2017年11月23日

勤労感謝は鉢を取り込む日

今日は、勤労感謝の日。生憎の雨降りである。
横浜でも、そろそろ霜が降りるので、何となく、この日は耐寒性のない鉢を屋内に取り込む日である。

2007年11月23日
勤労感謝は鉢を取り込む日

juneberry1123
横浜もここ数日の冷え込みでイチョウやモミジも色付いてきた。我が家には、あまり紅葉の奇麗な木が無いが、鉢植えのジューンベリーの葉が赤く染まった。花の無い季節ゆえに、赤い葉がひときわ映える。

coryline1123
毎年、だいたい勤労感謝の日には耐寒性の無い鉢物を家に入れたり、2Fベランダに移動させる。
今日は頑張って鉢の移動をするか・・。

sendan1123_ms
チョコレートネムやセンダン等のカラーリーフも間もなく落葉する。

table1123
ダイニング前の景色も、なんだか寒々しい。これから春までの間は、ガーデニングblogは、まさしく冬の季節でアップするネタも少なくなってくるし、アクセスも減少する季節だ。年末にかけて忙しくなるし、まあ無理せずにのんびりマイペースでいこう。


2009年11月23日

table1122c_ms
この春に作った大理石のテーブル、いつしか鉢置きになってしまった。もともと屋内用なのだが、12月に入ると、この場所に簡易温室を作らなければならないので撤去しないといけない。クソ重いのだ。撤去前に一つアレンジしてみよう。秋が深まり庭がやや暗くなりがちなので、ツンツン系の葉っぱを集め、赤・青・白とはっきりた色のポットで、モダンオーストラリアンっぽくしてみた。

table1122a_ms
グラスツリーがデカ過ぎてやかましいので、撤去。アガべだけにしたらスッキリした。背景の木性羊歯ディクソニアが剣葉を引き立てる。

agave1122_ms
今年、鉢を大きくしたら、急にデカく成長した。アガべもデカくなるんですね。しかし、狭い庭でしょっちゅう刃先がフトモモに当たったりして痛い!

agave1122b_ms
この赤い容器。実は花器です。草月に通い始めて屋根裏から引っぱり出したが、置き場がなくて・・・・.

garden1123_ms

小雨の降る、肌寒い朝の横浜である。庭も秋色から冬色に変わりつつある。

hosta1123_ms

ホスタもすっかり色づいて、4月から8ヶ月間のお務めを終え、冬の眠りに間もなく入る。

nerine1123b_ms

そんな暗く寂しい庭にパァーと明るく輝きを与えてくれるのが、ダイアモンドリリーだ。

nerine1123

数鉢が、ポツポツと咲いてくれる。

america1123_ms

昨日は、お仕事を終わってからカミサンに車でピックしてもらって、一緒に都内まで弦楽アンサンブルの練習に。ボクは昨日に、続いてのアンサンブルで、お疲れぎみ。でも、終わってビール飲んで回復!
クリスマスコンサートまで、あと一ヶ月。明日は、大学のOBオケ、来週は慰問演奏会と、練習課題が山積み状態で、ヴァオリン漬けの日々が続く。




br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はモダンにクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:43|PermalinkComments(0)

2017年11月22日

ノンビリがいいね♪

mejiro1122b

部屋からユーカリに来るメジロの写真を撮るのが毎朝の日課になってしまった。今日は6羽のメジロが来ている。今日は寒いし、ガラス戸を閉めたままなの撮影なので、ちょっとボケている。しかし、2〜3メートルの距離で見ていて飽きない。すぐに30分くらい経ってしまう。ということで、今日はもう9時近く。
この1カ月、色々あって、仕事も減らして、この3日間はノンビリ。散髪に行ったり、「様々な」病院の定期検診の予約をしたり・・・、時には、のんびりしないとね。

pinkbottle1122ms

ピンクのボトルブラシがまだ咲き続ける。

streli1122ms

ストレリチアとグレヴィレアが共演。

lemon1122ms

レモンも黄色く色づき、そろそろ食べごろ。我が家の庭は、この時期がのんびりと気持ちよく、寛げる季節だ。

coco1121

ボクは公園の散歩が寛げる時間なんだ。

過去ブログから

2009年11月22日
光で描く庭

grasstree1121_ms
昨日は晴天で午後4時ころの日差しが紅葉した庭の草木を照らし、この季節ならではの光と植物の芸術を創造していた。ボクはカレコレ10年近く、自分の庭の写真と撮っているが、光の変化で植物が変身する姿にいつも感動してしまう。グラスツリーに夕陽が当たり、まるでグラスファイバーのように輝く。

grasstree1121b_ms
このシーンは以前、朝に撮った写真をアップした記憶があるが、全然異なる光景だ。光によって、これほどまでに表情が変わるものだ。

grass1122_ms
先日、アメリカの園芸雑誌 Fine Gardening
をお薦めしたが、この雑誌のウェブサイトに庭の写真の撮り方のページがあるので興味のある方は、お読みください。↓
http://www.finegardening.com/how-to/articles/garden-photography-tips.aspx
この記事の中に
The word “photography” means writing with light, and finding the best light to show off your garden is the key to making beautiful pictures.
とあり、たしかにphotoには光の意味もあるし、書道の事をCalligraphyと言いますね。
日本語では写真と真と写すのだが、英語で“photography”は光を書く(描く)のだ!
日本語にすると写真ではなく光描かな?
ああ、一つ賢くなった!

smoketree1122_ms
スモークツリーの葉が夕陽に映える。数日後にはもう散ってしまうだろう。そんな儚さを隠すように夕陽をいっぱい浴びて最期の輝きを見せる。

hosta1122_ms
ホスタの寒河江も初夏に見せたあの元気はない。しかし、この瞬間だからこその美しさがある。
ガーデニングの楽しみ方には、ただ花を楽しむだけではなく、光を楽しむガーデニングもあり、なかなか奥深い芸術の世界がありますな〜。


2005年11月22日
サフランが咲いた。

25b3a59d[1]

いつぞや、男の料理で本格的なサフランライスを作ろうと思ってサフランをスーパーに買いに行ったら、ベラボウに高くてぶっ飛んだ!ホンの少量で千円以上もして、結局、貧乏父さんは、サフランライスを作ることを諦めてしまった。いつも思うのだが、この花の雌しべを収穫して乾燥させて保存をして、いつしか自宅の庭で収穫したサフランの雌しべで「夢のサフランライス」を作ってみたいと思うのだが、狭い我が家の庭では、十分な量が確保できない。サフランがいっぱい咲く、広い庭が欲しい!


br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は光描のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!




alexgarden at 09:00|PermalinkComments(0)ガーデニング | オージープランツ

2017年11月21日

ユーカリとメジロの貴重映像

euca1121ms

今朝は、庭のピンクの花のユーカリ(Eucalyptus sideroxylon rosea)がほぼ満開だ。

DSC_0162eumeji1121ms

今年は、メジロが多く、毎朝、賑やかだ。小鳥というのは可愛くて見ていてあきない。メジロはほぼ中央です。

mejiro1121ms

ところで、このピンクの花のユーカリ(Eucalyptus sideroxylon rosea)は、種を20年以上前に輸入して育てたものだが、日本ではまだ、極めて珍しいようだ。更に、庭で育ててメジロが蜜を吸いに来る家というのは、日本には他にはないかもしれない。オーストラリアにはメジロは生息しないから、世界的にも珍しい写真かもしれない。

ということで、2013年の記事もアップしよう。


mejiru1123b_ms

この1ヶ月余りの、ボクの毎朝の楽しみは、ユーカリの花の蜜を吸いに来る、メジロをデスクから眺める事。見ていて飽きないので時間が経つ事を忘れてしまう。昨日、時間があったので、数枚の写真を撮った。(昨日、撮って、FBにアップしたもの。)コレ、綺麗に撮れた!

mejiru1123a_ms

思えば、18年前にオーストラリアから、種を輸入して育てたユーカリがこうして、2階の窓の高さに花を咲かせるようになり、メジロが沢山蜜を吸いに集まって来るようになったのだ。庭作りは歳月そのものであり、主の人生を映す。

mejiro1123c_ms

オーストラリアでは庭木に鳥が集まる木々を植える価値観があるが、まさか、ユーカリにこれほどメジロが集まるとは思わなかった。

mejiro1123d_ms

自然の小鳥に美味しい蜜を提供出来て、毎朝、こうしてカワイイ姿を鑑賞出来る事に、ほんの小さな豊かさと幸せ感を感じる。

mejiro1123e_ms

ガーデニングには人夫々に、様々な価値観があるが、自然と触れ合い、お金では買えない豊かな時間と庭主のオリジナルな空間を創出することにボクは魅力を感じる昨今である。年齢と共に価値観も変化する。

mukudori1123_ms

時々、少し大きなヒヨドリがやってくると、メジロ達は逃げてしまう。でも、ヒヨドリも喰い散らかす事なく、器用に蜜だけを吸って去ってゆく。そしてすぐにメジロ達が戻って来る。

euca1123_ms

今朝も快晴!ユーカリが沢山の花に甘い蜜をいっぱいにたたえて、小鳥達が食事に来るのを待っている。

coco1122

ボクの犬種ヨーキーとユーカリも珍しい映像かもね。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は甘いクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!






alexgarden at 08:38|PermalinkComments(0)ガーデニング | ユーカリ

2017年11月20日

パンジー・ビオラから手抜き植物へ

毎度、12年間の同じ日のブログをザっと見て、今日のテーマを決める日々だが、以前は、つまり17〜数年前までは、この時期は、パンジー・ビオラのオンパレードだったが、この数年は、すっかり手抜きのユッカやセダムに替わってしまった。

yucca1120ms

これが今朝の、かつてはパンジー・ビオラが植えてあった鉢。おまけに、ニコンを出すのが面倒なので、スマホでパシャ!すっかり手抜き。

2015年11月20日
多分、2015年の夏の花から手抜きが、始まったのだと思う。

yucca1120_ms

毎年、夏にはペチュニア系の花を植えていたが、いい加減、飽きたし、夏の水やりや花殻積みが面倒なので今年は、ユッカ・アロイフォリア斑入り(Yucca aloifolia variegata)とセダムで手抜した。
少々、乾いても枯れる事はなく、今も元気。

yucca1120b_ms

そういえば、もう20年も前に買った、ユッカ・エレファンティペス斑入りYucca elephantipes variegata)も鉢植えなのに殆ど放置状態で元気だ。

yuccamiddle1120_ms

今年は、幹から子供も顔を出した。可愛い。

Yucca filamentosa1120_ms

小淵沢のミヨシ・ペレニアルガーデンの今期の営業最終日に半額になっていたYucca filamentosa 'Color Guard' を買ってしまった。ユッカやアガベがますます殖える男庭である。


以下は、2006年から数年の記事。

viola1120a
昨日の続きだけど、パンジーやビオラは、来年5月まで育ち、咲き続けるので大きく成長する。花苗を大きく育て立派に花を咲かせるには、予め大きめの鉢に植えておく必要がある。

viola1120a
ところが、当初はスカスカで寂しい。そんな対策として、ボクが毎年やっているのは、周りに白砂利を敷いて鉢と石とビオラで美を表現するのだ。石と土が混じらないように、不要になった網戸を使用する。

viola1120b
そして網戸のネットに上に白砂利を敷くのだ。

viola1120e
それだと土もたっぷりあり、大きく育つ。

viola1120c
来年3月頃には砂利が隠れる位に立派なヴィオラのコンテナに仕上がる。ちなみに苗代は5株で220円程度だ。白砂利はもう数年使い回している。
この青い陶器と白砂利リセットは他の使用方法として、多肉植物等はコンテナごと中に埋め込むこともある。

pansy1121b
先日、大人買いした1ケース24ポットで1050円で買ったビオラとパンジーを植えないといけないのだけれど、植えるためには、夏に使用していた鉢の土を取り替えないといけないので、結構、大事だ。土を取り替えると言っても、今まで使用していた土を再生用のコンポストに入れ、もう一つのコンポストで出来た堆肥と再生土で植えてゆく。毎日、カミサンとボクで出勤前とか、ほんの少しの時間を見つけてボチボチと植えられてゆく。

pansy1121a
昨日も書いたが、大きく育てるには大きめの鉢に少なめの株を植える。園芸は育てて楽しむものなので、今よりも数ヶ月後の美しさを求めた方が遥かに夢も膨らみ楽しい。最近、その時限りのコンビニ的刹那的ガーデニングが主流になり園芸青愛好家としては寂しい。

arissum1121
アリッサムは寄せ置き用に一鉢に一株植えた。コンテナ寄せ置き用の素材を用意しておくと、自由に組み合わせる幅も広がる。

2008年
viola1116b
今年も、パンジーやビオラが園芸店の店頭を賑わす季節となった。昨年あたりから出回っている、キャラクター苗は今年は更に勢いを増したようだ。ボクにはどうしても理解できないのだが、リカちゃんパンジーや、キティちゃんビオラが何故売れるのだろう?初恋草同様に、乙女心をくすぐるのだろうか?(写真は28鉢1000円でゲットした、今年のビオラ)

viola1116b
人それぞれだし、キャラクター産業が潤って、まあ経済法則からするとよい事だが、一鉢350円もするビオラとかより、ボクは質実剛健な1ケース(28鉢)で1000円の苗を選んだ。キャラクター苗3本か、質実剛健な品種28鉢のどちらを選ぶかは人それぞれの価値観である。園芸はショッピングを楽しむのではなく、育てて美しく咲かせて楽しむものだ。(一鉢35円!)

viola1123a
ボクはキャラクターやブランドに惹かれて苗を買う人々が、本当に自分の価値観を持って、自分らしい園芸を楽しんでいるのか疑問に思ってしまう。まあ、やたらブランド品が尊重される日本の大衆文化だから仕方が無いのかもしれない。(早速、幾つか和風に植えた。数ヶ月後には豪華に育つはずだ)

viola423
平凡な品種でも、育てる人の感性や技術でいかようにも見せることが出来る。過去のビオラ・パンジーをアップしておこう。(昨年はブラックビオラ3本とアリッサムを和風のコンテナに植えた)

pansy326
人がお洒落をしたり個性を表現するとき、人間の持つ知性や内面そのものと、そのファッションセンスで大分、印象が異なるものである。パンジーやビオラのように平凡な花は、見せ方によって安っぽくもなるし、個性的にも豪華にもなるものだ。それは夫々の個性や創造性である。(コレももとは35円!)

園芸もブランドに依存するより、やはり質実剛健に自らの感性や創造性で表現したいものである。

coco1119

僕は、カッコイイ庭も、お花いっぱいも好きだよ。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は質実剛健なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン! 久々に3位に返り咲き!花の中年トリオ復活なるか!?束の間の中年の狂い咲きか?

↑2006年の11月20日をコピペしたのでだが、当時は、ランキングもトップグループにに中年男性陣が君臨していたのだよ。

alexgarden at 08:37|PermalinkComments(0)ガーデニング | 草花

2017年11月19日

ダリアとBBQ

過去12年間のブログにこの時期は、実に多くのBBQとユーカリが登場する。今日は、ちょっと華やかな最後のダリアと、BBQの組み合わせ。

2014年11月19日

daharia1112b_ms

ダリア花壇で最後に咲く、ウエディング・マーチ。木々は既に紅葉。

daharia1120_ms

陰で暗くなっていたので、強制フラッシュで撮影してみた。何故か空が青く写った。

Daharia1119b_ms

6月から長い間、楽しませてくれたダリア花壇も、数輪を残すだけだ。

Daharia1119_ms

この職場も今年が最後かも知れない。さらばダリア。

koutei1119_ms

ついでに皇帝ダリア。

dahriakyukon1119_ms

来週は、小学生の職場体験で、この花壇を使用するので、ダリアの球根を掘り上げた。

ainosono1119_ms

「愛の園」は毎年、沢山の球根が収穫できる強健品種だ。愛は強い!

2013年11月19日

sky1118
昨日は小春日和のバーベキューに最適な天候だった。家族も全員揃っていたので午後はバーベキュー♪
青空にジャカランダ、グレヴィレア、ユーカリの木々が映える。
普通は花の少ない季節だが、我が家ではユーカリやストレリチアやボトルブラシの咲く、お花見シーズンなのだ。

lamb1118
今回はラムに挑戦!いわゆる骨付きのラムチョップは美味しいが日本では高い!それで以前から気になっていたコストコで売っているチルドのラム肉の塊に挑戦してみた。オーストラリアでバーバキューにラムはポピュラーだ。なにしろ安い!1.3kg程の塊が約1000円だった。スライスするとこんなにある。

bottle1118b
ボトルブラシが次々と咲き続けている。

bbq1118
今回はストレリチアの咲くダイニング前の狭いテラスで実施。

euca1118
ピンクのユーカリ、Eucalyptus sideroxylon rosea。が満開を迎えた。

lamb1118b
ラム肉は塩、胡椒とハーブで味付けをして炭火で油を落とすと美味しく食べられる。やわらかくラムチョップとほぼ同じ味だった!やった〜!

euca1118b
Eucalyptus sideroxylon roseaはこんな風に咲く。

shell1118
ホタテの殻付きが1個100円でスーパーで売っていた。美味しい!そして生ソーセージ。
アルミの中は、カミサンと娘のリクエストで焼き芋。最近のサツマイモは甘い!

mikan1118
デザートは庭からミカンをもぎ取って食べる。年々、木が大きくなるとともに甘くなってきた。

euca1116_ms

ユーカリの花も見頃。

eucalemon1116_ms

レモンが日々、色づいてゆく。

2006年11月19日のBBQ

hamaguri1116_ms

昨日は、りっぱな蛤が魚屋にあったので醤油をたらして焼いた。

cha1117b_ms

定番のサローインとラムチョップ。オージーBBQにはラムチョップがポピュラーだ。

salada1116_ms

そして、カミサンの自家製のベーコンをサラダに。そうそう、、Alex特製の柚子胡椒とオリーブ油を混ぜたサラダドレッシングが好評でした。やはり作り立ての柚子胡椒は風味が市販品とは違うのだ。

cha1117_ms

BBQは、ワタシの至福の時よ。懐かしのシャーロット。

coco1120

ネコ、踏んじゃった!ネコ、踏んじゃった。


dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日も明るく元気な一日でクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:21|PermalinkComments(0)ガーデニング | 男の料理

2017年11月18日

初めての講習会は7年前の今日

このところ、毎日、過去12年間の「その日」のブログから、ピックアップしているが、7年前の今日は、プロとして、初めての講習会だった。初めてなのに、過分な謝礼を提示していただき、必死で準備した、あの頃の情熱が懐かしい。最近は、平均すると月1回の講習会だが、毎年、同じテーマで、マンネリ化を反省しなければ!
初心を忘れてはいけない!そして、今更ながらに、僕の得意分野は、やはりオージープランツなのだと再認識。
残念ながら、オージープランツはマイナーなせいか、オージープランツの講習会の、お声がかりは、あれ以来無いのが寂しい。お声がけ頂ければ、どこまでも飛んで行きますよ!

2010年、サラリーマンを退職して、園芸プロ1年目の11月18日と19日をアップする。

国立ガーデン講習会1118_ページ_001_ms

今日は、国立でNPO日本公開庭園機構と国立市共催の「ガーデン講習会」で、「オーストラリアンガーデンの魅力」についての講座をします。園芸で人前で2時間も話すのは初めてで、ドキドキです。この3日間程で、パワポ資料を作ったり準備を進めてきました。頑張ります!
参加される皆様、よろしくお願い致します!

euca1118_ms

会場で実際に間近に見ていただくために、ユーカリの花を持参します。

euca1118b_ms

今朝、ボトルブラシも咲いていたのでコレも。

aussieleaves1118_ms

そして、香りのするユーカリやメラレウカの枝。そうだ、木生羊歯ディクソニアの巨大な葉や胞子も面白いかも。よし、庭で採って持って行こう!

queen1117b_ms

なにか、新しい不安なイベントがある時に、必ず咲いてくれるのが母が遺したクィーン・エリザベスだ。母はいつまでも、見守ってくれている。

queen1117_ms


空に向かって凛と咲くクィーンエリザベスだ。


11月19日

jac1119b_ms

今朝はオーストラリアの空を思い出すような快晴!そして、ボクの心も、昨日、初めての園芸での講演を終え、ホッとして晴れ晴れとしている。

jac1119_ms

はやり初めての経験で、準備して、予め考えていた事の半分くらいしか話せてないかもしれないが、まっ、悔いても仕方ないのでよしとしよう。

garden1119b_ms

ここ数日、過去の写真を約140枚程パワポに貼付ける作業をしたが、いろいろな思い出が蘇り、それはそれで楽しかった。
今朝、改めて自分が15年かけてつくっていた庭を眺めて感慨深いものがあった。

garden1119_ms

「庭は個性と創造の表現であり、主の人生を映すもの」というのがボクの庭に対する考えである。

kunitachikouennkai118a_ms

そして、昨日も講演で少し触れさせていただいたが、ボク自身はオーストラリア駐在の5年間でオーストラリア人の「豊かなライフスタイル」を学び、それを自分の人生に再現すべく、帰国後も料理、弦楽アンサンブル、愛犬etcと趣味の幅を広げて来たが、ガーデニングもそのうちの一つで、夫々の趣味が相互作用し、相乗効果を上げ、今のボクのライフスタイルを作り上げてきたような気がする。
一応、プロ宣言したが、今更、園芸や造園で長年、専門的に勉強したり実践してきたプロの方々には敵いっこないし、自分のライフスタイルを大切にしながら、園芸や造園の楽しさや、都市景観に与える効果等、そして、オージー風の豊かなライフスタイルを人々に伝えるプロとして、背伸びせずに、マイペースで活動してゆきたいと思う。


国立ガーデン講習会1118_ページ_063_ms

昨日は、こんなページも登場しました。あっ!今更、ミス発見!オーストラリアで・・「で」が抜けていた!まっ、いいか!

国立ガーデン講習会1118_ページ_065_ms

そしてシャーロットも!


kunitachi1118b_ms

昨日、午前中、井の頭公園の近所の高校のクラスメートの庭の手入れの下見をして、ICUや野川公園を脇目に国立に向かったが、ボクの住む田園都市沿線にくらべ、武蔵野は木々が大きいし歴史を感じる落ち着きのある街並がいいですね。
国立駅前も「パリみたい!」とカミサンが感動していた。

coco1118ms

あれ、7年前が園芸講座の初舞台だったんだ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はドキドキのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 07:06|PermalinkComments(0)ガーデニング | 園芸イベント情報

2017年11月17日

コンサート終了&夫婦対決

concert1116

昨日は、銀座のヤマハホールで、会社のOB会のコンサート。混声合唱との共演がオケだけでは得られない響きで弾いていても気持ち良かった。

alex1117

今回、僕はビオラデビュー。カミサンはチェロ。夫婦こうして一緒に行動することが大切で幸せに感じる歳になってしまった。

恒例の過去12年間のブログだが、菊の季節なので、2005年の菊と、2008年のソーセージ作り夫婦対決をアップ。

2005年11月17日
菊は母の日の花!?

57b51793[1]


日本の国花が桜だったか菊だったか、定かで無いが、菊は日本を代表する花に間違いは無い。そして、ふと気づいたが、「菊」という漢字には「米」という字も入っていて、その由来を知らないが、きっと、かつては米を食べられる高貴な人々の花だったのだろうと想像してしまう。そういえば菊の紋章は天皇家でしたね。
日本人なら誰しも、様々な場面で菊に出会い、思い出があるだろう。ボクは小さいとき、新宿に住んでおり、新宿御苑や明治神宮には家族で菊を見に行った記憶がある。そして、その頃住んでいた我が家の庭にも、毎年、菊が咲いていた。当時の我が家の菊は、御苑で見るようなものとは異なり、雑然と咲いていた。

ボクは特に菊を育てていると意識は無いが、何故か庭に数本あり、毎年放置したままで、雑然と咲いている。ごく一般的に見かける光景である。菊という花は、展示会で見る見事な花か、農家の庭や、一般の家の庭で雑然と咲くかの両極のような気がするそういえば、オーストラリアでは、母の日に白い菊の花を贈るのだ。最初、ちょっと驚いたが、母の日になると街は白い菊の花であふれる。日本では、白い菊の花というと葬儀を思い浮かべてしまうが、5月はオーストラリアでは秋なので、まあ、カーネーションではなく菊なのだと言われると少しは納得してくれるかもしれない。花のイメージは国によって様々に異なるようだ。

2008年11月
ソーセージ作り夫婦対決

jac1117
新しい週のスタートが晴れると「よっしゃ!」とやる気になる。ジャカランダの葉越しに朝陽が昇る。

stre117
二羽目の極楽鳥が今朝、舞った。(後方)

stre1117
心なしか、ひな鳥のようにまだスリムでぎこちなく感じる。

sousage116d
薫製とソーセージ作りは、ボクの十八番だったが、カミサンは今年の父の日にデロンギのパスタ&ソーセージメーカーをボクにプレゼントしてからは、自分でも独自のレシピーでソーセージ作りを始めた。そして、昨日は、夫婦でソーセージ対決となった。カミサンは肉のみの粗挽き派、ボクはタマネギとワインを混ぜフードプロセッサーで練ってしまう。赤っぽいのがカミサン。一部、豚腸が足りなくなり、サランラップで電子レンジでチンの簡易方法で澄ませた。

以下3つは父の日よりコピペ
sausage615a
今日は父の日!☆ジャ〜ン!☆カミサンと息子、娘からのプレゼントはデロンギのパスタ&ソーセージメーカ。ソーセージ作りは10年以上になるが、毎度、悪戦苦闘する姿に見かねて新兵器をプレゼントしてくれた訳だ。

sausage615
豚バラ肉をミンサー機能で簡単に挽肉にできる。調味料を混ぜしっかり捏ねて一晩寝かせる。
調味料等、詳しくは昔アップしたコチラ→ Alex's cooking room ソーセージのページを参照ください。

sausage615e
電動でラクチンラクチン。半分はバジル風味にした。



sousage1117e
茹で方がポイントだ。60~70度で茹でる。沸騰するとパサパサになる。

sousage1116b
カミサンは生ソーセージを焼くのが好きだ。

sousage1116a
ボクは茹で、本当はこの後薫製にするのだが、昨日は省略した。食感はカミサンのが良いが、味はソーセージ作り10年のボクに軍配!?まあ、両方、美味しかったです!

coco1117ms

僕もソーセージが食べたいな!でも、タマネギとか香辛料が沢山入っているから、食べちゃいけないんだって!残念だな!

dog"花・ガーデニングblogランキング"今日は美味しいクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 06:29|PermalinkComments(0)男の料理 

2017年11月16日

今日はコンサート

a5ee6a69[1]

さてさて、まだまだ先だと、のんびりしていたのに、今日は会社のOBこのコンサート本番がヤマハホールで。
2011年にも東日本大震災チャリティコンサートを同じ場所で開催。この写真は、その時のモノ。
この時は大学時代に弾いたラ・クンパルシータとか懐かしい演目があり、思いっきり気持よく弾けて爽快!青春の血が騒いだ。今日も、東日本大震災チャリティコンサートで、何曲か青春の曲がある。今回はボクはビオラでは初参加。カミサンもチェロで参加。花のワルツの冒頭で、夫婦だけで、リズムを刻むところがあって、緊張!さあ、頑張って楽しむぞ!

今日は、2008年の記事を。今は、休刊中のBISESが懐かしい。
今でも、編集メンバーの一部は、Garden Story で、頑張ってますよ!→https://gardenstory.jp/
僕も原稿の執筆してます!読んでね!

2008年11月16日

bises
一昨日、BISES冬号が届いた。恒例のビズ・ガーデン大賞の結果が掲載されているのだ。4年前の2004年にはボクは優秀賞を戴いて、今回、同じ庭が入賞する事はあり得ないと判っていたが今回も応募した。結果はもちろん落選!落選はしたけれど、お情けで?一応、誌面には「夏の終わり、熱帯植物のコンテナを寄せて葉物の彩りで変化を出した庭。」と、ボクの応募写真のうちの1枚が119ページに小さく紹介されていた。それで掲載誌見本とうことで一冊送ってくださったのだ。ボクはガーニングコンテストは作品を作る過程が楽しいので、今回も忙しかったけれど締め切りギリギリで応募したのだ。普段は真剣になれないが、ちょっぴり真剣に神経を集中して、寄せ鉢ガーデンで自分のイメージを作り上げてゆくのが楽しいのだ。

bises2
この写真がボクの応募作の一枚で今月号に「小さく」掲載された写真です。8月末の庭です。カンガルーポーとかグレヴィレアも見えますね。沢山の植物を入れるのはマニア系とか・・・。
グランプリや入賞された庭を見ると、「日本古来の自生する植物」を使用した和の庭が随分と見直されているようだ。従来の流行の花いっぱい系やイングリッシュガーデン系、あるいはやたら飾り立てた見てくれ系は陰を潜めたように見受けられた。ここは日本なので当然と言えば当然で、ここ十年くらいのイングリッシュ・ガーデンブームが異常だったのだろう。

bises1
ガーデニングブームの立役者であり、日本にガーデニングという言葉を普及させたBISESが、今、日本古来の植物や園芸の素晴らしさを「ガーデニング」に取り入れ、軌道修正しつつあるかのような印象を持った。
(この写真は応募はしていないが、同じ日に撮影したもの。以下、同様。他の応募作は、最近、他誌に掲載したりしているので控えます。)

bises3
ボク自身、オーストラリアの思い出を追って、この10年余り、様々なオーストラリアの植物に挑戦したが、結局は日本の気候に馴染んで、手間暇のかからない植物だけが生き残った。ここ数年は日豪の融合をテーマとしている。これで良いのだと思う。

garden817
やはり、ガーデニングは、その自然環境に適合し、かつ自分の感性にあった植物を夫々のライフスタイルに合わせ、自分流に楽しむのが一番だということを、今回のビズ大賞は語っていたようだ。
最近、イマイチ元気の無い園芸業界ですが、4年に一度の日本のガーデニングの定点観測として、地道にビズ大賞は継続して欲しいと思います。BISES冬号本日発売です。 一冊購入して、ガーデニングの潮流を感じてみては如何でしょうか?何故か強気の特別定価1,400円ですが、まあ、価値はあるのではないでしょうか?

coco1116ms

コンサート頑張ってね。

dog"花・ガーデニングblogランキング"今日は価値あるクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 06:58|PermalinkComments(0)ガーデニング | BISES

2017年11月15日

11月の薔薇

queen1115ms

11月も半分が過ぎようとしている。明日は、会社のOBオケの定期演奏会。今日はリハ。今回、初めてビオラでステージに乗る。ビオラを弾き始めて10カ月くらいだが、並行してバイオリンも弾いているので、未だに、とっさの時に、楽譜をバイオリン読み(ト音記号)してしまい、飛んでもない音を出してしまう。気をつけねば。今朝も寒い。オージープランツが花を咲かせているが、この時期、薔薇も頑張っている時期なのである。今年は、10月の季節外れの台風や、数日前の強風で傷んでしまったが、母の遺したクィーンエリザベスは健在。

2013年11月15日
薔薇とクレマ

bracktea1030_ms

秋の薔薇シーズンも終わりに近いが、思い出したようにブラック・ティーが一輪咲いた。もう少し、くすんだ色だったと思ったが、秋薔薇は鮮やかというし、こんなものかも。

rose1115_ms

カップ咲きのミニ薔薇も良く咲いている。安い薔薇程、良く咲く?!

shiromene1111_ms

そして、これも忘れていたクレマチスの白万重。

shiromane1115_ms

庭に出て、思いがけずに咲いている花に歓迎された朝は何だか今日一日がハッピーになりそうだ。

mejiro1115_ms

今朝も定点観測の如く、デスクから激写!今日は寒さが緩み、ガラスが曇っていなかった。(少し外側が汚れているけど)

2016年11月15日
薔薇とダリア菊と

papameoan1114b_ms

朝、散歩に出かけようとすると、玄関脇に置いたパパメイアンの香りが漂う。ボクが好きな薔薇だ。この香りが好きなのだ。

papameian1114_ms

薔薇の楽しみ方は色々あるが、溢れんばかりの薔薇よりも、こんな一輪の薔薇が好きだ。

andes1114_ms

そしてダリア菊のグリーン・アンデス。ダリアの豪華さと菊の和の美しさを兼ね備えた菊である。

erica1114_ms

エリカの白い花が、パパメイアンもグリーンアンデスも引き立てる。

df3cd3d4[1]

ヘリテージ

fb9c8d55[1]

カクテール

1baner1117_ms

BBQの残りの肉をフライパンで焼いたが、最後にバーナーで油を焼くと炭火焼き風になる。

yuzukoshou1117_ms

ステーキも自家製柚子胡椒で食べるのだ。すっかリ、自家製柚子胡椒に嵌っている。


coco1115ms

ボクは高所恐怖症なんだよ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は思い出ののクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 07:54|PermalinkComments(0)ガーデニング | 薔薇

2017年11月14日

人生は繰り返す

過去の12年間のブログの同じ日のブログから、「定年後を豊かに楽しく暮らすために」をテーマに、ピックアップ編集し、加筆してゆきます。・・・・・こんな事を、毎日やっているが、毎年、同じ時期に、同じような事を繰り返していることが多く、自分で笑ってしまう。
昨日、近所のスーパーで、ラ・フランスが沢山売っていたので、ふと、今年もカミサンの好きな、「ラ・」フランスのコンポート」を作ろうと、カゴにいれた。
そして、今朝、過去12年の11月14日を見ようとしたら、昨年の11月14日に登場。毎年、成長がないというか、まあ、退化していないことを喜ぶ歳か・・・。

まずは、昨日午後の庭。オージーガーデンはこの時期が花盛り。

streli1114ms

ストレリチアが咲き始めた。日本では、これから4月まで咲き続ける。

euca1114b

ユーカリも青空を背景に咲き続けている。

bottle1114ms

そして、ピンクのボトルブラシ。四季咲きで、まだ、蕾がいっぱい。

grevillea1114

年中咲く、グレビレア・ロビンゴードン。


さてさて、2016年の11月14日です。
この時期は、毎年、疲れているみたいだ。まあ、緑化センターまつりや、定期演奏会の季節。今年、2017年は明後日が本番。

mikan1115_ms

この所、疲労が溜まっていて、昨日は久々の休日、のんびり・・ダラダラ。。。しかし、ダラダラも返って、疲れるものだ。ミカンが色づいたので収穫。

mikan1115b_ms

収穫は楽しいし、家で出来た野菜や果物は、やはりサイコーなのだ。

euca1115_ms

ユーカリも満開で気持ちが良い。

lemon1115_ms

レモンもそろそろ収穫できる。

konport1031 (500x332)

そうだ、カミさんからリクエストがあった、洋なしのコンポートを作ろう。収穫したレモンを絞って香りを出そう。

conport1031b (500x332)

砂糖と、赤ワインとシナモンで煮込むだけです。

cdc2abc6

アイスクリームを乗せて、大人の洋菓子。

hydon1114_ms

そうだ、今週の土曜は、クァルテットレッスンの初回だ。先生が、弦楽四重奏のレッスンを始めたので、カミさんと申し込んでしまった。バイオリンの譜読みしておかないと!

coco1114ms

ボクにとっては、初めての横浜の秋。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、フルコースのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!




alexgarden at 08:13|PermalinkComments(0)ガーデニング | オージープランツ