2016年05月31日

季節は薔薇からクレマ、そして紫陽花へ

heritage531_ms

はや、5月も最終日だ。今日は銀座で会社のOB総会と懇親会でミニコンサートの出番。今月はコンサートとバイオリンの練習に追われた月だった。今日で一段落!写真はヘリテージ。

shiromane531_ms

と、思いきや6月は「先送りした」仕事が山積みだ。どうも歳とともに、様々な事柄の処理能力が落ちてしまった事を痛切に感じる。以前だったら、余裕で消化出来たはずのスケジュールにアップアップしてしまう。写真は白万重(シロマンエ)、白まんじゅうだと覚え易い。

shiromane531b_ms

朝の庭で過ごす、ほんのひと時が昔と変わらない、余裕の時間かな?薔薇が終わり、クレマが咲いた。

niki531_ms

毎年、代り映えのしない庭になってしまったが、ようやく、くつろげる庭になった。

ajisai531_ms

明日から6月、昨年、買った紫陽花が咲き始めた。ダンスパーティだったか?
忙しい6月になりそうだが、

cha531_ms

あら、ワタシもおばあちゃんに、なっちゃたけど、サンデー毎日で、幸せよ。


shuienn515_ms

NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」



dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は幸せなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ガーデニング 

2016年05月30日

ダンディとダンテイ(男庭)と・・・

shumien521_ms

今、発売中のNHK「趣味の園芸」テキストの「植物偏愛主義」にデカデカと写真も掲載して頂いて、それなりの反響?がある。それが、意外な事に記事の内容ではなく、服装なのだ!スイマセン!編集部さん。
取材は4月だったが、羊歯を愛する「植物偏愛主義」が暗いイメージに成らないように、明るい服装に心がけた。ダンディな男の庭のダンテイ(男庭)なもんで、クロゼットを引っ掻き回して、それなりに頑張ったのだ。
それが・・・、知人・友人から冷やかされる。特に女性から多い質問が、着ている服をどこで買ったかである。ああ、ユニバレでなくて良かった!

brand530_ms

リネンのシャツは、たまプラーザのNolley's、ジーンズは娘からのプレゼントでRAF、スカーフはBEAMSで、靴はReagalのダブルリング・バックルのブーツです。
一時、ユニクロおじさんをしてた時代があったが、どうもユニバレやユニ被りの気まずさが嫌で、ユニ離れしてます。歳を取ってからは、お洒落が精神的にも若さを保つ為にも、大切な気がします。

bawtie530_ms

リネンのシャツって、カジュアルにもフォーアルにも便利です。明後日、会社のOB会のお座敷演奏でバイオリンを弾くので、着回しをします。ジャケットはBEAMで買った、TA KA SHIです。


kingyo530_ms

ところで、このド派手な金魚草の花壇、来場者、特にお年寄りに人気なんです。ダンディ路線からは離れているけれど、TPOを辨えて、手を差し伸べるのもダンディかな・・と最近、思ったりします。

kingyo530b_ms

「エーカッコしい」がダンディではなく、地下足袋も乗馬ズボン(植木屋さんのズボン)もダンディに着こなせる、そんな爺さんになりたいと思います。しかし、この金魚草、実は2月に温室で育てた開花株を植えて、一度、花が終わって、倒れて1本の株から10本くらいの枝が出て、夫々が巨大に育ったという、奇跡的に強靭な品種でした。そんな逞しさを感じる事が出来る金魚草花壇です。

cha5300_ms

あら、朝のお散歩は薔薇の奇麗なコースだってけど、そろそろ、おしまいだわ。

shuienn515_ms

NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」



dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日はダンディなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ガーデニング 

2016年05月29日

憧れの巨大花ギガンチウム

Allium529d_ms_edited-1

アリウム ギガンチウム(Allium giganteum)である。かなり以前から、球根のカタログ販売の写真には、女の子の顔と並んで、同じ大きさの、この巨大タマネギのようなアリウムギガンチウムが映った写真が有名だ。

Allium529b_ms

以前から、この巨大花に憧れていたが、なかなか家の庭で育てる勇気がなかった。

Allium529_ms

昨年の秋に職場の花壇用球根を選ぶ特に目玉として、このギガンチウムと超巨大輪ダリア数球を入れた。そして見事に開花!ヤッター!初めての花は感動も大きい。

Allium529e__ms

多くの来園者が、この巨大タマネギに近づき、名前を尋ね、カメラを向ける。・・・という予測通りの行動をとる。プロデューサーとしては、思わずニヤリとしてしまう。

Allium529c_ms

より多くの人々が「花に感動し知識を身につけて頂く事」がボクは嬉しいのだ。

cha529_ms

あら、ワタシはタマネギやニンニクは苦手なのよ。

shuienn515_ms

NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」



dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は巨大なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ガーデニング 

2016年05月28日

男庭株下落!?

bottle528d_ms

薔薇が終わるとボトルブラシの季節だ。最近では、ちっとも珍しい木ではなくなった。赤の他にピンクとグリーンのボトルブラシの木が庭にあるのだが、ピンクは昨年の秋に大きくなりすぎて、強剪定をしてしまったら、この春は開花しなかった。多分、秋には開花するだろう。

bottle528c_ms

ところで、昨日、友人から「ブログランキングどうちしゃったの?」とショートメールが来た。スマホでチェックすると、トップページには無く、2ページ目の22位まで落ちていた。自分でもポチを忘れているくらいだから、下落して当然だね。

bottle528e_ms

このところ、NHK趣味の園芸テキスト6月号の掲載に合わせて、羊歯の記事を継続してアップしていたら、毎度の事ながら、ランキングが下がり、男庭史上最下位の22位に落ちていたという次第。
もともと、個性と創造性の表現である庭にランキングを付ける事自体、違和感があるが、まあ、ブログランキング経由で来てくださる方も多いので継続している。もしかして、男庭日記のアクセスが少なくなっているのか、アクセス数を管理画面でチェックしたら、特に減っておらず、常連客はアクセスしてくださっており一安心。単に、ランキングでポチをしてくださる方が減っただけだったようである。羊歯は一般客には不人気なのである。ランキングを狙うのなら「花いっぱい」が不可欠のようである。まあ、「そんな事、どうでもいいさ」なのだが、男庭は夏に強いので、夏には復活するだろう。

bottle528_ms

サラリーマン時代は、園芸を語り、オージープランツを紹介する場がネット上でしかなかったが、現在は植物園の仕事で講習会や園芸相談で、生の人間と語る機会に恵まれ、やはりバーチャルなネットの世界より現実の世界が楽しい。

cha528_ms

あら、ワタシもおばあちゃんになって、魅力に欠けるのかしら?

shuienn515_ms

NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」



dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は復活のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ガーデニング 

2016年05月27日

羊歯の魅力 ガーデニングに様々な羊歯を

dicksonia527_ms

このところ羊歯に関してディクソニアばかりアップしてきたが、最も美しい季節である。
ところで、羊歯に関しては、かなり以前に随分とアップしていた。
今日は羊歯アーカイブより、2005年つまり11年前にアップした記事を紹介しよう。
木生シダとは異なる魅力のある羊歯たちである。

tourou508nishikishida513この写真には薔薇やらジキタリスも写っているが左には、オーストラリアの木性羊歯が鬱蒼と茂っている。日豪のミックスカルチャーと書かれていたが、薔薇の存在を考えると日豪英というべきかも知れない。
我が家の庭には至る所に羊歯がある。ボクの好きな羊歯はもちろんオーストラリアの木生羊歯なのだが、ついつい日本の羊歯も買ってしまって、いわゆる観葉植物系の羊歯を含め、10種以上ある。
最近、たまたま、ニシキシダ(Athyrium niponicum 'Pictum' )俗名: Japanese Painted Fernを海外の雑誌とカレンダーで見つけた。海外の雑誌でこのような日本的な植物を見つけるとなんだか新鮮で嬉しい。改めてJapanese Painted Fernなんていう名前をみると、如何にも絵画的で美しく感じてしまう。

写真左は、今の様子(2005年)。右はニシキシダ。

elenewatts512ryoumen513もう4年も前のことだが、羊歯プロジェクトというネットプロジェクトを実施したことがある。思いの他、盛り上がった。日本で羊歯というとどうしても、日陰者の存在だが、オーストラリアやニュージーランドの木生羊歯は日当りが良い場所で育つ品種も多く、明るいイメージである。椰子の木に近い雰囲気で、イギリスでも庭に木生羊歯はよく使用されている。このところ、英国王立園芸協会の雑誌The Gardenでは毎月、どこかに羊歯がとりあげられ掲載されている。実際、イギリスではブームが再来していると書かれていた。rococo513gardenfern513羊歯の魅力を理解できる人は、かなり園芸の世界にのめり込んだ人だと思う。決して派手でなく、地味で静かで「違いの判る男」だけに判るのだ。ところで、突然、薔薇が登場したのは、あえて、羊歯と薔薇と言う対照的な魅力を持つ植物のコントラストを表現してみたかったのだ。コントラストというものの、調和でもあるのだ。そうだ、羊歯はナニにでも調和する不思議な力を持つ植物なのだ。写真は上が、今年咲いたイレーヌワッツとリョウメンシダ、下がガーデンファーンとロココ。

boston513かつて、多分25年位前だろうが、観葉植物でシダが流行った時代があった。ボストンファーンとか、アジアンタムとか懐かしい名前だ。観葉植物というと熱帯性で耐寒性がないものと、思い込みがちだが、Nephrolepis exaltata 'Bostoniensis' は、横浜で越冬した。こんな鉢が一つあると、花の鉢の引き立て役に何かと便利だ。

kogomi513日本でも最近、クサソテツがガーデニングの世界でも使用されているようだ。5月の新緑は美しく大きさ的にもデルフィニウムやジキタリストとバランスよく映える。英語の俗名が色々あるようだが、一つにFiddlehead fernとあり、フィドルヘッドとはバイオリンの先っぽのクルクル巻いた部分のことだ。なるほど近いものがある。
cha527_ms

あら、また、ワタシが生まれる前の事だわ。

shuienn515_ms

NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」



dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は魅力のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ガーデニング 

2016年05月26日

羊歯のある風景(メルボルン)

羊歯シリーズいなってしまったが、今日は、そもそもボクが羊歯の魅力に惹かれてしまったメルボルンの羊歯をアップしよう。手持ちの写真データが、帰国後の何回かの旅行時のもので、実際に駐在の時に木生羊歯ディクソニアの出会ったのは、住宅街の一般のお庭でした。一般家庭の写真が無くて残念ですが、公園の写真をアップします。

ce48a2a8

フィッツロイパークの羊歯です。町中の公園でも見かけます。

1776d0d8

アリフレッド・ニコラスガーデン。郊外の広い山林のようなガーデンで、ちょっと、日本の感覚からはかけ離れているいるかも。

e6b33417

クラウドヒルズ。これも、元は金持ちの別荘的な庭です。

5d9a7038

これは郊外のナーサリーです。ディクソニアは町中のナーサリー(園芸店)でも「根も葉も無い」数十センチの幹のみで、売られています。数千円だったと思う。日本だったら10倍はするね。
この幹をコンテナ一杯買い込んで、畑で養生して育てて販売している業者が日本にもあるらしい。
国内で販売されているデカいディクソニアは殆ど輸入品のようです。

cha526_ms

あら、なんだかジャンングルみたいな写真ばかりね。お花が無いと寂しいわ。



NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」



dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は魅力のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 07:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)紀行文 | ニュージーランド

2016年05月25日

羊歯のある風景(ニュージーランド)

NHKの趣味の園芸6月号の「植物偏愛主義」で取り上げて戴いた木生羊歯であるが、羊歯といえばニュージーラドである。今日は、本場、ニュージーランドの羊歯の魅力を掲載しよう!2007年に旅行した時の写真です。

bttreefern1
ニュージーランドは羊歯の国である。オールブラックスのマークも羊歯だし、Golden fernなんていうバターもあったりする。羊歯と言っても日本の羊歯とイメージが異なり、木生羊歯で、ヤシのイメージに近いかもしれない。実際に日向でも育つ。シルバーファーン(学名: Cyathea dealbata 俗名: Silver fern, ponga )

fernhouse2
そんな羊歯の国ならではだろうが、クライストチャーチのボタニカルガーデンにはFernHouse という羊歯の温室があった。

イギリスのRHSの園芸雑誌の「The Garden」には、良く登場するが、何故が日本の「イングリッシュ風ものまねガーデン」には、まず登場しない植物の一つだ。羊歯はオトナの植物だ。
fernhouse

羊歯は神秘に包まれた不思議な魅力がある。太古の時代から悠久の時を経て、磨き上げられた自然が作った植物としては最高の芸術作品だ。しなやかな葉姿も美しいが、羊歯を通して見る事が出来る自己の哲学や精神世界を鑑賞することこそが面白いのかもしれない。
fernhouse1

クライストチャーチの郊外で、ニュージーランドのネイティブプランツのみで、庭をつくっている方がいた。とてつもなくデカい個人の庭である。
Fern Garden: Heather and Russell Coxさんの庭だ。
70e17bab


他にも、ごく普通にガーデン巡りの庭に登場するのだ。
45cdb8b6

日本でも、こんな庭が、将来、一般化するのだろう。

cha525_ms

あら、日本では、やっぱり薔薇が人気なのかしら?羊歯の記事をアップしていると、アクセスが減るんだってさ。

shuienn515_ms

NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」



dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は悠久のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)紀行文 | ニュージーランド

2016年05月24日

木生羊歯のディクソニアを胞子から育てる

今発売中の6月号のNHK「趣味の園芸」テキストの植物偏愛主義で、取り上げて戴いたディクソニアだが、記事では具体的に触れられなかった、木生羊歯を胞子から育てる方法に触れておこう。
ちょっと、マニアックです。(この記事は2010年のコピーです)

0476cfd5
この写真は、1997年に胞子から育て13年間で成長したオーストラリアの木性巨大シダ、Dicksonia Antarcticaです。我が家はジュラシックガーデンになりつつあります。
葉の長さが1.5mを超えています。

シダは微細な胞子で何万年も生命を受け継いだ不思議な植物である。
オーストラリアやニュージーランドの木性巨大シダに挑戦してみよう。

ボクはオーストラリアの木生羊歯を1997年と2003年の2回に亘り、胞子から育てる事に成功した。

まず1997年の記録は残念ながら、デジカメも無い時代で写真の記録が無い。
2001年にアップしたもの。

dicksonia_s
2001年当時の姿。


オーストラリア木性シダ:Dicksonia antarcticaについて

Dicksonia antarcticaとは?
オーストラリアの山林やユーカリ林の中には巨大な木性シダをよく見かけます。一見、観葉植物のヘゴや草ソテツに似ていますが、常緑でとても綺麗な葉をしており、耐寒性もあります。このシダはオーストラリアでは住宅街の庭や玄関先などでもよく見かけ、ガーデニング素材としても人気があります。イギリスではシダは知的階級に人気があるとか(ロンドンのスモッグ時代に都会に住むインテリ層が、弱い光で育つ植物を求めたらしい)・・・。ナーサリーでは根と葉を落とした株の状態で売られており手軽に手に入ります。きっと、日本でも近い将来、ガーデニング素材として人気が出ること間違いなしです。


どうやって入手したか?
ところが、国内では、色々探し求めて見たのですが、筑波実験植物園等一部の植物園にはあるものの、まず入手困難でした。オーストラリアやイギリスの業者でシダの株を通信販売しているところが有りましたが、海外は断られました。価格も結構していました。そこで、The Society for Growing Australian Plantsに問い合わせたところ、業者を紹介してくれました。当時、業者はホームページを持っていなかったので、まずカタログを注文し、 e-mailとFAXでやりとりし、何とか胞子を輸入することが出来ました。1997年4月です。

胞子の発芽方法は?(写真の記録が無くて残念ですが・・・)
さあ、胞子を入手する事が出来たのですが、どうすれば良いやら見当もつきません。そこで、インターネットで発芽について調べたところ、いくつかのサイトが海外にありました。ピートモスをベースにした種まき用の土を殺菌して、ガラス板で密閉し、湿度を保つため毎日、蒸留水を霧吹きでかけ・・・・。20度くらいの温度で日陰に置く。(1997年5月)
指示通りに実践しました。・・・しかし、残念ながら、この方法は失敗に終わりました。発芽さえしませんでした。
実は、物は試し・・と、同時に少量づつ庭に直播きしたり、ヨーグルトの空いたプラスティックケースに種まき用土を入れてまいたり、発砲スチロールの箱に、穴をあけ鹿沼土を入れその上に種まき用の土を入れ、熱湯で殺菌して胞子を蒔いて、サランラップで密閉したしました。実はこの最後の方法が成功しました。約3週間後に表面に苔が生え始めたように、グリーンになってゆき、やがてスギゴケのように一面が覆われました。このころは毎日乾かさないように霧吹きです。


次のステップ
さらに2ヶ月くらいして、苔が密集した状態になったら、移植です。1997年8月です。
移植は苔状の苗を5ミリ四方に切り、ピンセットで新しい発砲スチロールの箱に市販の培養土を敷き表面に1センチほど、やはり種まき用の土を敷き、そこに植えていきました。移植のあともサランラップと霧吹きは欠かせません。なかなかマニアックで病的な世界です。やがて、かわいらしい葉が所々から1センチほど出てきました。この段階で冬を迎えました。冬は明るい室内の窓辺に置きました。
1998年春になり、約50本ほどを鉢植えや、地植えにしました。
その後約2年間で、夏の乾燥や直射日光が原因で随分枯らしてしまいましたが、心配した冬の寒さも乗り越え、木陰の地植えのものが雪にもめげず元気に育っています。




次に、以下は2003年の記録です。

fernspore2_s
胞子の入手は、Rare Plants Japanさんがオーストラリアの業者から取り寄せたモノを分けていただいたり、観光みやげに頂いたモノです。
今回の挑戦は、Cyathea australis, Cyathea madullaris,Cythea dealbataです。

fernsporefly_s
2003年5月13日スタート。
まず、種まき用土の殺菌からだ。ピートモスと川砂を一対一にまぜ、フライパンで水を加え10分程度煮立たせ殺菌する。

fern513_s
次は、熱湯に10分程度浸け殺菌した容器(プリンやジャムのの空き瓶やアイスクリームのプラスチックケース等)に殺菌した土を入れ、サランラップで蓋をします。
注:食品保存用の密閉容器は光を遮るので、発芽が遅れました。やはりサランラップが良いです。

fern622_s
土が完全に冷めたら胞子を蒔きます。胞子は非常に微細で軽いので、一旦紙に広げ、指でトントンと叩くようにして均等に撒きます。


australis618_s
6月18日。
約一ヶ月でCyathea australisに苔のような前葉体が生えてきました。
他の2種はカビが生えたりして怪しいです。失敗かも。

aust628_s
6月28日。
だいぶ全体が緑の苔のようになってきました。

fernpest711_s
7月11日。
ビョーキ発生。苔状のシダが溶けてきた。

fernpestb_711
この病気部分を部分をピンセットで取り除く。

cyathea727_s
7月27日
大分、苔状の前葉体が育ってきた。

cyathea810_s
8月10日
油断していたら暑さのせいかカビが生え半分以上枯れた

cyathea815_s
8月10日
無事だった箇所を 5mm四方に分けピンセットで移植


auistralis1116_s
11月16日
前葉体は大きくなっているが胞子葉が出て来ない。雄器と雌器がこの双葉のような前葉体に出来て受精して、葉である胞子葉が出るはずだ。
houshiyou11123_s


11月23日
とうとう、胞子葉が出てきた。約5mmだが数本出てきた。水滴の中を精子が泳いで行くらしい。受精して種が出来る普通の植物と異なり、胞子から前葉体が発芽し、それから受精して正式な胞子葉が出るのが不思議だ。

australis1230_s
12月30日
胞子葉が出そろってきた。

australes120_s
2004年1月20日
寒い冬は屋内の明るい半日陰で育てた。

fern1018_s
2004年10月18日
ようやく葉も羊歯らしくなってきた。

ferns613_s
2006年10月
やや記録が途絶えたが、一鉢のみ生存。

庭の羊歯の風景はコチラ→男庭日記の羊歯の記事


cha524_ms

まあ〜、ワタシが未だ生まれていない時代に、随分とマニアックなことやってたのね。でも、お陰でワタシも好きな羊歯が沢山お庭にあるのね。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はマニアックなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!





alexgarden at 06:05|PermalinkComments(0)ガーデニング 

2016年05月23日

BBQガーデン

bbqgarden522b_ms

昨日はコンサート後のホッとした休日で、快晴。絶好のBBQ日和だった。

bbqgarden522c_ms

オーストラリアでは夏は毎週のように週末はBBQだった。あの思い出が忘れられず、横浜でもオージープランツを植えたガーデンにしてしまった。

ram522_ms

ラムチョップスは最高に美味しい!オージーバーベキューには欠かせない。

meat522_ms

ステーキも丸ごと焼くのがオージー風。

wine522_ms

ビールはFosters、そしてワインはHardysの Chardonnayカスクワイン。

cha523_ms

あら、ワタシもラムは大好きよ。


shuienn515_ms

NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は美味しいクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 06:55|PermalinkComments(0)ガーデニング 

2016年05月22日

コンサートが終わって、ホッと一息♪

pandora2016_ms

今朝も横浜は快晴!爽やかな朝だ。そして、昨日、「弦楽アンサンブルパンドラ」の第10回演奏会を無事終了して、今朝は、ホッと一息。

sky522_ms

いつになく空が眩しく見える。昨日の達成感と疲労感が残り、けだるさと爽やかさが交錯し、何度も深呼吸をする。でも、やはり久々の気持ちのよい朝だ。1月前に大学時代のポップスオケOB会のコンサートを終えたばかりで、仕事がガーデニングシーズンで忙しい中、昨日のブラームスとモーツアルトの弦楽六重奏は重たかったし、難しすぎて、練習不足と消化不良で、若干の悔いはのこるが、まあ、終わったのだ。

garden522_ms

今日は久々に庭の手入れでもするか。

dickaosnia522_ms

この季節、日の出のこの風景が好きだ。日々、凄い勢いで、ディクソニアの葉が成長する。

grasstree522_ms

グラスツリーにも朝陽が射し、いつになく奇麗に見える。心の余裕があると、奇麗に見えるものである。

cha522_ms

あら、まだ31日にコンサートがあるんだってさ。

shuienn515_ms

NHK「趣味の園芸」テキスト6月号の「植物偏愛主義」のコーナーにAlexが登場します。
5月21日発売!


『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

8abbf354


文化出版局編の「男庭」が掲載されている本が発売中です。
『冒険心やこだわりにあふれた男性が手掛けた庭は、個性的であこがれの庭として人気を集めています。本書では庭造りを一通り楽しみ、さらに上を目指す人のために人気男性ガーデナーやプラントアーティストのデザインした庭を実例として提案。庭作りのポイント、欠かせない樹木や草花の品種、必見のショップやガーデンスポットも紹介します。』というふれこみです。

文化出版局のサイトからアマゾン等に飛べます。

『メンズガーデナーに学ぶ庭造り』

niwadukuri829_ms

Alexの監修本「庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」が主婦と生活社より発売中。『ガーデナー必見!ガーデンのセンスアップから日常管理の方法まで、庭づくりに関するあらゆる悩みを網羅!』・・・と帯には書いてあります。
主婦と生活社のサイトからアマゾン等に飛べます。

"庭づくり 困ったを解決アドバイス Q&A 100」

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はホッとしたクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 08:02|PermalinkComments(0)ガーデニング