昨日新たに若い二人の僧侶が焼身自殺を図ったなんて!!!!!
(僧侶ではなく元僧侶です。訂正します)

『Two Tibetan Youths Self-Immolate』2011-10-07【RFA】
http://www.rfa.org/english/news/tibet/alight-10072011082911.html
『2 Tibetan Teenagers Set Themselves on Fire in Southwest China』
http://www.nytimes.com/2011/10/08/world/asia/two-tibetan-teens-set-themselves-on-fire.html

『今日、再びンガバで2人の元僧侶が焼身自殺。内1人は死亡か?』
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51704882.html
チベットNOW@ルンタ

皆様、是非力を貸してください!

今、できるアクション。

◆日本政府、外務省など関係各所へメール、FAXで訴える。

◆中国大使館、中国あてにFAX、メールで訴える。

オンライン署名で訴える。

ツイッターで、日本の政治家宛に@で訴える
『@日本の政治家さん 中国政府によるチベット人弾圧を即刻やめさせて下さい!日本政府が中国政府に対し厳正な態度で臨むよう要請します! #チベット緊急アクション@で政治家に伝えよう #Tibet』


できることは何でもやってみたい。それが彼らの魂の叫びを聞いてのささいなアクションかもしれない。
でも、世界のささいなアクションは、大きなうねりになり、何度も中国政府への圧力になってきた。

以下にアクションの方法まとめました。

皆様、是非力を貸してください!

【緊急アクション】中国政府によるチベット人弾圧を即刻やめさせて下さい!
http://blog.livedoor.jp/alco0711/archives/51298159.html


新たな犠牲者について、加筆しています。(フォーマット作成N様ありがとうございます)
………………………………………………………………………………………
■■■メール用フォーマットUpdate■■■ 参考用コピペしてお使いください
………………………………………………………………………………………
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日本国外務大臣 玄葉 光一郎様
在中国日本国大使 丹羽宇一郎様

◆◆中国政府によるチベット人弾圧を即刻やめさせてください!!◆


◇次々と発生するチベット人僧侶の焼身自殺。
◇命がけで中国政府の圧政に抗議する若いチベット人たちの声を聞いてください!

2011年10月7日、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県において、2人の元僧侶の青年が焼身自殺を図りました。

─────────────────────────────
「目撃者の話によれば、彼ら2人は町の大通りで炎に包まれ
 ながらも両手を合わせたまま、チベット人が団結し中国統治を
 打破するために立ち上がること、及びチベットの自由と法王の
 長寿を願うスローガン等を叫び続けていたという。
 
 警官等が駆けつけ2人を殴り倒し、火を消した。その後も
 暴行を加え、人民病院に運び込んだ。警官たちに運ばれる
 間にも、カヤンは拳を空に向け振り上げ何かを叫んでいたと
 いうが、言葉ははっきり聞き取れなかったという。」

「チベットNOW@ルンタ」より、チベット本土からの証言
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51704882.html
─────────────────────────────

チベット本土にてチベット人僧侶が焼身自殺をはかったのは、今年に入り4度目(7人目)です。これらの自殺は、悪化の一途を辿る中国のチベット支配に対する抗議であると同時に、何とかしてチベットに国際社会の耳目を集めたいという切なる願いに他なりません。

 私は日本国民として、隣国である中国が繰り返し行っている、非人道的な人権・言論・宗教の弾圧に対し一刻も早い改善を求めます。
 中国と歴史的、経済的にも深い関わりがある日本国は、対中ODAにおいても最大の支援国です。中国政府は、経済成長路線を続ける中、ひたすら軍事費を増やし開発と称して周辺の支配強化を強めてきました。私たちの税金が、対中ODAとなって結果的にチベット人やその他の少数民族を弾圧した銃弾になったという疑念は、今も拭えません。

◇◇対中ODA最大の支援国である日本国は、善き隣人からの要請として、
◇◇中国政府に以下の措置を講じるよう、強く要請して下さい。

・アバ県におけるチベット人弾圧を即刻停止してください。
・キルティ寺院を包囲する武装警察を排除してください。
・チベット人に宗教の自由を保証してください。
・独立した国際メディアや人権団体による該当地域の訪問を可能にしてください。
・自殺を図った若者たちの安否を確認してください。

 以 上
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【FAX、郵便、Eメールで関係各所に送って下さい】

以下のURLにPDFファイルあります。関係各所にFAXまたは郵送してください。
http://freetibet.holy.jp/docs/tib_protest201110.pdf

PC、プリンターがなくても以下の方法でコンビニから簡単に印刷できます。


在中国日本大使館御中在中国日本国大使 丹羽宇一郎様「中国政府によるチベット人弾圧を即刻やめさせてください!! 」例文FAX用紙のネットプリント
お近くのセブンイレブンのコピー機で『98689850』を入力、印刷してFAX、郵便で送れます
98689850  http://p.twipple.jp/d5Wx4


【SFTのオンライン署名はじまりました!】

【オンライン署名】半年間に7人が抗議の焼身自殺 チベットの非常事態を、とめてください。http://apply.sftjapan.org/kirti/  


【あて先一覧】::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

在中国大使館 
【住所】郵便番号:100600 北京市建国門外日壇路7号
【FAX】+86-(0)10-6532-4625
【e-mail】 info@pk.mofa.go.jp
      keizai@pk.mofa.go.jp (経済部)

日本大使館領事部
【住所】郵便番号:100027 北京市東三環北路2号南銀大厦2F
【FAX】+86-(0)10-6410-6975
【e-mail】ryoji@pk.mofa.go.jp

外務省
【FAX】03-5501-8430
【e-mail】https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

外務省中国デスク MOFA CHINA DESK
(内線 EXTENSION ; 30741) 
【住所】 郵便番号POST CODE; 100-8919 2-2-1 KASUMIGASEKI, CHIYODA-KU, TOKYO,JPN
【FAX】03-5501-8239

外務省アジア大洋州局中国課
【TEL】03-3580-3311(代表)内線2429
【FAX】03-5501-8260

首相官邸
【FAX】03-3581-3883
【e-mail】https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
各府省への政策に関する意見・要望
【e-mail】https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

◎民主党本部
【TEL】03-3595-9988
【FAX】03-3595-9961
http://www.dpj.or.jp/contact/contact
◎自民党本部
【TEL】03-3581-6211
【FAX】03-5511-8855
http://www.jimin.jp/voice/

◎チベット議連 牧野聖修
まきの聖修後援会事務所
【住所】〒420-0851 静岡市葵区黒金町61−5 中西ビル1F
【TEL】054(203)6611
【FAX】054(203)6612
makino-seishu@seishu.org

先日ダライラマ法王と会談したばかりの皆さんにも伝えよう!
http://jinf.jp/news/archives/5944

山谷えり子国会事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館1107号室
【TEL】03-6550-1107
【FAX】03-6551-1107

安倍晋三事務所
【住所】〒100-8981 東京都千代田区永田町 2丁目2−1
衆議院議員第一議員会館
http://www.s-abe.or.jp/contact

衆議院議員下村博文 国会事務所
【住所】〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館622号
参考:(会員限定記事)
今週の直言(会員専用) > Blog article: チベット問題で主張する日本になろう 下村博文
http://jinf.jp/mweekly/archives/6004

衆議院議員 長尾たかし
【住所】〒581-0087 大阪府八尾市明美町1-4-29
【TEL】072-928-5255
【FAX】072-928-5256
【e-mail】nagao.takashi@castle.ocn.ne.jp

国家基本問題研究所(櫻井よしこさんとこ)
【住所】〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目16番5号 クレール平河町801号
https://jinf.jp/inquiry

櫻井よしこブログ
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/contact-us/


■中国大使館
【住所】〒106-0046 東京都港区元麻布3-4-33
【TEL】03-3403-3388
【FAX】03-3403-3381
【e-mail】info@china-embassy.or.jp
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
中国政府によるチベット人弾圧を即刻やめさせてください!!


alco0711 at 13:34│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔