2017年02月

2017年02月28日

後進の育成・・寄せ植え製作

container228a_ms

コンテナガーデン、寄せ植えはコーナーを飾ったりするのに便利である。ところが、男性には、なかなか取っ付きにくいものである。職場で、なんとなく、ボクの仕事になってしまっているが、最近は腰が痛くて、重たいものを持てないし、後進の育成をせねばと思っていた所、20代の若い男性がスタッフに入って来た。それで、寄せ植え製作の特訓。

container228b_ms

ちょうど、良いタイミングで、横について、一つ作らせた。大体、男性の場合、「才能無し」が多いのだが、この処女作、まんざらでも無い。

container228c_ms

多くの男性は、花を扱う事を照れてしまうようだが、寄せ植えは、やってみると結構楽しめるのだ。
人間は基本的に、創作活動とか、芸術が好きなはずだ。

container228d_ms

「好きこそ物の上手なれ」、で好きになる事、仕事上では「達成の喜び」が大切だと思う。自分が作った寄せ植えを、来園者がスマホで写真を撮る姿をみたり、「わあ〜、素敵!」と、他人が喜んぶ姿は、やはり嬉しいものである。まだ、未知数の若者であるが、後進として期待したい。

cha228_ms

あら、ワタシの家のコンテナも作り替えてよ。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、素敵なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 08:07|PermalinkComments(0) ガーデニング | コンテナガーデン

2017年02月27日

スワッグ作り・・・進取の精神で

swag227a_ms

最近はリースよりもスワッグが若い女性には人気らしい。それもユーカリのスワッグが人気とか。おお、ボクの得意のユーカリではないか!ちょいと、今咲いている、ミモザを加えて、進取の精神で作ってみた。いとも簡単!

mimoza227_ms

ネットでみると、こんなのが3000円位で売られている。はあ?こんなの庭の剪定ゴミでいくらでもつくれるのにな。

eucalyptus227_ms

ユーカリは600種以上あると言われ、日本では生け花で使用される丸葉ユーカリが多いが、香りは、このEucalyptus sideloxylonが最高!
気品のある香りなのだ。レモンユーカリは香りがきつくて下品だし、葉も美しくない。

swag227b_ms

シランの実もあしらってみた。

hinoki227_ms

檜や樅の枝も加えて、針葉樹風味を加えた。まあ、3分間で簡単にできる、爺さんが作るスワッグでした。

cha226_ms

あら、ワタシにも作れそうだわ。スワッグ犬でデビューしようかしら?

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、可愛いクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:17|PermalinkComments(0) ガーデニング | ユーカリ

2017年02月26日

ふきのとう

fukinoto226c_ms

ふきのとうが、可愛らしく顔を出してきた。昨年、蕎麦屋で初めて食べた、ふきのとうの天ぷらが春の香りがして美味しかった。

fukinoto226_ms

無関心だった、ふきのとうだが、可愛らしくみえるようになった。

fukinoti226b_ms

植物園のふきのとうは、採るわけにはいかないので、八百屋でさがしてみようか。

ume226b_ms

梅も満開だ。のどかな春だ。

umeuguisu226_ms

おや、小鳥が・・もしや、「梅にうぐす」かと思いきや、メジロだった。うまく写真が撮れなかったが、素敵な光景だった。

cha27_ms

あら、お肉のとうって、生えてくないかしら?

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、可愛いクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:50|PermalinkComments(0)

2017年02月25日

福寿草ビタミン

fukujyusou225d_ms

春は黄色い花からと言われるが、1月下旬の蝋梅に始まり、昨日はミモザをアップしたし、今日は福寿草。これから、トサミズキやミツマタ、雲南黄梅など、黄色い花が咲く。黄色(柑橘系の色)を最近はビタミンカラーと呼ぶらしい。

fukujyu225b_ms

人夫々には、花に対して様々な思いがある。この可憐な福寿草、ボクの亡き父の名が福寿だったのである。やはり、この花を見ると父を思い出す。

fukujyu225c_ms

福寿という古めかしくも目出たい父の名が、子供の頃は、ちょっと恥ずかしくも感じられたが、今になって思うと、花の名前の付く名は素敵だと思う。

fukujyu225_ms

未だ寒い春に、真っ先に咲いて春を告げ、人々の心を明るくしてくれる、黄色い花、福寿草。ビタミンカラーが人々に元気をくれる。

cha225b_ms



dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、ビタミンのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:47|PermalinkComments(0) ガーデニング | 草花

2017年02月24日

ミモザ花粉症

acasia224_ms

花粉症の季節が今年もやって来た。ボクもこの4半世紀は花粉症なのである。
一般的には、杉花粉なのだが、実はボクはアカシア(ミモザ)花粉症なのである。今、我が家の庭にはアカシアが満開である。あのボンボリのような花は見るからに花粉がいっぱいである。

acasia224b_ms

ボクが最初に花粉症になったのは、メルボルン駐在中である。多くの日本人がワトルツリーと呼ばれるアカシアでやられたのだ。ガーデン都市と呼ばれるメルボルンの花粉の量はきっと東京の比ではないと思う。家々の庭には沢山の花が咲き乱れ、花粉をまき散らしているのだ。

ミモザ

春先から夏にかけて、芝刈りをやった夜はもう、グショグショで眠れないほど苦しんだ。
当時の症状に較べると、今は軽症である。

三角

ミモザ花粉症ならば、ミモザの木なんか切ってしまえば良いのに、懲りずに、鼻水と涙を流しながら美しいミモザを愛でる毎日である。

cha225_ms

あら、ワタシも散歩で、時々、くしゃみが出るけど花粉症かしら?

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、美しいクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:21|PermalinkComments(0) ガーデニング | 草花

2017年02月23日

やっぱりストック

stock222_ms

昨年から、我が家の冬の定番のストックとパンジーは水やりの手間が大変だからと止めたはずだが、カミさんが最近、ストックを植えていた。

kawarapot222_ms

ケース買いしたらしく、寄せ植えにも、まあ、たしかに春の香りが素敵だ。

ストック

ストックと言えば、かつて、我が家ではパンジーと並んで、もっとも沢山、植えた草花かもしれない。
ボリュームがあって、真冬も咲いてくれる優等生だ。

ストック2

寄せ植えの講習会にも、毎年、使用してきた。初心者にも扱い易く、コストパーフォマンスも抜群だ。

cha222_ms

あら、ストックの香りは、ワタシも大好きよ。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、素敵なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:37|PermalinkComments(0) ガーデニング | 草花

2017年02月22日

懐かしいキク科の花達

daizy216_ms

ボクは趣味の世界では、オーストラリアの植物をはじめマニアックな植物が好きなのだが、仕事となるとそうはいかない。特に、春は初心者向けの園芸講習会が多く、パワポ用の写真を自分のパソコンで探しても意外と一般的な草花の写真が無かったりする。それで、今日は準備を兼ねて、懐かしのキク科の植物達を!ボクらが子供の頃は、ひな菊を呼ばれ、春の花と言えば、このひな菊と、三色スミレだった!三色スミレって、判りますよね。
学名:Bellis perennis 和名:デージー 原産地:ヨーロッパ、北アフリカ 俗名:ひな菊

Calendula222_ms

次はキンセンカ。これも懐かしいですね。最近は品種も増えて、カレンデュアとか呼ばれ、意外とお洒落!いや可憐デュア。

kinsenka216_ms

学名:Calendula キク科 原産地:南ヨーローッパ

northpole222_ms

冬の定番となったノースポール。丈夫で良いですね。学名:Leucoglossum paludosum 原産地:北アフリカ

ムルチコーレ222

一時、流行って、また最近、復活しているクリサンセマム ムルチコーレ 学名:Coleostephus myconis ちょっと寒さに弱いので注意。

cha222_ms

あら、ワタシ見た事が無い花ばかりだわ。我が家には無いわね。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、懐かしのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 08:04|PermalinkComments(0) ガーデニング | 草花

2017年02月21日

昔ながらのクリロー

chris221e_ms

「昔ながらの中華そば」とか、昔ながらという言葉は、年寄りには何かホッとする郷愁がある。
大手の園芸店に行くと、お洒落なクリローが数千円で販売されている。たしかに魅力的ではあるが、何故か疲れる。ホッと出来るのは、我が家の「昔ながらのクリロー」達である。こぼれ種の、そのまたこぼれ種が野草化している。

chris221_ms

20年以上、植えっぱなしのクリロー達が、それなりの風情を醸し出してくれている。

chris221d_ms

クリローは薔薇等に較べても丈夫だ。20年間も放置状態でも、めったに枯れる事が無い。

chris221b_ms

これは多分、こぼれ種を繰り返した、孫株。素朴で、シンプルで、ホッとする美しさである。

cha221_ms

あら、ワタシも、昔ながらのお肉がホッとするわ。


dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、昔ながらのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 07:42|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月20日

されどクリロー

chrisfuiri220_ms

概して、流行というものは陳腐化するのが常である。ガーデニングで言えば、かつての洋蘭、とかセントポーリアとか、「7人の小人」の置物とか、コニファーとか、etc. しかし、クリローは衰えを見せない。八重咲きの価格は、すっかり庶民的になった。数年間には数千円していたモノが、千円程度でも買えるようになった。大衆化と陳腐化は微妙な関係だ。

whitechris220_ms

しかし、花は高いもの=高級品でななく、個人の価値観で選びたいものだ。

odors220_ms

このところ、クリローに接する機会が多いが、やはり「一番育てたい花」トップのクリローだけあって、品種が豊富だ。薔薇もしかりだが、やはり品種が多いというのは、人気の条件のようである。写真は、素朴なオドルス。

joker220_ms

クリローは、掛け合わせて、比較的簡単に、自分のオリジナルが作出できる。芸術の原点はコピーや模倣ではなくオリジナルである。よっしゃ、今年は、Alexオリジナルのクリローに挑戦してみようか?


cha220_ms

あら、ワタシも純粋イングリッシュ・コッカーじゃなくて、プードルが混ざっているみたいなのよ。


dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、オリジナルなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 08:15|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月19日

黒花クリスマスローズ

ルーセブラック

クリスマスローズの黒花が相変わらず人気のようだ。このルーセブラックは、2006年の写真。
信州で買ったもの。

black2

今年も咲いている。カッコいい!

アトロルーベンス217_ms

黒花系でカッコいいのにアトロルーベンスがある。

hybridkuro217_ms

これは、ハイブリッド系。

melody217_ms

メロディーの八重で、ディープピンクと称されているようだが、かなり黒い。

cha219_ms

あら、ワタシは黒よりピンクや白が好きよ。


dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、カッコいい、クリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 07:36|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月18日

小さなクリスマスローズ展・・・その2

chris218_ms

昨日は春一番が吹いた。クリスマローズの名札が画鋲で留めていたのに、吹き飛ばされた。
しかし、日々、花数が増えて楽しみだ。

chrisno2218_ms

そして、昨日は、第二会場に約40鉢を追加。10号鉢は重たくて、腰痛持ちのボクは、口だけで参加。ごめんなさい!

pinkfrost217_

毎年、成長し、株が増えてゆくのが楽しみだ。ピンクフロスト。

odorus217_ms

オドルス。育ててみたい花のトップがクリスマスローズらしい。多くの方が、「販売はしてないんですか?」と尋ねるが、残念ながら展示のみです。

cha218_ms

あら、昨日は春一番の風の音が怖かったのよ。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、楽しみクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 07:33|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月17日

黒いネモフィラ

penyblack216b_ms

黒いネモフィラ=Nemophila menziesii 'Penny Black' が温室で咲いている。

penyblack216_ms

黒花フェチのボクには、開花が楽しみな花だった。

ネモ

このペニーブラックは昨年10月に種を撒いたものだが、初めて出会ったのは2012年だった。これはその時の写真。園芸店で見つけて、連れ帰ったのだ。あれから5年、今回は実生でゴマンと育っているので、ペニーブラックの花壇を作るのだ。

nemophira216_ms

フツーの青いネモフィラも咲き始めた。

cha217_ms

あら、今日のお空はネモフィラブルーね。寝起きで眩しいわ。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、黒いクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:39|PermalinkComments(0) ガーデニング | 草花

2017年02月16日

春の園芸講座

daishi215a_ms

昨日は、役所のお仕事で、春の園芸講習会でコンテナガーデン製作。初心者向けの講座です。

container215a_ms

これは当日の寄せ植え。毎年、オージープランツを主木にいれている。今年はメラレウカ・レッドジェム。ティー・ツリーとも呼ばれ、葉が素敵な香りがする。

大師寄せ植え2017_ms

コレはテキスト用に、事前製作したもの。

5efa1519

主木にメラレウカを使用するのは、2〜3年後に庭で花を咲かせて欲しいから。

4d55513f

ただ、苗を植えるだけでなく、是非、2〜3年かけて育てて、開花させる楽しさを経験してほしいのだ。

alex215_ms

この会場も、今年で5年目かな。

alex215b_ms

このところ、椎間板ヘルニアの腰痛で、力仕事ができず、アシスタントのイケメンガーデナーに負担をかけてしまっている。

cha214_ms

あら、メラレウカのお花、素敵ね。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、素敵な香りのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:23|PermalinkComments(0) ガーデニング | 草花

2017年02月15日

春を告げるミモザ

mimoza214_ms

例年、バレンタインデーの頃には、色づくミモザである。これは、園芸店で見つけて連れ帰ってしまった、ミモザ・モニカという表記のもの。

sankaku214_ms

庭のアカシアは、まだ、色づかないが、もう少しである。

acasia

このミモザ、実はボクはミモザ花粉症なのである。それなのに懲りなく庭で咲かせている。

acasia214_ms

もう、ミモザが咲けばもう春である。

cha215_ms

あら、モニカちゃん、可愛いわ。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、カワイイクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:26|PermalinkComments(0) ガーデニング | オージープランツ

2017年02月14日

様々なグレヴィレア達

moonlight214_ms

まだ風は冷たいが、空は青い。豪華なグレヴィレア・ムーンライトの花が青空に映える。露地だと7月頃に開花。

golden214_ms

こちらは、同じグレヴィレアのゴールデン・ユーロ。やはり温室で開花。

coucounuts214_ms

グレヴィレア・ココナッツ・アイスも開花。グレヴィレアが見頃だ。"アクセス"

ロビン

そして、我が家のグレヴィレア・ロビンゴードンが寒さの中で開花。ほぼ、1年を通して開花してくれる優等生だ。新しい庭木として、温暖な地域ではお勧めだ。

cha213_ms

あら、ワタシ、春眠暁を覚えずなのよ。最近、歳のせいか、朝寝坊になったのよ。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、豪華なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 07:55|PermalinkComments(0) ガーデニング | グレヴィレア

2017年02月13日

春の花いっぱい

ストック_ms

春の園芸の講習会のシーズンで、我が家が、一時預かりの場所になっている。初心者向けなので、オソドな花ばかりで、それはそれで、懐かしさもあり、ホッとするものがある。ストックが春の香りを放つ。

デージー_ms

デージーも何となく、昭和っぽい。

primula_ms

プリムラ・ジュリアンが色とりどりで、華やかだ。

698628c5

プリムラ・マラコイデス。これも昭和チックな花ですね。

cha216_ms

あら、ストックの素敵な香りだわ。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、素敵な香りのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:16|PermalinkComments(0) ガーデニング | 草花

2017年02月12日

小さなクリロー新名所づくり

chris211c_ms

昨年の秋に株分けした、苗が可愛い花を咲かせている。小さなクロスローズロードの新名所作りだ。

chris211_msrode

こんな株を約50株、植物園の外から見える遊歩道沿い、70mに今年植えた。全部で70株になった。何千株と植わっているクリロー名所のようにはいかないが、若手、イケメン新人君の初仕事で、なかなかの出来映え。以来、新人君をクリロー王子さまと呼んでいる。

chrisrodo212_ms

道行く人が、「わあ〜、カワイイ」とスマホで撮影してゆく。

hybridyae211_ms

来年は、八重咲き品種も株分けして、植えられそうだ。

hybridhalf211_ms

実生の苗も数百株がポットで育成中で、来年には、もっと充実したクリスマスロードになるだろう。

cha211b_ms

あら、ワタシもクリスマスローズ・ロードをお散歩してみたいわ。


dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、カワイイのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 08:00|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月11日

5年目のクリスマスローズ展

chrisshow211_ms

定年退職後は、歳月が流れるのが速い。植物園勤務も5年が経ち、クリスマスローズ展も5回目だ。
初めての時は、数鉢のみで、えっ?!というレベルだった。今年は、3カ所の展示で合計60鉢ほどと、新名所のクリスマスローズロードに70本程だ。

joker211_ms

このジューカーも、成長し、3鉢になった。

hibiridas211_ms

メジャーな植物園のようなクリロー展ではないが、毎年、品種を殖している。

champion211_ms

チャンピオン!素敵な名前の品種だ。大切に育てて来た、クリロー達は、夫々がチャンピオンなのだ。

cha211_ms

あら、ワタシもチャンピオンになれるかしら?

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、チャンピオンのクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:56|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月10日

白い椿「白菊」

椿207あ

毎年、この時期にアップする椿がある。母が遺した「白菊」である。

椿2011あ

花の価値観は人夫々に異なるが、毎年、咲く、母が遺した椿は特別な物だ。
母が残した、クィーンエリザベスとともに、大切にしている。

つばき2011b

これは10年前の2007年の写真。毎年、変わらない美しさである。

つばき2007b

毎年、10年以上に亘って咲く、花木は嬉しい存在だ。

cha210_ms

あら、清楚な椿ね。


dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、清楚なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:18|PermalinkComments(0) ガーデニング | 花木

2017年02月09日

クリローを種から育てる楽しさ

chris209c_ms

クリスマスローズが毎日、次々と花を新たに咲かせてくれる楽しい季節だ。
クリローの楽しみ方の一つに、オリジナルな品種の交配作出の面白さがある。
半年前の記事と、今の成長状態を、報告しておこう。

chris911_ms

昨年の9月12日、今から約半年前に、冷蔵庫の野菜室に2ヶ月間、保管していたクリスマスローズの種を取り出してみた。

c5b44596

開花後、お茶パックを被せ、種が散らないようにし、採取した。ゴマンという種が採取できた。

7aa446c9

その後、2ヶ月は常温で、湿度を保つ為に、パーライトにまぜ、殺菌して保管。

cris911c_ms

更に、2ヶ月は冷蔵庫で保管したのだ。袋ごとに、名札を入れておいたので、そのままポットに入れ、1cm程、覆土する。

chris911b

カイザーは、少々、根が生えたものも・・。

chris911d_ms

モヤシ状態のパウロ君は、2号ポットに直接植え付けた。パウロが70ポットできた。そんなにどうする?種からなので、純粋パウロでは無く、パウロ系ですね。ピンクパウロが生まれるかも。

xhris912_ms

・・・と思いきや、早咲きのパウロは既にモヤシ状態に近い。クリローのモヤシ炒めは贅沢か?


chrisbaby209_ms

そして、今、温室で育てた苗は、すっかり成長した。種を冷蔵庫に保管し、9月に発芽させ、その後温室で育てた苗は、おそらく来年には開花してくれそうな勢いだ。

chrisu209b_ms

冷蔵発芽と温室栽培で、3年分の成長を1年間で成し遂げそうである。楽しみだ。ゴマンと生えた、苗でクリローの新名所を企んでいるのである。


cha208_ms

あら、クリスマスロードの新名所作りって、素敵ね。





dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は、贅沢なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:04|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月08日

健気な多肉植物

taniku208a_ms

多肉植物のブームが続いている。先日、NHKテレビでも、その「一攫千金」を狙う狂騒ぶりが紹介されていた。どうも日本の植物のブームの陰には、金儲けが見え隠れする。そんな世界は、関係なく温室の多肉達は、冬でも暖かい日差しを浴びて、健気に育ち、ボクらを癒してくれる。

taniku208b_ms

マンションでも育てられて、手間も掛からず、今時のライフスタイルに会っているので若者を中心に人気だ。

kodakara208_ms

子宝草(ベンケイソウ科カランコエ属)は、普段はやたらと増えて迷惑な存在だが、この時期に、驚く程の美しい花を咲かせる。

gaku208_ms

先日、職場体験で小学生が作った、額も暖かい太陽を浴びて、根をだそうと頑張っている。

cha209_ms

あら、多肉植物ってカワイイわ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は健気なクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 07:45|PermalinkComments(0) ガーデニング | 多肉

2017年02月07日

子供たちと多肉の額作り

tanikuzaiyou 203_ms

毎年、職場で近所の小学生の「職場体験」を受け入れている。5年生を10名程、4ヶ月間に亘って、植物園のお仕事をしてもらうプログラムだ。先日、最終回を迎え、修了記念作品に恒例の多肉植物の額作りを実施した。ボクが力を入れて取り組んでいる仕事の一つだ。多肉植物の剪定を兼ねて、温室から挿し芽を用意。3つにグループで製作。大人の講習会でもやらない、贅沢で難易度の高い実習です。子供達には、本物や一流のものに触れさせる事が大切です。

taniku203a_ms

落ち葉を集めて腐葉土作り、チーリップ花壇作り、クリスマスツリーの飾り付け、日本伝統園芸としての桜草の植え替え、そして今回の額づくり。毎回、講義と実習で、様々な仕事を通して、花と緑の大切さや、花を育て愛でる素晴らしさ、そして、お客様に感動を与え、社会に貢献することの喜びを体験してもらった。

taniku203b_ms

子供達の感性や吸収力は素晴らしく、成長や変化に感動してしまう。逆に色々と質問され、「仕事をやっていて何が楽しいですか?」と「ハッと」させられる事もある。

taniku203c_ms

毎年、感じるのだが、今の子供達は、自然に触れあう機会が少ないが、本来、子供達は、自然が大好きで、仲間と花や緑と触れ合う事で感性を育み、仲間とのつきあい方も学んでいくのだと感じる。
もっと、多くの子供達に、花と緑に触れ合う機会を提供できたらとつくづく思う、職場体験プログラムであった。この額は、温室で養生したあと、暖かくなったら、学校に展示してもらう。

cha207_ms

あら、ワタシも社会貢献のお仕事できるかしら?

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は感動のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 05:58|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月06日

クリスマスローズに春の太陽を

yaenigeru206_ms

未だ寒い日が続くが、クリスマスローズも咲き始めて、もう季節は春なのだ。
すっかり茂った葉の下には花や蕾みがいっぱい。
思い切って古い葉を切り落とすと、花が浮き出る。

cripink206_ms

いきなり春がやって来た気分だ。

chrisyellow203_ms

春の日差しをサンサンと浴びてクリローも気持ち良さそうだ。

chris206_ms

冬の貴婦人等と呼ばれていた時代もあったようだが、実際には春に咲くし、すっかり大衆化して、「春のおばちゃん」になったクリロー達である。

cha206b_ms

あら、ワタシも貴婦人から、おばあちゃんになちゃったわ。


br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は貴婦人ののクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 07:17|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月05日

一足先に、オージーフラワー

greueuro205_ms

温室の中で、グレビレア・ゴールデンユーロが早くも咲いた。グレビレア・ムーンライトに似ているが、やや黄色みが強い。

7877e9e9

これがムーンライト。

herden205b_ms

そしてハーデンベルギアも早くも満開。温室の中は、3ヶ月程度季節が早く訪れる。

herden205a_ms

知らず知らずのうちに(実際は知っているが・・・)オージープランツが幅を効かせている・・・。

peteroa205_ms

これは、オージーではないが、ボクが大切にしている、ブラジル原産のペテロアポルブルス=Petrea volubilis。

cha205a_ms

あら、Alexのお誕生日にワインが届いたわ。幾つになったのかしら?

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は満開のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 06:00|PermalinkComments(0) ガーデニング | クレマチス

2017年02月04日

冬のクレマチス

clema204c_ms

花の少ない季節だが、クレマチスのアンスエンシスが見頃だ。

clema204e_ms

レモンの木に這わせているが、良く咲いてくれる。

clema204a_ms

レモンとアンスエンシスの競演。

clema204b_ms

余り、計画的に植えた訳ではないが、素敵な冬の庭景色を演出してくれる。

clema204d_ms

今日は立春、春なのだ。

cha205_ms

あら、素敵なコラボね。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は素敵にクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 07:27|PermalinkComments(0) ガーデニング | クレマチス

2017年02月03日

定点観測2017年2月

2fcenter203_ms

あっと言う間にやってくる月に一度の定点観測の日。朝が暗いので、前日の夕方に。

lemon203_ms

レモンに夕日が当たって、黄色く輝く。

tropical203_ms

トロピカルコーナーも夕日に映える。

mimmoza203_ms

もうすぐ、アカシアが色づく。明日は立春。

cha204_ms

あら、もうすぐ春ね。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は定点のクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 06:02|PermalinkComments(0) ガーデニング | 定点観測

2017年02月02日

薔薇の次はクリスマスローズ

alexrose201c_ms

昨日は、「薔薇の育て方」の講習会、無事終了。今回も抽選で30名の当選者は全員出席。90分の講習&実習を終え、「ブルームーン」の大苗を植え込んだ鉢を持ち帰る参加者は、皆笑顔で、幸せそうだ。

alexrose201_ms

夫々に、5月には、素敵な香りを放つブルームーンが咲く姿を夢見て、幸せなのだ。講習会を終え、受講者が「有り難う御座いました」とか「楽しかったです。」と言ってくれるのが、とても嬉しい。

chris201a_ms

さて、1月は新年会と薔薇の講習会準備で「酒と薔薇の日々」で過ぎてしまったが、2月に入って、クリスマスローズの季節だ。

chris202b_ms

既に、沢山の花が咲き始めている。

chris202c_ms

2月11日からは、クリスマスローズ展なので、休む間もなく準備に入らねば!

chris202d_ms

しかし、クリロー人気は衰えませんね。

chris202e_ms

クロスマスローズ花が終わる事には、もう桜の季節がやってくる。

cha202_ms

あら、冬の貴婦人、クリスマスローズね。ワタシは、年中、貴婦人よ。

br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はクリローにクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!

alexgarden at 09:04|PermalinkComments(0) ガーデニング | クリスマスロ−ズ

2017年02月01日

ビオラに挑戦!

viola122
かつて、丁度10年前に、楽器のヴィオラと花のビオラの語源の関係がどうなんだろうと疑問をもって、調べた事がある。10年前のブログをコピーしておこう。この画像も10年前!

そもそもは楽器のビオラはヴァイオリンより大きいのに、花のビオラはパンジーより小さいという、たわいもない矛盾をからきている。(ちっとも矛盾じゃないか!)
それで、取りあえず、ググッてみたら下記のような説が出てきた。
1)属名であるヴィオラの語源は、原種の基準色が紫色(violet)であることに由来している。
2)violet というと一般にスミレで、この語は古期フランス語の「小さな」を意味する viola が語源である。
3)パンジーの語源はフランス語の「パンセ(考える)」ビオラの語源はギリシア語のイオン
4)花のビオラと楽器のビオラの語源は同じで、viola + -ino(=小さい)がバイオリン。
5)属名はギリシア語の「イオン(ion)」を語源とするラテン古語に由来し・・・


viola122b
諸説あるようだが、分かったような気もするが、結局、分からなかった。

viola131c_ms

何故、今頃、10年前の記事を思い出したかと言えば、実は先日からビオラを借りて来て、挑戦しているのである。モーツアルトのフルートクァルテットをやるのだが、ビオラがいないので、それじゃ、ボクが・・と、以前からビオラも弾いてみたかったので、挑戦する事にしたのである。

viola131b_ms

手にもって、弾いてみると、バイオリンよりは大きいが、4弦の5度の関係も一緒で、それほど問題ない!・・・・と、思いきや、楽譜がハ音記号で、ト音記号読みするには、オクターブ下げて一音上げた音を弾かねばならない、つまり移調奏みたいなもので、それをまた、バイオリンでいうと、隣の低い弦を弾かねばならず、頭の中は混乱、また混乱である。頭の体操で、ボケ防止には良さそうだが、度が過ぎて知恵熱になりそうである。

viola122c
花のビオラはボーっと眺めていれば良いが、楽器のビオラはそう、簡単ではなさそうだ。でも、楽器の趣味って、難しい事に挑戦する楽しさがある。あっ、本業のバイオリンが消化不良の上、今年は学生時代のポップスオケOB会の定期演奏会で、ピアノも弾くのでピアノの練習もしないといけないのに、ビオラなんてやっている暇があるんだろうか?

cha201_ms

あら、ワタシもビオラに挑戦しようかしら?素敵な音色ね。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日はバイオレットなクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 06:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ガーデニング | 草花