はぐれ者の行き着く先

テレビゲームを遊んで30年、渋好みゲームやりのおっさんがつづるゲームつれづれ記録。
どこにも需要のないどうでもいいことを、ドヤ顔で発信していくスタイル。

当サイトの運営方針について。 必、閲覧願いたし。

●ぶつくさゲーム映像配信中 in Twitch
不定期&気ままに、てきとーにやってます お題なう:フォースアンリーシュド【PS2】

●ウルティマオンライン:
飛鳥、出雲でマイペース活動中。うおみん(フレンド以外は非公開)

●ダークソウル(PS3版):
白サイン(太陽の戦士)HamariMichi
病み村にてレベル35、アノールロンド以降でレベル60。見かけたらゼヒご利用ください

●ドラゴンズドグマ ダークアリズン(360版):
ライリス(Ray) レベル∞(200)のレンジャーガール。検索用ゲーマータグ:HamariMichi
クエスト知識、地形知識コンプ。モンスター知識もほぼコンプ、ゼヒお役立てください

フォースアンリーシュド開始

いやー、寒い。このやたらな寒さにすっかり真冬のつもりで、カレンダーを見たらまだ11月も折り返し過ぎたくらい、というね。こりゃあ今年の冬が恐ろしい、キングフロストが「今年の冬は寒いよ……?」とか言い残してしまうんだろうか。

 今度の金曜日は休みを入れたので、またスパディオでも行ってあったまってこようと思う。あとは平日ということを活かして久々にゆにおん食堂でも行ってみるかな。

・ ・ ・

 先日の五叉路の帰りに、地元のブックオフでスターウォーズのゲームを買ったのだった。ということで、そちら開始してみる。あとついでに第三次スパロボα、これはひとえに加瀬康之師の演じるキャラを操作したいがためだけ。
 ちなみにお値段はそれぞれ1600円、108円。自販機ジュース以下のスパロボ、嗚呼。

 これ、ソウルキャリバー4が出るちょっと前くらいだったかね。キャリバー4に、これのコラボレーションとかで主人公のスターキラー(キャリバーでの名義は『弟子(Apprentice)』)、あとはこまるさんではヨーダ、PS3ではベイダーが登場している。
 設定上ライトセーバーと打ち合えるような武器って、現代の地球上にも存在しえないんで、キャリバー4の舞台の当時に存在するはずもなく。実際に立ち会ったら瞬殺で終わるはずなんだが……まあ、そこら辺はゲームってことで、ふつーにどうでもいい山賊とかにベイダーやらヨーダやらが殺られたりする。ジェダイとは一体なんだったのか、的な光景だ。

 キャリバー4はちょっと怨念強いんでここらでやめて、そのフォースアンリーシュド。カットシーンの雰囲気は完全に本編スターウォーズの雰囲気で、ファンとしては大喜びなんだが、ゲーム本編はちょっとイケてない印象。
 というのが、操作感覚があましこなれてないのよね。プレイ感覚からしてゴッドオブウォーみたいにしたかった気配があるんだが、カメラがマイキャラ追従式でこれがあまり反応よくないのと、キャラそのものの反応もちょっと重め。あと変な同時押し操作が多くて、ややこしい。

・ ・ ・

 それからこれ大事で、マイキャラの格闘があまし強くない。まず威力がダメで、一般兵とかちょっとしたバトルドロイドでも何発か当てないと死なない。ライトセーバーなんていったら、どんなもんでも真っ二つ、みたいな武器なんでね。そんなものをぶん回すんだから、雑魚兵士くらいはバッサバッサと殺らせてほしかったところなんだけど。

 それと、モーションもなんかいまいち。広いフィールドにセーバー持って臨むんだからリーチがないのはまあ当然で、それゆえ攻撃時にも「踏み込んで斬る」みたいなアクションが多いんだが。しかしこれがなんか「帯に短し、たすきに長し」で、遠いところでは届かないし近いと踏み込みが長すぎて隙ができる。
 もひとつ言うと、その振りのモーションが踏み込みのせいで長いから、撃たれたブラスターを弾き返すのも難儀するという。スターキラーくんは未熟だからしょうがないにしても、最初に操作するベイダーも似たような感じってのがほんと悲しくてねえ。一面で五回くらい死んだぞ、おれのベイダーは。

 まあ雰囲気がすごくいいんでね、がんばって遊んでみようとは思っている。しかしけっこう難しいので、道は遠そうだ。

・ ・ ・

 あとダークソウル、相変わらずの白サイン。最下層で呼ばれたときに、一緒に呼ばれた別の白に道を塞がれて階下に転落、そしたらわざわざそいつも落ちてきて延々まとわりつきからのジェスチャー「呆れる」連発、しまいに決別とホストにとっては「大迷惑」としかいいようのない阿呆もいたが、まあ元気にやってます。

 しかし驚いたのは、レベル150でもまだ拾われるケースがあるということ。低レベルのキャラで白をやっても、結局その稼いだソウルは使いみちがないということで「どうせなら、最初に作ったキャラでレベルをあげよう」と思ったのだが、レベル150ともなると次まで15万とかそういう値になってしまう。
 で、こうなるとまとまったソウルをくれるのはボスしかいないわけで、しかしそれをやると周回が進んでしまってさらに大変になると。なら、楽なのは白サインだよなとアノール・ロンドでぼーっと拾われ待ちなんかしてみたところ、想像していたよりもずっと早く拾われたり。
 拾ってくれたホストも、レベル的に確定で周回プレイヤーなんで、任務を達成できればもらえるソウルも多い。うまくボスを倒せたなら、これはいい感じである。まあなかなか拾われはしないがね、機会があるとわかっただけでも上出来だ。

 そうして、拾ってもらったときにたまたまとはいえ闇霊の撃退も成功したりしているので、上機嫌である。UOのスキル上げとか、だるいときの時間つぶしにはとてもよさそうだ。ボチボチやっていきましょう。

厚板(slab)出ない

11月も半ば、2017年もあとひと月ちょっとで終わりかー。早いものだなあ。そうしてどんどん寒くなり、暖かくなってきたと思ったら花粉が飛び交うと。その前に、なんかいい空気清浄機を調達したいところだが。

 この週末はもう正月か? と思わせるような本当に穏やかな日和で、ちょうどいいから戸田公園、五叉路の和歌山ラーメン「麺屋あがら」に出かけてきた。
 前回はうちからだいたい一時間ほどかけて歩いていったのだが、今回は先日買った靴がサイズを間違えてしまっており、足の指を傷めていてちょっと歩きたくない現在なので、電車でゴー。行きは板橋から北上し、帰りは浮間舟渡で降りて徒歩である。
 到着が一時過ぎだったのだが、それでもいっぱいで二十分ほど待ってやっと入られたくらいなので、やっぱり人気店なのだろうね。

 しかし、やっぱり和歌山ラーメンはいいね。何度も話題にしているが、近所にあった「戎」って店も最初はよかったのに、店主が神保町のほうに行ってしまってから味が落ちる一方で、本当なんであんなことになってしまったのか、と残念至極である。
 滅びてしまった店のことは措いて。今回はお目当てのラーメンのほか、店頭に掲出されていたミニカレーも注文。さらに替え玉も頼んだので、相当量食ったことになる。カレーもちょっと辛めの味付けで、非常にいい感じであった。行くのがちょっと大変なのが難なのだが、また行きたいものだ。

・ ・ ・

 で、掲題。
 ダークソウルにおいて、「楔石の原盤(Titanite Slab)」というのが武具の通常強化の最上級素材なのだが、これが通常はなかなか出ない。なんでも出現率が高く見積もっても0.5%だそうで、はこまるさんのときにはこれを取るのに新ロンドマラソン1000本とかやったりしたものであった。

 が、35レベルの戦士、60レベルボツ案魔術師ではなぜかこれが驚きの勢いで出てきていた。確か稼ぎトライでそれぞれ三時間もせずに5つ、6つというような勢いで出ている。
 それでまあ、「こりゃあなんだか運が向いているのかもしれんぞ」ということで新しくこさえなおした魔術師ネオでもやっているのだが、こっちはまるっきり出てこない。
 どのくらい出てきていないかというと、ドロップ対象の敵をすでに300回は殺し、ほかのドロップ品が山を成すほどに出ているのにひとつも出てきていない、という具合。
 特に「楔石の塊(Titanite Chunk)」は現在190個の在庫ができており、さらにほかの武具改造などでも使っているので、実際には250個近く取っていることになる。それでもひとつも引き当てない。ううむ、先のキャラ二人分でトバしすぎたんだろうか?

 こうなると、先に消してしまったキャラで結晶武器の実績は取っておくべきだったかな、などと思ったり。今回は実績コンプはやらないつもりでいるのだが、取れるもんは取っておこうかなあ、と思うのもまた確かで。

・ ・ ・

 まあ、こんなときには地球防衛軍3の実績をコンプしたときを思い出せば、元気も出ようというもの。

Q:100回やってもライサンダーZが出ません!
A:もう100回やりなさい。

 名言である。
 おれの場合は過去書き付けているが、ライサンダーはあっさりと出ていて、出なかったのはプロミネンスの最終モデル。これがとにかく出なくて、対象ステージを本当に100回、200回で回すハメになった。
 あれも手放して久しいが、もう一度やれと言われたら断固辞退、どうしてもというなら給料をよこせと言う。いいゲームではあったが、とにかくアイテム集めが大変なんでもう一度やりたいとはちょっと思わん。

 それと、この土曜日にUOで雑談している傍らで白サインを出していて、けっこう呼ばれるのでそこら辺を話題にしたところ、興味を持たれたようだった。そこで、配信にして見せてみたのだが。

「どうせならなんか喋れw」

 なんという無体な注文か。まあ設備はあるのでやってみたが、仕様の説明をしてみたり、質問に答えたりというのはちょっとおもしろかった。思いの外好反応でもあったし、話し相手がいると事情も変わるかもしれんね。
 しかし、いざ流し始めたらぱたっと召喚されなくなってしまい、仕方ないのでソウル丸損を覚悟であちこちのボスに挑んでみるという方向に転換。結局アルトリウス相手に20万ソウルと人間性13をロストという展開になったが、実に楽しい時間であった。

 それで問題なのは、これが楽しすぎて気づいたら午前四時を回っていた、ということ。つまり、今非常に眠い。ということで、今週はあまり無理せずに回復に努めたい次第。嗚呼、残業とか勘弁勘弁。

 ああそうそう、そのうちダークソウルとあとデモンズソウル、最初からまたキャラこさえて配信ネタにしてみようと思っているので、UO系の知り合いで行き会ったらゼヒゼヒ見てみてほしい。語りはともかく、ゲーム内容は非常に素晴らしいので、いい見ものになるだろう。

ぐったり三連休

空気がもう冬の冷たさになり、日差しの色もいつの間にか冬のそれに変わっていた。これから寒くなる一方なのだろうねえ、ああいやだこと。

 この週末は夢の連休であったのだが、木曜夜にPCがフリーズし、再起動してみたらなんだかとても不穏な挙動になった。それで慌ててシステム修復を行い、一応動くようにはなったのでさてどうなるか……と思ったら、翌朝いきなりのブルーバック。
 これはいけません、ということでシステムのクリーンインストールを試みるのだがこれがなかなかうまくいかず、大わらわ。結局全てが片付いたのが金曜の夜中で、いやー基礎的なPC知識がないとこうも往生するものかね、と思い知らされた次第であった。

 まあともかく再インストールと、おおよその環境復旧には成功しているので、あとはどうなるかの様子見だねえ。いちおうシステム修復ディスクも改めて作成したので、またCDブートに成功できれば今度はもう少しまともな対応ができるんじゃなかろうかと思う。
……いやまあ昨日の今日だし、それ以上にまだまだ頑張ってもらわないと困るんで、ちゃんとした動作を続けてくれる方向でひとつ頼みますよマジで。

・ ・ ・

 そうして昨日は、お祝い気分で友達とビール。PCが直ったということもあってはしゃぎすぎ、また飲みすぎた。さすがにそろそろ学習すべき頃合いだと思うのだが、「楽しい酒」というものは大変うまいもので、どうしても勢いづいてしまう。
 そう、ビールって、なんかうまいのよね。金曜夜あたり、瓶ビールでもジョッキででもいいのだが、一口ぐっと飲んでから深く息をつく、そのときに感じる「味わい」はたまらんものがある。

 まあ、ビールは最終的にけっこういいお値段になるのと、飲みすぎると翌日にバッドステータスで残るのであまり調子に乗ってしまうわけにもいかんのだがね。
 それに、あまり毎日飲むと、健康とかそれ以前に良さがどんどん薄れていく。どんなに好きなものであっても、四六時中触れ続けると慣れてしまってありがたみがなくなるってのは、ゲームにしろ酒にしろひとの厚意にしろ、なんでも同じだ。何事もほどほどに味わうのが一番、あって当然と思うべからず

・ ・ ・

 PC不調からのリカバリーの暇かつめちゃくちゃに苛立つ時間は、ダークソウルでしのぐ。なにしろこのPCを組んでくれたお人がもう連絡のつかない状況になってしまっているので、物理的に壊れてしまうと正直完全にお手上げなものだから、リカバリー中は戦々恐々、非常に精神衛生によくない時間であったのだ。
 そんなわけだから、ちょうどダークソウルという時間のかかるゲームをやっていた現状を、ある意味で幸運だったと思っている。

 白サイン用二人目で作っていた魔法剣士は、60レベル時点でステータス振りに失敗したような感じで、剣も魔法もどっちもダメという手応えになってしまった。そんなわけで、さっさと消去。タイタナイトの厚板を六つくらい取れていてすごくもったいなかったのだが、まあやってりゃまた取れるだろ、って感じのゆるーい見通しである。
 そしてすぐさまキャラを作り直す。再びの魔法使い、今回はソーサリーに比重を寄せて構成していく。武器はまあ、手斧やら半月刀辺りの最低限のものが使えればいいかなと考えて、物理的な能力は控えめに。

 結果、54レベルにしてInt40、Dex30というところに行き着けた。おかげでアウトレンジを維持できれば、ソウルスピアーでものすごいダメージを奪ってこられる。
 ただし、本当にその部分だけに寄せているのでライフやスタミナといった殴る蹴るの格闘に必要な要素は初期状態という有様。白サイン出すのはいいが、本当にあっけなく死ぬのでときどきちょっと悲しくなる。

・ ・ ・

 まあ、あと2レベルくらいは上げてみてもいいのかもしれんのだが。しかし、530のHPが580になったとして、それで即死からは免れられるようになるんだろうかというとまた疑問なのよね。
 ともあれ、いろいろはまず一段落したので、長生きしてくれるように願いつつ、日々を過ごしていくとしましょう。給料出たら、また有給いれてあるからスパディオでも行ってさ。のんびりしてえや、ほんと。

しつこく白サイン(そろそろ飽きてきたかも)

そろそろふとんを干したいと思っていたが、この週末も天気が悪くてがっかりであった。というか、昨日日曜日などは鍋底ぶち抜いたみたいなすごい雨の降り方で、もはや洗濯だ物干しだなどと言っていられる状況ではなかった。
 そうして今日は信じられないような晴れ空だったのが、なんでもまた週末はあまり天気が優れないようで……またラーメン食いに、行きたいんだけどなあ。やれやれ。

・ ・ ・

 で、掲題。相も変わらずダークソウルで白サインに耽溺している。なんのかんので、拾ってもらっての協働はかなり面白いしな。
 ただ、侵入による対人が発生すると、大変よくない。なんかいつ頃からか、対戦やると胃が痛くなって手に震えが来るようになったんだよね。決着がどうなるにしても(一度、しかも明らかなネタキャラにしか勝てたためしがないが)それから三十分くらいは左スティックをまっすぐ上に入れて保持することすらできなくなるので、PTSDとまでは言わずとも、何か似たような精神的なブロックがかかっている、ってのは間違いなかろう。

 記憶を掘り起こすと、都立大に勤めてた時期に、ギルティギアゼクスで「高機動でかき回されてからの無限コンボ死」っていうのを何度か経験したあたりだったような。それまでは割と普通に戦えていたから、どうもその辺じゃないかなあと。
 今にして思えば、どんな手を使っても勝ってやるという、「なりふり構わぬ悪意の押し付け」という一種のプレッシャーに耐えられなかったのかもしれん。もともと勝負強い性格ではないし、好きでもないのでね。

 対戦ものをやっていたのも、高校当時は同好の士が多かったのと、(全員に『取扱注意』という側面はあったが)「勝つこと」よりも「面白おかしく騒ぐこと」のほうに主眼を置いた連中だったということで、あまり汚い手は不文律的に自粛する、そんな環境が心地よかったからというのが大きい。まあ、「ぬるま湯に浸かっていただけ」とも言えるか。

・ ・ ・

 なつかしい話は措く。まあともかく、この週末は雨なのをいいことに、また延々と「白サインを出して放置」という電気代的にちょっといただけない光景を繰り返していた次第。
 これまで使っていた、レベル35の病み村詰めの人はヒットするレベル帯のプレイヤーがちょっと減ってきたものかあまり呼ばれなくなったのと、魔法を使う人を作ろうじゃないかと思い立ったというのもあって、またしても新キャラをこさえた。槍だの手斧だのに魔法エンチャントをかけて使う、魔法剣士的な位置づけである。「剣」は使ってないが!

 今回はアノールロンドから後の、後半面と呼べる箇所を対象にしようと思い、レベル55……のつもりがちょっと欲をかいて60。そのくらいならまだひっかけてもらえるかなという見通しで、しかし正直なところほかのプレイヤーの平均レベル帯がまったくわからないので、これで適正なのかも不明である。
 とはいっても、アノールロンドなんていうと侵入のメッカのひとつみたいな印象で、つまりあまり相性はよくないわけだが……ただ、ボス戦闘は個人的にけっこう慣れてきているので、ソロでボスが苦しいという人間の手助けにはなると思うんだよね。なんつって、ボスまで行き着く前に侵入者に殺されてたら世話ないんだが。

 しかし、どこの面でも病み村や最下層に比べるとぐっと引っ掛けてもらえる率が悪い。レベルのせいもあるのかもしれんが、この場合はマッチングの仕組みがうんたらというよりも「アノールロンド終了後は四つあるステージ全部が突破目標になる」ということでプレイヤーが分散してしまい、その結果単純にひとつのステージにいる人数が少ないということになっておるのではなかろうかと、そんな印象を受けている。
 こうなると、一番面倒な新ロンドでサインを出す、というのが一番拾ってもらえる率が高そうなんだが。こっちはボスに挑むのにアイテムが必要で、それを今は持っていないので「拾ってもらっても死が確定」という切ないことにしかならぬ。あとこの面はアイテム稼ぎをやるとサイン消えるしな……。

・ ・ ・

 まあ、上でも述べたがさすがに拾われ率がよくなくなってきているので、ちょっとやる気が減衰しつつあるのも確かかな。こんなふうにブログやらなんやらいじってるその脇でサイン出して放置、ってのもやってるのだが、なかなかね。
 アレやコレやと色々方向性を持たせられるから、プレイ自体は面白くてしょうがないんだけどね。レベル縛ると周回したときにつらくなるし、どうしたものかなあと。そろそろほかのタイトルに注力するときかねー。

 手元の、期待の星。
・メタルギアソリッド4(ほか、ピースウォーカー、グラウンドゼロというのもオススメされている)
・アルトネリコ3
・ペルソナ5
・アレサ3

 プレイ中(別名:放置)
・アレサ2
・スパロボNEO
・真・女神転生if...

 あとはキングスフィールド2とかファミコン女神転生も捨てがたいものがあり、いろいろ目移りしてしまう。仮にやるなら動画流しつつと行きたいところだが、はてどうしたもんかね。
 そんで、今日は早く寝ようと思ってたんだが、どうもこんなどうでもいいことをだらだら書き付けていると、えらい時間になるわけで。ただこれだけの内容なのに、三時間くらいかかってしまっている、という惨状。ちょっと、ここら辺もなんか改善したいものだが。ああ、眠い。

引き続いて白サイン

またしても週末は天候が崩れた。というか今回は大崩れで、昨晩なぞは基本的に雨の音が入ってこない拙宅ですら雨音が聞こえてきていた。風呂場から外を見ればえらい降りようで、さすがにちょっと不安にもなったり。

 しかし、二週間連続で天気がよくないので、今度の週末はそろそろいい天気になってほしいものだ。また戸田にラーメン食いに行きたいし、そろそろふとんも干したい。ふとん乾燥機だと、そのときは良くてもなんかすぐ湿気る気がするんだよねー。やはり太陽は偉大だ、太陽万歳!

・ ・ ・

 そんなふうに天気も悪かったので、それをいいことにまたしてもダークソウルで白サインに耽溺の週末である。土曜だけで八時間くらいぶっ通しでやっていたりして、我ながら本当よくやるもんだと呆れるばかりだ。

 実は前回の55レベルのキャラは、ソラールの武具が欲しかったのだがフラグの立て方を間違えて生存ルートで決定してしまい、武具がほしい=殺さざるを得ない、ということになってしまった。で、実際に殺してもみたのだが、やはりこう、一種罪悪感というか、あまりきまりのよくない感じにもなるわけで。
 ということで、一度そのキャラは消してしまい、もう一度似たような顔立ちで作り直してみた。前回の経験から、ステータスを上げ損じたと感じたところはちょいと修正し、そして前回病み村辺りでよく拾われたレベル帯は40くらいだったということで、今回は35で固定としている。

 そうすると、最下層〜病み村辺りでは、意外なほどに拾ってもらえる。意外というか、正直なところ想像を絶して多い。前にも同じようなことを言った気もするが、これってもう五年前のゲームなのよね。なので完全に過疎っているだろうと思っていたのだが……人気、あるんだなあ。
 てな感じで、お陰様で相当早い段階で誓約「太陽の戦士」に再び就職でき、その後任務成功で報酬としてもらえる「太陽のメダル」もすでに13個あるので、しくじったりした分も考えると少なくとも二十回ほどは呼ばれていることになるか。

 まあ呼ばれたと思ったら召喚者が闇霊に襲われている真っ最中で、慌てて装備品を変えることになったり、呼ばれたと思ったら召喚者がどこにもおらず、仕方なしにボスのところにダッシュで向かってみるも、結局お別れアイテムで追い返されたりとハプニングもあったりしているのだが。
 しかしそこはそれ、「ゆるいつながり」ってことで、そういうもんだと理解している。白サインなら、しくじってもなくすものはなにもないしな!

・ ・ ・

 ところでこのダークソウルにはチャットシステムは搭載されていないのだが、ジェスチャーである程度の疎通が行えるようになっていると。それもあってか、開幕直後に「一礼」やら「丁寧な礼」やらで挨拶を送る、という光景がしばしば見られる。

 それで、この「白サイン」なんていうとしばしば「召喚者を置き去り、自分のスペックを見せつけるかのように先行して一人で暴れきってしまう」という、いわゆる「杖蝿(強え早えの略らしい)」なんて話が聞かれるのだが。
 しかし自分は最初にはこまるさんで遊んだときの、「手探りの冒険」の味を強く覚えているので、手伝いに入るうえでは「できるだけ、召喚者に『冒険を楽しんで』もらうように」と思って、あまり先行しないように気をつけている。

 そんなあるとき、召喚者がなんだかまごついている様子でくるくる回っていたので、自分も同じように回っていたら、やがて召喚者が「前を指差す」を使った。ナルホド先導しろということね、と。
 ほかにも、自分のほかに別のサインを拾うところにも行き会ったのだが、このサインが回線がよくないのか、なかなか拾えない様子(接続失敗と出て切られてしまうケース、経験あり)。するうち、召喚者が「祈る」を使い始めたので、一緒になってこちらも「祈る」を連発したり。

 そんな感じなので、なんかチャットができないならできないなりに「けっこうなんとかなるものなんだな」、「こういう形での意思疎通もまた面白いものだな」と感じさせられた次第。

・ ・ ・

 ただまあ、さすがに若干飽きてきた感もある。ソウルだけならすでに30万(あと、事故死とかでなくした分が40万を超えている)貯まっているので、50レベルくらいまで上げて場所を変えるか、それともこのまま続けるかというところでちょっとだけ迷っていたり。
 なんつっても、そんなに考えるような重要なことでもないか。適当なところで折り合いつけて、ほどほどに楽しみましょう。

 それともう一つ。UOの話し仲間と盛り上がった話題のこともあって、現在は公開していない本サイトの取りまとめなおしに手を付け始めた。実際始めてみると、HTMLの体裁を整えるだけならさほど時間はかからない感じ。どっちかというと、アイコンなどの画像的な素材を用意するのにえらく時間がかかりそうだ。
 人にこさえさせるってのもアレだし、だからといって自分はデザイン系のセンス、技術がないからなあ。またぞろ古臭いパソを引っ張り出してみるかねえ……。まあそんな感じで、まだまだ時間はかかりそうだが。当事者には気長に待っていていただきたいところ。
記事検索
著作権表記
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
  • ライブドアブログ