2012年01月

2012年01月31日

素晴らしきBonsai という日本の園芸文化

Melaleuca_m

昨日のNHKクローズアップ現代で、日本では衰退しつつある盆栽が海外では人気である事を取り上げていた。盆栽という、和の庭に通じる日本の文化がボクが住んでいたメルボルンでも極めて高い評価だった。オーストラリアの主要都市にはBonsai Societyが必ずあった。ボクはオーストラリアで、改めてBonsaiの素晴らしさに気付いたのだ。
この写真は、メルボルン・インターショナル・フラワー&ガーデニングショーに行った時に出くわした、驚きのメラレウカの盆栽である。

bonsaieuca_m

そして、これはユーカリの盆栽。

kolokia_m

更にはコロキアの盆栽。いいね。

sanzashi428_ms

日本のガーデニングは、どうも明治時代の名残りの西洋崇拝なのかイングリッシュ・ガーデンがもてはやされているが、日本庭園も決して英国庭園に負けない芸術的水準を持っているのだ。そろそろ、モノマネは卒業して、日本の伝統文化を、見直した上で、自分の個性と創造性でガーデンを作る時代だと思う。コレは我が家のサンザシ。

cha131_ms

ワタシもスリムに盆栽仕立てにしてもらおうかしら?

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は素晴らしきクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!




alexgarden at 06:30|PermalinkComments(4) 園芸文化向上委員会 

2012年01月30日

花好き集まれ!『花なかま』

hananakama129b_ms


昨日は、『花なかま』の新春特別講演会&新年会へ。
1)奥藤敏二郎氏(赤穂ジェスネリアード):ストレプトカーパスとイワタバコ科植物について
2)長岡 求氏 (株)フラワーオークションジャパン):植物の耐寒性と耐暑性について

市販されているストレプトカーパスとは別世界の豊富で美しい品種の数々に、ひたすら感嘆!園芸世界は奥深い!
そして、あまりお目にかからない「耐暑性」についての話も、目からウロコであった。詳細は、4月発行の『花なかま』Vol.2にて報告予定。

hananakama129_ms

そして、昨日は『花なかま』創刊号の発行日だったのだ。
会誌なので、予算や編集エネルギーに制約はあるが、市販の園芸雑誌とは異なりマニアックではあるが、特定な植物に限定せず、広範なジャンルを取り扱っており、日本の園芸文化の最先端を走る内容だと思う。
『花なかま』に入会希望、または入会を検討したいという方には、見本誌をお送りいたしますので、Alexまで「見本誌希望」のタイトルでメール下さい。xalex@f06.itscom.net (先頭のxを削除したものがアドレスです)
年会費は3000円です。
この会は、いわゆる流行を追うガーデニングとは異なる、育種・栽培系の園芸サークルですので、ご了承ください。

Thelymitra nuda tall Blue129_ms

昨日の月例会の頒布会では、なんと憧れのオーストラリアのブルーオーキッド=Thelymitra nuda Tall Blueを入手してしまった。感激!

crossyne flava129_ms

そして、Crossyne flavaというボクも初めての植物。ネットで調べたら、かなりマニアックそう。
育てられるだろうか?頑張ります!

cha130_ms

トーストを食べていると、シャーロットは必ずお座りして、おねだりをする。パンが大好物なのよね。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はマニアックなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 08:39|PermalinkComments(2)

2012年01月29日

春を告げるミモザ

mimosa129_ms

ミモザというと、ミモザ祭りのあるフランスの花だと思い込んでい人が多いが、れっきとした、オージープランツのアカシア=Acacia baileyanaである。毎年、バレンタインデーの頃には開花する。

mimosa129b_ms

実は、我が家では数年おきに枯れてしまい、この枝は、ガーデナーのお仕事で剪定したお客様の所で、ゴミとして捨てるのがもったいないので、一束持ち帰った。

mimoza129c_ms

ボクは、何故か偶数2回羽状複葉の植物が好きだ。羊歯とかジャカランダとか、ネムノキとか・。

maruba129_ms

ついでにマルバユーカリの枝も少々、持ち帰った。

bccc16d7
弦楽アンサンブルのメンバー募集(特にバイオリン)のご案内。
ボクがカレコレ16年も通っているヤマハ目黒センターの弦楽アンサンブルコースで新規メンバーを募集している。数ヶ月前に、人数が減り存続が厳しくなってしまった事を書いたが、その後、知人関係でチェロとビオラで三名の入会があり、なんとか、あと1年余りは存続することになった。しかし、ヴァイオリンがまだ足りない!財団法人ヤマハ音楽振興会の本部直営の目黒センターだけあって、設備、指導内容等のクオリティは☆ピカイチ☆です!指導は芸大で長年指導された長澤正康先生に加え、ビオラ、チェロにプロがトレーナーとして入り、丁寧に指導してくれる。フツーに趣味で弦楽アンサンブルをやってきた人には「目からウロコ」の内容です。財団本部直営ならではの贅沢さだ。木曜19時より90分、月2回、のレッスン。月謝が6850円と格安!12月に発表会が終わり、今が入会のチャンスです!ちなみに、今月からビバルディの四季より、「夏」と「秋」を始めました。初級者もOKですよ。
問い合わせはヤマハ目黒センター(03-5773-0810)まで。ボクにメールして戴いてもOKです。
alexアットマークf06.itscom.net(アットマークは@ね)

cha129_ms

ワタシもバイオリン弾いてみようかしら!?

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は春を告げるクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!




alexgarden at 08:09|PermalinkComments(0) ガーデニング | オージープランツ

2012年01月28日

初恋草の人気の謎?

lechenaultia128_ms

毎年、この時期になると園芸店にオーストアリア原産の初恋草=Leschenaultiaが出回るが、この2〜3年の色の豊富さに驚く。日本で初恋草が出回り始めたのは、恐らく14〜5年前だったと思うが、当時は初恋草といえばブルーだった。そして3年前にオーストラリアを旅行したときに現地の園芸店にはブルーしかなかった。
先日、近所の園芸店で、こんなミックスがあって面白いので連れ帰った。

0c76a4d0

初恋草に関しては、今迄に色々書いてきたが、ふと2005年に「何故、日本人は初恋草が好きなのだろうか?」書いた時に、「Googleで検索すると、ヒット数は、パンジー762、000に対し、初恋草389、000である。ペチュニアでさえ157、000であるからその普及ぶりは凄い!検索数で見る限り、あの国民的大衆花のパンジーの半分に迫っている」では、今日、現在はどう変化しているかと見ると、パンジー4,750,000に対し、初恋草が何と、11,200,000と逆転している。ますます、日本人は初恋草が好きなのだろうか?謎である。

写真は2005年に我が家で育てていた

bluelechenaultia1_ms

現地では、もちろんワイルドフラワーで、かなり乾燥した地域で自生する。(パース郊外にて撮影)

Leschenaultia128b_ms

先日、連れ帰った鉢を見ると根元には、ゼニゴケが!そんな湿った環境で、どうして育つか謎である。

shinnenkai128

昨日、「植物を語ろう2012新年会」がNHK青山荘で開かれた。毎度ながら、全国から集まる、熱い園芸仲間達に刺激を受けて、元気が出たAlexであった。

soukangou128_ms

ところで、明日は、「花なかま」の新春特別講演会&新年会である。こちらも、園芸に熱い人たちである。席に余裕があります。下記の通りですので、友人お誘い合わせの上、お越し下さい。
尚、来場者には、「花なかま」創刊号を差し上げております!

下記の通りです。

■講演
1)奥藤敏二郎(おくとう・としじろう)(赤穂ジェスネリアード)
  ストレプトカーパスとイワタバコ科植物の専門家
2)長岡 求(株)フラワーオークションジャパン)

■1月例会は、講演の後、通常通り開催されます。
       

■日時:2012年1月29日(日)
   13:00〜16:30
   受付開始は11:30 開始までの間に会場内で食事可(各自
   用意、但しアルコール飲料は会場の規則により厳禁。)
会場:大田区産業プラザ(大田区南蒲田1-20-20   03-3733-6600)
会費:¥2000

懇親会:17:30〜、希望者のみ、会費別途、



cha128_ms

あら、昨日は午前様で、今朝はすっかり朝寝坊ね。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は爽やかブルーのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!






alexgarden at 09:35|PermalinkComments(0)

2012年01月27日

冬の午後に

heritage127_ms

昨日は仕事もOFFで、スケジュールは夜の弦楽アンサンブルの練習だけ。
天気も良く久々に家で溜まった雑用の処理に明け暮れていた。
この所、趣味のサークルの事や、地元の建築協定の件やら、雑用が多い。
午後、コーヒーを飲みにダイニングに行くと、先日、薔薇の剪定で切って花瓶に生けたHeritageが柔らかな冬の日差しを浴びて心地良さそうに咲いていて、思わずホッとする。

moonlight127_ms

先日の雪や、連日の冷え込みで凍死が気になる、Grevillea moonlight の蕾が、見る限りでは元気なようだ。春には咲いてくれるのだろうか?

stock127b_ms

冬の太陽を浴びて咲く、ストックとビオラ。

stock127_ms

数日前は、こんなに冷たい雪を被っていた。

cha127_ms

わ〜、素敵なブルースカイだわ。ワタシ、お空をバックにした写真ってあまり無いわね。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は素敵なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!




alexgarden at 07:00|PermalinkComments(0) ガーデニング | オージープランツ

2012年01月26日

バイオリン三昧の日々?

cyclamen126_ms

横浜は寒い日々が続いている。まだ庭には所々、雪が残っている。ガーデン・シクラメンの耐寒性は、どの程度なのだろか?横浜より少々、寒い、府中あたり、日陰では日中も霜柱が溶けず、枯れてしまうようだ。

pansy126_ms

パンジーに霜が付着。横浜ではあまり見られない光景。

babyleaf126_ms

ベビーリーフは寒さの中でも少しずつ成長。ちょっと摘んで食卓の彩りに便利。

oborch126_ms

昨日は、OBオケの練習で渋谷へ。午前中、弦のパート練習。午後全体練習。そして飲み会。また!新曲!魔笛です。
ふと、思えばOBオケ、目黒弦楽、調布弦楽と3つのグループが月2回ずつで、個人レッスンが月一回、計7日もバイオリンに触れている事になる・・・バイオリン三昧の日々?その割に、全然、上達しない!その合間をぬって、お仕事!忙しいワケだ。週末は園芸関係のイベント&新年会が2本。

cha126_ms

今朝は、Alexは朝寝坊して、お日様が上がってからの散歩。朝日が爽やかで気持よかったわ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は爽やかなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 08:22|PermalinkComments(0) 第二の青春 

2012年01月25日

亜熱帯植物と雪

agabe125_ms

昨日の朝、雪景色だと、ついつい沢山の写真を撮ってしまった。本来、寒さに弱いとされている植物にも、当然、雪は積もる。果たして凍死せずに無事にいられるのだろうか?
メキシコ原産のアガベ。なかなか美しいね。

cordyline125_ms

そして、コルディリネ。ニュージーランドでも雪は降るだろうか?

acasia125_ms

アカシアも決して寒さには強くないが・・。

kangaroo125_ms

そしてカンガルーポーだ。簡易温室が満杯で、つい外に放置してしまったが、大丈夫だろうか?

lemon125_ms

そしてレモンも寒さには弱いが・・・。まあ、もう15年位になるから少々の雪には負けない。

cha125_ms

ワタシも寒さには強いのよ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は寒さに負けないクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!





alexgarden at 08:03|PermalinkComments(2) ガーデニング | オージープランツ

2012年01月24日

☆Facebookデビュー!

garden124_ms

天気予報通りに今朝の横浜は雪景色。見慣れて、相変わらず散らかった『紺屋の白袴』庭の拙庭も、普段と違って、ちょっとお洒落に見える!

euca124a_ms

そして、『ユーカリの花に雪』という、オーストラリアではあり得ない、貴重な写真も撮れたのだ。
Eucalyptus sideroxylon roseaは、まだ日本では殆ど無いし、こんな世界でも珍しい!?写真が撮れるとワクワクする。

euca124b_ms

今年は開花が遅れて、雪の降る季節にこんなに咲いているのも珍しい!そもそも、このユーカリ=Eucalyptus sideroxylon roseaは、雪の降る地方では寒さで育たない。

melaleuca124_ms

メラレウカ=Melaleuca 'Revolution Gold'にも雪が!

facebook

ところで、遅ればせながらFacebookデビューをしてしまった。HP、ブログ、Twitter、そしてFacebook. 実は、Twitterを2〜3年前からやってみたものの、なかなかブログとは両立出来なくて、Facebookは控えていたのだ。ひょうんな事で、Facebookをやってみたら、色々な思いでの人々に会えて結構、面白い!まっ、人生を振り返って、老後の楽しみには良いんじゃないスか?

cha124_ms

ワタシもFacebook始めようかしら?

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は☆祝☆Facebookのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 08:11|PermalinkComments(2)

2012年01月23日

枯れない活け花

nanten122_ms

このナンテン、壷に生けて雨ざらしで2ヶ月以上が経つが、まだ実がついている。真ん中に差してあるのはソーラーライト。夜は赤い実がくっきりライトアップ。

nanten122a_ms

11月15日に庭の手入れに行った、ナンテン御殿のお宅で山ほど捨てる枝があったので、正月用にと持ち帰ったが、未だに元気なのだ。

nanten1116_ms

コレが11月15日の写真。

ginza122

定年になると、やたら同窓会の類いが増える。昨日は、九州会という、ある時期に九州支店に勤務したメンバーの新年会で銀座に。今週も新年会等で飲む機会が4日もある。しばし、家では禁酒にしよう!

cha820_ms

ワタシの肥満への軌跡。2011年は既に小太りで、2009年はまだスマート。とうことは2010年が・・・と思ったら未だ、それ程、という事は、この1年位で太ったということか・・・。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はスマートなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 06:30|PermalinkComments(2) ガーデニング | 花木

2012年01月22日

「花なかま」間もなく創刊!

soukangou121_ms

昨日、印刷会社から「花なかま」創刊号の印刷が出来上がり、ド・ド〜ンと段ボールが届いた。
所属する趣味の園芸サークル「花なかま」で編集委員を仰せつかり、準備をしていたが、土壇場で編集&DTPを予定していた方が都合でキャンセル。Alexは正月早々から箱根駅伝を横目に、原稿集め、編集&DTP&校正をやるハメに!約2週間はこの作業に没頭していたのであります。幸い、お仲間にも手伝って戴き、なんとか、1月29日の発行に漕ぎ着けたのです。
会員向けの会誌ですので、会員限定ですが、「花なかま」新春特別講演会にて参加者には配布致します。また、「花なかま」入会希望者への見本誌配布は、後日、ご案内致します。
マニアックな内容ですが、日本の園芸の最先端を行くものだと思います。

「花なかま」新春特別講演会は下記の通りです。

1.新春特別講演会&1月例会
 【日時】2012年1月29日(日)
   13:00〜16:30
   受付開始は11:30 開会までの間に会場内で食事可(各自用意)
   アルコール飲料は会場の規則により持ち込みできません。
 【場所】大田区産業プラザ
【会費】¥2000(当日会場にてお支払ください)
【講演】
1)奥藤敏二郎(おくとう・としじろう)(赤穂ジェスネリアード)
    ストレプトカーパスとイワタバコ科植物の専門
2)長岡 求((株)フラワーオークションジャパン)
【1月例会】講演終了後に開催いたします。

※ご友人もお誘いください。1月例会にも参加される場合は当日ご入会をお願いします。
※懇親会を17:30〜、希望者のみ、会費別途、会場さくら水産(予定)。

申し込みは、Alexにメール戴ければ、連絡します。
alexあっとまーくf06.itscom.net  もちろん、あっとまーく→@

今日は、「花なかま」的、マニアック系のオーストラリアのフリンジド・リリー(Common Name:Fringed Lily Botanical Name:Thysanotus multiflorus)を以前の記事からピックアッップしよう。

fringrd508_m

チャレンジの後には達成の感動がある。感動の数程、人生は幸せだというから、園芸でもチャレンジの数が多い程、園芸人生幸せなのかも知れない。園芸の醍醐味は、チャレンジの達成にある。苦労して育てた程、当然、開花の感動は大きい。2005年4月にまいた種が5月には発芽。

fringedlily513d_m

そして、翌年の5月にフリンジド・リリー(Common Name:Fringed Lily Botanical Name:Thysanotus multiflorus)が咲いた!西オーストラリア旅行で種を購入して育てた日本ではとても珍しい花だ。

fringedlily513e_m

フリンジド・リリーでもThysanotus tuberosusという品種は国内でも出回り始めているが、多花性のこの品種はネットで調べる限り、日本ではまだ見かけないようだ。やった〜!こうして見ると、オーストラリアのワイルドフラワーって、山野草みたいみたいだ。当たり前か!リリーというと日本のヤマユリみたいにデカい花を想像するかも知れないが、この花は背丈15cm程度、花の直径2cm程度の小さな可愛らしい花だ。

fringedlily513b_ms

ボクがこの花に初めて出会ったのは、西オーストラリア・ワイルドフラワーのツアー(←クリック!)に行った時である。原野に咲くワイルドフラワーには、園芸店で購入する花には無い神秘で神々しい魅力に満ちあふれている。ブルーオッキッド等と共にこのフリンジド・リリーは魅せられた花の一つだ。幸い現地で種子を入手する事が出来て、4月に種子を蒔き、冬には越冬チャレンジの実験検証をして開花にたどりついた。ベランダや屋内などで育てがいずれも越冬した。カンガルーポーはベランダでは枯れたが、このフリンジドリリーは無事だった。ブラキカムのように日本でも普及する可能性があるかもしれない。

cha121_ms

ワタシは読めないけど、なんだか新しい印刷のニオイがするわ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は感動のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!





alexgarden at 07:34|PermalinkComments(2) ガーデニング | 花なかま

2012年01月21日

Snow in Yokohama & Hakone

Acanthus mollis121_ms

昨日、横浜は初雪。昼過ぎに、箱根から戻ると我が家の庭もうっすらと雪化粧。アカンサス=Acanthus mollisの鮮やかなグリーンに白いミルクシャーベット。

alyssum121_ms

アリッサム( sweet alyssum)=Lobularia maritimaも雪の白に負けじと咲く。

ryunohige121_ms

リューノヒゲ=Ophiopogon japonicusには、シェービング・フォームのような雪。

viola121_ms

ビオラにはビオラの旋律に惹かれた雪が・・・・?

hakone120_ms

昨日、箱根の温泉宿で朝を迎え、外は白銀の世界でビックリ。このところ、港北ガーディシュ・大磯プリンス・箱根と連チャンで温泉三昧のAlexです。実は、庭の力仕事で腕の筋を痛めてしまい、仕事も出来ず、バイオリンも弾けず温泉治療!と言い訳。

cha121_ma

ワタシも温泉に行って、脂肪を絞り出したいワン。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は白銀のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 08:36|PermalinkComments(2) ガーデニング 

2012年01月20日

クレマチス・アンシュエンシス

anshunensis120d_ms

この数日、グレヴィレアに気を取られていたが、久々に庭を眺めてみるとクレマチス・アンシュエンシス=(C.anshunensis )が咲き始めていた。

anshunensis120b_ms

毎年の光景だけれども、今年も元気な姿に安心する。

anshunensis120_ms

今年は、ジャカランダの木に、しっかり絡み付いている。

anshunensis120c_ms

約250cm位の高さまで、登ったのだ。

cha119_ms

どう見ても、ワタシ肥満ね。ダイエットしないと!

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は安心のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



anshunensis

alexgarden at 07:00|PermalinkComments(1) ガーデニング | クレマチス

2012年01月19日

植物の毒性

robyngordon802_ms

さて、昨日「グレヴィレア皮膚炎についての情報下さい」と呼びかけたら、早速、知人の園芸オーソリティ「花咲ジジイさま」→花咲ジジイの「花」麗なる毎日から下記メールを戴いた。流石のKew Gardenディプロマである。ボクなんか加齢なる毎日だもんね。有り難うございます!

『特に厳密な基準があるとも思えませんが毒性は、その危険度によってカテゴリーが分かれていると思います。
ハゼ、ウルシなど誰にとっても危ないもの、人によるもの、程度によるものなどなど。
オーストラリアのサイト By Raising Children Network
を見ていましたら、「highly poisonous plants: plants to destroy or remove」→「plants to avoid」→「plants to treat with caution」の順にありまして、Grevilleas は取り扱い時に注意を要す3番目のレベルです。
内容を見ても「アレルギーの子供が触れた場合に、かゆみ、腫れなどを起こす場合がある」とかなり限定的な雰囲気です。
欧米では衛生安全に対する意識が高いですので、「気をつけられたし」と警鐘をならしているのだと思いますが、特に気をつけるレベルではないと個人的には思います。
例えるならイチョウのギンナンでかぶれる人がいますが、皆平気で素手でギンナン拾いをしている(軍手をするのはむしろニオイを気にしている人では?)のに似ている気がします。
あくまでも個人的な見解ですが・・・・。』

早速、アクセスしてみると、更にQueensland Poisons Information Centreへのリンクがあり、毒性のある植物の写真や症状まで説明していた。役所がここ迄、ケアーするとは流石のオーストラリアである。

このリストの中にはGrevillea Robyn Gordonもあった。以下英文はQueensland Poisons Information Centreより引用。
Symptoms:Allergic contact dermatitis may result in sensitive individuals. Blisters may develop 2-3 days after contact. Hairs on the leaves may be responsible for these reactions.
Toxicity category 3

duranta819f_ms

他に、我が家で育てた事のある植物も沢山!Durantaも!
Symptoms:If eaten, the fruit can cause gastro-intestinal irritation, vomiting and diarrhoea.
Toxicity category 2, 3

agapan713b_ms

ああ〜、Agapanthus お前もかよ!
Symptoms may include nausea vomiting, abdominal pain and diarrhoea if ingested, with severe ulceration of the mouth from the clear sticky sap.
Skin contact with the sap may cause a burning sensation, skin irritation and rashes.
Toxicity category 2, 3

ajisai610_ms

何とHydrangeaまで!
Botanical name:Hydrangea macrophylla
Symptoms:All parts of the plant are poisonous. If eaten, symptoms can include nausea, vomiting and diarrhoea.
Skin contact can cause dermatitis, rash or irritation.
Toxicity category 2, 3

primula028_ms

更にはPrimulaも・・・
Mild to severe skin reactions can occur, usually after the plant has been handled. The irritant can be transferred from the hands to other parts of the body - especially the face, mouth and eyes. Symptoms can include burning, redness, itching, swelling and contact dermatitis.
Eye contact may cause redness and swelling.
Toxicity category 3

ということで、Grevillea Robyn Gordonも、上記のカテゴリー3なので、上記の植物同じ程度と理解して、アレルギー体質の人によっては、取り扱いに要注意といったところだろうか。

cha829_ms

ワタシの肥満への軌跡・・・Alexの家に来て1年後の2009年8月。まだスマートだったわ。


br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はスマートなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!




alexgarden at 08:39|PermalinkComments(9) ガーデニング | オージープランツ

2012年01月18日

グレヴィレア皮膚炎についての情報下さい

robyngordon629b_ms

今迄、グレヴィレアを庭木にオススメしてきたAlexにとって、grevillea dermatitis(グレヴィレア皮膚炎)で国内で実際に被害にあったという事実は、少々、ショックである。昨日は、aidanさまからもコメントを戴いた。 Grevillea 'Robyn Gordon'は、現地で極めてポピュラーな花木で、家庭の庭はもちろん公園や学校でも見かける。日本のツツジのような存在だと思う。そして、この写真は三田のオーストラリア大使館である。大使館職員の子供達も遊べる場所だ。
Grevillea 'Robyn Gordon'でアレルギーを起こす人がいるのは事実だが、現地であれほどポピュラーな植物が「危険な植物」とレッテルと張られるのは少々、可哀想な気もする。ともあれ、育てている人は注意が必要だ。
日本ではgrevillea dermatitis(グレヴィレア皮膚炎)の情報が殆ど無いので、もし被害にあった事のある方は、症状等教えてください。

robyn116_ms

昨日、ボクは花にアレルギーを起こすと書いたが、調べてみると葉でもアレルギーを起こすようだ。様々な、グレヴィレアの品種の中で、Robyn Gordonが特に取り挙げられているが、確かに葉が固く尖っているので、皮膚に刺さり易いのだろう。

moonlight116_ms

Grevillea ’Moonlight’は柔らかくしなやかな葉で刺さる事は無い。

camtarberry116_ms

こちらは、Grevillea ’Canterbury Gold’この葉も柔らかい。

rustar116_ms

接ぎ木の台木に使用するgrevillea robustaも柔らかな葉だ。

cha116_ms

ワタシは、お庭の薮の中を駆け巡っても大丈夫だったわ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は柔らかいクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!









alexgarden at 08:36|PermalinkComments(3) オージープランツ | グレヴィレア

2012年01月17日

植物とアレルギー

robyn814c_ms

先日、アップしたグレヴィレアの記事に、読んで下さった方から、気になるコメントを戴いた。「10年ほど前から Robyn Gordon を庭植えしてますが、手入れしているうちに グレヴィレア・アレルギーになってしまいました。grevillea dermatitis で検索してみて下さい。コワイ植物ですよ。」
grevillea dermatitis(皮膚炎) については以前、 (ASGAP)Association of Societies for Growing Australian Plants=現在はAustralian Native Plants Society (ANPS)のサイトで読んだ事があるので知っていたが、「コワイ植物」がどれほどコワイのか気になった。ASGAP/grevillea dermatitis改めて読み直してみたが、どの程度コワイかは触れていなかった。花に触れると皮膚炎アレルギーを起こす人がいるらしい。
植物のアレルギーや毒性は挙げればきりがない程であるが、ユーカリオイルのボトルにもPoisonなんて書かれていてギクッとしたりする。
以下に、我が家にあるアレルギーを引き起こす植物をアップしよう!

haze1113_ms

ハゼノキです。漆で有名ですが、コレは多分、園芸種なので大丈夫だと思いますが、人によっては下を通過しただけで被れたりするらしいですね。

mimosa225a_m

近年、人気のミモザですが、メルボルンにはミモザ(wattle tree)が沢山あり、多くの日本人が激しい花粉症(hayfeverと言っていた)にやられていました。ボクもコレが引き金で花粉症人生が始まりました!

03tengai

ダリアですが、カミサンは樹液に触れると皮膚炎を起こします。活け花でダリアを生けて被れる人もいるらしいですね。
まっ、園芸家と植物アレルギーはビミューな関係ですが、ボクは花粉症に懲りずにミモザ育てています!

cha814_ms

ワタシ、何時から羊さんみたいに小太りになっちゃたのかしら?(Grevilleaの写真と同じ、昨年8月)
既に、肥満・・・.

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は懲りずにクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!






alexgarden at 06:05|PermalinkComments(6) ガーデニング 

2012年01月16日

【植物を語ろう2012関東新年会】&【花なかま新春特別講演会】

毎年、ご案内していましたので、今年も!

・日程  2012年1月27日(金) ※お約束どおり、いつもの1月第4金曜日です
・時間  午後6時30分〜9時まで(ただし6時にプレ開宴予定)、受付は午後5時15分開始予定です。
・会場  NHK青山荘(地下鉄表参道下車A5出口すぐ) 東京都港区南青山5−2−20 TEL03−3400−3111
・会費  7,000円 (当日会場で申し受けます、お支払いはできるだけお釣りのないようご用意願います。領収証はご用意させていただいております)
・参加申し込み  1月24日(火)までに


今年は、もう一つ!「花なかま」からのご案内

1.新春特別講演会&1月例会
 【日時】2012年1月29日(日)
   13:00〜16:30
   受付開始は11:30 開会までの間に会場内で食事可(各自用意)
   アルコール飲料は会場の規則により持ち込みできません。
 【場所】大田区産業プラザ
【会費】¥2000(当日会場にてお支払ください)
【講演】
1)奥藤敏二郎(おくとう・としじろう)(赤穂ジェスネリアード)
    ストレプトカーパスとイワタバコ科植物の専門
2)長岡 求((株)フラワーオークションジャパン)
【1月例会】講演終了後に開催いたします。

※ご友人もお誘いください。1月例会にも参加される場合は当日ご入会をお願いします。
※懇親会を17:30〜、希望者のみ、会費別途、会場さくら水産(予定)。

それぞれ、申し込みは、Alexにメール戴ければ、連絡します。
alexあっとまーくf06.itscom.net  もちろん、あっとまーく→@

kadan116_ms

12月に花壇を作ったお宅に、先日、立寄った。まだ、チューリップの球根は芽が出ていなかったが、一足先に春の雰囲気!良く手入れしてくれていると、ホッとする。

stock115_ms

ストック「庭美人」が元気に咲いていた。

stock116_ms

流石、冬の定番!

10bba7ec

昨日、肥満犬のダイエット番組をテレビでやっていた。あっっ、我が家のシャーロットも最近、肥満気味・・・。ちょっと、気になって、Before,昔の写真(2008年8月我が家に来た日)&Afterは、最近をみてくれい!ああ、イカン!

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はダイエットのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!








alexgarden at 06:18|PermalinkComments(1) イベント 

2012年01月15日

オージープランツの耐寒性

6afd08b1

オーストラリアの花木を庭で育てる上で、気になるのが耐寒性だ。2005年にこんな記事を書いていた。

Grevilleaも様々な種類があって一概には言えないが、だいたい屋外で越冬できるようだ。
ほぼ1年中花を咲かせるRobyn Gordonは、流石に花の上に雪がつもり夜間に凍るとやはり花は枯れてしまう。Grevillea moonlightも地植えで越冬できているが、凍ったり、強い霜にあたると葉先が痛む。この写真のGrevillea moonlightも葉先が痛んでしまった。

あれから7年、昨日もアップしたように、大木になると今年は葉先も傷まず、耐寒性が増す?
今年は暖かいのだろうか?

d5b23c20

ユーカリは様々な種類があって、一概には言えないが、我が家にある、Eucalyptus sideroxylon rosea, Eucalyptus leucoxylon rosea、は露地で無事越冬している。しかし、コーラルガム(E.torquata)は、夏の蒸し暑さで枯れた。寒さに弱いとされるレッド・フラワリングガム(Eucalyptus ficifolia)は霜に当てないように2階のベランダに置いている。写真は、E.leucoxylonのガムナッツ。Eucalyptus sideroxylon rosea, Eucalyptus leucoxylon rosea、は庭で健在だが、ナッツが出来ても種に成る前に落ちてしまい、種は収穫出来ない。

これも2005年の写真だが、その後、レッド・フラワリングガム(Eucalyptus ficifolia)は枯れた。

ff218dfe

そして、これも2005年1月25日の写真と記事だが、この年は、なんと真冬に咲いていたのだ。

和名で金宝樹といわれる、ボトル・ブラッシュ Bottle brush/Callistemon citrinusである。オージープランツの中で、日本での歴史もあり最も定着した木だと思う。耐寒性もあり、種を蒔いても発芽率がすこぶる優秀である。冬の寒さにもビクともせず、ユニークな花を咲かせる優良児である。100年位まえに導入され、金宝樹という、今では恥ずかしい名前に命名されてしまった。しかし、当時は、それなりのインパクトがあり、金宝樹と命名されたのだろう。「幸福の木」や、「子宝の木」、「お金のなる木」よりはマシだと思うけど、金宝樹という名前には少し引いてしまう。ボトル・ブラシ/カリステモンと呼びましょう。真冬の今でも咲く貴重な花だ。

heritage115_ms

今年はHeritageが咲き続けている、やはり暖かいのだろか?

cha1115_ms

ワタシは耐寒性、充分で寒さなんか、ヘイッチャラよ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は暖かいクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:08|PermalinkComments(2) ガーデニング | オージープランツ

2012年01月14日

グレヴィレアの魅力(3)

moonlight114_ms

昨日、一昨日とグレヴィレアについて書いたが、一つ忘れていた!今年は、この寒風の中で、Grevillea 'Moonlight'が蕾の状態で開花しようとしているのだ。地植えして14〜5年になるが、冬に蕾を持っているのは初めてで、木が大きくなると気候に順応して耐寒性も強くなるのだろうか?開花が楽しみだ。
右のピンクの花はユーカリ。

grevillea611a_ms

さて、国内でGrevillea 'Moonlight'を見る事が出来るか?出来ます!浜松の浜名湖花博の跡地の公園で、旧オーストラリア庭園に咲いているのです。この時期は、どうだか判らないが、昨年6月に見事に咲いていました。

robyn114_ms

同じく旧オーストラリア庭園で咲く、Grevillea 'Robyn Gordon'。

eaf36e45

こちらは、西オーストラリアのモーテルで咲いていたGrevillea 'Robyn Gordon'。見事でした!

suisen114_ms

このところ、園芸サークルの「花なかま」の機関誌、創刊号の編集に明け暮れておりまして、影響されて、ブログもついマニアック系に走って、スイマセン!・・・スイセン!
ああ〜、早く編集から解放された〜い!

cha114_ms

Alexは最近、朝、起きるのが段々、遅くなって、ワタシの散歩もブレックファーストも遅いのよ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は解放のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!






alexgarden at 09:25|PermalinkComments(0) オージープランツ | グレヴィレア

2012年01月13日

グレヴィレアの魅力(2)

grevillea113_ms
簡易温室で蕾を膨らませつつあるGrevillea 'Robyn Gordon'
Grevillea 'Robyn Gordon'は1960年代にオーストラリアの植物家で数々の業績を残し、2001年に102歳で逝去したDavid Gordonが、16歳で病死したの長女 Robynの名前を付けた、交配品種だ。殆ど一年中が咲き続ける素晴らしい品種だ。


robyn604_m
特にロビンゴードンは殆ど一年中咲き続けてくれる優等生で、是非、オススメしたい品種だ。


moon807all2_m

昨年、良く咲いたGrevillea moonlight


mppn807up2_m
コレはmoonlightのアップ画像。


grevican501_s
コレも地植えで越冬する、Grevillea ’Canterbury Gold’


reatoothbrushgre_s
Grevillea'toothbrush' (ハイデンにて撮影)


juncifolia_s

Grevillea juncifolia(パースにて撮影)

cha113_ms
ああ、暖房のある部屋は気持いいわ!あら、恥ずかしい!


br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は優等生のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!





alexgarden at 08:38|PermalinkComments(4) オージープランツ | グレヴィレア

2012年01月12日

グレヴィレアの魅力(1)

grevillea112_ms

簡易温室の中で、Grevillea alpineが細々と咲いている。そういえば、昔、同じGrevillea alpineの赤花を育てた事が合ったな・・・と、PCの中を探してみた。

alpina807

あった、あった、2005年の3月だった。
そして、2005年おやじぃ3月号 にGrevillea について、アップしていた。いや〜、あの頃は真面目だったなあ〜!と復刻版を思いついた!
Grevillea alpineの赤花です。

以下、「おやじぃ3月号」より抜粋。
オーストラリアの庭で最も多く使用されている花木だと思う。日本のツツジとツバキを合わせたような存在かもしれない。 約300もの原種があり、園芸品種も多い。プロテアの仲間である。(Proteaceae)
グレヴィレアという名前は、1804年の英国王立園芸協会の創設者の一人である Charles Francis Grevilleにちなんで名付けられた。
ここ数年日本でも鉢植えが販売されるようになり段々と知名度が上がって来ているが、庭木としてはまだあまり利用されていないようだ。
我が家の庭には数本を地植えにしているが、見事に環境に適応し毎年花を咲かせてくれる。(・・・・と2005年には書いたが、現在、地植えで残っているのは、・・・明日紹介します。)
我が家で育っている品種を中心に紹介しよう。

grevillea522_m

そして、今は亡き、Grevillea georgeana

grevillea219_m

そして、Grevillea levis。これも天国に行った!
明日に続く!

cha112_ms

2005年ってまだ、ワタシ、生まれていなかったわ!こんなお花が咲いていたのね。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は復刻のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!






alexgarden at 08:09|PermalinkComments(2) オージープランツ | グレヴィレア

2012年01月11日

エレモフィラ・マキュラータ

Eremophila maculata110_ms

この寒い中でオージープランツのエレモフィラ・マキュラータ=Eremophila maculataが今年も咲いている。

Eremophila maculata110b_ms

毎年、この時期に咲くのだ。花のない時期に咲いてくれる、嬉しいオージープランツだ。
庭に地植えです。

詳しくは↓
The Australian Native Plants Societyのページ
昔、アップした記事。
2007年の記事

elemo502e_ms

エレモフィラというと、日本では、ここ数年、すっかり、寄せ植え素材として、1年草扱いで、定着したEremophila nivea だが、西オーストラリアの乾燥地帯の植物で、メルボルンでさえ育てるのが難しいとされている。この写真は数年前の拙宅だが、2〜3年で枯れた。蒸し暑い日本の夏越しが難しい。

elemo501a_ms

すっかり普及して、時々、庭に地植えしている姿を園芸雑誌でも見かけるが、まず露地では、日本の梅雨は越せないと思う。長持ちさせるには雨に当てない事だ。

cha110_ms

オーストラリアの花は面白いわね。ワタシも行ってみたいわ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は嬉しいクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 08:22|PermalinkComments(1) ガーデニング | オージープランツ

2012年01月10日

屋内で薫製作り

sousage109_ms

手作りソーセージ&薫製づくりはカレコレ始めて15〜6年になるが、昨日、比較的簡単に出来る、大きな鍋を利用した方法を試みた。今迄は庭でスモーカーで薫製していたが、今回の方法の方が簡単で省エネだ。
以下、昔、アップしたソーセージと薫製の作り方。ソーセージは最近はデロンギのソーセージメーカーを使用。
ソーセージの作り方
薫製の作り方

smoke109b_ms

鍋の下にチップを敷き、網の台の上に薫製するものを置き、ガスコンロにかけて煙が沢山出てきたら、ガスを止めて蓋をして約20分で出来上がり。尚、調理は事前にソーセージは60〜70度でボイル、チキンはオーブン60〜70度で3時間程度かけて火を通しておく。

smoke109a_ms

今回はチキンは、数日ワイン&ピックル液に浸け塩抜きをして、オーブンで調理。その後薫製。ただ、この場合、スモーカーと異なり、垂れた肉汁が焦げて、そこから出た不良な煙でも「薫製」する事になるので、要注意!

nitamago109_ms

煮タマゴ、これも3日がかりである。今回、何故か殼が綺麗に剥けず苦労!いつものように、塩を入れて茹でて冷水に入れて、水で流しながら剥いたのに・・・・。
しか〜し、薫製や手作りソーセージは手間隙掛かる贅沢な男の料理ですね。

heritage107_ms

あっ、花の写真もアップしないとね。寒さに負けず健気に咲くヘリテージです。

cha109_ms

あら、ワタシはソーシージはタマネギが入っているから食べさせてもらえないのよ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は贅沢なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 08:17|PermalinkComments(6) 男の料理 

2012年01月09日

ガーデンシクラメンの試み

cyclamen109a_ms

今年、沢山出回っているガーデンシクラメンだが、現在、作庭中の友人宅の庭の庭石の再利用の引き立て役に使用してみた。よくありがちだが、昭和時代に親が作った和風の庭を洋風に変えたいと庭石を庭の隅に放置しているお宅。その石の再利用を試みた。バークとシクラメンで洋風に。

cyclamen109b_ms

既存の樹木の木肌もシクラメンが引き立ててくれる。

pansy109_ms

再利用の石はレンガやバーク、そしてパンジーとグラスで表情が変わる。親の遺産の石が復活。

indeian108a_ms

この歳になると、世界の色々な料理は食べ尽くした?と思いきや、初めて食べるインドのスィーツに出くわした。インドの土産物。

indeian108b_ms

伝統のスィーツらしい。カラチ・ハリバ? う〜む、言葉では言い表しにくい固いゼリーにナッツが入って、フルーツの酸味があり無茶甘い。 子供達はNo Thank you! 許容力のあるボクはOK!結構、クセになるかも!

cha109_ms

ワタシも食べものは、何でもOKよ!

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は試みのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!






alexgarden at 07:20|PermalinkComments(2) 草花 

2012年01月08日

原種水仙

narcissus108c_ms

一足、早く春の訪れを知らせる、原種水仙(Narcissus romieuxii ssp.)が、年末から咲いている。

narcissus108_ms

この寒さの中で、小さなな体で可憐に健気に咲く、この花を見ていると、なんだが素直な気持になれる。

narcissus108b_ms

小型で素朴な原種系の草花って、培養系にはない、何とも言えない魅力がありますね。

vn108_ms

ところで、昨日は久々に、調布の弦楽の練習に参加。振り返れば、忙しくて2ヶ月も休んでしまっていた。その間、皆は、シューベルトの「死と乙女」と取り組んで来たのだが、ボクは昨日、譜読みすら出来ていない状態で、スピードに全然、着いて行けず、落としてばかりで「辛い苦難の三時間」を過ごしてしまった。おまけに、久々で力んだせいか、首筋が痛くなり・・・最悪!やっぱり、練習はコツコツとしないとイケマセンね。いや〜、しかし難曲だ〜。

cha108_ms

三連休なのに、Alexはなんだか忙しそうだわ。お酒、飲み過ぎないようにね!

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は健気なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!





alexgarden at 08:35|PermalinkComments(0) ガーデニング | 草花

2012年01月07日

シキミア

kishimia107_ms

今年、冬の寄せ植えに人気のあった、シキミアがようやく開花。こんなカワイイ花なのだ。

kishimia107b_ms

斑入りのシキミアはまだ、開花しない。

yoseue107_ms

あっ、一時避難の寄せ植え素材てんこ盛り!

chrismasrose107_ms

寒い日が続くが、クリローの花芽が膨らんで来た。2月にはクリロー展ですね。RHSJコンテナガーデン協会からの案内で、コンテナ作品を募集しているらしい。

cha107_ms

はやく、斑入りシキミアのお花が見たいわ。花も斑入りかしら?

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はカワイイクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!





alexgarden at 07:18|PermalinkComments(4) ガーデニング | 花木

2012年01月06日

されどパンジー

pansy106d_ms

ボクが子供の頃は、「三色スミレ」という名前だったパンジー。昔は春の花だったが、いつしか冬花壇の定番になった。最近は10月頃から売られている。

pansy106b_ms

しかも、この数年のフリフリ系(fringed系)の進化は凄まじい。

pansy106a_ms

見る角度によっては、違う花のようにも見える。

pansy106_ms

こんな定番のパンジーも満更ではないのだなと、今朝は背景も意識して、日の丸写真を撮ってみたのだ。

smoke106_ms

ところで、例年、クリスマスには作っている薫製が、昨年は忙しくてパスしてしまった。
来週、「お呼ばれ」があるので、昨日、仕込んだ。ピックル液とワイン&香草野菜に漬け込むのだ。
庭のミカンもオレンジの代りに入れてみた。

hardys106_ms

オーストラリアのHardysのShardonnyの5リットル入りカスクが、安くて、クオリティも良くお料理にも、がぶ飲みにもオススメ!ちなみに、Shardonnyはオーストラリアではシャルドネでは無く、シャドネェイと発音する。

cha106_ms

ワタシの、お耳もフリフリカールよ。


br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は三色のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 07:54|PermalinkComments(1) ガーデニング | 草花

2012年01月05日

新春ガーデン

front105b_ms

かつて横浜のチベットと言われた、我が家は今朝マイナス1度だったが、良い天気だ。新春はやはり、明るく華やかな画像を!と意識してしまう。

front105_ms

このコーナーはカミサンの管理下にある、イングリッシュになりきれない、房総系?花いっぱいリゾート!

cyclamen105_ms

ここ数年、急速に出回った耐寒性のあるガーデンシクラメン、いいね。まっ、夏越しが問題だが・・.

cyclamen105b_ms

一昔前なら、考えられなかった「露地でシクラメン」。園芸の世界も変化・進化してますね。

cha105_ms

まあ、今日もお日さまに「おはよう!」ってご挨拶できたのよ!今日も素敵な一日でありますように!

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は明るくクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!





alexgarden at 08:05|PermalinkComments(2) ガーデニング | 草花

2012年01月04日

祝!11歳の誕生日 ボクのインターネットガーデン

実は昨日が、ボクのインターネット・ガーデン=Alex's Garden の誕生日だった。何と11歳である。
2001年1月3日・・・ボクが初めてホームページを立ち上げた日だ。息子の二十歳の誕生日だった。息子は今年31歳(独身!嫁さんいないかなあ?家付き、ジジ・ババ付き、Alex's Garden付きなんちゃって!)。昨日は立て込んでいたので・・・今日に!
1e7cf9c7


昨年、ちょっとした手違いで、ホームページのAlex's Garden PartyのトップページがAzamino Garden Planningに書き変ってしまい消滅した。しかし、トップページはアクセスは出来ないが他のページや、
英文ページが健在だ。
英文ページにも主題歌のwaltzing matildaが流れます!

ピクチャ 3



男の料理のページも健在だ。
Alex's cooking room
ピクチャ 4

また、2003年から2005年にかけては毎月、オージーとおやじをかけて、 ウェブ通信「おやじぃ」を毎月3日に発行していた。

2003年1月号あっ!恥ずかしいボクのヘロヘロピアノ演奏付き!シューマン「飛翔」いや「墜落』
2004年1月号
2005年1月号

時間のある方は、覗いてみて下され!文字化けする場合は、ツールバーの表示からテキストエンコーディングを選び調整して下さい。


しかし、振り返ると、ボクのインターネット・ガーデン『Alex’s Garden』『男庭』には、世界中から、この11年間で延べ約200万人以上の方が来場している。
このインターネット上の庭、無くして、今の実際の庭も現在のボクも無かったと思う。継続はチカラなりである。

開設当時は、まだバリバリの多忙なサラリーマンだったが、オーストラリア駐在から帰国後、数年経っても日本のサラリーマン生活に今ひとつ復帰出来ず、オーストラリア的価値観の豊かさを追い求めていた。今風に言えばワークバランスのとれた生活なのだろう。趣味を中心に、一つのサラリーマンのライフスタイル提案をネットを通して書き綴ろうとホームページを始めたのである。

今はサラリーマンを定年退職になり、第二の人生(第二の青春!)を歩んでいる訳だが、プロガーデナーとしてコンセプトは変りながらも、ワークバランスのとれたライフスタイルは発信し続けたいと思う。まだ「シニアライフ」とか「シニア日記」には抵抗を感じているのだ。

今まで、Alex's Garden Party 及び男庭日記にアップしてきた膨大なコンテンツもボチボチ整理して纏めたいとも思っている。まっ、歳相応にマイペースで、ゆる〜く歩んでゆきたいと思いますので、引き続き、よろしくお願い致します。

2fcenter103_ms

ところで、定点観測をアップしておきましょう!

grevillea102_ms

グレヴィレア・ムーンライトの蕾が寒さの負けずに開花するでしょうか?

cha104_ms

ワタシがまだ、生まれていなかった時代の事ね・・・・・。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は記念日のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!










alexgarden at 09:26|PermalinkComments(2) ガーデニング | 定点観測

2012年01月03日

巨大男庭みかん

mikan103a_ms

新年早々、庭のミカンの収穫をした。今年は、数が少ない分、巨大だ!ぶどうの藤稔=デッケーネみたいに、男庭(ダンディ)ブランドみかんにビッグダ〜ゼ!とか、ビッグダンディ!とかネーミングしたくなる程だ。

mikan102c_ms

どれほどビッグかというと、僕の可愛い手には収まらない程なのだ。

mikan102d_ms

読者には客観的事実で伝えよう! 322gである。ちなみに、戴きモノのミカンで2Lサイズが148gであった。ビッグなのだ!

mikan103b_ms

お味は?採れたてミカンは、酸味も甘みも強く濃厚なのだ。正月早々に自然の恵みのビッグなプレゼントに微笑むAlexであった。

cha103_ms

あら〜、ワタシの大好きなミカンね。嬉しいワン。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はビッグなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!






alexgarden at 09:18|PermalinkComments(0) ガーデニング | 果実

2012年01月02日

メジロとユーカリの楽園

euca102a_ms

今年はユーカリの開花が遅れ、新年の澄み切った青空をバックに沢山の花が咲き続けている。

euca102b_ms

数メートルの高さに咲くので望遠を使用。

mejiro102_ms

ユーカリの花は沢山の蜜を持っていて、メジロが数羽、毎朝、ブレックファーストに立寄る。

mejiro102b_ms

オーストラリアの園芸本の庭木の紹介に良く、Attracts birdsという表現を見かける。
自分の庭の樹木で自然の鳥達を呼び寄せて、バードウォッチングを楽しむという素敵な価値観である。

mejiro102a_ms

メジロがユーカリの蜜を吸う姿は、時の流れを忘れさせて、しばし夢のオーストラリアの楽園へ誘う。
ああ、これもガーデニングの一つの楽しみ方なのだ。

cha102_ms

あら、ワタシもユーカリの蜜、吸ってみたいワン!

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は夢の楽園のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!




alexgarden at 08:57|PermalinkComments(0) ガーデニング | ユーカリ

2012年01月01日

明けましておめでとうございます!

年賀2012_ms

明けましておめでとうございます。

あっと言う間に、今年は「第二の青春」も3年目に入ります。
毎日の貴重な時間と、人々との出会いや繋がりを大切にしながら、仕事に趣味に、「第二の青春」をマイペースで楽しんで行きたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。


br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はおめでとうのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



alexgarden at 07:51|PermalinkComments(2) 第二の青春