2018年05月14日

母が遺したクィーン・エリザベス

queen514ms

今年も、母が遺したクィーンンエリザベスが咲いた。この薔薇は必ず毎年アップすることにしている。
毎年、同じことを書くが、ボクが高校生の時(半世紀前!)に、母がタキイの通販で購入し、母が挿し木で増やして分けてくれたもの。この挿し木株でさえ、既に20年位経つ。当時は人気の薔薇だった。

queen514msb

本当に丈夫な薔薇だ。すでに挿し木で孫世代も育てているが、台木なしの挿し木で大丈夫なのだ。

queenerizabes514ma

庭の植物は、ただ綺麗だけではなく、それぞれにストーリーがあるから面白いのだ。
今日も、母が僕らを見守っていてくれる。


下に、かつてクィーンエリザベスに関してアップした記事をコピペしておきます。

46fbfab8

男庭日記は、薔薇とは180度異なる方向性のようですが、実は、かつての掲載記事をカテゴリーで分類すると、オージープランツの次に多いのが薔薇であり、隠れロザリアンだった!?のです。ボクがガーデニングに興味を持ったのも、薔薇好きの母の影響だったと思います。これから毎日、かつてアップした薔薇を一品種ずつ紹介してゆきたいと思います。トッップバッターは当然、母が遺した薔薇、クィーンエリザベスです。

queen0104_ms

今年は、暖冬で、1月に入っても、クィーンエリザベスが咲き続けているのです。

248dcee9

クィーンエリザベス(Queen Elizabeth)は、往年の名花である。1954年にアメリカの Dr. W.E. Lammertsによって作出(hybridized)され、王室に捧げられたといわれ 、1979年に世界連合バラ協会(World Federation of Rose Society)の殿堂(Rose Hall of Fame)入りを果たしているハイブリッドティーローズです。注:78年という記載が国内の薔薇のページに多いが、World Federation of Rose SocietyのRose Hall of Fameのページで確認したら79年が正しいです! 参考HP→http://www.worldrose.org/awards/hof/hof.asp

897603bf

ボクが高校生の時(半世紀前!)に、母がタキイの通販で購入し、母が挿し木で増やして分けてくれたもの。この挿し木株でさえ、既に20年位経つ。当時は人気の薔薇だった。
一度、カミキリムシに根元をやられ瀕死の状態に陥ったが、回復している。丈夫な品種です。

8c10decf

凛として咲く姿が、クィーンエリザベスの高貴さを醸し出している。

d8e506d6

ディクソニアを背景に映える。

35ddce1b

四季咲き、多花性、大輪で育てやすいので、初心者にも、お薦め。

1ddbae7e

花は思い出があるから美しい。人間は常に花の向こう側にあるモノを見ているのだ。

薔薇好きだった母から遺されたのは、この薔薇だけではなく、今、ボクが定年退職後にプロとして園芸の道を歩み始めたのも、園芸への「興味付け」と「幾許かの才能」だったのだと、最近、思う。

coco515ms

流石のクィーンの貫禄だね。




br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日は大切な
クリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!



gardenstoryms
心ときめく幸せな人生は花・緑・・・Alexも執筆している素敵なガーデニングサイト"Garden Story""こちら"

alexgarden at 07:23│Comments(0) ガーデニング | 薔薇

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔