2012年04月02日

jpg-large某市で公務員になります!!

この資料を本物とみるか、偽物とみるかは、あなたにまかせます。

 


aleksandor at 00:11コメント(0)トラックバック(0) 
日常描写 

2012年03月30日

 プリキュアNS見てきました!

映画「プリキュアオールスターズ New Stage みらいのともだち」
http://www.toei-anim.co.jp/movie/2012_precure_allstars/ 

 初めてプリキュアの映画を見たけど、結構楽しめたよ。最低でも前作の「スイート プリキュア!」と今作の「スマイルプリキュア!」を押さえていれば楽しめる出来。幼女の「プリキュアがんばれー」声がちゃんと出てれば、もっと良かったかも。その意味で、ライブに行く大人は「声を出す場面」を心得てるな、と思った。
バイザーとミラクルライトって、小さいお友達じゃないともらえないのね……がっかり。僕もミラクルライト振ってプリキュアを応援したかったのに!!(マジで。)次行くときは白のリウム持って行こうかな。マジで。

この公式サイト、カーソルにキラキラがついてて、昔のネットを思い出させるなあ……こんなんあったなあ。懐かしい……。

<ネタバレ注意>
<さっそくネタバレ>ピースがあざとい
 
続きを読む

aleksandor at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ 

2012年02月23日

「変態」とは何か? 

 よく「変態」という言葉が使われるが、「変態」とは何のことなのか考察したい。なお、「変態」として自薦も他薦も無い者を便宜的に「健常者」と呼称する。

α・自称「変態」
β・「マジキチ」
γ・表面的自称「変態」
δ・健常者に潜む変態性

・自称「変態」
 もっともよく遭遇するタイプの「変態」は、次のような人である。
自分を「変態」だと紹介している。
エロい事ばっかりPOSTしている。
おっぱいとかせっくすとか連呼している。
これらはずばり「変態」ではないと思う。上の3例は単なるキャラ付け、しかもほぼ自称でリアリティがない。言うならば、「俺昨日『けいおん!』見ちゃったわー俺マジオタクだわー」と言っているリア充みたいなものである。知っての通り、そう自称する彼を「オタク」(≒『変態』)と呼ぶのはリア充(≒健常者)のみだ。これらがネット上でよく見かける「変態」と言うのだから、「変態」もライトになったものである。言葉自体が色あせており非常にばかばかしい茶番じみた響きにしか聞こえない。
とはいえ、一応、例外をγで取り上げるとおり、自称「変態」全てが変態ではないと言うわけではない。

・「マジキチ」
次に、「マジキチ」と言われる人がいることを紹介する。
「マジキチ」は「マジでキチガイじみてるからやめろ」の略なのだが、ここではそのように言われる者を便宜的に「マジキチ」と呼ばせてもらう。
「マジキチ」たちは、僕はかなり「変態」に近い存在だと思う。「マジキチ」のネット上での行動は、周りの健常者から見て異様であるという点が非常に重要である。αで述べた自称「変態」は、周りの者にも理解ができる性癖範囲でのみ行動するので、区別される。αの「変態」は自薦のキャラ付けであるから、健常者が「こいつエロい事しか言わないし、マジ変態だわwwwwww」と言ってくれなければ意味がないのである。だから、健常者から見る「変態」性を演じているだけで、そこにはもはや「変態」はいない。
対して「マジキチ」は、健常者には理解が及ばない領域で性的興奮などを得る。たとえば軽めなあたりでいうと人肉食だとか、食糞とかあたりだろうか。彼らの興奮は健常者では共有できず、「マジキチ」とこぼすくらいしかない。よく見よ、目の前にいるそいつらが真の「変態」だ。

・表面的自称「変態」
 次に、αの特殊な例を挙げる。αは「自分で自分を『それほど変態だと思っていない』」者たちだが、γは「自分で自分を『かなりのレベルの変態だと自覚している』」場合である。
例えばここに、好きで好きで仕方ない異性を緊縛して犯しその過程で首を絞めて殺してそのまま屍姦することでしか興奮できない「マジキチ」がいたとする。彼らはほとんどの場合、ネット上、特にSNSではその真の性癖を表に表わすことは無い。なぜなら、書きこんで誰かが読んだ時点で「こいつは『マジキチ』だから関わらない方がいい」などと受け止められ、コミュニケーションに支障が出るからだ。彼らの一部は、それでも他人と交流を持つため、自分の性癖を明かさずにSNSなどに出る。この際、ほんの一部だけ彼の変態性を表した場合、それが「おっぱい」とか「せっくす」とかである可能性がある。結果的に、γはαの中に埋もれる。

・健常者の中に潜む変態性
 以上の例を見ていただいたが、僕の変態に対する観点は理解いただけただろうか。βとγが僕の考える変態である。
世間で使われる「変態」というのはせいぜい「エロい人」なだけであって、僕にとって彼らは全然変態性癖を持っていない。まあ別に、彼らが「変態」を自称して、周りがそれをはやしたてて、両者とも喜んでるから、僕が水を差す事でもないのだが……。
ところでエロい事以外にも、「変態」が適用できるとしたらどうだろうか。健常者が理解できないレベルでメロンソーダを何Lも飲みまくる男、健常者が理解できないレベルでアニソンに執着する男、などなど健常者と比べて少しでも突出していれば「マジキチ」と言われる可能性はある。僕は、このタイプもまた、変態であると思う。ただしこの議論は、「常識とは何か?」というさらに概念的な話に発展するので、この場は以上にとどめておく。ゆくゆくはこの議論もすることになるだろう。

aleksandor at 03:54コメント(0)トラックバック(0) 
駄論評 

2011年12月10日

ギャルゲーをアニメ化すると、かなりの割合でテンプレートなストーリー展開になるのは気付かれている方々も多い事だろう。
ここでは、軽く頻出する分類を考えてみる。

・用語などの定義
攻略する:ヒロインの悩みや抱えている問題などを解決し、主人公に惚れさせること。
メインヒロイン:唯一の、作品の主ヒロイン。最終的に主人公とくっつくことが多い。
カウンターヒロイン:第二のヒロイン。メインヒロインと主人公との人間関係が密接。
サブヒロイン:メインヒロイン、カウンターヒロイン以外のヒロイン。
 
続きを読む

aleksandor at 23:36コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月28日

魔法少女まどか☆マギカ
 「魔まマ」という略し方は自前で思いつきましたが、公式なんでしょうか?ちなみに「おちんこ」は2chまとめブログで見ました。
今のうちにメモ。

「魔法少女まどか☆マギカ」(〜8話)

続きを読む

aleksandor at 13:04コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ 

2011年01月09日

麻奈美
 4人目「俺の嫁」候補です。ちなみにこれまでの候補は、黒沢みなも(あずまんが大王)、近衛七海(ラムネ)、千葉紀梨乃(バンブーブレード)です。ただし2〜4人目には理想的ダンナがいるので、僕の嫁はいまだににゃも先生のままなわけです、はい。これまでに見てきた幼馴染の中でもトップクラスに理想形です。金田一少年の事件簿の美雪は超えました。

 僕の中での幼馴染評価で高得点なのは、まず「1,昔から連れ添っており、ほとんど離れたことがない」という点です。このポイントを理解していない幼馴染は多く、半分以上の幼馴染キャラが脱落します。FAの感想の時にも書きましたが、幼馴染としばらく離れて暮らし、互いに生活が変わってからまた会うのでは、せっかく「馴染んだ」関係が無に帰してしまうのです。幼馴染キャラは思い出がどうのとか懐かしいからこうのとか言ってますが(あそびにいくヨ!とCanvas2)本質は「馴染んでいる」ことなんです。極論を言えば、主人公が記憶喪失になって、それでも染みついた生活習慣に、気づけば幼馴染がいる、くらいの幼馴染でいてほしい。ぶっちゃけ、幼馴染(「幼」い頃から「馴染」んでいる人)でなくても、「馴染んで」いれば僕のストライクゾーンです(こみパの高瀬瑞希など)。

続いて「2,異性という前に、幼馴染」という観念を持っていることは大きな得点になります。1,の点で優秀だった金武城真奈美やアマガミの桜井梨穂子はここで脱落です。真奈美は騎央を完全に男として見ているし、梨穂子は進行形の初恋とか。うーん違うんだよな、主人公が着替えても気にしなかったり、同じ部屋に寝ることに抵抗がなかったりするのがいいんですよ。
男として見ていない状態→意識してドギマギ(場合によっては主人公も取り乱す)→意識はするけどやっぱ元の通りがいいわ→ケコーンというのが理想像です。デレ→ツン→デレ、とはまた違う変遷がですね、あるんですよ。麻奈美はこの理想像にかなり近い!シナリオ的にはナナミーより近い!総合評価はナナミーに届かずとも、家族どころかクラスでも二人の仲は公認だし、桐乃や黒猫などラディカルなふるまいをする奴らもいるので進展が期待される。もう早く結婚しろよ。あるいは結婚するな。30過ぎてお互い何もなければ、話はすんなり決まるだろ。

 語りまくったが、つまりは「完璧幼馴染」ってこった。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(GOOD END)
続きを読む

aleksandor at 11:06コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ 

2011年01月08日

マヨラーーーーーーーーーー
うそーーーーーーーーーーん
ノーパーーーーーーーーンツ

いや、意外と面白いんですよ、ほんと。
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」〜12話
続きを読む

aleksandor at 19:17コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ 
 ニュー速公認漫画で「とにかくつまらない」という評判だったのに、意外なほど面白くてビビりました。こんな意外性は「くじびきアンバランス」以来です。
「オチが無い」ことで有名で、しかしイカ娘のかわいさがそれを補って余りあるマンガなのに、アニメスタッフによってオチを洗練してもらったイカ娘に死角なし。2010年秋アニメの中でトップクラスに面白かったアニメと断定していいと思います。

「侵略!イカ娘」
続きを読む

aleksandor at 16:10コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ 
 ざくろの表記が、本編では「母桃」なのにEDでは「柘榴」。
EDの歌詞を書く人より、本編を描いた人の方が厨n……ん?誰か来たようだ。こんな時間に……?

「おとめ妖怪ざくろ」
続きを読む

aleksandor at 14:56コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ 

2010年12月26日

 可も無く不可も無く。
いや、全部優と良ってわけじゃないですよ?

「Fortune Arterial」感想
続きを読む

aleksandor at 07:31コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ