今や、誰もが知ってると言っても過言じゃないーーTwitter ツイッター
すでにユーザー数二億超えてると言われてます、日本でも大人気

しかーし、そんな世界中がブツブツ呟いてる中、なぜか蚊帳の外の人たちがいます
中国人です

ご存知の中国政府の「ネット万里の長城 GFW」によって、中国人は普通にはTwitter、Facebook、Youtube、ニコニコ動画、アメブロにアクセス出来ません
なぜかというと、これらのサイトには中国政府が一般人に見せたくないものがあるからです
ニコ動とアメブロがどうしてかはスルーお願いしますーー未だにニコ動が規制されたのは謎

話が逸れちゃいましたw
中国にはこんな言い方があります「上有政策,下有对策」
そんな規制と危険がありながらも、ITテクを駆使して、ほんの一部の中国人は今日もツイッターで呟いています
「ITテク」というハードルがあるので(ぶっちゃけそんなに高くない、後述)、ほんとにほんの一部中国人しかツイッター使っていません
絞られた数、政府への反感+批判などによって、中国ツイッターユーザーにはかなりの共通点がみられ
中国ツイッター圏も他国とは全く違う特徴、カルチャーが徐々に出来上がってきました

自分もそこそこのツイッター歴あると思うんで、何回かに渡って、紹介したいと思います
今回はまず軽く、中国ツイッター圏での専門用語やよく使われるネット用語を紹介しましょう

非公式ですが、中国でTwitter ツイッターのことを音訳で「推特」と呼んでますーー発音:とぅい・てぇ
雑誌やネットでツイッターを取り上げる時も「推特」と書いてあるので、この呼び名は完全に定着付いたと言っていいでしょう
それにちなんで、Tweet ツイートを「推」と呼び、「ツイートする」は「发推」
「ツイッター友達」→「推友」
「リツイート」→「RT」→頭文字からの「锐推」
「フォロアー求めし」→「求fo」

「草泥馬」→偉大なるネット十大神獣、発音が中国語の「Fuck Your Mother」、海外メディアからは「中国ネット民が政府の規制へ反抗の表し、象徴」と言われてるほど
「河蟹」→発音が「和谐」、中国政府の「和谐社会」への風刺とも見れる;ちなみに「和谐」に動詞の意味もあり、「被和谐」は「規制、削除された」の隠語でもある
「马勒戈壁」→発音が「妈了个逼」、意味的に「くそくらえ」「What the Fuck」
「天朝」「兲朝」→「中国」を指す、今の中国が封建制とあんま変わらないと風刺
「TG」→「土共」の頭文字→「土匪共产党」(山賊共産党)と昔国民党から呼ばれてるから
「帝都」→「北京」、まさに帝王君臨の都
「魔都」→「上海」、日本の小説家松村梢風さんの『魔都』から来たとか、実際どうかは知らん
「国家保安局」→「国保」→発音が「国宝」→つまり「熊猫」「パンダ」
「喝茶」→「お茶に招待される」、警察から呼び出されること
「温家宝」→芝居がうまいから「影帝」
「233」大笑いを表す→とある大手掲示板の表情第233番が「地面を叩きつけるほど大笑い」からきた
「V5」→発音が「すげぇ」を意味する「威武」
などなど...

中国国内のネットは完全監視されてると思うので、長い間、自然とネット民はわざと字を間違えたり、音の似た文字ですり替えたり、頭文字をとったりと色々工夫して、愚痴をぶちまけて、自分の政府への不満を周りに知らせてるのです
言論規制が全くないツイッターに来ても、それが残ったのです
軽くというわけで、ここまでにしましょう、また機会があれば

次回は、「中国ツイッター圏の人数規模」についてです