カステラ

2007年01月10日

男のカステラ作り

castera109a
クリスマスからお正月にかけて、ボクは料理をすることが多かったせいか、休みの日には勢いでついつい、料理をしてしまう。
年末に久々にカステラ作りを失敗してしまった。少々焦がしてしまったのだ。それで成人の日にはリベンジで再度、カステラ作りに挑んだ。カステラの作り方については以前、ホームページ←にもアップしているので参照されたし。強力粉でも薄力粉でも良い。もっちりが好みなら強力粉、フワフワ好みなら薄力粉かな。


castra109gcastera108fカステラは作りはじめて10年くらいになるが、綺麗にムラ無く焼き上げるのがなかなか難しい。スポンジケーキは生クリームでカモフラージュ出来るが、カステラはそうはいかない。なかなか奇麗には焼けず我が家の古いオーブンでは限界かとも思ってしまう。古いので扉のガラスも曇り、中の焼け具合が見えないのだ。それに、最近の電子オーブンみたいに回転板も無い。木枠もすっかり年期が入ってきた。カステラづくりは木枠作りからスタートだ。今回、底のボール紙を張り替えた。
まず、白い紙(コピー用紙で良い)を張り、画鋲で止める。底に砂糖の粗目を敷く。

castre109ecastlemist109材料はシンプルで卵470g(7個)、薄力粉220g、砂糖340gと水飴大さじ2はいだ。卵を泡立て、砂糖と水飴を加える。そして薄力粉を加え型に流し込む。180度で5分、表面が焦げる目にオーブンから取り出し、霧吹きをして「泡切り」をする。再度5分間熱し、泡切りを2回実施する。

castera109b木枠を載せ、オーブン天板で密閉し、20分程蒸し焼きにする。これで出来上がりだ。
一応、福砂屋のカステラのレシーピーという事だが、う〜む、やっぱり負けるかなあ〜。

dog"花・ガーデニングblogランキング"←今日は美味しいクリックを!応援のワンクリックをありがとう!ワン!


alexgarden at 07:47|PermalinkComments(7)TrackBack(0)