2018年06月13日

カンガルーだ!

kangaroo3

G'day mate!・・・・とカンガルー登場。
日本の梅空を吹き飛ばす、オーストラリアの乾いた風を吹かせよう。メルボルン郊外のWaroock Cattle Farmで撮ったカンガルーです。
(注:G'day mate! はグダイ・マイトはGood day mate! の略のオージー弁で男同士の挨拶で交わす「こんにちは」ですが、もっとカジュアルで「やー!」って感じですかね。

kangaroo705b
カンガル−ポー(Kangroo Paw=カンガルーの足)を種から苦労して2年間育てた。実生植物の開花は感動的である。しかし、必ずしも構想通りには行かないのが常である。このカンガルーポーも約10鉢育てて開花したのは3鉢だけで、他の7鉢はただの草のような姿だ。開花しなかった原因は多分、鉢が小さくて養分が十分に行き届かなかったのだと思う。オージープランツは水も肥料を与えすぎては枯れてしまうので難しいところだ。

kangachoco705a
それでも、大鉢で育てた株からは数本の花が咲いた。既に紹介したが、咲きそろったので、もう一度、記念撮影をしておこう。洗練の極みの組み合わせ・・・を期待したが・・う〜む難しい。


kangp703b
カンガルーの足の注目!右はカミサンのポー。


front705b
というのも、一昨日ヘメロカリスとチョコレートネム組み合わせから、ふと、カンガルーポーとチョコレートネムの組み合わせの表現をしてみたくなったのだ。それで、カンガルーポーの大鉢をエッサエッサと、チョコネムのあるダイニングルームの前のテラスに運んだ。ボクが大鉢の移動をするのは日常茶飯事で、なかなか体力が要る体育会系ガーデニングだ。

kangaroo705d
でも、鉢の置き方を調整し汗を流した後に、シーンが決まると気持ちが良い。しかし、いつも朝の時間の無い時なので中途半端で時間切れの場合が多い。でも、制限のある中でどれだけで出来るかで良いのだと思う。

以上は、実は2007年7月5日のコピペでした!

今年、2018年6月13日のカンガルーポーは以下の写真です。あれから、11年です。

pinkangaroo613ms

松の盆栽と、和と豪の調和?

kangaroo613cms

その後、幾度か株分けをし、知人友人にばら撒いた。これも株分けした鉢植え。矮化処理していないので、ノッポになる。


Ikangaroo613ms

地植えの株はまだ、満開にならないので、後日、アップしますね。

kangaroo613bms

しかし、日本で常温で育てると、今頃、咲くのだが、園芸店では、カンガルーポーは、2月頃に出回ってますね。
すっかり、我が家に安住したカンガルーである。


coco611ms

あっ、カンガルーだ。ボクのライバルか?キックで負けそうだな。


br_decobanner_20091001200411"花・ガーデニングblogランキング"今日はオージーな
クリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!




gardenstoryms
心ときめく幸せな人生は花・緑・・・Alexも執筆している素敵なガーデニングサイト"Garden Story"
"こちら"

alexgarden at 07:43│Comments(0) ガーデニング | オージープランツ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔