2007年02月07日

前季総括に対する質問・要望

今月初めに前季総括の発表がありましたが
私達が前季最終戦からおこなってきました
池谷監督続投への問題提起に対する回答としては
残念ながら十分に納得出来る内容ではありませんでした

その納得出来ないところについて
本日フロントに質問・要望書として提出しますので
それをここに公開します

私達も何とか今週末に始まる今季の応援までに
この問題について収束させたいので
納得出来る回答を期待したいと思います!!




株式会社アスリートクラブ熊本 御中
平成19年2月7日

2006年シーズン総括に対する質問・要望書(公開)

ウルトラアルデラス
代表 廣原 圭輔

拝啓

 貴下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また、私達サポーターへのご配慮に深く感謝致します。
さて、ロッソ熊本2006年シーズンの総括について、目を通させて頂きましたが、クラブのスタンスや、経営そのものに異論はなく、大いに期待できる内容であったと思います。
 ご承知のとおり、私達は前季最終戦での抗議行動、またその後のサポーターミーティングで上がった質問等で、池谷監督続投について問題提起してまいりました。しかし、今回の総括では、その事については一切の回答を頂いておりません。
 つきましては、下記の通り質問及び要望をご提示致しますので、ご回答のほど宜しくお願い致します。なお、回答につきましては、速やかに文書にて返信頂きます様に重ねてお願い致します。

敬具




 崔が」「どのような理由」で、池谷監督の続投を判断されたのか?


▲璽優薀襯泪諭璽献磧爾量鮨Α紛化部)を置くことを検討されているかどうか?
  もしないのであれば、誰が監督を評価されるのか?

 前季において、池谷監督の現場以外での仕事について、サポーターミーティングへの回答の中で、「少しでも軽減できるように来年に向けて調整中です」とありましたが、これも総括の中では一切触れられていませんでした。また、シーズン途中で結果が出なかった場合、「後任がいないので続投」では話になりません。
そういったリスクマネジメントの面でも、ゼネラルマネージャーの設置を強く要望致します。


C喘監督の前季の総括と、今季の戦略提示はないのでしょうか?

 総括にあったように、「安定して出場出来ない選手」、「確実に点がとれないストライカー」、「精神的にリード出来ない選手」、「34試合を戦い抜ける体力を保持していない選手」と評するならば、そういった選手たちを選び、また育てたのは、間違えなく池谷監督であったと言えます。
 良い選手を使って勝つ事は誰にでも出来るでしょう。しかし、熊本の様な地方都市で、経済規模が大きいとは言えない土壌において必要なのは、弱いチームを勝たせる事の出来る人材であり、またそれが監督の仕事だと考えます。
 厳しいプロの世界ではサポーターが監督の解任要求するのも当然の事でしょう。しかし、ロッソの様にまだまだ発展途中のクラブにおいては、「もう一度チャンスを」というのも十分にあっていいものだと思います。
 ただし、その場合においても、監督としての総括と、今季に向けての戦略提示を、ファンやサポーターに伝えるという事は必要なのではないかと考えます。是非監督からの回答をお願いします。


っ喘監督がゼネラルマネージャーに就任する、という選択はあるのでしょうか?

 私達の抗議行動の発端として、あくまでも噂ではありましたが、池谷監督がゼネラルマネージャーとして就任されるという話がありました。しかし、監督として結果を出していない以上、その上の役職に就く事は、一般常識では考えられません。

以上


alderas12 at 14:57│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by 上村・死刑   2007年02月07日 23:31
とりあえず、こんなことした上村は死刑だな
http://news.livedoor.com/article/detail/3017552/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔