G大阪 2-1 FC東京

上位争いの
試合内容なんすけど。
何で残留争いしてたんだっけ。
ふしぎ。

FC東京
GK林
DF室屋、チャン、森重、太田
MF東、米本、高萩、大森
FW富樫、D・オリベイラ

FW一美、アデミウソン
MF倉田、遠藤、高、藤本
DFオ、ファビオ、菅沼、三浦
GK東口
G大阪

試合後の円陣で、
ツネさんは何を言っていたでしょう。
予想3択。

1.1本でしょうか2本でしょうか
(指を左右に激しく振りながら)

2.1つ勝っただけだ、次もいくぞ!
(2勝目を意識し指を立てながら)

3.1回だけ、1回だけだから!
(ラブホ街で土下座しながら)

FC東京、つええっす…。
広島より数枚強い。

ガンバの守備が弱いのでなく、
FC東京の攻撃が強い、
という所感。

中断前は、ボールを持っても、
何ら怖くないチームだった。

中断明け、非常に良くなってる。
ボールを保持しての攻撃で、
破壊力が増している。

その中心にいるのは、
D・オリベイラ。

SMF(大森・東)が、
SBとマッチアップし、止める。

SB(室屋、太田)が、
SMFとマッチアップし、止める。

その間隙、DMF/SMF/SB/CBの、
間のギャップに、
D・オリベイラが入ってくる。

誰も対応できない。
無理にファビオが付いていくと、
守備組織を崩壊させられる。

うっはぁ。

しかも、これ、
オリベイラでなくても、
富樫でもできる役割。

オリベイラ頼みに見えるが、
構造的に狙ってるよ、これ。

また。
SMFがワイドに張ったとき、
SBのアンダーラップで
マークを剥がす狙いもある。

FWに当ててから、
SMFが中に入ってサポート、
連続的に逆サイド展開、
とかいう狙いもある。

強いよ。

フィニッシュ近辺での、
エリアの使い方が、
微妙に雑なんだけれど、
でも、強い。

健太さんと丹羽、それにリンス、
特に大森には、
優勝を獲って欲しい。

ガンバは、
このFC東京の攻めに対し、
対策を打てない。

SMFとDMFとの間を通され、
チャンスメイクされ放題。

SMFを中に絞らせるか、
DMFを2m外に位置させるか。

どっちかなんだけど、
どっちもしんどいわ。

ガンバの攻め手としては、
アデミがオリベイラ役。
もっとワイドにも開くけどね。

アデミが収めるか、
藤本が前を向いて受ければ、
高確率でチャンスメイクできる。

そこまでのボール経路も、
FC東京に似た発想。

ワイドに引きつけておいて、
SMF/DMFの間を空けて、
パスを通す。

前半終了間際、東OUT田邉IN
東は怪我。

65分、富樫OUTリンスIN
72分、大森OUT永井IN
1−4−2−1−3系。

72分、藤本OUT高江IN

藤本OUT前の時点で、
藤本、高、倉田で中盤の底、
遠藤と一美との2シャドーでの、
1−4−3−2−1系を意図、
しかし、意図がなかなか伝わらず。

結構我慢したなーって印象。
上述のように、SMF/DMFの間を、
パスで通されていたんで、
SBは捨ててしまえ、中を固めろ、
CBとDMFとをシャドーで見ろ、
っていう意図だと思う。

が、伝わらず。
即興のアイディアだったのかな。
準備不足だ。

76分、倉田OUT小野瀬IN
小野瀬は左MFに入る。
一美が右MF、
遠藤とアデミの2トップ。

81分、一美OUT米倉IN
米倉の右MFか?と思ったが、
米倉はDFラインに入り、
1−5−3−2系。

そして、クソみたいな失点後、
ATに決勝点、っていう。

他は…何に触れておこう。

三浦の右SB、非常に良かった。
テクニカル丹羽大輝。

A代表に呼ばれたとき、
右SB兼任CB枠で、
丹羽と同枠だな、的に書いたが、
要はそれだなー。

ごそごそ。
November 01, 2017

三浦は、ガチなCBとしては、
欧州トップレヴェルとの比較で、
少しだけ体格が足りない。
(速さ、ドリブラ対応力は、
普通にワールドクラスだと思うけど)

でも、SBも水準以上にできるんで、
うっかりSBやらせたら、
一瞬で国外に持っていかれるぞ、
って、以前、書いた記憶。


これしか見つからなかった。
あれえ。

リオ五輪予選では、
井手口とともに、左SBでテスト。

ガンバでは、昨季、
アウェイ柏戦で、
右SBをやってたと思う。

三浦の右SB起用は、
大森対策だった気もする。
三浦って、大森タイプは、
大好物でしょ。

大森は、左MFでの起用。
おそらくだが、健太さんの温情。
大森に得点させたいんだろうな。
実際、大森に決定機が2個ほど。

大森が右MFに回ってから、
可能性の高いクロスが連打され、
危機的状況に陥った。
大森は右だよ、やはり。

そして、J1デビュの一美。
U-23の試合よりも、
中央エリアを離れず、
CFWとしての役割を重視。

何か最近、サイドゾーン、
要はペナ隅付近での、
チャンスメイクに挑戦させてた。
あれ、適性ないと思うけど。

今回は、ボールから見て、
ファーにポジションを取る傾向、
だが、死角に入りきれてない。

ストライカとしては、
もう少し、ポジショニングに、
工夫が必要だね。

他は、試合終盤、
ハイテンションに呑まれて、
高江くんが荒ぶってたな、とか。

ここ数試合のアデミと藤本とは、
獲得当時の期待に応えるほどの、
ハイパフォーマンスだね、とか。

米本は、やはり、パス部分が拙く、
橋本が居なくて助かったな、とか。

それくらいっすかねー。