(韓国/チョ・ウィソク監督/劇場/★1.5)
『ひとまず走れ』観てきました。
いやぁ。いつもながら、韓国映画(ドラマ)って実年齢を激しく無視して高校生役させるのぉ。2時間見れば目になじむかと思いましたが、最後まで高校生には見えませんでした(笑)
すごく面白い映画だったら、今頃ではなく、もっとまえに日本で観ることができただろうから、そこそこ覚悟はしていたんですけど、ね。

劇場で沸く笑いにことごとく乗り遅れ、ならば、スンホンに集中だっ!と自分に言い聞かせてみたけれど・・・どうにもこうにもなんともかんとも。
どうして?なんでみんなあんなに笑えたの?

新宿面倒だよぅとブツブツ言いながら、しっかり公開3日目に行くくらい、スクリーンでスンホンを早く観たかったことは確かなの。『バンジージャンプする』とどちらを観るか悩んだけれどやっぱりこっちだったの。
でも、私には面白いと思えなかった…。
彼らが走りだすまでが「ひとまず」どころか結構長くて、その後のテンポも悪くて途中で飽きてしまって。

鑑賞後の満足度が低くて、うっかり、夏香トランプを買いそうになっちゃったよ。
あぶないあぶない(笑)トランプなんて買ってどうするんだよ?

座席は、8割方埋まってました。まずまずでしょうか。
私にとっては、レディースデイで、いや、DVDでおうち鑑賞で充分な映画かな。

このtrailerのBGM、「バスケット・ケース」という歌なんだけれど日本版では曲変えられた??どこで流れるか、すごい楽しみにしてたのにー。
韓国版ではどこで使われていたか、わかる人教えてください…。